AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

12月にフィンランドのサーリセルカとパリへ8泊10日の旅行へ行く予定です。サーリセルカへはオーロラを見に行く予定です。

スーツケースを購入しようと考えていますが、海外旅行経験がほとんどないので、どれ位の大きさにしたら良いか、迷っています。
厳寒の地へ行くため、スキーウェアやブーツ等、防寒用品を持っていくので、荷物はかなりかさばると思います。
また、帰りはお土産等で荷物を増えることを考えると、Lサイズかな、とも思うのですが、身長158cmのため、あまり大きいサイズのものは持ち運べない気もします。
(更に、今後の使い勝手も考えると…更に悩んでしまいます)

ちなみに購入を検討しているスーツケースのサイズは以下の通りです。
Lサイズ 高さ75cm×横52cm×幅30cm 100リットル 
Jサイズ 高さ72cm×横49cm×幅29cm 82リットル
Mサイズ 高さ65cm×横45cm×幅26cm 66&リットル

寒い地域に10日間前後旅した経験のある方、旅行経験豊富な方、アドバイスいただけないでしょうか?
また、これを持っていった方が良い、こんな工夫をすると荷物を減らせる、などの情報も教えていただけますと助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>寒い地域に10日間前後旅した経験のある方、旅行経験豊富な方、アドバイスいただけないでしょうか?



寒い地域の旅行経験がないので、不適格かもしれませんが、・・・

Lサイズ:重量オーバーの可能性あり
J、Mサイズ:好み次第
だと思います。

スーツケースを、なぜか5個も持っています。すべてハードケースです。
A.70×46×27cm
B.65×47×27
C.63×44×26
他に、Lサイズ(75cm)、Sサイズです。
Lサイズは、昔、海外でマリンスポーツをやっていたときのもので、今は使うのを止めています。Sサイズは短期旅行用です。
7~10日ぐらいの旅行が多いのですが、A、B、Cの中からそのときの気分で選んでいます。機内持ち込み用に大き目のバックパックを購入し、併用しています。

スーツケース選びで、最大のポイントは重量だと思います。
国際線エコノミーでは、一部の路線を除き、預託荷物は20kgまでです。以前は数kgオーバーしてもOKだったのですが、最近の燃料高騰で、かなり厳しくなっているようです。オーバーすれば、超過料金です。
サイズと重量の関係は、概略こんな感じです。人によって荷物の中身が違うので、一概には言えませんが。
A.普通にFullに詰めて、20kg
B.ギューギューに詰めて、20kg
C.ギューギューに詰めても、20kg以下
Lサイズ 普通に詰めても20kgオーバー(スキーウェアーなど、かさ張るが、隙間のあるものならOKかもしれません)
*以上、ハードケース、アルミフレームタイプで、空の重量5~6kgの場合。

重量に関連して、他のチェックポイントは、
・ハードケースにするかソフトケースにするか
  ソフトケースの方が軽くなります。
  この選択は、重量よりも、好みの方が大きいかもしれません。
・ハードケースの材質は何にするか
  以前はABS樹脂という材料のものがほとんどでした。
  昨年ぐらいから、ポリカーボネート樹脂(PC)製のものが実用化されました。
  PCで、重量が1~2kg減になりました。
・PC製ハードケースで、ファスナータイプにするか、アルミフレームにするか
  ファスナーの方が軽くなります。
  これも、重量よりも、好みの方が大きいかもしれません。
私は、ハードケース・アルミフレームタイプを使っています。
ハードケースでアルミフレームタイプなら、Jサイズ、Mサイズで、6kg以下を目安に選ぶと良いと思います。

後のチェックポイントは、
・旅のスタイルとの相性
  1箇所滞在型・・・大きめでOK
  複数箇所移動型・・・なるべく小さく
・機動性
  車輪が大きめ
・使い勝手
  曲面が多用されているものは、使いずらい。


>また、これを持っていった方が良い、こんな工夫をすると荷物を減らせる、などの情報も教えていただけますと助かります。

「これだけ持っていくからスーツケースのサイズは・・・」でなくて、「スーツケースのサイズの60~70%はこれぐらいだから・・・」 で持って行くものを決めるようにした方がいいです。
日本のスーパーで購入できるものは、だいたいは現地でも購入できますので、必要最小限のものでOKです。
多くなりがちなのが衣類です。持ち込みの衣類を少なくし、現地購入で現地の人と同じファッションを楽しむというつもりの方が良いと思いますよ。また、ランドリーの活用もOKです。

それと、短期間でもそこで生活しますので、日常生活の小物の整理・収納が煩わしくなります。
食品収納の容器をいくつか持っていって生活小物を入れると、整理ができて、スーツケースにしまうのも楽です。無印良品で購入した旅行用の小物バッグもいいです。もともとは化粧品用みたいです。開くと、縦長の壁掛け小物入れになります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
重量がやはりポイントなのですね。
JもしくはMサイズで、5kg前後のものがありましたので、こちらを検討したいと、思います。
また、小物の整理、収納についても、とても参考になりました。いろいろ使い勝手を考えてみたいと思います。

お礼日時:2008/09/21 20:37

みなさんかなり丁寧に書かれているので、本当に参考程度にしてください。



私はオーロラなどの極寒地域には行ったことはないんですが、2月にドイツなどに11日間行ったときはMサイズでした。

私は荷物が増えることを自覚してスーツケース半分空けていくことにしているんですが、それでも帰りは収納しきれません。現地で荷物を増やさないことも大切です…ちなみにいつも重量オーバーですが超過料金取られたことはありません。
また、「ホテルの前の道が狭すぎて車が入れないのでここから歩いてくれ」といわれて長距離スーツケースを引きずり歩いたこともあります。このようなイレギュラーな移動のことも考えるとLは止めたほうがいいです。

私は50cm×40cm×10cmくらいのチャックつき布製バックを折りたたんで持って行きます。スーツケースに入らなかった分はこれに詰め込んで手荷物で持って入っています。航空会社の持ち込みの規定を見ながら、奥の手として使ってみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
イレギュラーな移動、十分にありうることですよね。指摘していただき助かりました。なかなか、そういうことまで考えが及ばなかったので。貴重な意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 22:13

同じくらいの身長ですが、Lでももてない事はないです。


空港内なら押して運ぶ事ができますので。
ただ、皆さんが回答しているとおりLサイズのスーツケースはそれだけで重量がかさむので欧州行きの飛行機の預け入れ荷物の制限を越えてしまう可能性があります。
それにヨーロッパは石畳の多いところ大きくて重いスーツケースは、動きが取れなくなるし、ホテルにエレベータがなかったら最悪です。
また、鉄道を利用する場合、ホームと電車の間が開いている、電車に乗るのに数段ステップを登るというとLサイズ無理です。
私はうっかりLサイズを購入したばっかりに電車で毎回人に手伝ってもらう羽目になりました。
ホテルにランドリーやランドリーサービスがあるなら着替え最小限で軽くて(5kg位がいい)程よいサイズ(上記ならJくらい?)のものを見つけるといいと思います。
こだわりがなければソフトケースのほうがいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
皆様の助言で、やはり重量によって身動きが取れないのはかなり厳しいだろうな、と思います。
できるだけ、荷物を減らして、Jサイズのものを検討したいと思っています。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 22:08

>Jサイズ 高さ72cm×横49cm×幅29cm 82リットル



最大であっても上記のサイズですよ。大きな物は
飛行機の重量オーバーになりますし、第一
持って歩き回れません。経験からです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経験者の方からの助言を参考にJサイズのスーツケース購入を考えております。どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 22:10

 今後、海外旅行に行かれるおつもりはありますか?それとも、次にいけるのは10年後??



 ボストンバック1個で旅行に行くつもりは無いのですよね。ちょくちょく行かれるのでしたら受託荷物として預けられる大きさで、ある程度大きい物、そして軽い物をお勧めします。大は小を兼ねると言いますが、大きくてOkですよ。けれど軽い物を選んでください。半分くらい空間が出来ても困ることはありません。
 究極のスーツケースの使い方・・・中身はボストンバック1個。あとは空気。以上です。
 荷物を減らしたからって、スーツケースを小さいサイズにする必要はありません。行く回数が少ないなら特に複数個のスーツケースを用意することは無理でしょう。真夏のアフリカでも真冬のアラスカでも持っていける自分の許容範囲を考えましょう。大きい物を小さく使うことは出来ますが小さい物を大きくすることはできませんからねぇ~。
 旅行から帰ってきたら衣装ケースの代わりで押入れ行き。

 次回の旅行が10年後ならば今回悩まずに借りて済ますのも一手です。次回の自分の旅行スタイルが想像もつかないからこちらに相談に来られたのでしょう。今回の旅行にぴったりのサイズを借りて終り。
 次回行かれる時に今回の経験を生かして買いましょう。

 私の旅行スタイルは海外10日~2週間でしたらボストンバック。真冬でどうしても無理ならLサイズのスーツケースです。中身は半分くらい空の場合もあり。ちなみに身長155センチです。どちらかというと大きさでなく重さで、私は、荷物が手に負えなくなります。20キロの荷物運んでみてください。冗談じゃなく身動きできません。見た目じゃないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
皆さんの指摘通り、重量を念頭において選ぶことにしたいと思います。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/21 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーツケースの大きさ。ヨーロッパに72センチはでかすぎ?

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…。

ちなみにいっしょにいく友人は、
ナイロン素材?の安いスーツケースの72センチをもっていくそうです。それ+大きなトートバックももっていくそうです。

私は女性で22歳で、それなりにブランド物も一つくらい欲しいし、なにより雑貨が大好きなのでおみやげは多いと思います。

ヨーロッパに旅行された方、スーツケースがでかすぎて後悔した。。なんてことはありますか?
また、スーツケースが重過ぎて、料金を撮られたりも心配です。

なお、旅慣れた相方ですので、増えた荷物は向こうの郵便局から日本に送ったりもしているそうです。。

よろしくお願いいたします。

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…...続きを読む

Aベストアンサー

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
移動するには楽です。両手がふさがることもないし
背中に負っているのでずいぶん楽だと思います。
わたしも10日間で3カ国(オランダ、ベルギー、ドイツ)
を移動した時に使いましたけど、これがあってとても重宝しましたね。
ちなみにソフトケースは60cm以内の物を使いました。
それでも石畳をゴロゴロ、トラムや列車の乗り降りに
だんだん重くなっていくケースを上げたり下ろしたりは
きつかったですね。同行者が夫だったのでずいぶん
助けてくれましたが、女性のみならなるべく荷物は
少なくを強くお勧めします。

それと他の方も同じことを書いてくれていますが
列車で移動する分には超過料金などの心配はないんですけど
ライアンエアー、など格安エアーはどんな荷物ひとつ
からでも預け荷物に対して料金を取るようになりましたし
重さによっても料金が違ってくるので飛行機で移動
するのでしたら十分考慮したほうがよさそうですよ。

あとは持って行く荷物自体を減らすこと。
下着類は旅行日数の半分にして、夜お風呂の時に
手洗いして室内に干しておく。
こうすると夏場でも冬場でも乾燥が厳しい場所なので
一晩で乾きます。洋服も着まわせる物を厳選して
持って行く。化粧品類は試供品などがあればそれを
中心に持って行くなどすれば荷物が減らせますし
かばんが小さくてもお土産を入れるスペースは確保
できるようになります。
確かに現地から郵便で日本へも送れますけど
そんなに安い料金ではありませんし、安い船便となると
1ヶ月くらいかかってしまうことも少なくはないです。

どうぞもう少し工夫なさってみてください。
快適な楽しいご旅行になりますように☆

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
...続きを読む

Q9泊の海外旅行、トランクのサイズと持っていく洋服の枚数は……?

初めまして、AAA9151と申します。
9月に9泊12日のヨーロッパ旅行に行きます。
初めての海外旅行なのですが、トランクは何リットル(何センチ?)のものを
持っていけば良いでしょうか?
また旅行中に洗濯をすると思うのですが、トップス、下着は何日分を
持っていけば良いでしょうか?

皆様のご意見、経験談をお聞かせ下さい。
お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 あなたは女性でツアー旅行だと思います。

 S、M、L、LL と4サイズ有ったら、Lだと思います。
 土産物を買って帰りは増えるでしょうから、行きはガラガラ
でいいのです。
 今は手荷物の持ち込みが制限されているから、機内預かりの
トランクに入れなければなりません。

 ツアーなら荷物を運んでくれるので大きくても余り問題無い。
帰りの空港で宅配便で送る方法も有ります。
 そんな訳であなたが服を沢山持っていきたく、お土産を沢山
買いたい人ならLLでも問題無いでしょう。
 下着は着ている分も含めて最低3着でしょう。毎日洗濯すると
して予備も含めて3着です。
 せっかくの旅行で洗濯に時間を取られたくないと言うのであれば、
全日数分。現地のホテルで買い、それをお土産にする方法もあります。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Qオーストラリア9日間のスーツケースはどの大きさがいいですか?

娘がが修学旅行でオーストラリアに行きます。
期間は9日間。
はじめての海外旅行でスーツケースのサイズの目安が
わかりません。
サイズの目安を教えてください。

レンタルの大きいサイズで計算すると余裕を見て借りると
10000円ぐらいかかるみたいなので、レンタルとかわらない
ぐらいの価格でお勧めのものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

修学旅行でしたら移動はほとんどバスなどで、自分で荷物をもってウロウロすることはあまりないでしょう。また、あちらは夏なので9日といってもさほどかさばる荷物があるとおもえません。
おみやげといっても、オーストラリアってたいしたものないし、そもそも修学旅行ですから新婚旅行のように大量にかうわけもなし。

そう考えると、中型クラスのよく店頭で1週間程度とある大きさで十分かと。機内持込みできる大きさのキャリーでもでもいけるくらいだとおもいますが、旅慣れていない人ほど荷物が多くなりがち。確実なのは、だいたいの荷物を一度つくってみることですね。その場合は、たためるナイロンバッグなど帰り荷物が増えたときのためにひとつもっておくと安心。
少なくとも大型は必要ありません。というか、逆に大きいと今度は機内預けの重量制限を気にしないといけなくなります。

どこで買えば、ということですが大型量販店や大型スーパー、ホームセンター、ディスカウントストアなどでセールになっているもので気に入ったものを探すといいと思います。ネットでもいいですが、初めてだと、大きさの感覚がわからないしかえって選びにくいと思うのでおすすめしません。1万円ほどだせば十分えらべます。実際ころころ転がして見てハンドルの長さ、キャスターのしっかりぐあいをチェックしておきましょう。重要なのは以上。

また、最近はソフトな樹脂製のファスナーで開け閉めするものがでています。中型以下であれば、ハードタイプもあまりかわりませんが、荷物をパッキングする場合、ハードタイプのほうが楽です。ただ、ハードタイプのほうが若干重くなりますが、今回のような修学旅行やツアーなどであれば気になるほどの違いではないです。

それから値段の高いもののほうがしっかりしたつくりになっていることが多いですが、正直、3万円のスーツケースが1万円のスーツケースの3倍長持ちするかというと疑問です。
個人的には壊れない限りそうそう買い替えるものでないので、デザインなど自分の好みで決めていいと思います。あとは店員さんと相談して決めてください。

修学旅行でしたら移動はほとんどバスなどで、自分で荷物をもってウロウロすることはあまりないでしょう。また、あちらは夏なので9日といってもさほどかさばる荷物があるとおもえません。
おみやげといっても、オーストラリアってたいしたものないし、そもそも修学旅行ですから新婚旅行のように大量にかうわけもなし。

そう考えると、中型クラスのよく店頭で1週間程度とある大きさで十分かと。機内持込みできる大きさのキャリーでもでもいけるくらいだとおもいますが、旅慣れていない人ほど荷物が多くなりが...続きを読む

Q海外旅行で着替えは何日分ですか?

ツアーで10日間海外旅行にいきます。8泊するのですがだいたいどのくらい着替えをもっていけばいいのかわかりません。パンツ8枚、服8枚とか持っていくと荷物が多いので困ります。海外のホテルで服などを洗うことはできるのですか?

Aベストアンサー

レスを見ると面白いですね。
世の中に決まりがあるように書かれています。

旅行の日数で何枚必要かを論じるのは如何にも日本的です。
そんなもの人それぞれ好きなようにすれば済むこと。
着たキリすずめでも誰も文句は言いません。あくまで本人次第です。

日本人団体ツアーの服装をみると滑稽としか言えません。
皆さんは帽子をかぶり、肘まである手袋、其の上日傘迄も。
似た靴を履き、似合わないサングラスをかけ、小ぶりな
リュック姿です。

其の上ある旅行社に参加の人は全員レシバーのイヤホーン
をしているので尚更です。

あまりの異様な集団なので他の国の旅行者が写真を撮って
いたり、現地の人も凝視しています。

皆さんも一団の写真を撮るのも良いかも知れません!

旅行のスタイルに決まりはありません。各自が楽な着こなしで
寛げればそれが正解です。

Qスーツケース。フレーム開閉か、ファスナー開閉か?

月末に3泊4日でソウルに行きます。
持ってるスーツケースが、75cm*50cm*30cmくらいの大型なので、
新しく買おうと思っています。

そこでですが、、、
フレーム開閉(?)のものにするか、ファスナー開閉のものにするかを
悩んでいます。

※今持ってるのは、10年近く前に買ったフレーム開閉で、
TSAロック未対応のものです。

機内持ち込みはしない予定で、荷物も少ない方だと思うのですが、
それぞれの長所、短所を教えてもらえませんか?

大きさは、高さが60cm弱のものを買おうと思っています。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スーツケースは、フレーム開閉、ファスナー開閉という分類だけでなく、ハードタイプ、ソフトタイプという分類もあり、ハードの中でもフレームとファスナーとに分かれます。

まずハードかソフトかという点では、ハードは材質的に頑丈なものが多く、投げられたりぶつけられたりしても、傷はつきますが中身は安心できることが多いです。色も豊富です。
また、一旦閉めてしまうと全開しないと中身が取り出せませんし、寝かせてばっと広げる必要がありますので、扱いが面倒でスペースも取ります。

ソフトはナイロン製が多く、バリスティックナイロンのような頑丈なものでも外からの衝撃にはやや不安があります。安物は別として、色はハードよりは少ないことが多い気がします。
また、立てたままファスナーを一部だけ開けて物を出入れでき、外側に小さいポケットがついているモデルが多いので、書類や雑誌、小物の出し入れが容易にでき、使い勝手はハードよりずっとよいです。

フレームかファスナーかという点を中心に見ると、フレームはずれると閉まりませんから、容量を含めて収納をきちんとする必要がありますし、上記のとおり立てたまま開閉は困難です。
ファスナーは上記のとおり一部開閉が可能であり、フレームタイプが両側に1/2ずつ収納するのに対し、ソフトタイプのファスナーは、フタ部分は薄く収納スペース側が深い構造が多いため、フタを壁に立てかけて出し入れができ、スペースを取りません。
また、モデルによっては文字通りスーツを入れられるガーメントが装備されているものもあります。
冒頭で書きましたハードタイプでファスナー式(最近流行ったリモワサルサはこのタイプ)は、ファスナーの開閉の容易さとハードのボディの良さを兼ね備えたものといえますが、ハードボディをファスナーで閉めるのは、実は慣れも必要で、案外面倒です。
いろいろ書きましたが、頑丈なバリスティックナイロンのソフトタイプでファスナー開閉は、扱いが容易で、あまり重くなく比較的オールマイティに使えます。ただし雨には少々弱いです。(今まで中がぬれたという経験はありませんが)
ハードタイプのフレームは、オーソドックスで安心できるものですが、収納に柔軟性がなく、広げるスペースが必要で(広げると中が丸見えになります)、重量はポリカーボネートではないものはやや重くなりがちです。
ハードタイプのファスナーは、衝撃には安心できますが、やや扱いに慣れが必要なのと、広げたときにはスペースが必要な点はフレームと同じです。重量も同じことです。
あと細かいことですが、手で引っ張るハンドル構造がソフトは本体に影響することが多く、収納の底がでこぼこしているものも多いですが、ハードは比較的平らなものが多いように思います。
結局安心できるメーカーで、開け閉めの容易さ、広げたときのスペース、小物の収納の可能不可能、重量、車輪のスムーズさなどをひとつひとつ確認して選ぶのがよいと思います。
ちなみに車輪は4輪のほうが、引っ張るときは楽ですが、電車の中などでは勝手に動き面倒です(最近の高いモデルでは車輪ロックできるものもあります)が、2輪は引っ張るのはやや4輪より面倒なものの、立てれば動かなくなり、安心できるという点もお忘れなく。

スーツケースは、フレーム開閉、ファスナー開閉という分類だけでなく、ハードタイプ、ソフトタイプという分類もあり、ハードの中でもフレームとファスナーとに分かれます。

まずハードかソフトかという点では、ハードは材質的に頑丈なものが多く、投げられたりぶつけられたりしても、傷はつきますが中身は安心できることが多いです。色も豊富です。
また、一旦閉めてしまうと全開しないと中身が取り出せませんし、寝かせてばっと広げる必要がありますので、扱いが面倒でスペースも取ります。

ソフトはナイロン製...続きを読む

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Qスーツケースの大きさ(158cmを少しでも超えると超過料金?)

 今使っているものがやや小さいため、大きめのを買おうと考えています。ところが、気に入ったサムソナイトのcruisair 2 spinnerのLサイズは、サイズがL55×H79×W34と、微妙に大きさ制限の合計158cmを超えてしまうのです。(店でみると、他社スーツケース(158cm以内)のものと大きさ的に変わらない気がするのですが、なぜかサムソナイトは大きめに表示してある気がします。)
http://samsonite-store.jp/cruisair2/ca2-spinner.html


 サイズが158cmより少しでも大きめのものを使っている人に聞きたいのですが、「数センチ大きい!」と実際に文句を言われ、超過料金を払った経験ってありますか?(なお、重さの超過料金はよく経験しますので、回答不要です。あくまで大きさのみ)

 当方、旅行・出張で乗るのはエコノミーばかりなので、なるべくはエコノミーの同胞に聞きたいです(ビジネスだったりすると、大目に見てくれそうなので)。

Aベストアンサー

 これまで100回近く渡航していますが、スーツケースのサイズを
測られた経験はないですし、そういう現場を見たこともありません。
一回だけ、段ボール箱みたいな荷物をメジャーで測っているのを
見たことがあるだけですから、スーツケースなら問題ないでしょう。

 預け入れ荷物ではやはり重量が問題です。とくに国際線は重量に
敏感ですからね。ジャンボ機のような巨大な機体でも、貨物の重量
バランスはかなり綿密に計測して調整しています。50人乗りなどの
小型機でもない限り、荷物のサイズであふれることはありません。

 また、お持ちになるのがサムソナイトですから、おそらくサイズ
表記に関しては、もともとのインチ単位からセンチ単位に換算する
とき、端数を切り上げているのだと思われます。158センチという
いわば世界共通の規格がある以上、それを守っているはずですよ。


人気Q&Aランキング