プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日、NHKの「アフリカ縦断114日の旅」の前編の冒頭で何人かのメンバーがツアーに参加した動機を話していました。
その中で、一人のイギリスの大学生(男)が”アジア・オセアニア・アフリカを1年間かけて卒業旅行をして自分の目で世界を見てみたい。”、と言っていました。
日本と違ってゆったりしてるなー、と言う感想を持ちました。

日本でもこんなことしてる人はいると思いますが、きっと少数でしょう。欧米では若者が1年かけて世界を旅するというのは特別なことではないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、「大学生」そのものの価値が日本とはまったく違います



大学を卒業すれば「学士」という資格保持者になり(これは日本でも同じですが)、
何に対しても即戦力を求められます
大学を卒業して、企業側が「新人研修」なんてしていたら、
「バカにするんじゃない!」って感じで、採用された新卒者は会社を訴えかねません。
大学在学中に、プロとしての実践も積むのが普通だからです
高校卒業後、自分で働いて、30歳を過ぎて「学費がたまったから」と大学に入学する、なんてことも普通です

ということで、日本と違ってゆったりしているのではなく、
日本と違って自分に対してシビアなんです
イギリスならいまだにかなりの階級社会ですから、少しでも自分の価値を高めることに真剣なのは当然でしょう

卒業後の世界一周旅行も、自分の価値を高める方法のひとつなのでは?
大人としての覚悟のレベルが違うので、世界一周から学びとる内容の濃さは、もしかすると、日本の若者の比ではないのかもしれません。
もっとも、ドラッグやパーティに時間と身を費やす大学生も多いのですが、
それでも、卒業後はしっかり社会人として立派に機能していて驚きです

若者が、上流階級でもないのにゆったりしているのは、先進国の中ではおそらく日本が一番くらいなんではないでしょうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

”ゆったり”という表現に語弊がありました。一意的にしか解釈できていなかったので反省します。

ただ、どんな人間でも世界1周を経験すれば多大なことを学び取ると思います。要は、意識が世界に広がるか広がらないか、の違いではないでしょうか?

お礼日時:2008/05/14 00:38

ヨーロッパって自費で大学に行く人って多いです。


あと奨学金とか。大学進学率も低いし。
(日本は大学の数多すぎ!)
昔の日本では、1970年から71年頃は、ヒッピー
の名残でインドとかに長期行く男子学生が多かった
そうですよ。(ビートルズがインドに影響を受けた
LPが相当ヒットしていた。それで)
向こうの人って結婚する際も、日本の多くみたいに
親が金出すとかないし(だから結婚式とか質素。そ
して事実婚も多いし)大体、向こうの人って、親から
独立するのが邦人よりずっと早いですからね。
20歳過ぎて親と同居してる人とか、身体傷害者か
農村居住が殆ど。(但し、イタリアは同居率が高い
といいます)社会背景が違うって事ですね。
~向こうの学生は質素です。日本人みたいにブランド
 品でチャラチャラ…なんていませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

”向こうの学生は質素”、というのには同感です。服装を例にとっても、日本の学生に比べればとてもシンプルな気がします。これも、親から独立するのが遅いことが関係しているんですね。

お礼日時:2008/05/14 00:41

大学卒業しちゃえば、それは資格になります。


就職市場では、新卒じゃないとダメという慣習もありません。
就職したい時に、就職すればいいんだそうです。
むしろ、世界一周貧乏旅行するだけの根性があると評価してくれる会社もあると、アメリカ人バックパッカーに聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日本だと、”1年もフラフラして何をやってるんだ(怒)”と言う声があちらこちらから聞こえてきそうです。進むべき道がほぼ限定されているのが現代の日本なのかもしれませんね。

お礼日時:2008/05/14 00:32

「1年間かけて卒業旅行」とのことですが、はたして「卒業“後”の旅行」なのでしょうか。

大学生なら、単位さえ取り終えていれば、学生生活が終わる頃には、かなり余裕があると思います。

また、もともとヨーロッパの貴族は、青年に旅をさせて見聞を広げさせる習慣がありましたから、金銭的に余裕のある家庭は長旅を奨励するでしょうし、逆に、昨今の「ニート(←イギリス発祥の単語)」なら時間はいくらでもあるわけでして。

いずれにしても、「アジア・オセアニア・アフリカを1年間かけて」旅するようなバックパッカーは、どこの国の人であれ、かなり筋金入りですから、珍しいといえば珍しいし、この手の筋金入りのバックパッカーは日本にも結構いることが、バックパッカーの本などを読むとわかります。また、欧米人であれ日本人であれ、世界一周することでハクをつけた人は、明治の時代からそれなりの数いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

世界一周となれば相当なつわものですよね。ただ、明治の時分からそういう人がいたというのは初耳です。

お礼日時:2008/05/14 00:29

大学卒業後すぐ…という枠組みの中ならおっしゃる通りなのかもしれません。


特別かどうかと言えば、やはり「特別なこと」なのでしょうが。

日本と違い、就職の際に“新卒有利”という概念が希薄なのも理由じゃないでしょうか?
世界旅行の経験が評価されるかどうかはわかりませんが、就職の際にキャリアやスキルを重視する欧米諸国なら、1年ぐらい旅行に出ててもその後の生活に戻りやすい環境があるのでしょう。

もっとも、向こうには長期のバカンスというものがありますから、1年とは言わずとも1~2ヵ月旅行することに違和感がないのは事実だと思います。

ただ、現役学生とか社会人退職組なども含めていいなら、日本人もかなりの数の人が長期旅行をしていますよ。
もちろん私の実感に過ぎませんが、長期旅行者の国籍別統計をとれば、日本人はかなりトップに近い位置にいると思います。
日本人も案外侮れませんよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに日本は新卒有利なのがはっきりしていると思います。

”例えば日本の学生が1ヶ月間タイを旅する”というのはよく聞く話ですよね。

お礼日時:2008/05/14 00:28

ドイツ・スイス・イスラエルの若者は、兵役を終えると、いわゆるバックパッカーで海外に旅行する者が多いようです。



アメリカ・カナダ・オーストラリアでは、マザーテレサが設立し、今は部下の経営している孤児院や、世界の難民キャンプとかに、ボランティアをしにいったりするものも多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いずれにせよ、日本とは違った形態をとっているんですね。

お礼日時:2008/05/14 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校卒業後に海外へ渡った方に質問です。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない自分には特に難しく思われます。
(当方経営学部です)

海外の大学、大学院に進学するためのお金と高い学力もありません。

最近は就職留年してでも、一度日本で就職してから、
時期を見て海外に行った方が良いんではないかと考えるようになりました。


そこで、学校を卒業してからすぐに
海外に行かれた経験がある方がいればお話をお伺いしたいです。
例えば、どう海外で過ごしたか、その経験が今どう活かされているかなどです。

また、何かアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない...続きを読む

Aベストアンサー

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地の企業が外国人(私たち日本人のことです)を雇うには、会社側がワークパーミットを申請するためにそれなりの費用が必要です。その費用に見合うだけの能力のある人間でなければ意味がないので、必然現地の人間よりもハードルが高くなります。同じ能力だったらもちろん現地人を採用するでしょう。ことばに少しでも不自由があるようではもちろん却下です。

日本語が話せるということは、特定の分野では大きな武器になる場合があります。ただ、日本語を話せる人材を欲している企業がそもそも少ない上、日本人が多い地域ですと、就労ビザをもっている人が優先されます。
社会人経験がなく、就労ビザをもっていないとなると、その人たちには勝てませんね。それに日本企業の現地支社などは、特に社会人経験を優先します。まず新卒は採らないでしょう。

海外で就職をしたかったら、日本で経験を積んだ方がはやいと思います。海外に支社のある企業だったら、駐在の可能性もあります。3年ほどの社会人経験があって同業種に限れば、日本にいても海外の転職先が見つかるかもしれません。海外就業希望者のための求人サイトだってありますし、英語のできるSE等、言語+専門知識のある人を募集している所は多いです。

abarenbo15さんはすでに英語がかなりできるようですし、あとは社会人経験となんらかの専門分野を身につけることで道は開けてくると思います。英語ができる人はゴマンといますから、特に海外で働きたいとなったら、あまり武器にならないでしょう。英語は当たり前のこととして、プラスアルファです。専門分野といっても、貿易事務や旅行代理店での経験程度でも、ないよりはましです。

・・・とはいっても、就職留年をするんだったら海外に行ってなんとかがんばってみるのもひとつの手でしょうね。でもその場合にはあまり長居をしないほうがいいです。
2年以内に帰ってくれば、第二新卒として扱われると思うのでまだ間に合うと思います。英語ができるだけでも第二新卒までだったら許されるようです。それ以上だと、英語ができるがあとは何もなしっていうことで敬遠されてしまうでしょう。それと、日本はまだまだ新卒至上主義で、新卒で就職しないと後々厳しいことは確かです。茨の道でも生きていける強い意志がなければ、おとなしく新卒(就職留年をしてもいいです)のうちに就職することをオススメします。この機会を逃すと求人は顕著に減りますし、レールからはずれた人間だとみなされます。

まぁ、自分は何も考えず海外に行ってしまったので人にアドバイスできるような人間ではないのですが、自分の経験から思ったことを書きました。ですので、必ずしも上記のことが絶対ではないですし、実際何ら特別な知識や経験もないのに現地で就職できた人も知っています。それと、僕の場合はヨーロッパ圏のことですが、アジアや中東とかだとまた実情は異なるのかもしれません。

どんな道を選ばれても、意欲さえあれば軌道修正は可能だと思います。うまく第一歩を踏めるといいですね。

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地...続きを読む


人気Q&Aランキング