親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

知人がインドネシアの方とインドネシアで結婚式をあげたそうです。600人が入れ代わり立ち代わりお祝いに訪れたそうです。インドネシアでは普通に何百人もお祝いにこられるのでしょうか。
 また、インドネシアの家庭料理はおいしいですか。どのような料理がありますか。すこし気になったので、質問いたします。ご存じの方よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お金持ちの結婚式ならば1000人越える事もザラです。

日本の結婚式と違ってごく親しい親戚、友人のみ招待するというわけではなく、ちょっとした知り合いレベルで普通に招待されます。私の友人もしょっちゅう結婚式にいってましたよ。
    • good
    • 1

アメリカに住んでいたときにインドネシア人の友人の結婚式によばれた事があります。

その人はイスラム教だったため結婚は同じイスラム教徒としかできないと言っていましたが、披露宴は盛大でした。パーティ料理といえば豚の丸焼きですがこれはハワイやフィリピンで食べるものと同じ、皮がパリパリに焼け肉はジューシーでおいしいです。またサテ(日本の焼き鳥串と同じ、炭火焼きなのでおいしい)やナシゴレン、ガドガドなどの一般的なインドネシア料理は日本人の口にとても合います。多分、中華料理の流れだと思いますが中華っぽいお料理もたくさんあり、ご飯に合うおかずが多いです。余談ですが、彼はアメリカで結婚したので何人も妻を持つことができません(アメリカでは違法となるため)が、インドネシア本国での結婚であれば国の法律で第2、第3夫人を持つことが認められるのだそうです。
    • good
    • 1

インドネシアに住んでいた時にインドネシア人同士の結婚式に招待されたことがあります。

お金持ち同士の結婚式だったせいかもしれませんが、首都ジャカルタ郊外のリゾートホテルをまるごと貸し切って行われていました。600人いたかどうかは分かりませんが、100人は優に超えていましたね。生活レベルによると思いますが、結婚式は盛大にする国なのかもしれません。
地方によっては3日くらいかけて結婚式を行うそうです。その際、毎晩ワヤン・クリットという影絵を上映するそうです。

インドネシアには数多くの群島があり、場所によって様々な家庭料理があります。だいたい鶏肉や魚をココナッツミルクとカレーで煮込んだものですけどね。有名なのはナシゴレン(スパイシーな炒めご飯)、サテ・アヤム(ピーナッツソースをかけた甘辛い焼き鳥)、ガドガド(ピーナッツソースをかけた野菜サラダ)あたりです。甘辛くて、スパイシーで濃厚なピーナッツソースが好きな人ならインドネシア料理は好きだと思います。

あと、あまり日本では食べられませんが、インドネシアのパダン地方の料理はインドネシア国内で有名です。大都市ならどこでもパダン料理屋さんがあり、席に着くと、色々なおかずを盛った皿を運んできてくれて食べた文だけ清算します。私はインドネシア料理では、このパダン料理のゆで卵に衣をつけて揚げた物をココナッツミルクの辛いスープに絡めたものが一番好きです。
    • good
    • 1

妹が大学時代にインドネシアからの留学生に交際を申し込まれました。


彼はかなりの金持ちでしかもイスラム教徒なので
「奥さんは3人まで持つことができる。
国には親の決めた婚約者が既にいるので第二夫人にしてあげる。」
と言われたそうです。
もちろん丁寧にお断りしたんだとか。
デビ夫人もたしか第3夫人か何かでしたよね・・・
全く関係ありませんがご参考までに。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラム教徒の彼

現在付き合い始めて2ヶ月の彼氏がいます。私は26歳日本人、彼は28歳オランダ育ちのモロッコ人です。彼の両親は熱心なイスラム教徒で、彼自身も一応、イスラム教徒だとは言っていますが信心深くはなく何でも食べ、お酒もセックスも経験してきた人並みな男性です。私自身も宗教的なことには興味がなく彼と付き合うのにも違和感はありません。クリスマスや年末年始、親戚の集まりには必ず家族の元で過ごします。私はちょっと淋しかったですが我慢できる範囲です。

ところが先週、彼に自分はイスラム教徒だからイスラム教徒の女の子としか一緒になれないから、やっぱり付き合えないと言われました。宗教の壁はやはり越えられないものなのかと思うととても悲しくなってきます。このまま彼を尊重し、別れるしかないのでしょうか?或いは、何か努力の仕様があるのでしょうか?

Aベストアンサー

中東に仕事でかなり住んできた経験から申し上げます。

ムスリムの相手男性が、『自分はイスラム教徒だからイスラム教徒の女の子としか一緒になれない』と言ったら、それはまさにそういうことです。結婚するには、あなたがイスラームに改宗する以外にありません。イスラーム法では、ムスリム男性は、啓典の民(イスラーム、キリスト教、ユダヤ教のどれか)の信徒の女性と結婚が認められるのですが、普通はイスラームの女性がその中でもいちばん望まれるわけですね。
中東の人たちにとって親族は極めて重要なもので、自分の一部といってよく、また、親族は全て同じ宗教です。あなたがその男性と結婚すれば、その彼との関係だけでなく、彼のファミリーの一員となることがあなたに要求されます。自分たちは自分たち、親族とは別、と割り切ることは彼には文化的に絶対考えられないでしょう。そして、日本人の女性がアラブのファミリーの一員になることは、かなりヘビーなことです。現代日本人にとって、欧米人と結婚するのとはわけが違います。
事前に文化差やその意味を充分に理解していなかったため、不幸になる人も少なくありません。(結婚してみたら、自分は2番目の妻であった、という例も複数実際に周囲で経験談を聞いています。また、相手の母国に行った途端に、相手または親族にスカーフ着用を強制された、自由な外出も規制された、という話もよくある。)
もちろん、幸せに家庭を築いている人もいます。一般には、相手の社会階層と考え方に大きく左右されるようです。(相手が経済的に裕福な家庭の出身であるほど、また、近代化・西欧化された考えとライフスタイルのファミリーであるほど、また、相手とそのファミリーが非宗教的であるほど、日本人妻にとって苦労が少ないといえます。)
もし、中東系のムスリム男性と結婚を考える場合、相手の文化の中で結婚の持つ意味を調べて、時間をかけて考えてから、後悔の無い決心をするべきでしょう。
結婚する前に、相手の国を訪れ親族と会って話してみる、アラブ人ムスリムと結婚した日本人の人たちから話をたくさん聞く、などがよいと思いますよ。
これは国際結婚でなくても同じですが、どんな恋愛感情も結婚後数年以内に熱は冷めるのが普通です。その後、幸福にやっていけるかが問題です。

ただ、『彼に自分はイスラム教徒だからイスラム教徒の女の子としか一緒になれないから、やっぱり付き合えない』と言ったことの意味も、よく探ったほうがいいかもしれません。『改宗してほしい』ということを言っているのか?要するに『別れましょう』と言いたいのか?

アラブ人ムスリムは、一般に、付き合い始めるとすぐに結婚を前提に考える傾向もあります。
2ヶ月なら、まだ出合ったばかりですから、まだ結婚なんて具体的に考える段階ではなく、相手やその背景の見極めもできないですよね。相手を見極める充分な時間もなく、仮に改宗するか別れるかの選択を迫られるならば、客観的に言えば、別れる方が無難、という風に思えます……。
ごめんなさい。
この出来事があなたの人生経験を豊かにすることを祈ります。

中東に仕事でかなり住んできた経験から申し上げます。

ムスリムの相手男性が、『自分はイスラム教徒だからイスラム教徒の女の子としか一緒になれない』と言ったら、それはまさにそういうことです。結婚するには、あなたがイスラームに改宗する以外にありません。イスラーム法では、ムスリム男性は、啓典の民(イスラーム、キリスト教、ユダヤ教のどれか)の信徒の女性と結婚が認められるのですが、普通はイスラームの女性がその中でもいちばん望まれるわけですね。
中東の人たちにとって親族は極めて重要なも...続きを読む


人気Q&Aランキング