私はロミオとジュリエットの映画化について論文を書きたいと思っています。ロミオとジュリエットの作品自体の批評本はあるのですが、映画や映画化についての批評本を見つけることが出来ません。ロミオとジュリエットの現代版映画化の賛否両論などについての批評本(英語または日本語)を知っている人がいたら教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 どの映画化に関してかがちょっとわからないのですが、シェイクスピアと映画についての本ではラッセル・ジャクソンの『シェイクスピア映画論』(開文社出版、2004)という本があって、たしかこれに『ロミオとジュリエット』のことものっていたと思います。



 あとは森祐希子の『映画で読むシェイクスピア』(紀伊国屋、1996)とかロジャー・マンヴェルの『シェイクスピアと映画』(白水社、1974)あたりでしょうか…
 
 バズ・ラーマン版『ロミオとジュリエット』の批評としては、Shakespeare Quarterlyの52.2(2001)に、Courtney Lehmann, 'Strictly Shakespeare? Dead Letters, Ghostly Fathers, and the Cultural Pathology of Authorship in Baz Luhrmann's "William Shakespeare's Romeo + Juliet"'というのがのっています。
 
 翻案の『ウエストサイド物語』なんかについてはそれこそ山のように批評があると思うのですが…ミュージカル映画の本などを見ればたぶん何か見つかると思います。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2007/10/19 03:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロミオとジュリエットの映画の歌詞とシェークスピア原典

もう30年程前に作られ、ジュリエットをオリビア・ハッセーが演じた『ロミオとジュリエット』の映画の中で、What is a youth?(ニーノ・ロータ作曲?)という、映画音楽史上に残る名曲が主題曲に使われていますが、あの歌詞のWhat is a youth? Impetuous fire云々、というのはもともとシェークスピアの芝居の方から取ったものなのでしょうか。それともオリジナルでしょうか。

Aベストアンサー

Project Gutenberg
 http://promo.net/cgi-promo/pg/t9.cgi

から、eテキストが DL できます。

で、そのフレーズは含まれていないようです。


 以下等から、Eugene Walter の作詞のようです。

http://www.geocities.com/Hollywood/Hills/5709/romeo_juliet13.html
 Sung by Glen Weston, Lyrics by Eugene Walter



http://us.imdb.com/Name?Walter,+Eugene+(III)
http://us.imdb.com/Credits?0063518

 Eugene Walter (III) .... lyricist: "What Is Youth"

  Date of birth (location)
   Mobile, Alabama, USA
 

(III)は、同姓同名があるので、その3番(人)目のデータの意味。
 

参考URL:http://us.imdb.com/Credits?0063518

Project Gutenberg
 http://promo.net/cgi-promo/pg/t9.cgi

から、eテキストが DL できます。

で、そのフレーズは含まれていないようです。


 以下等から、Eugene Walter の作詞のようです。

http://www.geocities.com/Hollywood/Hills/5709/romeo_juliet13.html
 Sung by Glen Weston, Lyrics by Eugene Walter



http://us.imdb.com/Name?Walter,+Eugene+(III)
http://us.imdb.com/Credits?0063518

 Eugene Walter (III) .... lyricist: "What Is Youth"

  Date of birth (loc...続きを読む

Qロミオとジュリエットの原作と映画のちがいについて

大学のレポートで、ロミオとジュリエットで原作と映画では、言語表現・映像表現がどう違うか比較してレポート用紙7枚に書くという課題が出されていて、今頑張って原作を読んでいるのですが、わかることがあればなんでも助言お願いします!!あらすじは書いてはいけないそうなので、なるべく長く書かなければいけないのですが・・・。

Aベストアンサー

う~~ん
たぶん 教授の世代(私の世代)の
「ロミオとジュリエット」は勿論 フランコ・ゼフィレッリ演出のもの・・
前半の明るい調子との対比で後半の悲劇性がより深まる・・・傑作です・・・
是非ご覧下さいね

ジュリエットのみずみずしい美しさを まのあたりに見た想い・・
ニーノ・ロータの歌で若さと美をたたえつつ惜しみ
切り取られた言葉・・・・
切り取られた時間・・・・
参考URLもご覧になってね

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/cinema/romeo.html

Qロミオ&ジュリエットの台詞

ロミオ&ジュリエットの有名な台詞、
「ロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」
「ジュリエットどうして君はジュリエットなの?」
「名などなんでしょう、バラと呼ばれるその花の…」

の掛け合いの英語の台本を知っている人がいたら教えてください。
また、それが載っているようなHPをご存知のかたがいらしたら
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

JULIETO Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name;
Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.

ROMEO[Aside] Shall I hear more, or shall I speak at this?

JULIET'Tis but thy name that is my enemy;
Thou art thyself, though not a Montague.
...
ACT II
SCENE IICapulet's orchard.
にあります。

参考URL:http://www.castingcallonline.com/library/texts/shakespeare/romeo-and-juliet.html

Q金聖歎批評本の三国志

魯迅の「風波」という小説で酒場の主人が”金聖歎批評本の三国志を読んでいる”という記述があります。金聖歎をGoogleなどで調べると水滸伝だの史記だのの批評本があることは判りますが、三国志については批評本を出しているかどうか分かりませんでした。また、あったとしてその三国志の金聖歎批評本は「三国志演義」なのでしょうか。それとも陳寿の「三国志」なのでしょうか。

Aベストアンサー

卒論で水滸伝を扱った関係上、金聖歎のことも調べたことがある人間です。

確かに変ですね。
金聖歎は六才子書という「知識人が読むべき書物集」を作ろうとして、第六才子書の西廂記と第五才子書の水滸伝(水滸伝の後半を削った七十回本水滸伝)だけ作ったところで「哭廟事件」のとばっちりで斬首されています。

作る予定だった残りの才子書も、荘子・離騒・史記・杜詩……三国志の入り込む余地はありません。

大の水滸伝ファンだった魯迅が三国と水滸を取り違えるなんてあまり考えられないけれど、魯迅の勘違いかなあ?
もしあったとしたら、金聖歎の性格からして、演義だと思いますが……

Q太宰の作品と映画化(メディア化

太宰治の作品はいくつか映画化されています。
しかし、たとえば谷崎潤一郎とかのように、そんなに作品のメディア化というのが活発ではないような気がします。むしろ、太宰自身の生涯を描いたドラマが多いと思います。それはなぜなのでしょうか。

もちろん、視聴者の要求するもの、とか作品の性格、とかいろいろあるとは思いますが、ほかにどんな理由があると思いますか。

太宰とメディアという観点でいうと、やはり一番に出てくるのは、野原一夫などの編集者との交流でしょうか。映画とかドラマといったことになると、それほどメディア化はされてないのですね。

Aベストアンサー

太宰の作品を映画化したものって私は残念ながら、よく知らないのですけれど
谷崎はやはり「細雪」など華やかですから視覚メディア化するにはオイシサひとしお、といったところでしょうか。

>太宰自身の生涯を描いたドラマが多い

のでしたら、それはもう、なにしろ屈折していて個性的ですから、オモシロいのですね。なにせ「デカダン」ですから。
しかしそれだけに映画やドラマで演じるとなると演者としては、なかなか役に入り込むのが、たやすくはないだろうと思います。

私個人は『道化の華』など読みましたときは、もう、おかしくておかしくてツボにはまって大笑いしてしまいましたが。

でも何かで読んだのですが『斜陽』のヒロインのモデルになったかたでしたか生前の太宰を回想して、やはり努力家で勉強家だったということでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報