天保年間の五百疋とはどれくらいの価値がありましたか?
某手紙にある俳句の添削の料金です。
場所は埼玉県です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金一匹は江戸時代の大部分では十文です。


幕末少時期25文になり、明治になり貨幣改革で25銭になりました。   これは昭和中期まで続き皇室からの、御下賜金は金xx匹でした。
江戸期一両は時期により変動し、四千~六千文でした。
天保年間は五千文と見られ、金五百匹は五千文で添削料一両ですが、上品に匹を使いました。
いまの価値に換算は難しいのですが、幕末の一両は万延の粗悪金貨への改鋳で今の3~4万円と見られるので、天保期でしたら一両が10万円前後かも知れません。   高い添削料ですね。

金一匹十文は室町時代、犬追物に使う犬を一匹十文で買い上げた事に基づくとの説があります。
平安時代の匹は(絹)織物の単位で馬に関係する長さといわれています。
    • good
    • 0

蘭学塾の入学金が先生に200疋(ひき)=50銭?、夫人に100疋、若先生に50疋、塾頭に50疋などというのもありますね。


1疋=25文
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%87%91 …
五千石より萬石内外の往来、休みにして金百疋~二百疋或いは銀壱枚、宿泊にして二百疋~五百疋位までなり・・・往来、休みにして二枚から三枚、宿泊にて一両から三両まで、十七八萬石より七十萬石の家にてもさしたる差別なきものなり
(保土ヶ谷宿の宿代)
休憩200疋(銀1枚)、お泊り500疋

当時の日本は西国(朝廷から長州や薩摩)は銀本位制、東国(鈴鹿峠の東)は金本位制。幕藩体制で(幕府と藩の2重権力)西の徳川系は神戸や長崎など直轄地だけ、直に支配しようとすると包囲され全滅するので系列の部下に丸投げ(長崎は佐賀が間接支配、神戸は幕閣の支配(大臣の領地みたいなもの))
経済自体は米と貨幣併用(武士は米もらい商人から現金得る)このことは情報は現物より速く伝わるので大岡越前などの経済改革は骨抜き(米価格統制しても植え付けの段階で商人が予約しているから安価な現物がない)
大塩平八郎の乱の原因は新潟から関門海峡渡って神戸で陸揚げ、大阪に運ぶ米を幕府閣僚が神戸で買い占める(利益上げる)ので大阪の庶民は困窮した。

質問の額は数万円くらい? 
大名のお泊りが3両(1両=7-10万円) 安すぎるように見えるが、当時は貨幣(金銀)だけでなく米も通貨です。そこでいまのアフリカや東南アジアの1部みたいに現金がなくても生きていける。
1両が職人の月収で10両盗むと首が飛ぶ(=死刑)という言い方も残る(年収相当ってことですね)
ほぼ年収分横領してもいまの社会保険庁や公務員は軽いものだが(^^) 注意処分だけ(おいおい)
    • good
    • 0

四百疋で一両ですから、一両一分に相当しますのでかなり高額です。


現在で言えば数十万円でしょうか。(現在の貨幣価値との比較はいろいろ考え方もありますのでなんともいえません。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q某私立の中二です。日本史です。よろしくお願いします。

明後日日本史の試験なのですが、分からない問題があり困っていす。
分かる問題のみでよいので教えてください。
よろしくお願いいたします。

1. 後三年の役で、源義家の戦いは、朝廷に「義戦」ではなく。単なく「私闘」とみなされたのか。その理由はなぜなのか。
2. 保元・平治の乱は、日本の政治風土にどのような影響を与えたか。ただし(朝廷,内紛)という語句を使う事。
3. 平氏政権が人々の支持を失った理由はなぜか?ただし(銭,国司)という語句を使う事。
4. 源頼朝軍が、富士川の戦いに勝利した後に、すぐに上洛しなかった理由はなぜか。
5. 承久の乱以降、朝廷の国政上における位置は、歴史的にどのように変化したのか。
6. 鎌倉幕府の作った御成敗式目で、従来の律令と違い、女性に対して財産管理権、財産相続権を認めている理由は何か。

以上をそれぞれ40字以内ほどでお願します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結構偏った出題のように思うなぁ。という意味で、回答ではなく、アドバイス。

1:義家の権威・権力がこれ以上大きくなるのを恐れたためという説とか、朝廷自体が、地方の動きに対して、公権力として介入するのを避けるようになったとか、義家の「奥羽利権」獲得が見え見えだったとか言われております。

2:朝廷の内紛が最終的な武力によって決せられるようになり、武士の発言力が増えた。なんていう回答を求められているんでしょうが、その見方は、このあとで、鎌倉幕府が成立した(もっと言うと、承久の変で鎌倉幕府が全国政権になった)という、あとから見ての視点である。当時の為政者の意識では、やっぱり武士は「さぶらう」人々だった。なんていう本がでてます。義経の登場―王権論の視座から という本。

3:軍事政権と考えると、単純に言えば、西日本が飢饉で兵力の調整ができず、戦闘に負けた。ということだと私は思っています。
まぁ実入りのいい国司職を平氏に取られた既存貴族は嫌ったでしょうね。

4:東日本が完全に頼朝の配下ではなかった事でしょうね。甲斐源氏は、頼朝並列と思っていたようですし、常陸の佐竹氏も同様でした。

5:鎌倉幕府の直接監視下に入ったって事かな。

6:御成敗式目の特徴は、「道理」に基づいた武士階層の慣習法を成文化したという側面があり、武士階層においては、女性の財産管理権・相続権が当たり前だったってことでしょうか。

結構偏った出題のように思うなぁ。という意味で、回答ではなく、アドバイス。

1:義家の権威・権力がこれ以上大きくなるのを恐れたためという説とか、朝廷自体が、地方の動きに対して、公権力として介入するのを避けるようになったとか、義家の「奥羽利権」獲得が見え見えだったとか言われております。

2:朝廷の内紛が最終的な武力によって決せられるようになり、武士の発言力が増えた。なんていう回答を求められているんでしょうが、その見方は、このあとで、鎌倉幕府が成立した(もっと言うと、承久の...続きを読む

Q幕末(たぶん天保時代)伊豆で洪水がありましたか?

幕末に書かれた書状に「伊豆の国中に出水」とありました。
「江戸近辺の村も相応の水」ともあります。
文脈からたぶん天保時代に書かれたと思われますが、そのような事実がありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>幕末に書かれた書状に「伊豆の国中に出水」とありました。

手元の史料では、

安政6年(1859)6月25日に、「未の満水」(みのまんすい)と呼ばれる洪水が起きています。
大仁(おおひと=現・伊豆の国市)から守木(もりき、現・伊豆の国市)一帯が一大湖水化したことがあります。
深さは、2丈3尺(約7m)の増水となっています。

また、寛政3年(1791)4月8日には、天城山系を源流とする狩野川が氾濫をし、修善寺より中流の「田方平野」がほとんど泥海化した。「第2の亥の満水」と言われ、深さはやはり2丈3尺(約7m)の増水という記録があります。

Q富くじは、まず千両の番号が発表され、次に五百両の番

“宿屋の富”や“高津の富”という古典落語をあらたまって聞き、江戸時代の富くじについて疑問が生じましたので、教えて下さい。
落語では、富くじの抽選結果は、まず一番千両の番号が発表され、、次に二番五百両のそれが発表されています。

私は、今まで、逆の順番と思っていました。すなわち、まず、二番を発表し、次に、金額の大きい一番千両を発表するから、演出効果が大きく、観衆のどよめきが大きい、と思っていました。
先に一等千両の番号を発表することは、何を意味しているのでしょうか?

富くじ葉、まず一等千両がは票差レ、次に二番五百両が発表されっる

Aベストアンサー

文政期の「江戸大富集」と「江戸繁昌記」に
「富の札」「富突き」ともいう富くじの話が載っている
そうです。

下記は大社寺の例です。
それによると、一万枚位売れた富くじの抽選日は
大勢の群衆で、江戸中がひっくりかえるような
騒ぎだったそうです。
(数人で一枚を買うのも多かった)。

監督使や整理、警護の役人も来て、寺の男が錐で
箱の孔から札を突き刺して上げる。
役人がそれを取って読み上げる。

神明社の例
一番札百両、二番五十両、三番三十両、読み上げ前
は、し-んとして次にどよめきですが、抽選はまだまだ
百番札まで続くのです。

その中に入れば最低二分貰えます。
さらにハプニングがあります。
なんと五拾番札は一番札と同じ百両で、九十八番は十両
九十九番は三十両の当たり、もっと驚くことは、なんとまあ
百番札は三百両の大あたり、一等賞でした。
群衆のどよめきも最高潮の見事な演出でした。

「二分のはした金などいらねー」という人も途中で帰るわけ
にはいきません。

なお賞金は全額貰えるわけではありません。
三百両の場合、奉納金三十両、祝儀など八両天引きで
手取りは262両以下です。

文政の改革で富くじが抑えられたように、時代で変化も
ありますが江戸っ子は賭けごと好きでした。

文政期の「江戸大富集」と「江戸繁昌記」に
「富の札」「富突き」ともいう富くじの話が載っている
そうです。

下記は大社寺の例です。
それによると、一万枚位売れた富くじの抽選日は
大勢の群衆で、江戸中がひっくりかえるような
騒ぎだったそうです。
(数人で一枚を買うのも多かった)。

監督使や整理、警護の役人も来て、寺の男が錐で
箱の孔から札を突き刺して上げる。
役人がそれを取って読み上げる。

神明社の例
一番札百両、二番五十両、三番三十両、読み上げ前
は、し-んとして次にどよめきですが、...続きを読む

Q天保水滸伝はなぜ「水滸伝」となってるのですか

天保水滸伝についてですが、多少概略を見た限りでは、単なる地元ヤクザ同士の争いとしか見えず、各地の侠客や英雄が別天地を構成し、天下を糺す目的で梁山泊を築いたお話との関連性がわかりません。

なぜ天保水滸伝の話は「水滸伝」にちなんだタイトルが付されているのですか?

理由やその他関連するお話をお教えいただければ幸いです

Aベストアンサー

>いっそうの風格を身につけて戻ってきた繁蔵のもとへ、ぞくぞくと昔の子分たちが集まってきた。
(東庄町HP「天保水滸伝」より抜粋)

オリジナル(?)水滸伝は、宋江の下に、続々と一癖も二癖もある
連中が集まってきます。このことから、
あるリーダー的存在の下にその人を慕う腕に覚えのある連中が
集まってくるような話は「~水滸伝」というのが多いです。

Q江戸時代の「白銀百枚」はどれくらいの価値ですか?

江戸時代中期の古文書で、「白銀百枚」もらったというものがありました。
白銀百枚とは何でしょうか?
白は美称でしょうか?
銀は丁銀のことですか?
小判になおすとどれくらいになりますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
文化年間に草間伊助の書いた「三貨図彙」に家康は43匁の銀大判をつくり、儀礼的な贈答に用いたとあります。
これが江戸時代の白銀1枚の初めです。   それ以前にも白銀1枚の語はありますが詳細は不明。
これは江戸初期の話で、中期まで続いたかは問題です。
明和以降は長方形の定額銀貨が出回り、綺麗に「包み銀」として贈答用にも使えました。
丁銀を43匁になるよう端を切り揃えたとの本もあり、江戸中期はこの可能性が大です。
丁銀には43匁以上のものもあります。(たとえば200g)

43匁の数字は慶長大判が44匁であるのに合わせました。   金大判は強度を保つため、金の含有率が低く、銀の含有率の高い銀大判は少し軽くしたのでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報