はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

DAOでExecute の後につける dbFailOnError について教えて下さい。

調べたところ、これをつけておくと
sqlが失敗した時にロールバックがかかるとのことでした。

となると、今成功した時はcommit 
失敗した時はrollbackと指定しているのですが、

失敗した時にrollbackという記述は
書かなくてもいいのでしょうか?

On Error ステートメントで
エラー時にrollbackするようにしています。
どなたか詳しく教えてくださると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

commitやrollbackはトランザクション単位、dbFailOnErrorは文単位なのかもしれません。


なので、コーディングは今まで通りで良いと思いますよ。私も同じように書いてます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのDAO.ExecuteとDoCmd.RunSqlの違いについて

アクションクエリを実行する際、表題の2つを検討しています。
最重要な違いに同期と非同期であることをネットで検索して分かりました。
非同期だとどのような問題が発生するのか具体的に教えて頂けると助かります><

Aベストアンサー

DoCmd.RunSQL ですが、「非同期」であると幾つかのHPで見かけましたが、実際試してみると「同期」実行している感じです(Access2000で実験)。

実際「非同期」なんでしょうか?
オフィシャルなサイトに「非同期である」と言う記述はありますか?

------------検証プログラム------------
Sub local_test()
 Dim SQL(4) As String
 Dim t As Double

 SQL(1) = "UPDATE T1 SET Data = '0';"
 SQL(2) = "UPDATE T1 SET Data = '1';"
 
 SQL(3) = "UPDATE T2 SET Data = '0';"
 SQL(4) = "UPDATE T2 SET Data = '1';"
 
 '初期化
 CurrentDb.Execute SQL(1)
 CurrentDb.Execute SQL(3)

 'DoCmd.RunSQL テスト--------------------------------------------
 DoCmd.SetWarnings False
 t = Timer()
 DoCmd.RunSQL SQL(2)
 Debug.Print "DoCmd.RunSQL " & Format(Timer() - t, "0.00000")
 DoCmd.SetWarnings True

 'DAO.Execute テスト--------------------------------------------
 t = Timer()
 CurrentDb.Execute SQL(4)
 Debug.Print "CurrentDb.Execute " & Format(Timer() - t, "0.00000")
End Sub
---------------------------------------------------------

T1 T2 とも、3万件程度のテストデータが入っています。
DoCmd.RunSQL の方も処理が終わるまで返ってきません(同期実行では?)

DoCmd.RunSQL は SetWarnings を設定しないと、確認メッセージが出でます。
DoCmd.RunSQL が同期実行だとすると、これ以外に大きな違いは無いのかも知れませんね。


##########################################################
今度はADOを使って無理やり非同期実験
別のmdbにファイルにADOでアクセスしています。

------------検証プログラム------------
Sub ado_test()
 Dim cnn(2) As New ADODB.Connection
 Dim SQL(6) As String
 Dim dbName As String
 Dim t As Double

 dbName = "c:\temp\db1.mdb"

 SQL(1) = "UPDATE T1 SET Data = '0';"
 SQL(2) = "UPDATE T1 SET Data = '1';"
 SQL(3) = "UPDATE T1 SET Data = '2' WHERE Data = '1';"
 
 SQL(4) = "UPDATE T2 SET Data = '0';"
 SQL(5) = "UPDATE T2 SET Data = '1';"
 SQL(6) = "UPDATE T2 SET Data = '2' WHERE Data = '1';"
 
 cnn(1).Open "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Source=" & dbName & ";"
 cnn(2).Open "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Source=" & dbName & ";"
 
'初期化
 cnn(1).Execute SQL(1)
 cnn(1).Execute SQL(4)

'同期実行テスト--------------------------------------------
 t = Timer()
 cnn(1).Execute SQL(2)
 cnn(1).Execute SQL(3)
 Debug.Print "同期実行  " & Format(Timer() - t, "0.00000")

'非同期実行テスト--------------------------------------------
 
 t = Timer()
 cnn(1).Execute SQL(5), , adAsyncExecute
 cnn(2).Execute SQL(6), , adAsyncExecute
 Debug.Print "非同期実行 " & Format(Timer() - t, "0.00000")
End Sub
---------------------------------------------------------
非同期の方が明らかに速いです。(処理を待たずに返ってくるので)
非同期の方は正しく更新できてません。

この検証プログラムが正しいのか?、あまり自信はありません(^^;
参考程度にして下さい。

##########################################################
補足
DAOかADOか?

http://www.naboki.net/access/heaven/heaven_14.html
http://homepage2.nifty.com/inform/vbdb/daoado.htm

DoCmd.RunSQL ですが、「非同期」であると幾つかのHPで見かけましたが、実際試してみると「同期」実行している感じです(Access2000で実験)。

実際「非同期」なんでしょうか?
オフィシャルなサイトに「非同期である」と言う記述はありますか?

------------検証プログラム------------
Sub local_test()
 Dim SQL(4) As String
 Dim t As Double

 SQL(1) = "UPDATE T1 SET Data = '0';"
 SQL(2) = "UPDATE T1 SET Data = '1';"
 
 SQL(3) = "UPDATE T2 SET Data = '0';"
 SQL(4) = "UPD...続きを読む

QDAOとADOの違いについて

Accessからイントラネット上のデータベースに接続するための接続方法で困っています。
DAOとADOの違いが分からず困っています。
メリット、デメリットが分かる方、どうか教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されているためJetデータベースエンジンの細かな機能を制御することができないといった点が不足している部分がありますがADOXやJROの各オブジェクトモデルで使用できる機能を使えばADOで不足している機能をほとんど補うことができます。
DAOはデータベースにAccessを使用するアプリケーションの場合、最大のパフォーマンスを得ることができます。しかしアプリケーションを運用していくうちに規模が大きくなってデータベースをSQLServerに移行することがあるかもしれません。
そのような可能性が含まれているのであれば最初からADOで開発しておいたほうが無難です。ADOはSQLServerに対する処理で良いパフォーマンスを得ることができます。

Jetデータベースエンジンを主なターゲットにしているならDAOで可。それ以外のデータベースを利用するのであればADOを選択する方が良いのではと思います。

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されて...続きを読む

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QAccessのテーブルデータを一気にVBAで追加したい・・

Accessのテーブルデータを一気にVBAで追加したい・・

Accessに一時商品登録データというテーブルがあり、
問題なければ商品登録データにデータを流し込みたいと思っています

テーブルのデータ構造は全く同じです

VBAで一時商品登録のテーブルから一件ずつデータを読み取って
商品登録データに追加することは出来るのですが
一気にデータを追加する方法があれば教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いいたいます

Aベストアンサー

本当にいろいろな方法があります。

一番簡単なのは、
あらかじめ「追加クエリ」を作成しておき

 Docmd.OpenQuery "追加クエリ名"

あるいは DAO で

 Set dbs = CurrentDB
 dbs.Excute "追加クエリ名"

追加クエリを使用しない場合は
追加クエリの SQL文 に相当するSQL を 実行。

 strSQL="INSERT INTO 商品登録データ SELECT 一時商品登録データ.* FROM 一時商品登録データ"

 Docmd.RunSQL strSQL

あるいは DAO で

 Set dbs = CurrentDB
 dbs.Excute strSQL

とか。

直書き、間違いがあったら御免。

Q実行したSQLの結果を返す方法

VBでSQLを発行、及び実行をし、
MDBを更新する処理を作成しています。
各SQLの実行(SELECT、INSERT、DELETE等)が
成功or失敗したかどうかを判定するには
どのようにすれば良いのでしょうか?
ソースのイメージとしては↓のような感じです。

Dim db As DAO.Database

'DB設定
Set db = OpenDatabase(DB名)

'SQL実行
db.Execute (DB内で作成したSQL)

【実行したSQLの正常終了の判定】
【実行メッセージ(成功or失敗)出力】

Aベストアンサー

On Error GoToを使用すれば、正常・異常の判断出来ます。


正常終了した場合、戻り値(True)でリターンされます。
異常終了した場合、ErrEndラベルにジャンプしエラー内容を
イミディエイトウインドウに表示し戻り値(False)でリターンされます。

Public Function DBSEL_PROC(SQL As String) As Boolean
On Error GoTo ErrEnd 'エラー処理を設定します。
DBSEL_PROC = False '関数の戻り値として異常終了を設定します。
'実行したいSQL文を書く
DBSEL_PROC = True '関数の戻り値として正常終了を設定します。
On Error GoTo 0 'エラー処理を無効にします。
Exit Function
ErrEnd:
'異常終了した場合のエラー内容を表示します。
Debug.Print Err.Description
Exit Function
End Function

On Error GoToを使用すれば、正常・異常の判断出来ます。


正常終了した場合、戻り値(True)でリターンされます。
異常終了した場合、ErrEndラベルにジャンプしエラー内容を
イミディエイトウインドウに表示し戻り値(False)でリターンされます。

Public Function DBSEL_PROC(SQL As String) As Boolean
On Error GoTo ErrEnd 'エラー処理を設定します。
DBSEL_PROC = False '関数の戻り値として異常終了を設定します。
'実行したいSQL文を書く
DBSEL_PROC = True '関数の戻...続きを読む

QアクセスVBAのMe!と[ ]

基本的なことですみません。

アクセスのイベントプロシージャで、Me!ってありますけど、これはどういう意味なんでしょうか?

また、Me!の後に、Me!.~~と書く場合と、Me!.[~~]と書く場合がありますが、どこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>プロシージャ内で[]を使う場合は、そのフォーム外のオブジェクトを使う場合と考えてよろしいでしょうか?
別のオブジェクトを使う場合だけではありません。
Hensu = Me![Text1]のようにHensuという変数に自身のTest1の値を代入する場合のように。
[]で括られているのがオブジェクト名やコントロール名だよという事。
クエリの抽出条件に存在しない[?]とすれば?というコントロール等が参照できないので?というダイアログが表示されるように?というオブジェクトやコントロールは何?と聞いてくるように。
>フォーム内のオブジェクトの場合はあくまでMe!で良いのでしょうか
Forms.[フォーム名]![コントロール名]やForms![フォーム名]![コントロール名]が構文。
アクティブなフォームが自分自身ならForms![フォーム名]の変わりにMeでもOKですという事。

と言う解釈の方が良いと思います。

QAccessで数値型にNULLをInsertするとエラー

AccessVBAで数値型にNULLをInsertするとエラー(3134)になりますが、
その項目は必須項目にはしたくないので、
Insertする前にNULLが飛んできます。
そういった場合は、NULLかどうか判定して明示的に0をセットしてからInsertする方法しかないでしょうか。
あくまで取扱う情報は数値なので、数値型にしたいのですが、
NULLの可能性もある場合はテキスト型にするのが一般的なのでしょうか。
何か良い方法がありましたら教えてください。

尚、まだDBにはテストデータしか入っていないので、テーブルの変更は問題ありません。

Aベストアンサー

> AccessVBAで数値型にNULLをInsertするとエラー(3134)になりますが、

エラー(3134)は「構文エラー」ですから
テーブルの問題ではありません。

 INSERT INTO テーブル ( テキスト項目, 数値項目 )
 VALUES ('ABC', 100);
のようになるべきところ、
数値項目に代入する値が NULL のため
 VALUES ('ABC', );
になっているためでしょう。
 VALUES ('ABC', NULL);
になるように SQL を組み立ててください。
例)
 Nz(Me.テキストボックス名,'Null')
とか,
あるいは、このような関数をかませるとか。
Function SQLNumber(Value As Variant) As String
  If IsNumeric(Value) Then
    SQLNumber = Value
  Else
    SQLNumber = "'Null'"
  End If
End Function

