最近、上橋菜穂子著「守り人・旅人」シリーズを読みました。
非常に面白かったので、このシリーズファンの方おすすめの本を教えていただきたいと思います。

ちなみにに私が読んだ本の中で、何度読み直してもどっぷりその世界にひたることができたものは、上記シリーズのほかに
・「アルスラーン戦記」・「ハイニッシュ・ユニバース」世界の話・「指輪物語」
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一押しは、No.1の方が紹介されている「十二国記」(2月に雑誌に短編が掲載されました)ですが、ほかのお勧めを。


「流血女神伝シリーズ」 (須賀しのぶ・集英社コバルト文庫)カリエは猟師の娘として育ったが、皇子の身代わりとなることをいきなり強制される。ジェットコースター、という比喩がふさわしい、続きが毎回楽しみになる作品です。ふだん少女向けを読まない方にもおすすめです。重厚さでは劣りますが、エンタテインメント性がありますし、しっかりとした話です。「帝国の娘」前後編が最初の巻。
「チェンジリング 赤の誓約」「チェンジリング 碧の聖所」(妹尾ゆふ子・角川春樹事務所ハルキ文庫)ケルト風の異世界もの。音と光のうつくしい環の描写が魅せてくれるだけではなく、主人公だけではない、ほかの登場人物たちの悩みや迷い、決断、怒りたちがかなしくも愛しく思えました。「ここではないどこか」の物語は、逃げではなく、「ここで生きるため」の物語になることができる、そんなことを感じさせてくれた物語です。叙情的というよりは、骨太なファンタジーとしておすすめです。
「竜飼いの紋章」(久美沙織・早川文庫JA)ドラゴン牧場の末息子フュンフが、隣人の牧場乗っ取りのたくらみを妨害する話。生活感あるファンタジーとしておすすめです。
「女神の誓い」(マーセデス・ラッキー・山口みどり訳・創元推理文庫)タルマは鷹のようなごっつい顔で、ケスリーはばかな貴族のふりもできる美人、そしてタルマの相棒のキリー(テレパシー能力を持つ大猫)のワールの三人が傭兵として稼ぐ間に出会う事件をつづった物語。世界設定がものすごく緻密で、多少女が活躍しすぎなところを除けば楽しめるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「流血女神伝」「チェンジリング」シリーズは読んでみたいと思います。

「タルマとケスリー」のシリーズは既読です。二人とも非凡な才能をもっていてステキですよね。

主人公が、おいおい大丈夫かと思うくらい非力だったり、目に見える特殊な能力がない・・・だけど周りの協力・環境で成長していくという物語が私は一番はまるのかもしれませんね。「竜飼いの紋章」はそんな感じでしようか?非常に興味があります。

ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/06 00:05

茅田砂胡「ディルフィニア戦記」中央公論社 C☆NOVELS版・中公文庫版


神江京「放浪王ガルディス」青心社文庫
栗本薫「グイン・サーガ」ハヤカワJA文庫
南房秀久「月蝕記列伝」富士見ファンタジア文庫
麻城ゆう「月光界シリーズ」角川スニーカー文庫・新書館Wings文庫
ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラ」講談社ホワイトハート文庫
小野不由美「十二国記」講談社ホワイトハート文庫・講談社文庫・新潮文庫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのご紹介、ありがとうございます。
「波浪王ガルディス」「月食記列伝」「月光界シリーズ」「女戦士エフェラ&ジリオラ」シリーズ、図書館で探して、ゼヒ読んでみたいと思います。

「グイン・サーガ」100巻以上出ているようで、読みたいと思いつつ時が過ぎ、巻数は増え、という感じですね。
「デルフィニア戦記」「十二国記」は既読です。うーん、私はこの世界にははまれませんでした・・・

お礼日時:2008/03/05 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q獣の奏者 文庫本

上橋菜穂子さんの獣の奏者という本の文庫本がほしいのですが、三巻がいつ販売されるかわかりませんか?

Aベストアンサー

8月,9月の新刊予定には載ってません。
まあ三巻、四巻、別巻は2009年の発売なのでもう1年くらいかかるのではないかと...

もっとも青い鳥文庫の方は三巻探求編に当たる部分は既に刊行されてますけどね...
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/topics/kemono/

Q30年くらい前に読んだ絵本シリーズ思い出せない

この本、ご存知の方いらっしゃいませんか?
すごくうろ覚えで申し訳ないのですが、子供のころ大好きだった本で、
子供ができた今、どうしても読み返したくなったのですが、
タイトルも出版社も全く覚えていなくて探せないので、ここで質問させてください。

・A4くらいの大きさで、ピンクの背表紙で6~10冊くらい、水色の背表紙も同じくらいの冊数のシリーズ。
薄い本で、それぞれ同じ色のBOXに収納されていた。
・ピンクの本は、外国の女の子のお話。お料理をしたり…、おてんばな女の子の日常の話だったと思います。
・水色のほうは、小動物の話。ピーターラビットっぽかったような気がします。
・30~35年くらい前に購入した本だと思います。
・もしかしたら、「学研」関係?

母親が買ってくれたのですが、私が知らないうちに従姉妹にあげてしまって、その後行方不明です。
母親は無頓着な方なので、出版社やタイトルも覚えてないそうです。
私もあまりにも小さかったので、モヤモヤな記憶なんですが、大好きだった事だけは覚えています。

何十年も忘れてたのに、子供と一緒に生活してると、自分の子供時代を思い出してしまうんですね…。
どなたか、レス頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

この本、ご存知の方いらっしゃいませんか?
すごくうろ覚えで申し訳ないのですが、子供のころ大好きだった本で、
子供ができた今、どうしても読み返したくなったのですが、
タイトルも出版社も全く覚えていなくて探せないので、ここで質問させてください。

・A4くらいの大きさで、ピンクの背表紙で6~10冊くらい、水色の背表紙も同じくらいの冊数のシリーズ。
薄い本で、それぞれ同じ色のBOXに収納されていた。
・ピンクの本は、外国の女の子のお話。お料理をしたり…、おてんばな女の子の日常の話だったと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こちらの方たちの質問と同じ絵本のような気がするのですが・・

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4836381.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2297168.html

そうだとしたら「ファランドール絵本」というシリーズですね。

Q獣の奏者

最近小説の【獣の奏者】を読んだのですが、続きが気になります。

本屋では大きいサイズの方ならあるのですが、できれば文庫サイズで読みたいです。

いつごろ発売するかわかる方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

いつ文庫化するのか知ってるわけではないのですが…
獣の奏者1・2巻の単行本が出版されたのが2006年11月、文庫化が今年の8月ですから約3年掛かっています。
3・4巻のハードカバーが出たのが1・2巻の文庫と同じ頃ですから、3年後の2012年くらいかもしれません。

Qシリーズもののおすすめを教えてください。

シリーズもので国内作家の方の作品の何かおすすめはないでしょうか?

これが好きというわけではないのですが(もちろん好きなのも有りますが)
今まで読んだのは
赤川次郎さんのシリーズ物全般
西澤保彦さんのシリーズ物全般
森博嗣さんのシリーズ物全般
大沢在昌さんのシリーズ者全般
北村薫さんのシリーズ者全般
京極夏彦さんの京極堂(?)シリーズの最初から2冊まで
乃南アサさんの音道(?)シリーズとシリーズと呼ぶのか分かりませんが「鍵」「窓」
はやみねかおるさんの何とかシリーズ
原僚さんの作品。
J.K.ローリングさんのハリー・ポッターシリーズ
記憶にあるのはこれぐらいなのですが
自分で調べてみてもいろいろ有りすぎて
どれを読むか迷っているのでよろしくお願いします。

今ゲド戦記を読んでいるのですがなかなか読み進められません。
(ロードオブザリングのように挫折しそうです)

Aベストアンサー

こんばんわ♪
シリーズものというのか分かりませんが。。
私がオススメするのは恩田陸さんの長編者で「上と外」と言う本です。
幻冬舎から六巻(完結)出ています。
一冊の本のページ数もそんなに多くないので、気軽に読めると思います。
そして、面白いです!!本の紹介を一緒に載せておきます。
                ↓↓
第1巻 素晴らしき休日
第2巻 緑の底
第3巻 神々と死者の迷宮 上
第4巻 神々と死者の迷宮 下
第5巻 楔が抜ける時
第6巻 みんなの国

その国の名はインディオの言葉『木々の茂る場所』と言うのだそうだ。
地平線が灰色に滲む巨大なパノラマは、緑の巨人たちがじっとうずくまって何かを待っているように見えた。彼らは何を待っていたのだろうか?
災厄を? 運命を?
『木々の茂る場所』
この不穏な沈黙に満ちた風景が、やがて果てしない悪夢になることを、彼らは知っていたのだろうか?

両親の離婚で別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は久しぶりに会う妹、母と共に、考古学者の父がいる中央アメリカまでやってきた。そこで四人を待っていたのは、後戻りできない〈決定的な瞬間〉だった。。

参考URL:http://kyoto.cool.ne.jp/nununi/kanie/pages_o/onda_ue_top.html

こんばんわ♪
シリーズものというのか分かりませんが。。
私がオススメするのは恩田陸さんの長編者で「上と外」と言う本です。
幻冬舎から六巻(完結)出ています。
一冊の本のページ数もそんなに多くないので、気軽に読めると思います。
そして、面白いです!!本の紹介を一緒に載せておきます。
                ↓↓
第1巻 素晴らしき休日
第2巻 緑の底
第3巻 神々と死者の迷宮 上
第4巻 神々と死者の迷宮 下
第5巻 楔が抜ける時
第6巻 みんなの国

その国の名はイン...続きを読む

Qメジャーと獣の奏者エリンの動画を探しています

NHK土曜午後6時からやっていた『メジャー』と6時25分くらいからやっている『獣の奏者エリン』の動画(字幕)を見られるサイトを探しています。

もしあるなら検索キーワードかそのサイトのアドレスを教えてください。

Aベストアンサー

メジャーだったら、結構頻繁に再放送してるように思うんですが…
今も第3シリーズの再放送やってますよね。

個人的には、動画を探すよりレンタルDVDを借りたほうが早いんじゃ
ないかと思います。
TSUTAYAで検索したら、獣の奏者エリンも8月からレンタル開始になるみたいですよ。

Qかいけつゾロリシリーズで、年長児におすすめのものは?

本の大好きなもうすぐ6歳になる年長児の息子にまずは「かいけつゾロリと大かいじゅう」を買ってみたら大喜び!さて、次は何にしよう、、と悩んでいます。書店にずらりと並んだシリーズの多さに唖然。マンガ本のようにラップされているので中を見ることもできません。
5,6歳児でウケのよかったもの、面白いもの、反対に小学生にならないとわからないもの等、アドバイスいただけませんでしょうか。「きょうふの~」とあるシリーズもありますが、怖いのでしょうか?
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

我が家の次男も保育園時代から喜んで読んでいます。
今は、小学校3年生です。
図書館から借りてくる本は、こればっかり^^
今は、アニメもやってますね。毎週楽しみに見ています。
さて、ご質問の件ですが、子供に聞いてみたところ・・・・
「どれでもだ~いじょうぶ!」とのことでした。
答えになってませんね(;^_^ A フキフキ
「きょうふの~」となっていても、全然怖いことないので大丈夫ですよ。

HP載せておきます。
http://www.zorori.com/index.htm
ここの『本棚』をクリックすると、全シリーズのあらすじが読めます。
参考にしてみてください。

Q獣の奏者のついて

わたしは獣の奏者エリンのアニメが大好きで本も読みたいと思うのですが、文庫本ではアニメの続きのような部分はあるのでしょうか?

あと文庫本とアニメの内容が大幅に変わっていたりするのでしょうか?
出来ればどの部分かなどは伏せて教えてほしいです。

Aベストアンサー

アニメ化されたのは第2部までです。
アニメが放送終了してから第3部、第4部が書かれました。
さらに外伝も書かれていますが、内容はかなり大人向けです。

けっこう忠実にアニメ化されていたと記憶していますが、
たしかアニメ版オリジナルキャラがいました。
原作にはそいつは出てきません。

第4部を読めば分かりますが、
今後第5部が書かれることはないと思います。

Q本を探しています。原っぱの中のピアノと旅人・・・

 15年ほど前にもなりますが、小学校の図書館で一度読んだ本です。記憶があやふやで手がかりがとても少ないのですが、下記の情報でタイトル等お分かりになられる方、いらっしゃるでしょうか。

 背表紙が(確か)黒で、短編集でした。知りたいのは、その数話の中の一話なのです・・。
 男性の旅人がひとり、旅の途中で広い原っぱに辿り着くと、その原っぱにポツンとピアノが置いてありました。旅人はいつも手袋をはめていました。おそらく、指をケガで失っていたため、その手袋で隠していたのです(・・だった気がします)。
 このお話のタイトルには、「のはら」とか「ピアニスト」という言葉が使われていたような気がします(とても不確かなのですが・・)。本そのもののタイトルは分かりません。
 少し不思議で、少しもの悲しい、でも希望も感じるようなそんな雰囲気のお話でした。

 ストーリーを全く覚えておらず、このような情報しかないのですが、「広い野原の中のピアノ」「男性の旅人」が登場する話が含まれた短編集を知っていらっしゃる方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん「野のピアノ」だと思います。
竹下文子の短編集「星とトランペット」に入っています。講談社で長く絶版になっていましたが、最近ブッキングから復刊されました。

Q獣の奏者エリンについて

エリンが左手に手袋をしている理由
opやラストがりんごの理由教えてください!

Aベストアンサー

手袋は第2部?ラストの部に入る前に王獣リランに左手を噛まれてしまったためです。
りんごは、エリンの名前がこの世界でのリンゴにエリンというのがあるためとのことです。

Q赤川次郎を読みきった娘(小学5年生)におすすめの本

小学5年生の長女。
チョッとしたミステリーは嫌いじゃないみたい。
とくに三毛猫ホームズ、三姉妹探偵団が面白かったみたい。
読書は、続けた貰いたいので
公立図書館での利用で、貸し出しが多く、対象年齢が
赤川次郎くらいかそれより少し上年齢の作品、作者を紹介ください。
好きなこと、モノもこれから決まるころ。
いろんなジャンルから選ばせて見ようと思います。

Aベストアンサー

坂木司の『先生と僕』『切れない糸』
語り手は大人なので、ちょっと早いでしょうか?
大人向けのレーベルですが、読みやすいと思います。

M.E. ラブ『ローズクイーン―ふたりはただいま失踪中!』シリーズ
お父さんが死んで、継母から逃げ出したパワフルな姉妹の話。
二人で田舎町に住み着いて、ちょっとした謎を解決したりします。

エニド・ブライトンの『おちゃめなふたご』や『おてんばエリザベス』などのシリーズ
イギリスの小学生から中学生くらいまでが一緒に暮らす、寄宿学校が舞台のお話です。
自治と自立、友達や親との関係で悩み、考えて答えを見つけていきます。
サポートする先生や寮母さんも素敵です。

ローラ・インガルス・ワイルダー『大きな森の小さな家』シリーズ
大草原の小さな家の原作。
小さなローラが日々の暮らしの中で考えたこと、少しずつ家族の一員として責任を持って行く様子なんかがいきいきと描かれています。

ロアルド・ダール『マチルダは小さな大天才』
おばかな大人(両親)へのマチルダの復讐(かな?)。
にやりとさせられます。

アストリッド・リンドグレン『名探偵カッレくん』シリーズ
探偵に憧れるカッレくんがその友達が「ん?」と思った小さなことが大事件に発展して・・・。

カニグズバーグ『クローディアの秘密』
弟を誘ってニューヨークのメトロポリタン美術館に「快適な」家出をしたクローディア。
美術館に(不法に)泊まりながら、新しく発見された天使像の謎にせまります。

エーリッヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』
赤ちゃんの時に両親が離婚して、それぞれ一人っ子だと思っていた姉妹が偶然出会って・・・。

あさのあつこ『上と外』
アマゾンに不時着した飛行機に乗っていた兄と妹。
たどり着いた遺跡で原住民と出会って独立運動にかかわります。

ミシェル・マゴリアン『おやすみなさいトムさん』
大戦中のイギリス。
偏屈なトムさんと彼が預かることになった疎開児童のウィルが、お互いを大切に思うようになる話。

C・アドラー『銀の馬車』
両親が別居中で母親と妹と暮らすクリスは、夏休みの間おばあさんの家に預けられる。
おばあさんは会いたいと思っている人に会いに行けるという魔法の馬車を見せてくれる。

私があげた本はミステリばかりじゃありませんし、どれも暗い話や恐い話ではありません。
小学生から現在まで読んだ時期は様々ですが、どれも大切にしている本です。
どれとはあげられませんが、娘さんと同じ年頃の頃は世界の民話や童話集、ポプラ社や青い鳥文庫などの少し分かりやすくした世界の名作、妖精や魔法使いがでてくるファンタジー、交換日記や秘密がでてくる小学生向けの少女小説のようなものが好きでした。
いい出会いがあるといいですね。

坂木司の『先生と僕』『切れない糸』
語り手は大人なので、ちょっと早いでしょうか?
大人向けのレーベルですが、読みやすいと思います。

M.E. ラブ『ローズクイーン―ふたりはただいま失踪中!』シリーズ
お父さんが死んで、継母から逃げ出したパワフルな姉妹の話。
二人で田舎町に住み着いて、ちょっとした謎を解決したりします。

エニド・ブライトンの『おちゃめなふたご』や『おてんばエリザベス』などのシリーズ
イギリスの小学生から中学生くらいまでが一緒に暮らす、寄宿学校が舞台のお話です。
...続きを読む


人気Q&Aランキング