はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

質問させて頂きます。
16勝69敗で勝率が18.82%
では15勝54敗の時の確立は何%なんでしょうか?
できればどうやってその確立を出したのかも教えて欲しいです。
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

勝率=勝った回数÷全体の回数(勝った回数+負けた回数+(引き分けの回数))


パーセンテージであれば、これに100を掛ける。

16勝69敗の場合
勝った回数:16回
全体の回数:16+69=85回
∴ 16÷85×100=18.8235…≒18.82%

15勝54敗の場合
勝った回数:15回
全体の回数:15+54=69回
∴ 15÷69×100=21.7391…≒21.74%
    • good
    • 12

こんにちは。



勝率 = 勝利数/(勝利数+敗戦数)
です。
パーセントにしたければ、100をかけます。

15/(15+54)×100 = 21.7%



なお、
念のためコメントしておきますが、
勝率を計算するときは、引き分けを除きます。
(この問題の場合は、引き分けがないので結果に影響はないですが)


こちらは、将棋のプロ棋士の通算成績です。
http://www.shogi.or.jp/kisen/tuusann.html
いちばん左上のところに、羽生名人、中原十六世名人、谷川十七世資格者などの強い棋士の名前があります。
表の下に書いていますが、
羽生名人は持将棋(引き分けの一種)が1回、中原先生と谷川先生は3回あります。
計算をして確認するとわかりますが、持将棋を含めた総対局数ではなく、勝利数と敗戦数の合計で割り算しています。


こちらは、今シーズンのプロ野球の順位表です。
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/
計算をしてみるとわかると思いますが、やはり、勝率の計算においては、引き分けは対象外としています。
    • good
    • 3

訂正。



誤:15÷(15+54)×100≒21.73%
正:15÷(15+54)×100≒21.74%

勝率の場合は、切り捨てではなく四捨五入する必要がある為。
    • good
    • 0

勝率(%)=勝利数÷試合数×100


試合数=勝利数+敗退数+引き分け数

>16勝69敗で勝率が18.82%
16÷(16+69)×100=16÷85×100≒0.1882352×100≒18.82%

>では15勝54敗の時の確立は何%なんでしょうか?
15÷(15+54)×100≒21.73%
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勝率の計算方法

プロ野球のペナントレースの勝率の計算の仕方を教えてください。

「5試合 / 2勝2敗1分け」の場合は「勝率:500」となっています。

計算方法は、これしか思いつきませんでした…
        ↓
 勝数 ÷ (試合数 - 引き分け数) = 勝率

これで合っているのでしょうか?

間違っていましたら「訂正」をお願い致します。。。

質問番号:6673724

Aベストアンサー

結果的に計算方法は同じになると思いますが、野球の規則書には
勝率=勝数÷(勝数+負け数)とあります。
(参照)
公認野球規則2011版
10.21(a)「勝率を出すには、勝、敗の合計数で勝試合数を割る。」

Qエクセルかグーグルスプレッドで勝率計算

画像のように勝ちと負けの数字をいれていき 右のあいているところが自動で 勝率%で表示されるようにするにはどのようにしたらよろしいでしょうか

Aベストアンサー

勝率を表示する列に次のような数式を入力します。
A列に氏名、B列に勝ち数、C列に負け数としたときD2へ次の式を入力し、下へコピーする。
=B2/(B2+C2)
計算結果が小数になりますがExcelの場合は数値の表示形式を%に指定すると33%のようになります。
1%未満の表示桁数は任意に変更できます。
空欄の行がエラーになるのを防ぐにはIF関数で対処できます。
=IF(COUNT(B2:C2),B2/(B2+C2),"")

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q勝率の求め方を教えてください。(宿題じゃないです)

3勝2敗1分の勝率を求めたいのですが
(1)勝率=勝ち試合数÷(勝ち試合数+負け試合数)
(2)勝率=勝ち数÷(勝ち試合数+負け試合数+分け試合数)
どちらですか?
引き分けを計算するか、しないかの問題です。
勝率を求めるので、分=負と考えて良いのでしょうか。
それとも分はカウントしないで(1)でしょうか。
ご指導お願いします。

Aベストアンサー

私も「決め」であるという#3さんを支持します。
学問的な定義があるわけでもないでしょう。

個人的には引き分けも分母に入れて、
勝率、引き分け率、負け率で考えるのが良いと思います。

プロ野球は引き分けは数に入れない、で最近はやっていますね。
これも個人的には0.5勝0.5敗がいいと思います。

サッカーなどの勝ち点制は0.5勝に近いですよね。

勝ちは2点、引き分けは1点。
この方式だと勝ち点を3点ぐらいにしてもいいですよね。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q引分を勝率計算に含まないのは何故?

日本のプロ野球の勝率計算には引分を含みませんが、
これは何故でしょうか?
0.5勝0.5敗として計算すると何か不都合が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

理由をこじつけると、野球というゲームに求められます。
先発投手が勝っている時点で降板し、味方が逆転され負けてしまっても、その投手に負けがつきません。もちろん勝ちも。
そしてそんな試合が連勝中に入ったとしても、連勝が途切れたとは言いません。
なぜなら、その投手に勝敗がついてないからです。
また、打率に四死球は含みません。なぜなら故意四球もあり、決着がついてないからです。
出塁率というものがありますが、あれにだって失策での出塁は含まれません。
相手のエラーを誘う足、相手の守備の弱点に付け込む打撃も評価されません。
だって、打者が打ち勝ったのか、守備が守れなかったか、白黒つけられないからです。

こういったはっきりとしなかった勝負はカウントしないほうが、より野球らしいのです。
だからあえてこうしているのでしょう。

また、引き分けを0.5勝としたとき、勝ち越しているチームに不利に働きます。
20勝5敗のAチームと5勝20敗のBチームが闘ったとします。
このとき、Aは勝率0.800、Bは勝率0.200。
そしてこの試合で引き分ければ、Aは20.5勝5.5敗、勝率0.788。Bは5.5勝20.5敗、勝率0.211。
と、上位のチームが不利になります。
上位ならば当然強いわけで、決着がつくまでやればかつ確率が高いはずです。
なのに、不利になるのはおかしいのでは?

しかし勝率に引き分けを除けば、実質引き分けは、そのチームの最終勝率と同じ価値がでます。
勝率0.650なら引き分け一つが0.650勝の価値になったといえます。
完全決着(さらなる延長、もしくは再試合)にすれば、数字で見れば勝率と同じ確立で勝てるはずです。
だから、引き分けを計算から抜くことで、できるだけ強さに比例した価値を引き分けに与えることができるのです。

数字や確立とともにある野球に見事にマッチした制度だと思います。

理由をこじつけると、野球というゲームに求められます。
先発投手が勝っている時点で降板し、味方が逆転され負けてしまっても、その投手に負けがつきません。もちろん勝ちも。
そしてそんな試合が連勝中に入ったとしても、連勝が途切れたとは言いません。
なぜなら、その投手に勝敗がついてないからです。
また、打率に四死球は含みません。なぜなら故意四球もあり、決着がついてないからです。
出塁率というものがありますが、あれにだって失策での出塁は含まれません。
相手のエラーを誘う足、相手の守備...続きを読む

Q勝率をはじき出したい

D2 ○ 勝ち
D3 × 負け
D4 × 負け
D5 - 引き分け


引き分けを除外すると、1勝2敗が成績です。

D6に勝率 %を出すにはどんな数式が必要ですか?

Aベストアンサー

こんにちは!
普通、勝率に引き分けは含みませんので、

=COUNTIF(D2:D5,"○")/COUNTIF(D2:D5,"<>-")

ではどうでしょうか?

※ 「-」を数式では「全ハイフン」としています。m(_ _)m

Q野球の打率の出し方

素人なので初歩的なことを聞きます。プロ野球の打率は、ヒットの数を打数で割ればいいのですか。(そのようなことを同じようなに素人の人から聞いたのですが)イチローの打率がよくニュースで出ますが、「ノーヒットでしたが打率は変わりませんでした」というのは、何割何分何厘の部分で四捨五入すると誤差で変わらないという意味なのか、切り捨てで変わらないという意味なのか、それとも全く違う計算なのか、どうなんですか。少し気になるので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

何割 0.1=1/10
何分 0.01=1/100
何厘 0.001=1/1000
何毛 0.0001=1/10000
ですので、何厘まで変わらないとなると、数千打席とか打席にあがらないといけませんので、考えられないですよね。

打率=安打数÷打数
であって、
打率=安打数÷打席数
では無いという事です。

四球
死球
犠打
犠飛
妨害出塁
は打席数には入りますが、打数には入りません。

つまりは全打席、四死球、犠打飛、妨害出塁のいずれかであれば、打席数は増えますが、打数は変わらず、打率も変わらない。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。


人気Q&Aランキング