人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私の友人のことです。

彼は現在高校3年生なのですが、小学校と中学校の9年間ひどいいじめを受けていたといいます。彼に両親がいないことをバカにされたのから始まり、ずっと「捨て子」と罵られ、中学生になると暴力も伴うようになったそうです。酷いことには、定期テストの朝に物置に連れていかれ、縛られた上に閉じ込められたせいでテストが受けられなかったということもあったそうです。

彼はそれまでは相手にせず我慢していたのですが、そのことで我慢の限界に達し、いじめをしている人達に殴り掛かる等をしてしまいました。教師は彼が暴力を奮ったことの方を「いじめ」と扱い、つまり彼が悪者にされ、結局中学を卒業するまでいじめを対処して貰えなかったそうです。

高校に進学してからはいじめもなく、友達もたくさんできて楽しい生活を送っていたのですが、最近になって過去のいじめのことを毎晩思い出すようになり、「今ならあいつらに勝てる、復讐してやりたい」と考えるようになったというのです。

私は彼と同じピアノ教室で知り合ったので、それまでのいじめがどのようなものだったのか実際に見たわけではありません。ですから彼の心の傷もすべて理解できているとは当然ながら言えません。

けれども、復讐したい気持ちもわかるのですが、これから大学受験も控えており、今何か問題を起こすのは彼にとっても不利益なだけのように思うのです。

そこで質問なのですが、彼の復讐願望をなくすために、私に何かできることはないでしょうか?

復讐をやめさせる良い方法はないでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

 ♯3ですがもう一度回答させてください。


 基本的なスタンスとしては、復讐したい気持ちには大いに共感して、実際に復讐することについては問題点を指摘して、本人に考えさせるという方法が良いと思います。怒って興奮している相手に対して、いくら理性的な言葉を並べてみても効果はありません。『ひどい野郎だ!○○君が怒るのも無理ないよ!』と、本人以上に興奮して共感すれば、それを見た本人は、いくぶんか冷静になるのではないでしょうか。自分が抱いた怒り、復讐心、恨み…は、それが幸福の役に立たない悪感情だからといって、いっさい否定されるのだとしたら、生きずらくなるでしょう。いえ、自らの為に、いずれは捨て去るべき感情ですが、恨みを持ちながらも生きていく時期があっても、それは仕方のないことだと考えます。自分が抱いた悪感情にふたをして、抑圧するのが一番よくありません。逆境・困難は乗り越えることで、逆に自信につながります。また、そうしなければウソです。
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/01/1.html 怒りを乗り越えよう
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/04/9.html 自分が自分の一番の理解者
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/18/8.html 他人の立場で考えてみる
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/04/2.html 考えることから逃げない
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/10/0.html 誰にも不機嫌にさせられない
 パソコンでメールできれば、このようなことも伝えられるでしょうけど、いかがでしょうか。
    • good
    • 0

辞めさせることは無いと思います。


辞めさせることができるならそれは誰かの痛みが必要です。
いじめた敵ではなく、味方の痛みです。

質問者様が一緒になって復讐の手前に行くのです。
殴ったりする前にそいつらを調査したりしてください。
これは良い、これはダメ、と彼に意見をするのです。
彼を親身に思いながら意見をすればここで辞めておこうとなります。

深部に入ってこその意見は違いますよ。
過去にいじめた敵も深部に入って彼を苦しめていますから誰かが彼の中に入らなくては成らないのです。
相当な気概が必要で一歩間違えば共犯となる恐れもあります。
    • good
    • 0

>高校に進学してからはいじめもなく、友達もたくさんできて楽しい生活を送っていたのですが、最近になって過去のいじめのことを毎晩思い出すようになり、「今ならあいつらに勝てる、復讐してやりたい」と考えるようになったというのです。



このように過去の体験であるはずの出来事が今は楽しく暮らしていたのにも係わらず心の中に再び怒りをもって戻ってきたのは彼の心が受験勉強で緊張を強いられ、連動して不快感を思い出したからだと思います。
軽い鬱のような症状と思います。

復讐したらその咎はそっくりそのまま本人に返ります。
これは如何なるケースも免れない真実です。
けれども今、それを言っても興奮していて通じないでしょう。

ずるい方法かもしれませんが、受験が終わってからにして欲しいと言ってみたらどうでしょう。先延ばしにさせるのです。
受験に成功したらそれで気分が変り、復讐する気分は失せているだろうと思います。その時に再び、相談にのるから今だけはやめて欲しいと真剣に頼んでみたらということが今、貴女に出来る精一杯の助言ではないかと思います。
    • good
    • 0

 40代男性です。

原理原則的な回答を試みたいと思います。
 まず言っておくべきは、他者を完全にコントロールすることなど出来ないということです。最悪の結果になってしまうことも覚悟しておくべきでしょう。他者が必ず自分の思い通りになると考えるなら、それは傲慢です。例えそれが、親友、肉親、恋人などの身近な人であったとしてもです。
 復讐を止めさせるには、復讐をしなくてもいいような考え方を持たせることしかありません。どのような考え方が良いかは、決まった型はありません。その人が『そうだ、その通りだ』と思えるものなら何でもよいと思います。『復讐しても幸せにはなれない』とか、『イジメをするような奴は、きっと他の人とも衝突して幸せにはなれないから、復讐する必要はない』とかです。
 イジメをする人は、他者が悔しがったりすることで自らの影響力を感じ、偉くなったような気になっている人です。他者の不幸が自分の幸福のように感じている人です。どうせなら、他者を喜ばせたり楽しませたりして、自己の影響力・重要感を感じてもらいたいものです。復讐する心理も、イジメをする人と同じです。直接に競合関係にあるなら、相手の負けは自分の勝ちになるので、相手の失敗を喜ぶのは健全です。しかし、競合していない相手の不幸が自分の幸福になるという感じ方は、神経症的だと言えます。単に、そう信じているだけの“幻想”です。
 『何のために復讐するの?』『相手に反省させたいの?』『自分の気持ちを伝えたいの?』『どうなったら気が済むと思う?』『思い通りの反応でなかったら、どうする気?』…このような質問をして、自らの感情を客観的に見れる状態に置くことができれば、少しは冷静になり感情を沈めることが出来るのではないでしょうか。メールでのやりとりでも良いでしょう。アドバイスは訊かれた時だけでよいと思います。
   http://www8.plala.or.jp/psychology/topic/settoku … ブーメラン効果
 いかにして復讐心を捨てるかは、パレスチナ問題をみてもわかるように、簡単ではありません。また、ある部族は、復讐心を失わないためだけに、定期的に攻撃を仕掛けるのだそうです。≪行動はその背後にある動機を強化し、選択はその背後にある価値観を正当化する≫ジョージ・ウェインバーグ。恐れを動機として物事から逃げれば、その恐れは大きくなります。ハゲを気にして鬘をかぶれば、余計にハゲが気になります。復讐する行動をしないことによって、いつかは復讐心が薄れることを期待するしかないように思います。復讐してもおかしくないような状況でも、他者の言動に心を支配されることもなく、自らの行動を制御できれば、そのことが自信につながるのではないでしょうか。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~musimusi/coach18.html 自己重要感
   http://homepage2.nifty.com/zunou/kannkei/2.html いじめ研究
   http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/11/7.html 他人を変えようとしてはいけない
 参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.katotaizo.com/lecture/index.html
    • good
    • 0

低能ないじめですね。


ですが、彼のしようとしている事はいじめの連鎖に他なりません。
復讐をする事で自分が負うマイナスの部分と、前を向いて違う面に力を注げるようなアドバイスでもしてあげたらどうでしょうか。
    • good
    • 0

はじめまして。


ご友人のトラウマに正面から向き合う姿勢に
感服いたします。

私の意見が正しいか間違っているか、自信はあまりありませんが…

折角、高校に進学して過去の事を「過去の出来事」として
片付けられそうな今こそ、大事な時期かもしれません。

復讐などしたら、いじめから開放されてからの楽しかった事や、
嬉しかった事が台無しになると判って欲しいです。

復讐などしなくてもこれから先、楽しい事や嬉しい事が
沢山あると思うのです。

それには彼が打ち込める趣味を見つけられたり、
周りの友人たちとの生活を楽しく感じられる事が重要では?

それが出来るのは、貴方を含め周りの友人達だけだと思います。

例えば山登り、キャンプ等、少し日常を離れて友人達との
絆を深められるレクリエーションに誘い出すなど、
方法は色々です。
(無理強いはいけませんが)

なんにせよ、ご友人を’一人にぼっちにしない’事です。


貴方はそこまで友人の為を思っているし、
その友人にはそこまで思ってくれる貴方が居るんですから、
貴方にもご友人にも是非がんばって欲しいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕返ししたくなる心理を止めるには?

どうしたらいいでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。
仕返しをしてやりたくて仕方ないほど恨んでいる相手がいるのですね。
恨んでしまうこと自体は、なかなか自分の意思で止められるものではないので仕方ないと
して、「仕返し」というのは、悪意を持って意図的に人を傷つけよう・関係を破壊しようと
いう、非建設的な行為ですから、それを止めようという考えは、とても賢明だと思います。

止めたいということですから、その人との関係は壊したくないということでしょうか。

止める方法としては、問題を解決するのがよいかと思います。
まず、「恨み」について少し。
「恨み」は、「怒り」が蓄積して腐敗したようなものです。
「怒り」は、自然に流動して消えてしまったりもしますが、「恨み」になってしまうと、
それがなかなか困難です。腐敗してますから。どうしてそうなってしまったのかというと、
「怒り」がスムーズに処理されなかったからです。
そこで。「恨み」を分解して、新鮮な「怒り」に戻し、処理しやすい状態にするとよいと
思います。自分がその人の何に対して「怒り」を感じたのか、できるだけ細かく思い出し
ます(思い出すのもムカつくと思いますが)。この時点で、「怒り」の対象は「その人自身」
ではなく、その人の「ある行為」であることに気づくと思います。そして、一番よいのは、
本人に、どんな行為に対して怒りを感じたのか伝え、自分がどうしてほしかったのか、
これからどうしてほしいのかを伝えることだと思います。
本人に伝えるのが無理なら、信頼できる第三者に話すだけでも「怒り」はずいぶん処理
できると思います。大切なのは、質問者様の「怒り」の感情を、肯定してもらうことです。

もうひとつ、応急処置としては、とりあえず「恨み」から解放されることができる方法を
考えるというのがよいかと思います。
「仕返し」というのは、例えば、Aさんによって作られた「怒り」を、Aさんを使って処理
しようという行為になるわけですが、その怒りは、Aさんを使わなくても、処理することが
できるのではないかと思います。
「怒り」を処理できず、「怒り」に捕えられてしまっている時間は、「現在」の情報を
スムーズにキャッチすることができにくくなり、「うれしいこと」「たのしいこと」「気持ち
いいこと」「おもしろいこと」などがその辺に転がっていても見逃してしまいがちになり、
ますます強く「怒り」の中に閉じ込められてしまい、逃れられなくなってしまいます。
そこで。意図的に、「現在」の中に戻って、集中することです。
映画を観る、本を読む、掃除をする、クロスワードパズルをする、走る、など、集中でき
ることなら何でもよいと思います。
集中することで「怒り」から、かなり解放されます。

「恨み」「怒り」を感じるのは、悪いことではなく・・といいますか感じることがあるのが
当たり前なのですが、いつまでも捕えられているのは自分が不愉快で、損なので、早く解
放されて、自分の幸福のためにエネルギーを使える状態になれるといいと思います。

No.5様お勧めの「シンプルプラン」はいいですね。
「怒り」「恨み」「恐れ」などの感情や、欲求にとらわれ、支配され、操られてしまった時、
どんな状態になるのかも書かれています。

こんにちは。
仕返しをしてやりたくて仕方ないほど恨んでいる相手がいるのですね。
恨んでしまうこと自体は、なかなか自分の意思で止められるものではないので仕方ないと
して、「仕返し」というのは、悪意を持って意図的に人を傷つけよう・関係を破壊しようと
いう、非建設的な行為ですから、それを止めようという考えは、とても賢明だと思います。

止めたいということですから、その人との関係は壊したくないということでしょうか。

止める方法としては、問題を解決するのがよいかと思います。
まず...続きを読む

Q過去のいじめを乗り越えられないのは悪ですか?

こちらの質問サイトでだったかは忘れてしまいましたが「子どもの頃に受けた苛めがトラウマになっており、未だに加害者を許せない」と書いていた男性がいました。「あの時のいじめで人生が大きく狂った。出来ることなら苛めた人間に復讐がしたいくらいだ」とも書いてありました。
それに対してついた回答は、質問者を批判する内容が大多数でした。
「いつまでも過去のいじめを引きずっている方がおかしい。所詮子供の苛めだろう。大人になっても許せないなんて異常だ」
「いい大人なら過去は笑って許してやるくらいの器量は持つべきだ。そういう風に器が小さいから苛められたんだ」
「大人になって社会に出れば、周りと上手くいかなかったり理不尽な思いをするなんて当たり前。たかが学校生活さえ乗り越えられない人間が、社会で生きていけるわけがない」
そういったような回答が書かれていました。

私はそれについていろいろ考えました。
子どもの苛めと言っても、それで精神を患ったり引きこもりになってしまったり、最悪は自殺してしまう子もいるのですから「たかが子供の苛め」では片づけられないと思います。
ですが、いつまでも「苛められていたのだから仕方がない。可哀想」というような甘い社会でもないと思います。例え苛めが原因での不登校、引きこもりだとしても、社会的には「ろくでなし」という扱いをされてしまいます。長年空白期間があれば会社に勤めることも難しくなるでしょう。「何故卒業が遅れたんですか?」と面接官に聞かれて、「苛めが原因で…」とは言えません。「心が弱い人。適用できない人」という目で見られてしまいます。

なんだか踏んだり蹴ったりだなと思ってしまいました。冒頭から話が少し逸れてしまったかもしれませんが。過去の苛めを許せない・乗り越えられないのは悪なのでしょうか。引きずってしまうのは、いつまでも影響を受けてしまうのは、その人の心が弱いからなのでしょうか?
皆さんの考えを聞かせてください。

こちらの質問サイトでだったかは忘れてしまいましたが「子どもの頃に受けた苛めがトラウマになっており、未だに加害者を許せない」と書いていた男性がいました。「あの時のいじめで人生が大きく狂った。出来ることなら苛めた人間に復讐がしたいくらいだ」とも書いてありました。
それに対してついた回答は、質問者を批判する内容が大多数でした。
「いつまでも過去のいじめを引きずっている方がおかしい。所詮子供の苛めだろう。大人になっても許せないなんて異常だ」
「いい大人なら過去は笑って許してやるくらい...続きを読む

Aベストアンサー

どんな人だって辛いことがあれば引きずってしまうなんて当たり前。
個人差のあることですし、子供時代のいじめであれば、その体験が成長過程で大きな影響力を持ち、いつまでも引きずる結果になってしまうのは当然です。
それらのコメントを残した人たちは何かしらの方法で自分の過去と上手く折り合いをつけ前進できたからこそ、そう感じるのでしょうね。中にはそこまで切り替えが上手にできない人もいますから一言でバッサリ切ってしまうのは意地悪過ぎると思います。

ただ、そこばかり集中して自分自身がこれから何ができるのか更にレベルアップすることを止めてしまっていることは問題だと思います。もちろん傷ついて疲れ切っている人に頑張れなんて言えませんし、一度ゆっくり自分の心が回復するまで休むこともとても重要なことです。
その代り、その間、ただ自分が受けた理不尽な仕打ちにしがみ付いて「被害者である自分」のまま時間の止まった生活をし続ければ世間が「弱い奴」と冷たい目で見るようになるのも当然です。

さてこれからご自分はどんな人生を生きていきたいのですか?
いつまでもいじめ加害者の汚い言葉に振り回されて、繰り返し思い出してその度に同じことで傷ついて生きていきたいのでしょうか?
嫌な記憶を何度も自分で繰り返すのは、自分で自分を何度も傷つけるリストカットに似ていると思います。
自分で自分を傷つけていますよ。意味ないですよね。
思い出す時間があるのなら好きな映画を見るとか、別の事に時間を使ってみませんか。
今はあなたの傍にいじめ加害者はいませんよね。
好きなことができるのではないですか?

頻繁に書き込む人で「いじめられている人に問題があるからで、いじめている側に問題はない」と過去に自分がいじめていたことを必死になって正当化しているおかしな人がいますが、こういう人は自分が絶対正しいのに周囲から間違っていると指摘されたことがプライドを傷つけて納得ができないからいつまでもバカなことを書き込んで満足しているんです。
こういう人もいつまでも過去にしがみついて前進できない人です。
惨めで可哀そうだと思いませんか?いじめ加害者は加害者で自分自身に永遠に言い訳し続けているんです。

辛い過去を乗り越えるのは容易ではないでしょうが、それでもその人のリズムで少しずつ過去から離れることはできると思います。影響を受けたり、乗り越えられないことを「悪」とかそういう言葉で言い切れるほど人の心は簡単ではありません。
悪いこととは思いませんが、被害者である過去の自分を手放さないで同じ場所でずっと足踏みしているのではこの先、未来はないと考えます。

どんな人だって辛いことがあれば引きずってしまうなんて当たり前。
個人差のあることですし、子供時代のいじめであれば、その体験が成長過程で大きな影響力を持ち、いつまでも引きずる結果になってしまうのは当然です。
それらのコメントを残した人たちは何かしらの方法で自分の過去と上手く折り合いをつけ前進できたからこそ、そう感じるのでしょうね。中にはそこまで切り替えが上手にできない人もいますから一言でバッサリ切ってしまうのは意地悪過ぎると思います。

ただ、そこばかり集中して自分自身がこれか...続きを読む


人気Q&Aランキング