プロが教えるわが家の防犯対策術!

このたびFM・UHF・VHF・BSを一本の線にまとめて

屋内へ引き込む予定なのですが、現在自宅の同軸ケーブルは5C-2Vです。
BS放送の損失が大きく向かないと知りました。

本来の目的とは違うと思いますが、BS用ブースターで増幅して各部屋に

信号を送ればBS用のS5C-FBには敵いませんが

BSブースターをかませる前と比べれば比較的綺麗な画質で見ることは可

能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アンテナ工事経験者です。


実際、壁裏に走っているアンテナ線が5C2Vというお宅の工事は沢山経験しました。壁裏にステップルを打ち込まれたアンテナ線は取り外すことが不可能なので、やむを得ず、工事不可能な場所は手をつけません。5C2V のままです。それ以外は予算によって5CFV以上に交換作業をします。(アンテナ線のグレードは予算によって異なる)

色々理論はあると思いますが、50メートル程度の長さであれば、BSデジタル放送は5C2Vでも伝達可能です。デジタルCS放送になると、映らない局もあります。運のいいお宅ならかろうじて受信可能です。

映らない局は、BSブースターは付けても改善しません。減衰した信号を増幅するだけなので、伝達できない周波数を足すことはできないのです。信号の強さではなくて、どのくらいの周波数帯の信号を伝達できるか、が重要なのです。

アンテナ線が総取り替え出来ない場合でも、分配器、ブースターを2100Mhz~2600Mhz帯対応の機種に取り替えると、ちゃんと映るようになる可能性が高いです。今回の場合「FM・UHF・VHF・BS」をひとまとめにするのですから、VHF/UHF/BS/CS対応のセパレートブースターを使えばいいと思います。
ブースターだけではなく、各部屋のアンテナコンセントと屋根裏にあるであろう分配器も対応周波数帯を確認して、2100Mhz以上未対応であれば、交換が必要だと思います。こんな数字意味がない、と思うかもしれませんが、信号をブースターで強くしても伝達できなければ、それは映らないのです。
ご参考までに。
    • good
    • 2

まだご覧になっておられるでしょうか?


最近BS/110CSアンテナを取付けた経験者としてご報告します。

私のところは25年前築の戸建で、5C-2Vの同軸ケーブルで屋上から1階と2階へ配線しております。1階、2階でテレビ1台ずつ。
1ヶ月前に、屋上設置の古いBSアナログアンテナを、BS/110CSデジタル用アンテナ(日本アンテナ製CBS-45R)に交換しました。屋根裏で2分配器(型式不明、地デジ/BS/CS対応品)で分配した後、既設の5C-2Vに繋ぎ1階、2階へ配線しました(最長で20mくらい)。ブースターは付けておりません。
テレビは、2台ともアクオスの地デジ/BS/110CSチューナー内蔵で見ておりますが、アンテナレベルはBS/CSとも90~95でブロックノイズは全く出ず、良好な状態で受信しております(40以下になるとブロックノイズ出る)。

以上ご参考まで。
    • good
    • 0

アナログBSの話でしょうか。


すでに5C-2Vで配線済みなんですよね。
だったら、とりあえずそのまま接続してみてはいかがでしょうか、それで映り具合を見て判断されたらいいでしょう。
それでレベルをみて基準値以上そこそこ確保できてればそのままでもいいと思います。
実際に5C-2Vでまったくだめなわけでもないし、要は結果オーライなのでやってみてレベルが確保できればいいわけです。
ぎりぎりとかならケーブル交換が必要になるかも知れませんが、その場合における(外部)ブースターは効果がないわけでもありませんので試してみる価値はあるかもしれません。
ただ、その辺の判断は電気屋さんに任せたほうがいいのかもしれません。

余談ですが、いずれBSもアナログはなくなりますし、デジタルになると特にCSは5C-2Vでは非常に映り難くなると思いますし、その場合は取替えしかないでしょうね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い同軸ケーブルでBSデジタルは見られる?

我が家ではまだデジタル放送に完全に対応できていなくて、主にUHFアナログでテレビを見ています。 デジタル対応するのを機に、BSにも対応したいと考えていますが、4分岐して宅内に敷設されている同軸ケーブルはBSに対応しない5CFV等のものと思われます(25年ほど前に建てたものなので)。 UHFとBSの混合器、BS対応の4分配器を新設して4か所で地デジ・BSデジタルを見たいのですが、既存のケーブルのままで見られるのでしょうか?(全然見ることはできなくて、ケーブルを引き直すしか方法はないのでしょうか?)

