自分のお店を開く時の心構えとは? >>

こんにちはギター暦一年の初心者です。
早速ですが質問させていただきます。
最近までストラトを使っていてそろそろ新しいギターが欲しくなり、先週中古でエピフォンのsgを購入しました。
ところが家で小さい音で少し歪ませてひくには問題なくむしろ満足な音で喜んで、ルンルンでいざバンド練習にむかったのですが
スタジオに入って周りの音とのバランスで音量をあげてみると「ピー」とかなり耳障りなおとが…
音を出している間は消えますが、手を止めたらまた「ピー」と
ハウリングかと思ってアンプから離れたみたり向きを変えてみたりしてもあいかわらず。(リアの場合)歪ませて大きい音で鳴らすとなります
フロントにしたらましになりますが、それでも引かないときは常にミュートしとく必要があります(フロントはは普通のはうりんぐかも)
家でもう一回結構な音量で確認したらやっぱりなりました。
どちらにせよ今まで触ったギターの中でも一番ハウりやすい事は確かです;;
ちなみにピックアップはリアがGibson usa フロントがdancanです。

今までの安いギターとかではそんな事なかったのにかなりショックです;;

同じような症状の方や詳しく分かる方はいませんか?
またスタジオでの症状はライブでも起こる可能性ありますかね?

おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

別のメーカー(オービル)のSGで同様の経験があります。

家で弾くのはOKでスタジオでもクリーントーンなら問題なく、ディストーションかけた途端にピーピーいうという状態でした。多分ハウリングでしょう。ハウリングはピックアップそのものの問題もありますが、その周辺の問題もあります。

私の場合は自分でピックアップのロウ漬け加工を行ったらハウリングは直りましたが、下手すると壊してしまうのでリペアショップに頼んだ方がよいと思います。また、その加工の際ピックアップカバーを外したのですが、戻すときに半田付けが不十分だったらしくカバーが振動してしまった事が原因でまたハウリングが起きました。その時はカバーを外したら直ったという経験があります。その後はスタジオの大音量でも問題なく使用しています。

私は新品で買ったバーゲン品だったのですが、質問者さんの場合は中古品でしたから前の持ち主がハウリングに困って売り飛ばしたのかもしれませんね。いずれにしてもリペアショップに持ち込むことをお奨めします。ピックアップのパラフィン加工のみで直るのなら多分数千円で対処できるのではと思いますが。
    • good
    • 1

No.1です。


確信的には言えませんが、ピックアップ交換時(もちろん前の持ち主ね)にノイズ対策のアース線の処理を間違えた(ありがちなミス)というパターンかどうか推し量りたくて補足要求しましたが、その症状だとノイズ対策ミス程度の配線間違いじゃ無さそうですね。

一種のハウリングではあるんですが、ピックアップの信号線の配線そのものを抜本的に間違ってる時に、似たような症状になる事があります。まぁ、普通はオリジナルからハイパワータイプのピックアップに換えた時にやってしまいがちですけどね。

とはいうものの、こいつは現物の配線見ながらたどっていかないと、掲示板のやりとりじゃどうしようもないので、リペアもやってる楽器店なりに持ち込んで、専門家に診て貰うのが一番です。
そこんとこきっちりしとかないと、中途半端にボリュームペダルやエフェクタや手元スイッチ追加なんかで音消せるからとお茶濁してたら、それこそ不測の事態の時に困りますからね。

楽器店で中古買ったのなら、その楽器店に相談するのも有りですが、楽器店以外だったら買った店では何もわからないと思うので、専門家の居る大きな楽器店に行くしかないですね。

ちなみに、今の状態だと、高い確率でライブでも発生しますでしょうな。
どこかの若い人が、お調子ぶっこいて自分のギターを自力で改造(ピックアップ交換)したは良いが、知識不足技術不足その他で不具合が出てお手上げになって、何食わぬ顔で中古屋にギターを売って自分は買い換える…なんていう典型パターンのギターを買っちゃったかも?

若干の費用はかかるかもですが…私はたいてい自分でやっちゃうので、最近の楽器店での費用の相場はわかんないです(^^ゞ
必要なら補足を出して、詳しい人の解説を待ちましょう。
    • good
    • 0

ピックアップが交換されているかも知れませんね、その時にちゃんとノイズ対策が施されていなかったものと推測されます。


アンプからの向きを変えたりミュートしても起こるのならハウリングではなさそうです。

もっともギター以外にもアンプやシールドケーブルの不良も考えられなくもないですが、やはり中古のエピフォンクラスの楽器では、なにがしかのトラブルは付き物です。
ライブやスタジオでちゃんとプレイするのなら、もう少し上のバーニーやエドワーズ、トーカイの定価10万円あたりのクラスを使用することをお奨めします。

ただ、エレキギターという物は、アンプのボリュームが上がっている時は、弦から手を離せば多少のノイズは出るものですし、弦に触れれば消えるものです。それが面倒と思うならキルスイッチなどを付ければライブでは良いかも知れませんね。
    • good
    • 0

状況が十分飲み込めてないんですが、



・弦に手を触れていれば音は止まるが、弦から手を離すと「ピー」と言う?
・左手が弦に触れていれば止まる? それとも右手で弦の振動を完全にミュートしないと止まらない?
・ギター側のボリュームを落とせば(ゼロにするまでに)音は止まる? あるいはほとんどゼロにしないと音は止まらない?
・ギター側のトーンを触ったら、「ピー」音の音量や音色も多少は変化する?

ってなあたりは、どんな症状でしょうか?

この回答への補足

ありがとうございます。
説明不十分で申し訳有りません;;
・フロントの場合は完全にミュートすればとまります。(ただのハウリング?)
・リアはいくらミュートしてもとまりません。(これもハウリングなのか)
・アンプの音量にもよりますがギターのボリュームを落としたらゼロになる前には止まります。
・トーンを下げると、「ピー」は止まります。ただだんだん小さくなっていくのではなく、ある所でいきなりとまります。

ちなみに自宅用アンプにヘッドフォンを挿して聞いたら例の音は聞こえません。

普通に考えるとハウリングのように思われますが、あまりにもひどいもので…

補足日時:2008/10/12 01:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレキャスターのハウリングに悩んでいます。

Bill Lawrence製のテレキャスターモデル(80年代販売当時定価12万)を中古で買いました、試奏時のアンプはケトナーのWARP 7で歪みは押さえ、太いクランチ~オーバードライブサウンドで気に入って購入しました。

いざスタジオへ行って歪ませると、弦を抑えてミュートしてもピーピー鳴ってしまうハウリングが起きてしまい、周りが「ギター全然聞こえない」というくらいの音量でやっとおさまりました。
ゲインブースターを試したかったのですが使ったら…ということで使用しませんでした。

マーシャルJCM2000の歪みチャンネルで、ゲインとボリュームは11時くらい(うろ覚えですが12時以内)とあまり上げなかったのですけど、聴こえないのであげてくれということで上げると弾いてないときはピーピーで、フィードバックプレイもできません。
メインで使ってるギブソン製レスポールスタンダードでは起きたことがないので困ってます。テレキャスターはハウリングに弱いギターらしいと知りましたがどうにか解決したいです。

バンド殺しの爆音とハイゲインではないことを断わっておき、どういう原因が考えられるか、対策などはどうすればいいかなど教えていただけると嬉しいです。

中古ではありますがフルオリジナルで、ピックアップはビルローレンスのブラックラベル・シリーズのT1、T2が乗っています。できればピックアップはせっかくなのでオリジナルを乗せておきたいので、ピックアップ交換以外の方法があればありがたいです。

参考に、テレキャスターを買ったのはミッシェルガンエレファントの影響です。解散ライブのアベさんのサウンドを目標にしてます。

Bill Lawrence製のテレキャスターモデル(80年代販売当時定価12万)を中古で買いました、試奏時のアンプはケトナーのWARP 7で歪みは押さえ、太いクランチ~オーバードライブサウンドで気に入って購入しました。

いざスタジオへ行って歪ませると、弦を抑えてミュートしてもピーピー鳴ってしまうハウリングが起きてしまい、周りが「ギター全然聞こえない」というくらいの音量でやっとおさまりました。
ゲインブースターを試したかったのですが使ったら…ということで使用しませんでした。

マーシャルJCM2000の歪み...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと書き忘れたことがあるんで追記しておきます。
テレキャスターはピックアップを固定しきれていないですよね。
恐らくネジにゴムを入れて浮かせるようにして固定していると思うんですが、そうするとボディの振動でピックアップ自体も振動の影響を受けやすくなります。これが全身マイクの状態。
ハウリングと言うのはボディの振動をピックアップが直接受け取って起こる現象です。
だからテレキャスターはハウリングに弱い。
ピックアップがハウリングに弱いのではなく、取り付け方の問題で弱いんです。
どうしてピックアップを固定しないのかと言うと、マイクロフォニックな状態がないとテレキャスらしい音が出ないためです。
別に固定してもいいけれど、たったそれだけでも結構変わるものです。

リアピックアップはブリッジプレートに直接取り付けられていますね。
このプレートを重くすれば、当然それ自体は振動に対して強いと言うか鈍感になりますね。そうするとピックアップが受ける振動も少なくなります。
だからプレートの質量を増す。
ピックアップの高さを下げるのは、ゴムを潰してより固定させて振動に強くするため。
フロントは下げれば潰れるが、リアは上げないとゴムが潰れない(前に書いたのは間違っていました、ごめんなさい)
隙間をスポンジで埋めるのは、ピックアップの振動を吸収してくれるため。

ちなみに、ハムバッカーはハウリングに強いわけではない。
ポッティングされていなかったり、カバーが正しく取り付けられていなかったりするとハウリングを起こしやすく、特に初期のP.A.F.なんかは起きやすいです。
ハムはあくまでハムノイズを低減させる為にあのような構造になっているので、それ自体がハウリングにどうこう影響があるわけではありません。
ハウリング対策としてやっているのは、ポッティングやカバーをハンダで固定するくらいです。
バネとはいえ、あれは結構しっかりとピックアップを固定できているので、ハウリングが起きにくいです。

意外とリペアショップに持っていくと直してくれる事もある。

ちょっと書き忘れたことがあるんで追記しておきます。
テレキャスターはピックアップを固定しきれていないですよね。
恐らくネジにゴムを入れて浮かせるようにして固定していると思うんですが、そうするとボディの振動でピックアップ自体も振動の影響を受けやすくなります。これが全身マイクの状態。
ハウリングと言うのはボディの振動をピックアップが直接受け取って起こる現象です。
だからテレキャスターはハウリングに弱い。
ピックアップがハウリングに弱いのではなく、取り付け方の問題で弱いんです。
どう...続きを読む

Q3弦が微かにビビる!?

こんにちは

最近私のエレキの3弦が微かにビビる?っていうか…ブレる音?が聞こえるんです
アンプを通したら、ほとんど聞こえないんですが…
それでも、やっぱり気になります

ちなみに使用ギターはグラスルーツのレスポールモデル3万~4.5万

Aベストアンサー

ビビリについては、アンプから聞こえなければ無視するのも、豪快な考え方ですが、選択肢のひとつではあります。気にしないというのも一つのやり方です。
どうしても気になる場合には、調整を追い込んで問題を解消するのが良いでしょう。

3弦だけにその現象が起きるとしたら、軽いネック反りか、3弦のナットの溝の磨耗あたりも疑わしいかも知れません。もし押弦した時にその現象が出るとしたら、フレットの磨耗なども疑わしいでしょう。
とりあえずは、まずは新しい弦に換えて現象が再発するかみてみるのが良いでしょう。弦を変えてもビビルのであれば、弦高の設定を見直してみるのが良いかと思います。

弦高をチェックする場合は、まずネックの反りをチェックしてみるのが良いでしょう。弦高調整をするときには、前提としてネック反りを解消しておくのがポイントになると思います。一つの弦について、1フレットと最終フレットを押さえて中間あたりのフレットと弦の隙間を観察してみてください。名刺一枚程度の隙間が見えればだいたい良好な状態、隙間がまったくなければ逆反りしています。それを参考に、ネックの状態を判断すると良いでしょう。なお、反りのチェックの時は、チューニングはきっちり合わせておいて下さい。
反りに異常がない・反りを補正した上でビビリが出続けるのであれば、弦高調整をしてみるのがよいでしょう。チューンOマチックはブリッジ下のネジで高さが調整できますので、心持ち上げてみるのがよいと思います。弦高を変えるときは、弦は緩めて下さい。また、弦高を決めた後は再度、全弦のチューニングを合わせ直してビビリが出るかチェックして下さい。
弦高を変えた場合には、オクターブチューニングを合わせ直す必要があります。そこも併せてチェックするのが良いでしょう。

それでも異常が出る場合は、開放弦のときのみ起きる現象なのか、弦を押さえた時にのみ起きるのかを切り分けるのが良いでしょう。
開放のときに限られるのなら、ナットの溝に遊びがあって弦が暴れているか、ナットの溝が磨耗して弦高が低くなっていることも疑わしいかも知れません。
弦を押さえた時にのみ起きるのであれば、フレットの磨耗などが疑わしいかも知れません。
いずれでも起きる場合は、サドルの溝が弦と合っているかを見る必要もありそうです。
これらは、各所を観察すればある程度は状況が把握できると思います。よく観察してみると良いでしょう。

それでも原因が特定できない場合は、楽器店に持ち込んで専門家にみてもらうのが良いでしょう。それが最も堅実な方法ではあります。

参考まで。

ビビリについては、アンプから聞こえなければ無視するのも、豪快な考え方ですが、選択肢のひとつではあります。気にしないというのも一つのやり方です。
どうしても気になる場合には、調整を追い込んで問題を解消するのが良いでしょう。

3弦だけにその現象が起きるとしたら、軽いネック反りか、3弦のナットの溝の磨耗あたりも疑わしいかも知れません。もし押弦した時にその現象が出るとしたら、フレットの磨耗なども疑わしいでしょう。
とりあえずは、まずは新しい弦に換えて現象が再発するかみてみるのが良...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む

Qギターのノイズについて、教えて下さい!

ギターのノイズについて!故障?個体差?教えてください! ギターのノイズについてお聞きします。

私が所有しておりますギター(MusicMan Petrucci 通常生産ラインのモデル、2ハムでピックアップはディマジオ)なのですが、その1本だけ他のギターよりもノイズが大きいのです。
ノイズは「ジー」という比較的低い音と「ピー」という高めの音が混ざっています(高い音は出ない時もあります)
ノイズは、ブリッジや弦、ボリュームの部などの金属部分に触れるとだいぶおさまります(金属部分に触れていない時の差の方が顕著です)
ノイズなのですが、角度や位置、シールドをかえても変化ありません・・・
ピエゾだと出ません

アンプはマーシャルの家庭用の小さいモデル(10CD)で、ゲインを9時か10時くらいにしてオーバードライブをかけています(歪ませ過ぎ、ということはないです)。
何本かのギター(ハム搭載)を、同じセッティングで試したのですがやはりそのギターだけがノイズが大きいです(同じピックアップをのせたギターでも試しましたが、ノイズは大きくありませんでした)。

しかし、販売店に持っていき大きなマーシャル(ヘッド+キャビネットのタイプ)を歪ませ、ブースとさせても耳につくようなノイズは出ませんでした。
配線等見ていただきましたが、「特に異常なし」とのことでした。

このような場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?
やはり故障か個体差でしょうか・・・
同じギターでも試したので、かなり不安です。

教えてください!

ギターのノイズについて!故障?個体差?教えてください! ギターのノイズについてお聞きします。

私が所有しておりますギター(MusicMan Petrucci 通常生産ラインのモデル、2ハムでピックアップはディマジオ)なのですが、その1本だけ他のギターよりもノイズが大きいのです。
ノイズは「ジー」という比較的低い音と「ピー」という高めの音が混ざっています(高い音は出ない時もあります)
ノイズは、ブリッジや弦、ボリュームの部などの金属部分に触れるとだいぶおさまります(金属部分に触れていない時の差の...続きを読む

Aベストアンサー

電磁ノイズですからシリコーンには全く関係ありません。

処置

シールドを強化する事で対処します。

ピックアップが樹脂製ケースならアルミフォイル(キッチン用)で側面を一巻きしグランドラインに接触させることで効果があります。(挟み込み、ネジ等利用、ハンダ付けで出来ないのでとにかく接触させる)

Volume等の背面も出来る限りアルミフォイルで覆いその一部を必ずグランドに接触させます。

要はシールド線以外の非シールド部をシールドすることで改善されます。

離れ島的な部分も同様フォイルで囲ったらその一部を必ずグランド接触させます。

「導電性の物でで囲んでアースする」事を行うのです。

導電塗料も市販されています。(同じく必ずグランドラインと木ネジを打ち接触させます。

以上、エレクトリックギターは電磁ノイズ検出器の側面もあり過度な心配は不用でもあります。

メーカが弦のアース等を行っているのもその対策で弦を押えている時に問題が無ければ正常範囲です。

アンプの増幅度過度にを上げて使う場合はその対策にノイズゲート使用し無入力時の出音停止で対処してください。

(マルチエフェクターには必ず内蔵されています)

以上、参考にして下さい。

電磁ノイズですからシリコーンには全く関係ありません。

処置

シールドを強化する事で対処します。

ピックアップが樹脂製ケースならアルミフォイル(キッチン用)で側面を一巻きしグランドラインに接触させることで効果があります。(挟み込み、ネジ等利用、ハンダ付けで出来ないのでとにかく接触させる)

Volume等の背面も出来る限りアルミフォイルで覆いその一部を必ずグランドに接触させます。

要はシールド線以外の非シールド部をシールドすることで改善されます。

離れ島的な部分も同様フォイルで囲った...続きを読む

Qギターのノイズ 配線ミス?

ギターのノイズがひどいです、、

どんなギターでも弦から手を放すとある程度ジーっとノイズはなりますよね?
私が持っている3本の内2本はその程度の気にならないものなのですが、残り1本のノイズはひどいです。

弦を弾いて音を出している間は問題なく鳴るのですが、手を放すと他のギターとは比べ物にならないほどの、すさまじいノイズが鳴ります、、、シールドに触れると少しはマシになるのですが、それでもやはり酷いです。
ちなみに2芯ハムバッカーです。

配線には特にミスが見当たりません、、気づいてないだけかもしれませんが。
個人的にはポットかジャックが原因かなと考えております。

原因が分かる方、回答よろしくお願いします‼

Aベストアンサー

>弦に触れていても鳴っています
やはり弦アース落ちていません。

>弾くと普通に音が出ます。
ピックアップ~シールド間は、アースも落ちて繋がっているんでしょうね。

>ボリュームをゼロにすると他のギター同様無音になります。
ということは、Volポット~ジャック~シールド間は、落ちています、
ピックアップ~Volポット間のどこかで、接続忘れ、接続ミス、だと思いますよ、
シールド金属部(アース)に触れて、変化があるのですから、
弦アース(ブリッジアース)だけが落ちていない可能性が高いでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報