【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

本誌で掲載してるときからずっと読んでいたのですが、連載が終わりコミックを読んでて疑問に思いました
結局十二支のみんなはどうして呪いがとけたのでしょうか?
本誌では愛されない者が愛されたとき、はじめて呪いが解けるとか書かれていたんですけど、それだと何で紅野が呪い解けたのかわかりません
なんでもみじとヒロは呪いとけたのでしょう?
みなさんの考えはどうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

コミックを持ってらっしゃるんですね?


では22巻(最終巻の1冊前)を読み直してみてください。

「神さま」と「十二支」の間にあったものは、本来「呪い」ではなく「約束」だったのです。
それが長い歳月を経るうちに「呪い」になってしまった。
さらに「神さま=草摩家当主」と「十二支全員」が揃うことは滅多にないまま、歳月だけが過ぎて・・・呪い(約束)自体が自然と弱まった。
そこへ今になって「神さま」「猫」「十二支」が全員揃ってしまったことで、もう呪い(約束)が解ける条件が揃ったんだと思います。
つまり、これが「最後の宴会」になった、という訳です。

なので呪いの解ける順番は関係ないと思います。多分、誰が最初に呪いが解けても不思議じゃなかった筈です。
敢えていえば「草摩家当主」である慊人の執着の強い者ほど、呪いが解けるのが遅かったのかと(紅野に関しては呪いが解けたから『自分から離れていかないように』執着したのであって、普通とは順序が逆になっていますね)

そして「透」は、慊人に変化をもたらす存在だった・・・と、私は解釈しています。
だから最初の頃、はとりが紫呉に「3人(透・夾・由希)のうちの誰かに殴られる」と言った訳です。慊人や草摩の皆に透を近づけるのは、一種、賭けっぽいところがあったと思われるので(下手をすると透にも危害が及ぶ恐れがあったので)

しかし事態は紫呉の思惑以上に進み、透と出会うことによって十二支の皆に何らかの変化があったように、慊人もまた透と触れ合って、自分を「変えよう」「変わろう」と思った。
そして自分(神さま)から皆(十二支・猫)を解放しようと考えたことで「呪い」も完全に解けたのだと思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ!確かに!!書いてありました!
約束が呪いに変わってしまった、そして約束が解ける時期が来たということですね!!ありがとうございました!!納得です!!

お礼日時:2007/11/05 13:21

私的解釈ですが…



呪い自体は既に解けていたはずだった。
だけど、慊人の執着や、呪いがあるんだという思いこみなど、それぞれの思い(呪縛)自体が呪いを引き延ばしていた。
(むしろ既に呪い=自分たちの思いこみとしての呪縛と化していた)

だけど、透の存在や皆の変化によって、その呪縛から解放された事により呪いも消えたという解釈をしています。

紅野は、何らかの理由(慊人の異常な執着の反動?)などで逆に正気を取り戻したという感じでしょうか。
(慊人→紅野は十二支としてそばに居ろという感情だけど、紅野→慊人はそれ以外の感情だったから)

透は変化のきっかけにはなっていた。
ただその一つであってキーパーソンと言えるか言えないか微妙な所…という位置づけだったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>慊人の執着や、呪いがあるんだという思いこみなど、それぞれの思い(呪縛)自体が呪いを引き延ばしていた

これわかりやすいですね!!そう考えると紅葉やヒロの呪いが解けた理由がわかる気がします、ありがとうございました!

お礼日時:2007/10/29 22:49

私も自然に「時期が来た」と解釈しています。



透の存在によってとかだと、彼女の役柄にしてはとてもおこがましいので、そう言う解釈で良かったと思っています。

ある呪いを持った一族のそれが解けるまでを描いたところに、たまたま透がいた、そう言う感じにとらえています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、なにかがあったというよりは時間が解決したとうことですね

お礼日時:2007/10/29 22:46

あまりにも古い呪いなので、もう解けかけていたんだったと思いましたが……



紅野さんは唯一、初登場したときから既に呪いはとけていた人だと理解しましたが……

呪いがとけて、自由になっていながら、慊人に同情して側にいて、肉体関係まで持った……んだったような……

あとの人たちも、もう呪いが解ける時期にきていたんだと思います。
もちろん、愛情云々で多少時期が早まった人もいるかもしれませんがそれは誰にもわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにかが起こったわけでもなく解けたといっていましたが、うーん
紅葉が「こんな風に解けるんだ」といっていたので自発的に解けるものだったのかな、と思いまして・・・

お礼日時:2007/10/29 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画フルーツバスケットについて

もう終了していますが、
「花とゆめ」に連載されていた、
「フルーツバスケット」をご存知の方に、教えてもらいたいです。

雑誌連載中に、雑誌購入をやめてしまったので、
この話のその後が良くわからないのですが、
十二支の呪いが解け、最後はハッピーエンドだったということは
色々調べて確認しました。

私自身が実際に雑誌連載中に呼んだのは、
紅野が登場した前後だった記憶があります。
(うおちゃんと、コンビニで遭遇したあたりかな?)

