天保年間の五百疋とはどれくらいの価値がありましたか?
某手紙にある俳句の添削の料金です。
場所は埼玉県です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金一匹は江戸時代の大部分では十文です。


幕末少時期25文になり、明治になり貨幣改革で25銭になりました。   これは昭和中期まで続き皇室からの、御下賜金は金xx匹でした。
江戸期一両は時期により変動し、四千~六千文でした。
天保年間は五千文と見られ、金五百匹は五千文で添削料一両ですが、上品に匹を使いました。
いまの価値に換算は難しいのですが、幕末の一両は万延の粗悪金貨への改鋳で今の3~4万円と見られるので、天保期でしたら一両が10万円前後かも知れません。   高い添削料ですね。

金一匹十文は室町時代、犬追物に使う犬を一匹十文で買い上げた事に基づくとの説があります。
平安時代の匹は(絹)織物の単位で馬に関係する長さといわれています。
    • good
    • 0

蘭学塾の入学金が先生に200疋(ひき)=50銭?、夫人に100疋、若先生に50疋、塾頭に50疋などというのもありますね。


1疋=25文
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%87%91 …
五千石より萬石内外の往来、休みにして金百疋~二百疋或いは銀壱枚、宿泊にして二百疋~五百疋位までなり・・・往来、休みにして二枚から三枚、宿泊にて一両から三両まで、十七八萬石より七十萬石の家にてもさしたる差別なきものなり
(保土ヶ谷宿の宿代)
休憩200疋(銀1枚)、お泊り500疋

当時の日本は西国(朝廷から長州や薩摩)は銀本位制、東国(鈴鹿峠の東)は金本位制。幕藩体制で(幕府と藩の2重権力)西の徳川系は神戸や長崎など直轄地だけ、直に支配しようとすると包囲され全滅するので系列の部下に丸投げ(長崎は佐賀が間接支配、神戸は幕閣の支配(大臣の領地みたいなもの))
経済自体は米と貨幣併用(武士は米もらい商人から現金得る)このことは情報は現物より速く伝わるので大岡越前などの経済改革は骨抜き(米価格統制しても植え付けの段階で商人が予約しているから安価な現物がない)
大塩平八郎の乱の原因は新潟から関門海峡渡って神戸で陸揚げ、大阪に運ぶ米を幕府閣僚が神戸で買い占める(利益上げる)ので大阪の庶民は困窮した。

質問の額は数万円くらい? 
大名のお泊りが3両(1両=7-10万円) 安すぎるように見えるが、当時は貨幣(金銀)だけでなく米も通貨です。そこでいまのアフリカや東南アジアの1部みたいに現金がなくても生きていける。
1両が職人の月収で10両盗むと首が飛ぶ(=死刑)という言い方も残る(年収相当ってことですね)
ほぼ年収分横領してもいまの社会保険庁や公務員は軽いものだが(^^) 注意処分だけ(おいおい)
    • good
    • 0

四百疋で一両ですから、一両一分に相当しますのでかなり高額です。


現在で言えば数十万円でしょうか。(現在の貨幣価値との比較はいろいろ考え方もありますのでなんともいえません。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代のお金の単位 「目」とは

基本的な質問ですいません。
江戸時代の文書を見ているとお金の単位として「目」というのが出てきます。
銀目の「匁」と同義と思っているのですが、間違いないでしょうか? (1目=銀1匁 と思っています)
しかし1つの文書内にも「匁」で書いてあったり「目」となっいたり、混在していることもありもします。使い分けがあったのでしょうか。
すいません、もうひとつ
「匹」(あるいは「疋」)という単位もあります。これは銭10文と解釈していいのでしょうか?

Aベストアンサー

既に出ている通りですが,こちらのサイトが参考になるかもしれません。

 ◎「古文書からみる二上の歴史」-村御印(むらごいん)を中心に-
  http://futagamisan.takaoka.net/presentation15/presentation15d.html

 ◎~江戸時代の庶民のお金~ 銭
  http://www.city.mishima.shizuoka.jp/kiji1.asp?id=1589

参考URL:http://futagamisan.takaoka.net/presentation15/presentation15d.html,http://www.city.mishima.shizuoka.jp/kiji1.asp?id=1589

Q江戸時代の貨幣単位と実質額について

江戸時代の貨幣単位と実質額について

天明年間(1780年代)の石塔に次のような奉納銘がありました。

金 百匹 Aさん
白銀一片  Bさん
一貫百文  Cさん
五百文  AAさん
二貫二百文 Dさん
白銀一片  Eさん
白銀一片  EEさん
白銀一片   Fさん

それなりに立派な石塔なのですが、貨幣?単位がバラバラで、
トータルでいくらなのかがよく判りません。全部で一両くらいにはなっているのでしょうか。
もし可能であれば、ここの貨幣?単位がどういう関係になるのかなどもお教え頂けると嬉しいです。
金一両=銀六十匁=銭四貫のレートでしょうか。

Aベストアンサー

諸賢の答えが出そろったようで、まとめて見ます。   関東の話とします。
匹(疋)、白銀、貫文別にまとめると、
百匹、 三貫八百文、 白銀四片になります。
1匹は古来10文で、幕末1文の価値がさがり1匹が25文になりましたが、このころは10文の筈です。    それで百匹は1000文。
三貫八百文は3800文です。   計4800文。
元禄の公定相場で、1両4000文と決められましたが、実際は変動相場で
「両替年代記」によると、元文期(1736~1817)は1両が銀61.57匁、銭5貫287文とあります。    貨幣改鋳を境に江戸期を十期にわけています。

4800文は約0.9両になります。

白銀は丁銀をいう事もありますが、丁銀は普通何枚と言います。   量目が不定のため小粒銀を加え、定量にした紙包みで通用します。    白銀何片と言えば当時流通が始まった二朱銀(八分の一両)のことと思います。    一片の価値が決まる定位貨幣が関東では好まれました。

白銀4片は0.5両     合計約1.4両になります。
いまの価値に換算は難しいのですが、1両が12~15万円でしょうか。   大雑把に見て約20万円です。

諸賢の答えが出そろったようで、まとめて見ます。   関東の話とします。
匹(疋)、白銀、貫文別にまとめると、
百匹、 三貫八百文、 白銀四片になります。
1匹は古来10文で、幕末1文の価値がさがり1匹が25文になりましたが、このころは10文の筈です。    それで百匹は1000文。
三貫八百文は3800文です。   計4800文。
元禄の公定相場で、1両4000文と決められましたが、実際は変動相場で
「両替年代記」によると、元文期(1736~1817)は1両が銀61.57匁、銭...続きを読む

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q江戸時代の銀五百枚とはいかほどのものでしょうか?

文化年間の江戸日本橋の高札に、
 切したん宗門は累年御制禁たり。 自然不審成者これあらば申出べし。 御ほうびとして、
   ばてれんの訴人 銀五百枚
   いるまんの訴人 銀三百枚
   立かへり者の訴人 同断
   同宿并宗門の訴人 銀百枚
 右之通下さるべし。
とあります。
銀1枚とは何でしょうか?
一分銀のことでしょうか?
銀五百枚の価値はどれくらいになりますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀1枚=43匁というのをたまに見かけるのですが、ある種の基準値だったようですね。
1匁=3.75gなので、銀1枚=43匁=約161gとなります。
価値については、もともと相場物ですし、金との交換比率が現在とも同時代の諸外国とも江戸・大阪でも異なっていたようですので、私はコメントする能力を持ち合わせておりません。

参考URL:http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra1-10.htm

Q江戸時代の「白銀百枚」はどれくらいの価値ですか?

江戸時代中期の古文書で、「白銀百枚」もらったというものがありました。
白銀百枚とは何でしょうか?
白は美称でしょうか?
銀は丁銀のことですか?
小判になおすとどれくらいになりますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
文化年間に草間伊助の書いた「三貨図彙」に家康は43匁の銀大判をつくり、儀礼的な贈答に用いたとあります。
これが江戸時代の白銀1枚の初めです。   それ以前にも白銀1枚の語はありますが詳細は不明。
これは江戸初期の話で、中期まで続いたかは問題です。
明和以降は長方形の定額銀貨が出回り、綺麗に「包み銀」として贈答用にも使えました。
丁銀を43匁になるよう端を切り揃えたとの本もあり、江戸中期はこの可能性が大です。
丁銀には43匁以上のものもあります。(たとえば200g)

43匁の数字は慶長大判が44匁であるのに合わせました。   金大判は強度を保つため、金の含有率が低く、銀の含有率の高い銀大判は少し軽くしたのでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報