イスラエル旅行を2008年5月末で計画しています。
イスラエル⇔ヨルダン、2008年5月現在の陸路による国境越えは可能か詳しく知る方いないでしょうか?
日本国内でのスタンプ押印免除の手続きには間に合いませんでした。

または、イスラエル⇔エジプト(陸路/ビザ無し)を考えてます。
国籍:日本

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 1989年ヨルダンに行きました。

古い記憶なので正確性に欠けますが、イスラエルからヨルダンの入国は出来なっかたと思います。
 ヨルダンからウエストバンクに入る際、パスポート以外(メモ帳で可)に入国印を押してもらい再度ヨルダンに戻るなら可能だったと思います。または、ヨルダンからイスラエルそしてエジプトなら可能でした。
 私の時もそうでしたが、其の時の情勢により替わるみたいです。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の「15代」について

洋画「パルプ・フィクション」の始めのほうで、
ジョン・トラボルタが車に乗りながら、
相手としゃべっている時も、キリスト教の
「15代(?)」って言っていた記憶が
ありますが、
キリスト教では
よく「15代」というキーワードが
出てくるのはなぜですか?

Aベストアンサー

聖書の中の「マタイによる福音書」のなかに14という数字がたくさんでてきます。
アブラハムからダビデ王までが14代、
ダビデからヨシアまでが14代、
そしてヨシアからイエス・キリストまでが14代。
キリストが「ダビデ王の子孫である」ということやキリストが「救世主」であることを強調しています。
実際は全く持ってでたらめな系図、系譜なのですが。

クエンティン・タラティーノ監督特有の、
ストリートは関係がない長ったらしい意味のない会話としてとらえてもよいかと思います。

ということで14代ではありませんか。

Q徳川15代将軍の各人のイメージを教えてください

高校の日本史でいま江戸時代のことを
勉強しています。僕は15人もいて覚えるのが
大変なので徳川家が嫌いです笑
しかし各人のイメージを覚えればその人の
行った行動なども一緒に覚えれることに
きづきました。例えば・・・・・・・

8代将軍 吉宗 暴れん坊将軍。紀州藩出身。身長2メートルの巨人。
図体がでかいくせに死に際には米の値段を記した米価表を握っていた。
(意外と経済に詳しかった。別名米将軍)

11代将軍 家斉 すごい遊び人。子供と奥さんの数は半端じゃない(エロ親父)

こういう風にイメージで覚えると全員覚えれそうな気がします。
あなたがもつ徳川歴代将軍のイメージを教えてください!!!!

Aベストアンサー

あらかた回答が出ていますので、私の回答はもっと意外性を含ませたものにします。

家康:未亡人が好み
家康は未亡人を、子を産んだ女性を好んで妾にしていました。これは自分の子供を作るには、子を産む能力は合格な女性が1番である、という合理的な考えからきたようです。健康オタクぶりといい、情より利益を考えて行動するタイプでした。
秀忠:とことんカタブツ
妻のお与に遠慮してか秀忠が女性に固いのを心配した家康が、女性をプレゼントします。しかし、秀忠は丁寧におもてなしして、とうとう指一本も触れなかったのに家康は呆れるやら褒めるやらだったとか。ちなみに豊臣家を完全に叩き潰せ!と家康に進言したのも秀忠だったとか、
家光:甘ったれお坊ちゃま
家光が名君といわれたのは将軍時代後半からの事です。若い頃は現代風にいえばバンドにはまったり、ビジュアル系のファッションをしたり、夜遊びやゲイに走ったりして重臣を困惑させていました。あと、乳母の春日局には、マザコンでした。
家綱:面倒くさがり屋
10歳ぐらいで将軍になったため、人の上に立つ事が苦痛だった。政治は老中任せで「そうせぇ(あ~分かった分かった、それでいいよ)」と熱心ではなかった。
綱吉:チビの犬公方
お寺に残っている位牌の大きさからすると、綱吉は身長が130cmと低かったらしい(残されている絵では面長の長身だが、これはオーバーに描いた結果?)。そのため、学問好きなど、かなりのコンプレクス持ちだったというのも納得。
家宣:無名の美男子
家宣はキリっとした顔の美男子だったらしい。綱吉が将軍を死ぬまで譲らず、やっと将軍になれたのは48歳。しかも3年目で死んだため、知名度があまりなく可哀想な人。
家綱:薄幸の幼将軍
将軍になったのは4歳。そのため病気の父・家宣に心配される。僅か3年目で風邪が悪化して7歳で夭折してしまう。でも、頭がいい子だったという。
吉宗:名君の顔した独裁者
表向きは民衆に優しい名君だったが、裏では御三卿をつくり自分の子孫が将軍になれるようにした独裁者だった。自分が大名・将軍になるのにジャマな人たちを全員毒殺したのでは?という説があるだけに、本当は恐い人だったのかもしれない。
家重:知恵遅れの小便公方
難病か、行動もおぼつかなく言語不明瞭だった。あまり表に出る事が無かったが、お寺で墓参りする時に、トイレが近い家重のためにトイレをアチコチ多く作ったので、「小便公方」とあだ名を言われていた。ただ、将棋好きで、そんなに頭は悪くなかったよう。
家治:帝王学ニート
祖父の吉宗に期待されて、帝王学を受けて育った。しかし、政治は苦手で趣味の将棋にこもるばかりで、今で言う高学歴ニートの感じになってしまった。田沼意次に毒殺されたと噂が流れて、田沼人気は完全に地に落ちてしまった。
家斉:大野望の好色家
御三家・御三卿や親藩に自分の息子を養子に、娘を嫁に押し付けて自分の血統による日本支配を目論んだ好色家。最初のうちは松平定信を信頼して改革を任せていたが、カタブツな彼がだんだん嫌いになってしまった。
家慶:ショウガで激怒
水野忠邦の天保の改革で、好物だったショウガが贅沢品で栽培禁止になって食べられなくなったのに激怒、すぐやめさせた。政治手腕は下手だったとも、普通にできたとも、評価が難しい。
家定:無能なイモ公方
家重以上に無能な将軍。病弱で何も出来ず、ただ人前でイモを蒸かしたり、マメをいってその場で食べるなど理解不能な行動を繰り返した。そのため、「イモ公方」とバカにされていた。将軍の役は完全に務まらないまま、35歳で死亡。
家茂:酷い虫歯持ち
家茂の遺骨はまともな歯が無いほど酷い虫歯だった、そのため虫歯が要因で若死した説が有力。羊羹など甘くて柔らかい物が好きだった。性格は素直で、政略結婚した和宮とも仲はよく、勝海舟は彼の事の信望していた。
慶喜:コロコロ変わるインテリ
家茂の事が好きだった勝海舟は、逆に慶喜が嫌いだった。インテリぶるくせに、言う事がコロコロ変わるのを嫌っていたから。明治維新後は趣味にたくさん生きた自由人になるが、これは反政府運動に担がれないためにこういう行動をしたためとも。評価が難しい将軍でもあるが、大正時代まで76歳と家康より長生きした。

徳川将軍家(宗家)はここで終わったのではく、家達・家正・恒孝と現在まで続いています。この3人にも面白いエピソードがあります。

あらかた回答が出ていますので、私の回答はもっと意外性を含ませたものにします。

家康:未亡人が好み
家康は未亡人を、子を産んだ女性を好んで妾にしていました。これは自分の子供を作るには、子を産む能力は合格な女性が1番である、という合理的な考えからきたようです。健康オタクぶりといい、情より利益を考えて行動するタイプでした。
秀忠:とことんカタブツ
妻のお与に遠慮してか秀忠が女性に固いのを心配した家康が、女性をプレゼントします。しかし、秀忠は丁寧におもてなしして、とうとう指一本...続きを読む

Qイスラエルのネタヤナフ首相から悪人を感じませんか?

偏見ですか? 日本で生まれていたら、何か悪いことして捕まっていそうな感じがするのですが。なぜ、こんな風に感じるのでしょうか?

Aベストアンサー

全然。

ネタニヤフ首相は村山時代に北朝鮮情報やハイテク企業の誘致とかやって、
日本にとっては好意的な人でした。

Qイスラエルの元首相シャロンについて

今現在の健康状態はどうなんですか?
一時期危険な状態にあるといわれてましたけど
もしかして亡くなられてのですか?

Aベストアンサー

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/ginnan/20052003/yubaru.htm
今、彼の状態は脳死である
http://www.afpbb.com/article/politics/2024726/317723

http://www.ariel-sharon-life-story.com/resources.shtml
英語の公式サイトです。

上記サイトを見ると生存はされていますが、
絶望的なようです。

Qイスラエル誕生について

イスラエルの誕生についてほとんど知らないのですが、
以前本にイスラエルはテロによって何人かのユダヤ人で
独立を宣言をしたと書いてありましたけど本当ですか?
あとそのテロのメンバーにシャロン前首相もいたというのは本当ですか?

Aベストアンサー

イスラエルが誕生する前にユダヤ人組織として、ハガナ、イルグン、シュテルンなどがありました。その中でハガナが最大勢力で穏健派。イルグン、シュテルンが過激派で、はっきり言ってテロ集団です。当時イギリス軍司令部があったキング・ダビデ・ホテルのイルグンによる爆破事件は有名です。

>以前本にイスラエルはテロによって何人かのユダヤ人で独立を宣言をしたと書いてありましたけど本当ですか?

それは違うと思います。穏健派ハガナ系のイスラエル初代首相のベン・グリオンがイルグンやシュテルンなどの私兵組織を残すと独立イスラエルの弊害になるとして武装解除させました。

イスラエル独立は穏健派ハガナを中心に主導されたものですし、今のイスラエル国防軍は、ハガナの武装組織パルマッハを主体にし、イルグン、シュテルンなどを糾合させて建軍されました。

>あとそのテロのメンバーにシャロン前首相もいたというのは本当ですか?

強硬派で知られるシャロン前首相ですが、実はハガナ出身ですから、イスラエル独立まで過激派イルグン、シュテルンとの接点はなかったと思います。だからイスラエル独立武装闘争におけるテロには参加していなかったと思います。ハガナの武装組織パルマッハ(ユダヤ人居住地の自警団)に入隊し、軍人としての腕を磨いていたというのが真相だと思います。

イスラエルが誕生する前にユダヤ人組織として、ハガナ、イルグン、シュテルンなどがありました。その中でハガナが最大勢力で穏健派。イルグン、シュテルンが過激派で、はっきり言ってテロ集団です。当時イギリス軍司令部があったキング・ダビデ・ホテルのイルグンによる爆破事件は有名です。

>以前本にイスラエルはテロによって何人かのユダヤ人で独立を宣言をしたと書いてありましたけど本当ですか?

それは違うと思います。穏健派ハガナ系のイスラエル初代首相のベン・グリオンがイルグンやシュテルンな...続きを読む

Qイスラエルについて

イスラエルの初代首相のダヴィット・ベングリオンの簡単な経歴を教えて下さい。

Aベストアンサー

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にはこう書かれています。

ダヴィド・ベン=グリオン(David Ben-Gurion, 1886年10月16日 - 1973年12月1日)は、イスラエルの初代首相。

生い立ち
ベン=グリオンはダヴィド・グリューン (David Gruen) としてポーランドのプロンスク(当時ロシア領)で生まれた。東ヨーロッパでの反ユダヤ主義の流行と、ユダヤ人の虐殺(ポグロム)に衝撃を受け、彼は熱烈なシオニストおよび社会主義者となり、1906年にパレスチナに移り住んだ。

彼は最初ジャーナリストとして働き、政治活動を始めると共にヘブライ語の名前ベン=グリオンを使い始めた。彼はオスマン帝国統治下のパレスチナにおける政治活動を理由に1915年に追放される。

1915年にニューヨークに移住し、後の妻となるロシア生まれのポーラ・ムンワイスと出会う。彼らは1917年に結婚する。彼らの間には3人の子供がいた。一家は第一次世界大戦後イギリスが占領したパレスチナに帰還した。

シオニストのリーダーシップ
 1920年12月、労働組合「ヒスタドルート Histadrut」を結成し、そのリーダーとしてパレスチナ社会の発展に尽力した。1930年、労働党の前進である「マパイ党 Mapai」を結成して政治的影響力を強め、1935年にはユダヤ機関の委員長に任命された。ただし、彼はシオニストとしてかなり穏健であり、過激な右派への対応に苦慮していた。

首相職
 首相在任中は、イスラエルの発展に尽力したが、こっそり核開発に着手している。そして1961年、エジプトにおける破壊工作の失敗を、事実を知らされていなかった国防相に責任を押し付けて陥れたことが発覚し(ラヴォン事件)、イスラエル市民の抗議を前にして失脚した。

その他
テルアビブにある国際空港は彼の名をとって、ベン・グリオン国際空港と呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にはこう書かれています。

ダヴィド・ベン=グリオン(David Ben-Gurion, 1886年10月16日 - 1973年12月1日)は、イスラエルの初代首相。

生い立ち
ベン=グリオンはダヴィド・グリューン (David Gruen) としてポーランドのプロンスク(当時ロシア領)で生まれた。東ヨーロッパでの反ユダヤ主義の流行と、ユダヤ人の虐殺(ポグロム)に衝撃を受け、彼は熱烈なシオニストおよび社会主義者となり、1906年にパレスチナに移り住んだ。

彼は最初ジャーナリストと...続きを読む

Qハマスを交渉相手としないイスラエル

今回のガザでの紛争で、イスラエルはハマスを交渉相手としない方針だそうですが、イスラエルはこれでどうやって恒久的な休戦・和平を実現させるつもりなんでしょうか?

どうしても近衛首相の「爾後国民政府ヲ対手トセズ」を思い出してしまうのですが。

Aベストアンサー

まず、基本的な用語を。

イスラエル国:1948年にユダヤ人によって、パレスチナに建設された国家。国連決議(パレスチナの56.5%の土地をユダヤ国家、43.5%の土地をアラブ国家とし、エルサレムを国際管理とする)を根拠に、一方的に独立を宣言。反発したアラブ側が軍を進め第一次中東戦争となるも、イスラエル側が勝ち建国が既成事実となる。

イスラエルの主な政党:労働党(穏健派)・リクード(保守派)・カディマ(中道:リクードのシャロン首相が飛び出して労働党を取り込み作った政党、現在最有力)

パレスチナ自治区:オスロ合意に基づいて定められた、イスラエル南部のエジプト国境に接するガザ地区とヨルダン川西岸につくられた、パレスチナ人の自治区。
現在、ガザ地区をハマスが実行支配し、ヨルダン川西岸をファタハが実行支配している。

パレスチナ暫定自治政府:オスロ合意により、PLOを中心に作られたパレスチナ人の自治政府。現在は、ハマスとファタハの間で主導権争いをして分裂状態にある。

パレスチナ解放機構(PLO):1965年にパレスチナ地域のイスラエルからの開放を求めて設立された組織。当初は「イスラエルを含む民主的・非宗教的な独立国家を樹立することを目標」にしていましたが、後に「イスラエルと共存するヨルダン川西岸地区およびガザ地区でのパレスチナ国家建設」という現実路線をとるようになる。


ファタハ:PLOは幾つかの組織が参加してできた連合組織だが、ファタハはその中でも中心となっている。よって、PLOとファタハほぼ同じ組織を指しているような感じ。


ハマス:1987年に結成された組織で、PLOの和平路線を批判しその活動とは一線を画す。パレスチナにイスラム教原理主義に基づいた、イスラム国家を樹立することを目指す。当初は自治政府に反発していたが、アラファト議長死後、政策を転換し2006年に選挙に初参戦。過半数の議席を得、一度はファタハと挙国一致内閣を築くも、後に決裂。2007年6月にハマスが一方的にガザ地区を武装占拠し、パレスチナ自治政府は事実上の内乱状態となる。

ヒズボラ:1982年に結成されたイスラム教シーア派による武装組織。反欧米・イスラエルの殲滅を掲げている点ではハマスと共通性が見られる。
パレスチナ暫定自治政府にも参加し、議会選挙では1992年8議席、1996年7議席、2000年12議席と年々議席数を増やしている。
主に、レバノンからイスラエルに対してロケット弾による攻撃を加えており、しばしばそれが引き金となってイスラエルがレバノンに空爆を加える口実となっている。
2006年には、イスラエル兵を拉致し、イスラエル軍のレバノン侵攻を招いた。
イランやシリアが援助していると考えられている。

もともと「ハマス」はパレスチナ(PLO)とイスラエルの和平合意がなって、イスラエルをパレスチナ地方から追放することができなくなるのを恐れて作られた抵抗組織です。
つまり、元々和平については「ハマス」は蚊帳の外であり、むしろ邪魔してた存在なんです。
ところが、これではイカンと思ったのか2004年頃からパレスチナ暫定自治政府に彼らが支援する議員を送り込むようになりました。
さらに、ファタハ側はアラファト議長の死による跡取り争いや汚職が重なり人気を失い、イスラエルのシャロン政権が強硬な姿勢で分離壁などを建設した事も伴い、パレスチナの一般民衆(特に貧困層)にハマスの支持が広がりました。
そして、2006年にはハマスが議会選挙で勝ち、大統領はファタハのアッバス議長が、議会はハマスがそれぞれ握るようになりました。(つまり、パレスチナ版ねじれ国会)
そこで、いったんは話し合いをして挙国一致内閣を作りましたが、もともとが水と油のような存在なので、決裂。
2007年6月にハマスが(もともと本部を置いていた)ガザ地区を武装占拠したのが、今回の紛争の発端です。

パレスチナ和平にとっていいのは、パレスチナはファタハが、イスラエルは労働党が主導権を握ることなんでしょうが、なかなかそううまくは行かないようですね。
もうすぐ、イスラエルの議会選挙がありますが、その結果如何では、ますます泥沼化しそうです。

まず、基本的な用語を。

イスラエル国:1948年にユダヤ人によって、パレスチナに建設された国家。国連決議(パレスチナの56.5%の土地をユダヤ国家、43.5%の土地をアラブ国家とし、エルサレムを国際管理とする)を根拠に、一方的に独立を宣言。反発したアラブ側が軍を進め第一次中東戦争となるも、イスラエル側が勝ち建国が既成事実となる。

イスラエルの主な政党:労働党(穏健派)・リクード(保守派)・カディマ(中道:リクードのシャロン首相が飛び出して労働党を取り込み作った政党、現在最有力)

...続きを読む

Qイスラエルの6日戦争についてです。助けてください。

アメリカの大学に留学している者です。
イスラエルの歴史に関するレポートを書かなければなりません。
内容は日本の大学では聞かれないような面白いないようだと思いますが無知すぎて。。
お願いします助けてください!

レビ・エシュコル首相とイスラエル政府は、1967年夏に非常に難しい決断をいくつかしなければなりませんでした。
イスラエルはちょうど「6日戦争」から勝ちのぼり、そして、IDF(イスラエル国防軍)はウエストバンクとガザ地区を含む領域を支配しました。
イスラエルの政府は、これらの領域をどうするべきかについて、決定しなければなりません。
2つの対立する見解が生まれました。ひとつは平和と引きかえに領域の返還に賛成する見解。そしてもう一つは、軍で、政治、宗教的な理由のために領域を占有することに賛成する見解。
1967の勝利の後の対応としてベストなものを報告書にまとめ提出するよう、首相が両党の代表に頼んだと想像してください。

レポートは四ページ、双方の対立する立場から書かなければなりません。最初の二ページに、できるだけ早くウエストバンクの領域を返すためのイスラエルに対する説得力のある議論をしてください。後半の二ページには、ユダヤ人入植地を造り、イスラエルの占領の現状を維持することの論拠を述べてください。

あなたが議論をする際に考慮したいかもしれないポイントのいくつか:
1967年の戦争の原因とイスラエルの勝利への国際的な反応。
シオニズムのゴール。(特にイスラエルの政治的で宗教的な重要性に関する異なる意見)
イスラエルのウエストバンクのアラブ住民の態度。
ウエストバンクを占領する経済と軍の挑戦/機会。


が課題です。泣

レポートを書く為のアイデアやポイント、アウトラインなどあればよろしくお願いします!!!!!!!
たすかります!!!!!!!

アメリカの大学に留学している者です。
イスラエルの歴史に関するレポートを書かなければなりません。
内容は日本の大学では聞かれないような面白いないようだと思いますが無知すぎて。。
お願いします助けてください!

レビ・エシュコル首相とイスラエル政府は、1967年夏に非常に難しい決断をいくつかしなければなりませんでした。
イスラエルはちょうど「6日戦争」から勝ちのぼり、そして、IDF(イスラエル国防軍)はウエストバンクとガザ地区を含む領域を支配しました。
イスラエルの政府は、これらの領域を...続きを読む

Aベストアンサー

返還するのはウエストバンクだけ?
シナイ半島やゴラン高原はどうなってるの?
軍が宗教的な理由?
色々困惑する質問なのですが、とりあえず、大まかに…


●「占領地を返還した場合のメリットの可能性」

(1)「国際的世論をイスラエルの側に引き付けやすくなる可能性が高くなります」

第三次中東戦争の切っ掛けは、
アラブ側が、アラブ・イスラエル間に展開していた国連軍の撤退を強いた事。
シナイ半島への軍を増強し緊張を高めた事。
アカバ湾を封鎖しイスラエルの生命線たる貿易及び石油輸入ルートの遮断。
をした事であり、そのため、イスラエルは戦争に踏み切りました。

アラブ諸国は第三次中東戦争勃発を「イスラエルの侵略戦争」としてアラブの正義を世界に訴えますが、イスラエルが占領地を返還すれば、イスラエルに領土的野心が無い事を世界に示す事ができ、開戦前のアラブの行為こそが問題であるとして、イスラエルの自衛戦争を世界に強調できます。

しかし占領地を維持すれば、アラブの言う「イスラエルの侵略戦争」にも一理を与え、アラブの側に立つ国を増やす事になるかもしれません。


(2)「アラブ諸国との新たな和平・平和条約の締結の可能性が高くなります」

占領地を維持すれば、アラブ諸国との敵対関係は緊張を持続したままになる事が予想されます。
しかし占領地を返還し、また国際世論を味方に付ければ、アラブ諸国との和平の機会を探れる可能性も高くなります。


(3)「軍事費、また社会福祉費増大の問題を防げる可能性があります」

占領地を維持した場合、そこに住む住民約100万人をイスラエルは抱え込む事になります。
しかも、その住民は必ずしもイスラエルに好意的とは言えず、暴動やテロの増大も懸念されます。
さらに、この他に第一次中東戦争において難民になった人々もいます。
つまり占領地を維持すれば、治安維持に大量の兵士や、その維持費、難民を含む新たな住民達の社会福祉についても配慮しなければならず、かなりの費用がかかる事が予想される訳ですが、占領地が返還されればその心配は無くなります。
また、占領地返還にともない、もしアラブ諸国との和平がうまくいけば国家予算に大きくのしかかる軍事費の削減もある程度は可能になるかもしれません。


(4)「占領地を返還すれば、そこに住む多数の敵性市民を抱え込まずにすみます」

多数の敵性市民を抱え込むのは爆弾を抱え込むのに等しいものです。つまり、治安の面で問題を抱え込まずに住むという事です。


(5)「占領地を返還し、もしアラブとの和平が合意に至れば外資を呼び込みやすくなり、停滞していた経済を回復する可能性が出てきます」

当時のイスラエルの資金源は税金等を抜くと
○西ドイツからの賠償金
○アメリカの供与・借款
○外国にいるユダヤ人による公債の購入と投資
であり、とても潤沢と言えるものでも、余裕のあるものでもなく、特にユダヤ人以外の外国からの投資は弱いものがありまた。

イスラエルは50年代から60年代にかけて農業振興政策を打ち出しており、食料自給率を30%から82%にまで拡大したり、果実・野菜の生産増大を行い、農産物輸出額を約4倍にまで増やしましたが、さすがに農業の成長も頭打ちとなっていました。
工業部門の拡大にも力を入れましたが、資金不足は否めず、先進国において労働者1000人のうち重工業に勤務する者の割合が50~100人であったのに対し、イスラエルは約37人程度でしかありませんでした。

第三次中東戦争前、イスラエルの経済は停滞し、失業率は12%にも達しおり、工業部門を発展させようにも資金が無かったわけですが、もし、占領地を返還しアラブ諸国との和平が進み、その後に外資を呼び込む事ができれば、工業部門を発展させ、経済の停滞を抜け出せる可能性も出てきます。



●「占領地を維持した場合のメリットの可能性」

(1)「占領地を維持すれば、アラブ諸国との間に縦深が形勢されイスラエルの要地を防衛しやすくなります」

第三次中東戦争前は、アラブ諸国からイスラエルの中心・要地は間近であり、砲撃により、すぐにかなりの被害を蒙る危険性や、占領される可能性がありました。
全体で言えば、第三次中東戦争における新たな停戦ラインにより、イスラエルは防衛しやすい地勢の国境(戦線)を持つに至りました。また、それまでの国境は陸地において985キロあったのが、840キロにまで縮小しています。

シリアとの国境で言えば、ゴラン高原を確保した事により、イスラエルの重要な水資源地であるティベリア湖の安全が飛躍的に高まりました。ティベリア湖は、言わばイスラエルの水瓶であり、飲料水、工業用水、農業用水を供給する死活的な戦略的重要地でした。もし、ゴラン高原からティベリア湖付近の用水路や水道設備を砲撃され破壊されれば、イスラエルは危機的状況においやられます。ゴラン高原を確保した事により、その危険性は低下しました。

エジプトとの国境で言えば、シナイ半島を確保した結果、イスラエルの主要地はエジプト軍の野砲の射程圏外となり、安全が高まります。また、エジプトの軍事行動に対しても、シナイ半島という縦深があるため、これまでに比べかなりの時間的余裕をもって対処できるようになりました。
これまでエジプトの戦闘機はシナイ半島の航空基地から、イスラエルの都市まで12分程度で飛来しましたが、シナイ半島を失った事で、エジプト本土からの出撃となり、イスラエルまでの飛行時間は倍近くにまでなりました。その結果、イスラエルはそれまでに比べ迎撃にあてられる時間的余裕が増えました。
それに今度は逆にイスラエルの軍用機がエジプト首都まで20分で到達できるようになり、航空戦術の枠が広くなり、エジプトも攻勢ばかりを考えていられなくなりました。

ヨルダンとの国境で言えば、それまでウエストバンク(ヨルダン西岸)から、イスラエル最大の都市テルアビブまで22キロしかなく、地形的にも防ぎやすい箇所もなく、容易に大砲の射程圏内であり、テルアビブは直接的脅威に曝されているという具合でしたが、ウエストバンク占領により、その危険も低下しました。

占領地の維持により、イスラエルは隣接する敵国からの攻撃に対する軍事的安全が著しく増大したと言えます。


(2)「新たなエネルギー資源を確保・利用できます」

シナイ半島には鉱物資源が存在します。
また石油も産出し、第三次中東戦争前年にはエジプトがイタリアの石油会社と手を結び250万トン生産していました。
ちなみに史実では第三次中東戦争後、イスラエルはこの占領した油田において、エジプトが契約していたのと同じイタリアの石油会社とそのまま手を結び、第四次中東戦争が始まるまでに2000万トンの石油を生産していました。


(3)「新たな土地を開拓できます」

増え続ける人口とイスラエルのさらなる発展のために、占領地での新たな開拓は有望な手段の一つとなる可能性があります。


(4)「低賃金労働者の確保」

新たな占領地におけるアラブ人は100万人にもなります。これらのアラブ人を低賃金労働者としてイスラエル経済に組み込めば、イスラエル経済の困窮を緩和させる可能性がもてます。


(5)「ウエストバンク(ヨルダン川西岸)は肥沃な土地であり、有益な土地」

ウエストバンクは近在の他の土地に比べ肥沃な農業適地が1800平方キロにもあり、農業の盛んな土地でした。
第三次中東戦争前は、ウエストバンクで生産される農産物がヨルダン、サウジアラビア、クウェートにまで輸出されていました。
工業はあまり発達しておらず、人口の7%程度しか工業に携わっておらず、それも食料品工場や、石鹸工場程度でした。
しかし、その農業用地をイスラエルの経済圏に組み込めば、有益なのが見込めます。


○つまり(2)~(5)は経済的にイスラエルにプラスになるという考え方です。
新たなエネルギー資源、新たな土地、豊かな農業地帯、安価な労働力…占領地を維持すれば、これらのものが確保でき、イスラエル経済にとって大きなプラス要因となる事が考えられるというわけです。
実際、史実でもそうでした。

なお「占領地を維持した場合のデメリット」については、最初に記述した「占領地を返還した場合のメリットの可能性」の裏返しとなります。
その中でも特にアラブ諸国との対立、緊張関係の持続は絶対に避けられないものでしょう。
史実において、
第三次中東戦争後の「第4回アラブ首脳会議」において出された対イスラエル方針、
「承認せず、交渉せず、講和せず」の「三つのNO原則」が出されていますが、占領地を維持する場合、これが覆る望みは殆ど無いと思います。

なお回答について、文字数の制限もあるので、宗教的要素・民族の精神的要素の部分についてはカットしました。

最後に…
>内容は日本の大学では聞かれないような面白いないようだと思いますが無知すぎて。。

○日本の大学で聞かれないような内容というのなら、それを日本のサイトで質問しても適切な回答が得られる可能性は低いと思います。特に、ここは専門家ばかりが回答しているというわけではありませんし、回答者数も多いとは言えませんので。
アメリカで、そういう内容を実際に勉強しているのなら、アメリカのサイトにあたった方が、経験者もいるでしょうし、資料も多いでしょうし、適切な回答を得られる可能性も日本より高いと思います。

返還するのはウエストバンクだけ?
シナイ半島やゴラン高原はどうなってるの?
軍が宗教的な理由?
色々困惑する質問なのですが、とりあえず、大まかに…


●「占領地を返還した場合のメリットの可能性」

(1)「国際的世論をイスラエルの側に引き付けやすくなる可能性が高くなります」

第三次中東戦争の切っ掛けは、
アラブ側が、アラブ・イスラエル間に展開していた国連軍の撤退を強いた事。
シナイ半島への軍を増強し緊張を高めた事。
アカバ湾を封鎖しイスラエルの生命線たる貿易及び石油輸入ルートの遮断。
をし...続きを読む

Qイスラエル軍の支援船拿捕事件の報道

イスラエル軍の支援船拿捕事件の報道

日本のTV報道ではどう扱われましたか?
新聞は目を通すことができましたが、TV報道をしっかり観ることができませんでした。

私の感想としては、鳩山首相辞任と子供手当ての報道で1日のTV報道が終わったような気がします。

日本のTVにおける、今回のイスラエル軍のパレスチナ支援船拿捕事件がどれぐらい扱われていたかご教示下さい。

Aベストアンサー

地上波、民放のニュースで取り上げていました。
それなりに映像もながしていました。
ただ、日本の多くの海外ニュースと同じレベルでした。「こんなコトがありました」程度であって、気の利いた番組でのみ、ちょこっと現在のイスラエルの封鎖について述べている程度で。

Q政治家ベギン首相

質問したい事は政治的な問題ではないのですか、政治家なのでこのカテゴリーで質問させてもらいました。
イスラエルのベギン首相のアルファベットでの綴りを教えて下さい。

Aベストアンサー

Menachem Begin
のようです。

http://nobelprize.org/nobel_prizes/peace/laureates/1978/
http://en.wikipedia.org/wiki/Menachem_Begin


人気Q&Aランキング

おすすめ情報