柳美里さんは、裁判で負けたのに、内容を少し変えて、改訂版を出すそうですが、皆さんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず最初に僕は柳美里さんが大嫌いです。


独善的な考え方も世間に対する排他的なところも
不幸に入り浸って自分に酔っているところも
「好きになってしまったら不倫したって仕事ほっぽりだしたって人をどんなに傷つけても仕方ない」というより「愛」とか「作家としての理想」とかの建て前さえあればいくらでも傍若無人に振る舞うところも嫌いです
酒鬼薔薇の文章に心酔し褒めちぎるような被害者のことなど露ほども考えないデリカシーのなさも嫌いです。
「命」はそんな大嫌いなタイプが出産に立ち向かうという内容で非常に興味深く読めましたがそれでもやっぱり大嫌いです。
今回の裁判は「表現の自由」でなく本と柳美里の知名度のためにがんばったのだと思っています。
一部変更での出版も「やっぱり(笑)」という感じです。
こんな女性が文壇で発言力を持っていること自体、個人的には不愉快なぐらいです。

6番さんの回答で
>返済などのこともあるでしょうから少しでもお金を稼ぎたいというのもあるでしょう。
とありましたが慰謝料+裁判費用合わせても本を売るための宣伝費としてはかなり安く効果的なプロモーションが出来たのじゃないかと思います。
    • good
    • 1

裁判は私小説を書く方にとって、言論の自由という点で残念な結果になったと思います。



柳美里さんですが、作家という者はそんな方が多いと思います。
一般の人とはかなり異質な考え方を持つが故に世間と摩擦が生じ、その中であのような感動的な作品ができるのだと思います。
私の嫌いな(性格が)作家に村上春樹氏がいますが、彼の作品はすばらしいと思っています。
昔、アンデルセンの伝記を読んだのですが、だんだんむかついてきて、こんな人が身近にいたら、気が狂いそうだと思いました。
でも作品は最高です。
作者と作品は密接に絡み合っているのですが、感動を与えるという点では別物だと思っています。
こんな回答で良いですか?
    • good
    • 0

私は、柳美里さんの本を結構持っていて、まあまあ好きです。


改訂版のことについては、それってどうなのよと思いましたが・・・。
モデルとなった人の人権、作家としての表現の自由、
この二つがせめぎあってて、難しいですよね~。
柳さんを見ていると、芯は強いけど、
どことなく孤独な感じで、気になってしまいます。
    • good
    • 0

返済などのこともあるでしょうから少しでもお金を稼ぎたいというのもあるでしょう。


作家の作品としては妥協の産物になっているだけにプライドも何もあった物ではない感じです。

表現の自由云々というのはそれはそれで正しいと思いますが、
結審した後で被害者の神経を逆撫でする行為には賛成できません。
    • good
    • 0

トラブルメーカーですね、彼女。


なにか不幸自慢をしたがっているような印象を受けます。
過去にいじめられていたとか、自分のことをアダルトチルドレンとか言ったり。

でも世間の人が他人の不幸話を聞きたがっている証拠かも。
    • good
    • 1

柳氏の著書は一度も読んだことがありません。

なにかいつも不幸だった体験とか辛かったこと、哀しかったことをつらつらと書いてあるのではないかと思うとどうしても読む気にもならないのです。
それにどうも自分と他人の私生活を切り売りしているような気がしてならんのです。よくは知りませんが、子供を生んで死にかけている男の人を看取ってそれも全部本にして。
そういう姿勢がなんとなくあさましく感じてしまって。実際に改訂版を出版するということは、不本意なかたちであっても売れるならいいということ。裁判で主張していたこととは遠くかけ離れていると思います。
顔つきまでそういう風に見えてきます。
    • good
    • 1

こんばんは。


「表現の自由は守られるべき」の主張には全面的に賛同します。
・・・で、”改訂版”って、なに???? と思いました(^^;;
「出版できるものにする」ということは、例えば今回の場合ですと、原告の女性から承諾を得られるだけの書き直しがなされる、ということだと理解しておりますが、
ちょっと待ってよ、それこそが”守りたいもの”だったのではないのかっ?! 
誰にも踏み入られることのない表現、なんびとの口出しも承諾も一切必要としないこと、
それこそを求めていたのではないのかっ?! と思います。
判決に不服であるならば、「断じて書き直しなどしない、できない、」と言うべきだと思っています。

どうしても出版するのだ・・・という行動には、「売れるに違いないから」という出版社の思惑も多々アリと感じられて、なんだかいやーな気分にもなります。
一方で作者ご本人にしてみれば、あの小説は、戯曲作家だった自分の初の小説ということで、相当な意気込みで執筆に臨んだものと思われますし、自身の記念的作品である、という思い入れもあると思います。
実際、有望な新人作家の登場、とまずまずの歓迎を受けた作品だったのだとも思います。
だから「出版したい」のか?・・・と想像してみるのですが、そうだとしたら尚更、原告の承諾を得られるほどの書き直しなど、できないはずだと思うのです。
”改訂版”がどこまで書き直されるのかわかりませんが(買わんぞ。そして読まんぞ。)、まったく違う作品になることは間違いないわけで、それならそれを新しい作品として発表していただければいいのですが、
「文壇に衝撃!出版差し止め判決の話題作!改訂版でここに復活!」(予想。)とかって大仰なコピーが帯で巻かれて平積みされんのか・・・とか想像すると、暗澹たる気持ちになります。
”改訂出版は可能である”という身勝手な前例は、今後これと類似した裁判において間違いなく、作家側に不利な判決を導きやすくすることと思われますので・・・。

わたしは件の作品を雑誌発表時に読んだのですが、そして今も手元にあるのですが、、、、
途中で場面が唐突に戯曲になっていて、そういう構成は面白いと思いました。
原告の女性が傷ついたという部分は、確かにご本人には非常につらい表現に違いないと感じます。
ただ、この登場人物(原告の女性)を他の「何か」に置き換えることができるのか?
あるいは人物はそのままで「彼女が傷つかない」ような表現ができるのか?
そもそも、問題とされた部分がないとこの小説は成り立たないのか? なくても成り立つのか? が、よくわかりません(^^; 
「書き直しなどできない」と作者がひとこと言えば前者なんだな、と思うし、
でも「書き直すよ」って言うんだから、後者なんだなぁ、ふーん、と思うだけです。
一般読者(のひとり、少なくともわたしは)なんて、こんなもんっす(^^;;

せっかく読んだのにあまり頭よくない意見ですみません。ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0

「事の本質がまるでわかってない、


クラスに一人くらい必ずいる、文学かぶれの女学生」
という印象です。
表現の自由、という言葉を盾にするばかりか、
剣にも変え、人を傷つけ続けるのは、
作家である以前に、人としてどうかと思います。
人としての心は、まあいろんな考えの人がいますから、
百歩譲ってその考え方を許すとしても、
仮にも「作家」であるならば、それをそうとわからなく
表現するくらいの文筆力、表現力を持ち合わせていて
欲しかったですね。
逆にいうと、そうできなかったということは、
「その程度の作家」ではないかと思います。
改訂とはいいますが、すでにこれだけ知れ渡っていることであり、
事の当事者の方にとっては、改訂しようがしまいが同じこと。
登場させずに、物語を再構築できるのなら、
またちょっと話はかわってきますが…。

彼女の作品はその裏側に「わたしってなんて不幸なの」という
声が聞こえてきそうな気がするんですが、
はっきりいってもっとひどい人生を送っている人は山ほどいるし、
そうでなくても人間それなりに生活していれば、つらいことは山ほどあります。
私小説というジャンルを否定するわけではないですが、
「だからなに?」という程度にしか感じません。
映画で泣いている人のCMがありましたが、
よっぽど波風のない人生を過ごしてきた方なのだなあ、
とその観客をうらやましく思いました。
映画はみてないですが、江角さんの演技の向こうに柳氏の
顔が浮かんできてしまい、
みる気がしません。あの人の書いた文章のせいで、苦しんでいる人がいるのです。
泣いている人がいるのです。
そう思うと、なぜ彼女の作品で「感動して」涙を流せるのか、理解に苦しみます。
いや作品と作家が別物であることは承知してますが、柳氏の場合、キャラクターが強すぎて…(^^;)。
    • good
    • 1

こんばんは。



私は、彼女はどちらかというと嫌いなんですが、あの裁判については彼女に同情的なスタンスです。

あの判決を遵守すると、私小説とか伝記物とか実話に基づくドキュメンタリー者などの執筆や出版には大幅に制約を受けてしまうことになると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柳美里さん、どう思いますか?

柳美里さんは、裁判で負けたのに、内容を少し変えて、改訂版を出すそうですが、皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

まず最初に僕は柳美里さんが大嫌いです。
独善的な考え方も世間に対する排他的なところも
不幸に入り浸って自分に酔っているところも
「好きになってしまったら不倫したって仕事ほっぽりだしたって人をどんなに傷つけても仕方ない」というより「愛」とか「作家としての理想」とかの建て前さえあればいくらでも傍若無人に振る舞うところも嫌いです
酒鬼薔薇の文章に心酔し褒めちぎるような被害者のことなど露ほども考えないデリカシーのなさも嫌いです。
「命」はそんな大嫌いなタイプが出産に立ち向かうという内容で非常に興味深く読めましたがそれでもやっぱり大嫌いです。
今回の裁判は「表現の自由」でなく本と柳美里の知名度のためにがんばったのだと思っています。
一部変更での出版も「やっぱり(笑)」という感じです。
こんな女性が文壇で発言力を持っていること自体、個人的には不愉快なぐらいです。

6番さんの回答で
>返済などのこともあるでしょうから少しでもお金を稼ぎたいというのもあるでしょう。
とありましたが慰謝料+裁判費用合わせても本を売るための宣伝費としてはかなり安く効果的なプロモーションが出来たのじゃないかと思います。

まず最初に僕は柳美里さんが大嫌いです。
独善的な考え方も世間に対する排他的なところも
不幸に入り浸って自分に酔っているところも
「好きになってしまったら不倫したって仕事ほっぽりだしたって人をどんなに傷つけても仕方ない」というより「愛」とか「作家としての理想」とかの建て前さえあればいくらでも傍若無人に振る舞うところも嫌いです
酒鬼薔薇の文章に心酔し褒めちぎるような被害者のことなど露ほども考えないデリカシーのなさも嫌いです。
「命」はそんな大嫌いなタイプが出産に立ち向かうとい...続きを読む

Q『漢文ヤマのヤマ』の改訂前の本を手に入れる方法

学習研究社から出ている
『超基礎国語塾 漢文ヤマのヤマ』
という参考書が今年の4月に改訂されてしまいました。
私は、改訂前の本が欲しくて書店に問い合わせてみると、
もう出版社にも在庫がないと言われてしまいました。
何とか改訂前の本を手に入れる方法は無いものでしょうか?

Aベストアンサー

紀伊国屋書店URL:http://www.kinokuniya.co.jp/
ヘッドページに「店頭在庫検索/注文サービス」・・HYBRID WEBがありますのでそこに入って、本名を検索

改訂版は900円で旧版は850円(税別)、ISBN:4053001455で次の店舗に旧版の在庫があるようです。福岡本店・広島・神戸・仙台・熊本・長崎・札幌ロフト店。
注文できそうです。

ほかにも実店舗をいくつか持っている、オンライン本屋さんで店頭在庫を持っているところがあるかもしれません。

Q柳美里さんの作品、オススメありますか?

こんにちは。
最近読書の秋ということものあり柳美里さんの本を読み始めています。
水辺のゆりかごを読み終わり、柳さんの世界に魅了されてしまいました。
これからもどんどん読んでいきたいのですが
オススメの作品はありますでしょうか?
また柳さんファンがオススメする
柳さん以外の作家さんの本がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も水辺のゆりかご読みました。
ずばり、柳さんの作品でおすすめは「8月の果て」です。
柳さんのおじいさんが生まれてから孤独な死を迎えるまでの波乱万丈な人生をたどる半自伝的な物語です。
読み終わった後、おじいさんの写真が見たくて見たくて・・
「水辺のゆりかご」で実物を見たときは、喜びもひとしおでした。
実は、それまで柳さんは、読まず嫌いというか、たいした事ないだろうと思っていました。その先入観は全く間違っていました。
私の読書人生のなかでも、深い感銘を与えられた作品です。
ぜひ読んでいただきたいです。

Qハリーポッターの通常版と携帯版

ハリーポッターを朝からテレビでやってい1巻から読んでみたくなったのですが
通常版と携帯版の違いは持ち運びに携帯版のほうが便利と言うくらいで
他に何も違いはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
携帯版を持っていますが、中にはさまれている「ふくろう通信」も入っています。
字が小さいだけで変りはないようです。

Q柳美里・石に泳ぐ魚。

数年前、柳美里さんの「石に泳ぐ魚」という本が出版されたものの、様々な理由から絶版、内容を変えて再出版されたという事があったと思います。
その本を読んでみたいのですが、何処の本屋に行っても取り扱いがありません。
再出版のものでも初版のものでも、どちらでも構いません、ストーリィーが知りたいのです。

御存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

Amazonで手にはいるようですよ。↓
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/503-7029671-9940734?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%90%CE%82%C9%89j%82%AE%8B%9B&x=9&y=17

Q『水滸伝』の林冲は誰に負けたのでしょうか?

『水滸伝』に関する本やサイトで花栄について調べてみたところ、「梁山泊の戦闘員の中で、唯一無敗」とされていることが多いようです。ということは、林冲も誰かに負けたことがあるのでしょうか? あるとすれば、誰と戦ってどのように負けたのでしょう? 昔読んだ漫画(横山光輝作)では、林冲は花栄と並んで最強クラスだったと記憶しているので、気になっています。

Aベストアンサー

百二十回本において、田虎の美少女将軍瓊英を捉えようと挑んだ戦いで、顔面に瓊英の石礫を食らって撤退しています。

Qfc2ブログとgooブログ、アクセス数の違い。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス数がfc2ブログとgooブログで全然違うのです。

fc2ブログでは訪問者数はトータルでたったの2名(!)ほどだったんですが
gooブログでは初日の訪問者数約100人、アクセス数約300
2日目の訪問者数約180人、アクセス数約400

ちなみに内容はほぼ同じです。
タイトルはgooブログのほうが具体的で興味を引きやすいかと思います。
fc2ブログではブログランキングに参加していました。
gooブログではブログランキングのほか、ブログ村にも参加しています。

このアクセス数の違いはどこからくるんでしょうか。
もしかしてgooブログのほうが検索されやすいんでしょうか?
fc2の私のインテリアブログの訪問者数、異常に少なくありませんか。

考えられる要因など教えていただきたいです。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス...続きを読む

Aベストアンサー

同じアクセス解析を使っておられますか?
gooブログは訪問者数にrssやロボットが多数含まれており、人が見たわけではない可能性が高いです。
fc2は人のみを抽出しようとし、カウントしている可能性があります。

数だけで比べるなら、同じ解析を使う必要があります。gooブログ付属のアクセス数は水増しや捏造説があるサービスですので数字を信用されず、気になるなら他のアクセス解析を使われることをお勧めします。

Q笑えるB級ニュースや裁判傍聴話ありませんか~?

笑えるB級ニュースや裁判傍聴話ありませんか~?

「被告人一歩前へ」
とか、そんな類の本が好きです(笑)

Aベストアンサー

映画にもなった「裁判長 ここは懲役4年でどうすか」 北尾トロ っていう本はどうすか
タイトルが微妙に違ってるかもしんないけど

Qブログでこんな悩みありますか?

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私のブログには滅多にコメント入れないのに」なんて思うことが何度もあったんです。
そして、「きっと私のブログは魅力がないんだ」なんて思って落ち込みました。

もちろん、そんなことは個人の自由ですし私には何も言う権利がないのは承知しています。
でもBブログの人は私のブログがきっかけでAブログの読者になったという事実をつい考えてしまうんです。

自分でも小さい人間だなぁと思います。
でもどうしようもないんです。

私と同じように考えているブロガーの方っていますか?
こういうこと話せる人がいないので、すごく悩んでいます。

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私...続きを読む

Aベストアンサー

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そうじゃないなら、あなたのブログを中継点にほかのブログ同士が仲良くなるのは止められないですよね?
読者としては、それでいやな顔されたらその中継点となったブログにコメントするのを控えるような気がするし。

とはいえ、そのあたりを踏まえて、自分のルールで線を引くというのは無意味じゃないし、やっぱり「まじめで強い人だな」と思います。

あと、コメントに関しては、面白い、面白くない以上に、
「コメントする要素があるか」という部分もあると思います。
面白くても、それで完結してたら、コメントは入れづらいわけで。
なので、一概には言えないんじゃないかと。

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そう...続きを読む

Qもともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでま

もともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでまずは短いショートショートから読んでみようと思っています。そこで、皆さんのオススメのショートショートの作家さんを教えて頂けると嬉しいです。また、面白いエッセイを書いている作者さんも合わせて教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういうのが好みなのでしょう?ファンタジー?SF?ミステリー?ホラー?
わからないので、私のオススメを下記にあげておきますので、参考にどうぞ☆

『小松左京ショートショート全集』(SF作家さんの作品)
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」
東野圭吾さんの「毒笑小説」
横山秀夫『臨場』(『半落ち』が有名な作家ですが短編の方が断然面白いです)

有名処で言えば、芥川龍之介も短編小説作家さんなので、『蜘蛛の糸』とか『羅生門』も良いと思いますが、いかがでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報