そこで教えて欲しいのですが、具体的に、
・十二支の呪いとその解けた理由
・あきとの存在(十二支にとっての存在や、草摩一族の中での存在)
・あきとのその後
・主人公と夾の恋
・主人公と由季のその後
・紫呉の意味深な発言の数々
・ハッピーエンドは、どんな内容か
を教えていただけると嬉しいのですが。

原作ファンなら買って読め!と言われるかもしれないですが、
全23巻はとても買えません。
よろしくお願いします。

もう1つ、よろしければ教えてください。
・十二支同士なら異性で抱き合っても変身しないそうですが、
 呪いを受けている者と、一般の人の間で結ばれた時、
 変身はしないのでしょうか?
 (籍真の祖父?は猫憑き立ったと思うのですが、
  祖父、というからには、祖母がいて、両親のどちらかが
  生まれているはずなのですが、祖母は十二支だったのでしょうか?)
よろしくお願いします。

もう終了していますが、
「花とゆめ」に連載されていた、
「フルーツバスケット」をご存知の方に、教えてもらいたいです。

雑誌連載中に、雑誌購入をやめてしまったので、
この話のその後が良くわからないのですが、
十二支の呪いが解け、最後はハッピーエンドだったということは
色々調べて確認しました。

私自身が実際に雑誌連載中に呼んだのは、
紅野が登場した前後だった記憶があります。
(うおちゃんと、コンビニで遭遇したあたりかな?)

そこで教えて欲しいのですが、具体的に、
・十二...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
私もフルバは好きで読んでいました。
少し記憶が曖昧なのですが、参考までに。

1十二支の呪いと説けた理由
十二支の呪いは遥か昔に、十二支と神様の生まれ変わっても一緒に居ようという一杯の杯をみんなで分け合って飲んだところから始まります。
この十二支と神様の約束が始まりでした。
始めは約束だったのにいつの間にか呪いとなってしまったようです。
また、このとき猫だけはこの約束を受け入れませんでした。
説けた理由としては、長い年月が経ちこの約束(呪い)が弱くなってしまったことだと思われます。
ある日突然に呪いが解けていきます。

2あきとの存在
あきとさんの存在としては、約束をかわした神様の生まれ変わりです。

3あきとのその後
あきとさんは男装を止めて女の子として紫呉さんと草摩の古い体制の立て直しを頑張っていきます。

4主人公と夾の恋
最終的に透君と夾君は結ばれます。
最後にはno3さんのおっしゃるようにお孫さんがちょろっと登場します。
仲睦まじい夫婦になったようです。
高校を卒業した後、夾君が道場の師範になるため修行?の為に、遠くの道場へと行くのに透君も付いていきます。

5主人公と由季のその後
由季君は透君に対して、母親のような感情を抱いていました。
由季君は最終的に、生徒会会計の倉木真知と恋人になりました。

紫呉の意味深な発言についてはたくさん有りすぎてなんとも言えません。
すみません。

6ハッピーエンドについて
十二支の呪いが解けて、それぞれみんな自分の道を歩き出します。
公式のカップリングがここまで多い漫画は珍しいのではないかというほど、カップルが成立します。
詳しく言っていいのかな、とも思いましたが公式カプは
由季と真知(生徒会会計)
撥春と依鈴(リン)
杞紗と燈路
はとりと繭(透君たちの担任の先生)
綾女と美音(あーやのお店の店員さん)
利津と満(紫呉の担当さん)
紅野とうおちゃん
紫呉とあきと
てな感じです。
ここまでくると、紅葉と神楽がちょっとかわいそうですね・・・。

また、籍真の祖母が十二支だったかどうかはわかりません。
呪いを受けている者と、一般の人では抱き合えば変身すると思います。
でも、抱き合わなくても大丈夫だと、撥春さんが初登場のマラソン大会の回の時(多分)に言ってましたし・・・。

こんな曖昧な感じですみません。

初めまして。
私もフルバは好きで読んでいました。
少し記憶が曖昧なのですが、参考までに。

1十二支の呪いと説けた理由
十二支の呪いは遥か昔に、十二支と神様の生まれ変わっても一緒に居ようという一杯の杯をみんなで分け合って飲んだところから始まります。
この十二支と神様の約束が始まりでした。
始めは約束だったのにいつの間にか呪いとなってしまったようです。
また、このとき猫だけはこの約束を受け入れませんでした。
説けた理由としては、長い年月が経ちこの約束(呪い)が弱くなってしまっ...続きを読む


人気Q&Aランキング