『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

世界の電圧をネットで調べたところ、日本だけが(交流)100Vでした。
これはどのような理由からでしょうか。
東日本の50Hz、西日本の60Hzは、ドイツ式とアメリカ式発電機の違いということですが、世界で(多分)日本だけ100Vという由来をどなたかご存知の方がいらしたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

電気の最初の需要は電灯でした、日本にも明治時代から多くの電灯会社が設立されていき


さらには工場などでは自家発電電力で設備を稼働させるなど、その多くが個々の民間企業によるのもです。

今のように電力会社どうしてネットワークを組んで電力の融通などは有りません、
全て個別の会社とその会社の規格にあった電灯を取り付けていました。
電力会社・電球メーカー双方が現在普及している電圧で送電、あるいは電球の製造をした方がメリットが多いので
右にならえ的に100Vを採用が増えていったのだと思います。

電圧が高いと絶縁など器機の製作が難しく(高価)、始まりは低い電圧からでした、ヨーロッパなどは途中で200Vに替えたようですが、
日本は民間主導だったので一斉切換などは出来なかったようです。
他の多くの国は日本より遅れて技術導入をしているので200Vが規格になったいるようです。

その後無秩序なままでは困るので政府が規格を統一するに当たり、すでに100Vの電球が普及していて、これを替えることが出来無い。
それで実情に合わせて100Vを規定した、と言うことのようです。


「電気の歴史―日本の電気事業と社会」、直接は関係ないですが。
http://www.fepc.or.jp/edu/history/meiji.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

U-Seven様
貴重な情報を頂いて感謝いたします。
>電圧が高いと絶縁など器機の製作が難しく(高価)、始まりは低い電圧からでした、ヨーロッパなどは途中で200Vに替えたようですが、

そのような事情があったのですか。納得しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/12 20:27

おっしゃるとおり国際的には220Vが一般的です。

電圧が高いほど伝送効率が良いので、変電所から家庭までに距離がある場合には、220Vが有利なのでしょうね。

日本は、米国に準拠して100Vになったということを耳にしたことがあります。コンセントの形状も米国と同一です。(テレビ方式も米国と同じNTSCですね)
    • good
    • 1

特に理由は無く、最初に100Vで使い始めてしまった為、


100Vの製品が多く出回り、変えようにも変えづらい状況になってしまったから、と言われています。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の電源電圧はなぜ100Vか

日本の家庭用電源の電圧は一部を除き100Vです。
ほぼフォッサマグナを境に、東日本はドイツから技術支援を得たため50ヘルツ、西日本はアメリカからで60ヘルツになったことは良く知られています。
では電源電圧はそのような経緯で100V(東西共通)に決められたのでしょうか?
現在ドイツ・アメリカとも、100Vを電源電圧としている地域はないようですが。

Aベストアンサー

うーん、日本人にとってなじみやすい数値だからじゃないでしょうか。
国内で発電開始した時代にも変圧器はありましたから、発電機の輸入国だけの問題じゃないと思います。

1ダースというまとまりが好きな欧米では、12の倍数、またはそれに近い数値がすきなのかも。

ネジのサイズは1/8インチ刻みが基本となっていますし、私たちは10の倍数が気持ちいい区切りですが、
海外ではそれが異なるのが、いったんであると思います。

当時、白熱電球など周波数にあまり関係ない機器が多く出回っていたので、電圧さえ共通なら、周波数が異なっていとも、あまり問題は無かったのではないかと思います。

Q電圧について質問です。日本は100Vなのに24Vなど電圧をおとして使う

電圧について質問です。日本は100Vなのに24Vなど電圧をおとして使う商品があるのは何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

水道の水圧みたいなもんだと考えてください。フルに出せば100だけどそんなにいらないなら製品の方であわせてもらいたいということであります。小さなモーターを使う物やパソコン、携帯の充電器等100Vでは高すぎて使えません。アダプターを使っていないように見えて実は内部で変換、つまりアダプター内蔵みたいなことをしております。いちいち外部に付けるのはコストが安い、製品を小型化できる等が理由です。モーターで100Vで動くようにしますと最低でも換気扇サイズになります。逆に本当はもっと欲しい、ということでエアコンに200V仕様が普及してきましたしIHコンロも200です。魚屋のような小さな商店で使う冷蔵庫等も200Vであります。
 ちなみに発電所から出るときは何十万V、電柱に届いた時点で6600Vに変電させて届くようになっておりますが、途中で圧が絶対下がってしまうから最初から大きくしておけ、ということであります。

Qなぜ100vと200vと電圧を使い分けているのですか?

なぜ100vと200vと電圧を使い分けているのですか?またそのメリットはなんですか?

Aベストアンサー

>ですから、100Vの半分の電流で済みますし、電気料金も安いです。

200Vだからといって、別に電気料金は安くなりません。
電気料金は、電力量(kWh)で算出しているため、電流が半分になっても機器のワット数と使用時間が同じであれば、電気代は変わりません。

電力量(kWh)=電力(kW)×時間(h)

200Vが有利な点は、同じ配線の太さでも100Vの2倍の電力(W)を送る事ができるため、配線太さを変えずに出力の大きい機械を使える点です。

全て100Vだけの場合、大きな機器を動かすためには、太い配線と容量の大きなブレーカーが必要になります。
その分、配線にお金がかかってしまうという訳です。

例えば、3000Wの機器を動かす場合、
200Vなら、15A流せる配線とブレーカーを付ければ良いが、100Vだと、30A流せる太い配線と大きなブレーカーを付けなければなりません(実際には、機器容量よりも大きめのブレーカーを付けます)。

そのため現在では、対地電圧が100Vのまま、必要があれば、安全に200Vが使える単相三線式100V/200Vの配線が一般的になっています。

>ですから、100Vの半分の電流で済みますし、電気料金も安いです。

200Vだからといって、別に電気料金は安くなりません。
電気料金は、電力量(kWh)で算出しているため、電流が半分になっても機器のワット数と使用時間が同じであれば、電気代は変わりません。

電力量(kWh)=電力(kW)×時間(h)

200Vが有利な点は、同じ配線の太さでも100Vの2倍の電力(W)を送る事ができるため、配線太さを変えずに出力の大きい機械を使える点です。

全て100Vだけの場合、大きな機器...続きを読む

Q日本の電圧100ボルトは低いですがなぜでしょうか?

海外旅行をしても今の時代のアダプターなどは何ボルトでも対応できるので便利ですが、110ボルトの国はあっても、日本のような100ボルトの電圧の国は日本以外にないように思います。
日本はどうしてこんなに低い電圧を採用しているのでしょうか?

Aベストアンサー

各家庭に来ている日本の商用電源の始まりは、エジソンが八幡男山付近(京都)の竹をフィラメントにした実用可能な白熱電球を作った1880年あたりから10年ほど経った頃で、東京電燈と大阪電燈がおもに電灯を目的とした電力供給からスタートしています。

東京電燈は50Hz仕様のドイツ製発電機を、大阪電燈は60Hz仕様のアメリカ製発電機を採用したわけですが、電圧を幾らにすべきかは議論があったようで、木造中心の日本の家屋では安全性の面で電圧は低めがよい(被覆の絶縁性の問題もあった)とか、白熱電球は100Vを超えると切れやすいとか、様々な理由があって100Vに収まったようです。

当時は今と違って各国と協調して統一的な電圧にすべきという必要性の認識もなく、100Vに決めたのではないでしょうか。今となっては400Vくらいの高めの電圧のほうが送配電のロスも少なくて効率的・経済的(言い換えると貴金属の導体である銅線の使用量が少なくて済む)なのですけれどね。

Q国によって電圧が異なるのはなぜですか?

日本は100Vで、他国では120~240Vの高電圧。
なぜ国によって電圧が異なるのでしょうか?
ついでに、高電圧だと機器類などになにか利点はあるのですか?
教えてください!

Aベストアンサー

> なぜ国によって電圧が異なるのでしょうか?

ひとことで言えば、歴史的な背景でしょうか。
現代なら、電気製品等の規格化は、標準化団体(ANSIとか、IEEEとか、国内ならJISとか・・・)等が推進するので、各国でバラバラということは考えられませんが、公共電力の供給は規格とか標準化という考え方がなかった時代(19世紀)に始まったので、仕方がないことと思います。
今から統一するのはインフラ変更に膨大なコストが掛かって到底無理ですし。

> 高電圧だと機器類などになにか利点はあるのですか?

機器の種類によると思います。パソコンなんかは、12V(だったっけ?)で動作するように設計されてまうので、わざわざACアダプタで変圧しているぐらいで、高電圧によるメリットはありません。
大型のモーター等は、高電圧でないと性能が発揮できないでしょう。
(新幹線の供給電力は25キロVです)

機器にとっての利点は別問題として、高電圧だと長距離送電の際の減衰が少ないので、送電線が高電圧なのは利に適っていると言えます。

私は電気の専門家でも何でもないので、間違っていたら、ご容赦を。(^-^;
m(_ _)m

> なぜ国によって電圧が異なるのでしょうか?

ひとことで言えば、歴史的な背景でしょうか。
現代なら、電気製品等の規格化は、標準化団体(ANSIとか、IEEEとか、国内ならJISとか・・・)等が推進するので、各国でバラバラということは考えられませんが、公共電力の供給は規格とか標準化という考え方がなかった時代(19世紀)に始まったので、仕方がないことと思います。
今から統一するのはインフラ変更に膨大なコストが掛かって到底無理ですし。

> 高電圧だと機器類などになにか利点はあるのですか?

...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q3相200Vから単相100Vへの変換と違法性について

初めてみなさまに質問いたします。よろしくお願いいたします。
仕事で、三相200Vを使用しているのですが、単相の100Vを得ようとしています。使用する目的は、実験用で漏電、過電流などが起き漏電遮断機等がトリップしても、ほかのAC100Vを落とさないようにしたいためです。実際には、三相200VからNFBを通り、三相のR,Sを単巻きの変圧器で降圧し、絶縁トランスで二次側の一方を接地した後漏電遮断機を通して実験用電圧としようと思います。単相100Vはせいぜい10A程度の使用です。
前任者が同じことをやって電気工事業の人に「違法だ!」といわれたと聞いているのですが、どれが違法なのか?そもそもこんなことはやってはいけないのか?どうかお知らせいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

出来ることはできますね。
体験談として、中国で展示会があり、3相機器も多く利用しましたが、中には、単相100V機器も多くあり、小型変圧器を挿入して、各相を、超アンバランスで約1ヶ月間の展示期間を利用しました。相手の技術者が定期的にクランプオン式の電流計で測定して、アンバランスで、ある相が、以上に電流が多く、暑い(中国語で、ルー)と入ってました。でも、無視しました。中国語を理解しませんので。

違法性に付いては、私も電気工事を専門にするわけではないので、間違っているかもしれません。

三相200V供給の「低圧電力」契約と単相供給の「電灯」契約とでは使用できる電気機器が異なっており、「低圧電力」契約において、小型変圧器を介して単相の電気機器を使用することは電気供給規程違反となるらしい。

           

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html


人気Q&Aランキング