グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

最近、雑誌の付録DVDで箱スカの映像を見てしまい・・・L型のチューンエンジンのエキゾーストにやられてしまってS130、日産フェアレディZを買ってしまいました。

ただ、パーツがない! でも、やはりカスタムしたい~!
特に足回りをなんとかしたい、だって現状車高短仕様になっててちょっとした段差でガリっと腹を擦ってしまったり、走行中に轍で擦ってしまう状況を何とかしたいんです。

内装パーツも非常に乏しい・・・

昔、カスタムしてた方や車屋さん見てたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

S130のご購入おめでとうございます。


Firlady用のパーツは添付のURLを参考にしてください。足回りのパーツは乏しいですけど。
http://www.datsun-freeway.com/index.html

L20エンジンですか?私は以前R30ターボで乗っていました。今はZ31VG20エンジンです。

参考URL:http://www.japan-datsun-service.com/S-130-1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QS130フェアレディZのインジェクター流用

S130後期型インジェクション、L28(ノーマル)をレストア中なのですが、長期間放置されていたのでインジェクターが噴射しなく、新品は出るらしいのですが、かなり高価で。。

そこでインジェクターをなにかから流用できないかといろいろ調べてみたものの、さすがにL型かつインジェクションというレアな状況なのでなかなか情報もなくこちらで質問させて頂いています。
質問としては、
・S130後期型、L28ノーマルエンジンのインジェクターで球数があるエンジンからの流用可能なインジェクターはあるでしょうか?(SRやVGなど・・)
です。

ちなみに、チューニングエンジンではないので、特に噴射量を増やしたいという要望ではありません。

かなりレアな質問だと思うのですが、ご存じの方がいらっしゃればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは 楽しそうな事をやっていますね 
年代が年代なのでパーツ不足が困りますね

昔の知識ですが L28E=L20E及びL20ET・・・噴出量185cc  で(たぶん)=VG20E及びVG20ET  Z18ETは・・・いいか  VG30ET・・・噴出量280(260?)cc  FJ20E・・・240cc(? 忘れた)  FJ20ET・・・初期345cc 最終380cc  容量変化はエアフロ調整でなんとかなります  あと・・・ 
あー でもこんな車 解体屋さんにももう無いか 

すいません こんな事はもう解っていますよね 
この頃の日産車はINJはホース繋ぎだし カプラもこの辺りまでは同じ 簡単に流用するならこの辺りまでですよね
でりばりパイプ(旧トヨタ車みたいに)まで作ればもっと使える範囲が増えるかもですが・・・

新品1本 数千円(昔は)だったはずですが?

Q日産L型エンジンのバルブタイミング(へなちょこエンジン)

普段通勤に使用していた日産L型2800ノーマルエンジン(ソレックスキャブ使用)
のヘットガスケットが破け、エンジン内に水が漏れたため、カム等がさびてしまいました。
よって以前使用していたスペアヘット(不明なハイカム+強化バルブ付き、
ヘット若干面研済み)を、ポン乗せで組みました。
カムスプロケはノーマルを使用したためバルタイは取っておりません。

エンジンは始動しましたが、アイドリング時にキャブのファンネルに豪快な吹き返し音が発生します。(カオッ、パスッ、パスッ)

また、中間域の伸びはイイのですが5000回転を越えるとゴボゴボいって
回転が上昇していきません。

バルタイがずれているのでしょうか?
点火時期は、ヘット交換前の状態のまま使用しております。

ノーマルカムスプロケでも穴が3箇所(カムの出っ張りは一箇所)あるので
はめ位置を変えると若干進めたり、遅らせたりできますか?

キャブ、プラグはヘット交換前のモノをそのまま使用しております。
カムチェーンテンショナーは長穴加工してないので、多少緩く感じます。

たいした内容の改造では無いため、ショップに頼んでの高額な調整は望んでおりません。
実用に耐えられる程度のスペックで良いと思っております。
どうかアドバイスをお願いします。

普段通勤に使用していた日産L型2800ノーマルエンジン(ソレックスキャブ使用)
のヘットガスケットが破け、エンジン内に水が漏れたため、カム等がさびてしまいました。
よって以前使用していたスペアヘット(不明なハイカム+強化バルブ付き、
ヘット若干面研済み)を、ポン乗せで組みました。
カムスプロケはノーマルを使用したためバルタイは取っておりません。

エンジンは始動しましたが、アイドリング時にキャブのファンネルに豪快な吹き返し音が発生します。(カオッ、パスッ、パスッ)

また...続きを読む

Aベストアンサー

タイミングチェーンのたるみ及びバルブタイミングの微調整についてですが、ヘッド面研しているという事は、クランクシャフトスプロケットとカムスプロケットの間隔が縮むと言うことですから、面研の大きさにもよりますが、その分だけバルブタイミングはずれて(チェーンの長さは変わらないため)しまいます。1駒架け替えた程度で解決しないのであれば、カムスプロケットとカムシャフトの相対的な位置を変えて調整するしかありませんね。かなり根気の要る作業でしょうけれども、これもメカチューンの醍醐味でしょう。チェーンのたるみに付いてはチェーンのリンクを1組抜けるだけの余裕があれば、詰めてしまうのが一番でしょう。

QL型エンジンチューンについて。

L型エンジンのチューン等に詳しい方教えてください。L28エンジンのチューンだとよくLD28クランクに90ミリピストンの3.1リッター化や、L24クランクでショートストローク化などを見ますが、L28ブロックに90ミリピストン、ストローク69.7ミリのL20クランク、コンロッドはFJ20の140ミリ位?のものを使えばL24クランクよりさらにショートストロークなエンジンが出来上がりそうな気がしますが、まず見たことないことを考えると、無理なのでしょうか?それともあまり意味ないのかな?たしかに排気量がノーマルのL28より下がってしまいますが・・・。あくまで最近頭の中でざっと考えたことですので・・・。現在私の手元にL28ブロックとL20エンジンが転がっていまして、組み合わせられるのかな?と考えたことが発端です。詳しい方、L型エンジンについてのウンチク等でも結構ですので、マニアックな返答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

同じシリンダー長でショートストローク化しても、
圧縮比が下がるだけなので意味が無い。
高回転型にしてもバルブスプリングが付いてこない、
強化スプリングが必要。

L型の最大の魅力は、エンジンの肉厚。
ボアアップでの簡単なパワー稼ぎ。

シリンダーヘッドを削り、圧縮比を上げるというモノも、
可能らしいですが、詳細は不明。

QOER SOLEX キャブレターに詳しい方

OERキャブレターのガソリン漏れに苦戦しています。
オーバーフローという感じではありません。

エンジン始動時と、走行翌日に確認すると漏れています。
エンジン停止状態でスロットルバルブを開閉すると、インナーベンチュリの剣先から
ボタボタとガソリンが出てきます。

加速ポンプならポンプノズルから噴きますよね?
インナーベンチュリ剣先から出てくるのは正常なのでしょうか?

OERは電話の感じが好きではないので聞きたくありません。
詳しい方いらっしゃいましたらお願いします。

素人なりに理解しようと努力しています。
キャブレター一般論でかまわないのでお願いしま~す。

Aベストアンサー

その穴はチャンバーカバーからフロート室天井部分に通じてまして、フロート内を大気圧にするための穴なのです。

そもそもキャブレターは大気圧とインナーベンチュリーで加速された気流の負圧差で計量された混合気をエンジン内に供給する装置ですのでフロートチャンバーは必ず外気と繋がっています。

したがってその穴から燃料が漏れるということはチャンバーカバーまで燃料が上がってしまっているということです。
オーバーフローが原因と考えてほぼ間違いないでしょう。

適正な燃圧とフロートのパンクの有無、ニードルバルブの良否、を確認することは必須でしょう。

すべてにおいて異常が感じられない場合、以下のことが予想されます。

質問者様はエンジン始動時と翌日確認した時に異常を観察されています。
つまりキャブレターの機能は正常なのだがエンジン停止後時間の経過とともにオーバーフロー状態を呈するのならば以下のことが考えられます。

エンジン停止後、燃料をキャブレターに供給している配管内の圧力は設定された圧力を保っています。
ニードルバルブが半不良(エンジン運転中などの燃料消費率が高い場合はオーバーフローしていないか、していても微量なため観察できない)な場合、配管内の圧力によりゆっくりとチャンバー内に燃料が入ってくるため結果として翌日のエンジン始動時にはオーバーフロー状態により、チャンバーの穴やインナーベンチュリーから燃料がボタオチする。

対策としては、燃料ポンプの電源スイッチを運転席近くに設置し自宅や目的地が近くなってきたら燃料ポンプを停止し燃料供給を止めてフロートチャンバー内の燃料を使用することで油面を下げてしまえばいいかもしれません。

その穴はチャンバーカバーからフロート室天井部分に通じてまして、フロート内を大気圧にするための穴なのです。

そもそもキャブレターは大気圧とインナーベンチュリーで加速された気流の負圧差で計量された混合気をエンジン内に供給する装置ですのでフロートチャンバーは必ず外気と繋がっています。

したがってその穴から燃料が漏れるということはチャンバーカバーまで燃料が上がってしまっているということです。
オーバーフローが原因と考えてほぼ間違いないでしょう。

適正な燃圧とフロートのパンクの有無、...続きを読む

Q【L型のエンジン】ってなんですか? 日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

【L型のエンジン】ってなんですか?

日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

いま買えるL型エンジンの車種を教えてください。

なぜL型エンジンは改造出来るんですか?

あとL型以外にどういうタイプのエンジンがあるんでしょうか?

L型エンジンの改造って何が出来るんですか?

Aベストアンサー

>日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

Yes
昭和40年代半ば以降の日産の主力エンジンでした。
ライバルのトヨタがOHVエンジンを搭載していた1600cc以下にも
高級(とされていた)OHCエンジンを搭載したのが、L型エンジンです。
L14:サニー1400ccなど
L16:ブルーバード1600ccなど
L18:ブルーバード、シルビア1800ccなど
ここまで4気筒
L20:当時の2000ccのほぼ全てに搭載(6気筒)
L24:フェアレディーZ2400cc
L26:フェアレディーZ2600ccなどの輸出車
L28:フェアレディーZ2800ccや、セドリックなど

>なぜL型エンジンは改造出来るんですか?

2000cc以上は、シリンダーブロックが共通なので、2000ccから2800ccへの換装が容易だった。
2000ccからのボアアップ後L24・・・の純正パーツを使ったチューニングが可能。
日産の主力エンジンだった事から、スポーツ(レース)用途に色々なパーツが開発されていたので、
それを流用する形でのチューニングが(比較的)容易、且つ安価に出来た。
当時2000cc以下(5ナンバー)と超(3ナンバー)の税金は、2倍以上違っており、
殆どの人は2000cc以下(5ナンバー)を購入していたので、L20からのチューニングの
容易性で人気になっていた。

>あとL型以外にどういうタイプのエンジンがあるんでしょうか?

A型
A10:サニー1000cc
A12:サニー、チェリー1200cc
後(公害対策車および輸出仕様)に
A14
A15
などあり

S型
S20:スカイラインGTR、Z432に使われていたDOHCエンジン

L型は、昭和50年代半ば(前半だったかな?)まで使われていましたが、以降多種なエンジンが開発されて販売終了しました。

>いま買えるL型エンジンの車種を教えてください。

新車では買えません。
旧車マニアならいざ知らず、何十年も前の自動車をプレミアム価格で購入するのは。。。。

>日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

Yes
昭和40年代半ば以降の日産の主力エンジンでした。
ライバルのトヨタがOHVエンジンを搭載していた1600cc以下にも
高級(とされていた)OHCエンジンを搭載したのが、L型エンジンです。
L14:サニー1400ccなど
L16:ブルーバード1600ccなど
L18:ブルーバード、シルビア1800ccなど
ここまで4気筒
L20:当時の2000ccのほぼ全てに搭載(6気筒)
L24:フェアレディーZ2400cc
L26:フェアレディーZ2600ccなどの輸出車
L28:フェアレディーZ2800ccや、セ...続きを読む

QLSDのR180やR200って…

質問なんですが、当方平成3年式の180sxに乗っていますが最近純正デフから機械式に変えようと思っていました。練習用でつぶすつもりだったのでオークションで買ったもので十分かと思い、探しているとR180とかR200という言葉が出てきます。
これはいったい何を表しているんでしょうか?
また、サイドフランジの穴の数は自分の車を確認したい時はどのようにしてみればいいのですか?
複数質問で申し訳御座いませんがどなたかご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

R180とかR200という言葉はデフの形式です。
他にR160とかR192(だったかな?)とかもあります。

Rとは直径の意味。
R180とはデフに付いているリングギアのピッチ円径が180mmという意味です。
R200は200mm。

径が大きい方が容量が多く、許容伝達トルクが上がります。
例えば・・・同年式のS13シルビアでもNAはR180(ABS、ビスカス除く)、
ターボはR200(ビスカスはR200v)が使われてます。
180sxだと標準はR200かR200Vですね。

単純に大きさも違うのでR180⇔R200への換装は周辺部品も交換になります。

平成3年式の180sxだとサイドフランジの穴数はATが6穴、MTが5穴です。
     

QR200のデフについて・・・

私はスカイラインのケンメリという車に乗っております。
最近ファイナルを変更しようと思ってるんですが、旧車なので何処の物か解りません。
一応LSD入っています。ギアのみの交換(ファイナルを変える為だけの部品が出るのか?)は可能でしょうか?どこに問い合わせれば良いのでしょうか? 
愚問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>ショップにて交換しようと思ってます。
その方が賢明だと思います。
ある程度慣れた人間で無いと繊細な部分なので命取りになりかねますから。

分解せずにファイナルのギア比を知るには。
リアを両輪とも浮くまでジャッキアップしてプロペラシャフトに印を付けて、
タイヤを回転させてプロペラシャフトが何回回るか見てください。
出来ればタイヤを5~10回転させて数えるのが正確です。
タイヤを10回転させてプロペラシャフトが50回回転したとしたら
50÷10=5になります。

※ ジャッキアップしたら必ずリジットジャッキ(ウマ)を掛けてください。
   どんな簡単な作業でもなるべくリジットジャッキを掛ける癖を付けて下さいね。

QフェアレディZってなぜ重たくてスポーツエンジンじゃないんですか

フェアレディZに乗ったことすらありません。しかも日産車も乗ったことはないです。しかしフェアレディZのデザインがかっこよく惹かれるものがあります。それでネットで調べていたらZは重たくてエンジンもホンダみたいなスポーティなエンジンじゃないと書かれていました。なぜZはスポーツカーなのにスポーティーなエンジンと軽いボディに仕上げなかったんでしょうか?車の方向性が走りバリバリを目指していなかったと言われればそれまでなんですが、車体まで重たい必要はないかと思います。何か安全のために重たくしてるとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで、手に入ったパーツをパコパコっと組み立てて、自分で楽しんだものです。
そのうち、「その車を譲ってくれ」という人が現れるようになって、ビジネス化していきました。
ロータスセブンやヨーロッパは、商業的に最も成功した軽量スポーツです。

しかしモータースポーツを楽しむ人の性で、どうしても「モアパワー」ということになります。
そうすると、大きくて重いエンジンを積む必要があり、高出力がかかってもボディがねじれないように鉄板を使って補強する必要があり、サスも「きちんとしたもの」を組む必要があり、そうやって車はどんどん重くなっていきます。
そうした方向性の先にあるのが、Zであり、スープラであり、さらにその延長線上には、ポルシェやアストンマーチンがあります。
F1マシンの重量が軽自動車と同じというのは、走ることだけに特化した車で、しかも湯水のようにカネを使うからできることで、市販車はまだ「鉄の時代」です。

もうひとつは、「スポーツカーのゆううつ」と呼ばれる現象があります。
新しいスポーツカーがデビューした時、最初はスポーツカーというものを理解した人しか買いません。
ところがそのスポーツカーが評判になり、売れ出すと、普通の人たちが、大量に買いに入ってきます。
彼らは、そもそもスポーツカーを理解していませんから、クイックなステアリングや、固いサス、高回転を維持しないとまともに走らないエンジンに、大ブーイングを起こすことになります。
自動車メーカーも商売ですから、営業サイドからの要求で、車はどんどん「改良」され、「乗用車化」していきます。
同時に、高い値段で売るために、(逆にいえば高い値段でも売れるために)いろいろなアクセサリーが追加されていきます。
「元」スポーツカーは、どんどん重くなっていきます。

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで...続きを読む

Qハコスカ デスビの点火時期調整の方法???

ハコスカGT3.0メカチューンを所有しているのですが、最近アクセル・オン時、カリカリカリッと音がするので知人に聞くと、点火タイミングが早いと言われたので、調整しようと思っているのですが、上支点が分からないので、角度が分からないと言われました。
とにかく、遅くしようと思っています。、デスビ(フルトラ)は亀有製で長穴が開いているのですが、どの方向に回せば遅くなるのでしょうか?てゆうか、エンジンをかけながらでも、調整出来るんですか?
因みに、MDIを付けてからカリカリ鳴りだしたようので、なにか異常でもあるのでしょうか?
原因としてはスピンドルギアのヘタリかもしれないとも言われました。
いろいろ書いてややこしくてすみません・・・

格好悪いですよね~曲がり角から立ち上がる時ミッション落とすの邪魔くさくてアクセル踏んだらカリカリカリッて!!
詳しい方、何か直す良い方法教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

印はクランクプーリーのタイミングカバー側を1周、手で触ってみると切溝が1箇所か7箇所有ると思います。クランクプーリーに1箇所の場合はタイミングカバー側に-10度、-5度、0度、5度、10度、15度、20度だと思います。プーリーに7箇所の場合はタイミングカバーに針状の突起が1個有ります。手で触って確認できたら掃除をして、黄色などでペイントして見易くしました。

Q車の全塗装したいのですが、プロの方、おしえてください

愛車(平成2年、マツダ、ロードスター、モスグリーン)を全塗装したいんですが!!黄色に塗り替えたいんです。当方、電装屋で多少は車の知識もあるのですが、塗装となるとちんぷんかんぷんで。コンプレッサーはあります。こんな状況で、まずは、色を落とさなくてはならないとは思うんですけど、やすりをかければいいんですよね?何番でかけるんですか?何が必用なんですか?ポリッシャーみたいなのもいりますよね?ガンはどんなのがいいんですか?塗ったあと、クリアも塗るんですよね?と、とにかく必用なもの、どのようにやるのか。詳しく教えてください。かなり、気合入れたいんです。プロの方の厳しいご意見も覚悟です。

Aベストアンサー

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについている部品も外さなければいけません。できればバンパー(前後)も外したほうがいいです。
そして下地処理です。(質問にありましたやすりで色を落とすといったことは不要です)足付け(汚れ落とし&塗料の密着)と言ってやり方はいろいろあるのですが、足付け剤という専用の液体をタオル等に付けて塗装面をこすっていきます。その後1000~2000番の耐水ペーパーをかけます。この時キズがあればペーパーで(600~800番)消すとよいでしょう。(凹みは板金+パテを)最後にエアーガンでボディの隙間の水、ゴミを吹き飛ばし綺麗にふき取ります。
それからマスキングです。マスキングにはマスキングテープ(いろんな幅のテープ)、ビニールシート、新聞紙等が必要です。この作業は文章で説明するのが難しいのですが、色の直接かからないところは新聞紙で、かかりそうなとこはビニール(業界ではブロックマスカーという専用の紙を使う)を貼ります。ふち、際はしっかりテープで。
さていよいよ上塗り作業ですが、その前に(この前に下塗り*サフェーサーを塗布すると上塗りの、のりがよくなるが別に省いてもよい)塗装前にもう一度エアーガンでエアーブローします。そしてシリコンオフというもので脱脂します。できればペーパータオルを2枚使用し1枚にシリコンオフを浸しボディを拭いてもう1枚で拭きとります。それからタッククロス(にちゃにちゃしたガーゼのようなもの)で埃等を拭きとります。
さあ、やっと本番です。が、塗料のほうは大丈夫でしょうか?色は黄色とのことですが配合などはどうなのでしょうか?ちなみに黄色は隠ぺい性(染まり)が悪いです。その為あらかじめ白を塗ります。それでも濃紺色と違い何回も塗り重ねないと染まりません。塗料もけっこう必要だと思います。ここで難しいのは色を均一の濃さにしなければいけません。(メタリックやパールみたいにムラにはならないにしろ)
最後にクリアーを塗ります。
と、言葉で説明すれば上記のとうりですが実際塗るとなると、スプレーガンの調整(噴出量、エア圧)、シンナーの種類(速度)&量、気温、ガンの吹きつけ速度&距離&重ね等さまざまな条件によって仕上がりが決まります。(たれ、ざらざら)
塗り終えたら塗面際のマスキングテープを剥がします。
乾燥が終わったら仕上げの磨きをします。表面がざらざらだったり、ぶつやたれ(あんまりひどいと塗りなおしたほうがいいかも)を1000~2000番の耐水ペーパーで磨きコンパウンドで仕上げます。確かにポリッシャーを使うのですが磨き作業も難しいです。コンパウンドにも荒い、細かいがあります。バフも使い分けたほうがいいでしょう。パネルの角などは塗膜を削れやすいです。
ざっと、こんな作業の流れを説明しましたがいかがでしょうか?けっこう揃えるものがあると思います。いきなり塗るんじゃなくいらないパネル等で練習してからやったほうがいいと思います。
参考になれば幸いです。

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについ...続きを読む


人気Q&Aランキング