ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

鉄板の厚さが6mmとか9mmとかありますが使いやすさも含めどちらがベストでしょう?ステンレスの鉄板なども見かけたりしますがやはり鉄製のほうがいいのでしょうか?
ちなみにコールマンのツーバーナー使用で肉を焼いたり焼そば、お好み焼きなどいろんな用途に使いたいのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ドラム缶縦割りのコンロに6mm鉄板を使用しています。

9mmだと重すぎるので6mmにしましたが、とても満足しています。
それ以前はホームセンターの2mm以下のぺらぺらの鉄板でしたが、熱の周りが均一でないのとすぐに歪んでしまうので使い捨て状態でした。
2バーナー程度の大きさなら9mmに挑戦するのもいいかもしれませんが、とっても重いので五徳や2バーナーの足などがちょっと心配です。(何しろ厚さほぼ1cmの鉄の板ですから)

ステンレスのメリットはわかりません。
さびに関して言えばうちの6mm鉄板でも使い込んで油がしみていますし、使用後に薄く油を塗っておけば全く問題ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり9mmでは使い勝手がわるそうですね。
参考になりました。6mmで検討してみます。

お礼日時:2007/10/08 22:59

ステンレスのバーベキュー鉄板って売ってますか? 私は鉄板しか見たことないのですが・・・



鉄工所に勤務してるためSUS304の板で作ったことはあります、でも使い物になりません、幾ら油を敷いても肉がくっついてうまく焼けません。
実際に製品としてあれば、それなりの加工はしてあるので良いと思いますけど、作るのはやめた方がいいです。

鉄板でしたらNo、1の方が書いておられるとおり、厚い板の方が良いです、でも9mmは重いです、6mmの方が使いやすいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ステンではだめですか・・・

お礼日時:2007/10/08 23:00

すてんれすせい鉄板は


食品機械(飲食店用流し等)製造業ならば、大体「作って」くれます。
「ステンレスの溶接」ができる鉄工所をご近所で探してください。

私が見たのは、歯医者さんの紹介で、歯医者さんの殺菌用機械の製造元です。
    • good
    • 1

調べてみましたが、製品としてステンレスのプレートは無いようですね。


そこまでは確認していませんでした。すみません。
多分コスト的に高過ぎるのだと思います。
素材ですが、1m×40cm×1mmの板で約¥7000でした。ちょっと無理かもしれませんね。
商社を通せばもっと分厚い板は手に入りますが、かなりの値段になると思います。

参考に現在製品になっている物はフッ素コートしている様ですので、擦らなければ取り扱いは大丈夫だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ調べていただきありがとうございました。

お礼日時:2007/10/08 22:58

ステンレスより鉄の方が比熱が大きいです。

これを頭に入れてもらって、考えてください。
厚い鉄板程熱するのに時間が掛かりますが、その後の余熱が大きくなります。また炎から遠い所も均一に暖まるでしょう。ですので料理のし易さの点では厚い鉄板ほど有利と言う事になるでしょうね。
しかし欠点は重い、焦げつくので洗うのが大変、錆びるので手入れが必要。
となります。
無難なところで、薄めの鉄板にするか、掃除・メンテが簡単なステンレスにするかどちらかを検討されたらどうでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうござます。
掃除、メンテが簡単なステンレスは惹かれますが売っているところをあまり見かけませんがどこかいいサイト、ご存知ですか??

お礼日時:2007/10/01 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭火で鉄板焼きってどうなの?

炭火で鉄板焼きってどうなの?

町内会の夏祭りの模擬店でフランクフルトを担当することになりました。
毎年ホットプレートで焼いているので今年は炭火で焼こうという案を出しました。
私は当然網で焼くつもりをしていたのですが、網だと焦げるから鉄板のほうがいいという意見が出て鉄板で焼く方向で準備が進んでいます。
だったら炭火の意味が全くないと思うのですが、みなさんはどちらのほうが良いと思いますか?

Aベストアンサー

焦がさないテクニックあります。
6/20TBSの「となりのマエストロ」でバーベキューマエストロを紹介していました。
「バーベキュー」関連で検索すればすぐに名前の出てくる榊幸治さんでバーベキュー一筋33年。
6年前に「北海道バーベキューカレッジ」を設立、これまでに教えた生徒数は、なんと1万人以上!
炭で焼く時はコンロに炭をドーナツ状に配置してフランクフルトを炭のない中心で焼く事が重要。
遠赤外線で十分に焼く事ができます。それとレンガと焼き網をグリルの端に積んで 火から離なす
ことで保温ゾーンを造るテクニックもあります。しかし焦げないように常に注意。
この方法なら焦がすことなくできると思いますのでどうしても網焼きをしたいのなら提案してみて
下さい。

http://www.mbs.jp/maestro/oa/20100620/

Q鉄板について

近所のステーキ屋などの鉄板はとても綺麗で焼いた後もそんなに焦げ付かず、少しこすると綺麗になっています。
うちも、業務用のステンレス鉄板を使っていますが、最初は肉がすぐ焦げ付き何度か焼くと付かなくなりますが
鉄板は黒くなります。
また、肉を焼く前から塗ったサラダ油が段々と黒くなってきてステーキ屋さんのような光沢は無くなります。
油の温度は230度に設定してます。鉄板も熱くなってから焼いています。
最初からくっつかず綺麗なまま維持させたいのですが。
何がいけないのでしょうか?分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。
>肉のおんどが低いのでしょうか?
>ゆまくが薄いのでしょうか?
 説明ヘタですみません、ステンレスは熱伝導が悪いため肉などが載ると底だけが高温になってくっつくのです。
 肉の温度でも油膜でもありません。

 肉のタンパク質--肉汁--は鉄やステンレスと化合して強力に接着します。鉄板が熱いと肉の表面が直ちに変性して幕をつくるのですが、ステンレスだと肉に冷やされて表面温度が下がっても熱が伝わってこないため結果的に焦げ付くほうが先になっちゃう。

 ステンレスはどんなプロでも焦げ付かせてしまいます。

 どうしてもでしたら、まず鉄板を230度じゃない、もっと高温にして油が白煙を上げるくらいまで上げます。その油はふき取って新しい油をぬり肉を載せたらすぐ取り出す。皿にとりだしたら、反対側も同じように表面を焼いたらすぐ取り出す。
 温度を230度に設定したら、再度油を敷いて・・

 でもね。正直言って、10mm程度の厚さの黒皮鋼板を切ってもらうか、5mm厚の銅板を切ってもらったほうが良いですよ。ステンレスで焦げ付かせずに焼き物するのは絶対に不可能です。ステンレスの焼き網(そんなのないけど)で魚焼けないのと同じです。

No.2です。
>肉のおんどが低いのでしょうか?
>ゆまくが薄いのでしょうか?
 説明ヘタですみません、ステンレスは熱伝導が悪いため肉などが載ると底だけが高温になってくっつくのです。
 肉の温度でも油膜でもありません。

 肉のタンパク質--肉汁--は鉄やステンレスと化合して強力に接着します。鉄板が熱いと肉の表面が直ちに変性して幕をつくるのですが、ステンレスだと肉に冷やされて表面温度が下がっても熱が伝わってこないため結果的に焦げ付くほうが先になっちゃう。

 ステンレスはどんなプロでも焦...続きを読む

Q新しい鉄板の使い始め

厚さが9ミリの大きな鉄板を作ってもらいました。
その鉄板で、今後焼きそばなどを焼こうと思ってるのですが、使い始めにどんなことをしたらよいのでしょう?
油を馴染ませる方法など、教えていただきたいので、
よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

最初に洗剤で鉄板の全体を洗い、水で洗剤をよく洗い流してから火にかけます。
鉄板を充分熱したあと、植物油を引きます。
いらない野菜くず・・・キャベツの外側の皮、レタスの青くて堅い外側の数枚、長ネギの青いところ、セロリの葉、にんじんの皮、たまねぎの剥いた皮など、香味野菜のくずを充分いため、鉄板の上にコーティングされている成分を野菜くずでからめ取る感じに全体にへらで、くたくたになるまで動かして、鉄の臭みも取り除きます。
その後、もう一度水洗いして、一度自然に乾燥させた後、再度火にかけてまた充分に熱し薄く油を引き冷まして、完了です。

Q鉄板使いこなし術

連休にバーベキューで鉄板を使って焼きそばをしました。(炭火です。)
おいしくできたのですが、火力が強いためか食べてる途中で鉄板に残ってるそばの一部が焦げ付いてしまいます。それで、そのあとに焼くもの(例えば目玉焼きとか)が焦げっぽい味がしてしまいます。簡単そうに見えて鉄板使うのって結構難しいです。(そう思うのは私だけでしょうか)

そこで質問なんですが
(1)鉄板で焼きそばを焼くとき(それ以外でもいいんですが)焦げつかないように焼くためのいい方法ってありますか?

(2)いったん焦げが残ってしまった鉄板で料理を再開するのに、次の料理の味がコゲ味風味にならないよう鉄板のこげをきれいに取る簡単な方法ってありますか?

みなさんのよきアドバイスをお待ちしていますm(_ _)m

Aベストアンサー

下記は中華鍋ですが、
理論は同じです。

試してみたけど、便利です。
一番の利点は、洗う時間が
短縮される。

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2003q4/20031001.html

Q鉄板の手入れ

先日、以前お好み焼や屋をされていた方から鉄板をいただきました。
仕事は辞められたそうで、使用しなくなってからだいぶん時間が経過しています。
今後、この鉄板を使用するに当たり、どのような手入れをすればいいのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務用なら焦げ付かなくて美味しく焼けます
こびりついた物はヘラで落とします 次に市販のクレンザーをたわしで良く洗います その後一旦乾かして
食用油を全体に塗り高熱で焼きます 火を止めて自然に熱を冷まします ついで油をふき取ります 以上は初回のみ それから油を薄く塗り保管します その後は洗剤は使ってはなりません そうすれば鉄板に油がなじみ きれいに焼けます 

Qダッチオーブンでどちらを買おうか迷っています。

ダッチオーブンを初めて買おうと思っていますが10インチにすか12インチにするかでサイズ選びを迷っています。
過去の質問を調べたら10インチがいいとありますが実際12インチはそんなに大きいものでしょうか?
最近うちの家族のバーベキューは2~3家族で集まってみんなでワイワイするバーベキューがほとんどです。

12インチは大きいし重たいし使いずらいとどこかのサイトで書いていましたが実際はどうなんでしょうか?
価格も10インチと12インチなら2000円程度しか違わないなら大きい方がいいかなと思いますが、どうでしょうか?

2~3家族でローストチキンや玉ネギやジャガイモの丸焼きなど行うのであればどちらの方がいいでしょうか?

あと、12インチは家庭のガスコンロにかけて調理することは大きすぎるとか、重たすぎるとかの理由で台所での使用は危険でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家族で5人以内でしかしない、ローストチキンや鯛の塩釜焼きなどもしないので有れば10インチで良いと思いますが、

6人以上の料理等が必要なら、12インチでユニフレームの黒皮鉄板製のスーパーディープをお勧めします。

浅い鍋は、チキンの丸ごとの背中が蓋に当たって焦げてしまいます。

茹で物をするのにかさ上げの中敷き等を利用するにしてもスーパーディープでないと材料は僅かしか入りません。

私は10インチの鋳鉄製をまず買いましたが、5人家族で小さすぎるので直ぐに12インチのスーパーディープを買い足しました。

3家族なら10人くらいになるのでしょうか?

それなら12インチでも小さいくらいですから、二つくらいは要るかもしれません。

二つあれば別の料理も同時に出来たり、少人数の時は小さい方でと使い分けが出来まが、まず一つから始めるなら最低12インチは必要です。

同じ5人分の料理でも10インチだと一杯になってまぜるとこぼれたりしますが、12インチなら荒っぽくかき混ぜてもこぼれませんし、火加減もし易く短時間で出来上がります。

家庭用のカセットコンロでもIHコンロでも12インチも使用しますが全く問題はありません。

確かに10インチよりは少し重いですが、大差はありません。

還暦を超えたおじいちゃんが平気で使っているのに、若い人が重いだ不便だなんて可笑しいくらいです。

一緒にキャンプに行ったら若い女性でも平気でも家内でも片手でぶら下げて流しまで持って行って洗ってくれます(重いねと言いはしますが)

まずは12インチから始めて、必要を感じれば後々10インチを買い足す事をお勧めします。

http://ameblo.jp/nsan/theme-10014771261.html

写真は息子が釣って来て鯛ですが、塩釜焼きにしようと思いましたが、12インでもとても入らずにしっぽの部分を大きく切り落としました。

ローストチキンも、特別小さい鶏を予約しないと普通サイズでは10インチに入りきりません。

入ると言うのは、鉄の部分に身が当たらないようにしないと、そこだけが焦げてしまいますのでその分の余裕が必要です。

家族で5人以内でしかしない、ローストチキンや鯛の塩釜焼きなどもしないので有れば10インチで良いと思いますが、

6人以上の料理等が必要なら、12インチでユニフレームの黒皮鉄板製のスーパーディープをお勧めします。

浅い鍋は、チキンの丸ごとの背中が蓋に当たって焦げてしまいます。

茹で物をするのにかさ上げの中敷き等を利用するにしてもスーパーディープでないと材料は僅かしか入りません。

私は10インチの鋳鉄製をまず買いましたが、5人家族で小さすぎるので直ぐに12インチのスーパーディープ...続きを読む

Qオガライト? 豆炭?

いつもBBQをする時はホームセンターで(10K 1000円位)炭を買って使ってました。
ところが偶然、目にした豆炭(5K 700円)を使ってみると
着火性や火の保ちも良い様な気がしました。
あとオガライトという人工の炭があることも知りました。

ホームセンターで売っている安い炭
備長炭
オガライト
七輪の炭
豆炭

それぞれの特性を使い所、使い分けを教えて貰えませんか?
私はこれを使っているなんて物があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

炭問屋で聞いてみたところ
豆炭:油が混ざってるから食品用じゃない(においが移る)
備長炭:はぜるから客商売には使えない
オガライト:これが客商売用の備長炭
七輪の炭は...?黒炭でしょうけど、品質が悪いと「におい」が出たり(マングローブ炭とか!)炎がボーボー出たりしますね。

・ロマンを求めるなら備長炭!
・実用重視で着火に問題が無いならオガライト(造成備長炭)、めちゃくちゃ着火しにくいからアウトドアでは避けましょう
・アウトドアならにおいが出ない黒炭(着火性がよく、火持ちが良いもの、においが出ないもの)
・マングローブ炭は...焚き木用です!

私はアウトドアの時は黒炭、自宅では造成備長炭です。

Qコールマン ツーバーナーで鉄板焼き。

コールマンのツーバーナーに鉄板をのせて調理していたら炎がボーボーいって、黄色い炎が出たりして火力が安定しません。これは鉄板のせいで空気がうまく取り入れられないからでしょうか?あるいは排熱できずに温度が上がりすぎたせいでしょうか?そもそもこういう使い方はナシなのでしょうか?ちなみに使い終わった後見たらメインバーナーの奥の燃料パイプの塗装がはがれていました。ツーバーナーに詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎が青く安定しない場合はタンク内の圧力不足が多いです。
点火時にはポンピングで圧縮したタンク内の空気を大量に使いますので、点火後の追加ポンピングは必須です。
鉄板に関しては、コールマンがオプションで鉄板を出していますので使用に問題は無いと思います。
ただ、あまり大きい鉄板だと熱の逃げ道や空気の通り道が無くなる可能性がありますので、適度な大きさがいいでしょう。
ちなみにコールマンの鉄板の大きさは46×24×4(高さ)cmです。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/yoshiakk/camp/twobarnermente.htm

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Qクルマの下回りのサビ止めの値段

北海道に住んでます。
最近、新車購入でディーラーの方に下回りのサビ止めを勧められました。3万円位だそうですが、実際相場はどのくらいなのでしょうか?
もっと安くすませたいのですが・・・。

Aベストアンサー

通常のボディー表面(外装)とは違い、ボディーの下回り塗装は薄く仕上がりも悪いです。
まぁ、下回りを見たり下回りにワックスかける人は居ないですからね。
で、タイヤハウス内だけは他と違う塗装がしてあるのをご存知でしょうか?
これはタイヤからの飛び石などの衝撃からボディーを守る、衝撃吸収性の塗装をしてあります。
この塗装はネッチョリとボディーに塗装されていて、錆の発生率も低いんです。
北海道仕様の車の下回りを見た事はありませんが、おそらく そんな塗装をボディーの下回り(サスアームなどにも)に施すんだと思います。

新車の内は錆なんて発生しませんが、ワンシーズン使用すれば除雪材の影響で錆の発生率は上がります。
その錆の発生率が高くなってから施すのと、錆とは無縁の新車の時に防錆処置しておくのとでは、5年・10年経過した時 凄い差が現れます。
雪国とは無縁の東海地域でも、単なるシャーシブラック塗装した車と しない車では、錆の発生率は明らかに違います。

そして錆がどの程度の影響を与えるのかと言うと、ボルトが錆び付き緩めることが出来なくなるばかりか、ボルトの頭が六角ではなく丸い物体になっていたり、場合によっては頭が欠落してボルトの意味を成さなくなっていたりします。
つまり 単にボルトを緩めるだけの作業が、欠損ボルトを抜き取る以上の難易度になり作業時間もかかり工賃も上がります。

3万円で錆の発生を押さえくれるなら高いとは思いませんが、今を安くおさえて後に高く支払うのか。
安く値切って手抜き作業をしてもらうか。
新車で購入した車を3年程度で買い換えるならいいんでしょうけど。

通常のボディー表面(外装)とは違い、ボディーの下回り塗装は薄く仕上がりも悪いです。
まぁ、下回りを見たり下回りにワックスかける人は居ないですからね。
で、タイヤハウス内だけは他と違う塗装がしてあるのをご存知でしょうか?
これはタイヤからの飛び石などの衝撃からボディーを守る、衝撃吸収性の塗装をしてあります。
この塗装はネッチョリとボディーに塗装されていて、錆の発生率も低いんです。
北海道仕様の車の下回りを見た事はありませんが、おそらく そんな塗装をボディーの下回り(サスアー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報