gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

以前から、うらみのある相手がいます。
借りを返さねば気がすみません。ずばり「いじめ」です。
しかし現在に日本の刑法は、私的制裁を認めていません。
それに残念なことに、世の中「やったもの勝ち」という
ことが多すぎます。自分以外の誰も救ってくれない以上、
復讐の念は消えません。「自分が幸せになることが一番の
復讐だ」とよく言いますが、私はそんなお人良しにはなれません。
仮にみなさんがそういう立場だったら、どうされますか?
合法的に?(=違法とは言いにくく)復讐する方法あれば教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (17件中1~10件)

う~ん。

言葉足らずだったですかねぇ。
No5さんに補足して頂いたとおりの意味だったんですが。

世の中、事を荒立てずに済ませているからこそ無事に終わってるけど改めて建前で追及されてしまうと…ということが多いもの。
特に聖人君子でなく人にうらみをかうような人間は今でも色々やらかしてるはずです。
車中の痴漢、きせる、放置自転車拝借、落とし物ネコババ、領収書偽造、経費の水増し請求、会社備品の私物化、不適切な関係、
例え警察検察がとりあわなくても、会社、近所、家族に知れたらマズーなレベルならゴロゴロとね。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

なるほどよくわかりました。貴方のおっしゃる方法なら合法的ですし、
アシもつかず、相手にダメージを与えられますね。参考にいたします。
気をつけるべきポイントは、名誉毀損で訴えられない、それ以前に誰の
仕業か特定されないことですね。

お礼日時:2002/09/20 21:55

「復讐のススメ」というマニュアル本が存在します。


合法非合法問わず、様々な復讐法について解説されていました。
今手元にないので詳しい内容はご説明できませんが、現実的で
効果のある方法もいくらか載っていたと思います。
どこまで参考になるかわかりませんが、とりあえず入手してみては?

http://www.atc.ne.jp/seikindo/manufukusyuu.htm

参考URL:http://www.atc.ne.jp/seikindo/manufukusyuu.htm
    • good
    • 17
この回答へのお礼

ありがとうございます。その本は本屋で見かけたことがあります。
よくここまで調べたなあ、というくらい詳細な内容ですね。
貴方のおっしゃる「現実的で 効果のある方法」を考えたいと思います。
あまり過激なことをすると身を滅ぼす元ですから・・。

お礼日時:2002/10/01 01:26

やはり法律を味方にするしかないでしょう。

刑法では犯罪構成要件が満たされる必要がありますので、相手が犯罪を犯すのを待つしかないと思います。
違法性阻却事由を利用する方法もあります。正確には合法なのではなく、一応違法なのですが、違法性が阻却される場合をいいます。所謂、正当防衛と緊急避難ですね。しかしながら相手が彼方に被害を与え、それが緊迫した状況とか、二人で災害に見舞われ、他の手段がなく、相手に危害を加えなければ彼方が助からないなど、極めて限定された状況でしか適用されません。
あと民事的には、相手に心的障害を受けたなどで訴えるなどの方法はあるでしょう。しかし因果関係を立証する必要があります。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。現在相手とは日常の生活圏では顔を合わさない状態
のようです。よってこちらが相手の身辺に近づくことが必要です。なかなか相手がボロを出すことはないので(無論私もですが)、法律をアテにしない道をとることになりそうです。

お礼日時:2002/10/01 01:23

 >「因果応報」は確かにあるかもしれませんが、


 >では最初に私を傷つけた相手に私が何らかのかたちで(合法非合法はここでは
 >問わず復讐することは、相手には当然の報いとはいえないですか?

ギョ。

それってテロの発想と同じ???では。つまり目には目を、ですよね?
私がTVで見た“テロの正当化理論”とそっくりです。彼等は「宗教」を正当化に使ってましたが、
方便としては同じに見えるんですけど…。だから彼等の応戦の連鎖は半永久なんですよね?

いえ、その相手が何らかの報いを受けるのは“自然の摂理”だと私も思いますよ。
ただNo.9さんがおっしゃった様に
 >後で確認すると、忘れて放っておいたとしても、相手に何らかの形で
 >応報の結果が表れていることを確認したことが、何度もありました。
…のように、あくまでも自分の手から手放した、言ってみればこの世(まあ神、とか仮に言っといていいかな…)に
その問題を委ねてしまう形を取ったからこその必然なる結果が出る、という意味で同意しているんです。
“自然の摂理”と呼ぶからには、自分が手を下すんではないんです。

 >恨みや呪いと無縁でいられたら言うことないのですが、現実は
 >難しいですよね。良い面悪い面を合わせもつのが人間です、
 >むしろ「やったもの勝ち」を放っておくことの方が問題では?
ええ、その通りです。が、繰り返しですがその制裁を御自分の手を染めてやる必要も資格も無いのですよ、と
私は言いたいのです。
『因果応報』は絶対、在ります。なぜ“絶対”と言えるのか、それは“自然”がつかざどるから例外というものは無い、
つまり“絶対”なのだと私も言えるのです。

 >そういう人間は相手のことを何とも思ってないから
 >酷いことができるのです。
おっしゃる通りです。では、rev02さんがこれから、そういう人間であるその相手にしようとする事は、確かやられた事と同じ事(=同じ気持ちになるような)と書いてましたね。
という事は、その方法・内容が何であれ、rev02さんもそれをやった時点で“相手のことを何とも思ってないから醜いことが出来る、そういう人間”になってしまうわけですね? と言うか、成り下がってしまう。
端から見れば、そういう事ですね。

これに対しrev02さんは
 >それが幸せになれる道であり、救いになると思ってます。何もしないことこそ、じっと耐えていた
 >過去の自分に対して申し訳ないのです。
と答えていらっしゃいました。元に戻りますが、これがやっぱりテロの正当化論理と同じに見えるのです。
一歩離れてみるだけで、すぐこれが幸せになれる道でないこと、救いにならないことが見えるはずです。
気が済む事と、幸せになって救われる事とは次元が全く別のモノですもんね。

でもrev02さんは気が付いていらっしゃる、どうすれば幸せになれるのかを。
じっと耐えていた過去の自分の解放です。申し訳ない、はひっくり返すと今のrev02さんは、あの時の過去の自分に対し
「なんで何もしなかったんだよ」と怒っているという事になります。
だから、一番最初にrev02さんの出来ることはじっと耐えて何もしなかった過去の自分を許してあげること。
過去のrev02さんが、今のrev02さんにずっと何年も
「ゴメンなさい、お願い、許してくれる?」と問い続けていたのを本当は気付いていたでしょう?
少なくとも、今、知ったでしょう?

あの時の過去の自分を、今のrev02さんが優しく心の底から許してあげると、その瞬間に今のrev02さんも
あの時の過去の自分から解放されます。
そう、これまでrev02さんを捉えていたのは「恨みのある相手」ではなく、「あの時の過去の自分」だったのです。

怒りの対象を取り違えてきたから何年も苦しんで来てしまったのです。
恨みがあるのに忘れなさいと言われても、そこにあるんだから忘れられる訳がないですよね。でも今その恨みが実は存在しなかったら??
試しにさっき書いたように「あの時の過去の自分」を許してみて下さい。(時間のある時に、静かな暖かい場所で結構です)
それが終わったら気が付くはずです、「あれ、相手に恨みが無い」という今の“新しいrev02さん”に。

幸せになる・救われる、とは自分でこんなに簡単に出来る、且つ、身近どころか自分の手中にあるものなんだと目からウロコ、
それこそ今までに味わったことの無い爽やかな気分に浸るでしょう。

今すぐには信じ難い話でしょう。
念を押しますと、一度この件を“自然の摂理”に全て委ねて任せると確実に相手には、それ相応以上の(!)応報の結果が訪れるものなのです。
これこそ、rev02さんの望む事ではありませんか??
今のrev02さんでは、相手から受けたものと同等程度、それかそれ以下しか返せないでしょうが、“自然の摂理”は万能ですからちゃんと(??笑)rev02さんも思いもよらないくらいの打撃が相手を襲っているはずです。

この世の中、信じた者勝ち!!幸せになった者勝ち!!!!

※だいじょーぶ。
 ちゃんと相手がそういう事になっていると何故かどこからか吹く風にのってrev02さんの耳に入るので、探る必要も気を張って待つ必要も無いですから!
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんと深い答えでしょう。因果応報は必ずあるのでしょうか?私には信じがたいです。「悪い奴ほどよく眠る」といいますが、報いが来るのを待つより、私自身で相手をそこへ導いてやりたいのです。おっしゃる通り「眼には眼を」です。貴方のおっしゃることもなんとなく分かりますが、私は復讐を終えてからでないと、そのような気持ちにはなれません。端から見れば、バカバカしい
醜い心を持った人間と思っていただいて結構です。もっとも私は下手な真似をして
挙げられたり、帰り討ちに遭ったりしない様、賢く上手に動きます。「合法的に」。その上で「自然の摂理」を待つのも悪くないでしょう。貴重なご意見、心に刻んでおきます。

お礼日時:2002/10/01 01:17

>しかし現在に日本の刑法は、私的制裁を認めていません。


その通りです。
復讐の認められている国外に移住し、相手を「懸賞にあたりました。無料で××国へ旅行できます」と誘い出し、いい気になっているところで 復讐なんてどうでしょうか??
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございます。相手もなかなか用心深いようです。
付かず離れず機会をうかがいます。

お礼日時:2002/09/22 12:04

世の中キレイ事だけじゃないですし。


こちらの姿を見せず、相手をビビらせるだけでいいのなら合法手段はいくらでもあります。
具体的には言えませんが、昔あった「宅八郎 VS 週刊プレイボーイ編集者コミネ」のバトルで宅側の戦術は参考になるかも。
ストーカーが捕まる理由から「合法ライン」を考えましょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。宅八郎で検索しましたら、下記HPを見付けました。

http://www2.csc.ne.jp/~takuhachiro/0003.htm

大変興味深い内容です。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/09/22 11:59

呪いをかけてはどうでしょう?


呪うことで対象となる人物が災難にあっても
違法にはならないと聞きます
呪いの方法は検索すればいっぱいヒットします

牛の刻参りなどで藁人形が多数の目に晒された場合は「名誉毀損」の可能性があるらしいし
全く関係ない「木の持ち主」が文句を言ってくる可能性もありますので
そのあたりは気をつけて・・・

10年以上前のことを恨みに思っているのであれば
呪いも通じるでしょう

個人的には・・・
10年前の復讐に使うエネルギーがあるなら
他の事に使った方が自分のためになると思いますm(__)m
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。「呪い」というのは本当に効果があるのでしょうか?
私は冷静に、確実に、身の安全を図りつつことにあたりたいと思っています。

個人的には・・・
10年前の復讐に使うエネルギーがあるなら
他の事に使った方が自分のためになると思いますm(__)m

おっしゃる通りです!しかし私はこれだけに没頭はしません。
社会人としての分をわきまえ、在る意味自分を試すゲーム?のような
感覚もあります。気楽にいきます。ご意見参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/09/20 23:10

私も過去に相当苛められて、自殺を考えたこともあります。


確かにいじめっこだった人たちに恨みを持っていないといえば嘘になります。
でも、あの時苛められてなければ
苛められる側の気持ちがわからなかったのも事実です。

成人式で当人たちに会う機会もありましたが、
あちらが私を避ける始末。
今更ながらに、「まずいことをやった」という念があったのかもしれません。
とりあえず、自分の恨み辛みを苛めた人たちに伝えてみては?
素直に謝って心から反省していても復讐してしまっては、
もはや合法的とはいえないだろうし…。

復讐したら、自分が幸せになれるんでしょうか?
その時はすっきりしても、逆恨みして復讐をし返してくるかもしれませんよ?
そんな恐怖に怯えながら生活しつづける方が辛いとは思います。

最後は質問者様の判断となりますが…。

不躾でしたらすみませんでした。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は別に犯罪者になる気はありませんし、相手に気持ちを
伝える気もありません。言って反省するような相手なら、恨みを買うようなマネは
最初からするはずありません。そういう人間は相手のことを何とも思ってないから
酷いことができるのです。私もこんな気持ちをもちたくないのですが、借りは返さねば気がすまないのです。それが幸せになれる道であり、救いになると思ってます。何もしないことこそ、じっと耐えていた過去の自分に対して申し訳ないのです。

お礼日時:2002/09/20 23:03

やっぱり告げ口しか考えられません。


合法的というのがネックですよね。

告げ口だと例えば回収日じゃないのにゴミを
捨ててるところを激写してバラまいたり、というように
たまたま見てしまった、というかんじで相手が
おこなう微妙な悪いことを世間に公表すればいいのでは?

あんまりわかりやすくやるとストーカーになってしまうので
たまたまをきちんと装ってくださいね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。合法的というのは、「違法とはいいきれない=捕まらない」という微妙なニュアンスを含みます。付かず離れず相手の身辺を探り、アラを探すことからかもしれませんね。参考になりました。

お礼日時:2002/09/20 22:40

>しかし10年以上過去のこと、現在立証は不可能です。


>(この手の不法行為の時効は3年ときいたことがあります。)

私は法律の専門家ではないのできちんとした回答はできま
せんが、一度弁護士などに相談を(直接会うのが難しいの
であれば、手紙やメールでも)してみてはどうでしょう。
素人判断による思いこみは、何より危険です。


>裁判より何より、相手に私の受けた苦痛を思い知らせた
>いのです。慰謝料もいりません。
>在る意味、犯罪被害者の気持ちはそういうものだと思い
>ます。

相当煮詰まっているようですが、私はここで恨みを忘れて
欲しいと思います。そして人生について、深く学んで下さい。

因果応報という言葉は伊達ではありません。
他人を苦しめるような人間は、長い人生の中で自分も苦しむ
目にあうのです。
自分一人で苦しみの代価を払いきらなければ、自分の子供・
孫を通して苦痛を受けるのが、人生の法則です。

ただし、この法則に気づく人は少ないので、安易に人を恨み
を持ち続けるのです。


私もただの人間ですし、世知辛い世間の中で、いろいろと
恨みに思うこともあれば、心が傷ついて苦しい思いもいろ
いろと抱えています。

けれども最近は、嫌な目に遭ってもなるべく忘れるように
しています。
後で確認すると、忘れて放っておいたとしても、相手に何らか
の形で応報の結果が表れていることを確認したことが、何度
もありました。


合法的、かつ自らの良心に引っかからない手段であれば、
自分の受けた苦痛の代価を相手に要求してもかまわないと
考えていますが、ただうらみをはらしたいだけであるのな
らば、忘れる方がマシです。
何故かと言えば、安易な手段でうらみをはらせば、うらみ
の連鎖反応に陥る危険性があるからです。

また別の意味ですが「人を呪わば穴二つ」という言葉も
真実であると実感しています。
うらみをはらしたくて人を呪って生きているような人は、
何らかの形で、自分も報いを受けます。

今は私の言うことがわからないかもしれませんが、人をうらみ
続けている限り、あなたの残りの人生で私が言った言葉が
真実かどうかを、体験することになるでしょう。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

深みのあるご意見ありがとうございます。
貴方のおっしゃるように「因果応報」は
確かにあるかもしれませんが、では最初に私を傷つけた
相手に私が何らかのかたちで(合法非合法はここでは問わず)
復讐することは、相手には当然の報いとはいえないですか?
恨みや呪いと無縁でいられたら言うことないのですが、現実は
難しいですよね。良い面悪い面を合わせもつのが人間です、
むしろ「やったもの勝ち」を放っておくことの方が問題では?
冷静沈着に行動します。無茶して身を滅ぼすようなことはしません。
一段落してから、貴方の言葉を考えたいと思います。

お礼日時:2002/09/20 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング