結局、神はサイコロを振るのでしょうか。
振らないとお考えの方にお尋ねしたいのですが、宇宙は無の状態のときから宇宙が現在の状態になることが決まっていたのでしょうか。
振るとお考えの方にお尋ねしたいのですが、人間の意志はサイコロの目に影響を与えることができるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「神のサイコロ」をどのように捕らえるかによって、「振る」とも「振らない」とも言えるでしょう。


「ある粒子が今どこにあるかは確率的にしか求めることができない」というのを「神のサイコロ」と捕らえると、量子力学はすでに実証されているので「振る」ということになるわけですが、「量子力学によってある粒子の位置情報は分布として与えられる」というのを「神のサイコロ」と捕らえると「振らない」となります。

さて、我々の宇宙における物理法則は、宇宙の生成とともに生成されたものですから、宇宙の生成される以前(nanashisanの言われる「無の状態」)については、我々の宇宙における物理法則は適用されません。したがって、「無の状態のときから宇宙が現在の状態になることが決まっていた」とは言えないでしょう。つまり、決まっていたのかどうかを判別する基準を我々は持たないのです。

次に人間の意志によるサイコロへの影響ですが、本来のサイコロの意味(ある粒子がどこにあるのかは、観測してみるまでわからない)で言えば「影響を与えることはできない」です。もしサイコロの意味をもっと拡大解釈して、例えば人間の行動にまで拡張すれば、人間の意志は人間の行動を変えることができると思うので、「影響を与えることができる」と言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

我々の宇宙における物理法則は適用されませんと言われてしまうと仕方がないのですが、宇宙誕生の一瞬だけサイコロを振るチャンスがあって、あとはサイコロを振らないというのがすごく不自然で納得しがたいのです。

お礼日時:2001/02/12 16:20

いつもお世話になります、stomachmanです。


> 宇宙誕生の一瞬だけサイコロを振るチャンスがあって、あとはサイコロを振らないというのがすごく不自然で納得しがたい
 ここに関しては、stomachmanはやっぱり人間原理に行き着いてしまいます。
 いろんな物理を持つ宇宙がいっぱい生えていて、幾つかの宇宙で勝手に星ができた。幾つかの宇宙で勝手に超新星爆発があり、幾つかの宇宙で勝手に惑星ができ、幾つかの宇宙で勝手に生物が生えた。生えた連中がなんで生えたのか不思議がっているんじゃないのかなあ。
 アインシュタインが嘆いたといういわゆる観測問題に関しては、相互作用する巨視的な系がややこしすぎて結果が予測ができないという事かいな?と思ってます。ものすごく沢山の自由度がてんでにうろうろしているような系が、簡単な方程式でまとめて扱える方が不思議で、それじゃ話がうますぎる。パチンコ玉が何処に行くのかすら、釘の作用の非線形性のために予測困難ですもん。また最近では、非常に小さい系や極低温の系でいろんな研究がなされていて、シュレーディンガーのネコも思考実験じゃなくなって来ていますね。コヒーレンスがじわじわ崩れていく様が分かるようになってきた。
 一方、マクロな系の経験に基づいて物を認識をしているのがイカンので、量子論理、つまり量子力学が奇妙に見えずすんなり納得できちゃうような思考形式がある、という考え方もある。カミ的にはサイコロ振っている積もりはないけれど、ヒトにとってはサイコロのように気まぐれなあなた。
 毎度中途半端ですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人間原理的に考えても、やっぱり不自然が解消できません。サイコロ振ったことで生え得た宇宙ならずっとサイコロ振っててくれと思うんです。
っていうか、サイコロ振った結果がそうなったのも人間の意志によるものだというのが正しい人間原理信者ではないでしょうか。
私の気まぐれは自分の意志によるものだと信じたいです。

お礼日時:2001/02/13 19:59

 まったく素人なのですが、こういうのは好きなのでまぜてください。

(専門家の意見を聴きたいのだとは思うのですが、、、)ただ「神」という単語は嫌いなので(笑)、「この世界は偶然によって支配されているかどうか」ということで。

 この宇宙ができたときに決まった(その後に決まったものもあるのかもしれませんが、、)定数自体が偶然に支配されていると考えているので(根拠なし)、現在も偶然が支配していると考えています。よって、宇宙が出来たときにすでに私がここにいることは計算できる、ということはないでしょう。

 で、人間の意志は偶然を支配できるか、について。これはないと考えます。偶然が人間の意志を支配するはずです。そもそも、人類が誕生したのも遺伝子のエラーの積み重なりでしょう。であれば、人の思考にもエラー(?)が関与していると考えてもいいのではないでしょうか(でないと新しいことなんて思いつけないと思う)。エラーは偶然に(ほとんどは外的要因で)おこるものなので、偶然が思考の方向を定め意思の決定に影響する、と。いかがでしょう。

 まぁ、しかし事実はどちらでもいいのです。偶然でなくて必然だとしても、この宇宙にいるかぎり未来は決して計算できないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もまったく素人なのでどんどん参加して下さい。
ところで、人間の意志は偶然を支配できず偶然が人間の意志を支配するというのは本当でしょうか。脳内で偶然に生じた反応で意志が決定したということは、意志によって脳内反応が生じたことは等価に思えるんですが。

お礼日時:2001/02/12 16:19

難しいお話は分かりませんが、振らないんじゃないんですか?


サイコロを振るという行為だって、その目が偶然出たように思われますが、サイコロを振る力、回転速度、初期状態、材質、風速、床面の状態などなど、さまざまな要因から必然的に決まっているものですから。
だからといって次に出る目を予測しようとすると、それら全てのデータが必要になり、それはバタフライ効果を逆に辿るようなもので、机上の空論に過ぎないことになるとは思いますが。
ただ宇宙が無の状態からって言われると何とも言えませんが、今現に現在の状態になっているのだから決まっていたんじゃないのでしょうか?まあ僕には宇宙が無から始まったのかどうかも分かりませんが...
でも今僕がこうしてここに書き込んでいるという行為だって、僕の今までの経験、環境、遺伝的特性などが決めているんのだろうし、それらの要因も互いに関係していて、さらに両親や先祖、僕に関わってきた人やものそしてさらにそのルーツなどがあって、さらにnanashisanさんにも同じことが言えて、更に更にこのページを作った人、関わっている人にも同じことが言えて...
とにかく僕は書くべきして書いているんだと思います。僕が今日出かける予定があったら書いてないだろうけど、現に今書いてるし、今彼女がいたら出かけているだろうけど、現に今こうして家にいるんだし。
ただこういう考え方が広まると、「どうせ未来は決まっているんだから、何やってもしかたないよ。」と言い出す人がいるので注意してください。
その時はnanashisanさんのように知識をお持ちの人が「未来は決まっていて、あなたがどう決断するかも決まっているけれど、それを決めるのはあなたです。」って教えてあげてください。こういう哲学的な話は、人の役に立ってこそ、だと思います。
それに、自分の行動一つ一つが、遠く離れた宇宙や、ずっとずっと先の未来にまで影響を与えてるって思ったほうがなんか楽しいじゃないですか。

nanashisanさんはもっと学術的な答えを求めたんでしょうが、個人的な考え方を長々と書いてしまいました。すみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人的な考え方も大歓迎ですが、
「現在」が決まっていたとするといつから決まっていたのかと言うのがすごく不思議なのです。

お礼日時:2001/02/12 16:18

 量子力学に対するアインシュタインの言葉ですね。



量子力学の中には、分布という概念があり、明確に位置と運動量を求めるニュートン力学との違いが出ています。

 ハイゼンベルグの「不確定性原理」とか、「シュレディンガーのネコ」とか

 科学の眼はそういった、自然現象を観察し、体系づける手法なので、出きるだけ影響を与えないデータを取ることが必要になります。

 と前置きした上で、

 サイコロの目に影響を与えること…というののどこまでを ということにもなりそうですが、例えば加速器で自然界ではあり得ないエネルギー、寿命、その他、データを揃えていますので、規模的を限定すれば、可能といえると思います。

 そもそも、自然界は、エントロピーが増大する方向に進みますが、生物はこれに逆行させるといえる部分を持っていると思います。
 これは、確率的にあり得ない方向に向かわせている=神の振るサイコロに影響を与えているといえるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「確率的にあり得ない方向に向かわせている」こと自体神のサイコロに踊らされているようにも思いますが…。

お礼日時:2001/02/12 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神は、何についてサイコロを振るのですか

アインシュタインは、「神はサイコロを振らない」と言ったそうですが、これには、賛成が少ない、ようですね。
すなわち、神はサイコロを振る、という意見が大勢のようですね。
お聞きしたいことは、神は、何についてサイコロを振るのですか?
   (電子の振る舞いについて、ですか?)

Aベストアンサー

アインシュタインはコペンハーゲン学派の解釈が量子論の「確率解釈」であること、つまりどんな粒子でも物体でも良いが、算出される値がその物質がその位置に見いだされる「期待値」であると言う解釈を受け入れなかった。確率論の期待値なので「サイコロを振った結果」になります。アインシュタインやシュレーディンガーは量子論には「隠れた実在」があると主張しています。この議論は科学哲学でもあるので難解です。最近「月は見ていないときには存在しない」か否かに一応の実験結果が出ましたが、揺らぎが大きすぎて「結論」とは言い難いと思います。

Q宇宙船、無重力状態で・・・

宇宙船無重力状態で腕などに深い裂傷(切り傷)を負った場合、血はどうなるのでしょうか?

(1) 血が腕ににまとわり付くだけでそれ以上出血しない
(2) 体内の血圧に従い大出血を起こす
(3) 傷口は開いてるものの血は出てこず、ただ赤みがあるような感じになる
(4) コップから垂れる水滴のように連続した玉になって出血する

個人的には(4)なような気がしますが・・・
どうなのでしょう?教えてください                         

Aベストアンサー

 どれでもなく、「出血した血液の表面張力で肌に半球状態でまとわりつき、出血に伴ってだんだん大きくなる」ということかと思います。
 地上で、怪我した腕を、血が滴らないように上向きにしているような状態、ということでしょう。
 No.2さんのご回答は、ぞうきんを絞った後のような「それ以上、血(水)が供給されない場合」ということでしょうか。

(1)が近いですが、「それ以上出血しない」ということはないでしょう。出血が続くか止まるかは、無重力とは無関係です。
(2)は、気圧が保たれていれば関係ないでしょう。
(3)これも、出血が続くか止まるかは、無重力とは無関係です。
(4)地上で「ポタポタ垂れるほどの出血」で、表面張力を打ち破るような力が働けば(腕を振るとか、あまりに血の塊が大きくなるなど)、「水玉」のような「血の玉」になって腕を離れると思いますが、静かにしている限り、腕の上で「血の玉」(半球)が大きくなって行くでしょう。

Q宇宙の真空状態について

ちょっと物理を勉強していて分からないところがあるので教えてください。宇宙は真空状態なのに-273度出ないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

 熱には対流熱、輻射熱、伝導熱があります。
 
 対流熱は気体や液体の分子の運動エネルギーで、お湯が
熱いとか、気温が高いというのはこの事です。
輻射熱は電磁波(赤外線)のエネルギーで、
太陽の光が暖かいのはこのためです。
日陰では空気の対流熱だけですが、
日なたではこれに太陽の輻射熱が加わるので
熱さが増すわけです。
伝導熱は物質の原子の振動エネルギーで、
熱した鉄や、熱いお茶を入れたコップを
さわって熱いと感じるのは、この伝導熱です。


 例えば、ガラスの温度計で気温を測るというのは何をして
いるのかというと、空気中の気体の運動(対流熱の)
エネルギーがガラスに伝わり、ガラス中を
伝導熱として伝わり、中の赤いアルコールの
液体に伝わってまた対流熱となって広がり
アルコールの分子の運動が活発になった分
体積が増えて膨脹するので、それがアルコールが
示す目盛りの位置の変化として温度が読める
わけです。

>宇宙は真空状態なのに

 宇宙には気体が殆どないので、対流熱、つまり
気温はないわけですが、輻射熱があるんです。
太陽の光が暖かいのは、宇宙空間を熱が
伝わってきている証拠で、これが輻射熱です。

 太陽のような恒星が出す輻射熱(電磁波)以外に、
宇宙には地上からアンテナで確認できる
背景放射というのがあって、恒星がない
ところからも電磁波が出ています。
 これが温度の目盛りに直すと3K(ケルビン)
という温度で、宇宙が昔はもっと高温だった
名残だと言われているんです。
 
 というこで、気体が殆ど無くても
輻射熱で絶対零度にはならないんです。


 
 

 熱には対流熱、輻射熱、伝導熱があります。
 
 対流熱は気体や液体の分子の運動エネルギーで、お湯が
熱いとか、気温が高いというのはこの事です。
輻射熱は電磁波(赤外線)のエネルギーで、
太陽の光が暖かいのはこのためです。
日陰では空気の対流熱だけですが、
日なたではこれに太陽の輻射熱が加わるので
熱さが増すわけです。
伝導熱は物質の原子の振動エネルギーで、
熱した鉄や、熱いお茶を入れたコップを
さわって熱いと感じるのは、この伝導熱です。


 例えば、ガラスの温度計で気...続きを読む

Q「宇宙内部の存在全てが一様な平衡状態に達する」んですかい?

「宇宙内部の存在全てが一様な平衡状態に達する」んですかい?

Wikipediaのなかで宇宙の終焉ってのを調べると出てくる文章なんですけどね、

これって
「宇宙内部の存在全てが一様な平衡状態に向かう」ってののタイプミスですかね?

別件で、数学の先生に聞いたらね、
「ある時点で有限のものがどこからの地点で無限になることは無い」って教えてくれたんですよ。

つまりね、熱力学でいえばね、
「エントロピーが増大し続ける」ってことは、「エントロピーが無限にならない」ってことを言っているわけで、
この例を敷衍すれば、
「平衡状態に向かう」ってことであって、「平衡状態に達しない」という意味ですよね。

どなたか、本当のところ教えてくださいな。

Aベストアンサー

数学的に「有限のものが無限になる事はない」というのは量の話で、
エントロピーは「(有形な)量」ではなく、状態を指すので、
「無限大」になっても、問題はありません。

また、別の方も指摘されていますが、エントロピー増大とは
必ずしも「均質になる」ことではなく、たとえば重力場においては、
「水に溶けた泥が下に沈殿(分離)する」ことがエントロピー増大です。

「エントロピー増大」が、イメージされているような、エネルギーが
均等に充満した状態になるには、全ての物質(素粒子)が崩壊せねば
なりませんが、その鍵となる「陽子崩壊(基本粒子の陽子が分解する)」
の発見には、未だ成功していないようです。

Q【物理学・木こり】木の伐採で斧を使うとき「片手で斧を持って振る」のと「両手で斧を持って振る」のとでは

【物理学・木こり】木の伐採で斧を使うとき「片手で斧を持って振る」のと「両手で斧を持って振る」のとではどちらの方が効率よく一本の大木を倒すことが出来るのか教えてください。


科学的な理屈が通った根拠もお願いします。

Aベストアンサー

当然「両手」でしょう。

片手では、斧の軌道は「成り行き円周」なので、「テイクバックの角度や停止位置」と「テイクバックからフォロースルーへの切り替え」、「打ち下ろし点の位置とその地点での速度」などを制御できません。

両手なら、「肩幅と腕」で三角形を作れるので、これらを意図的に制御できます。その結果、「テイクバック」、「打ち下ろし点」、「打ち下ろし点での刃の方向と速度」などを最適に制御し、そして「加える力」を最大にすることができます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報