原子は、原子核と電子から構成されていますね。それらは、プラスとマイナスの電荷を持っていますね。それなのに何故、原子核と電子は衝突してしまわないのでしょう。素粒子の実験では、加速器という装置を使って、素粒子同士をぶつけることができるそうですが、このような衝突が何故、原子の中で起こらないのでしょうか。みなさん、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

stomachman さんの言われるように,20世紀初頭の大難問でした.



1911 年にラザフォードが原子核+電子という模型を提出して以来,
1913 年のボーアの量子仮設などを経て,1926 年にシュレーディンガーが
水素原子のシュレーディンガー方程式の解を示したのが最終解決ですね.
3人ともノーベル賞を受けています.
ラザフォード・・・・・・・・1908年,ノーベル化学賞
ボーア・・・・・・・・・・・1922年,ノーベル物理学賞
シュレーディンガー・・・・・1933年,ノーベル物理学賞

○ 前期量子論風に簡単にやってみましょう.
電子が陽子の周囲を半径 a の円軌道で回っているとして
(本当は回っているわけではないが...)
陽子-電子間のクーロン引力が e^2/a^2
(4πε0 がついていないのは cgs 非有理化単位系を使っているから)
遠心力が maω^2 (ωは回転の角速度),
両者が釣り合うから
(1)   e^2/a^2 = maω^2
速度は v = aω で,運動量 p は
(2)   p = mv = maω
stomachman さんの言われる電子波の波長λは,
ド・ブロイ(これも1929年のノーベル物理学賞)の関係式(1924年)で
(3)   λ = h/p
h はプランク定数.
円軌道一周が 2πa の長さですから,これが波長λの整数倍でないと
一周したときに波の頭としっぽがずれてしまう.
(4)   2πa = nλ  (n は自然数)
で,(1)~(4)から,簡単に
(5)   a_n = n^2 h^2 / 4π^2 m e^2
で,円軌道の半径が h^2 / 4π^2 m e^2 の n^2 倍しかとれない,
というようになっているのがわかります.
n = 0 では電子波がなくなっちゃいます.
エネルギー E_n は,運動エネルギー mv^2 = ma^2 ω^2 と,
クーロン力のポテンシャルエネルギー -e^2/a (負号は引力だから)の和で,
(6)   E_n = - 2π^2 e^4 m / n^2 h^2
で,これも離散的な値を取ります.
stomachman さんの E = mc^2 は何か誤解されているようですね.
エネルギーが E_n で量子化されていますから,
状態間を移るためにはそのエネルギー差の出し入れが必要なです.
それが電磁波のエネルギー hν になっているので,
吸収や放出する電磁波の波長は特定のものしかあり得ません.
ここらへんは stomachman さんの言われるとおり.

○ 上の前期量子論風の話は,きちんとした量子力学の定式化の話からすると
まずいところがあれこれあります.

○ ド・ブロイの波長の話は大分後の話で,前期量子論では作用積分の量子化
という議論になっていました.

○ もうちょっと簡単に言うなら,
電子が陽子の場所に落ち込んで動かなくなってしまうと,
場所が決まり運動量も決まってしまうので,
ハイゼンベルクの不確定性原理に違反する,という言い方も出来ます.

○ エネルギーが離散的な値を取るのは束縛状態(E < 0)だけで,
非束縛状態(散乱状態)の E > 0 では,エネルギーが連続的な値をとります.
量子力学では何でもエネルギーが離散的というわけではありません.
よく誤解されるようですが,量子力学という名前が悪いのかな?
加速器で陽子を原子核に打ち込むような話では,
陽子のエネルギーは連続的に取り得ます.

○ 加速器でよく使われるのは,
陽子や重陽子(重水素の原子核,陽子1個+中性子1個)や
α粒子(ヘリウム4の原子核,陽子2個+中性子2個)を
標的の原子核に打ち込むというものです.
標的がうまく取り込んでくれれば,原子番号が1か2大きい原子核ができます.
超ウラン元素のはじめの方はこのようなやり方で作られました.
後の方の元素はクロムイオンを鉛原子核にぶつけるなど,しています.
陽子も原子核も正電荷を持っていますから,クーロン反発力があります.
十分距離が近づけば核力の引力が作用しますが,そこまでクーロン反発力に逆らって
近づけるために加速器で加速するのです.

この回答への補足

回答、ありがとうございます。
新たな疑問が、わいてまいりました。もしよろしければ、参考になるアドバイスがほしいのです。
原子核に電子が落ち込まないことの説明に、不確定性原理を使うことができるようですが、加速器での衝突の時、素粒子同士がぶつかるのは不確定性原理に違反してはいないのですか(私の不確定性原理の理解が、あやふやの可能性があるのですが)。

補足日時:2001/02/04 17:10
    • good
    • 3

質問と離れてはいけないので短めにしておきます。



>ちょっと下手すりゃ、絞った積もり、ぶつけた積もり、になっちゃいそう。
一応、加速器のリング中にはビーム幅や位置を見るためのモニターがあります。
あとは、絞れてなかったりすると得られるデータ数が明らかに減ってしまいます。
そのときは加速器の方が微調整をしてくれます。

>安定な細いビーム
ほとんどは siegmund さんが説明をされている通りです。
あとは、安定といってもビームの寿命は 100sec ほどです。
また、やはり効いているのはクーロン反発ですね。
パウリ原理が効くほど密度の高いビームが作れれば実験もすぐに終わるのでしょうけれど、、、
    • good
    • 1

> 原子核の所に少しでも存在確率があるのは問題じゃ?



そういうのは衝突とは言わないようです.
衝突という表現は(半)古典的概念で,
量子力学と両立させるなら,波束をつくって,
2つの波束が(ほぼ)同じ位置に来たときに衝突というのでしょう.
水素原子の定常電子軌道では,ボーア半径のあたりに電子の存在確率が大きいわけで
これだと単純な波束概念にはならないので,仕方なしに「電子が回っている」
と言っているのです.
でも,「電子が回っている」という表現は誤解を招きやすい.
例えば,s軌道なら角運動量ゼロですが,
「回っている」なら角運動量がありそうと思われてしまう.

> 原子核の体積が見える位近づいたあたりから、
> 存在確率が下がって0になっちゃうんだろうと思います。

そうはなりません.
点電荷のポテンシャルがお気に召さなければ,
半径δの球内に一様に電荷が詰まっているようなモデルのポテンシャルを
取ることもできます.
これだと,ポテンシャルは
r > δ なら -e^2/r
r < δ なら -e^2(3δ^2 - r^2)/δ^3
です.
2つの領域でそれぞれシュレーディンガー方程式を解いて,
r = δ のところで,波動関数を接続することになります.
ちと面倒ですからやりませんが,
原点でも波動関数はゼロにはなりません.
この種の問題で波動関数がゼロになるのは,
ポテンシャルが正の無限大のところに限ることが知られています.

上のことは,p軌道やd軌道で原点の波動関数がゼロであることの
理由にもなっています.
s軌道以外ですと,
波動関数を動径部分と球面調和関数に分離して動径部分の方程式を作ったとき,
遠心力ポテンシャル L(L+1)/r^2 が出てきます(係数は省いている).
遠心力ポテンシャルは r→0 でクーロンポテンシャル -e^2/r にうち勝ち,
原点でポテンシャルが正の無限大になります.
このような理由で,s軌道以外では原点で波動関数がゼロです.
s軌道なら L=0 だから,L(L+1)/r^2 は効きません.
    • good
    • 0

siegmund先生< しつこくて申し訳ございません。



●フェルミコンタクト
> 陽子の半径は 0.8×10^(-15) [m] 程度,
> ボーア半径は 0.5×10^(-10) [m]
> ですから,事実上問題にならないでしょう.

なるほど。でも
> 何故、原子核と電子は衝突してしまわないのでしょう

というのがbigseaさんの御質問ですから、原子核の所に少しでも存在確率があるのは問題じゃ?
 stomachmanのカンとしては、原子核の体積が見える位近づいたあたりから、存在確率が下がって0になっちゃうんだろうと思います。

●磁場があっても一緒
 2つに一つで言ってみたんですがハズレでした。磁場は効かない。ボソンは縮退できる、ということがホントに本質的なんですねえ。1個だとフェルミオンもボソンも関係ない。

●nmのビーム
 粒子速度の揃った細いビームと一緒に飛ぶ座標系から見れば、電子気体の温度が低いんじゃないかと思ったのですが...熱いとすぐ広がってしまうでしょうから。だとすると、この座標系で見てそれぞれの粒子のΔpは結構小さいのでは?という疑問でした。(「Δpが小さい」はやっぱりスカタンのような気がしています。)電子気体は心配するほど冷たくないのかも知れませんし、或いは熱い電子がビームからどんどん飛び出して、自発的に蒸発冷却するのかも知れません。
 相対論的効果で、ビームの広がるのが遅くなるだろうとは思います。どうやら、いろいろな要素が絡んでいて簡単にはわからないもののようですネ。
    • good
    • 2

> おおっと、もうおしまい?



いやいや,閉めるのは私じゃありません.

もっと難しくなってきましたね(^^;)

○ フェルミの接触相互作用の話
数学的には stomachman さんの言われるとおりですが....
陽子の半径は 0.8×10^(-15) [m] 程度,
ボーア半径は 0.5×10^(-10) [m]
ですから,事実上問題にならないでしょう.
ρ=r/a_0 と無次元化した距離で見て(a_0 はボーア半径)
例えば,L殻(n = 2)のs軌道は,ρ依存性が
(1)  ψs ~ (2-ρ)exp(-ρ/2)
p軌道は
(2)  ψp ~ ρexp(-ρ/2)
陽子表面で ρ~10^(-5) ですから,
存在確率 |ψ|^2 ではsとpの両者で 10^10 くらい違ってしまう.
したがって,事実上s電子しか接触相互作用には効かない.

ただし,鉄属のd電子はs電子との相互作用を通してフェルミの接触相互作用に
影響を与えていることが知られています.

○ フェルミオンかボソンか
非相対論的枠組で議論する限り,1粒子状態には違いは出ません.
磁場の効果は,運動量pをp-eA/c に変える(A は磁場のベクトルポテンシャル)ことと,
HS のゼーマン項(Sはスピン)をハミルトニアンに付与する,
の2つです.
だから,フェルミオンかボソンかは1粒子状態を作ることには関係ありません.
もちろん,スピン 1/2 のボソンはないわけで,そういうことは話が別です.

○ ビーム
こういう話は専門じゃないんですが...
速度のばらつきが少ないのというのは,
送り出したたくさんの粒子についての速度のばらつきであって,
不確定性原理のΔpとは無関係でしょう.
つまり,たくさん波束を送り出した.
その波束の形がそろっている,というわけです.
一つの波束を作るために必要なpの範囲がΔpで
一つの波束の広がりはΔp と不確定性関係から決まるΔx です..
極低温はなにか誤解されているようです.

パウリ原理とクーロン反発は言われるとおりと思いますが,
あとはビームの粒子密度(or 波束密度)の問題ですね.
波束が重ならないようだったらパウリ原理は関係がありませんね.
クーロン反発は相互作用が長距離だからもっとシビアな気がします.
    • good
    • 0

stomachman自分つっこみです。


↓の、細いビームに絞る話に関する便乗質問で:
> だって荷電粒子が集まれば相互に反発するでしょう?
それどころか、安定な細いビーム->速度のばらつきほとんどなし->極低温->Δp~0 ->不確定性原理でΔx>>h -> 波束がうんと広がる->ビームが狭いから粒子同士の波束が重なる-> 粒子がフェルミオンだったらパウリの排他則でかたまって居られない... ってことになっちゃいませんか?真空中じゃクーパー対にもならないだろうし.....でもぶつけているのはボース粒子に限らないようだし....。謎が深まってしまいました。
    • good
    • 0

おおっと、もうおしまい? だったら、閉まる前に便乗しちゃおう。



●s軌道。この質問に於いてはカナリ重要ですよね。んで、siegmund先生の
> (1)   ψ(r) = 2 (1/a_0)^(3/2) exp(-r/a_0)
これって、原子核のサイズを無限小とみなして出てくる式じゃないのかなあ?ですから、原子核のホントに近くだとちょっと逸脱していそう。そのあたりのちょっと外でψ(r) ~ 2 (1/a_0)^(3/2) だとして、一方、磁気モーメントを持つ原子核の場合、双極子の特異点まで行かなくたって~1/r^2 の因子がありそう。だからr=0で(1)式右辺が有限であることは、フェルミ接触相互作用にとって必須ではないような気がしたりしてますが、いかがなもんでしょう。

●電子がフェルミオンかボソンかによって、計算上違いが出ないのは、(1)周囲に磁場がない。(2)電子1個だけ。という条件だからですよネ?水素分子になれば共有結合だからボソンて訳にはいかない。のかな?あれ?

●guiter先生のビームをnmに絞る話。スッゴイですよね。ちょっと下手すりゃ、絞った積もり、ぶつけた積もり、になっちゃいそう。どうやって?はここで尋ねると大変そうですからパス。でも安定に細くなるもんでしょうか?だって荷電粒子が集まれば相互に反発するでしょう?(ってこれでも大変か...)
    • good
    • 1

> なんだか話が凄いとこまで行っちゃって...


> この質問をこのまま開けておくと原子構造の教科書ができあがっちゃいそうです

ちょっと調子に乗りすぎました.
もうおしまいにします.

「アマチュア科学者」白揚社,面白そうですね.
私も買ってこよう.

> 放射線が危ないという批判をものともせず実践した読者は相当数いたんじゃなかろうか。

霧箱で自然放射線はともかく,手作りヴァンデなんて大丈夫かな?
1950年代はまだ放射線の危険度認識が甘かったですからね.
そういえば,マリー・キュリーも
娘のイレーヌ・キュリー(ジョリオ・キュリー夫妻の奥さん)も
白血病で亡くなっています.

> ニュートリノ実験用プールとシンクロトロンをあしらったガーデニング

庶民には(じゃなくても)無理ですよ~.
    • good
    • 0

なんだか話が凄いとこまで行っちゃって...この質問をこのまま開けておくと原子構造の教科書ができあがっちゃいそうです。

ホェ~

さて、全くの余談でございますが:
> 素粒子の実験では、加速器という装置を使って
 実はご家庭でこの実験をやることも不可能ではないようです。
 これまでの議論にもちょっと出てました核磁気共鳴(NMR)。その実験装置の自作法が米国の一般向け科学雑誌Scientific American誌に1950年代に連載された記事The Amateur Scientistで解説されてた、と聞いてstomachman邦訳を手に入れましたよ。「アマチュア科学者」白揚社 です。(残念ながら核磁気共鳴実験装置は「省きました」って、がっくり。)
 それはさておき、その記事の中に「趣味の原子物理実験」が載ってました。
・ピーナツバターの瓶やトイレ用のゴムの「きゅっぽん」で霧箱を作る。霧箱に磁場を掛けて自然放射線の霧箱写真を撮ろう!
・空き缶とゴムベルトで、35万ボルトを発生するヴァンデグラフ装置を作ろう!
・この高電圧を使った静電型加速器を作って、原子核をぶち壊そう!
てな調子で工作上の細かいコツまで懇切丁寧に解説されてます。すべてdo it yourself。図面は無くて「絵」が載っています。手製装置による粒子シャワーの霧箱写真も載ってます。

 放射線が危ないという批判をものともせず実践した読者は相当数いたんじゃなかろうか。ともあれ広いガレージや地下室のあるおうちがうらやましいですね。ニュートリノ実験用プールとシンクロトロンをあしらったガーデニングができるようなのがいいなあ....
    • good
    • 0

siegmund です.



○ ryumu さん
> 結局は電子の波動性ですか・・・。

おっしゃるとおりと思います.

○ bigsea さん
> 加速器での衝突の時、
> 素粒子同士がぶつかるのは不確定性原理に違反してはいないのですか.

素粒子同士がぶつかって,クォークの組み換えが起こり,
違う素粒子になって飛び去ってゆくのでしたら大丈夫ですね.
そこらへんは guiter さんの書かれているところをご覧ください.
例えば,陽子を何かの原子核に打ち込んでうまく一体になったら,
なんだか不確定性原理に違反するような気がします.
実は,原子核の中の陽子と中性子も一点に静止しているわけではなくて,
原子核内で(いわば)動き回っています.
そういうわけで,不確定性原理には違反しません.

○ bigsea さん
> s軌道で、原子核にも電子の存在確立があるって不思議な感じがします

私も不思議な気がします.
ただし,事情は非常に微妙でして,例えば水素原子の1s軌道の波動関数は
(1)   ψ(r) = 2 (1/a_0)^(3/2) exp(-r/a_0)
です.a_0 はボーア半径.
で,存在確率が |ψ(r)|^2 ですから,(1)からすると |ψ(0)|^2 が有限で
原点(原子核の位置)でも存在確率があるように見えます.
ただし,ある体積(球殻 r~r + dr としましょう)で電子を見いだす確率は
体積要素 4πr^2 dr をかけないといけません.
で, |ψ(r)|^2 4πr^2 は r=0 でゼロになってしまいます.
そうすると,motsuan さんの言われたフェルミの接触相互作用は大丈夫?
この相互作用の元になっている機構は,
原子核の磁気モーメントが双極子型磁場を作り,
その磁場を電子の磁気モーメントが感じるという仕組みになっています.
で,双極子型磁場の原点での特異性のところからちょうど 1/r^2 が出てきて
体積要素の r^2 とキャンセルし,
フェルミ接触相互作用が |ψ(0)|^2 に比例した有限の大きさで求められる,
という本当に微妙な状況になっています.
こういうわけで,motsuan さんの書かれているように
核磁気共鳴の情報から電子の |ψ(0)|^2 の情報がわかります.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子軌道半径の求め方

ボーアの原子模型を利用して水素の電子軌道半径を求めたいのですが、
どのようにすればうまく求められるでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=36150
の私の回答No.3をご覧下さい.

Q電子はなぜ原子核に落下しない?

素朴な疑問です。
原子核はプラス、電子はマイナス。なのになぜ電子は原子核に落下しないのですか?

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/36150.html?order=asc
参考まで

Q原子の中の、陽子と電子はなぜくっつかないのか?

原子の中の、陽子と電子はなぜくっつかないのか?

電子はクーロン力によって電子の中を運動すると習いました。クーロン力はプラスとマイナスが引き付き合って発生する静電気的な力だ、ということも参考書で知りました。

では、この電子はいったい何と引き付き合って運動してるのでしょうか?
電子はマイナスの電荷を持っていますから、おそらく対極にある陽子だと思うのですが、ではその引き付き合っている陽子と電子はくっついてしまったりしないのでしょうか?

参考書などを使って独学に近い状態で化学を学習している高1です。私にも理解できるよう、噛み砕いてご説明いただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

高校1年生で量子論はちょっとハードルが高いですよね.約100年前までさかのぼると、多少理解しやすいかも.

長岡半太郎や、アーネスト・ラザフォード、トムソンといった人たち(1900年頃に活躍した人たちです)は、原子の構造を、中心に正電荷を持つ核があり、その周りを電子が回転運動している、というモデルを考えました.この時のモデルは、太陽の周りを回っている惑星、とか、土星の周りにあるリングなどに例えられて、土星型モデルとか、惑星型モデルとか呼ばれています.

太陽と地球、の例で言うと、太陽と地球の間には重力がありお互いに引力をおよぼし合っています.一方で、地球はある方向に運動しており、太陽との間の引力と、地球自身の持つ運動がちょうど釣り合っている結果、地球は太陽の方に「落っこちて」いかずに太陽の周りをまわっているんですね.

原子核と電子の例も同じで、原子核と電子の間にはクーロン力が働いて引きつけ合っています.一方で、電子はある方向に向かって運動しており、その力がつり合っているのでくっついてしまわない、というのが惑星型モデルの説明です.

ハンマー投げなら、たとえば室伏選手が原子核で、ハンマーの先にくっついている鉄球が電子、といえばイメージわきやすいかな?ぐるぐる回っている最中に、鉄球が室伏選手に落ちてくる、ってことはないですよね.(ちょっと例えがむちゃくちゃですけど)

で、この惑星型モデルとか土星型モデルとかいったものは、電磁気学の理論(電磁誘導)と整合性がない、とか、原子スペクトル、光電効果といった実験的な結果をうまく説明できませんでした.で、それを解決しようとして、ボーアモデルを初めとしていろいろな原子のモデルが考えられるとともに、量子力学ができあがっていくわけですけど、そこから先はとても書ききれないので、
「文系にもわかる量子論:講談社現代新書」とか
(いやたまたま手元にあっただけでこの本がベストってわけじゃないですけど)
いろいろと読みやすい本があるので、探してみてください.

高校1年生で量子論はちょっとハードルが高いですよね.約100年前までさかのぼると、多少理解しやすいかも.

長岡半太郎や、アーネスト・ラザフォード、トムソンといった人たち(1900年頃に活躍した人たちです)は、原子の構造を、中心に正電荷を持つ核があり、その周りを電子が回転運動している、というモデルを考えました.この時のモデルは、太陽の周りを回っている惑星、とか、土星の周りにあるリングなどに例えられて、土星型モデルとか、惑星型モデルとか呼ばれています.

太陽と地球、の例で言うと、太陽...続きを読む

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q電子軌道のエネルギー準位

電子軌道のエネルギー準位は内に行くほど低くなる、と書いてあるのですがエネルギー準位とは何ですか?

また、電子がエネルギー準位の低いところから埋まっていく理由も教えてください。

Aベストアンサー

例えば次のURLを参考にされてはいかがでしょう。

http://hyper-chemistry.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02

Q電子のエネルギーについて

プランク等が光子のエネルギー、運動量を
E = hν, p = h / λ
として表現できると仮定しています。

一方、光のエネルギーは相対論からすると、
E = mc^2
になると考えられるので、光の運動量は
E = mc^2 = hν
とすると、
p = mv = mc = hν / c = h / λ
となると考えることができます。

ところが、ド・ブロイ等はこれが電子にも当てはまると言っています。
E = hν, p = h / λ

1. ここで言う、電子のエネルギーとは何でしょうか、これには質量によるエネルギーは含まれているのでしょうか?(シュレディンガー方程式を見る限りは運動エネルギー+ポテンシャルのようにも思えますが・・・)

2. 電子は光速で飛び回っているわけではないので、
p = mv = mc = hν / c = h / λ
は満たしません。にもかかわらず、ド・ブロイはなぜこの式を適用することができると考えたのでしょうか?

( i)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギーと考えた場合・・・
E = hν = 1/2 mv^2
従って、
p = h / λ = hν / v = 1/2 mv ??
これは運動量の定義と矛盾します。

(ii)ポテンシャルが存在せず、Eを運動エネルギー+静止エネルギーと考えた場合(電子の速度は光速に比べて十分遅いので)・・・
E = mc^2 + 1/2 mv^2 ~ mc^2 = hν
従って、
p = h / λ = hν / v = mc^2 / v ??
これも運動量の定義と矛盾します。

つまり、電子のように遅い粒子では、E = hν と p = h / λを同時に満たすことができないように思えるのです。

数多くある量子力学の本でも逃げている部分であり、難解な質問かとは思いますが、ご存知の方がいらっしゃればご回答お願いします。

プランク等が光子のエネルギー、運動量を
E = hν, p = h / λ
として表現できると仮定しています。

一方、光のエネルギーは相対論からすると、
E = mc^2
になると考えられるので、光の運動量は
E = mc^2 = hν
とすると、
p = mv = mc = hν / c = h / λ
となると考えることができます。

ところが、ド・ブロイ等はこれが電子にも当てはまると言っています。
E = hν, p = h / λ

1. ここで言う、電子のエネルギーとは何でしょうか、これには質量によるエネルギーは含まれているのでしょうか?(シュレ...続きを読む

Aベストアンサー

 波長λと振動数νを掛けたものは位相速度といわれますが、電子の位相速度は、実際の電子の移動速度vとは異なります。つまり、λν=v ではありません。それでは位相速度はどれくらいかというと、それは、E=mc^2=hν と p=mv=h/λ を使って求められます。計算しますと、λν=c^2/v となります。 この値は明らかに光速度cより大きく、相対性理論と合わないように思われますが、位相速度は観測できる量ではなく、物理的に意味がないので、相対性理論とは矛盾しません。
 電子を波と考えたときの現実的な波の速さは、群速度により表されます。群速度Vgは、角速度ωを波数ベクトルの大きさkで微分したものです。つまり、Vg=dω/dk となります。エネルギーと運動量は、ωとkを使うと、E=h'ω、p=h'k となりますから(h'=h/2π)、Vg=dE/dp となります。非相対性理論の範囲では、E=p^2/2m ですから、Vg=vとなります。相対性理論の範囲では、E^2=p^2c^2+m^2c^4ですから、これもVg=vとなります。

 それでは、質問者様の質問に回答します。
1. ここで言う、電子のエネルギーとは何でしょうか、これには質量によるエネルギーは含まれているのでしょうか?(シュレディンガー方程式を見る限りは運動エネルギー+ポテンシャルのようにも思えますが・・・)

 電子のエネルギーは、静止質量エネルギーを含んだものです。シュレーディンガー方程式のエネルギーは、ご指摘のとおり、静止質量エネルギーは含んでおりません。このため、相対論的量子力学で扱うエネルギーとシュレーディンガー方程式で扱うエネルギーとでは、静止質量エネルギーの分だけ違いがあるということになります。これは(ディラックによれば)、物理的に影響のない項目です。なぜなら、ハミルトニアンは、実の定数分の不定さがあるからです。

2. 電子は光速で飛び回っているわけではないので、
p = mv = mc = hν / c = h / λ
は満たしません。にもかかわらず、ド・ブロイはなぜこの式を適用することができると考えたのでしょうか?
 
 既に上で述べたように、λν=v ではなく、E=hν と p=h/λから位相速度が決まります。ド・ブロイはなぜこの式を適用することができると考えたのか、については、ド・ブロイ自身の論文は見ていませんが、ディラックによれば、相対論的に不変な性質から出発してこの考えに至ったようです。つまり、エネルギーと運動量は4次元ベクトル(E/c,p1,p2,p3)を成します。波数ベクトルについても、(ω/c,k1,k2,k3)は4次元ベクトルとなります。どちらも4次元ベクトルであることから、エネルギー運動量を波で表すということは、光だけに限定されるものではなく、ほかの物質であっても成り立つものと考えた訳です。

 波長λと振動数νを掛けたものは位相速度といわれますが、電子の位相速度は、実際の電子の移動速度vとは異なります。つまり、λν=v ではありません。それでは位相速度はどれくらいかというと、それは、E=mc^2=hν と p=mv=h/λ を使って求められます。計算しますと、λν=c^2/v となります。 この値は明らかに光速度cより大きく、相対性理論と合わないように思われますが、位相速度は観測できる量ではなく、物理的に意味がないので、相対性理論とは矛盾しません。
 電子を波と考えたときの現実的な波の速さは、群速度...続きを読む

Q原子の電子軌道半径について

常識的に考えて電子はもっとも低いエネルギー(つまり原子核に近い位置にある軌道)から順に埋まっていき、s→p→d→fと軌道を占有していくものだと思っていたのですが、
先日、d軌道の方がs軌道よりも小さいということを教えてもらいました。
これってどういうことなのでしょうか?
s→p→d→fという順番で軌道が小さくなるということなのでしょうか?
d軌道の方がエネルギーを持っているので原子核近くまで近づけるということなのだと思うのですが、軌道が小さいのでしょうか?それとも原子核近くから最外殻まで大きく広がっているのでしょうか?
またp軌道はs軌道よりも大きいのか小さいのかどちらなのでしょうか?
これはどういう文献を見ればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>先日、d軌道の方がs軌道よりも小さいということを教えてもらいました。
>これってどういうことなのでしょうか?
古典力学で考えたって、エネルギーが同じなら軌道角運動量が大きいほど(円軌道に近いほど)、rの時間平均は小さいんですから、どういう事も何もないと思いますが。

>d軌道の方がエネルギーを持っているので原子核近くまで近づけるということなのだと思うのですが、
何を以って「近づける」と思っているんですか?
量子力学でも古典力学でも「エネルギーが同じ時に、d軌道(軌道角運動量の大きい軌道)の方が原子核(中心)に近い所を通る」という解釈は出てこないような。

>またp軌道はs軌道よりも大きいのか小さいのかどちらなのでしょうか?
「大きさ」を定義しないと議論できません。

Qlogとln

logとln
logとlnの違いは何ですか??
底が10かeかということでいいのでしょうか?
大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??
解説お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。

私の大学時代と仕事の経験から言いますと・・・

【eを用いるケース】
・数学全般(log と書きます)
・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです)
・放射能、および、放射性物質の減衰(log とも ln とも書きます。ただし、eではなく2を使うこともあります。)

【10を用いるケース】(log または log10 と書きます)
・一般に、実験データや工業のデータを片対数や両対数の方眼紙でまとめるとき(挙げると切りがないほど例が多い)
・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性)
・デシベル(回路のゲイン、音圧レベル、画面のちらつきなど)

ご参考になれば。

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む

Q結合性軌道と反結合性軌道とは?

結合性軌道と反結合性軌道とはどういうものなのでしょうか?
調べてみたのですが少し専門的で理解できませんでした。
初心者にも分かる程度にご教授お願いいたします。

また、「水素の分子軌道において、基底状態では反結合性軌道に電子が含まれない」ということも合わせて教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2つの原子核を引き寄せ結合を生成しますから、「結合性軌道」と呼ばれます。
しかしエネルギーの高い方の軌道では、2つの軌道の電子波は位相を逆向きにして重なるのです。
すると、重なった部分の電子密度は低くなり、2つの原子間とは反対方向の電子密度が高くなります。
結果、この軌道はそれぞれの原子を結合とは逆向きに引き離し、結合を破壊する性質を持つので「反結合性軌道」と呼ばれます。

水素分子H2では、このように2つの1s軌道から結合性軌道・反結合性軌道ができます。
電子は合わせて2つです。パウリの原理に従い、エネルギーの低い軌道から電子を詰めていくと、2つの原子はどちらも結合性軌道に位置します。
反結合性軌道には電子は入っていません。

結合次数は (結合性軌道中の電子 + 反結合性軌道中の電子)/2 で求められます。水素分子の結合次数は1となります。
水素分子の結合は単結合である、ということに一致していますね。

分子軌道法はこのように考えます。

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2...続きを読む

Q陽子・電子間のクーロン力と万有引力

問題演習で、「陽子と電子の電荷は等量で逆符号とした時、0.53Å離れた電子と陽子の間に働くクーロン力の大きさを求め、これを、陽子と電子間に働く万有引力と比較せよ」という問題が出ました。
クーロン力の大きさは、
陽子の電荷をQ=1.6*10^-19[C]
電子の電荷をq=-1.6*10^-19[C]として、
F[N]=(1/4πε0)*(|Qq|/r^2)からF=8.2*10^-2[N]とわかったのですが、
陽子と電子間に働く万有引力の求め方がわかりません。
Wikiで調べるとF=G*(Mm/d^2)という式がでましたがMとmに入れる物質の質量は、この問題の場合、陽子・電子それぞれの電荷を代入して計算すればいいのでしょうか?
どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。
*答は3.6*10^-47[N]です。

Aベストアンサー

 Mとmには、それぞれ、陽子と電子の質量が入ります。
 (万有引力ですから、電荷を入れてはいけません。単位も合わなくなりますよ。)

 Wikiに次の数値が掲載されていましたので、参考になされてはいかがでしょうか。

  陽子の質量: 1.672210×10^(-27) [kg]
  電子の質量: 9.1093826×10^(-31) [kg]
  万有引力定数:6.67259×10^(-11) [Nm^2/kg^2]

 Wikiの万有引力定数も使って出すと、概ね近い値が出ますよ。
  3.6*10^(-47) [N]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E5%AD%90
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E6%9C%89%E5%BC%95%E5%8A%9B%E5%AE%9A%E6%95%B0


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング