ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

サン=サーンスのオペラ「サムソンとデリラ」のCDを買いたいと思っています。私はバッカナールが大好きでこの曲しか聴いたことがないので全曲聴きたいと思います。
皆様のオススメCD、愛聴CDを教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

”Samson et Dalila”は、今シーズンのフィギュアスケートで安藤美姫選手が曲を使っているので、さらに有名になったでしょうね。



『おススメ』については、#1さんと全く同じです。
(#1さんのおっしゃっている「古い方」は、カレーラス&バルツァ(バイエルン放送響・1989年録音)ですよね?ヴィッカーズ&ヴァーレット(コヴェント・ガーデン・1981年録音)はCDではなく現在はDVDになっていたと記憶しているので)。

あとは、好みの問題でしょう。
どういうタイプの「サムソン」が好きか、どういうタイプの「ダリラ」が好きかによります。

サムソンについては、ドミンゴのバレンボイム盤(パリ管・1978年録音・ダリラはオブラスツォワ)とチョン盤(パリ・バスティーユ歌劇場・1991年録音・ダリラはマイヤー)があります。
ドミンゴとカレーラスでは、サムソンのイメージが全く違いますからね。
ドミンゴは、どちらのCDも高音域にちょっと難ありですが勇ましいです。ある意味一番「サムソンらしい」のかも。
カレーラスのサムソンは何だか『切ない』くらい痛々しいですよ。
カレーラスはそういった役が上手いとは思うんですが、「サムソンでそこまでしなくても…。」というカンジです(個人的な意見です)。
おススメCDのデイヴィス盤(ロンドン響・1998年録音)のクーラのサムソンは、本当に若々しくて伸びのある声を響かせてくれていますが、それでいて『でしゃばっていない』ところがいいと思います。

ダリラは、ちょっと『お上品』になってしまっているのですが、チョン盤のマイヤーもいいと思います(ドミンゴとの共演)。
あとは、パタネ盤のルートヴィッヒ(ミュンヘン放送響・1973年録音)かヴァーレットですね。

DVDのデイヴィス盤(コヴェント・ガーデン)のヴィッカーズ&ヴァーレットは、「昔はよかった」というのが正直な感想です。
残念ながらこの録画の時点(1981年)では衰えが目立ってしまって…。
ヴィッカーズならばプレートル盤(パリ・オペラ座・1962年)、ヴァーレットならばルーデル盤(サン・フランシスコ歌劇場・1980年録音・ドミンゴとの共演)があれば聴いていただきたいと思います(ルーデル盤はLDだけかも)。
ルーデル盤のヴァーレットは、『魔性の女』ってカンジですよ。

CDではなく、DVDならば、レヴァイン盤(メトロポリタン歌劇場・1998年ライブ録画)のドミンゴ&ボロディナもよろしいかと。
#1さんが書いていらっしゃる
> 日本では数年前、たしか60歳のドミンゴがこの役を力演(於横浜)して、喝采を浴びましたよね。
と同じコンビです(来日公演は2001年でした)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
私も安藤選手がこの曲の「バッカナール」で滑ってらっしゃるのを見てカッコイイ曲だなと思い好きになりました。
作曲家を見たらサン=サーンスだったのでビックリしました!
今、ピアノでサン=サーンスの「アレグロ・アパッショナート」を弾いているので運命だぁ!みたいに思ってしまいました(笑)

話がずれてしまったので戻します(^^;)
ドミンゴ氏はいさましく雄々しい声ですね!ドミンゴ氏の歌声を聴いたら鳥肌が立ちます☆
カレーラス氏は仰る通り切なくて情緒豊かですよね!彼の歌声も心にグっとくるので好きです!
クーラ氏の歌声は聴いたことがないですが若々しくて良さそうですね☆

あとデリラですね♪
>ヴィッカーズならばプレートル盤(パリ・オペラ座・1962年)、ヴァーレットならばルーデル盤(サン・フランシスコ歌劇場・1980年録音・ドミンゴとの共演)があれば聴いていただきたいと思います(ルーデル盤はLDだけかも)。
ルーデル盤のヴァーレットは、『魔性の女』ってカンジですよ。
魔性の女ですか!それは聴いてみたいですね☆サムソンをいかに誘惑するか(笑)

うーん。どれも全部聴いてみたいですがまずカレーラス氏のサムソンを聴いてみたいと思います!
その後でまたドミンゴ氏を始めとする挙げて下さった名盤を聴いていきたいです☆
ありがとうございました!

お礼日時:2008/01/12 09:27

 「サムソンとデリラ(ダリラ)」のキー・ポイントは、私見では何と言ってもダリラのあの名アリア。

もちろんサムソン役の力量も重大な鍵になります。日本では数年前、たしか60歳のドミンゴがこの役を力演(於横浜)して、喝采を浴びましたよね。
 さてCD。昔からコリン・デイヴィス指揮の全曲盤(2種類)に定評があります。私ならそのうちの新しい方を選びますね。何と言ってもダリラを歌うボロディナが抜群です! もちろんサムソン役のクーラも悪くありませよ。私の知る限り、これ以上のCDはいまのところないと思うのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
3大テノール歌手のドミンゴ氏!迫力あってたくましい歌い方ですよね!サムソンにぴったりかも(^^)
デイヴィス盤もあるのですね!うーんどちらを買おうか悩みます(^^;)
オススメ盤教えて下さってありがとうございました☆

お礼日時:2008/01/12 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界10大オペラって?

クラシックファンの皆様、お世話様です。

「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?

実はオペラに無知でして、フィガロの結婚のDVDを始めて買ったのですが、以後どのようなタイトルのDVDを検索していくべきか迷ってます。

ご意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの個人的な印象ですので、世間的評価とは違っていると思います。が、的外れでもないと自己評価しております。(こう言うのが一番怪しいのかも知れませんが・・・)
曲の多くが、先輩回答者と重なると思いますがご容赦願います。

●モーツァルト:「フィガロの結婚」K.492 <30歳 1785~86年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ
貴族と従僕や農民と言った階級社会をテーマにしていますが、それよりは、美しい音色と旋律で綴る、登場人物たちの「心の移ろい、襞」の表現で、今更ながらモーツァルトに唸ります。
参考《所持ソース》
CDショルティー指揮:ロンドン・フィル/ロンドン・オペラ・コーラス(ロンドン)
DVDカール・ベーム:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」<1787年作曲>
社会的堕落者、規範意識皆無、そんな主人公を同描くか、オペラ毎、演出家毎で、人間設定が違う!
どう捉えるかで、このオペラから得られる事が違ってくる気がする・・・受け手の感性が試される様・・・
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)

●ベートーヴェン:「フィデリオ」<1804~05年 初作曲/1814年 第3版>
男装のフィデリオ!実は健気な愛妻レオノーレ!生涯独身だったベートーヴェンにとって理想の女性!?
私もそんな妻を今からでも欲しいなァ~!ナァ~ンちゃって!今時、そんなの居る分けが無いって言うか、私には縁が無い世界の人!?
参考《所持ソース》
CDフェレンツ・フリッチャイ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「魔笛」K.620 <35才没(1791年9月28日完成→30日初演)の作品>
恋する男の子の試練の旅!試練の旅に出た恋人と結ばれる為に耐える試練!そしてもう一つの恋P&Pは??
庶民レベルに一段と近付いたオペラの様に感じます。現代でも何処かにそんな恋をしてる若者もいるのかな?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDサバリッシュ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(フィリップス)

●ロッシーニ:「セビリアの理髪師」<1816年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ←気付きましたか?フィガロの結婚!
そうなんです、セビリアの理髪師とフィガロの結婚は、同じ原作者。登場人物のフィガロはどこか似たキャラの様にも・・・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」<1835年作曲>
人間性のかけらも認められない人間関係と環境に繊細な心は!人は狂乱しただけでは死なないが・・・ルチアは・・・?
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・シンガーズ(テルデック)
DVDリチャード・ボニング指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(ジェネオン)

●ベッリーニ:「ノルマ」<1831年作曲>
人間の器が釣り合っていない男女の三角関係の成り行きは?小粒な男像は現代に通じていたりして・・・
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ナショナル・オペラハウス管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDジュゼッペ・パターネ指揮:トリノレッジョ歌劇場管弦楽団/合唱団(ドリームライフ)

●ヴェルディー:「リゴレット」<1850~51年作曲>
人間とは何か・・あまりにも惨い!・・身障者ゆえに差別され憎まれ役を演じなければならない主人公も愛娘に対する父の時に見せる人間らしさ・・・
参考《所持ソース》
CDリッカルド・シャイー指揮:ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDリッカルド・シャイー指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(デッカ)

●ヴェルディー:「トロヴァトーレ」<1852年作曲>
筋書きだけを読めば、矢継ぎ早の血生臭く解り辛い事件に腰が引けそう・・・
でも、聴き始めると歌と場面を楽しませるイタリア・オペラの真髄、歌声のバトルに時を忘れそう・・・
参考《所持ソース》
CDカルロ・マリア・ジュリーニ指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ヴェルディー:「椿姫」<1853年作曲>
原作=アレクサンドル・デュマ・フィス
女心と男の言い分!デュマの原作とヴェルディーのオペラは合せ鏡!セットで一段と面白く・・・
参考《所持ソース》
CDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音1991年
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音・録画1982年

●ヴェルディー:「アイーダ」<1870年作曲>
古代エジプト!大スペクタクル!三角関係!オペラ界の娯楽超大作!理屈抜きにリッチな気分で浴びましょう!
でも、内容に踏み込むと結構深いかも・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDフランコ・カプアーナ指揮:NHK交響楽団/藤原歌劇団合唱団(キングレコード)録音・録画1961年
私が小6だった時に連れて行かれたNHK招聘のイタリア歌劇団のライブ!・・・マリオ・デル・モナコとシミオナートが忘れられず購入!

●ワーグナー:「タンホイザー」<1843~45年作曲>
男の女に対する矛盾する本音!そんなタンホイザーの無軌道が故の魅力?聖処女のエリザベートと娼婦の様なヴェーヌスを同じ一人の歌手に歌わせる舞台も存在する。その演出には深い意味を感じます。内容重視か音楽重視かに因るのだろうと思っています。
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●ワーグナー:「ローエングリーン」<1845~48年作曲>
宇宙人?異界からの救済者を夫に持った人間の妻!不安感から夫を地上のしがらみに取り込みたい妻!しかし夕鶴にも似て夫は・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(ロンドン)

●ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」
作曲者没1年前の作曲!最後のオペラ!宗教劇とみなすより、それまでにワーグナーが問い掛けて来た問題の解決とみるべき作品と思っています。しかし、そうは言ってもキリスト教の思想を基礎にして、究極のテーマの救済を主題にしている。
参考《所持ソース》CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱眼(グラモフォン)

●ワーグナー:ニーベルングの指輪(全曲所要演奏時間 約15時間)四日に分けて演じられる。
 ○序夜「ラインの黄金」
 ○一夜「ワルキューレ」
 ○二夜「ジークフリート」
 ○三夜「神々の黄昏」
これを抜く訳にはいかないのでしょうが、私は、未だ、まともに聴いた事が有りません。ハイライトばかりです。
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%8C%87%E7%92%B0

●ビゼー:「カルメン」<1874年作曲>
人は何故、想ってくれる人を邪険にし、無いものネダリで身を滅ぼすのか?想い想われのスパイラル!馬鹿は死ななきゃ直らない!?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/パリ・オペラ座合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「ラ・ボエーム」<1893~95年作曲>
か弱きミミ!男はそのか弱き女を守れず不甲斐無さを嘆く!が、一番強かな生活力の持ち主は・・・??
男は何時も騙される!騙される事に心地良さを感じるのだから仕方が無い生き物?だから可愛いのかも!
参考《所持ソース》
CDバーンスタイン指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団/少年合唱団(グラモフォン)
DVDカラヤン指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「トスカ」<1900年作曲>
女は何時の世も、意識・無意識のどちらにせよ悪に惹かれる!(カヴァラドッジ⇔トスカ⇔スカルビア)官能的関係はどちら?・・・・悪役振りが良くなければドラマは盛り上がらない・・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ナショナル・フィル/ウェールズ・ナショナル・オペラ合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「蝶々夫人」<1901~03年作曲>
日本女性の男性に対する自己犠牲の賛美?それとも、人種差別?どちらの立場で鑑賞しますか?
それより、非日常的な好奇心と憧れから盲目的に育った相手に対する身勝手な理想と妄想の果ての死!男の都合と女の都合!
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/アンブロジアン・オペラ・コーラス(グラモフォン)

●R・シュトラウス:「ばらの騎士」<1909~10年作曲>
何時の時代も女は歳と戦っている。他の価値観を見つけては重ねる歳を納得しようとするが本音は・・・身を引く大人の女!
オペラの中では女の格闘相手だった筈の年齢が、現代では、男にとっての加齢の方がよりシリアスな問題かも・・!?
楽しめなくなってしまったかな(苦笑)?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場管弦楽団(グラモフォン)
DVDカルロス・クライバー指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

以上、これが私の「死ぬまでに聴いておきたいオペラ」の一部です。
マニアックには、成らない様には気を付けた積りです。つまり、有名どころ限定です。

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの...続きを読む

Qお薦めのモーツァルトのピアノ協奏曲全集のCDを…

教えてください。
HMVで検索すると、ブレンデル、アシュケナージ、バレンボイム…(順不同)他、
沢山の全集が出てきます。

ちなみに、ゲザ・アンダの物は持っているのですが、なんかピンと来ません。
みなさんのお薦めや、聴き分けた比較などを教えてください。
テンポや録音の良さなども教えていただけると助かります。
(個人的な意見・好き嫌いも大歓迎です)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中正の美と言う点で、

第一候補>マレイ・ペライア

第二候補>アンドラーシュ・シフ

第三候補>クララ・ハスキル

有機的で、人間的な、優しい演奏

ルドルフ・ゼルキン

無機的だが、不思議と、何度も、聞きたくなる演奏

ロベール・カサドシュ

ペライアさんは、当初、技巧派で、有名だったのですが、
ゼルキンさんと、出会ってから、技巧+有機的な、表現が、
融合して、演奏に、深みが増したと、言われています。
オーケストラの、バランスも、丁度いいです。

シフさんは、なんと言っても、軽やかさでしょう。オーケストラは、
上に、追従します。

クララさんは、オーケストラを、指揮をする、パウル・ザッヒャー
さんの、センスが、抜群です。もちろん、クララさんの、明るくて、
聡明な感じも、伝わって来ます。

ゼルキンさんと、ジョージセルさんの指揮は、水を得た、魚のようで、
セルさんの、淡々とした(冷静で、深みのある)表現が、ゼルキンさん
の、演奏を、一層際立たせています。
(特に、セルさんの、第20番の、指揮は、個人的にベストです。)

カサドシュ>これも、セルさんとの、競演に、なりますが。音の、粒立ち
が良く(音質の、事ではありません)、明るくて、本当に、何度も、
聴きたくなります。

クララ、ゼルキン、カサドシュさんの、全集が、CD化されているか、
分かりませんが、単売の、物を集めなければ、ならないかも、
しれません。

音質は、多分、ペライア、シフさん、以外は、期待、出来ないと思います。
(クララさんは、フィリップスの、デジタル技術で、音質改良版が、
出たはずですが。(なにぶん、古い記憶なので)

内田光子さんは、演奏が、なよなよして、あまり、好きではありません。
(下の、回答者さん、御免なさい)

ブレンデルさんは、ラジオで(それも、かなり古い記憶)一、二回しか、
聞いたことが、ないので、自分に、とって、特に、嫌いな、演奏では
無かったと、思っています。(少々、ドライだった様な?)
(すみません、自身がありません)(太く、スタンダードな、感じ?)
(音質は、期待、出来ないかも)

アシュケナージさんは、ロシア物、専門(個人的な、ベスト)と、
言う事で。

バレンボイムさんは、難しいですね。古典と近代の表現の、両方
身に着けていて、フランス近代物(主に、管弦楽)(個人的に、ベスト)
が、得意で、古典は、オットー、クレンペラー(指揮者)、に、みっちり
仕込まれたので、それが、うまく調和した時には、至福を、感じる
演奏が、期待できるのですが、(全集の中にも、際立った演奏が
在ります)全体として、完成度が、高いかと、問われれば、首を
傾げます(偉そうですね(笑い)尊敬してますから)。

中正の美と言う点で、

第一候補>マレイ・ペライア

第二候補>アンドラーシュ・シフ

第三候補>クララ・ハスキル

有機的で、人間的な、優しい演奏

ルドルフ・ゼルキン

無機的だが、不思議と、何度も、聞きたくなる演奏

ロベール・カサドシュ

ペライアさんは、当初、技巧派で、有名だったのですが、
ゼルキンさんと、出会ってから、技巧+有機的な、表現が、
融合して、演奏に、深みが増したと、言われています。
オーケストラの、バランスも、丁度いいです。

シフさんは、なんと言っても、軽やかさでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング