【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

少年法は14歳まで引き下げられたものの
実刑になることは少ないですよね
いわゆる『保護主義』が全面的に出ているような気がします
確かに更生される可能性が高いから、とか
精神的に未熟だから、とか
理由はわかります
でも、皆様本当に『保護主義』に賛成ですか?
例えば数年前の『酒鬼薔薇事件』や『女子高生コンクリート詰め事件』の犯人は
更生して社会に復帰できると思いますか?

『保護主義』に賛成か、反対か
その根拠があれば、教えてください
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も、#1の回答者さまがご回答のとおり、少年法が保護主義を基本としていることには、賛成です。


理由は、やっぱり「少年の可塑性」(矯正・社会復帰の可能性)ということです。

こういう意見を述べると「それは、自分(の身内)が実際に被害に遭っていないからだ」という批判を受けがちですが、私は、そういう批判は当たらないと思うのです。
私は、法律屋といっても、民事のごく限られた分野で息をしている者で、刑事司法には全くの門外漢なのですが…。
私は、そもそも刑罰というものは、やはり「タリオの法」(眼には眼を、歯には歯をという報復の原理)から出発していると思います。
しかし、そのような単純の報復の原理は、加害者と被害者との力関係のいかんによっては、充分に刑罰としての効用を発揮しなかったり、時に苛酷な結果を招いたりすることから、近現代の刑事司法の歴史は、刑罰から「被害者感情論」を切り離し、刑罰の構成要件や刑の量定の合理化・客観化に努めてきた歴史であると理解しています。
(今は、その「揺り戻し」として、被害者を、あるていど刑事司法手続に参加させてはどうかという議論が出ている段階なのだと思います。)
ですから、そこで「それは、自分(の身内)が実際に被害に遭っていないからだ」という批判をすることで、議論を「被害者感情論」に持ち戻そうとすることは、議論を捻じ曲げることになると思うのです。

そして、そのように「刑罰の構成要件や量定をなるべく合理的・客観的に把握しよう」と考えるとき、やはり少年が持っている可塑性というのは、簡単に切り捨てることのできない要素なのだと思います。
    • good
    • 0

個人的には保護主義自体には賛成しています。



>例えば数年前の『酒鬼薔薇事件』や『女子高生コンクリート詰め事件』の犯人は
>更生して社会に復帰できると思いますか?

前者は実際に更生して社会復帰しているんじゃありませんでしたっけ?詳しくは知らないけど…。
後者はそもそも保護事件にならなかったはず(少なくとも主犯格と例の再犯した奴は)。

というか、少年犯罪の全体像を探るにはあまりに極端すぎる例を何故ここで出すのかよく分かりません。
…「こんなことをするような鬼畜も保護するなんてケシカラン」と言わせたいために出したのか?
と訝しがられても仕方ないと思います。

こういう問題の考え方としては、次のQ&Aがジャストワンケースとして参考になると思います。
明快な回答は出ていませんが、「どのように問題を考えればいいか」の姿勢として…。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3159565.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年犯罪と2003年。

 こんばんは、少年犯罪について調べています。

 警視庁の統計グラフを見ていると、2003年を境に凶悪犯罪が漸減しており、反対に再犯率が漸増しています。おそらく、初犯が減り、常習犯が犯罪を起こす傾向が見られるようになったのだと思うのですが、2003年に何か法改正などがあったのでしょうか? 若しくは、メディアの報道で何か動きがあった、など、この現象を説明できるものはないでしょうか? 2000年に刑事罰の適応年齢が引き下げられたところまではわかっているのですが・・・・・・。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2003年と言うと平成15年ですよね。特に目立った法改正はなかったと思います。
少年法も大きな改正はなかったですし、刑法のいくつかの法定刑引き上げはもっと後のことですし。

ただ、警視庁の資料と言うことは東京都の中の話ですよね。
東京都の防犯関係の条例に何か改正があった可能性はありますから、調査されてみてはいかがでしょう?

あと、刑事学の観点から言えば(こんなこと釈迦に説法かもしれませんが)、
犯罪の増減に影響するファクターは必ずしも法律だけとは限りませんから、
警察庁の犯罪白書(平成15年のデータが出ているのは平成16年版)なども調査する価値があると思います。

Qなぜ殺人罪が適用されないか

福岡で飲酒運転による追突事故で3人の幼児が死亡した事件について、なぜ「殺人罪」が適応されないのかわかりません。ひき逃げに当たると考えても量刑の軽さから検察が申請しなかったというなら分かります。日本の法律はきっと累加方式ではないのでしょうから。しかし、運転者が車を追突させて被害者車両が海中に落ちたのにそれを放置し、水を飲みに戻った行為は非常に悪質で、「自己の利益を守るために他人を殺そうとし、結果的に死に至らしめた」という点で、非常に強い故意が感じられるように受け取められます。
また、加害者が被害車両の中に被害者がおり、海中に落ちたことを認識し、「正常な判断が出来る状態」ならば、現場に残り救助に手を貸す義務があったはずではないでしょうか。ところが、そうしていない事実から「正常な判断が出来る状態」ではなかった=酩酊状態であった、と考えられるのではないでしょうか。
殺人罪の適用は無理なのでしょうか。交通事故で加害者が被害者を放置し殺人未遂が適用され確定した例もありますよね。このときは、被害者家族が被害者を発見したので、今回の事件とは違うという意見もあるかもしれません。今回は加害者が自分で出頭しているので。でも、出頭したって殺人者は殺人者じゃあないでしょうか。日本中の誰も納得のいかない判決だと思います。どなたかすっきり理解できる回答をお寄せ下さい。

福岡で飲酒運転による追突事故で3人の幼児が死亡した事件について、なぜ「殺人罪」が適応されないのかわかりません。ひき逃げに当たると考えても量刑の軽さから検察が申請しなかったというなら分かります。日本の法律はきっと累加方式ではないのでしょうから。しかし、運転者が車を追突させて被害者車両が海中に落ちたのにそれを放置し、水を飲みに戻った行為は非常に悪質で、「自己の利益を守るために他人を殺そうとし、結果的に死に至らしめた」という点で、非常に強い故意が感じられるように受け取められます...続きを読む

Aベストアンサー

今日の新聞だけでも

◆女性をはねたうえ、病院駐車場まで車で運び、車ごと放置して逃走、女性は重体
→保護責任者遺棄、自動車運転過失傷害、道路交通法違反

◆エンジンをかけずに走行(別車で牽引状態)していたオートバイが女性をはね死亡させる
→自動車運転過失致死容疑~警察判断では「オートバイにまたがっているだけで運転とはみなされない」

などという記事がありました。


自動車運転過失致死・傷害罪は「7年以下の懲役、禁固又は100万円以下の罰金」とのことですから、件の被告の量刑は、これら2件よりも軽い業務上過失致死傷罪(懲役5年)という点が(3人も殺して逃走したという点と相まって)不公平感をいっそう増長させます。


それにしても「呼気アルコール濃度から、酩酊状態とは判断されないので、判決は妥当」とコメントしている評論家には唖然としました。
事故後しばらくたってからの検査じゃなくて、事故時の状態が問題なわけですから。

たしか、なんとか法という検査方法で、事故時の呼気アルコール濃度を推定する手段が確立されていて、過去の判例でも採用された~という情報をどこかで読んだ気がするのですが、遠い異国の話だったのでしょうか。


一説には、被告の親類(地方の有力者多数)が地裁に圧力をかけたとも、被告の親類と裁判所のお偉いさんが同じ宗教団体に所属しているためだ、とも言われていますが定かではありません。


まだ1審です。
この判決で、さらに世論へのインパクトは強くなりました。

さきごろ1審と2審で判決が逆転したケース(愛知6人死傷事件~地裁では業務上過失致死傷と道交法違反の併合罪で懲役6年、高裁は危険運転罪で懲役18年の逆転判決)がありましたから、それに期待するしかありません。

今日の新聞だけでも

◆女性をはねたうえ、病院駐車場まで車で運び、車ごと放置して逃走、女性は重体
→保護責任者遺棄、自動車運転過失傷害、道路交通法違反

◆エンジンをかけずに走行(別車で牽引状態)していたオートバイが女性をはね死亡させる
→自動車運転過失致死容疑~警察判断では「オートバイにまたがっているだけで運転とはみなされない」

などという記事がありました。


自動車運転過失致死・傷害罪は「7年以下の懲役、禁固又は100万円以下の罰金」とのことですから、件の被告の量刑は、こ...続きを読む


人気Q&Aランキング