会員登録で5000円分が当たります

どうして新聞紙は灰色なの??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1の方の紹介したページに記載されていない色について



紹介されたページにあるように、新聞紙は古紙を原料にして作られているわけですが、この「古紙」にも大きく2種類あります。
「質のいい古紙」と「質の悪い古紙」です。
簡単に説明すると、「質のいい古紙」で作った再生紙は白い紙が作れます。
一方、「質の悪い古紙」で作ると灰色の再生紙になってしまいます。
これは原料になった古紙に印刷などが多く書かれていたために起こります。
白い紙の地色にインクの黒色を混ぜたら、ほら灰色になりますね。
なら、「質のいい古紙」を使えばいいじゃんと思われるでしょうが、これができないのです。
年明けからニュースになっている製紙業者の環境偽装問題をご存知でしょうか?
年賀状の「再生紙使用」ってのがウソだったという話題のニュースです。
そもそもこの偽装が起こったのが「質のいい古紙」が希少で入手できなかったことに起因します。
毎日大量に使う新聞紙に、この希少な「質のいい古紙」を使うわけには行きませんよね。(金額的にも)
そのため大量にある「質の悪い古紙」が使われた結果、灰色の紙になるのです。

注)説明では古紙を大雑把に2ランクに分けましたが、実際は2つの間に「洗浄すれば質が良くなる古紙」が何ランクかに分かれて入ります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考URLよりも詳しくわかりやすい回答をほんまにありがとうございました★

お礼日時:2008/02/17 16:56

参考URLをどうぞ。



参考URL:http://www.np-g.com/npi_mame/qa/qa_pap06.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました★ありがとうございました♪

お礼日時:2008/02/17 16:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング