『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ふと思ったのですが現在確認されている武術の中で一番
発祥が古いのはなんという武術でしょうか?
現代にまで残っている武術でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

やはり相撲ではないでしょうか。

古墳時代の古墳からも相撲を取る力士(ちからびと)と思われる埴輪、土偶が発掘されています。(5世紀後半の福島県原山一号墳、6世紀初頭の和歌山県井辺八幡山古墳など)

古事記には、天照大神から出雲に遣わされた建御雷が建御名方神と力比べ、手乞いを行った神話がありますし、垂仁記にはじめて「力士」の記述が見られます。同じく日本書紀、垂仁天皇7年に野見宿禰と当麻蹴速の角力(すまひ )の様子が描かれています。両者足を揚げて激しく戦い、野見宿禰が当麻蹴速を足で蹴り脇骨を折り、腰を砕いて殺したという壮絶な結末で、今日の相撲とは違った荒々しいものだったと思われます。

当麻蹴速は当麻邑(旧當麻町、現在の奈良県葛城市)の豪の者であり力持ちで知られていました。それに対して出雲より野見宿禰が呼ばれました。負けた当麻蹴速の土地は没収され、野見宿禰に与えられました。(古代の土地争いを象徴的に記述したのかもしれません) 二人が戦った場所には相撲神社が建立されています。(奈良県桜井市) 野見宿禰は相撲の始祖として祭られるようになりました。ちなみに「すまふ」には元々「あらそう」「あらがう」という意味があります。

奈良時代、 聖武天皇は相撲を奨励し、全国から相撲人を集め毎年7月7日に宮中で天覧相撲が行われました。神亀年間に最手(ほて、最高位の力士、今日でいう横綱)として知られ、行司でも活躍した志賀清林は、聖武天皇に「突く、殴る、蹴る」の三つの技を禁じ手とするように上奏しました。また志賀清林は、投げ、懸け、捻り、反りの四手を発展させ相撲四十八手の技法の基礎を作り上げたと言われています。

興味深いのは、志賀清林が天皇に禁じ手を上奏するまでは、「突く、殴る、蹴る」ことが相撲において許されていたということです。これは日本書紀の野見宿禰と当麻蹴速の角力の戦いの記述と一致します。この古代相撲ともいうべき闘技こそが日本における最も古い武術ではないでしょうか。この古代相撲がどんなものだったか?残念ながら知る由は無いのですが・・・ ちなみに、この古代相撲を現代に復元、復活させようとして作られたのが日本拳法です。ですから日本拳法では試合前に相撲のように蹲踞の礼をとります。

平安時代にも、相撲は宮中の儀式として重んじられ、三度節の一つとして相撲節会が行われました。三度節には、射礼、騎射、相撲があり、これは唐の儀式を模したものでした。古代から中国宮廷でも角力が行われてたことを考えると、古くから中国と日本との間に文化的交流があったことが伺えます。

鎌倉、室町、戦国時代にも武士階級は相撲を好み、それが鎧組討、小具足、腰回りへと次第に発展、それに寝技、絞め技も加わりました。更にまた中国の拳技、武器術の影響もあって、特に15世紀初期から江戸期初頭においていくつもの武芸の流派が生まれました。

その中でも古い伝承が確かなのはNO.1さん、NO.3さんが書かれてるように、天真正伝香取神道流(室町中期、1447年)、竹内流(戦国期、天文元年1532年)だと思います。

江戸期の太平の世になって流派は枝分かれに増えました。これは戦国時代と違って技をゆっくり練る時間があったことと、同時代に発展した中国武術の影響からだと思います。今日伝えられる流派の中には平安、鎌倉など古くからの伝承を謳う流派も多いですが、その技を考察するとやはりほとんどが江戸期に成立したのものであることが想像されます。

奈良時代からの伝承を主張する堀辺正史氏の骨法については疑問があります。以前は違う名称の流儀を名乗っていたこと、名乗る度に○○代目の数字が違うこと、家伝の古い骨法には上段回し蹴りがあるとしていること(奈良時代の拳法に上段回し蹴りが?) 江戸期の骨法は中国の南拳のような武術でフルコンタクトで稽古したため異端視されていたと本に書いていることなど、懐疑的に思える点が多いです。江戸期に骨法を名乗った他の流派との関連性もまったく見えません。一番の疑問は系統だった武器術がまったく伝えられていないことです。いくら拳法とはいえ昔は武器が主役です。堀辺氏は巻き藁を突いていたそうで、若き日の写真が残されていますが、黒い空手着のような姿で、手には拳だこがあり、空手出身にも思えました。メディアに出た当初の骨法には八卦掌や詠春拳、ムエタイ、大東流の影響がはっきり見て取れました。現在はグレイシー柔術の真似をして寝技を導入していますが、問題は自ら体系化し技法を確立したと大仰に言いつつ、明らかに借り物ばかりだということです。骨法に限らず、あまり大げさで荒唐無稽な伝承を謳う流儀は疑ってかかったほうがいいと思います。NO.4さんに反論したくて書いたのではないので、どうか誤解なきよう。(^_^.)
    • good
    • 0

 大分県豊後大野市に鞍馬流が伝えられています。

源義経が修行したと伝えられているようで、そうすると平安時代に既に存在していた京八流の末裔と思われます。
 30年ほど前に、その流派の伝承者と言う方とお話しする機会がありました。その方の年齢から類推するに、戦前から修行しているのは間違いありませんでした。屋外で練習し、トレーニング法のひとつに樽の中に入ってそこから飛び出ながら抜刀する等、道場剣法に比してかなり荒々しい流派だと感じました。

 徒手武術については、堀辺正史氏が、自らの骨法について、大伴古麻呂(757年没)を祖とする武術で、相撲の源流だとその著書で述べています。そうすると奈良時代に興った武術と言うことになります。もっとも、批判も多いようです。
    • good
    • 0

現存する最古の流派は『天眞正傳香取神道流』とされています。



剣術・柔術・居合・棒術・槍術・薙刀・手裏剣術などが伝承されている総合武術です。
    • good
    • 1

http://www.sportsclick.jp/combat/01/index08.html

このサイトに書かれています。
参考にして下さい。
    • good
    • 0

流派としてなら


剣術 天真正伝香取神道流
柔術 竹内流
だといわれていますね。

伝承としては
柔術の諸賞流や四心多久間流は平安時代に紀元があるとされています。また、長刀も平家物語にいくつかの斬り手が名前が挙がっていることから何らかの流儀はあったと思われますが詳細は不明です。

あとは
相撲の伝承がもっとも古く天覧で武内宿ねや当麻蹴早が戦ったとされています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40才から始められる武道

平凡なサラリーマンですが、自分に自信をつけるため武道を始めたく思っています。中年の素人がのこのこと加わっても、他の皆の迷惑だろうという気が強くありますが、しかし思い立った今始めたいです。近くのカルチャーセンターでは週1の合気道と月2の琉球空手があります。その他も探せばそれなりにあるとは思います。お勧めの武道や中年で始める加わる場合の注意点などありましたら教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは40歳からはじめれる格闘技ですが。それは少林寺拳法か剣道です!少林寺拳法は僕と一緒に父が42歳からはじめました。今4年間続けているのですが3段です。はじめる前はビールバラで腹もたるんでいたりしてのですが、今ではムキムキです。(笑)フルコンタクトや乱取りは基本的にないので怪我をすることもほかの格闘技に比べたら少ないと思います。少林寺では打撃の『剛法』関節の『柔法』整体の『制法』からなります。護身術としてもいいですし、人間的にも鍛えれると思います最近は結構いろんなとこに道場ができてきています。一度見学にいってみたらどうですか?
剣道は弟の剣道道場の先生は50過ぎから初めてという話を聞いたからです!
僕は柔道もやっているのですが、今からするのにはお進めできないです!

Q空手の技法「コツカケ(骨掛け)」は実在する技でしょうか?

こんにちは、お世話になります。

よく漫画で出てくる、空手家の睾丸を体内に入れ金的を守る技『コッカケ』。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%B1

これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 

好奇心からの質問ですが、本気で気になっています。

以上です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず最初に。こういった技術はあります。出来る方もいます。

>これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 
「火の無いところに煙は立たぬ」です。
コツカケ(骨掛け)とは睾丸を腹中に引き上げるだけのものではなく、
肩甲骨を使って首と脇を閉じる(下のURLの動画で見れます)、肋骨を使って胸部を閉じる、恥骨を使って腹部を閉じる、といった操作も含みます。
単純に防御法ではなく、独特の力の出し方(チンクチ/一寸力)にも関連してきます。

(教えてくれるかは別として)沖縄唐手なら東恩納系統、または上地流など、中国武術なら短肢の鶴拳系武術や白眉拳、龍形大宗、南派蟷螂拳等にコツカケ(骨掛け)あるいはそれに類した技術が継承されていたと思います。

参考URL:http://www.wonder-okinawa.jp/023/009/002/001.html

Q実践における発勁の威力とは?

映画や漫画などのフィクションでは、発勁(特に寸勁)はかなり強力な技として描かれている事が多々ありますが、実際にはどれほどの威力があるものなのでしょうか?

もちろん一口に発勁と言っても、宴会芸で相手を転ばせるようなもの、相手を吹き飛ばす目的で打つもの、転倒させる目的のもの、ダメージを与えるものなど様々だと思いますが、特に知りたいのは
 A.寸勁・分勁など、かなり短い距離で、かつ「ダメージを与える」目的のもの
 B.同じく、ダメージを与える目的の纏絲勁(螺旋勁)
この二つです。

Aでは瓦を何枚も割れたり、Bではある一点にはトンの力がかかるとか聞いたことはあるのですが、後者は流石にないような気がしています。
実際はそれぞれどの位の力がかかるのでしょうか。
可能であれば、kg、若しくは人体(或いは特定の物体)への損傷具合で教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たりしていることになる訳です。このやり方だと、ボディへの攻撃が適しています。

経験者でないと理解できないかもしれませんが、発勁は戦術と不可分です。

遠間での長勁での攻防をさばいてクリンチ状態に持ち込み、差し勝って、片手で相手の両手を封じます。30センチ程の距離から体当たり的打撃を打ち込みます。そこから「打ち抜き」、そして「支え」ます。この「支え」が貫通力となって、内臓に損傷を与えるはずです(試したことはないので分かりませんが)。

詳細はさすがに勘弁してください。簡単にできる実技です。この「支える」というのがミソで、これが世に言う寸勁の正体なのですが、簡単に言うと受動筋力です。曲げている筋肉が無理に引き延ばされるときに120パーセントくらいの力が発揮されるとか。伸ばした腕が相手の身体に突き刺さって無理矢理縮められるときに、最大の威力が出ます。

しかしこれは、拳が既に相手の筋肉をかき分けて突き刺さっていないと、効果がありません。寸勁単独でやると、たいがいは相手を突き飛ばすだけの宴会芸となります。
相撲のてっぽうなども本来は同じ効果を狙ったものであるはずです。現代の格闘技を見ていても、寸勁に近い打撃はよく見られますし、そんなに特別なものではありません。

纏糸勁については、知りません。太極拳をやったことがないので。

私は学生時代武術をかじっただけですので、これは、先生から直接伝えられた「真伝」というわけではありません。身体で味わった技を、何十年もこつこつと考えて解析しただけです。

「真伝」を授かった方が、より深い解説をしていただければ幸いです。

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たり...続きを読む

Q日本にミサイル撃った瞬間北朝鮮終わりと言うが?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのではないですか。

北朝鮮からミサイルが一発飛んできたからといって今の日本は戦争に踏み切る勇気はないと思います。
例によって、「遺憾の意の表明」とか安保理に泣きつくとか・・
自衛隊に出動命令を出すには腰の据わった気骨のある総理大臣とかでないと出来ないし、何より国民のバックアップが必要だと思います。

平和ボケした知識人がまた例によって「外交努力で」・・とか言い出して、とてもミサイルで反撃などする気骨はないと思います。

日本自体が負け犬根性なのに、米国は動かないでしょう。

したがって、北朝鮮が日本にミサイルを打っても、多分 撃たれっぱなしだと思うのですが、
どこから 「瞬間に北朝鮮は終わり」という論理が出てくるのでしょうか?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのでは...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。
>一応、日本が攻撃された場合アメリカは動かざるを得ません。日米間でそういう取り決めがあるからです。それが、日米安全保障条約です。
日米安全保障条約
第5条(共同防衛)
(1)各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

これにより、日本国の施政領域(統治している領域)内で、米軍・日本自衛隊いずれかの組織に武力的打撃があった場合、全力で防衛するということです。また、日本の領土が武力進行された場合も同様です。

ですが、アメリカ合衆国本土が戦場となっても日本が助け舟を出す義務はありません。
あくまでも、日本国憲法第9条を遵守し自衛権の発動のみを規定している為、他国への武力援助・交戦はする必要がないことになってます。


人気Q&Aランキング