【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

隣の家との境界にウッドフェンスの設置を検討中です。
フェンスの仕様は、
柱 90×90 H 3,000(イペ材)を1,400間隔で5本設置し
地中に500mm埋め込み、モルタルを流して固定。
(地中埋込み部分の境界側は基礎に接します)
フェンスは、板厚16mmのレッドシダーを隙間10で全面に貼付けます。

地中で腐らない様にイペ材を採用したのですが、とても重く
強風での倒壊を心配しています、強度的に大丈夫でしょうか?
有識者の方々からのご教授をよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

独立 基礎」に関するQ&A: 住宅の独立基礎

A 回答 (2件)

ウチも同様にウッドフェンスを建設。

昨日完成しました。
ウチは170センチの高さで、柱をアルミ支柱、板は持ちの良いヒノキ板にしました。 柱はアルミ製をコンクリで埋込みしっかり補強した方が安心です。 防腐剤などが入った木に良い塗料で塗装して五年は大丈夫だそうです。その後塗り直したりして、15年は持つそうです。
    • good
    • 3

 持ちません。

 また木製柱を直接地面に埋設すればより風化を早めることになります。(倒壊するときは一瞬です。大変危険です)
 柱間隔はピッチ1mとし隔本置きに控え柱が必要です。 また基礎はコンクリート布基礎か500x500x600以上の独立基礎です。
 この独立基礎は自重で200kg程度はあるでしょうから機械での施工になります。 
 ので布基礎ですね。 基礎の厚みはW=300、ボイド穴φは=250。
 あるいはアルミの耐久性からいってもメーカー製目隠しフェンスを購入施工するのが無難ですね。このほうが布基礎はコスト軽減されます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。 やはり危ないですか!
柱は水中でも腐りにくい“イペ”なので“レッドシダー”などの木材より風化はあまり気にしていません。
(腐った時の倒壊の恐怖は年々増加するでしょうが)
問題は基礎と思っています。
最初の質問で上手く表現できなかったのですが、隣の家が私の家より3m程下になる土地で
コンクリート製の壁(なんて表現したらいいのでしょう)が約3mぐらいあり、施工する基礎全部がこれに接します。
そのため、普通の独立基礎より強度は高くなると思うのですがどうでしょうか?
あと、基礎はセメントがいいのでしょうか? モルタルとの強度の違いも教えて戴き度く。 よろしくお願いいたします。

補足日時:2007/11/09 00:41
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独立基礎での横板張りウッドフェンス施工方法を教えて下さい

■DIY初心者です。ウッドフェンスを立てたく思案中ですが、不安要素が多く着工に至れません。詳しい方アドバイスお願いします!■東西の隣地との境界ブロック(隣人所有)沿いに、独立基礎で130cm前後高のフェンスを立てたいと考えています。フェンス長さ西面4M東面13M。基礎は18×18×45cmのコンクリート基礎ブロックで、支柱間は100~150cmの間で悩んでいます。強度的に問題があれば基礎ブロック周りをセメントで固める事も考えていますが…それも必要かどうか分からず…。支柱は6×6cmのアルミ四角管、横板は厚み2cm幅12cmのアマゾンウリンを使用予定です。横板は2cmピッチで張っていくつもりです。■独立基礎、アマゾンウリン(2×12×長さcm)を使用、高さ130cm前後の条件はそのままで、その他の部分を調整して強度的に問題なく立てる寸法&方法を教えて下さい。■基礎・支柱の施工方法も教えて頂けると嬉しいです■セメントとモルタルの違いも教えて下さい■

Aベストアンサー

[アマゾンウリン」って結構重そうですね。

高さが130cmとの事ですから、根入れの深さも60cmは最低でも欲しいところです。柱の間隔は板の長さ(2m?)-3cm程度(好みにより柱からの出幅を調整)、4mだと柱3本@1.97cm、柱と柱の間に板繋ぎを入れる(2x12cmの板を半分に切った物(2x6cm)を利用:板のブレ止)

1.直径20cm位x深さ60cmの穴を掘り柱を立てる(底部に砕石を入れ十分に付き固める:柱が沈下しない様に!)
2.柱の根元にモルタル(セメント:砂=1:3)を厚さ20cm位入れ埋め戻す
3.地表面から30cmの深さにブロックの下端が来る様に、柱にブロックを通す(ブロックの端の穴に通し壁と直角にセットする:転等防止)
4.柱を通した穴にモルタルを詰める
5.地表面まで土をかぶせる(ブロックの周りは十分に転圧する)
6.モルタルが固まるまで板は張らない(翌週末まで我慢する)

※アルミの柱は中空でしょうか? 中空でしたら板を固定するビスが効き難いので防腐処理した垂木を中に入れます。垂木がグラグラする様でしたらスポンジ等を詰め込み、板を張る面に垂木を押し付けます。

[アマゾンウリン」って結構重そうですね。

高さが130cmとの事ですから、根入れの深さも60cmは最低でも欲しいところです。柱の間隔は板の長さ(2m?)-3cm程度(好みにより柱からの出幅を調整)、4mだと柱3本@1.97cm、柱と柱の間に板繋ぎを入れる(2x12cmの板を半分に切った物(2x6cm)を利用:板のブレ止)

1.直径20cm位x深さ60cmの穴を掘り柱を立てる(底部に砕石を入れ十分に付き固める:柱が沈下しない様に!)
2.柱の根元にモルタル(セメント:砂=1:3)を厚さ20cm位入れ埋め戻す
3.地表面から3...続きを読む

Qウッドフェンス、支柱の立て方について!

DIYで庭にウッドフェンスを作っている最中です。
既に、以下で見られるようなコンクリートのフェンスブロックを
http://dododay.jp/dopedia/word/detail/?word_id=76
を土中に埋め、あとはこのブロックに9cm角の支柱を立てる
ところまで、ようやく辿りつきました。
ブロックの水平は確認していますが、
支柱をブロックに入れるだけでは、支柱の垂直が保てません。
(支柱とブロックの口の大きさが完全に同じではないので)
ただ、支柱とブロックの隙はわずか(1-5mm位)なので、
モルタルを流し込むこともできないと思います。
垂直を保つように支柱をブロックに固定するには、どうすればよいのか?
教えて頂けますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ただ、支柱とブロックの隙はわずか(1-5mm位)なので、モルタルを流し込むこともできないと思います。←後から流し込むのではなく、ブロックに少し柔らかいモルタルを入れてから支柱を差し込んで、数回上下に動かせば上手く行くと思います。
はみ出したモルタルは拭き取って下さい、
数本やってみれば、入れるモルタルの量も判ります。

垂直を保つように支柱をブロックに固定するには、←支柱を全部同じ側(手前や奥)に立てて、反対側の隙間に小さな石をモルタルの中に埋めて固定出来ると思います。

Qウッドフェンスに適した木材

DIYで ウッドフェンスを作るつもりです 地面からの高さは 100センチ程 1.5M間隔で支柱をたて 横板2枚に 立て板を8枚程 長さは10M位のフェンスです
どんな木を使えば良いのか迷っております 手軽に入手出来て 安くて
腐りにくい木ってありますか?
ホームセンターで見てきた所 杉が手頃かなぁと思うのですが 野地板? 表面がささくれ立っていて このまま塗装をするのは・・って感じです SPFだったかな? 防腐剤が注入されている木もありました
安いのは ホワイトウッドでしたが いかにも腐りそうです ホワイトウッドでもきちんと塗装すれば5年くらいは持つのでしょうか?

Aベストアンサー

 防腐剤を隔年で塗れば5年以上~10年ですかね?。
わたしは野地板や2x4(1x4)材などを使って大和塀やラティスフェンスパネル材を併用してウッドフェンスにしてます。
 5年程度の短期ならわざわざ米杉やそれ以上の耐久性のあるものを利用してももったいないですね。
 わたしがやった作業では日除けと雨避けを兼ねて60角柱材(杉3m、900円/本)+40x40x2m(200円/本)などを利用して木製テラスを6棟製作しました。
 水性塗料(スパーコートhttp://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=01&middle_cat=01&item_code=20003)を1回塗りしただけの簡単なものですが結構もってますね。

>表面がささくれ立っていて このまま塗装をするのは・
  構わず塗装しても問題ありませんよ。 綺麗に仕上げたいというのであればサンドペーパーで研磨です。 さっさっさと簡単にやっただけで十分です。

>でもきちんと塗装すれば5年くらいは持つのでしょうか?
  乾燥と湿りが頻繁に繰り返されると腐食が進行します。 何もしなければ5年程度では間違いなく腐ります。 ボロボロになっていずれ蟻の棲家になるでしょう。
 
 
 
 

 防腐剤を隔年で塗れば5年以上~10年ですかね?。
わたしは野地板や2x4(1x4)材などを使って大和塀やラティスフェンスパネル材を併用してウッドフェンスにしてます。
 5年程度の短期ならわざわざ米杉やそれ以上の耐久性のあるものを利用してももったいないですね。
 わたしがやった作業では日除けと雨避けを兼ねて60角柱材(杉3m、900円/本)+40x40x2m(200円/本)などを利用して木製テラスを6棟製作しました。
 水性塗料(スパーコートhttp://www.asahipen.jp/product/de...続きを読む

Qウッドフェンス支柱を角管で製作するのは・・・

ウッドフェンスのDIY計画中なのですがなかなか着工に至れず、何度も投稿させて質問させて頂いています。ウッドフェンス支柱を耐久性を求めてアルマイト加工済みのアルミ角管にしようと決め発注しようと思っていた矢先、知人に角管は空洞なのでビスのとまりが悪いと反対されました。以前、このページでアドバイスして下さった方で、空洞の中に木を入れビス止めする方法も聞きましたが、やはりそのまま木材をビス止めするのはあまり良くないのでしょうか?他の知人で、問題なく止まると言う意見もありました。周りの意見に振り回され決断できずにいます。販売先に問い合わせても、電話に出た女性の方があいまいな回答しかせず…。どなたかお詳しい方、又角管を支柱に使ってウッドフェンスを建てた事がある方、是非アドバイス下さい。お薦めのビスの種類もご存じでしたら教えて下さい。【横板:アマゾンウリン2×12×1200cm、支柱:アルミ角管2.5×8×8cm】高さ130cmのフェンスです。

Aベストアンサー

横板がアマゾンウリンとのこと・・・とても重くて堅い木ですので、そのままビス止めは困難だと思います。
下穴を開けてから5~6ミリ程度のビスを使うこととなりますが、400カ所となると大仕事ですね。
アルミ角パイプの厚みが2.5ミリですと、そのままネジ止めすることは可能ですが、横板の重みがありますので、何かの拍子で抜け落ちて・・・なんてなると怪我する可能性も有ります。
ここはもっと確実な方法で、前の方が言っているようなエビナットを使うか、角パイプの中に材木を入れて木ねじ止めにする、または角パイプの反対側まで貫通させてワッシャーとナットで止めるかになろうかと思います。
ビスは見た目を考えてトラス頭のもので、出来ればステンレス製が後々のためにも良いかと思います(金額は張りますが。)・・・リンクをご覧下さい。
材料の重みで腰を痛めたり、怪我をしないように注意してください。

参考URL:http://www.monotaro.com/c/001/517/

Qフェンスブロックに柱は何cm入るのでしょうか?

DIYで、フェンスブロックに4×4(90mm×90mm)の柱を立てる計画でいます。
ホームセンターで4×4材を購入し、その場でカットしてもらう予定でおり、カットしてもらう長さを決めようとしているところです。

ところで、ネットでフェンスブロック(外形180mm×180mm×450mm、穴が上部で 100mm×100mm)を見ていると上部と下部で穴の大きさが違うようです。
恐らく上部の穴から柱を入れると、穴が細くなった箇所で止まりそれ以上深く入れられないのだと思うのですが、

(1)4×4(90mm×90mm)材はフェンスブロックに何cmぐらい入るのでしょうか?
(2)同種のフェンスブロックを複数購入した場合、個々に若干穴のサイズが異なり、
   あるフェンスブロックには30cm入るが、別のフェンスブロックには32cm入る
   というような事が普通にありえるでしょうか?
   (この場合、同じ長さに切った柱を立てると高さがバラバラになってしまう)

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フェンスブロックの製造所によってサイズが微妙に異なるためはっきりとした数値はわかりませんが、概ね基礎の半分程度の深さだと思います。
木材は水分含有量によりサイズが変わること。木づちで叩き込むように据え付けるなどの理由でも実際に差し込まれる深さが違ってきます。

また地盤面の高さは必ずしも水平ではないので、フェンスブロック基礎を同じ高さに設置することの方が困難です。
基礎天端または柱材天端を揃えるには、水糸を張って高さを確認することになりますが、DIYでやるなら柱材の長さをカットして微調整する方が簡単だと思います。

柱材の長さを一定にして作業するならば、フェンス基礎をなるべく高さを揃えて設置したあと空洞内部に空練りモルタルを棒でつつきながら詰めて、柱材の差し込む深さを調整するようにします。

フェンスブロックと柱材の隙間は、モルタルを詰めることになりますが、最初からモルタルを詰めて固定してしまうとあとで調整がきかなくなるため、隙間に木片で作ったくさびを差し込み仮留めした状態で組み立て作業をすませ、最後にまとめてモルタルを詰めるようにするほうが良いです。

フェンスブロックの製造所によってサイズが微妙に異なるためはっきりとした数値はわかりませんが、概ね基礎の半分程度の深さだと思います。
木材は水分含有量によりサイズが変わること。木づちで叩き込むように据え付けるなどの理由でも実際に差し込まれる深さが違ってきます。

また地盤面の高さは必ずしも水平ではないので、フェンスブロック基礎を同じ高さに設置することの方が困難です。
基礎天端または柱材天端を揃えるには、水糸を張って高さを確認することになりますが、DIYでやるなら柱材の長さをカットし...続きを読む

Qフェンス控え柱の基礎

前回質問させていただきました。
今回は、控え柱の基礎についての質問です。(前回と少し変更有り)
素人です。(専門用語の知識ありません)
実績多数のプロ様、よろしくお願いいたします!

材木は、レッドシダーです。
フェンスのサイズ(独立基礎)
・高さー地上から2m、長さ-3m
・横張り板 16×141mm (1×6)  隙間 1.5cm
・支柱 9cm角 約100cm間隔で、4本立てる

フェンスが台風などの風圧に耐えられるように、控え柱をつけたいと思います。
1)控え柱は、両端に2本で良いでしょうか? 3本くらい必要ですか?
2)控え柱基礎は、フェンス支柱の基礎と同じH型アンカー使用したらいいですか、
  もしくはもっと適当なものがあればぜひ、教えてください!
3)添付の図の、2種類の控え柱ですが、Aタイプでも十分に強いのでしょうか?
4)添付の図のサイズを教えてください。(①~⑥)

    以上、質問多くてすみません。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)控え柱=両端に2本では不可、3本~4本。 
  3本では固定するところがないので太めの横木を渡せばOK。
2)控え柱基礎は、フェンス支柱の基礎と同じH型アンカー使用=OK
  ただし、本柱の下のコンクリート高さは40~50cmくらいほしい。
 (30cmは不可。直埋めの場合は金具のわたりの下の板に引き抜きによる抵抗を増やすように細工をすること)
3)控え柱はAタイプでも各部材同士をL字金具で緊結すれば十分です。
  Bタイプは、上部の固定の方法に工夫が必要、コースレッドではなくボルト使用を念頭に。
4)添付の図のサイズを教えてください。
  1、4=150cm以上   2=50cm程度  3、6=30cm角X40cm
  5=60cm程度

その他、横板と柱の固定は、経年変化でのゆるみや穴腐りに注意してください。
以上専門家ではありませんので計算の根拠はありません。経験的に。

Qウッドフェンスの支柱の基礎について

ウッドフェンスの支柱を立てようと考えていますが、すぐ横に平行して既存のブロック塀(2段)があり穴を掘ると約20cmでそのブロック塀の基礎部分のコンクリートにぶつかってしまいます。いろいろ検索すると40cmくらいは柱を埋める必要があるとの事なので困っています。フェンスの高さは地上から2mを予定しており、支柱は木材(9cm×9cm位)もしくは鉄鋼の角材を考えています。既存のブロックにアンカーを打って固定し、コンクリートの固定は20Cmくらいで強度は保てるでしょか?また鉄鋼の角材を利用する場合は太さはどのくらい必でしょか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずブロックの基礎はステコンといって、ブロックを水平に並べるための、薄い基礎のことです。ハンマーで簡単に壊れます。
それからウッドフェンスの全長は何メートルでしょうか。その長さによって、最長1、5メートル以内を基準にして柱の本数を割り当てて下さい。
支柱は木材で充分です。それから基礎を壊した箇所を、ご希望通りの穴を掘ります。そこに垂直に柱を立てます。このとき下げ振りを垂らし、添木で仮止めをして下さい。
次に、市販のコンクリートを掘った穴に表面まで流し込みます。コンクリ-トは、水分が抜けると幾分か下がりますので、のちのち草も生えます。
穴を広く大きく掘りますとその分強度は増しますが、コンクリートが余計にかかってしまいますので、ご注意下さい。
コンクリートが固まったら添木を外して下さい。好い作品が出来るといいですね。

Qアルミフェンス設置作業でわからない事(垂直出し&モルタル)

直線で170mのアルミフェンスを立てようと計画しています。
隣家との境に三つ穴のブロックが直線が埋められているので
その面に沿わせて 19センチ角直方体のフェンス基礎ブロックを 端から2m間隔で埋めました。
上面は既設のブロックの上面に合わせました。
ポールを立てる地面の位置を直線でマークするのは水糸を引けば良い、とわかります。

いよいよアルミの支柱(2.5×3.5cm角、70cm)10本を立てるのですが、
モルタル初心者ですので、以下のような点が不安です。どうか教えてください。
外にも気がつかれた点がありましたら、是非アドバイスを頂戴できれば、と思っています。
1.地面上の直線は水糸で引けますが、設置するフェンスの平面の上端の線を
地面と平行に引くにはどうしたらいいでしょうか?
  これができれば水糸に等間隔にマークをつければポールの垂直位置はつかめると思います。
2.アルミポールを垂直に立てる為には水準器を当てればいいとわかりますが、
  モルタルが固まるまで確実に垂直を維持させるするにはどうしたらいいでしょうか?
3.上の2に関係有るのですが、ファンス基礎ブロックの穴は15センチ四方で貫通しています。
  ここにポールを入れて、モルタルで固めるのですが全部モルタルで詰めた方がいいでしょうか?
  モルタルが固まるまでポールの垂直を出しておくのが難しいような気がします。
  (根元をある程度バラスで詰めてしまえばいいのでしょうか?)
  一本ずつ固まるのを待って微調整をしているわけには行きませんので。

よろしくお願いします。

直線で170mのアルミフェンスを立てようと計画しています。
隣家との境に三つ穴のブロックが直線が埋められているので
その面に沿わせて 19センチ角直方体のフェンス基礎ブロックを 端から2m間隔で埋めました。
上面は既設のブロックの上面に合わせました。
ポールを立てる地面の位置を直線でマークするのは水糸を引けば良い、とわかります。

いよいよアルミの支柱(2.5×3.5cm角、70cm)10本を立てるのですが、
モルタル初心者ですので、以下のような点が不安です。どうか教えてく...続きを読む

Aベストアンサー

まずは水平を出した方が良いです。水準器を使ってポールを垂直に立てるなら、水平を出さないとフェンスが平行四辺形に歪んじゃいますよ。

20mくらいの透明ホースを買ってきて、気泡が残らないように水を入れます。これを17mの両端にガムテープで固定します。ホースの口は上向きに。
ホース内の水位が安定したとき、両端の水面の位置をマークして水糸を張れば、水平が取れます。
あまり細いホースだと正確性が無いので、あとで洗車用に使うくらいのつもりで太めのホースを買った方が無難です。
または、50cmくらいの透明パイプを用意して、普通の安い散水ホースの両端に差し込んで使う、という手もあります。

水面の位置をフェンス上端にぴったり合わせる必要はありません。まずは水平位置のマークを両端に付けられれば、そこを基準にして水糸を5cm下げるなどして調整できるからです。

水準器でチマチマ測ってると17m先では相当な誤差が出ると思いますので、一気に17m分の水平が取れる上記方法がオススメです。

Qウッドフェンスを立てたいのですが。

ウッドフェンスを立てたいのですが初心者なので教えてください。高さ2.3m、幅11mで横張りのフェンスを計画しています。横張板は地上1mから上に100mm程度の板を張ります。支柱は1.5m間隔で深さ400mmの穴を掘り柱を直接コンクリートで固める予定です。木材はウリンを立てたいのですが、太さを70×70または90×90のどちらかにするか悩んでいます。
できれば70×70にしたいのですが、強度的に問題ないでしょうか。
因みにフェンスは家と家の間ので直接風が当る部分は少ないです。
また、横張りする板は同じウリンがいいのでしょうか?他にお勧めの木材とかあるでしょか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外壁等、エクステリア素材としては最適な木材として定評がある物ですので、柱にせよ、横板にせよ問題はないかと思います。

腐りにくく固くて丈夫という点で文句なしといいたいところですが、唯一材質が固いためにネジ止めなどの際に下穴を開けませんと割れが生じやすくねじ込みも難しいかと思います。直接の釘打ちはお勧めできません。

それだけ強度もあり、耐久性もありますので柱にしても70×70でもそこそこ用をなすかとは思いますが、設置する壁の高さも半端ではありませんので不安がなくもありませんね?
また問題は別に、柱や壁面の選定以前にそれを固定する基礎、地面との固定がどんなものでしょう?

風が直接当たりにくい上に土台をコンクリートで固めるとのことですが、支柱や壁面に問題がない分、雨のあとなど地盤がぬかるむようなところでは、多少の風などゆする方向での力が加わった場合にその力が地盤に直接響き、徐々に基礎がゆるむなどの心配はないでしょうか?

いくら風が弱いといっても高さ2.3mを地中40cmの埋設で支えるというのに多少の不安を感じます。

横板もウリンでとのことですが、丈夫な分比重が高く材料としても重いですよ?
なんか頭でっかちで足元が弱い、危険構造物を仕上げてしまったということになりはしまいか、慎重に検討された方が良いかと。

外壁等、エクステリア素材としては最適な木材として定評がある物ですので、柱にせよ、横板にせよ問題はないかと思います。

腐りにくく固くて丈夫という点で文句なしといいたいところですが、唯一材質が固いためにネジ止めなどの際に下穴を開けませんと割れが生じやすくねじ込みも難しいかと思います。直接の釘打ちはお勧めできません。

それだけ強度もあり、耐久性もありますので柱にしても70×70でもそこそこ用をなすかとは思いますが、設置する壁の高さも半端ではありませんので不安がなくもありませんね?...続きを読む

Q高さ2mのウッドフェンス基礎について

当方、diy初心者です。
防腐剤塗りの、ホワイトウッド(北欧松)でウッドフェンスを作る予定です。

フェンスのサイズ
・高さー地上から2m、長さ-2.5m

・横張り板 幅18.4cm 厚さ1.9cm 隙間1.5cm-2cm 横板9本をはる。
・支柱 ホワイトウッド9cm角 約80cm間隔で、4本立てる

元々ある境界フェンスのブロックにくっつけて、フェンスを作ります。

計画した支柱の基礎の予定としては、
深さ50cmx30x30を掘り、下から、砂利を10cm厚さを敷き詰め、残り40cmをコンクリートで固める。H型アンカーを使用します。
・90角 H型木製柱用「H型アンカー」(W60×D105×L600mm )

以上で基礎は台風がきても安全でしょうか?
フェンスの端に、半分くらいの高さくらいから斜めに支え木はした方が良いでしょうか?
その基礎はフェンス基礎と同じ大きさでしょうか?

もう一つ質問です。
コンクリートの作り方ですが、
セメント25Kg、砂72kg、砂利72kgの場合、水は何リットル位が適当でしょうか? ^^;

プロの方、玄人様、よろしくお願いいたします。

当方、diy初心者です。
防腐剤塗りの、ホワイトウッド(北欧松)でウッドフェンスを作る予定です。

フェンスのサイズ
・高さー地上から2m、長さ-2.5m

・横張り板 幅18.4cm 厚さ1.9cm 隙間1.5cm-2cm 横板9本をはる。
・支柱 ホワイトウッド9cm角 約80cm間隔で、4本立てる

元々ある境界フェンスのブロックにくっつけて、フェンスを作ります。

計画した支柱の基礎の予定としては、
深さ50cmx30x30を掘り、下から、砂利を10cm厚さを敷き詰め、残り40cmをコンクリートで固める。H型アンカーを...続きを読む

Aベストアンサー

・横板9本をはる。=木部有効高さはおよそ180cm、ブロックの高さも利用するという事ですね。
・支柱 アンカーとのとりつけ状態がもう少しわかりません。 基礎の中と上に出ている高さ。

計画した支柱の基礎
深さ50cmx30x30を掘り、下から、砂利を10cm厚さを敷き詰め、残り40cmをコンクリートで固める。H型アンカーを使用します。
=基礎の中の砂利敷き詰めの厚さについては、土質にもよりますが10cmはいらないでしょう。それよりも突き固めの方に重点を置いてください。

以上で基礎は台風がきても安全でしょうか?=風を受ける程度が心配です。出来れば
フェンスの端になるべく高い位置から斜めに支え木をしてください。世間で足場が突風でやられているところを見ると、一部の不安は残ります。
なお、支え木は案外引き抜きに対して弱いですから下部に細工をするとよいです。 埋める木の先が太くなるように物をつければ基礎までは不要と思います。

コンクリートの作り方ですが、
セメント25Kg、砂72kg、砂利72kgの場合、水は何リットル位が適当でしょうか?
=この場合で約13リットルくらいでしょうか。 水量はむしろ練った硬さから判断してください。(今回は強度を余り要求しませんから、砂利をもう少し増やせばいいと考えます。水はセメントの約60%位かな。)
詳しくは、コンクリート配合重量比で検索してみてください。

=貴殿の配合では、容積的に見て所要の穴を4個とも満たすことは難しいのではないでしょうか。(約半分強?)

・横板9本をはる。=木部有効高さはおよそ180cm、ブロックの高さも利用するという事ですね。
・支柱 アンカーとのとりつけ状態がもう少しわかりません。 基礎の中と上に出ている高さ。

計画した支柱の基礎
深さ50cmx30x30を掘り、下から、砂利を10cm厚さを敷き詰め、残り40cmをコンクリートで固める。H型アンカーを使用します。
=基礎の中の砂利敷き詰めの厚さについては、土質にもよりますが10cmはいらないでしょう。それよりも突き固めの方に重点を置いてください。

以上で基礎は台風がきても...続きを読む


人気Q&Aランキング