> AccessVBAで数値型にNULLをInsertするとエラー(3134)になりますが、

エラー(3134)は「構文エラー」ですから
テーブルの問題ではありません。

 INSERT INTO テーブル ( テキスト項目, 数値項目 )
 VALUES ('ABC', 100);
のようになるべきところ、
数値項目に代入する値が NULL のため
 VALUES ('ABC', );
になっているためでしょう。
 VALUES ('ABC', NULL);
になるように SQL を組み立ててください。
例)
 Nz(Me.テキストボックス名,'Null')
とか,
あるいは、このような関数をかませると...続きを読む

Qカレントレコードが無い事を判定させる方法

SQLを使ってmdb内のレコードセットを取得し、
無かったらエラーを返す、という処理を作成
する場合、カレントレコードが無い事を
判定するにはどうすれば良いでしょうか?
イメージは下記のような感じです。

レコードセット as DAO.Recordset

'レコードセット取得
 Set レコードセット = db.OpenRecordset(作成したSQL文)

'判定
If カレントレコード無 Then
MsgBox "エラーメッセージ"
Exit Sub
End If

Aベストアンサー

カレントレコード無は"レコードセット.RecordCount = 0"
で行けませんか?

Q"パラメータが少なすぎます。1を指定して下さい。"

Access97を使用しています。

SQLで組んだモジュール中に
"実行時エラー '3061'"
"パラメータが少なすぎます。1を指定して下さい。"
と表示されます。

デバッグをクリックすると下記2行目が黄色になります。

Set Database = CurrentDb
Set Table = Database.OpenRecordset("選択クエリー", dbOpenDynaset, dbReadOnly) ←

情報が少ないかもしれませんが、何故このようなメッセージが出るのでしょうか?

Aベストアンサー

選択クエリーの中に、抽出条件がパラメータを指定するかたちで入力されていると、このようになることがあります。

つまり、クエリ内のあるフィールドの抽出条件が、

Between 100 And 200

という風に値をはっきりと指定したかたちではなくて、例えば…

Between [開始IDを入力してください] And [終了IDを入力してください]

Between [Forms!][フォーム名]![テキストボックス名] And [Forms!][フォーム名]![テキストボックス名]

みたいな感じで、ユーザーに値を入力させたり、フォームのテキストボックスの値を流用するみたいになってると、値がすぐに定まらないせいか(?)、OpenRecordsetを使うとご質問のようなエラーになります。(単純にクエリをダブルクリックで開くだけとか、Docmdでクエリを開く場合ならエラーになりません。OpenRecordsetを使ってクエリを開こうとするとエラーになります。)

回避する方法としては、●直接VBA内でSQLを書いて、パラメータ部分を変数などを使って直接値を指定してレコードセットを取り出す…などで行けると思うのですが、それ以外にも簡単な方法があるので、以下のURLを参照してみてください。

http://ws.31rsm.ne.jp/~pension/access/tips/benri1.htm#parameter

もし意味が違ってたらごめんなさい。

選択クエリーの中に、抽出条件がパラメータを指定するかたちで入力されていると、このようになることがあります。

つまり、クエリ内のあるフィールドの抽出条件が、

Between 100 And 200

という風に値をはっきりと指定したかたちではなくて、例えば…

Between [開始IDを入力してください] And [終了IDを入力してください]

Between [Forms!][フォーム名]![テキストボックス名] And [Forms!][フォーム名]![テキストボックス名]

みたいな感じで、ユーザーに値を入力させたり、フォームのテキ...続きを読む

Q「Nullの使い方が不正です」のエラー

AccsessとVB間でデータの参照・登録・削除を行うプログラムを作成中です。
テキストボックスにデータを入力せずに更新するとAccess側はNull値が入るので、参照をした際に
「Nullの使い方が不正です」のエラーが表示されます。

Null値が表示可能ならその方法を教えてください。

Aベストアンサー

読み込んだ際にIsNull()で判断してみては?
If IsNull(Fields) Then
Text1.Text = ""
Else
Text1.Text = Fields
End If


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング