最近気になって仕方がないのですが、純文学と大衆文学の違いとは
何だと思われますか?

学術的な定義はよくわかりませんが、自分自身は

・純文学→人間や生き方を追求。人の内面世界を重視。固め暗め。
・大衆文学→ストーリー自体の面白さを追求。エンターテイメント性重視。軽め。

という風なイメージを持っています(個人的には大衆文学の方が好みです)。

でも、最近、「純文学はエンターテイメント性は低いのか?」「大衆文学
だって、人間を深く描いているものもあるじゃないか」、という疑問を
持つようになり、「純文学・大衆文学の違いってなんだろう」と思うように
なりました。特に、純文学って何?、と。

知人とそのことについて話したところ、「自分は純文学と言われる本は
嫌い」とのこと。理由は、「作者も登場人物も自分(の世界)に酔ってる
感じがする」「内面がドロドロ書いてあって、書いた本人はスッキリ、
読んでる方はどんより。わざわざ暗い気分になるために本を読みたくない」
からだそうです。これは、その場のノリで話した内容なので、極端な言い方
だとは思いますが、私自身が「読後感がスッキリ爽やかな明るい純文学」に
出会ったことが無かったので、少し納得したりも(笑)

線引きや言葉の定義について深く考えることもないかな、とも思うのですが、
何となく気になるので、純文学と大衆文学の違いやそれぞれの魅力について
皆さんの意見をお聞かせ願えればと思います。また、それぞれのお薦めの一冊、
というものがありましたら教えていただけると嬉しいです。範囲が広すぎる
とは思いますが、あえて!特に、明るい純文学を知りたいです。

内容の薄い質問の割に、うまくまとめられず長くなってしまい、失礼しました。
お時間のある方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


お礼読ませていただきました。すぐに補足を書いたのですがgoo側に
削除されてしまったようで、kaigaisenさんの補足要求の再回答が
結果として遅れてしまい、失礼しました。

<<宮本輝について>>
純文学より大衆文学にカテゴライズされる作品がはるかに多いです。
ダ・ヴィンチ誌上インタビューで「希代のエンターテインメント小説作家」
というタイトルが振られるくらいです。
『道頓堀川』から読書を始められるのはお薦めしません。純文学→大衆文学への
変遷作なので、
(1)作品として洗練されていない(私個人は大変好きな話ですが)
(2)もし純文学と大衆文学の違いを理解されたいなら川三部作を初めから読むほうが
  よい(『泥の河』『蛍川』『道頓堀川』の順)
という要素があるからです。
kaigaisenさんが質問の「純文学・大衆文学」にこだわって理解を深められたいなら(2)の方法で作品を読むとよいかもしれません。
単に宮本作品を読んでみよう!と思われたのでしたら、『ここに地終わり海始まる』『錦繍』がよいかも。
また全集が出ていますので、それを順に読まれてもよいかもしれませんし、
映画化された作品が多々ありますので、それらをご覧になってもよいかもしれません。江角マキコ主演の『幻の光』、岸谷ゴロウ(漢字分かりません)出演の『わたしたちのすきだったこと』などあります。

<<漱石・鴎外について>>
鴎外は『舞姫』かな?
漱石はわたしも『こころ』がよいかと思います。

<<純文学の暗さについて>>
生と死はどうしてもエンターテインメントなしに語ると自然と暗くなりませんか?
だから意識して暗くかいてるわけじゃないと思います。
ただ海外の純文学は日本のものより明るいイメージを抱くことが。
芸術作品を作り上げる際に影響するだろう、国民性の違いでしょうか?
    • good
    • 2

ライトノベルというのは、ちゃんとした定義はないかもしれませんが「軽い小説」、気軽に読める小説を指すようです。

とりあえずティーンズハートやコバルトシリーズも含みますし、ソノラマ文庫・富士見ファンタジア文庫などで出ているヤングアダルト向けファンタジー(昔の言葉でいえばジュブナイル)、さらにハーレクインシリーズ、ポルノ小説、ボーイズラブ系(やおい系と言った方が通りがいいかな?)など全般を含む言葉として使われているようですね。
こうした作品群が人間の深みを描いていない、と決めつけては失礼かもしれませんが、本来の目的は気軽に読み捨てられるという点です。想定読者層の分化が進んでいますから、誰でも楽しめるというわけではないにせよ、「大衆小説」の定義にはぴったり当てはまるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

皆さんが言われているように


ある種の思想・思考を追求したのが「純文学」
それ以外が「大衆文学」
こんな分類だと思います

「書く前に読もう超明解文学史」三田誠広著・集英社文庫を
読んで以下のように理解したのですが

昔の「物語」に対し主人公に感情移入出来るようにしたのが
「小説」のそもそもの始まりであった
そのためには怪獣(竜)を退治したり・月世界に戻るより
隣のお姉さんを好きになったり・なんで自分は何故生まれたんだ
を書いたほうが読む人が感情移入しやすい
そこから発展して人間(自分のこと)をより自然により写実的に
描くことが「小説」の本流に成っていった

その一方で「物語」の発展系のちょいと東海道を歩いてみました風に
読む人に単純に楽しんでもらうのが目的の流れがあった

そこで「小説」を書いている仲良しグループ(文壇?)の中から
”あんなのは小説(文学)じゃない”の声が高まり
もともとプライドの高い・知的な人たちだから
”売れればいいてもんじゃない”
”俺たちの書いているのはもっと純粋な小説なんだ”と・・・・
    • good
    • 1

芥川賞の対象となるのが純文学で、直木賞の対象となるのが大衆文学です。

ってのは冗談ですが(^^)。

実際のところ、既に垣根はなくなっているんじゃないかと思います。とか言うと怒る人もいるのかな?
でも、大衆文学と言われるものにも芸術性・思想性に富むものはたくさんあるし、テーマの点でもさほど差があるとは思えないし。

昔は子どもの読み物だったマンガにだって、今では深い人間分析と高度な表現技術を持つ作品が生まれている時代です。「純」と「大衆」を区別することこそナンセンス。無理に区別しようとすると「これは難解で暗くてわかんないから純文学」という定義になってしまいそうで、かえって純文学の人気とレベルを落としちゃう気がします。

私としてはこんな意見ですが、いかがでしょう?
    • good
    • 1

「中間小説」なんて言葉もあります。

大衆小説に人間描写を付け加えたもの、あるいは純文学にエンターテインメント性を付け加えたもの、いずれにしても純文学とエンターテインメントの中間にある小説として提唱されました。現在、直木賞の対象になるような作品は、ほとんどこのジャンルに含まれると思います。
「大衆小説」を古い辞書で引くと「時代小説のこと」なんて定義があったりします。時代小説しかエンターテインメントが存在しない時代があったんですね。昨今の時代小説は中間小説的でなければ相手にしてもらえないので、本来の意味での大衆小説(純粋エンターテインメント)はファンタジー文庫などのライトノベル系に生き延びている、とも言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「中間小説」という言葉、初めて知りました。私が一番好きなジャンルは、多分これにあたります。物語を楽しむ中で、人生や人の持つ様々な側面を匂わせる・感じさせるような作品が好きなので。

それにしても、大衆小説がもともと時代小説とは。直木三十五が時代小説作家だということは聞いていたのですが、もともとは「大衆小説=時代小説」だったんですね。私の時代小説観は中間小説的なものだったので、逆に、純粋なエンターテイメント時代小説を読んでみたくなりました。

「ファンタジー文庫」「ライトノベル系」とは何でしょう?小中学生の頃はまった少女向け小説のティーンズハート・コバルト文庫のような系統でしょうか?(でも、これらは少女小説なので、万人向けじゃないですし・・・違うかなぁ)

お礼日時:2001/02/22 20:38

未熟な時に論展開したことなので自信がありとはいえないのですが、


宮本輝という作家が純文学作家から大衆小説作家に代わっていった過程を
研究したことがありました。

まず純文学とは純粋な芸術を目指して執筆された作品のこと。
世の流行、読み手への受けを度外視した作品です。
読み手の理解力を考慮していないといってもよいと思います。
大衆小説とは、大衆の理解力を考慮し、興味を引くことをねらいに入れた
作品のことです。
一般的に文学研究においては大衆小説は純文学に劣る風潮がまだまだあります。
たとえば私が研究した宮本輝には「川三部作」といわれる「泥の河」「蛍川」
「道頓堀川」という作品があります。前2作は純文学とカテゴライズされていますが、最後の1作は大衆小説への変遷作として前2作より評価が下がっています。
しかし大衆小説の形態をとることで、多くの人に受け入れられ、テーマが伝わりやすくなった一面を私は評価したい立場です。

明るくすっきりした純文学といわれるとむずかしいですね。
読み手よりも作品の芸術性を昇華させる方向で書かれているので、
ちょっと思いつきにくい・・・。漱石の作品が強いて言えば求められているものに
近いかもしれません。どろどろの原因は人の生と死を直面視した要素が
純文学には多いからではないでしょうか。それに性がからむとなかなかきついものがありますよね。
しかし時を経て読み継がれてきた文学作品には強い魅力があります。
短い作品をよんでみられるとよいかもしれません。
個人的には鴎外、芥川などが好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすいご返答、ありがとうございました。

よく書店で平積みされているのを目にしつつ、(こんなに作品数が多いと選べない・・・)と素通りしていた宮本輝作品が、純文学から大衆文学へと変遷していったとは知りませんでした。(ひょっとして、大衆文学作家となってからの著作の方が多いのでしょうか?←なんとなく、純文学より大衆文学の方が執筆ペースが速そうなイメージがあるもので)。「道頓堀川」が読みたくなりました。個人的に、(程度によりますが)分かりやすく書かれた作品の方が好きなので。

私が書く側だったら、テーマが伝わりやすい描き方を選ぶような気がします。読み手の顔(?)を浮かべながら書く方がいいです。これも私の勝手なイメージなのですが、同じ書く作業でも、大衆文学を書く作業は一種のコミュニケーションなのに対し、純文学は本当に孤独な作業という感じがするんです。純文学には、読み手のうけを排除して書くからこその、つきつめられ完結された作品観があって、それが魅力となるのでしょうが、自分がそういう風に書くのは辛いです。魂を削られそうで。でも、そのようにして書かれるからこそ、人の心を打つのでしょうね。


>漱石の作品が強いて言えば求められているものに
近いかもしれません。

お薦めありがとうございます。中学一年生の頃、母の蔵書だった漱石作品(たぶん、「こころ」だったような)をめくった時は、(なんだか静かで面白くない・・・)とすぐに閉じてしまった記憶があるのですが、同じ頃に読んで、(??・・・終わり?)だった「星の王子様」が、最近再読した際、とてもよかったので、そろそろ漱石作品にも手を出そうかな、と思いました。

同時に、中学生当時、母に言われた「大人にならないと面白くない本もあるのよ」という言葉も思い出しました。あの頃は、その言葉が信じられず、(昔の人の考えたことは、大人になったってわかりっこない)なんて可愛くない事を考えてたものです。でも、母は正しかったです(笑)! 話が脱線していますが、

>時を経て読み継がれてきた文学作品には強い魅力があります。

というお言葉に、うんうんと納得できたもので・・・。人間の根本って変わらない部分、たくさんあるんですね。私はまだ、「自分は大人だ」と胸を張れるような年ではないのですが、少しづつ「年をとらないとわからないこと」がぼんやりと見えてきた気がします。ここれから、読書の幅を広げるためにも、「読み継がれてきたもの」に、じっくりと浸っていきたいです。ただ、生や死・性といった普遍的な重要テーマであっても、必ずしも重々しく書かれる必要は無いのでは?とも思ってしまうんですよ(^^;。明るい純文学ってあり得ないのでしょうか??

お礼だかなんだかわからなくなって参りましたので、さすがにこの辺で。もしよろしければ、漱石や鴎外作品の「初めの一冊」をお薦め頂けると嬉しいです(こういうリクエストは、改めて投稿する必要があるのかもしれませんが)。長文失礼しました。

お礼日時:2001/02/22 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Q近代文学の作品で明るいものってありますか?

夏目漱石とか太宰治とか暗いイメージがあrのですが、
明るい文学作品ってありますか??
おすすめ教えてください。

Aベストアンサー

井上靖の『北の海』は、明るい青春小説で面白かったです。

太宰も、「生まれてすいません」のイメージが強烈すぎるけど、作品によっては結構明るい作品もありますよ。
『パンドラの箱』とか『正義と微笑』あたり。

Q純文学のよさがよくわかりません。

純文学というものがあると思うのですが、例えば宮本輝氏の「蛍川」などを読みました。
途中いろいろあって、ラストの場面などは美しく有名だそうで、芥川賞受賞作品だそうですが、正直この作品がどういいのかよくわからないのです。特に良かったとは感じられません。
この作品はさほどの長編ではないとはいえ、純文学全般に言えますが、長々と活字を最後まで読んできて、読むだけの価値があった、感動したという作品はあまりないのですが。

純文学というは「次どうなるんだろう」という、「話のおもしろさ」というより、心情・情感や人生の真実が描写されているというところに価値があるということでしょか。読む人に感性がないとダメなのでしょうか。
純文学と大衆(エンターテイメント)小説の違いを知りたいです。
百田尚樹氏の小説などは、娯楽小説の部類なのでしょうか。

また、純文学というのは日本の文学作品に固有の言い方なのでしょうか。
トルストイや、ドストエフスキーなどの海外の世界文学では、あまりこうした言い方はなされていないように思えますが、「戦争と平和」や「罪と罰」なども純文学なのでしょうか。

それから、「文学」という言い方と、「小説」という言い方はどうは違うのか教えて頂きたいです。
前者のほうが、後者に比べると高尚というか、そういうことなのでしょうか。

純文学というものがあると思うのですが、例えば宮本輝氏の「蛍川」などを読みました。
途中いろいろあって、ラストの場面などは美しく有名だそうで、芥川賞受賞作品だそうですが、正直この作品がどういいのかよくわからないのです。特に良かったとは感じられません。
この作品はさほどの長編ではないとはいえ、純文学全般に言えますが、長々と活字を最後まで読んできて、読むだけの価値があった、感動したという作品はあまりないのですが。

純文学というは「次どうなるんだろう」という、「話のおもしろさ」とい...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちものすごくよく分かります。私も純文学は苦手でした。ただ、かといって娯楽小説も好きではありませんでした。

中学の頃から純文学を読んできました。最近の娯楽小説よりも、三島由紀夫や川端康成や漱石を読むべきだと思ってたからです。が、15年くらい幾ら読んでも純文学のよさが分からずに最近になって急に開眼しました。
私が初めて純文学の良さを知るきっかけになった作品は、宮本輝の「星々の悲しみ」です。派手な作品ではありませんがものすごく良いです。その後、宮本輝の川三部作を全部読みましたがどれも傑作だと思いました。しかし「星々の悲しみ」の前に読んでいたら、どのような感想になったかは分かりません。

多分、純文学は分からない、と思いながらも読み進めていればその様な作品に出会えるんじゃないかな、と思いますよ。貴方にとってそれがどんな作品かは分かりません。貴方が「星々の悲しみ」を読んで私のような感想を持つかも全く分かりません。(でもおススメです)

「純文学」と「エンタメ小説」の違いは、表現に重きを置くか、ストーリーに重きを置くかの違いだと思います。私も今でも定義はあやふやですが、たくさん読むを分かってくると思います。それが日本固有の言い回しかどうかは分かりませんが、考え方としては同じ分け方ができそうです。

「文学」はジャンルそのものを言い、「小説」はもっと具体的なものです。
「僕は日本文学が好きだ、とりわけ谷崎の『痴人の愛』という小説が好きだ」という言い方ができます。
「『痴人の愛』という文学が好きだ」という言い方にはなりません。

お気持ちものすごくよく分かります。私も純文学は苦手でした。ただ、かといって娯楽小説も好きではありませんでした。

中学の頃から純文学を読んできました。最近の娯楽小説よりも、三島由紀夫や川端康成や漱石を読むべきだと思ってたからです。が、15年くらい幾ら読んでも純文学のよさが分からずに最近になって急に開眼しました。
私が初めて純文学の良さを知るきっかけになった作品は、宮本輝の「星々の悲しみ」です。派手な作品ではありませんがものすごく良いです。その後、宮本輝の川三部作を全部読みまし...続きを読む

Q純文学とは何なのですか?

文藝といえば、綿矢りささんや青山七恵さんなどの芥川賞作家を
輩出した純文学系の雑誌です(直木賞作家・角田光代さんの作品を
よく掲載しているのが解せませんが)し、また、柳美里さんといえ
ば『家族シネマ』で芥川賞を受賞された純文学の作家さんだと認識
しています。

ですが、文藝2007年夏号に収録されている柳美里さんの作品『JR
五反田駅東口』にはラストに(T_T)という絵文字がでかでかと
書かれています。

以前、『野ブタ。をプロデュース』が芥川賞候補になったとき
選者は『(笑)』という表現をあげつらって、まだこういう表現は
純文学では許容できない、とおっしゃっていました。(笑)という
表現は許容できないのに、絵文字は許容できるのでしょうか?
それとも柳美里さんはベテランだから、何をやっても許されてい
るだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきり言って「純文学か大衆文学か」なんて人によって基準は異なるし、瑣末な議論だと思います。「『まだ』こういう表現は純文学では許容できない。」という発言からも分かるように、時代によって基準も変わってくるということです。

売れるために書くのか、書きたいから書くのか、文学の可能性を追求するために書くのかという作家の気持ち次第とも言えるし。

読む側が芸術性が高いと思えば「純文学」だし、芸術的とは思えないけど 読んでいて楽しいなら「大衆小説」だと思えばいいだけの話。

他人の意見なんて、たとえそれが権威のある文学者だとしても 参考程度に考えればいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報