しもやけと凍傷はどう違うのでしょうか?
調べたのですがいまいちよく分かりませんでした。
またなぜしもやけはかゆくなるのでしょうか(暖めるとかゆみが増すのも不思議です)、
そして児童に起りやすい理由はなぜでしょうか?

A 回答 (4件)

しもやけと凍傷の違いについて、調べてみました。



【しもやけ】
寒さのために起こる軽い凍傷。手足に起こりやすく、赤くはれ痒(かゆ)みがある。凍瘡(とうそう)。しもばれ。[季]冬。

【凍傷】
極度の寒冷が体に作用して起こる全身的または局所的な組織の傷害。程度により四段階に分ける。第一度は皮膚に紅斑を生じた状態(俗にいうしもやけ)、第二度は水疱形成、第三度は皮膚全層の壊死(えし)で潰瘍の形成、第四度は深層部の組織が壊死を起こした状態をいう。[季]冬。

以上のように、しもやけは凍傷のいくつかの症状のうちの一つのようですね。

痒くなる理由などについては・・すみません勉強不足なんで分かりません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/02/03 12:07

児童にしもやけが起こりやすい理由は、ずばり成長期にあるからです。


児童がしもやけを起こすような環境では、大人は簡単に凍傷になってしまい、治りも時間がかかるのです。その点、児童は成長期にあって新陳代謝が大人に比べてはるかに盛んですから、軽いしもやけ程度では重大な凍傷にはなりにくいのです。大人はそういう環境を生理的に避けるため、しもやけになりにくいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/02/03 12:11

>そして児童に起りやすい理由はなぜでしょうか?



単純に、寒い中を登下校したり、寒い外で遊んだりする機会が大人より多いからではないでしょうか。
私も、子供のころは毎年しもやけとあかぎれに悩まされましたが、寒い外にいる機会がほとんどなくなってからは全くならなくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/03 12:10

しもやけは凍傷の第一段階ですネ。


痒くなるのは‥。
長時間の正座をしたあとの脚を思い浮かべてください。感覚のなくなった脚が次第に痒いような痛いような感覚に教われますネ。
しもやけを暖めたときも、同じような感覚ですネ。
両者に共通しているのは末梢血管の血流が回復するということです。
正座は圧迫、しもやけは冷気という理由の違いはありますが、血流が阻害されています。
そして、血流が回復すると麻痺していた感覚がよみがえるのです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おかげさまで良く理解できました。
ちなみに私もこないだ霜焼になって結構困ってました。

お礼日時:2001/02/03 12:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qしもやけ対策ってどうされていますか?

この季節になるといつもしもやけに悩まされて困っているのですよねー。血行障害だといわれて、お風呂の中で両手の指先や、両足の指先をしっかりと揉み解したりして自分なりの対策をなんとかしているのですがどうにも上手くいきません。結局現実はかきむしって余計に悪化させているのですよねー。

特に夜眠るときなんて痒くって痒くってたまりません。なんとかこの状態から抜け出せる方法がないかと色んな人に聞いてみても皆さん悩みはいっしょなんですが特にこれといった解決策は持ち合わせていらっしゃらないようです。それだけにこうやってインターネット上で皆さんからのご教授を頂けたらとても嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足の裏、もう少し体に近い部分つまり手首や足首あたりも同様にもみほぐしてください。これは、運動などで筋肉痛になった時のもみほぐしかたですが、あながち、まとはずれでは無いと思います。

あと、中国の気功の考え方ですが、気脈の流れがとどこおっているという考え方があります。その考え方を応用すると手であれば、腕の付け根から、指先に向かって流れがあると考えてみてください。そして、今度、指先にまでその流れがあると感じたら、その流れが、体の中にもどってくると考えてみてください。はじめのうちは、何がなんだかわからないとおもいますので、左手であれが右手で、肩から順にに右手で腕をなぞりながら指先へ、そして、指先から今度は肩へと右手でなぞってみてください。中国では、気功師という人がそれぞれの人の気脈の乱れを判断して治療しているということを聞いたことがあります。中国の漢方薬がすぐれていることもあるので、あながち、うそでは無いと思うので、勧めています。

さらに、手袋や靴下を重ねてもあまり暖かくならないはずです。それは、もともと、血流が流れにくくなっているからです。これは、薬剤師や医師と相談して薬を決めてもらいたいのですが、とんがらしの成分で、血管を広げる性質の物が含まれている軟膏のようなもの(ハンドクリームのようなもの)があるはずです。これをつけてから、靴下や手袋をはめるようにしていれば、かなり、血行がよくなり、暖かくなると思います。

私は、「しもやけ」ではなく「あかぎれ」で苦労したことがありますが、これは、ハンドクリームをかかさないようにして、防げるようになりました。
おつらいでしょうが、がんばってください。

助言にでもなれば、幸いです。tukitosan でした。

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足...続きを読む

Qしもやけの治し方

母が毎年冬になると しもやけに悩まされております。結構重症で
皮膚科に行って薬を飲んでもなかなかなおらず 困っております。どなたかしもやけの特効薬など治し方をご存知でしたら是非教えていただきたいです。

Aベストアンサー

参考に

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200611/2006112900018.htm

Qしもやけとひょうその違い

皮膚科に行ったところ、霜焼けと診断されました。
似ている症状に「ひょうそ」もあると思うのですが、その見分けは皮膚科で解るものでしょうか?
パっとみて、霜焼けと診断されたのですが、皮膚科医は見てその違いをすぐ解るものでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2です。

爪の下が化膿していればひょうそ。一見して分かります。
ヒョウソは軽い内なら抗生物質で散らせますが、化膿が進んでいると切開です。
若い頃数回経験しました。いずれも注射一本で散らして貰いました。
素手で汚い仕事をしていると、ごく小さな傷口からバイ菌が入り化膿します。
ヒョウソの痛さはとてもキーボードになど触っていられません。

Qしもやけがひどいです。

毎年こんな事にはならないのですが、足のユビが真っ赤になり、暖まるとかゆくてかゆくて、しかたがありません。かいた所が又ひどくなり、赤むくれみたいになり、今度は痛いです。お風呂に入った時に湯船につかりユビをもんだりしていますが、全然治りません。どうしたらいいのでしょうか?何かいい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

私も、しもやけです。
かゆくなる時やひりひり痛い時もあります!

直し方

(1)お風呂でお湯と水を、用意します。

(2)水に手をつけ30秒たったら、お湯に同じく30秒

(3)それを、2回ずつ!

それでも直らなかったら、オロナインなど手に、なじませる
ように、塗って見てください!

Qしもやけ 【画像あり】 冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。 でも、すぐにひく時もあれば

しもやけ

【画像あり】

冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。
でも、すぐにひく時もあれば長い時もあります。



これって霜焼けですか?

指を曲げると麻痺したような感じになりヒリヒリします。


手がかなり赤いです。

裏の面も表の面も腫れていてヒリヒリしてます



これってしもやけですか?それともなんか違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

しもやけじゃないかなという気がします
すぐに引くようなものではないし。
すでにあるように、寒冷じんましんやアレルギーの可能性を考えたほうがいいかも

指さきは露出していて、雨の日に濡れたりしやすいからでは

私の場合は耳たぶなんかから出やすいです

外出時はなるべく冬は手袋などして、寒暖差がないようにしたほうがいいでしょうね。
防水のものとか。

Qしもやけと汗庖

質問失礼します。

足の指先がやたらと痒く、掻きすぎて腫れてしまい病院に行きました。

診断は「しもやけ」と、それとは無関係に「汗庖」が出ているそうです。

そこで、塗り薬の処方と、しもやけにいい処置の仕方(水とお湯を交互に、というやつ)を教えてもらったのですが、
それでも痒いもんは痒いです。
正直痒すぎて頭がおかしくなりそうです。

氷で冷やしたら一気に痒みは引くのですが、しもやけは冷やしたら逆効果ですよね?
その場しのぎにしかなっていないとわかっていても、
痒みに耐えられず冷やしたくなります。

みなさんはこの痒みをどう乗り切ってるんでしょうか?
経験者の方のご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

>みなさんはこの痒みをどう乗り切ってるんでしょうか?

しもやけも汗ぽうも経験あります。かゆみは無意識に手が伸びてしまいますね。
寝ていても血がにじむほど掻いてしまいます。
ガマンできない時はかかりつけの先生に痒いから何とかしてくださいと頼んでます。

睡眠不足になるとか、かきこわしてしまうほど耐え難いなら内服や注射ということもあります。
どちらもかゆみをまず軽減してもってはいかがでしょうか?
かかっているお医者さんに強くうったえてください。

Qしもやけ

しもやけの対策法教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

水で濡れた状態の部分は熱が奪われ続けますから、濡れた部分はきれいに水分を除きましょう。
風を受けたり、或いは、冷気に直接さらすと熱が奪われますので、布1枚でもよいので、覆ってください。
トウガラシを靴や靴下の先に入れておくというのも効果的です。
それでも、しもやけになってしまったら‥
温めて血流を良くしてやればいいのですネ。
脇の下や股に患部を挟むか、或いは、40℃以下程度のぬるま湯(熱い湯はダメです)に20~30分つけてやるというのがお勧めです。また、身体の中から温めるために、暖かいスープなどの飲み物を摂るようにしましょう。
絶対にしてはいけないことは、患部を強くこすって温めようとすることです。それをすると患部は非常に強いダメージを受けてしまいますからネ。
以上kawakawaでした

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

...続きを読む

Q体重増加速度の目安

ダイエットのしすぎで痩せ過ぎの部類に入り、無月経や貧血、冷え性やむくみなど、かなりの健康障害も出てきました。
最初はそれでも太るのがいやだったのですが、家族が本気で心配してくれてやっと「太らなきゃ」と思い始めているところです。
そこで質問なのですが「3食バランスよく量を増やして食べる」というのは分かるのですが、どの程度の増加の速度で増やしていけばいいのでしょうか?
以前「増やそう」と思って食べた時は急激に増やしすぎて、2週間で3kg太ってしまいました。
痩せ過ぎだろうが急激に増やすと心臓病のリスクが云々という情報をネットで見て怖くなってまた食べなくなりました。
今現在身長150cm体重34kg体脂肪率はずっと5%(おそらくエラー?)です。生活強度は家のすぐ近くの職場でデスクワークなので低いです。
1ヶ月に何kg程度、また、そうするためには何kcal程度とればいいのでしょうか?
ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

>以前「増やそう」と思って食べた時は急激に増やしすぎて、2週間で3kg
>太ってしまいました。

☆そのペースなら比較的正常な増加ペースです、あなたのケースでは。
 ご安心ください。

確かに、
あなたの体格および・ひとまず理想に近いと思われる体重(40kg前後/
体脂肪率18%強前後)を考慮・加味したとしても、その半分のペース
すなわち一般的には、

「月に+2kg~3kg」

の増加ペースが確かに理想でありかつ無理の無い
増量ペースだと私は考えます。


ただし、現在あなたの身体状況は「極限に近い飢餓状態」になかなか近い
状況です。そうした身体状況をあなたは、「太りたくない」という心理
ブロック、強力な信念・信仰によって中/長期的に維持してきたわけです。


ですから、飢餓状態から正常の空腹状態に戻るには急速に身体状況が変化
する(戻る)という・生体恒常性(ホメオスタシス)を考慮するなら、
上記の2倍のペースで体重が増加したとしても「急激」という形容表現は
的を得ていないという結論になります。
つまりあなたにとっては、

「2週間に+2kg~3kg」

の増加ペースは許容レベルであり・安全かつ正常な範囲での
増量ペースだと私は結論づけます。


断定はできないかもしれませんが、あなたの場合仮に2週間で5~6kg
体重増加したとしても心臓病のリスクは一般人ダイエッターと比べて
はるかに低い、と私は考えます。
(念のため、血圧など心臓病を判定する指標となるデータはとっておいて
 損はないです。)


☆また、体重が減りにくく増えやすい根拠を、栄養成分の燃焼カロリー/
 貯蔵カロリーを参照しつつ解説いたします。

 (注意:まっとうな文献ではありえないことですが、ウェブ上では
 体重1kgを減らすのに必要な消費カロリーに関して誤解が蔓延している
 ということを最近私はつきとめました。
 具体的には7000kcalという数値に対する誤った理解です。)
 
【3大栄養素の(が体内で発生させる)熱量】

・糖質   :1gあたり約4kcal
・たんぱく質:1gあたり約4kcal
・脂質   :1gあたり約9kcal

ここまではいいんですが、

脂肪の比重(?)が水と比べて0.8だから、とか脂肪に含まれる水分(?)
が20%だから、とかの理由で7000kcalが1kg体重減少(それも体
脂肪だけで!!??)に必要な差分(摂取ー消費)カロリーである。。。

のでは断じてありません。


●体脂肪だけで体重1kg減少は通常まずありえません。それを考慮した
 差分カロリーが約7000kcalなのです。


糖質20%・たんぱく質20%および脂質60%の燃焼というモデルケース
で計算すると、
(4kcal x 0.2 + 4kcal x 0.2 + 9kcal x 0.6 ) x 1000(g) = 7000(kcal)



ですから、体脂肪のみでの体重1kg減少には、ご想像の通り

9000kcal

の消費が必要です。ウェブ上ではこの真実が理解されていないようです。
(体脂肪だけのみの1kg減少はかなり困難です。一般のダイエッター
には不可能。)


逆に除脂肪体重による体重増加を考えてみます。体脂肪を全く伴わないで
体重増加を達成することはやはり一般的には不可能に近いです。だから
身体に蓄える栄養素の熱量を以下のようなモデルケースで推計してみます。

糖質:30%、たんぱく質:40%、脂質:30%

(4kcal x 0.3 + 4kcal x 0.4 + 9kcal x 0.3 ) x 1000(g) = 5500(kcal)

だから、5500kcal分余計に食べれば、大幅に体脂肪を蓄えることなく
体重を1kg増やす事ができます。
(体脂肪沈着がほとんど伴わない場合は、もっと少ないオーバーカロリー
 でも体重が1kg増えます)


月に+3kg増やしたいなら、3kg x 5500kcal =16500kcal
分のオーバーカロリー(摂取・吸収カロリー ー 消費・発散カロリー)
であればよい。

16500kcal ÷ 30日 = 550kcal/日

つまり

☆毎日550kcal余分に食べれば、一月に+3kgくらい無理無く増量
 することができる。

計算上はそうなりますが、あなたは飢餓状態のため、基礎代謝のセーブを
先送りにしてまでオーバーカロリー(=>身体への熱量備蓄)が優先される
ことを加味すると、

★毎日300kcal~400kcalほど余分に食べれば、最初の一月(レベル
1 とでも命名しましょう)は月に3kg以上無理のない体重増加を達成
することができる。

※カロリー計算を厳密に行なう必要は特にありません。あなたの場合。
 「三食バランス良く量を増やして食べ」てみて、週の体重変動量を
 チェックしつつ微調整すれば上記のオーバーカロリーはうまく
 いくことでしょう。


そういうことです。


次の一ヶ月(レベル2)、さらに次の一ヶ月はスローペースな体重増加に
なるのがむしろ正常な体重増加プロセスです。なぜなら、レベル1以前の
飢餓状態がかなりなくなっているはずだから。
ですから
ここで、もし急激に増加していく場合は(そういう兆候があった場合は)
、運動量や食事量を再検討する必要があるでしょう。
(それこそ心臓病そのた成人疾患予備軍への突入リスクがあります)


拒食症状の治療は基本的に心理面と食事療法/運動療法の組み合わせです。
医療機関にかかわると、それにプラス薬漬けのリスクが多かれ少なかれ
生じます。
カウンセリングを受けるのは良いかもしれないし良くないかもしれません。
(医師やカウンセラーもさまざまで、完璧な回答はないです)

あなたは社会人として生活できているわけですから、ご自分の正常な判断
能力をまだお持ちのはず。ウェブ上の情報源は玉石混合ですし発信者の
責任感・モラルは高いとは言えません。うのみにしないことです。


☆私からのアドバイスとしては、
 運動/スポーツを、あなたのダイエット(体脂肪の上限18%程度を
 目標・目安にした体重増加)にとりいれてみてはどうか?ということ
 です。スポーツでなくとも、活動的に身体活動を行なえる状況を設定
 することでもかまいません。

★健康的/活動的に毎日身体を動かすことで......
 心理面でも強化され、必要以上の心配事で神経をすり減らす機会が
 少なくなり、より理想的な判断能力を身につけるよい助けになること
 請け合いです。

>以前「増やそう」と思って食べた時は急激に増やしすぎて、2週間で3kg
>太ってしまいました。

☆そのペースなら比較的正常な増加ペースです、あなたのケースでは。
 ご安心ください。

確かに、
あなたの体格および・ひとまず理想に近いと思われる体重(40kg前後/
体脂肪率18%強前後)を考慮・加味したとしても、その半分のペース
すなわち一般的には、

「月に+2kg~3kg」

の増加ペースが確かに理想でありかつ無理の無い
増量ペースだと私は考えます。


ただし、現在あなたの身体状...続きを読む

Q耳がしもやけ

冬になると耳がしもやけになります。何かいい対策法はないでしょうか? 私は冷え性で、特に末端が冷たいです。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「しもやけ」

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/simoyake.htm

Q禁煙をすることによる体重増について

父が禁煙して5日目になりますが、やたらとコーヒーや飴を口にしているので体重が3キロ近く増えたようです。父が言うには、コーヒーをやめたらタバコはやめられないといっています。どうしたらいいのでしょうか?コーヒーは1日5~6杯飲んでいるようです。

Aベストアンサー

 タバコを吸えないストレスで、コーヒーなどを飲む・・・ですか・・・。

 コーヒーの砂糖を抜き、コーヒー本来の味(にがさ)と、香りを楽しむようにしたらどうでしょうか?
『ちがいのわかる男』(CM)みたいな事をやって、コーヒーを楽しんだほうがコーヒーはオイシイです。

 あと、家の近所をウォーキングすると良いと思います。
 軽めのウォーキングで消費カロリーのアップとストレスの発散が期待できると思います。
 『腹式呼吸』をしながらウォーキングをすれば、『横隔膜』が動くことによって、さらに消費カロリーがアップします。

 あなたがウォーキングに付き合うといったら、お父さんもウォーキングを続けるのではないでしょうか。
 お父さんも娘さんとウォーキングするのなら、嫌とは言わないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報