外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

4日前信用口座開設して建玉めいっぱいでデイトレしてほぼ全敗の日々でした
今は代用有価証券があります297万です
あといくらか入金せずにこのまま信用取引したいのですが今も売り玉は持ち越しています・・・逆日歩0.05円の2000株のイオンです

代用有価証券のダイコク電機2800株を明日全て売り払って現金化すれば追証はなくなるのでしょうか?
SBIです

実質保証金A 2.768.290
建代金合計B 2.467.000
委託保証金率A/B*100 112.21パーセントです

買い付け与力
3営業日後  0
4営業日後  0


保有資産評価

現金残高   -128.536

今こんな状況です
お詳しい方いったいいくら今入金しないと口座潰されるのでしょうか?
また委託保証金を増やすには代用有価証券を売り払って現金化すればなんとかもちこせるのでしょうか?
教えて下さい  かなり困っています
怖いです  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

SBI証券に確認するのが確実なのですが、とりあえず書かれていることからわかることを述べます。


維持率は112.21%と30%を割り込んでいませんので、保証金が足りなくなったわけではありません。
おそらく、デイトレの損失によって現金が128536円足りなくなっただけだと思います。
このまま放置すると代用証券が強制売却されてしまいますので、とりあえず128536円(イオンを決済した時に支払いが必要ならその分も追加して)払い込めば問題ありません。
代用証券は、デイトレをしたその日に売却していれば間に合ったのですが、その後では間に合いません。
今後は「信用取引を決済すると損失は現金で支払わなければならない」ことを忘れないようにしてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありはとうございます
知識不足でした
とにかく入金以外道は無いのでしょうか?

現物売っても間に合いませんか?

お礼日時:2008/08/22 08:06

信用取引初心者が陥りやすいパターンですね。


信用枠を全力で投資なんてタブーですよ。
#1さんも仰っておられますが、信用の損失は現金で補填しなければなりませんので、現金が足りない状況です。

どんなことをしても不足分の現金を入金する以外に方法はありません。
代用有価証券を売っても、現金に償還されるのは4営業日以降ですので、信用決済の受け渡し事故になります。
事故の際の取り決めは証券会社によって多少ルールが違うようですが、代用証券の強制決済以外にも一時的な信用取引の停止や信用枠の減少などもありますのでSBI証券に確認したほうが良いでしょう。

デイトレはしないのでわかりませんが、信用決済の場合、厳密に言えば、損失がある決済をする際に損金分の現金が口座に無いとその時点で現金損になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

信用どころか株式投資投機の初心者なので・・・・

ありがとうございました

お礼日時:2008/08/22 08:33

お金を入れないと、口座クローズになりますから。


現金は作っていれておいてください。

ダイコク電気を売っても、間に合いませんが、売っておけば、20%分だけ信用枠が4日後から広がりますね。
それで幾らが出金して、オイショウ用に置いておいた方が良いかもです。
とにかく入金したら、信用口座は大丈夫ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入金します」
ありがとうございました

お礼日時:2008/08/22 08:32

口座に 現金が 無いのでしょうね 損した分の支払い金



 これは 受渡日に 事故になりますので
 必ず入金が 必要になります。

 これは 仕方ないから 明日 超短期でキャッシングして
 急場を凌いで下さい。
 
 まあ 明日 ダイコク電機を 
 不足分だけ現金化しても
 全株 現金化しても良いですが
 出金は 4日後になりますので
 借りた分は そこから返済すれば
 たいした 金利もつかないでしょう。

 信用で取引するなら 負けた分程度(負ける可能性のある金額は
 口座に 現金で 持っていましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現物現金化でもまにあうのでしょうか?

お礼日時:2008/08/22 08:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預かり金不足での対応について質問があります

信用で建玉の返済売りで損切りする場合、その時点で現物で保有株があっても、現金余力がない状態であったとします。
本来なら、先に現金余力を作ってから信用の損切りをすべきでしょうが、預かり金不足になると分かっていて損切りすると、決済日までに入金がないと強制で翌日に不足に見合うだけの現物を売却されると
コールセンターで聞きました。

たとえば、預かり金不足になると分かっていて、あえて強制決済される方法を選ぶのは間違い(しない方がいい)でしょうか?
少しでも遅い方が、現物株の値上がりを見込める場合などは、できるだけ遅くに売却された方がありがたいと思うのですが・・・。

ただ、その場合、一時的に信用新規建ては停止になりますが、それを考慮しなければ特に問題ないのでしょうか?
それとも、このような事が数回起こると取引停止になるなどのペナルティがあるのでしょうか?
勉強中ですので、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

>預かり金不足になると分かっていて、あえて強制決済される方法を選ぶのは間違い(しない方がいい)でしょうか?

それは、あなたの判断だから自分にとって良いと判断すれば、すれば良いと思います。
余裕があるのであれば、あまり良い方法のようには思いませんが。?

>このような事が数回起こると取引停止になるなどのペナルティがあるのでしょうか?

これは、証券会社があなたをどう判断するかだから難しいですね。

あなたと証券会社の約諾書はどうなっていますか。??
Eトレでは上手に書いています。証券会社の思うとおりにできますね。
「1. 当社の信用取引ルールを遵守されない場合は、その後のご注文をお受けできない場合がございます。」

Q預り金不足予定額について

SBI証券にて取引しております。

預り金不足予定額についてですが、
----------------------------------------------------------------
たとえば1000万円の現金で950万円の現物を買って、買付余力が50万円という場面があるとします。
ここで信用取引の損切り(-80万円分)をした場合、
上記では50万円しか買付余力がないので、残りの30万円については現金で入金する必要があるのです。
----------------------------------------------------------------
上記の様な説明をされている方がおられましたが、
信用取引で損切した時に、あらかじめ損失分見越して入金しておかなければならないとゆうことでしょうか?
それとも、建玉の状態で損失が買付余力を超えた時点で入金をしなければいけないとゆうことでしょうか?

Aベストアンサー

2つの事が 混同しているようです。

 買い付け余力(信用取引)の場合は
 現在の資産に対しての 3倍までの取引が可能と言う事
 例えば 現金で1千万なら その3倍まで可能で
 買い付け余力は変化しませんが
 株券で持っている場合は 終値が現在の資産として計算されますので
 950万しか 評価額が無く ぎりぎりの金額まで信用買いしていれば
 担保不足で 追証を差し入れる形になります。
 細かい計算は もう少し複雑ですが 概ねこんな所ね

 で 質問の 買い付け余力は 現金での買い付け余力が50万
 と言うことで この時点では 追証は発生しませんが

 損切りした場合は 清算は現金になりますので 30万不足金が出ます。
 引け後に清算が行われて 不足金が確定したしますので
 翌日の 12時まで(多分 時間までは記憶なし)に入金するか
 お手持ちの 現物株を 勝手に処分して不足金に当てますから
 嫌なら 現金を振り込めと 脅されます(表現は脚色)

 だから 上記の場合は あくまで 清算の為の現金不足。
 買い付け余力と言う 表現は適当ではないと思われます。

 損失は損切りした日のザラ場終了後で確定しますので
 その前に 足りなければ入金するか 不足と思われる金額相当の
 現物株を同じ日に売却しておけば・・

 上記の様な 脅されることは無いだけで
 確定後の入金で特に問題は有りません。

 ただ脅されても 指定日時までに入金しないと 現物株を処分され 信用取引停止となります。

 建玉の状態では 推定損の状態で 入金の必要は無しです。
 
  

2つの事が 混同しているようです。

 買い付け余力(信用取引)の場合は
 現在の資産に対しての 3倍までの取引が可能と言う事
 例えば 現金で1千万なら その3倍まで可能で
 買い付け余力は変化しませんが
 株券で持っている場合は 終値が現在の資産として計算されますので
 950万しか 評価額が無く ぎりぎりの金額まで信用買いしていれば
 担保不足で 追証を差し入れる形になります。
 細かい計算は もう少し複雑ですが 概ねこんな所ね

 で 質問の 買い付け余力は 現金での買い付...続きを読む

Q預り金不足をについて

株式の信用取引にかかわる質問です。
ロスカットにより生じた預かり金不足の期限内入金が不可能であり、現物の株式を担保として差し入れていない(現金を担保としている)場合、これを放置すると、どのように取り扱われるのでしょうか。

例)
建て玉990万
保証金現金300万
(受け入れ保証金額300万)
(実質保証金額300万)
預り金0

損切り等

建て玉0
保証金現金300万
(受け入れ保証金額300万)
(実質保証金額250万)
預り金不足50万

この状態を放置すると、数日後に保証金現金から解放された資金が預かり金に振り返られ、不足分と相殺して預かり金が250万円になるのでしょうか。

ご回答くださいますよう、お願い致します。

追記:可能であればマネックス証券の場合の処理内容を教えていただきたいのですが、他社の場合でも構いません。

Aベストアンサー

もう時間が経っているので、何らかの処分があったと思いますが…
差し押さえも強制執行と呼ぶのではなかったでしょうか??
そういう状況になったことがないので、わかりません。

Q信用取引と買付け余力について

ジョインベストで信用取引を初めてやってみたのですが買付け余力について分からないので教えて欲しいのですが・・

信用である銘柄を買い建てて、その日のうちに返済売りをしたのですが、それで信用建限度額がその買い付け額分減っているのは分かるのですが、
なぜか現物の買付け限度額(現引き可能額)も減っています。

しかもその減った分の現物余力が買い建てた銘柄分の金額と同じ金額ではなくて(必要精算額、必要委託保証金額)となっていて、減った余力の数字がどこから来るのか分かりません。

たとえば信用買いした金額は48万なのに減った現物余力(必要精算額、必要委託保証金額)は-30万になっているのです。この数字はどこから来るのでしょうか?

現物余力は現物取引をしないと減らないと思ったのですが、信用建てでも現物余力も減るのでしょうか?

Aベストアンサー

信用を建てると(利用すると)、保証金を拘束するようです。

最初に有価証券(証券会社により異なりますが、ジョインベストでは株価の80%)、有価証券のない投資家は買付余力より保証金を拘束する様にしているみたいですね。
建て玉を返済すると、保証金は買付余力に反映されます。

Q空売り停止処置の銘柄の行方は

ある銘柄を購入していますが
空売り停止措置になっています
空売り停止措置された銘柄の先行きは一般に
どのような動きになるのでしょうか

過去の事例等をしりたいのですが
どなたか アドバイスお願いします

Aベストアンサー

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除となるケースもある。

   Step3
    その後、足の速い投機資金は次なる獲物へと逃げてしまい、
    売買高の減少とともに、株価は徐々に下がる。

   Step4
    やがて、数ヶ月が経過、売残高の減少が進捗しない場合は、
    売り方の期日向えが近づくにしたがって、株価は動意づき、出来高が増加、
    再び株価急騰となる場合がある、がこれはごく短期の仕手戦で、
    期日向えを利用した、買い方の"いじめ"とも考えられる。
    また、この現象は、株価水準・売残高の推移によって、相違がある。

   Step5
    最後に、売り方の買戻し、売残減少、規制解除となり、
    株価は、本来のトレンドに沿った方向に復帰する。


III.過去の事例

 (1)直近の例(解除されて日が浅い)
   松屋(8237) 売り禁:2/23~8/25
    売り規制直後と期日向えで仕手戦

 (2)規制後、売り方がすぐ買い戻した例
   曙ブレーキ工業(7238) 売り禁:7/6~8/25
    売り規制後の急落で売り方の買戻し、底打ち後、本来の順調な業績アップを
    反映した上昇トレンドに復帰

 (3)突発事件で売り規制した例
   植木組(1867) 売り禁:10/27~12/2
    昨年、新潟県中越地震発生で急騰、急騰・急落となり、規制解除後は
    株価水準が少し違いますが、元の横ばいトレンドに復帰


最後に、上記はあくまで一般論です、個々の銘柄の業績・材料・癖などにより、
一概にこうなると言い切れるものではありません、ただ、『規制期間が終って見れば、
規制が入る前の、その株式が本来目指していた大きなトレンドに沿った復帰をする』
ケースが多い、とは言えそうな気が致します。お役に立てば幸いです。


では、では、がんばって下さい。

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除とな...続きを読む

Q信用取引の委託保証金現金について

SBI証券にて信用取引を行っています。
一部の建玉で損失が大きくなっており、損切のタイミングを逃してしまいました…。

そこで、信用の建玉を全て決済して、心機一転やりなおそうと考えています。
現在、以下のような資産状況になっておりますが、この場合、
追証や追加入金をすることなく信用建玉の清算は可能なのでしょうか?


(※下記数字は見やすいよう丸めてあります)
---
委託保証金現金: 8,000,000
代用有価証券評価額合計: 2,000,000
評価損・決済損益・支払諸経費等合計: -6,000,000
実質保証金(A): 4,000,000
建代金合計(B): 15,000,000
委託保証金率(A/B)×100: 27%
---
<保有資産評価>
現金残高等(合計): 8,000,000
株式: 2,500,000
建玉評価損益額: -6,000,000
計: 4,500,000
---


私の認識では、保有資産評価の「現金残高等」+「保有株式評価額」-「建玉評価損」=
最下部の合計金額が手元に残る額だと思っておりますが、あっていますか?

信用建玉を一度にすべてまとめて返済売買してしまっても、追加の入金は発生しないでしょうか?

決済金の処理のタイミングなどで、一時的にでも600万の入金が必要!とかになると困ってしまいます…。

SBI証券にて信用取引を行っています。
一部の建玉で損失が大きくなっており、損切のタイミングを逃してしまいました…。

そこで、信用の建玉を全て決済して、心機一転やりなおそうと考えています。
現在、以下のような資産状況になっておりますが、この場合、
追証や追加入金をすることなく信用建玉の清算は可能なのでしょうか?


(※下記数字は見やすいよう丸めてあります)
---
委託保証金現金: 8,000,000
代用有価証券評価額合計: 2,000,000
評価損・決済損益・支払諸経費等合計: -6,000,000
実質保証...続きを読む

Aベストアンサー

あってます。大丈夫です。
追加入金は不要です。決済後は現金残高が200万円になるだけです。

Qストップ高で終わっているのに翌日株価が下げて始まるのは

10月13日の「8143ラビーヌ」はストップ高445円で終わり、
買残が872.000株ありました。
ところが、10月14日の開始値は410円でした。
買残が多くあるのに、どうして低く始まるのでしょうか?
多くの人がキャンセルしたということでしょうか?

寄り付きがどのようにして決定されるのか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

注文を出す際に、その注文の有効期限を指定していない場合、当日中に約定しなかった注文は失効(キャンセル)になります。

ストップ高になると、勢いで成行注文してしまう方も多いものです。
しかし約定しなかったため、ほとんどの注文は失効してしまい、翌日の取引開始時には、あれほどあった買い残りが、綺麗さっぱり消えてしまうこともありえます。

ラビーヌの場合も今朝は売り優勢で始まって、取引開始2分間で70万株前後の出来高ですので、全てではないにせよ、かなりの数の買い残り注文が失効していた可能性があります。

さらに、気に止めておかなくてはならないのは、ラビーヌも「ぷらっとホーム」と同様、あまり確信のない情報が元で、急激に買われた反動による値動きがあったかも、ということです。
こんな記事がありました。↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051012-00000047-fis-biz

だとすれば、結局この値動きにも投資家の思惑、連想とが絡み、その上、短期売買資金が流れた影響と言えるかもしれません。

ただし、ぷらっとホームと違う点を上げるとすれば、ラビーヌは経営的には安定していて、PBRも低め、配当も実施しており、ぷらっとホームよりは安心して見ていられるかな、と言う感じがするということでしょうか。
(↑あくまで私個人の分析ですので、参考程度に読んでください。)

さて、取引開始時の寄付値、そして中断から再開される時、取引終了時の終値は「板寄せ」という売買方法で決定されます。
これについては上手く説明できないので、ここを読んでみてください↓。

http://www.daiwa.co.jp/ja/glossary/jpn/00029.html

注文を出す際に、その注文の有効期限を指定していない場合、当日中に約定しなかった注文は失効(キャンセル)になります。

ストップ高になると、勢いで成行注文してしまう方も多いものです。
しかし約定しなかったため、ほとんどの注文は失効してしまい、翌日の取引開始時には、あれほどあった買い残りが、綺麗さっぱり消えてしまうこともありえます。

ラビーヌの場合も今朝は売り優勢で始まって、取引開始2分間で70万株前後の出来高ですので、全てではないにせよ、かなりの数の買い残り注文が失効して...続きを読む

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。

Q業績の修正の発表は、決算発表の何日前までに行わねばならない、というルールはある?

お世話になります。

業績の上方や下方の修正というのがよくありますが、これは、本決算発表の何日前までに発表しなければならない、というルールはあるのでしょうか?

東証のルールで、2週間前までとか3週間前までとか、そういうのがあったような記憶もありますが、まったくの勘違いのような気もします。

どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発表の何日前までに発表しなければならない、というルールはあるのでしょうか?

ありません

ただ、東証からは、2割ここえる業績の修正については、決算前に行うように指導はしてますが、したがう義務はありません
 多くの会社は、事前に上方又は下方修正をだしますが、決算発表までださない会社も多く存在するのが、現状です

Q信用取引について

信用取引をしていますが、今日「預り金不足」とでました(イートレード証券)。これは追証とどう違うのでしょうか?また、いつまでに現金を振り込めばいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追証というのは担保となる保証金+代用有価証券の価値が、維持率を割ってしまうときに発生します。
預かり不足というのは、維持率とは特に関係ありません。

たとえば1000万円の現金で950万円の現物を買って、残りが現金50万円という場面があるとします。
ここで信用取引の損切り(80万円分)をした場合、80万円分の買付余力があれば足りますが
上記では50万円しか買付余力がないので、残りの30万円については現金で入金する必要があるのです。
(期限については正確に覚えていないので、直接問い合わせてみてください)


人気Q&Aランキング