現在アメリカの大学でFilm Studyの授業をとっているのですが、今のトピックがfilm noirについてで、今度の課題で1931年製作のギャング映画「民衆の敵(public enemy)」の主人公トム・パワーズ(ジェームズ・キャグニー)の人物像と他のCrime Filmの主人公とを比較したエッセイを書かなくてはいけないのですが、もともと自分がfilm noirというジャンルにうとく、crime film自体もあまりみたことがないためなかなか上手く案がまとめられません。
どなたかfilm noirまたはcrime filmに詳しい方アドバイスお願いできないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はサンフランシスコ州立大学にて映画学科を取ったのですが,やはりのワールはさけて通れないジャンルですね。



元々フィルムノワールが出始めた'40年代は,大恐慌の傷跡がアメリカ文化に根強く残っていて,また,第二次世界大戦の影が(開戦以前,以後も)文化にも影響を及していた時期です。'30年代のの映画の代表作として,ハンフリー・ボガート出演の"THE PETRIFIED FOREST"(化石の森)、マーヴィン・ルロイ監督作の"I AM A FUGITIVE FROM A CHAIN GANG"(仮面の米国)などがあり,これらはノワールの前哨とも言える作品だと思います。

以降の代表作で言えば,オーソン・ウェルズの"Touch of evil"(黒い罠)などが入門向けの作品だと思います。ジュールス・ダッシンのフランスノワール"Rififi"(男の争い)、なぜか日本で無視されているビリー・ワイルダーの代表作"Double Indemnity"(深夜の告白)などがお勧めです。それらの作品がなぜ、各々の時代に作られたのか,その辺を詳しくリサーチしてはどうでしょうか?

ノワールは元々はアメリカ本土でB級扱いされていたジャンルで,ヨーロッパ,特にフランスの映画作家が、後々にその手の映画を高く評価していったというのはもう既に授業で聴いたと思うのですが,そちらの方面から調べていくと,ペーパーで高い評価が得られるのではと思います(ボクもそうでした)。多くの先生はEuro centricな方が多いので....
    • good
    • 0

加藤幹郎氏の『映画ジャンル論―ハリウッド的快楽のスタイル』が参考になります。



ひとつの切り口として、当時のアメリカ映画の自主規制で、反社会的な要素(犯罪、不倫など)を魅力的に描いてはいけない、というのがあって、だからギャング映画の主人公は最後には死んでしまう、という特徴があります。

フィルム・ノワールにおける人物造形は、むしろ前記の規制に対する反動であるかのように、人間の悪の部分を主題に据えているように思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「民衆の敵」エンデイングについて教えて下さい

先日ジェームズ・キャグニー主演「民衆の敵」を観ました。
DVDではキャグニー演じるトムの惨殺体が実家に投げこまれ、呆然とする兄の姿を映し出したあと
「トムの死によって ギャングの抗争は終りを告げた」云々のテロップが流れます。

しかし、下記の粗筋によると この後、兄(粗筋では弟となっています)は手榴弾を持ち復讐に向うとあります。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8814/story.html?flash=1
「民衆の敵」には2種類のエンディングがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。調べてくれる人がまだいないようなので、久々にこのカテゴリーで回答しましょう。

 お示しのgooのデータベースの実質はキネ旬のもので、それは原則として公開時の紹介記事が基になっています。一方ご覧になったDVD版というのはこちらにあるように約82分ですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23084
 その上で本国のデータベースを調べると
> Original U.S. theatrical release ran 96 minutes.
http://us.imdb.com/title/tt0022286/alternateversions
とあり、オリジナル版からは14分ほど短くなっているのが判ります(これではフィルムのリールの丸々1巻ですねぇ)。ついでに、アメリカ版のDVDも同じ82分になっています。
 
 どういう理由でかは判りませんが、カットされることで結末が変えられてしまったようです。社会的な意味でなら、抗争は抗争を呼ぶだけだから、ここで切って平和に片付いたことにしておこうということでしょうか。
 まさかDVD版の10分ほどの差が商業的に大きな意味を持っているとも思えません。長尺のためにディスクが2枚になるどころか、付録映像がやたらに長くあります。
 結局大方の理由は↑の方にあるのでしょう。私はアメリカ映画はほとんど観ませんでしたし、同じくそちらの業界に付いてもあまり良く知りません。いくらなんでも通常こんなひどいことは許されないはずですが、関係者ももうほとんど生存していないし、会社が勝手なことをやったような気がします。

 こんにちは。調べてくれる人がまだいないようなので、久々にこのカテゴリーで回答しましょう。

 お示しのgooのデータベースの実質はキネ旬のもので、それは原則として公開時の紹介記事が基になっています。一方ご覧になったDVD版というのはこちらにあるように約82分ですね。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23084
 その上で本国のデータベースを調べると
> Original U.S. theatrical release ran 96 minutes.
http://us.imdb.com/title/tt0022286/alternateversions
とあり、オリ...続きを読む

Qギャング映画でお薦めの映画を教えてください。

ゴッドファーザーシリーズとワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカは見てしまったので他のもので。

Aベストアンサー

こんにちわ。
ギャング映画だと
マーティン・スコセッシ監督の「グッドフェローズ」
「スカーフェイス」
「カジノ」
「ミラーズ・クロッシング」
「コーザ・ノストラ」
「デンバーに死す時」
ですかね。
特に「グッドフェローズ」は実話が元になってるんですけど、かなり面白いですよ。

Q山田洋次、藤田敏八、山本薩夫、今井正、増村保造の各映画監督につき意見を聞きたく。

・山田洋次---松竹が育てた名映画監督。「男はつらいよシリーズ」で知られるが、私は1970年の映画「家族」に一番感動しました。
・藤田敏八---日活出身。青春映画に名作が多いですが、「8月の濡れた砂」よりは1978年の「帰らざる日々」が好きですね。故人。
・山本薩夫---社会派映画の巨匠。パワフルな作風に圧倒されます。
「傷だらけの山河」「氷点」「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」を鑑賞しましたが、「真空地帯」を見てみたい。故人。
・今井正-----山本薩夫と並ぶ社会派映画の巨匠。1953年頃の「ひめゆりの塔」を見てみたいです。故人。
・増村保造---大映が生んだ名監督。「黒の試走車」「黒の報告書」「夫が見た」「黒の超特急」「陸軍中野学校」「大悪党」「動脈列島」
を見ましたが、他にお勧め作品はありますでしょうか?故人。

個人的に大好きなこれらの映画監督の印象を他の皆様からも聞いてみたく。

Aベストアンサー

山田洋次→ 私も個人的には「家族」が一番好きです。
1961年(二階の他人)の初監督以来、喜劇路線が中心だった監督が、1970年に撮った作品「家族」には驚嘆し感動させられました。
現代にも通じる家族が抱える問題を提起していて驚かされます。
一家族の旅の中に高度成長途上の日本が炙り出されていて、単なるロードムービーに終わっていないところが凄いと思います。
「男はつらいよ」は1960年代の作品は評価しています。

藤田敏矢→わが青春の巨匠。
デビュー作の「非行少年 陽の叫び 1967年」は、監督の原点であり妙に心に残る映画でした。
藤田監督の作品はすべて鑑賞しました。
妙に軽い感じとアンニュイな雰囲気、そして監督特有のエロス、どれもが時代にマッチしていてせつなくなります。
音楽の使い方もうまいです。
「野良猫ロック」「八月の濡れた砂」「エロスは甘き香り」「赤ちょうちん」「妹」「バージンブルース」「帰らざる日々」「十八歳海へ」
「もっとしなやかに もっとしたたかに」「スローなブギにしてくれ」
など、作品名を見るだけでもぞくぞく。
作品が優れているとかというのは別にして、作品の雰囲気が大好き。

山本薩夫→骨太な社会派監督ですね。
「傷だらけの山河 1964年」は痛烈な社会派ドラマで、印象に残っています。
「荷車の歌 19559年」は、人生とは?考えさせられる内容でした。
徳島ラジオ商殺し事件を扱った「証人の椅子」に、長編の「戦争と人間3部作」は見ごたえがありました。

今井 正→といえば絶対「キクとイサム 1959年」です。占領時代の落し子である混血児姉弟が明るく生きる姿をいきいきと描いています。
「純愛物語 1957年」も衝撃的でした。

増村保造→ねっとりしたような独特雰囲気があります。
個人的には「氷壁 1958年」「悪名縄張り荒らし 1974年」「大地の子守歌 1976年」「曽根崎心中 1978年」などが好きな作品です。

名監督が生み出した名作品は、時代を超えて人々に感動や面白さを伝え続けていく文化資産だと思いますね。

長文になり申し訳ございません。ご参考になれば幸いです。

山田洋次→ 私も個人的には「家族」が一番好きです。
1961年(二階の他人)の初監督以来、喜劇路線が中心だった監督が、1970年に撮った作品「家族」には驚嘆し感動させられました。
現代にも通じる家族が抱える問題を提起していて驚かされます。
一家族の旅の中に高度成長途上の日本が炙り出されていて、単なるロードムービーに終わっていないところが凄いと思います。
「男はつらいよ」は1960年代の作品は評価しています。

藤田敏矢→わが青春の巨匠。
デビュー作の「非行少年 陽の叫び 1967年」は、監...続きを読む

Qブラジル産の、ブラジルのギャングと警察の抗争を描いた映画で、90年代以降の映画を紹介してください!

ブラジル産の、ブラジルのギャングと警察の抗争を描いた映画で、90年代以降の映画を紹介してください!

「エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊Bope」を観て、こんな感じの作品をもっと観たいと思いました。

Aベストアンサー

『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』(2010年)の前作『エリート・スクワッド』(2007年)は観られましたか?
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_218.html

質問者さんが求めるモノとは違うかもしれませんが、同じ監督の『バス174』(2002年)はどうでしょうか。
http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=364

ブラジル映画で犯罪モノといえば『シティ・オブ・ゴッド』(2002年)がすぐ思い浮かびますが、その影響で邦題が『シティ・オブ・マッド』(2008年、『バス174』と同じ事件を描く)や『テリトリー・オブ・ゴッド』(2010年)などといった作品が出ていますね。
http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=1028
http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBE000053163
http://www.curiouscope.jp/product/%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89/

『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』(2010年)の前作『エリート・スクワッド』(2007年)は観られましたか?
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_218.html

質問者さんが求めるモノとは違うかもしれませんが、同じ監督の『バス174』(2002年)はどうでしょうか。
http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=364

ブラジル映画で犯罪モノといえば『シティ・オブ・ゴッド』(2002年)がすぐ思い浮かびますが、その影響で邦題が『シティ・オブ・マッド』(2008年、『バス174』と同じ事件を...続きを読む

Q俳優・草野大悟について

昨日の質問内容が漠然としていたため再度、質問をさせて頂きます。 「死ぬにはまだ早い」や「豹は走った」などに出演していた個性派俳優の故・草野大悟(くさの だいご)と、今井正監督の「真昼の暗黒」でデビューした松山照夫(まつやま てるお)が兄弟との噂を聞いたのですが、二人のプロフィールには記載しておらず真相が掴めませんので、どなたか詳しい方がおられましたら御一報くださいませ。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 かなり古いですが基本的なことには変化は無いので手元の『日本映画俳優全集』(1979、キネマ旬報社)を参照してみると。
 草野さん・・・1939年9月、鹿児島市生まれ。市立玉竜高校卒、明治大学入学。芸名の記載が無いため本名と思われます。
 松山さん・・・1932年9月、北海道深川市生まれ。道立深川高校卒。芸名の記載無し。
 この俳優事典は父母兄弟や親戚等で同業または類縁の業界にいる者が存在する場合、相当の割合で記述されています。この二人は顔写真もあり、4段組の1段程度とは言え中堅以上の実績がある人です。実際にそのような関係があれば言及されないとは思えません。
 もちろんその事実が発刊後に判明したというようなことがあったかもしれません。ですがその場合にもこれだけ離れた場所で生まれ、それぞれ生地で育っているようですから、全く同じ父母の子とは思えません。
 これだけの事実では可能性を排除することは出来ませんが、どちらかと言うとただの噂だと感じます。

 ウェブではこのような俳優人名事典が公開される可能性は将来も無いと私は思っています。
 実は何ヵ月か前に図書館の除籍資料でこれがリサイクル棚に載っているのを見かけたものの、私はそのままにしました。年次が古いのは事実としても、読んでも面白いですし、役に立つ部分も大きくあります。オークションでも1000円台ですから1冊手に入れてみるのも良いかもしれません。
 映画ではありませんが、草野さんはNHKドラマ『事件』シリーズが思い出されます。残念なことをしました。

 こんにちは。
 かなり古いですが基本的なことには変化は無いので手元の『日本映画俳優全集』(1979、キネマ旬報社)を参照してみると。
 草野さん・・・1939年9月、鹿児島市生まれ。市立玉竜高校卒、明治大学入学。芸名の記載が無いため本名と思われます。
 松山さん・・・1932年9月、北海道深川市生まれ。道立深川高校卒。芸名の記載無し。
 この俳優事典は父母兄弟や親戚等で同業または類縁の業界にいる者が存在する場合、相当の割合で記述されています。この二人は顔写真もあり、4段組の1段程度と...続きを読む

Qアメリカ 「ちびっこギャング」

50年程前でしょうか?

会社の先輩が子供の頃テレビで見ていたそうです。

アメリカで制作され 「ちびっこギャング」という名で放映されていたそうですが、現在どこかで観る方法はないでしょうか?

当時は白黒で、アメリカの子供達が主演だそうです。

Aベストアンサー

子供のころ見ました。

短いバージョンなら下記ページで見られます
http://blogs.yahoo.co.jp/kk12120928/32441279.html

英語版で良ければDVDが買えます
下記ページで「DVD&ビデオ情報」をクリック

http://teleplay.seesaa.net/article/5813776.html

Q終戦70周年に向けての 朝日新聞 による謝罪はどうあるべきでしょうか?

このたび、中国がユネスコに南京事件を世界遺産登録申請をおこないました。ここでもやはり例の朝日新聞の迷惑な活動のせいでしょうか?

↓衆議院では正しい検証がおこなわれていません。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b164335.htm

以下、参考サイト
http://www.history.gr.jp/nanking/moriou.html
<上記サイト引用>
朝日新聞の 今井正剛 記者という記者が「南京城内の大量殺人」という本を書
朝日新聞の 本多勝一 という記者が「中国の旅」という本を書

以下、参考サイトです。
本来の記事。平和よみがえる南京
http://www.history.gr.jp/~nanking/peace.html


戦後70周年を迎えるに当たって、常に真実を追究する 朝日新聞 は、世界・日本にどうのように謝罪記事を掲載すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

朝日新聞は、世界に向けて日本国を日本人を貶めた。廃刊にするべきである。その前に世界に向けてねつ造記事を謝罪し、日本国及び日本人の名誉を回復してから廃刊がよろしいかと思います。

Qサミュエル・ベケットの短編映画「Film」について

サミュエル・ベケットがシナリオを書いた短編映画「フィルム」(1965年or1964年作品)に出演していた喜劇役者の名前を教えてくださいな♪

Aベストアンサー

バスター・キートンです。
ヴェネチア国際映画祭で新鋭評論家賞をとっていますね。

参考URL:http://www.stingray-jp.com/allcinema/award/00146.php3

Q警察のいぬ

警察(軍隊でないほうがよい)が正義の名のもとに、人権を踏みにじり、人間の尊厳を蹂躙する・・・
そういうテーマを扱った映画をありったけ教えてください。
私自身が思いつくのは
『A』『A2』『日本の黒い夏~冤罪~』『真昼の暗黒』『足摺岬』『わが青春に悔いなし』『告白』『告発』『セルピコ』
監督でいえば今井正。家城巳代治。亀井文夫。山本薩夫。
C・コスタガブラス。アラン・パーカー。オリバー・ストーン・・・などなどで、今は他のがちょっと思い浮かびませんが、古今、洋・邦問いません。
警察の傍若無人振りを余すところなく描いたと思う上記のような作品を教えて頂きたいのです。
コメントも添えていただければうれしいです。
尚、こんな本もあるよ・・・というのでも構いません。
ただ、今回は軍隊、ナチスといったもの以外でお願いします。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 はどうでしょうか?大体は正義の内容ですが、監視カメラや職務怠慢など、警察の傍若無人振りを余すところなく描いていると思います。また、リアルな警察の内部事情や苦悩なども(本当の警察が観たらどうか解りませんが)面白いです。

Qギャングが出てくるこの映画タイトルを教えて下さい。

テレビの深夜放送で何年か前に見たと思います。
俳優などは、覚えていません。

冒頭(所々違うかもしれません)
何かの試合を見に行く為、男友達(4人位)が
キャンピングカーのような車に乗っています。

その内、どこか危険な町へ入っていってしまい
ギャングに追いかけられアパートの屋上から隣の
建物の屋上へと、ハシゴか棒を使い渡って行きます。
ここで1人だけ捕まってしまいギャングにお金での
交渉をしたのですが、そのギャングに撃たれ
屋上から落ちてしまいました・・・・・。
と、ここまでしか覚えてはいないのですが
これでは?というタイトルがありましたら
教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ジャッジメント・ナイト」(1993年 アメリカ)ではないでしょうか?
エミリオ・エステベス主演で、私も大変好きな映画でした。
サントラがまたかっこ良かったのですが、劇中にはほとんど使われていなかったはずです。

以下URLにはネタバレがあるので、注意してご覧ください。

goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10686/

allcinema ONLINE
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10336

みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=1392

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10686/,http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10336


人気Q&Aランキング

おすすめ情報