最近、上橋菜穂子著「守り人・旅人」シリーズを読みました。
非常に面白かったので、このシリーズファンの方おすすめの本を教えていただきたいと思います。

ちなみにに私が読んだ本の中で、何度読み直してもどっぷりその世界にひたることができたものは、上記シリーズのほかに
・「アルスラーン戦記」・「ハイニッシュ・ユニバース」世界の話・「指輪物語」
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一押しは、No.1の方が紹介されている「十二国記」(2月に雑誌に短編が掲載されました)ですが、ほかのお勧めを。


「流血女神伝シリーズ」 (須賀しのぶ・集英社コバルト文庫)カリエは猟師の娘として育ったが、皇子の身代わりとなることをいきなり強制される。ジェットコースター、という比喩がふさわしい、続きが毎回楽しみになる作品です。ふだん少女向けを読まない方にもおすすめです。重厚さでは劣りますが、エンタテインメント性がありますし、しっかりとした話です。「帝国の娘」前後編が最初の巻。
「チェンジリング 赤の誓約」「チェンジリング 碧の聖所」(妹尾ゆふ子・角川春樹事務所ハルキ文庫)ケルト風の異世界もの。音と光のうつくしい環の描写が魅せてくれるだけではなく、主人公だけではない、ほかの登場人物たちの悩みや迷い、決断、怒りたちがかなしくも愛しく思えました。「ここではないどこか」の物語は、逃げではなく、「ここで生きるため」の物語になることができる、そんなことを感じさせてくれた物語です。叙情的というよりは、骨太なファンタジーとしておすすめです。
「竜飼いの紋章」(久美沙織・早川文庫JA)ドラゴン牧場の末息子フュンフが、隣人の牧場乗っ取りのたくらみを妨害する話。生活感あるファンタジーとしておすすめです。
「女神の誓い」(マーセデス・ラッキー・山口みどり訳・創元推理文庫)タルマは鷹のようなごっつい顔で、ケスリーはばかな貴族のふりもできる美人、そしてタルマの相棒のキリー(テレパシー能力を持つ大猫)のワールの三人が傭兵として稼ぐ間に出会う事件をつづった物語。世界設定がものすごく緻密で、多少女が活躍しすぎなところを除けば楽しめるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「流血女神伝」「チェンジリング」シリーズは読んでみたいと思います。

「タルマとケスリー」のシリーズは既読です。二人とも非凡な才能をもっていてステキですよね。

主人公が、おいおい大丈夫かと思うくらい非力だったり、目に見える特殊な能力がない・・・だけど周りの協力・環境で成長していくという物語が私は一番はまるのかもしれませんね。「竜飼いの紋章」はそんな感じでしようか?非常に興味があります。

ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/06 00:05

茅田砂胡「ディルフィニア戦記」中央公論社 C☆NOVELS版・中公文庫版


神江京「放浪王ガルディス」青心社文庫
栗本薫「グイン・サーガ」ハヤカワJA文庫
南房秀久「月蝕記列伝」富士見ファンタジア文庫
麻城ゆう「月光界シリーズ」角川スニーカー文庫・新書館Wings文庫
ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラ」講談社ホワイトハート文庫
小野不由美「十二国記」講談社ホワイトハート文庫・講談社文庫・新潮文庫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのご紹介、ありがとうございます。
「波浪王ガルディス」「月食記列伝」「月光界シリーズ」「女戦士エフェラ&ジリオラ」シリーズ、図書館で探して、ゼヒ読んでみたいと思います。

「グイン・サーガ」100巻以上出ているようで、読みたいと思いつつ時が過ぎ、巻数は増え、という感じですね。
「デルフィニア戦記」「十二国記」は既読です。うーん、私はこの世界にははまれませんでした・・・

お礼日時:2008/03/05 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学者トマ・ピケティ教授が著した「21世紀の資本」話題の背景は

トマ・ピケティの「21世紀の資本」が大変な話題になっているが、本書が注目を浴びている理由とは何か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

一番大きな要素はみんながうすうす感じてた格差の連鎖をデータをもって説明したからでしょう。
学界的には過去100年の主要国の所得や資産の情報を調べ上げたことです。
マルクスはデータがなくはっきりしなくわかりににくい、また今までの経済学は難しい数式を使っているだけだったとバッサリ切りました。
正直、そんなことも今までしてなかったのかという感じです。

Qスティーブン・キングの「ダーク・タワー」シリーズの『ジェイク』について

スティーブン・キングの作品「ダーク・タワー」シリーズで、ローランドに一巻で、見捨てられたというか、置き去りにされた少年・ジェイクがいましたよね。
ジェイクは何巻で、再登場するのか忘れたので、教えてください。

Aベストアンサー

未読の方には、以下、ネタバレ注意です。
 :
 :
 :
 :
ジェイクが小説中に再登場するのは
第III巻「荒地」の第1部第2章第I節から。
ちなみにローランドと再会するのは第1部第3章XXXXI(41)節です。

Q30年くらい前に読んだ絵本シリーズ思い出せない

この本、ご存知の方いらっしゃいませんか?
すごくうろ覚えで申し訳ないのですが、子供のころ大好きだった本で、
子供ができた今、どうしても読み返したくなったのですが、
タイトルも出版社も全く覚えていなくて探せないので、ここで質問させてください。

・A4くらいの大きさで、ピンクの背表紙で6~10冊くらい、水色の背表紙も同じくらいの冊数のシリーズ。
薄い本で、それぞれ同じ色のBOXに収納されていた。
・ピンクの本は、外国の女の子のお話。お料理をしたり…、おてんばな女の子の日常の話だったと思います。
・水色のほうは、小動物の話。ピーターラビットっぽかったような気がします。
・30~35年くらい前に購入した本だと思います。
・もしかしたら、「学研」関係?

母親が買ってくれたのですが、私が知らないうちに従姉妹にあげてしまって、その後行方不明です。
母親は無頓着な方なので、出版社やタイトルも覚えてないそうです。
私もあまりにも小さかったので、モヤモヤな記憶なんですが、大好きだった事だけは覚えています。

何十年も忘れてたのに、子供と一緒に生活してると、自分の子供時代を思い出してしまうんですね…。
どなたか、レス頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

この本、ご存知の方いらっしゃいませんか?
すごくうろ覚えで申し訳ないのですが、子供のころ大好きだった本で、
子供ができた今、どうしても読み返したくなったのですが、
タイトルも出版社も全く覚えていなくて探せないので、ここで質問させてください。

・A4くらいの大きさで、ピンクの背表紙で6~10冊くらい、水色の背表紙も同じくらいの冊数のシリーズ。
薄い本で、それぞれ同じ色のBOXに収納されていた。
・ピンクの本は、外国の女の子のお話。お料理をしたり…、おてんばな女の子の日常の話だったと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

こちらの方たちの質問と同じ絵本のような気がするのですが・・

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4836381.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2297168.html

そうだとしたら「ファランドール絵本」というシリーズですね。

Q本を探しています。原っぱの中のピアノと旅人・・・

 15年ほど前にもなりますが、小学校の図書館で一度読んだ本です。記憶があやふやで手がかりがとても少ないのですが、下記の情報でタイトル等お分かりになられる方、いらっしゃるでしょうか。

 背表紙が(確か)黒で、短編集でした。知りたいのは、その数話の中の一話なのです・・。
 男性の旅人がひとり、旅の途中で広い原っぱに辿り着くと、その原っぱにポツンとピアノが置いてありました。旅人はいつも手袋をはめていました。おそらく、指をケガで失っていたため、その手袋で隠していたのです(・・だった気がします)。
 このお話のタイトルには、「のはら」とか「ピアニスト」という言葉が使われていたような気がします(とても不確かなのですが・・)。本そのもののタイトルは分かりません。
 少し不思議で、少しもの悲しい、でも希望も感じるようなそんな雰囲気のお話でした。

 ストーリーを全く覚えておらず、このような情報しかないのですが、「広い野原の中のピアノ」「男性の旅人」が登場する話が含まれた短編集を知っていらっしゃる方、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん「野のピアノ」だと思います。
竹下文子の短編集「星とトランペット」に入っています。講談社で長く絶版になっていましたが、最近ブッキングから復刊されました。

Q子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

当方30歳なので、1980年代前半までに発売されたものだと思います。
以前からネット検索しているのですが、出版社他いまだ手掛りも掴めません

一つ目は、正方形に近い形の25センチ四方位の大きさで、表紙も背表紙も白い絵本シリーズ。
記憶のある限り、中には
・うぐいすのさと(見るなの花やしき?)
  旅人が、迷い込んだ森で屋敷に泊めてもらい、
 見てはいけない座敷を次々と開けてしまう。
 最後は梅の木に止まったうぐいすが一声なく部屋にたどり着く。
 ちぎり絵調のやわらかな絵でした
・きんのりんご
 繊細な絵柄で、天を支える巨人が出てくる話
・そらまめが炭と麦と冒険する話
 つややかなそら豆の絵が印象的でした。
 最後、そらまめの腹の皮が破けるシーンが

ほか10冊くらいのシリーズだったと記憶しています。

二つ目は、B5~A4くらいの縦長方形で、厚手の紙でできている絵本シリーズ。
中の話はひとつしか覚えていないのですが、その話はこんな感じです。

冬、子供たちが柿の木のあるお寺で遊んでいると、男がやってきて、遊びに行こうという。
男はお尻からほうきのようなものを出して、それに子供たちを乗せ、どこかへ連れて行く。
子供たちはそこで楽しく遊ぶが、遊び疲れて家に帰りたくなっても、連れて来た男は送ってくれない。
最後は連れて来た男の弟?がやってきて、同じくお尻からほうきのようなものを出し、子供たちを寺まで帰してくれるんだったような・・・。

「さんまいのおふだ」(小僧が鬼に追いかけられるが、坊さんからもらった三枚のお札を使って逃げ切る話)
も収録されていた気もしますが、定かではありません。

すごく懐かしいので、是非再度入手したいのです。
お心当たりのあるかた、助言いただけるとありがたいです。

子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

当方30歳なので、1980年代前半までに発売されたものだと思います。
以前からネット検索しているのですが、出版社他いまだ手掛りも掴めません

一つ目は、正方形に近い形の25センチ四方位の大きさで、表紙も背表紙も白い絵本シリーズ。
記憶のある限り、中には
・うぐいすのさと(見るなの花やしき?)
  旅人が、迷い込んだ森で屋敷に泊めてもらい、
 見てはいけない座敷を次々と開けてしまう。
 最後は梅の木に止まったうぐ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。ちょっと当方の方が年上ですが大体似たような年齢ですので、多分「さんまいのおふだ」と柿木の方は「かぜこぞうとこどもたち」ではないかと思います。保育園とかで月に1冊ずつ貰う「おはなしひかりのくに」シリーズではないでしょうか?
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-183583.html
 こちらの方は多分というかほぼ絶版だと思いますので、気長に中古書店か、もしくはネットで児童書を沢山扱っているサイトで探された方が良いかと思います。
 上の方はちょっと分かりませんが、お話は坪田譲治作の「うぐいすのほけきょう」で、私は別のシリーズ版で持っています。題名で探すとひょっと見つかるかもしれませんね。

 ご参考までにm(__)m。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報