自宅にダックスのメスがいて昨日動物病院から
犬ジステンバー
犬伝染性喉頭気管炎(A2)
犬パルボウイルス感染症
犬伝染性肝炎(A1)
のワクチンをうちに来てください
と葉書がきていました。
あまりお金がなので余分なのはいらないと思っているのですが
どれも最低限必要なワクチンなのでしょうか??
申し訳ありませんが御指導していただけれありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ワンちゃんを飼われているのに、最低限必要な条項をお調べにならなかったのでしょうか。


質問に唖然としてしまいます。

特に私は詳しいわけではありませんが、質問にあげられている病気は全て同一の一回の注射に含まれています。
(4種混合ワクチンとかサイトや本で見たことはありませんか?)
金額は病院やお住まいの地域によって様々ですが、念のために獣医さんに聞いてみてください。
ちなみにどれも必要なワクチンです。

仔犬であるなら、2回から4回のワクチン注射が毎月必要です。
更にこの時期から蚊が出始めるため、フィラリアの駆虫薬も必要です。
こちらは秋まで続きます。
そのくらいの金銭的な余裕は最低でも必要です。
そういったことも調べずにワンちゃんを迎えたなんて、本当に信じられない事実です。

とりあえず、簡単に説明されている物を見つけたのでURLを必ず読んでください。
とても大切なことですよ。

参考URL:http://www.jyu-i.com/p_prevent/prevent.html
    • good
    • 29

あなたが挙げた混合ワクチンとは、狂犬病ワクチンと違い「義務」ではありません。

金剛ワクチンを接種しているかしていないかで、感染したときにどれだけ軽症で回復できるか、が違ってきます。ワクチンを打っていれば免疫ができているので、その病原体が体に入ってきても身体の中でしっかりとやっつけることができますが、接種していなければ感染症が悪化することもあります。若くて元気な1〜6歳くらいなら身体も丈夫で感染してもなんとかなるかもしれませんが、子犬のときや高齢になってからは免疫が下がってくるため、接種しておくことが懸命だと思います。接種をして感染症から身を守るか、それとも感染して症状が出てから病院で処置を受けるか・・。どちらのリスクを取りますか?
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_橘和子

職業:ペットケアアドバイザー

動物看護師時代に培われた医療及び介護や行動学、訓練の知識やスキルを活用し、会員にはあらゆる情報を惜しまず提供。「大自然の中で犬が犬に戻る時間」や「飼い主の心をサポート、そして犬の心をケアするサポート」に、ホテルや託児などを提供している。

詳しくはこちら

専門家

犬のワクチンは混合ワクチンが主流です。

多くの動物病院で3種混合、5種混合、7種混合ワクチン(最近はそれよりも多くの種類の混合ワクチンもありますが)の3パターンから選択することになります。ワクチンメーカーによって、混合ワクチンに含まれる対象疾患が異なりますが、どのワクチンであっても「犬ジステンパー」と「犬伝染性肝炎」の2つは必ず含まれています。これはこの2つはワンちゃんが必ず受けておきたいものということを指しますので、少なくともワクチン未接種は避け、3種混合は最低限打っておきたいと捉えてください。また、何種の混合ワクチンを受けるべきかは、ワンちゃんの年齢や体調、生活している地域での疾患の流行具合、ドッグランやペットホテルを利用するかどうか(多くの施設でワクチン接種歴についてのルールがあります)も加味しなくてはいけません。また将来的に続けて行くためにも、飼い主さまの予算も大事な要素になります。これらを含め、動物病院でどの種類を接種するか、ご相談してみてくださいね。
    • good
    • 0

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する獣医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

購入時のワクチン接種用紙があるはずです。


うちなら、5種ワクチンと狂犬病予防接種とフィラリアの薬は、絶対です。

犬は、蚊に刺されたら死にたりますから!(フィラリア)

お客さんが来て噛み付いたら、病院連れて行き『狂犬病』と診断されると罰金と、犬を罰金払うまで返してもらえません。(狂犬病予防法により)

ワクチンは、年1回必須です。
    • good
    • 27

仔犬ちゃんでしょうか?


なら素直にケチらずに摂取した方が無難と思いますよ。
なにがおこるかわからないので。
お値段は病院というより、地域によってバラバラと思います。
私の住んでいるところは高いのに、他県の方は半額くらいの値段で驚きました。<5種ワクチン4500円だそうです。
狂犬病のワクチンは毎年摂取が義務ですけど、5種等は飼い主さんの判断でしょうね、お出かけするなら必要です。<ドッグカフェなどしてないと入れてもらえません。
私は何かあったら困るので、毎年7種ワクチンをしていますが。
ワクチンの効果が3年くらいある、と言う方もいます。
詳しく知らないので、1度調べてみてはどうでしょうか?
信憑性が高ければ、そのような形にされてもいいのでは?と思います。

私もワクチンよりもフィラリアの方が気になります。
絶対にフィラリアだけはケチらないでくださいね。
これは飼い主さんがちゃんとしてあげれば、100%防げます。
人間は蚊に食われても大丈夫ですけど、犬の場合は白血球?がこいついい奴~と思うのか知りませんが、退治してくれません。
人間と同じ感覚で大丈夫、と思わないようにしてください。

余計なお世話かな?と思いつつ。
お金がない場合、ペット保険入ってると安心ですよ。
健康な間はもったいないですけど、出て行くとき万単位なので。
なかなか難しいかもしれませんが、一考してみてください。
    • good
    • 14

実はそれ全部でも、数を減らしても、逆に数を増やしても金額は同じですよ。


(実は私も知らなくて一月前に獣医に聞いて知った.....)

ご質問では4種ですか?通常は最低でもその程度は打ちます。
5種を超える場合は、その必要性を考えて打ちます。

あと、本当はかかれているものの他に、フィラリア予防薬が欲しいです。
これが一番高いんですけど.....
蚊に刺されるとやられる可能性のある寄生虫の駆除です。
    • good
    • 21

#2です!


以前の質問を見ました。質問をしたにも関わらず、大多数のかたの反対を押しのけて仔犬を飼い始めたんですね?
仔犬のワクチンプログラムを至急獣医さんに組んでもらって下さい。あなたの夢は諦めたんですね?せめてワンちゃんの事を考えて行動してください!!
今年はきっとお金がかかりますよ、仔犬は体調を崩しやすいので、病院に行くと、1回で万札が飛びます。無駄になるかもしれませんが、ペット保険も入った方が良いです。

これから、色んな問題行動も出てきますが(アマ噛み・トイレの失敗・等々)飼育放棄はしないで下さいね!!

ところでアパートはペット可ですよね?
最後に大勢のご意見を貰っているのに、自分の意見に反する?からですか?お礼文位は出しましょうよ(ありがとうの一言でも)
    • good
    • 29

散歩に出ず、ペットショップにもあなたもご家族もおうちにくる知人も行かないのであるなら必要はないかと思います。

が自己判断で決めてください。

今あがっているワクチンは最低限でありもしもどれかにかかったらワクチン代よりも費用はかかり死に至るものもあります。

できれば打っておいたほうがお得だと思います。

ほうぼうの病院に電話をし5種でいくらかを聞いてリサーチして見たらどうですか?

以外と病院ごと値段は違うものですよ。
    • good
    • 9

お住まいの地域や犬種によって違いますが、一番ベターなのは8種ですかね。

仔犬と言うわけではないですよね?その場合はまた話が変わってきます。仔犬であれば生後60日に5種・90日8種・120日8種・その2週間後に狂犬病ワクチンと言うプログラムが普通ですね!!

成犬で有れば1年に一回の8種と狂犬病ワクチン(狂犬病ワクチンは法令で打たないと処罰されますよ)

ワクチン代をケチってウィルスに感染したら莫大な金額になりますので、ケチらないで下さい。

お金が無いと言う事ですが、1年に1回のせいぜい8千円も無いんですか?(病院によって価格は違いますが)せめて毎月5千円位はワンちゃんの為の貯金をして下さい。
    • good
    • 17

こんにちは。



補足をお願いします
室内犬と云いますが 散歩は外に出ますか?
    • good
    • 46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダックスが水入れにウンコをします。 私は犬には詳しい方なのですが飼っているダックスが水入れにウンコを

ダックスが水入れにウンコをします。
私は犬には詳しい方なのですが飼っているダックスが水入れにウンコを入れるのが理解できません。そのせいで水が飲めず私が帰ると変えて欲しいと言って来ます。ダックスはケージに入れる事は無く25錠のリビングに放している15歳の老犬ですが若い頃もたまにはしていましたが最近は毎日です…。習性とかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

随分器用なダックスさんですねぇ(^-^)
もしかしてたまたま水入れにウンチをした時、飼い主さんは一言ダメと言わず、大騒ぎしましたか?それを喜んで貰える、褒められると思っているのでは?

留守中にするのかと思うのでなかなかすぐ注意は出来ないですよねぇ?で、対策を3つ考えました。

・水入れの場所をトイレだと思っているならその場所にトイレシートを敷き、水入れは別の所に移動する。

・移動しても水入れにするならもう一つ水入れを用意する。

・水入れ場所はどうしても移動出来ない様ならダックスさんの飲み易い水入れの台を用意してウンチを出来ない様にする。【一応その周りにトイレシートを敷いておく】

どうでしょうか?

Q生後9か月のダックスが散歩中にリードが外れた中型犬と遭遇し、興奮状態が収まらない時について

今朝の出来事ですが、父が生後一年のダックスA(オス・臆病でおとなしい性格・体は大きい)と生後9か月のダックスB(オス・やんちゃで暴れん坊な性格・体は小さい)を連れて、毎日散歩する公園に行ったところ、よく見かける中型犬がのリードが外れ近づいてきたようです。
襲ってきたのでは無く、「遊ぼう」的な感覚で来たのかもしれませんが、驚いた父がとっさに中型犬を捕まえ、誰も怪我することなく、飼い主が来て連れて帰ったのですが、それからダックスBがやたら興奮して収まりません。

我が家では家の中を自由に歩けるようにしており、ダックスBは家の中で吠えながら走り回り、テーブルなどの高いところに上がり、抱っこもせがみ窓の外を見て何度も吠えます。
落ち着かせようと抱きかかえて胸のあたりポンポンしてたら落ち着いたのですが、それまでに何度も手をかまれ、開放するとまた吠え続け、物音がしてもやたら吠え、夕方同じコースを散歩に行こうとしたら、歩こうが抱っこしようが吠えまくりで帰宅してきました。

そこで教えてください。
①犬を落ち着かせるには、どうすれば良いのでしょうか?
私は犬が「お座り」している状態で後ろから包み込むように抱き、胸のあたりをポンポン撫で、お腹を出したらお腹を撫でていました。母はなぜかおやつを与えていました。
(ですが一時的なもので、しばらくするとまた興奮状態が再発します。)

②今回の件で、今後は散歩コースを変えた方がよいでしょうか?

③ダックスAの方はもともと臆病で最初は震えていましたが、今は落ち着いてもとに戻りました。
もともとおとなしい子は、怖い経験をした時のサインなどはあるのでしょうか?

④ドッグラン未経験で他の犬が集まるところは行ったことがありません。体験しておくべきでしょうか?

宜しくお願いします。

今朝の出来事ですが、父が生後一年のダックスA(オス・臆病でおとなしい性格・体は大きい)と生後9か月のダックスB(オス・やんちゃで暴れん坊な性格・体は小さい)を連れて、毎日散歩する公園に行ったところ、よく見かける中型犬がのリードが外れ近づいてきたようです。
襲ってきたのでは無く、「遊ぼう」的な感覚で来たのかもしれませんが、驚いた父がとっさに中型犬を捕まえ、誰も怪我することなく、飼い主が来て連れて帰ったのですが、それからダックスBがやたら興奮して収まりません。

我が家では家...続きを読む

Aベストアンサー

首輪を持って地面に押さえつけます、リードならリードの首輪近くを地面に踏んで押さえつけます

身動きできない状態にして、5~10分、それで静かになったら抱き上げて、ポンポンです。

自由に動き回る事ができないようにするのが先決ですよ

Q狂犬病ワクチン・犬鑑識 必要がないドッグランを教えてください(関東)

わけがあって、我が家のワンコは 狂犬病のワクチンを打てません。
(副反応が出ます。)
ワクチン証明や犬鑑識がなくても利用できるドッグランがありましたら
どうぞ教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

体の問題でワクチンが打てない場合は、
http://cordy.monolith-japan.com/news/4527/
こういうふうに猶予の証明を出してもらうといいかもしれません。
ただし、猶予の証明があろうと、ワクチンを打ってないということになりますので、
入れない、利用できないランのほうが多いかもしれませんね。

全国で、公園を無料のランにしているところはあるかと思いますが、
鑑札や、年ごとの狂犬病ワクチン接種証明書などをまず公園管理に提出し、
登録してないと使えなかったりするところがほとんどだと思います。

また、もしも登録が不必要なところであっても、やはり利用するマナーとして、
接種をしている他の犬がいる同じスペースで、ワクチンを打ってない犬を
一緒に遊ばせると問題が起きる可能性もあります。
(万が一の喧嘩などのときにも、ワクチンを打ってないということで
一方的に加害者にされる可能性も...)
なので、オープンスペースで、他の犬と一緒というのは
たとえ証明がいらなくても犬のためには諦めたほうがいいかもしれません。

思うに、完全貸切にできるランでしたら、そういう場合でも
相談して利用できるのではないでしょうか。
屋内型、あと庭などがあるカフェタイプのランですと、
貸し切りも可能なところもあります。
屋外のところでも貸し切りが可能なところもありますし、
犬仲間でまとめて一緒に貸し切りにしたら、(理解があるご友人の犬となら)
一緒に遊べると思いますし、安くもなるでしょう。
犬オフ会とか、パーティーなどでは、仲間で貸し切りということも多いようですし。

関東と言っても漠然としていて広すぎるので、全然近くない可能性もありますが、
一例として。(猶予証明があったら使えるかどうかは
それぞれに問い合わせないと不明ですが、貸し切りのところということです。)

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=16138
栃木の貸し切りドッグラン。コテージつき。

http://www17.plala.or.jp/rubygarden/
群馬のドッグラン、ドッグカフェ。完全予約貸切。

http://www.dog-alice.com/
神奈川のドッグラン。小・中型犬用ドッグランと大型犬用ドッグラン、貸切ドッグランに分かれています。

体の問題でワクチンが打てない場合は、
http://cordy.monolith-japan.com/news/4527/
こういうふうに猶予の証明を出してもらうといいかもしれません。
ただし、猶予の証明があろうと、ワクチンを打ってないということになりますので、
入れない、利用できないランのほうが多いかもしれませんね。

全国で、公園を無料のランにしているところはあるかと思いますが、
鑑札や、年ごとの狂犬病ワクチン接種証明書などをまず公園管理に提出し、
登録してないと使えなかったりするところがほとんどだと思います。

また...続きを読む

Q犬のしこり、どうすればいいですか⁇ ご意見、お聞かせ下さい。 10才になるダックスの女の子です。 先

犬のしこり、どうすればいいですか⁇
ご意見、お聞かせ下さい。
10才になるダックスの女の子です。
先月末に子宮蓄膿症の手術をしました。
初めての病気で入院、手術となり愛犬も家族も心配で可哀想で精神的にショックで大変でした。その退院の時に獣医さんから「脇腹にしこりが有りますね、簡単に調べたら多分大丈夫だけど病理検査しないと100%じゃないです」と言われました。
最近足の付け根にもしこりを見つけて二箇所共2センチを超える位です。
病院によっては悪性の癌でなく脂肪でも取るところと経過観察するところが有ります。
今は、とても元気してます。
無駄な手術はさせたくないし、でも気になるし……どうしたいいでしょうか?

Aベストアンサー

うちは一回目の子宮蓄膿症の手術、腫瘍が見つかってすぐ手術をする!と決意してからも、獣医さんに言われて、即手術ではなく(やはり体にダメージを与えるので)、しばらくおいてから、でした。
そのときかなり乳腺も除去しました。

そのあとも腫瘍はぽちぽちできましたが、悪性ではなかったので、温存でした。
最初の手術から6年くらい間をおいて、腫瘍が握りこぶし大ぐらいになるまで放置しておいても大丈夫でした。(もちろん悪性ではなかったからです)

その2回目の手術を伸ばしたのは、15歳を超えていたからです。

雑種でとても頑丈な子でしたが、やはり体にメスを入れるのは心身ともにストレスを与えるので。
退院したときは、20針以上縫っていたのにもかかわらず、ダッシュして家に帰りたがるくらい、病院嫌いになってしまいました。(獣医さんのことは大好きなのですが)
夜通し吠えていたそうで、退院したときは声も枯れて出ていない状態でした。

結局老衰で19歳で亡くなりましたし、最後の一日まで自分でトイレもできましたし、1分程度の散歩もしましたが、もし、若いときに避妊手術をして子宮をとっていれば、もっと長生きしたのかな、とも思います。

年齢にもよりますし、その子の持って生まれた頑健さも左右しますが、直ちに命にかかわるわけではないのなら、温存療法もありますよ。
心配なら、セカンドオピニオンもありますし。
まずは病理の結果とお医者様のご意見を聞いて、よく考えてくださいませ。

うちは一回目の子宮蓄膿症の手術、腫瘍が見つかってすぐ手術をする!と決意してからも、獣医さんに言われて、即手術ではなく(やはり体にダメージを与えるので)、しばらくおいてから、でした。
そのときかなり乳腺も除去しました。

そのあとも腫瘍はぽちぽちできましたが、悪性ではなかったので、温存でした。
最初の手術から6年くらい間をおいて、腫瘍が握りこぶし大ぐらいになるまで放置しておいても大丈夫でした。(もちろん悪性ではなかったからです)

その2回目の手術を伸ばしたのは、15歳を超えてい...続きを読む

Q犬のワクチン接種についてご意見ください

1歳半のシーズーを飼ってる者です。

ネット上で、一年に一回のワクチン接種は犬に負担をかけるとのことであまり推奨しないと書かれていたので昨年7月に初めてのワクチン接種(生後4ヵ月頃)をして以来、今年はまだ打ってません。
ですが、ペットホテルやトリミングに預けようとすると1年以内のワクチン接種が必要の場合が多く困ってます。

そこで質問です。
①ワクチンの抗体価検査をして抗体ができてた場合「この子はワクチン接種してる状態とかわりませんよ」という証明になりますか?またその証明ができる書類等はもらえますか?
②上記でそれを発行してもらえた場合、年1のワクチン接種を必須としているショップに提示し利用させてもらえますか?またそういった経験のある方はいますか?
③抗体価検査に費用をかけるならワクチン接種をした方が経済的という情報を見聞きしました。それについてどう思いますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

動物看護師です。

ワクチン接種は体に負担がかかるので、万が一愛するシーズーちゃんに何かあったら・・・と心配になりますよね。

①と②についての回答ですが、まず不可能に近いです。もしかしたら、証明書を出してくれる獣医師なども存在するかもしれません。しかし私が働く中でそのような獣医師は見たことがありません。勿論、病気や高齢を理由にワクチン接種を免除される場合もありますが、そういった子達はお散歩はおろか外出さえままならない状態の子が多いです。
ワクチンが何故、体に負担がかかるのか・・・。それは我々も含めた、生き物における免疫や抗体の獲得の方法にあります。生き物にとって害のあるウイルスや菌に対して、生き物は常に受動的です。侵入したら対処するというものです。つまり、体に侵入しない限りはその病気に対する免疫や抗体を獲得できません。ワクチン接種を行なっている病気は、ワンちゃんが通常かかる風邪や病気とは訳が違います。つまりはいつも持っている免疫や抗体では対抗が出来ない病気です。なので、ワクチン接種が義務となっている訳です。ワクチンは一度、病気の原因となるウイルスや菌を弱体化または殺した状態で人為的に体に侵入させます。しかし弱体化または死んだ状態なので、普通に感染するよりも簡単に免疫抗体を作ることができます。ただ、ワンちゃんは生き物です。何が起こるかわかりません。ワクチンに対してショックを起こす子もいれば、死んでしまう子もいるのは事実です。ただし、ごく少数です。

ワクチン接種は飼い主さまとしての義務であり、シーズーちゃん自身を守るだけでなく他の方が飼うワンちゃんを守るものです。
仮にワクチンが怖いからと接種をしない飼い主さまが増えたとしましょう。そうすると、今までワクチンで防いでいた感染症にかかるリスクが増します。お散歩で会ったワンちゃんは、もしかしたら感染症を持っているかもしれません。それに接触したシーズーちゃんは、飼い主さまの知らない間に感染症にかかっているかもしれません。中には感染力の非常に強い病気もあります。動物病院ではワクチン接種を怠ったばかりにその病気になって来院する子もいます。
以前、パルボウイルスという非常に強力な感染症のワンちゃんが来院しました。飼い主さまはパルボウイルスの感染経路やどんな症状でどんな病気かも知りませんし、ワクチンも接種していませんでした。なので、電話もなく、初診で普通に待合室にいらっしゃって「下痢が続いている」と受付をし、待っておられました。我々は万が一を考え、オムツをはかせて、待機してもらいました。しかしワンちゃんはそれ以上に調子が悪く待っている間に大量の下痢をしてしまい、我々スタッフは膝から崩れ落ちる勢いでした。パルボの下痢はなんとなく臭いが違います。なのでスタッフ全員「あぁ…下痢ってパルボかよ」と落胆し、ワンちゃんと飼い主さまを隔離した後、待合室に居合わせたワンちゃん全員に抗体検査とワクチン接種を行いました。全額、動物病院負担です。中にはどうしても接種ができない病気の子がいて、飼い主さまはパルボにかかったワンちゃんの飼い主さまと激しい口論になりました。動物病院側としては、ワクチン未接種の子は様々なリスクがあるので・・・来てはほしくありません。一言で言えば「迷惑」です。

もしも、お腹の中に寄生虫を持ったワンちゃんを散歩している飼い主さまがいて、シーズーちゃんが接触した時に、そのワンちゃんの糞を偶然に食べてしまい、感染したらどう思いますか?「駆虫と予防ぐらいしてよね。本当に迷惑だ」と思いませんか?あなたはその迷惑を周りに振りまく飼い主さまになる可能性があります。先も述べましたように、中には病気や高齢などの理由でワクチン接種をしたくても出来ないワンちゃんがいます。ワクチン未接種のワンちゃんの存在は、その子たちの感染症に対する脅威です。ワクチン接種はあなただけの問題ではないことをご理解ください。
中には「狂犬病を含め、ワクチン接種をしている病気なんて聞いたことない」と拒否される飼い主さまがいらっしゃいます。聞いたことも、見たこともないのはワクチン接種が今までずっとされている証です。昔は予防出来た病気で、バタバタとワンちゃんやネコちゃんが死んでいきました。フィラリア症も昔はポピュラーな死因でしたが、今は予防薬・駆虫薬が飼い主さまに浸透したお陰でめっきり見ない病気になります。

③の回答ですが、検査費はやはり高額になります。ペット保険も「治療」ではなく「健康診断」の領域に入ると思いますので、補償はされません。(ワクチンも同様ですが)全額自己負担になります。
今後ずっとワクチン接種をされなければ、免疫と抗体は徐々になくなっていきます。勿論、感染すれば別ですがね。免疫と抗体は個体差はありますが、半永久的ではありません。人でも「麻疹の抗体が云々」とニュースでやっていましたよね。
要は免疫と抗体がなくなってからどうする?というお話です。飼い主さまはシーズーちゃんの負担や病気を心配されているようですので、感染しないよう完全室内飼い(散歩も外出もなし)になります。動物病院に行く時も他のワンちゃんやネコちゃんが、病気を持っている可能性があるので、誰もいない時間に来院されるのが良いでしょう。外出も空気感染のものもあるので、外気と触れ合わないよう車での移動になるでしょう。トリミングも他のワンちゃんから病気をもらう可能性があるので、ご自分でカットされるのが良いと思います。さて・・・どうでしょうか?ワクチン接種がなければ、飼い主さまがシーズーちゃんの免疫・抗体となるよう動くしかありません。時間的にも、体力的にも、金銭的にも大変なことです。

ワクチン接種の有無は飼い主さまの自由です。
ワクチンによる体の負担や死亡例は現実としてあります。問題は何をとるか、です。ワンちゃんの幸せはワンちゃんにしかわかりません。我々人間はそれを想像し、汲み取ってやることしかできません。
ただ、自分が同じ立場になった時・・・どちらの方が辛いのか。自分だけの問題なのか。周りに迷惑はかけることはないのか・・・考えてみて下さい。

心配な気持ちもわかります。私も心配です。
心配であれば獣医師や動物看護師にとことん聞いてみて下さい。きっと飼い主さまが納得するまで話を聞いてくれるはずです。
参考になれば幸いです。

動物看護師です。

ワクチン接種は体に負担がかかるので、万が一愛するシーズーちゃんに何かあったら・・・と心配になりますよね。

①と②についての回答ですが、まず不可能に近いです。もしかしたら、証明書を出してくれる獣医師なども存在するかもしれません。しかし私が働く中でそのような獣医師は見たことがありません。勿論、病気や高齢を理由にワクチン接種を免除される場合もありますが、そういった子達はお散歩はおろか外出さえままならない状態の子が多いです。
ワクチンが何故、体に負担がかかるの...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報