急なのですが、9月6日からペルー・ボリビア辺りに旅に行くことになりまして、ペルーからボリビア(ウユニ塩湖に行きたいと思ってます)へ入国する際に、イエローカードの提示が必要というのを今日知りました。。。

もう関東圏の検疫所は、どこも自分の出発日までは一杯だそうで、かなりショックです。。

やっぱり、ウユニ塩湖は諦めるしかないのでしょうか・・

A 回答 (2件)

もう旅に出てしまわれたと思いますが、現地でもしご覧になれる可能性もあるかと思い書き込むことにしました。

私はボリビアに2年ほど住んでおりまして最近帰国しました。今年3月からイエローカードの提示が必要と言われ始めましたが、私は3月にチリから、そして5月にアルゼンチン経由でボリビアに入りましたがイエローカードの提示は求められませんでした。黄熱病の危険があるのは主に東部の熱帯地方ですのでそちらから入国するのでなければ(例えばブラジルから)チェックはしないのかもしれません。ちなみに私がチリから入国したときは陸路でチャンガヤという標高4000mの国境の町で、5月のときは空路でサンタクルスに入りました。また7月に日本人の友人がボリビアに来ましたが、そのときも提示は求められなかったそうです。それで私の知る限りではイエローカードがないために入国できなかったという話は知りません。それでボリビアに入ることが出来る可能性は大いにあるとおもいますが、ただ今現在ボリビアの政情はとても不安定で交通機関がマヒ状態です。うまく長距離バスに乗れてもいつどこで道路封鎖で足止めを食うか分からない状況ですのでむしろこちらの方が心配です。くれぐれも無理をされないようお勧めしたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
昨日、無事旅行から帰ってきました。
心配していたボリビアへの入国ですが、イエローカードの掲示を求められることなく、無事ペルーから陸路で入れました。
ご心配して下さったボリビアの交通機関も特に足止めを食うこともなく、行きたかったウユニ塩湖にも行けることが出来ました。

今度はもっとじっくり南米を旅してみたいと思います。
南米最高!!

お礼日時:2008/09/25 09:02

予防接種は10日以上前に行わなければならないので、ボリビア入国は時間的にあきらめるしかないでしょう。

厚労省の検疫ページに記載されていますが、ペルーも場所によっては接種が推奨されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どこかイエローカードの掲示が甘い入国ルートがあるかと思ったのですが、ないみたいですね。潔く諦めます。。

お礼日時:2008/09/03 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパラグアイ戦争について

1864年に起きたパラグアイ戦争について質問します。軍事国家パラグアイが南米の二大国アルゼンチン・ブラジルを相手取ってウルグアイの領有権を争った戦争と言ったことは知っていますが、なぜ太平洋戦争(WWII)の日本と対比されるのでしょうか?
また人口の半分を失ったパラグアイが分割占領されなかった理由は?

Aベストアンサー

はじめまして

もともとパラグアイ戦争は狂気の独裁者、内陸国パラグアイ大統領のロペツがラプラタ河口のウルグアイの内紛に干渉し開始されたものです
当時のウルグアイはブランコ党とコロラド党の対立が内戦化し、前者をパラグアイが、後者をブラジル、アルゼンチンが支援
一方アルゼンチンも首都ブエノスアイレスとそれ以外の地方が対立していたため
ロペツが領土拡張の野心からブラジル、アルゼンチンへ侵攻したのです

パラグアイにはかつて奴隷商人に攻撃され苦しんでいた先住民グアラニー族をイエズス会が救済し
ミッションと呼ばれる居住区で武器を与え、軍隊式の階級制と自治を付与、軍務経験のあるイエズス会士が教練し精強な屯田兵共同体化しました
また効率のいい換金商品作物であるマテ茶栽培も修道士は教えたため経済的にも豊かになりました

パラグアイ軍の中核にはこのグアラニー族の部隊がありました


ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ三国は秘密同盟条約を締結しました
内容は
1.単独講和禁止
2.ロペツ打倒
3.パラグアイの《独立保障》
4.賠償金要求
5.パラグアイ領土の半分を割譲
6.パラグアイ防衛の中核ウマイタ要塞の破壊
を決め、目的はあくまでロペツの打倒でパラグアイの完全割譲はせず、独立を保障することにしたのです


内陸国でラプラタ河の制河権も奪われ、補給の途絶したパラグアイは武器、弾薬が不足し
しかも狂気の独裁者ロペツは敵の銃火の待つ敵部隊に銃剣突撃を命じトュティの戦いで6000名も戦死惨敗
兵力不足になったロペツは老人や女性、しまいには6歳の子供も兵士として徴兵
銃が不足し斧や剣、ナイフを装備し戦わせました
1869年8月16日アゴスタニューで500人の成人兵を除き殆んど少年兵の3500のパラグアイ軍はブラジル軍と戦いましたが
一方的な虐殺となり、多くの少年たちが戦死しました
それ以後、8月16日はパラグアイの子供の日になりました

ロペツの最後は15歳の《大佐》の長男とともに最後の部隊数百名が玉砕しました

無謀な戦いを継続したこういう点がかつての旧日本軍に比喩されるのでしょう


長文失礼致しました

はじめまして

もともとパラグアイ戦争は狂気の独裁者、内陸国パラグアイ大統領のロペツがラプラタ河口のウルグアイの内紛に干渉し開始されたものです
当時のウルグアイはブランコ党とコロラド党の対立が内戦化し、前者をパラグアイが、後者をブラジル、アルゼンチンが支援
一方アルゼンチンも首都ブエノスアイレスとそれ以外の地方が対立していたため
ロペツが領土拡張の野心からブラジル、アルゼンチンへ侵攻したのです

パラグアイにはかつて奴隷商人に攻撃され苦しんでいた先住民グアラニー族をイエズ...続きを読む

Qペルー・ボリビア旅行の服装

閲覧ありがとうございます。
2月末からペルー・ボリビア旅行に行くのですが、どんな服装で行けばよいのかいまいちわかりません。
まわるところはマチュピチュやウユニ塩湖・クスコ市内などなのですが、市内観光などでもスカートなどはやめた方がよいのでしょうか?
また、上もなるべく日本で普段するような格好は避け,Tシャツにトレーナーなどのほうがよいのでしょうか。
行かれたことのある方などいらっしゃればどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2年ほど南米を旅行した際、ペルーやボリビアもゆっくりと周ったものです。

まず、スカートは絶対にやめたほうがいいと思います。マチュピチュやウユニ塩湖などは外国人旅行者が大半ですが、日本人に限らず女性の方でスカートをはいてる人はほとんどいません。動きやすいトレッキング用や登山用のズボンがよいと思います。市内観光などではスカートでも問題ないとは思いますが、あまり利点は思い浮かびません。やはり歩きやすくポケットなどもついたアウトドア用のズボンがベストだと思います。なお、どうしてもスカートを・・という場合、クスコは坂の多い町です。丈の短いものは絶対やめたほうがいいと思います。

また、クスコは有名な観光地でもあり、ペルーの中でも一見あか抜けた雰囲気がありますが、旅行者などを狙ったスリも多いので、気を付けてください。実際、クスコで会った外国人旅行者の女性は、ナイロン製のリュックサックが気が付いたら刃物で切られて中身を盗まれていたということがありました。町歩き中の携行品には十分気を付けてください。

行かれる予定の場所は、標高もそこそこ高く、昼と夜の寒暖差があります。インナーはボタンダウンのシャツやトレーナーでもいいと思いますが、ウインドブレーカーなど軽い上にコンパクトに収納できる上着をひとつ携帯しておくと良いと思います。マチュピチュなどは天気も変化しやすいので、急に雲行きが怪しくなったとき等にも便利だと思います。日中は日差しが強い場合もあるので、日焼け等を気にされるのであれば、帽子もあると便利だと思います。

ウユニ塩湖は、季節によって表情を変えるのですが、2月ですと雨季に当たりますかね。乾季の塩湖も一面真っ白ですごく美しいですが、雨季は地球全体が鏡になったかのような幻想的な景色が見られるかもしれません。
マチュピチュに行かれる際は、足腰に問題がないようでしたら、是非ワイナピチュに登られることをお勧めします。少々疲れますが、登頂して全景をながめたら疲れも吹き飛ぶと思います。

クスコでは、リャマのステーキは美味しいです。アルパカはリャマに比べて個人的には好みではありませんでした。クイの丸焼きなどは、旅行の思い出にも良いかもしれません。全て人それぞれですので、一通りトライしてみるのが一番だと思います。

ボリビアはどちらへ行かれるか分かりませんが、南米でもインディヘナの文化が色濃く残っている国のひとつです。首都のラパスの旧市街などは歩いていて退屈することはないと思います。民族衣装が普段着である女性が多く、つい写真を撮りたくなりますが、特に女性は嫌がる方も多いので、むやみに写真を撮るのは控えたほうがいいと思います。
食べ物に関してはペルーのほうが上でしょう。

最低限の注意を怠らなければ、素晴らしい旅行になると思います。最高に楽しい旅行になるといいですね。

2年ほど南米を旅行した際、ペルーやボリビアもゆっくりと周ったものです。

まず、スカートは絶対にやめたほうがいいと思います。マチュピチュやウユニ塩湖などは外国人旅行者が大半ですが、日本人に限らず女性の方でスカートをはいてる人はほとんどいません。動きやすいトレッキング用や登山用のズボンがよいと思います。市内観光などではスカートでも問題ないとは思いますが、あまり利点は思い浮かびません。やはり歩きやすくポケットなどもついたアウトドア用のズボンがベストだと思います。なお、どうして...続きを読む

Qパラグアイの観光

南米のパラグアイに来年夏(8月)に行く予定でいます。
チリがメインでパラグアイにも少し行こうと思います。

パラグアイはあまり観光名所ないですが、どうしても行きたいです。
日程的にも首都アスンシオンだけになりそうです。

アスンシオン以外なら、世界一のダムがあるシウダーデルエステや世界遺産のトリニダー遺跡があるエンカルカシオンもありますが、陸路のみの交通手段で時間かかるので無理っぽいです。

アスンシオンは丸一日でも十分見て回れるでしょうか。
グアラニーの雰囲気やパラグアイの文化を味わいたいです。

ちなみに、チリをメインで行きますが、チリではアタカマ砂漠とサンティアゴに行きます。全行程で10日間(6泊10日)くらいなので、そんなに時間ありませんが、パラグアイは絶対行きたいです。

個人旅行で1人で行く予定です。

パラグアイに行かれた方、詳しい方、いろいろアドバイス下さい。観光名所や治安など。

お願いします。
ちなみに、スペイン語は結構話せるのでコミュニケーションには困らないです。現地の南米の人とたくさん交流したいです。

南米のパラグアイに来年夏(8月)に行く予定でいます。
チリがメインでパラグアイにも少し行こうと思います。

パラグアイはあまり観光名所ないですが、どうしても行きたいです。
日程的にも首都アスンシオンだけになりそうです。

アスンシオン以外なら、世界一のダムがあるシウダーデルエステや世界遺産のトリニダー遺跡があるエンカルカシオンもありますが、陸路のみの交通手段で時間かかるので無理っぽいです。

アスンシオンは丸一日でも十分見て回れるでしょうか。
グアラニーの雰囲気やパラグア...続きを読む

Aベストアンサー

アスンシオン市内でグアラニー族やグアラニー文化に触れるのは観光客用に限定されるでしょう。まず空港周辺にはグアラニー族が露店を出して民芸品を売っています。市内にも民芸品の店があります。ポピュラーな民芸品(お土産)は白やカラフルな刺繍のテーブルセンターや衣服です。(ñanduti)次はマテ茶の小道具一式でしょう。
インデイアン・ハープ(arpa)伴奏の音楽と民族舞踊はホテルで聞けば観光客用の会場を教えて貰えます。

市内観光は歩いて出来ますので関心のあるところをホテルで教えて貰うといいでしょう(地図を貰う)。パラグアイは日系人の多いところですから日本食堂もあると思います。(パラグアイの前日本大使は日系人でした)旅行エージェントも日系があります。(Agencia nipo-paraguaya?) その他美術館や博物館でグアラニー族関係の
展示があるかもしれませんのでホテルで確認してください。 グアラニー族の村が近くにあるかどうかも民芸品店やホテルで確認するとよいでしょう。

市内観光

http://www.reservas.net/alojamiento_hoteles/asuncion_paseosexcursiones.htm

http://blogs.yahoo.co.jp/arqtabibito/40539032.html

参考書:「南米のパラダイスパラグアイに住む」(株)アゴスト  ¥1,400
「パラグアイを知るための50章」明石書店  ¥2,000

グアラニー族に会ったらグアラニー語で挨拶をしましょう。パラグアイ人のほとんどはグアラニー族でなくても
グアラニー語が理解出来ます。(公用語です)

http://tenarai.nomaki.jp/guaranigo.htm

アスンシオン市内でグアラニー族やグアラニー文化に触れるのは観光客用に限定されるでしょう。まず空港周辺にはグアラニー族が露店を出して民芸品を売っています。市内にも民芸品の店があります。ポピュラーな民芸品(お土産)は白やカラフルな刺繍のテーブルセンターや衣服です。(ñanduti)次はマテ茶の小道具一式でしょう。
インデイアン・ハープ(arpa)伴奏の音楽と民族舞踊はホテルで聞けば観光客用の会場を教えて貰えます。

市内観光は歩いて出来ますので関心のあるところをホテルで教えて貰うといいでしょう...続きを読む

Qペルー、ボリビアに旅行を計画中です。

ペルー、ボリビアに旅行を計画中です。
クスコやラパス等、現地発の2、3日のアマゾンツアーの大凡の値段を教えて下さい。
参加経験があれば、感想もお願いします。

Aベストアンサー

クスコはとても素敵な所でマチュピチュだけではもったいないので是非ゆっくりして下さいね。マチュピチュへと続く聖なる谷ツアー、乗馬ツアーなんてのもあります。
リマからクスコへは航空券を買ってご自身で来て頂けます。ネットでもいいですし、リマに滞在予定なら現地旅行社で買えます。めんどくさがりな私はいつもリマ空港で直接買っています。(リマに滞在せず、そのまま早朝の便でクスコに飛べます。早朝便は何便もあるのでリマ空港に到着したらそのままカウンターで聞けます。)
クスコからマチュピチュへは現地ツアー参加、又は電車のチケットのみ買って自力で行く事ができます。時間に余裕がなければ、ツアー参加がラクでしょう。でも英語ガイドです。日本語ガイドが良ければプライベートツアーを予約もできます。クスコで時間に余裕があれば、こちらに来てから旅行社で予約をすれば良いですが、予め予約を希望されるようなら現地の旅行社にネットで予約を入れる事もできます。
マチュピチュへのツアーは1日ツアーで210ドルくらい(電車、入場料など全て込み)、1泊2日(マチュピチュでゆっくりできます。ワイナピチュという山に登りたい人向き。そうでなければ1日ツアーで良いです)で270ドルくらいでしょうか。いろいろあると思いますけど。個人で電車チケットだけ買うと往復で100ドル前後~でしょうか。(時間帯、行き先で違います。クスコから電車は出ていないので、ポロイというクスコから近い駅で乗るか、オリャンタイタンボというクスコから遠くマチュピチュに近い駅で乗るかで違います。どちらの駅へもタクシーで行けます。)入場料は45ドルくらい、その他、シャトルバス14ドル、タクシー代が要ります。
アマゾンツアーは行き先にもよりますが、飛行機を入れると600ドル前後くらい~でしょうか。
クスコからプーノまでのバスチケットはクスコで買えます。もちろんラパスまでも買えます。プーノへ行ってチチカカ湖を見、(1日島ツアーが35ソルくらい)、その後ラパスへ移動し、ウユニ塩湖まで行くのが一般的です。ラパスからウユニへツアーも出ています。

参考URL:http://www.andeanamazon.com

クスコはとても素敵な所でマチュピチュだけではもったいないので是非ゆっくりして下さいね。マチュピチュへと続く聖なる谷ツアー、乗馬ツアーなんてのもあります。
リマからクスコへは航空券を買ってご自身で来て頂けます。ネットでもいいですし、リマに滞在予定なら現地旅行社で買えます。めんどくさがりな私はいつもリマ空港で直接買っています。(リマに滞在せず、そのまま早朝の便でクスコに飛べます。早朝便は何便もあるのでリマ空港に到着したらそのままカウンターで聞けます。)
クスコからマチュピチュ...続きを読む

Qパラグアイについて

中3女子です。

今度、私の父がパラグアイに転勤になるかもしれないのですが、パラグアイの治安を調べてみたところ、あまりいい感じがしません。
実際、今のパラグアイの治安はいいんでしょうか?心配です・・・

回答お願いします。

Aベストアンサー

治安面を心配すれば日本も含めて安心して住める国は少ないでしょう。中南米ではメキシコの北部の麻薬紛争地帯とコロンビアのゲリラ支配地帯周辺を除けば特に治安面で不安で住めない国はありません。中でも中米のコスタリカとパラガイは経済的に重要な国ではないので日本人はあまり注目しませんが定年退職前の人なら住んでみたい国のひとつです。

治安が心配という場合、現在ではゲリラ問題ではなく強盗、すり、空き巣などが中心です。これはどこの国でもある程度避けられないのが現状ながら、どの国にも多くの外国人、日本人が暮らしています。我々は日本に暮らして治安が心配とあまり思いませんが、外国人で日本へ留学や就職で家族を持つ人は、地震、津波、台風、土砂崩れ、交通事故、無差別殺人、子殺し、親殺しのニュースを聞くたびに心配することでしょう。どこかで何かが起これば、その国全体が危険と見做されます。

パラグアイには多くの日本人移民が主として農業で暮らしています。日本駐在の前パラグアイ大使は日系人でした。お父様は会社で現地事情の説明を聞き、会社として初めての駐在員でなければ前任者から経験談も聞いて赴任される筈です。現地から「こんないい国とは知らなかった」とメールが届くことでしょう。

現地間転勤であれば治安に対する心構えもあると思われます。あまり心配はいりませんよ。下記URLの安全対策を参考にしてください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=258

治安面を心配すれば日本も含めて安心して住める国は少ないでしょう。中南米ではメキシコの北部の麻薬紛争地帯とコロンビアのゲリラ支配地帯周辺を除けば特に治安面で不安で住めない国はありません。中でも中米のコスタリカとパラガイは経済的に重要な国ではないので日本人はあまり注目しませんが定年退職前の人なら住んでみたい国のひとつです。

治安が心配という場合、現在ではゲリラ問題ではなく強盗、すり、空き巣などが中心です。これはどこの国でもある程度避けられないのが現状ながら、どの国にも多くの外...続きを読む

Q9月の頭に南米(ペルー)に旅行に行こうと思っています。初めてなので、費

9月の頭に南米(ペルー)に旅行に行こうと思っています。初めてなので、費用が幾らかかるのか、良く分かりません。チケットの安い入手方法、お勧めホテル、お勧めの場所(ペルー以外でも)、気をつけた方が良いこと など 何でも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

No.1さん辛辣ですけど、同感のところもあります。
ちなみに私たち来月の8/7からペルー旅行に行きますが、ツアーで行くことにしています。

私たちはアメリカに住んでいて、これまでカリブ、メキシコ方面を含めて一度もツアーで旅行に行ったことはありません。全部個人手配でやってきました。
私たち、英語に関しては上級者だと思っています。複雑な事柄でも英語で交渉できます。電話での英語交渉もOKです。それから家内はスペイン語を話せます。こんなわれわれでもペルーの事情が分からないのでツアーにしたのです。

他の日本人とちょっと違うのはガイドさんは英語を話す方を選択したことかな。日本語だと一人あたり$1,000ドル近く高くなってしまいますので。

9月の頭ってことはあと一か月半ですね。この時点で、このQ&Aサイトで、初めてだけどどうしたらいい、などと質問しているレベルでは、残念だけど全く無理だと思います。ちなみにツアーだと催行日まで46日を切っていると、申し込み&即キャンセルでも、キャンセル料が発生する場合があります。9月の頭だとそろそろそういう時期に差し掛かります。気をつけてくださいね。

No.1さん辛辣ですけど、同感のところもあります。
ちなみに私たち来月の8/7からペルー旅行に行きますが、ツアーで行くことにしています。

私たちはアメリカに住んでいて、これまでカリブ、メキシコ方面を含めて一度もツアーで旅行に行ったことはありません。全部個人手配でやってきました。
私たち、英語に関しては上級者だと思っています。複雑な事柄でも英語で交渉できます。電話での英語交渉もOKです。それから家内はスペイン語を話せます。こんなわれわれでもペルーの事情が分からないのでツアーにしたのです...続きを読む

Qボリビアに郵便局から小包を送ろうと思っています。

ボリビアに郵便局から小包を送ろうと思っています。

大きさはそこまで大きくないので小型包装物で送れる重さ・大きさなのですが、ボリビアではよく紛失や盗難などもあるようなので、普通の航空便で送ったほうがいいのかな・・・と迷っています。
追跡サービスもできるEMSも考えたのですが、ボリビアはEMSでは送れないようです。

ネットで調べでみたのですが、南米へは箱に入れて送るより袋の方がいいとか色々書いてありましたが、送り状などは普通にきちんと内容物を書いて大丈夫なのでしょうか?? ものによって、盗まれやすいとかありますか?

もし、ボリビアに荷物を送られた方がいらっしゃいましたらお知恵をかして下さい!
こうやって送って取られたよとか、大丈夫だったよとか、なんでも結構ですのでお願いいたします!!

Aベストアンサー

ボリビアには何度も封書や荷物を送ったことがあります。また向こうに在住中に日本から荷物を送ってもらったこともありますが、届かなかったことは封書が1回あっただけであとはちゃんと届きました。

航空便だと早ければ1週間から2週間、船便だと3ヶ月ぐらいだったでしょうか。EMSはありません。日本から送るときにもしあて先に届かなかったり、行方不明になったときの処理方法を選びます。「送り主に返送」か、「放棄」…。私の場合はいつも「放棄」でした。放棄してもあきらめられるぐらいの物にとどめて置いたほうが無難です。

箱か袋かというのは送る物にもよると思いますが、とにかく扱いが荒いので袋だと破れたりしてしまわないか心配ですね。しっかりしたダンボール箱でも届いたときは角が丸くなっていたり、全体が少しつぶれていたりするので、中身をエアキャップなどでしっかりくるんでガードしておくことが必要です。

内容物が貴重品であることがわかると盗難の危険も増えますし、ボリビアには損害賠償付き郵便などないので、まず高価なものは送らないのが最善です。「articulos diarios(日用品)」「ropas(衣類)」などならまあ大丈夫かと思います。

ボリビア向けの郵便はまずラパスに届きます。標高4000m近くで気圧が低いので袋に入ったお菓子などは破裂してしまったり、液体の入った容器はプラスチックだと中身が出てしまったりします。丈夫なガラスの容器で蓋がしっかり閉まるものなら割れないようにエアキャップでくるんで箱に入れておけば大丈夫です。(以前、母が日本から梅干を送ってくれたことがありましたが、見事にプラスチックの容器が割れて汁が他の内容物に付いてしまい、そして乾いていました。でも梅干は腐ることもなくおいしくいただきました。)

送り先がボリビアの地方だとラパスから国内各地の郵便局に送られますが、日本からラパスに届くより、ラパスから国内各地に送られる方が日数がかかります。ボリビアとはそういう所です。クリスマスやカーニバルの季節だとさらに遅れる可能性大です。

受取人がボリビアの郵便局で海外からの荷物を受け取るときは、1個に付きいくらという形で手数料が徴収されます。正確に覚えていませんが、10Bs.(150円ぐらい)だったと思います。日本人にとってはたいした額ではありませんが、現地では中ぐらいのランクのランチが食べれるぐらいの金額ですので受取人がボリビア人の場合はちょっと負担になります。また引き渡し時には100パーセント箱を開けられて中身をチェックされます。明らかに現地で売ることが目的と思われるものが入っているとさらに関税を徴収されるかもしれません。

最後に、以前ほど多くはないようですが、それでも不着や盗難がなくなったわけではないのである程度覚悟をしておく必要はあると思います。

ボリビアには何度も封書や荷物を送ったことがあります。また向こうに在住中に日本から荷物を送ってもらったこともありますが、届かなかったことは封書が1回あっただけであとはちゃんと届きました。

航空便だと早ければ1週間から2週間、船便だと3ヶ月ぐらいだったでしょうか。EMSはありません。日本から送るときにもしあて先に届かなかったり、行方不明になったときの処理方法を選びます。「送り主に返送」か、「放棄」…。私の場合はいつも「放棄」でした。放棄してもあきらめられるぐらいの物にとどめて置いたほ...続きを読む

Qペルー。マチュピチュとナスカを9日間で回る。アドバイスを。

結構先の話しになってしまい恐縮なのですが、今年の年末から合計9日間でペルーを個人で回ろうと思っています。一人旅はそれなりに経験があるので基本的な問題は大丈夫と思っているのですが、一番気になるのは日程の問題です・・・。
日本の発着も含めての9日間なので、時間が少ない・・。
ペルーで動けるのは実質6日間ないですからね。

とにかく絶対行きたいのはマチュピチュとナスカ。それ以外は諦めざるをえないので、この2箇所に絞っています。
僕の場合、日本からリマを経由してクスコまで行く券を発行してもらう予定なので、最初に見るのはマチュピチュとなりそうです。
そして、リマに戻り、ナスカへはセスナ機で日帰りで見れればそれで満足なのですが、同じようにペルーを短期間で回られた方、いましたらアドバイスをいただきたく思います。

僕の現在の予定としては
12/25(木) 日本発ー同日深夜にリマ着。リマ泊
12/26(金) リマークスコ移動 クスコ泊
12/27(土) マチュピチュ見学 クスコ泊
12/28(日) マチュピチュ見学(予備日)及びクスコ見学 クスコ泊
12/29(月) クスコーリマ移動 リマ泊
12/30(火) ナスカ地上絵をセスナ機日帰りで リマ泊
12/31(水) (ナスカ地上絵をセスナ機日帰り)予備日
 1/1(木)深夜0時の便でリマ発 移動
 1/2(金)日本着

と、こんな感じで考えています。恐縮ですが何かお気づきの点や、問題があったら教えて下さい。社会人のため、これ以上の休みはとれません。
あぁ、学生時代は自由気ままにアフリカを旅していたのに・・。(笑

結構先の話しになってしまい恐縮なのですが、今年の年末から合計9日間でペルーを個人で回ろうと思っています。一人旅はそれなりに経験があるので基本的な問題は大丈夫と思っているのですが、一番気になるのは日程の問題です・・・。
日本の発着も含めての9日間なので、時間が少ない・・。
ペルーで動けるのは実質6日間ないですからね。

とにかく絶対行きたいのはマチュピチュとナスカ。それ以外は諦めざるをえないので、この2箇所に絞っています。
僕の場合、日本からリマを経由してクスコまで行く券を発行...続きを読む

Aベストアンサー

11月からマチュヒチュなどのアンデス地域は雨季となります。
交通状況の良い場所ではありませんから、通行止めになる可能性があります。
初日で通行止めとなった場合、復旧しても観光客が多くてマチュピチュ行きの列車のチケットが入手できない可能性もあります。
その点を十分考慮しておいてください。
また、リマからクスコに飛んだ場合、高山病になる人もいます。
そのため、1日程度の余裕が欲しいのですが・・・

日本を発った同日にリマ着
リマを発った翌日日本着
これって大丈夫なのでしょうか?

Qパラグアイと日本がサッカーの試合をした時、(←もう過ぎた話ですみません

パラグアイと日本がサッカーの試合をした時、(←もう過ぎた話ですみません。)

ユリ?かユキ?ユイ?か「ユ」が付く名前の子が日本人のクセして

パラグアイを応援すると言っていましたが、あの事皆さんどう思いましたか?


ちなみに、その子ストレートヘアーで可愛くなかったですか?

わたしは、この間友人が録画していて見てたんですけど、可愛いかも?って話題になってました。

友人のほうは、可愛いのは認めるけど、パラグアイを応援するなんて許せないって言ってました。

色々、意見があったので知りたいです。

Aベストアンサー

どこの番組に出たのかすら分からないので、可愛いかどうかは知りません。
試合は見てましたけど、居ましたっけそんな子?録画してないので確かめようも無い…

ただ、別にパラグアイを応援しようが、サッカーなんて大嫌いと大相撲を見ていようが、その人の自由です。
許すも許さないもありません。

Qボリビアへのマイアミ乗り継ぎについて

成田→ダラス→マイアミ→ボリビアすべてアメリカン航空です。
マイアミ着が22:25で、発が23:10です。
マイアミでは、荷物のピックアップ等は不要と思いますが、乗継時間が短く不安に感じています。過去に乗継ぎされた方がいらっしゃいましたら、どのような感じなのか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

同じルートで成田-ボリビア間を過去4往復ほどしましたが、マイアミでの待ち時間は2時間近くあったように思いますが変わったのでしょうか。ダラスからマイアミでは時間帯が違うので(時差でマイアミが1時間早い)私は最初計算間違いをして慌てたことがあります。

実際にはダラス便を降りてから南米向けのターミナルまでは早足で歩けば10分足らずで行けます。ご存知のように荷物のピックアップもパスポートチェックもないのですいすい行けますよ。ターミナルではボリビア行きの他にも南米行きの便が出るためヒスパニックの乗客が多く、ラテンアメリカの雰囲気がもう漂っています。

それでも万一遅れて乗り継ぎができなかったときのために、手荷物の中に下着の着替え1組ぐらいは持っていると安心です。以前ハリケーンの影響で飛行ダイヤが滅茶苦茶になり、急遽ダラスで1泊することになったのですが到着が深夜になったため荷物のピックアップができず、着替えることができなかったことがあります。

マイアミ-ボリビア間は機体がちょっと古くいつも結構満席です。乗客に占めるボリビア人の比率も高く、スペイン語が飛び交います。懐かしいです。

同じルートで成田-ボリビア間を過去4往復ほどしましたが、マイアミでの待ち時間は2時間近くあったように思いますが変わったのでしょうか。ダラスからマイアミでは時間帯が違うので(時差でマイアミが1時間早い)私は最初計算間違いをして慌てたことがあります。

実際にはダラス便を降りてから南米向けのターミナルまでは早足で歩けば10分足らずで行けます。ご存知のように荷物のピックアップもパスポートチェックもないのですいすい行けますよ。ターミナルではボリビア行きの他にも南米行きの便が出るため...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報