Aベストアンサー

拙宅の場合ですが築20数年で当然BSアナログにも対応していない規格の同軸ケーブル(5C-2V)でしたが、工事業者の「非対応ケーブルでもBS/CS対応のブースターかませれば大丈夫ですよ」との言葉を信じてそのままにしました、ちなみに屋根裏で5分配してから10メートル以上離れたところで更に最大4分配しています。
CS放送の契約はしていませんが先ほど #2 の回答者殿が書かれていた 160CH の TBSウェルカムチャンネルは正常に受信できることが確認できました、ちなみにBSは全ての分配先でバンバン観ています。

築25年とのことですので恐らくは隠蔽配線となっていると思いますので試してみれば宜しいのではと思います、但し、BSアンテナとブースターには電源供給が必要ですから電源を供給するルートの設定が必要です、これもアンテナ工事業者に相談すれば解決策が見つかると思います。
ちなみに拙宅の場合ケーブルの引きなおしは壁を破らなければ不可能と言われ、ブースターで視聴できない場合は諦めるつもりでした。

Qbsが映らないです。 e202と画面に表示されます。アンテナレベルは0 たまに映ったりしますがまたす

bsが映らないです。 e202と画面に表示されます。アンテナレベルは0 たまに映ったりしますがまたすぐに映らなくなります。
天気は晴れています。
原因としては何が考えられますか?

Aベストアンサー

まず取扱説明書を開いてe202が何を指しているのか判らないと先に進まないでしょう。
BSが映らないとして一般的なのがアンテナの向きが衛星に対して正しく向いていないと言う事が有るでしょうね。
設置の際に合わせたと言うのであれば、風などによって向きがズレてしまったと言う事も無いとは言えないでしょう。
他に考えられるとすれば、パラボラが向いている方向に衛星からの電波を遮る建物が建ったとかがあれば映らなかったり
信号レベルが著しく低下したりとはあるでしょうね。
機器側としてはコンバーターの故障やテレビ側の問題とか。

Qアンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

アンテナケーブルと同軸ケーブルは同じなのでしょうか。それとも質がちがうのでしょうヵ。教えてください。

Aベストアンサー

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナから電気信号を各機器へ送(受け)る線が『アンテナケーブル』と云うものです。

同軸ケーブルとは

例えば、TV用アンテナで受けた電気信号(電磁波)をTVやラジオなどへ送る役目をしている線の事を総称して、アンテナケーブルと言っているのです。そのアンテナケーブルには幾つか種類がありそのうちのひとつが、同軸ケーブルと云う訳です。

現在では、同軸ケーブルの中にはデーター通信など様々な用途に使われております。
ノイズが少なく伝送効率に優れており、無線機・パソコン用通信ケーブルなどにも過去には使用されておりましたが、現在では無線通信が全盛のようです。しかしTV機器とアンテナをつなぐ線は、同軸ケーブルで接続されており、同軸ケーブルの中心に導体(銅線)があり絶縁体を挟んでその周りには円筒形の外部胴体がある。平衝対ケーブル(別名:平ケーブル)と比べると外部からのノイズに強く、高周波域での減衰が少ない利点がある。

大雑把に言うとアンテナケーブルと云う線のなかの一種類が、同軸ケーブルなのです。

さらに乱暴に例えるなら川から水を引く時、ただ土を掘って引き入れるか、塩ビ管を通して引き入れるかの違いがあります。塩ビ管であれば、外部からのもれこみ(ノイズ)がありません。その意味で同軸ケーブルが使われております。

BS放送などは、電波の周波数がGHz(ギガヘルツ)帯を使用の為外部のノイズに非常に弱いのです。

アンテナケーブルと同軸ケーブルの違いについて

先ずはアンテナとは

電気信号を電波(電磁波)に変換して空間に放射したり、また空間にある電磁波をとらえて電気に変換する役割を持つ装置のことを示します。そこでその電磁波(電気信号)を必要な機器(例 TV、ラジオ、携帯・トランシーバー等)に機器でアンテナ(金属体)から受けた電気信号を機器内で変換して必要に応じて音声や映像などにするものです。
そこで必要になるのが、電磁波の送受信機能を、持った機器がアンテナという物です。

そのアンテナ...続きを読む

Q分配器で3つに分けたら、電波の強さも3分の1になるの?

テレビのアンテナを分配器で3つに分けようかと考えています。この場合、1つに行く電波は3分の1になるわけですよね?

テレビ1台とビデオ2台に繋ごうと思っていますが、テレビ1台とビデオ1台のみ使用中も、3台全部使用した時も電波の強さは同じですか?

もし変わるのであれば、2分配器にしてあまり使わないビデオを経由してテレビに繋いだほうが電波の強さ的には有利なのかな?なんて無い頭で考えています。

電波のことは正直よく分からないのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

接続の質問でアドバイスした者です。
同時に3回線使用すれば全部が弱くなります。
3分配されていても使うのが2回線なら2分配と同じと
思っていいとおもいます。
ビデオデッキにアンテナ出力が付いているのはアンテナ接続(RF接続)
でしか見られないテレビ時代の名残です。
ビデオの画像をアンテナ信号に置き換えて映し出すよりもよりよい画質(音質)で見るために専用の接続端子(ライン接続端子)が既に普及しているのでアンテナ出力端子は通常は使う事はしません。
ですからアンテナ出力端子がビデオにあっても普通は電波の供給源と
して使うのはお勧めしません。

QBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴は?

 地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように記載されていますが、とりあえず手近にあった普通(非対応)の同軸ケーブルをつないだところ、BSデジタル放送も問題なく視聴できています。
 このまま使い続けても大丈夫でしょうか?
 また、BS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴、普通の同軸ケーブルとの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように

もちろんアンテナ線の接続のことですね。
普通のケーブルと対応ケーブルの違いはBS,CSの高い周波に対応してるかどうかの違いです。
テレビとレコ機器くらいの接続の長さなら特に専用でなくても映る場合も多いです。
今支障なく映ってるならそれでもいいでしょう。
ただ普通のケーブル(5C、4Cや3C-2V等)の場合は高い周波数に対応してませんので、BSはともかくCS110くらいになってくるとかなりレベルが落ちる場合もあり、普段は映っててもちょっと悪天候で受信レベルが下がると映らないなんて事態も起こりえます。
ですので対応ケーブル(S4C-FB等)にしておくにこしたことはないと思います。
アンテナから機器までのものならそれだけで(普通のケーブルなら)映らないなんてこともあるくらいですので。
なお端子が金メッキなど高級なものである必要はまずありません。

Q同軸ケーブル(アンテナ)は、デジタル対応の製品でなくても地デジは見れますか?

我が家もやっと地デジ対応の液晶テレビを購入しました。まだテレビとアンテナ(同軸ケーブル)を接続していないのですが、部屋のアンテナ端子とTV、もしくはHDDレコーダーとTVを接続するアンテナケーブル(同軸ケーブル)、ケーブル延長用の接続パーツ等は、すべて「デジタル対応」と記載された製品でないとダメなのでしょうか?一昔前の同軸ケーブルやパーツでは映らないのでしょうか?もしそうだとすると古いアンテナケーブル(同軸ケーブル)は全て買い換えないとダメですね?まあ、実際接続してみれば分かることなのですが、サイドボードの移動など、かなり面倒な作業になるもので。
ちなみに、建物の地デジのアンテナ工事は終わっています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その昔、テレビ用のアンテナケーブルはフィーダー線でした
今から40数年前に UHF 放送が始まったころから同軸ケーブルに変わりました
通常使用しているテレビアンテナ用同軸ケーブルや配線機器パーツは当然 UHF 帯の信号に対応していますので、アナログ・デジタルの区別無く使用可能です。

店頭で販売されているテレビ用ケーブル類に「地デジ対応」のシールが張ってあるのは

シールが貼ってあればお客はそれを見て勝手に買っていく、シールが貼ってないと一々店員に質問が来る、また質問を受けた店員もそれなりの知識がないと担当者までその質問をまわしてくる・・・・
等といった事になるので、購入者・販売者の便をはかって販売機会損失を防ぐものです。

パソコン売り場へ行くと数年前に発売されたマウスの箱に 「Windows7対応」のシールが新しく貼られているのと同じ事です。

これが BS・CS 用となると多少話は変わってきます、使用している周波数帯が異なりますので、基本的には BS・CS 用とか、デジタル対応を使用しなければかなりのロスが出ます。
もっとも拙宅では(規格的に) BS・CS 非対応とされている同軸ケーブル使って BS・CS を見ていますが・・・・

その昔、テレビ用のアンテナケーブルはフィーダー線でした
今から40数年前に UHF 放送が始まったころから同軸ケーブルに変わりました
通常使用しているテレビアンテナ用同軸ケーブルや配線機器パーツは当然 UHF 帯の信号に対応していますので、アナログ・デジタルの区別無く使用可能です。

店頭で販売されているテレビ用ケーブル類に「地デジ対応」のシールが張ってあるのは

シールが貼ってあればお客はそれを見て勝手に買っていく、シールが貼ってないと一々店員に質問が来る、また質問を受けた店員も...続きを読む

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む

Q全端子電流通過型の分配器を使っていても大丈夫ですか?

1本のアンテナをテレビ、PCそれぞれに分配するためだけなのですが、全端子電流通過型の分配器って必要なのでしょうか?ネットで電流通過型の分配器は場合によっては機器/電波に障害を発生する場合がある、、というようなものを読んだのですがそのまま使用していて大丈夫なのでしょうか?

今日、分配器を買う際、分配器がいろいろあってよく分からなかったので店の店員に接続形態を説明して言われるがままに、全端子電流通過型の分配器を購入したのですが、電車で帰りながら分配器の説明を読んでいるうちになんか怪しいなぁと思うようになりました。うちにはBSアンテナもないし、チューナーも挟まないし。全端子電流カット型でよかったのかな。

言われるがままに買った私が悪いのですが。。。

Aベストアンサー

電気店勤務です。

多分、将来的なことを考えて、全通電型分配機をすすめたのでしょう。
今後、分配が多くなったり、分配することで利得が落ちて画質が悪くなった時、
ブースター導入する場合、電流通過型でないと、買い直しになりますから。

実際、何百例もアンテナ設置・配線を経験していますが、BSデジタル開始時期からの分配機設置は、
特に指定が無いかぎり、DC全通電を使っています。
同軸ケーブルの加工をきっちり行い、使わない端子にはアッテネーターをいれておけば、まったく問題がないです。

簡単にいいますと、アンテナ線加工がいい加減で、なおかつ電流通過をさせている、ブースターの利得調整をしっかりしていないと、
妨害電波のようなものを発信して、周囲のお宅さまにも迷惑をかけるノイズがテレビに出ることになります。また、電流を流している場合、アンテナ直下のブースタ入力のアンテナ線と出力のアンテナ線はできるだけ離さないとこれもノイズの元凶になります。

普通に使っていれば、心配することはないでしょう。
少なくとも私の工事関係では問題ないです

電気店勤務です。

多分、将来的なことを考えて、全通電型分配機をすすめたのでしょう。
今後、分配が多くなったり、分配することで利得が落ちて画質が悪くなった時、
ブースター導入する場合、電流通過型でないと、買い直しになりますから。

実際、何百例もアンテナ設置・配線を経験していますが、BSデジタル開始時期からの分配機設置は、
特に指定が無いかぎり、DC全通電を使っています。
同軸ケーブルの加工をきっちり行い、使わない端子にはアッテネーターをいれておけば、まったく問題がないで...続きを読む

Qアンテナ同軸ケーブル4C-FBとS-4C-FBの違い

東芝のBS・110度CSアンテナセット BCA-453K
http://www.toshiba.co.jp/tcn/eng/eng/new/010.htm
を購入したら4C-FBという同軸ケーブルが15m入ってました。

S-4C-FBが一般的にいいようなのですが、同梱の4C-FBでも問題(違い?)がないのでしょうか?
Sの付いたケーブルを新たに買い直した方がよいでしょうか?

使うのは2m程度なのであまりは室内配線にでも使おうと思っています。
その場合もSが付いていないこのケーブルでも問題ないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的にそれで問題がないから同包されています。
2mでは、電波の減衰計算をしてもほとんど同じですから。

Q3Cと5Cのケーブルってやっぱ違いますか?

築30年の家なので、同軸ケーブルはすべて3Cで配線されてます。
地デジに移行しようと思うのですが、3Cのケーブルのままでとやっぱり画質とか悪くなるでしょうか?
すべて5Cに変えるのは、ケーブル代はそんなかからなくても壁の内側通ってたりするので大変です。
家庭で見るだけなら、もし3Cと5Cとそんな変わらないのであればこのままでもいいのかなと思うのですが・・・・?

Aベストアンサー

配線の距離や分岐の数,電波の強さなどによって差が出てきます。
ケーブルは太いに越したことはありませんが・・・
耐用年数も考慮する必要があるかと思います。
取り敢えず繋いでみてから結論を出してもいいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング