公安警察関係を舞台としたスリルのあるなにかお勧めの小説はないでしょうか?
ご存知の方いらっしゃれば是非、情報提供をお願いします。
因みに、それ以前にググってはみたのですがあまりこれといった感心を惹くような書籍はヒットしませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「沈底魚」曽根圭介 はいかがですか? 第53回江戸川乱歩賞作品ですが、乱歩賞史上初の公安ミステリと呼ばれています。

53回の「沈底魚」が初と呼ばれるくらいですから、公安警察が主役となるミステリは実はかなり珍しいのでは無いでしょうか? 大抵のミステリでは、公安は普通の犯罪捜査に横槍を入れる悪役として扱われているだけの場合が多いですから。他には、純粋な公安警察ものではありませんが、「警官の血」 佐々木譲。2008年版の「このミステリーがすごい!」国内編のベスト1作品です。祖父・父・息子と三代に渡る警察官人生を描いた上下2巻の長編小説ですが、公安警察関係が主たる舞台となっているパートがかなりの部分ありますよ。
    • good
    • 2

佐々淳行さんの著作はどうでしょうか。


事実ですから迫力があります。
    • good
    • 1

私は野沢尚さんの「魔笛」が面白かったのですが、いかがでしょう。



http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E7%AC%9B-%E8%A …
    • good
    • 0

檜山良昭の「北から来たスパイ」は、


北朝鮮工作員の日本への潜入活動と
それを摘発検挙しようとする公安調査庁の暗闘を描いています。
戦前の事件を扱ったものとしては、
ロバート・ワイマント(西木正明訳)の
「ゾルゲ 引き裂かれたスパイ」が出色です。
    • good
    • 0

個人的には、逢坂剛さんの公安警察シリーズはどれもスリリングで面白かったです。

(読む場合は順番に読んでください)

http://ja.wikipedia.org/wiki/逢坂剛
http://homepage1.nifty.com/asada/p_novels/ousaka …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q県の公安委員会…基本的なことなのですが

個別事項ではなく、基本的なことなのですが、お教え下さい。

(1)公務員の職務はその職務によって、各法で規定されています。県の公安委員会はどの法によって、職務が規定されているのですか?

(2)警察官の職務怠慢は公安委員会に苦情をと言う制度がありますが。
では、県の公安委員会が職務怠慢であった場合、県の公安委員会はどのような法的問題になるのでしょうか?

(3)また、(2)の場合、この県の公安委員会の職務怠慢をどこに言えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>県の公安委員会はどの法によって、職務が規定されているのですか?
警察法第38条~46条、地方自治法第180条の9です。
都道府県警察を管理する事と、都道府県公安委員会規則を制定すること以外の権限を持っていません。 


>県の公安委員会が職務怠慢であった場合、県の公安委員会はどのような法的問題になるのでしょうか
公安委員会と言う独立した組織はなく、一般的に公安委員会と言われるのは公安委員会事務局のことです。その事務は警視庁又は道府県警察本部で警察官が行います。
法律上の公安委員会は非常勤の地方公務員(3~5人)による組織で、教育委員などと同様の行政委員です。委員が職務怠慢でも法的問題はありません。


>この県の公安委員会の職務怠慢をどこに言えば良いのでしょうか?
警察職員の職務執行について苦情がある場合は、公安委員会に対し、(署名または捺印の上)文書により苦情の申出をすることができます。(警察法第79条)
しかし、公安委員会委員の職務怠慢を申し立て先はありません。
どうしても意見を申し立てたいのであれば、都道府県知事が議会の同意を得て委員を罷免することができるので、知事か議会議員へ申し出てください。
 

>県の公安委員会はどの法によって、職務が規定されているのですか?
警察法第38条~46条、地方自治法第180条の9です。
都道府県警察を管理する事と、都道府県公安委員会規則を制定すること以外の権限を持っていません。 


>県の公安委員会が職務怠慢であった場合、県の公安委員会はどのような法的問題になるのでしょうか
公安委員会と言う独立した組織はなく、一般的に公安委員会と言われるのは公安委員会事務局のことです。その事務は警視庁又は道府県警察本部で警察官が行います。
法律上の公安委員...続きを読む

Q30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょ

30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょうか?
官能小説以外であればジャンルは問いません。短編小説でもかまいません。
ただ、初めてなので難しいものは・・・。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

既出のだと、星新一のショートショートがお奨めです。
阿刀田高のショートもいいと思います。

■今野敏
□警察もの
安積班シリーズ、ST 警視庁科学特捜班、隠蔽捜査シリーズ、潜入捜査シリーズ
□武道もの
聖拳伝説、孤拳伝、虎の道竜の門、ボディーガード工藤兵悟シリーズ
□特殊能力もの
奏者水滸伝シリーズ、特殊防諜班シリーズ
□SF
宇宙海兵隊ギガース

Q公安調査庁について

公安調査庁について
公安調査庁はどんなスパイ活動をしているのですか?

Aベストアンサー

公安調査庁は対外諜報機関ではありません。ただ単に「破壊活動防止法」に対象になるかどうか団体を調べるだけの機関です。
調査組織は90%は公開されている情報をつなぎあわせることで情報収集します。
ですから、調査対象が出しているビラだの、会報だのを収集して分析します。

スパイ映画みたいな威力を使っての情報収集なんてほとんどしません。
(公安調査庁にはそもそもそんな権限なかったような…。)

Q熊本を舞台にしたお勧めの小説

九州は、熊本を舞台にした恋愛小説を探しています。
あなたの、お勧めの小説がありました、教えてください。

一応、恋愛小説が希望ですが、
別のジャンルでも、思い白い物があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

オススメかどうかは別にして(苦笑)梶尾真治さんの作品はどうでしょうか?著者ご本人が熊本在住なので熊本あたりを題材にした本が結構ありますよ。SF作家ではありますがとりあえず恋愛ものとしては

未来(あした)のおもいで
<内容>
熊本県・白鳥山。洞の中で雨宿りをしていた滝水浩一の前に現れた、美しい女性・沙穂流。ほんの束の間の心ときめく出会い、頭を離れない面影。滝水は、彼女が置き忘れた手帳を手がかりに訪ねてゆく。そこで、彼女がまだこの世に誕生していない存在であることを知るのだった……。

黄泉がえり
<内容>
あの人にも黄泉がえってほしい―。熊本で起きた不思議な現象。老いも若きも、子供も大人も、死んだ当時そのままの姿で生き返る。間違いなく本人なのだが、しかしどこか微妙に違和感が。喜びながらも戸惑う家族、友人。混乱する行政。そして“黄泉がえった”当の本人もまた新たな悩みを抱え…。

Q公安の実際の仕事はどういうものでしょうか?

公安調査庁の長官を務めた人が逮捕されていますが、公安の実際の仕事はどういうものでしょうか?知っている人がいたら教えてください。警察で優秀な人が公安に行くこともあると聞いています。できるだけ具体的な仕事内容を書いてくれるとありがたいです。
回答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

公安警察の前身はあの特別高等警察です。はだしのゲンで「父ちゃん、特高が来たよ!早く逃げて!」のあの特高です。
ひらたくいうと、国家に対する犯罪行為を取り締まるのが役目です。現在の警察庁内で「花形」とされる部署です。しかしながらその仕事はなんというか、実に秘密のベールというか陰謀の香りが漂うところでもあります。現在の警察内で最も権力を握っている部署ですから、刑事警察官が捜査しているところを公安が横から「これは公安案件だ」とかっさらってしまうこともあるそうですよ。
そして、参考URLにもあるように操作の対象は主に政治犯ですから、その捜査手法はこれまた秘密のベールに隠されています。公安では、隣の席の同僚がどんな事件を扱っていてどんなエージェント(情報網)を持っているかも秘密になっているほどなんだそうですよ。ましてや相手は政治犯ですからね。色々と「政治家のスキャンダル」に接する機会も多いそうで、それがまた政治家との「不透明な関係」を持つことにもなるようです。
一説には、あの地下鉄サリン事件を公安は知っていながら黙っていたという話もあります。当時、既にオウム真理教は公安にターゲットにされていて、地下鉄サリン事件をキャッチしていた可能性はあります。ではなぜ黙っていたのかというと、当時ソ連の崩壊により左翼勢力が急速に力を失っており、ゆえに公安警察も仕事が減りつつあったのです。そうすると予算の獲得と、なにより警察内での公安部門の発言力低下を恐れた公安があえて地下鉄サリン事件を放置して「世紀の大事件」に仕立て上げたという話です。サリン事件と一連のオウム事件のお陰で公安は「(公安警察にとって)戦後最大の危機」を乗り越え、今でも警察庁内で巨大な権力を持っています。刑事警察に強いジャーナリストには、公安警察の権力が余りに巨大化しすぎたのが最近の警察の捜査力低下に繋がっていると指摘する人もいます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AE%89%E8%AD%A6%E5%AF%9F

公安警察の前身はあの特別高等警察です。はだしのゲンで「父ちゃん、特高が来たよ!早く逃げて!」のあの特高です。
ひらたくいうと、国家に対する犯罪行為を取り締まるのが役目です。現在の警察庁内で「花形」とされる部署です。しかしながらその仕事はなんというか、実に秘密のベールというか陰謀の香りが漂うところでもあります。現在の警察内で最も権力を握っている部署ですから、刑事警察官が捜査しているところを公安が横から「これは公安案件だ」とかっさらってしまうこともあるそうですよ。
そして、参...続きを読む

Q知的障害者の施設を舞台にした小説ありますか?

知的障害者や精神病患者の施設(居住空間)を舞台にした小説や文学があれば教えてください。
ラノベから海外文学まで、何でもかまいません。

実際にそういったところに一週間くらい放り込まれる人が施設での暇つぶしに読む本、という視点を盛り込んでいただくとありがたいです。(その視点がなくてもかまいません)

Aベストアンサー

未読なのでお薦めとは言いませんが、スタンダードな作家や最近の出版で手に入れ易そうなものを。

チェーホフ『チェーホフ全集6 決闘 六号室』ちくま文庫(1994年刊)
「六号室」という短篇が精神病院が舞台となっています。

パウロ・コエーリョ『ベロニカは死ぬことにした』角川書店(2001年刊)
傍目には全てを持っているけれど自殺を図ったベロニカが精神病院で目覚め……

松尾 スズキ『クワイエットルームにようこそ』文春文庫(2007年刊)
精神病院閉鎖病棟に担ぎ込まれた主人公がであう様々な人々。2005年第134回芥川賞候補作で、去年映画化されています。映画公開にあわせ漫画化もされてました。

叶 てつこ『くるくるキレキレ人生』新潮社(2005年刊)
境界性人格障害・鬱病・アルコール依存症・リタリン中毒で精神病院に入院することになった著者のセキララエッセイ。

Q架空請求について このようなメールが届きました 公安委員会に提出するとか書いてあったので少し怖いです

架空請求について





















このようなメールが届きました
公安委員会に提出するとか書いてあったので少し怖いです
ただ公安委員会番号がないからほんとかとしんじてしまったのですが


誰か早めにお願いします

Aベストアンサー

つらつらと長い画像をアップしても見られないだけで意味ないですよ。

公安委員会って言うのは警察を運営管理する組織であって、警察官でもない個人に対して何もしないです。
そんな所に何を提出されたって何も起りません。

詐欺ですから無視してください。

QNYを舞台にした小説

ニューヨークを舞台にした小説を探しています。
ノリとしてはローレン・ワイズバーガーの『プラダを着た悪魔』や『パーティプランナー』のような、女の子が主人公で日常的なお話のものだと嬉しいです。それ以外でも何かお勧めがあれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

希望されているものとはノリが全然違うと思いますが、
とりあえず、「ニューヨークが舞台」ということで。

『トラッシュ』山田詠美(文春文庫)
『アニマル・ロジック』山田詠美(新潮文庫)

短編集の『120% Coool』も、表題作がニューヨークを舞台にしていたと思います。

昔のニューヨークですと、
フィッツジェラルド『グレート・ビャツビー』(華麗なるギャツビー)
カポーティ『ティファニーで朝食を』
同・短編『夜の樹』(新潮文庫)

「ティファニーで朝食を」も短編になるのかな? 長編ではありません。
飛んでるというか不思議な女の子がヒロインです。
映画ではオードリー・ヘプバーンが演じましたが、原作者のトルーマン・カポーティのイメージではマリリン・モンローだったんだそうです。
個人的には小説を読んでいて、マリリンよりも少年ぽさがある感じがしましたが、オードリーとも違うかな。
ラストも映画とは全然違います。

Q国鉄民営化による鉄道公安の廃止は良かったと思いますか?

旧日本国有鉄道は自社に公安組織を持ち、
鉄道公安職員や専務車掌、駅長、助役は、
特別司法警察職員として警察権を行使できました。
そのため、旧国鉄は警察に頼らずとも、
自社で駅構内や列車内の犯罪を検挙できました。

しかし、国鉄分割民営化の際、
民間企業であるJRグループの社員に
司法警察権を与えるのは適切ではないとされ、
鉄道公安職員は警察に事実上ほぼ吸収され、
専務車掌や駅長、助役は司法警察権を失いました。
現在のJRグループ各社は、犯罪の疑いがある際には、
警察に対応を依頼することになります。

皆さんはこれについてどう思いますか?
鉄道公安制度は廃止されて良かったと思いますか?
それとも鉄道公安制度の廃止を残念に思いますか?

【回答例】
私は鉄道公安制度は廃止されて良かったと思います。
痴漢冤罪や痴漢でっち上げが問題になっている現在、
駅長や車掌が警察権を持っていた場合、
冤罪の被害が深刻化する可能性がさらに高まります。
現在では女性の不正な主張を基に駅員が警察を呼んでも、
警察が到着するまでは時間があるため、
警察官も簡単には男性側を逮捕できず、
任意同行となる可能性が高いと思われます。
(任意同行に応じる義務はない。)
しかし、旧国鉄の鉄道公安制度のもとでは、
国鉄当局が司法警察権を保有しているため、
即座に逮捕が成立してしまう可能性が高いと思われます。

旧日本国有鉄道は自社に公安組織を持ち、
鉄道公安職員や専務車掌、駅長、助役は、
特別司法警察職員として警察権を行使できました。
そのため、旧国鉄は警察に頼らずとも、
自社で駅構内や列車内の犯罪を検挙できました。

しかし、国鉄分割民営化の際、
民間企業であるJRグループの社員に
司法警察権を与えるのは適切ではないとされ、
鉄道公安職員は警察に事実上ほぼ吸収され、
専務車掌や駅長、助役は司法警察権を失いました。
現在のJRグループ各社は、犯罪の疑いがある際には、
警察に対応を依頼することに...続きを読む

Aベストアンサー

そうでしたか、鉄道公安官がいなくなったことは知りませんでした。
ですが、車内犯罪は相変わらずありますね。
サンダーバードの事件は卑劣でした。
移動距離が長い場合の車内犯罪だと、犯人が途中駅で逃げてしまってそのままになってしまうケースが出てこないでしょうか?
そういう抑止から考えて、(司法警察職員まででないにしても)一定の特別権限を与えてもいいような気がします。

Q沖縄を舞台にした楽しい小説

沖縄を舞台にした楽しい小説で、
お勧めがあったら、教えて欲しいです。

できれば、笑いあり、涙ありというような感じの小説が良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
●原田マハ「風のマジム」
 実際にあった話で、沖縄のサトウキビでラム酒を作った女性の物語です。頑張る主人公とちょっぴり恋愛話も入って前向きになります。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1103000492/subno/1
●原田マハ「カフーを待ちわびて」
 楽しいというよりも恋愛小説なんですが、第1回日本ラブストーリー大賞受賞作です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102563017/subno/1
●小川糸「つるかめ助産院」
 辛い過去を持った女性が沖縄に一人で旅行に来て妊娠が分かり、そこでであった助産院で働きながら出産するストーリー。個性的な登場人物と沖縄の優しい時間が流れています。涙あります。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102983608/subno/1
●坂本司「ホテルジューシー」
 責任感の強い主人公が沖縄の個性的過ぎるホテルで働く物語です。個性的過ぎるオーナーや従業員に振り回されながらも少しずつ成長していく感じが面白かったです。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102955491/subno/1
●椎名誠「さよなら、海の女たち」
 沖縄が好きでしょっちゅう行っている椎名さんの私小説です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101017121/subno/1

ご参考までにm(__)m。

こんにちは。
●原田マハ「風のマジム」
 実際にあった話で、沖縄のサトウキビでラム酒を作った女性の物語です。頑張る主人公とちょっぴり恋愛話も入って前向きになります。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1103000492/subno/1
●原田マハ「カフーを待ちわびて」
 楽しいというよりも恋愛小説なんですが、第1回日本ラブストーリー大賞受賞作です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102563017/subno/1
●小川糸「つるかめ助産院」
 辛い過去を持った女性が沖縄に一人で旅行に来...続きを読む


人気Q&Aランキング