マルシェル新規登録で5000円分当たる

それともなしでしょうか?
たとえば、作品実績みたいなのを羅列するとき

「画像」
「タイトル」
「簡単な説明」

を乗せたいときはどうしますか?
<ul>
<li>
<p>画像</p>
<dl>
<dt>タイトル</dt>
<dd>説明</dd>
</dl>
</li>
</ul>

こんな感じを考えたのですが・・・
<li>(作品)ごとにボーダーボトムで区切りたいかなと考えております。

<li></li>の中に他のタグを入れないほうがいいときいたこともあるんですが、皆さんならどうしますか?


</ul>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1 ORUKA1951です。


#1の説明は、すこし専門的過ぎたかなということと、なぜリストにするかを含めて説明しておきます。
まず、UL-unordered list 順不同リストは、文字通り順番の無い並列リストです。
★複数が同列でたくさん並ぶのでtableはおかしいですね。画像の数だけ横に長いのならtableでも良いですが、
★携帯端末では縦に並びます。
 ディスプレイの幅が狭いときもtableのように、はみ出ません

 このように、写真とそのタイトルと説明を羅列したい場合、文書構造上は最適なのはリストだと思います。リストに何を使うかとなると悩むところですね。
OL ordered list 序列リストは、順番が必要なとき以外は使わないでしょう。
DL definition list 定義リストでも良いかな?
・・・そして、なによりもリストにしておけば、携帯端末や読み上げソフト、あるいは検索エンジン最適化からも良いでしょう。
しかし、「(作品)ごとにボーダーボトムで区切りたいかな」という条件が一つありますね。
だとすると、
【注意】
 ★分かりやすくするため全角スペースでインデントされています。
  利用するときはタブに変換すること
 ★これは、私のページ一部を抜粋したもの。画像は200px×150px
 ★基本的にCSSのためだけのclass,id,divは無いのでHTMLはシンプルです。
 ★セレクタの使い方は調べること。
 ★これはolですがulでもよい。
 ★本来は、
 <div id="photoList">
  <ol>
   <li>本体
    <ul>
     <li><img src="./photo/R0011583.jpg" width="200" height="150"
        alt="ディスプレイを開く"></li>
     <li>本体を正面から撮影したところ、パネルの下がカバー</li>
    </ul>
   </li>
とマークアップしたほうがスマートでしょう。


______________サンプルソース。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
 <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
 <title>ディスプレイの分解:ノートパソコンの分解</title>
 <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 <style>
<!--
  @media screen{
   div#photoList{
    display: block;
    border: solid green 1px;
    margin: 1em 10% 1em 10%;
    background-color: rgb(200,200,200);
    padding:0px;
   }
   div#photoList > ol{
    margin: 0px;
    padding: 0px;
   }
   div#photoList > ol>li{
    display:block;
    width: 210px;
    float:left;
    border-style: solid;
    border-color: black gray gray black;
    border-width: 1px 4px 4px 1px;
    padding: 5px;
    height: 240px;
    margin: 5px;
    background-color: white;
   }
   div#photoList > ol>li dl{
    margin:0px;
   }
   div#photoList > ol>li dl dt{
    padding: 5px 10px;
   }
   div#photoList > ol>li dl>dd{
    margin-left: 0px;
    text-align: center;
   }
   div#photoList > ol>li dl dd+dd{
    margin-left: 0px;
    text-indent: 1em;
    font-size: 0.8em;
    line-height: 1.5em;
    text-align: left;
   }
   div#photoList > hr{
    clear: both;
    margin: 0px;
    visibility: hidden;
   }
  }
-->
 </style>
</head>
<body>
 <h1>ノートパソコンの分解</h1>
 <h2>ディスプレイの分解</h2>
 <div id="photoList">
  <ol>
   <li>
    <dl>
     <dt>本体</dt>
     <dd><img src="./photo/R0011583.jpg" width="200" height="150"
         alt="ディスプレイを開く"></dd>
     <dd>本体を正面から撮影したところ、パネルの下がカバー</dd>
    </dl>
   </li>
   <li>
    <dl>
     <dt>ビスの位置</dt>
     <dd><img src="./photo/R0011587.jpg" width="200" height="150"
         alt="カバーを外す"></dd>
     <dd>電源スイッチカバーを外すとビスがでてくる。</dd>
    </dl>
   </li>
   <li>
    <dl>
     <dt>パネルを開く</dt>
     <dd><img src="./photo/R0011590.jpg" width="200" height="150
         alt="パネルを180度開く"></dd>
     <dd>ヒンジに負荷がかからないようにパネルを一杯に開く</dd>
    </dl>
   </li>
   <li>
    <dl>
     <dt>パネルを裏返しに</dt>
     <dd><img src="./photo/R0011597.jpg" width="200" height="150"
         alt="パネルを1裏返す"></dd>
     <dd>取り外したパネルを裏返しにする。</dd>
    </dl>
   </li>
  </ol>
  <hr>
 </div>
</body>
</html>
「liタグの中に<p>タグやら<dl>を入」の回答画像5
    • good
    • 1
この回答へのお礼

画像までつけてくださって本当にありがとうございます。
とてもわかりやすかったです!

本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/12/28 13:11

li 要素の中にはほとんど何でも入れられますね。



個人的にはシンプルに

<hn>タイトル</hn>
<img>
<p>説明文</p>

と書きそうです。テーブルに入れてもいいと思います。
    • good
    • 0

>皆さんならどうしますか?



ということで私的な意見を挙げます。

構造上順位付のない並列データを羅列するのであれば、おかしいとは
言えませんが、画像と説明文書が表示されるのであれば、私なら
テーブルにしますけど。

だってワープロで同じ場面があったときに、箇条書きにします?
表を使う方が文書としてすっきりしますよね。
まぁ好みもあるでしょうけどね。

SEOだなんだとしがらみがあったり、DOMで生成していたりするなら
別ですが、ベタ打ちのHTMLならここであえてliにこだわる必要は
ないかとおもいます。
    • good
    • 0

> <li></li>の中に他のタグを入れないほうがいいときいたこともあるんですが、


SEOがその理由かもしれませんね。
理由はわかりませんが、私は問題はないと思います。
文法上も問題はありません。

スタイルシートを使わないときに、タイトルが最初に書かれているとわかりやすいと思うので、私ならタイトルを最初に持ってきます。

<style>
li {position: relative;}
li img{position:absolute;}

/* imgのheightに併せて個別指定。
全ての画像の高さが共通なら一括指定
li{ margin-top:120px} li img{top:120px;}
*/
li#title1{margin-top: 120px;}
li#title1 img{top:-120px;}
</style>

<ul>
<li id="title1">
 <h3>タイトル1</h3> (h1-6の適切な物)
 <p><img src="画像">説明</p>
</li>
</ul>


こんな感じでしょうか。
h3{padding-top: 120px;}にすれば img{top:0} で固定できますが、borderなどの指定がpaddingと干渉するため、使っていません。
liのマーク(list-style-image)の位置が、画像の横ではなくタイトルの横になります。
画像の横に出すのは何か方法があると思いますが。。。


dlを使う場合は、
<dl>
<dt>タイトル1</dt>
<dd class="img"><img></dd>
<dd class="explain">説明1</dd>
<dt>タイトル2</dt>
<dd class="img"><img></dd>
<dd class="explain">説明2</dd>
</dl>

こんな感じで作ると思いますが、
スタイルシートが複雑になりそうなので、作るのをやめました。m(_ _)m
意味的にはdlの方がいいのかなぁ。。。
liの中にdlで1つの作品だけというのは、私はこの場合は適切ではないと思います。
    • good
    • 0

 必ず仕様書(

http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/rec-html401 … )をチェックする癖をつけましょう。変なアドバイスやマニュアルを読むより確実です。
≫<li></li>の中に他のタグを入れないほうがいいときいたこともあるんですが、
 仕様書を読みもせずにアドバイスする人もいるということです。

 仕様書は機械でも読み取れるように書かれているため、慣れないと難しいですが、見てれば慣れます。見なけりゃ慣れない!!

10.2 順不同リスト (UL)、序列リスト (OL)、及びリスト項目(LI)
 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html4 … )より引用
<!ELEMENT LI - O (%flow;)* -- list item -->
・・・【以下略】・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで
 Li要素は、O(%flow)を含みうる。%flowをクリックすると
<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">
 ですから、ブロック要素、インライン要素を含むことが出来ると書いてある。

ちなみにOL/ULは
<!ELEMENT UL - - (LI)+ -- unordered list -->
・・・【中略】・・・
<!ELEMENT OL - - (LI)+ -- ordered list -->
・・・【以下略】・・・
で、LI要素しか含められない。文字もダメということ。

 同じところに書かれている
<!ATTLIST は含みうる属性値が書かれている。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCSSでborderの長さを指定、または可変にしたい。

下記のように指定していますが、これだと横幅いっぱいに下の線が表示されてしまいます。

文字なりの長さ、または指定のピクセル数にしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか。

h3{
border-width : 0px 0px 1px 5px;
border-style : solid ;
border-color : #FF3333;
padding-left : 5px;
}

Aベストアンサー

borderの長さはそのボックスの大きさですから、ボックスの大きさを指定する事になります。
h3{
width:???px;
border-width : 0px 0px 1px 5px;
border-style : solid ;
border-color : #FF3333;
padding-left : 5px;
}

また、文字数(ボックスの内容)に合わせたい場合は、ボックスを浮動化(float)する等の方法もありますが・・・そのボックスの周りへ影響が出たり、ブラウザ毎にバグや実装の違いなどが比較的多く、扱いが面倒になるのであまりおすすめできません。

HTMLの方も修正する方法でもよければ

<h3><span>××○○</span></h3>
のようにspanで囲い、スタイルをspanに対して指定する方法もあります。

h3 span{
border-width : 0px 0px 1px 5px;
border-style : solid ;
border-color : #FF3333;
padding-left : 5px;
}

borderの長さはそのボックスの大きさですから、ボックスの大きさを指定する事になります。
h3{
width:???px;
border-width : 0px 0px 1px 5px;
border-style : solid ;
border-color : #FF3333;
padding-left : 5px;
}

また、文字数(ボックスの内容)に合わせたい場合は、ボックスを浮動化(float)する等の方法もありますが・・・そのボックスの周りへ影響が出たり、ブラウザ毎にバグや実装の違いなどが比較的多く、扱いが面倒になるのであまりおすすめできません。

HTMLの方も修正する方法でもよけ...続きを読む

Qimgタグは何で囲むのが良いか

皆さんはimgタグは何で囲んでいますか?

<div>
<h3>タイトルタイトル</h3>
<p>テキストテキストテキストテキストテキストテキスト</p>
<img src="xxxx.jpg" alt="">
</div>

例えばこういうような時に、何で囲むべきかというのをいつも迷います。

ブロック要素で囲むべきである、というのは何となく認識していますが、ここをdivで囲むのも何か違うような気がするし、
pで囲むのも「段落」と見なせるような画像でないと何となく気持ち悪いです。
最近はaltのある画像は「これは段落だろう」と自分を納得させてpで囲み、
altを空にしているものは囲まずにそのまま置いたりしています。
レイアウト上、ブロック要素が必要になった時にはdivで囲んでみたり…。

私はイメージ的な画像(情報としては必要ない画像や、直前のテキストとかぶっている画像文字等)にはあえてaltは付けずに空にすることが多いので、ちょいちょいこういう事で迷います。

スマートなやり方をご教授ください。

Aベストアンサー

>「alt="---------"」と入れるくらいなら「alt=""」の方が良いのではないでしょうか?
 そうです。そもそも、文字(内容)を画像に置き換えてしまうのは、感心できない手法ですが、味気ないHRの代わりに画像ラインを入れる手法はかっては行われていました。もしHRの代わりに画像を入れるのでしたら、このように書くべきと言っているのである---画像に置き換えて記述するのは誤りと言うことを言いたいのです。

>この写真にaltで候補者名を入れてしまうと、画像が見れない環境の人に対しては候補者が2回表示(もしくは読み上げ)されることになります。
 その場合は、
・altをalt=""としておく
・alt="山田太郎の正面からの写真"
 あるいは、alt="本人の写真"
 と画像が表示されない人も画像から得られるはずの情報をいれておく。

 になるでしょうね。

<div>
<h3>タイトルタイトル</h3>
<p>テキストテキストテキストテキストテキストテキスト</p>
<img src="xxxx.jpg" alt="">
</div>
 これは、書きましたが、Validator上はエラーになりませんが、やはり間違いなのです。この場合、ここに仮想的なブロックが存在するとしてDOMを構成しますが、その処理はHTML4以前は決まった解釈が定められていなかったために解釈上差が出てしまう可能性があります。

気が進まないが
<div>
<h3>タイトルタイトル</h3>
<p>テキストテキストテキストテキストテキストテキスト<br>
<img src="xxxx.jpg" alt="">
</p>
</div>

とか
<div>
<h3>タイトルタイトル</h3>
<p>テキストテキストテキストテキストテキストテキスト</p>
<p><img src="xxxx.jpg" alt=""></p>
</div>
それは、その画像がどのような段落にあるのかによって判断します。DIVはDIVで目的・用途があります。文法上のエラーを回避するため、単にデザインのためのような使い方は極力避けるほうがよいと思います。それは、突き詰めればHTMLで文書構造を正確にマークアップしすること、最終的にメンテナンスしやすい結果になるからです。

 <p class="figure main">
  <img src="" width="" height="" alt="麓から見た紅葉の城山">
 </p>
 <p>紅葉も終盤を迎えた先週、子供達を連れて近所の城山にハイキングに言ってきました。</p>
 <p class="figure sub">
  <img src="" width="" height="" alt="玄関で見送る妻">
 </p>
 <p>
  妻は、このような山歩きなど、実利がないものには付き合ってくれない。昔は・・
 </p>
このように書かれていると、後で写真を一枚追加したいときに前後を見ればどのようにマークアップすればよいかわかりますし、スタイルシートを書く際も、
*.figure{margin:10px;text-align:center;}
*.figure.sub{float:right;}
*.figure img{padding:5px;border-shadow:10px 10px 10px rgba(0,0,0,0.4);}
とか・・

>「alt="---------"」と入れるくらいなら「alt=""」の方が良いのではないでしょうか?
 そうです。そもそも、文字(内容)を画像に置き換えてしまうのは、感心できない手法ですが、味気ないHRの代わりに画像ラインを入れる手法はかっては行われていました。もしHRの代わりに画像を入れるのでしたら、このように書くべきと言っているのである---画像に置き換えて記述するのは誤りと言うことを言いたいのです。

>この写真にaltで候補者名を入れてしまうと、画像が見れない環境の人に対しては候補者が2回表示(もし...続きを読む

Qtableにul,または,olを入れられますか?

<table>
 <tbody>
  <th>くだもの</th>
   <td><ul><li>りんご</li><li>みかん</li><li>すいか</li></td>
   …etcとして
くだもの
・りんご
・みかん
・すいか
としたいのですが、
<table>の<tbody>の<td>の中に<ul>の<li>を入れる方法は
HTMLの仕様に反していますでしょうか?

Aベストアンサー

きちんとネストされていれば構いません。
ただ、書かれた例だと
・テーブルを構成する<THEAD>, <TR>タグが無い
・<UL>が閉じていない
というエラーがあるので、それを直せばいいでしょう。

<table>
 <thead>
  <tr><th>くだもの</th></tr>
 </thead>
 <tbody>
   <tr><td><ul><li>りんご</li><li>みかん</li><li>すいか</li></ul></td></tr>
   :
   :
 </tbody>
</table>

Qテーブルタグの中にdivを含めてはダメ?

テーブルタグの中にdiv要素を入れるとダメなのでしょうか?
何か不都合でもあるのでしょうか?
何かご存知の方がいれば教えていただけませんか?

Aベストアンサー

以下、HTML 4.01での話です。(XHTMLでもほぼ同じだと思います)

tableタグ直下に書けるのは、caption,col,colgroup,head,tfoot,tbodyと定義されています。
特定の条件下でtbodyが省略できますので、実際はtrも書けます。これら以外は書けないことになっています。
tr直下にはth,tdが書けることになっています(それ以外は不可)。

th,tdの下にはブロック要素が書けるので、divも書けます。

このように、テーブル内でth,tdの中以外でdivが使えないのはHTMLの仕様でそう決まっているからです。

Qcssで「下よせ」ってどうやっていますか?

フロートのレフト、ライトはいいとして、

あるボックス要素内(A)に異なるボックス要素(B)をいれます。
この(B)を(A)の一番そこにはりつかせたい時にどうすれば
最もよいのでしょうか?

いいアイデアをご教授ください。

Aベストアンサー

こんなのはどうかな?

position: absolute;
bottom: 0px;

Qulタグやliタグの中でbrタグは使えない?

完成したサイトなのですが…。
Dreamweaverにて開いて一応チェックすると、
「タグbrはur内では使用できません」との表示がでて驚いています。

<li>~</li>だけで自動的になされる改行だと、詰まって見えるのです。
だから、

<ul style="padding-left: 00px;">
<li>~</li></br>
<li>~</li></br>
</ul>

のようにして処理しております。ただ、これってSEO的にマズい、ということなのでしょうか?
どうか、ご存知の方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

SEO(検索エンジン最適化)には無関係ですが、文法的には誤りです。
→10.2 順不同リスト (UL)、序列リスト (OL)、及びリスト項目(LI)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/lists.html#edef-UL )

<!ELEMENT UL - - (LI)+ -- unordered list -->
ulには、「li要素のみを一個以上もつ。」と書かれています。


<!ELEMENT LI - O (%flow;)* -- list item -->
li要素には、%flowをゼロ個以上もつ、終了タグは省略できる。

読み方は、3.3.3 要素宣言 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/sgmltut.html#h-3.3.1 )を参照すること

したがって
<ul>
 <li>・・・<br>
 <li>・・・<br>
</ul>
とは書けます。(HTMLの場合)
その場合、ブラウザは
<ul>
 <li>・・・<br></li>
 <li>・・・<br></li>
</ul>
と解釈します。(XHTMLはこう書かないとならない)

★もっと、はるかに大事なこと
「<li>~</li>だけで自動的になされる改行だと、詰まって見えるので」<br>を入れるは、HTML的には最大の間違いです。こちらのほうがはるかに重要!!
 構造とプレゼンテーションは区別すること。デザインのためにHTMLを書いてはなりません。
 2.3.2 アクセス性 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.3.2 )

スタイルシートで、
ul li{margin-bottom:1em;}
だけでよい。

SEO(検索エンジン最適化)には無関係ですが、文法的には誤りです。
→10.2 順不同リスト (UL)、序列リスト (OL)、及びリスト項目(LI)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/lists.html#edef-UL )

<!ELEMENT UL - - (LI)+ -- unordered list -->
ulには、「li要素のみを一個以上もつ。」と書かれています。


<!ELEMENT LI - O (%flow;)* -- list item -->
li要素には、%flowをゼロ個以上もつ、終了タグは省略できる。

読み方は、3.3.3 要素宣言 ( http://www.asahi-net.or.jp...続きを読む

Qリストの左余白の削除方法

<li>リストを作成した再に表示されてしまう、左余白部分を削除して、画面左に詰めたいのですが、上手く出来ません。
どなたかご教授頂けませんでしょうか?

=>CSS記述<=
ul li {
list-style: none;
margin: 0px;
padding: 0px;}

=>HTML記述<=
<ul>
<li><a href="#">サンプル</a></li>
<li><a href="#">サンプル</a></li>
<li><a href="#">サンプル</a></li>
<li><a href="#">サンプル</a></li>
</ul>

Aベストアンサー

ul li {

の箇所を

ul {

にするだけ

Qpタグによる段落間のアキ調整について

こんにちは。
HTMLのpタグでくくった段落が連続すると、
多くのブラウザでは段落間に1行程度のアキが生じると思います。

このアキをCSSによってなくしたいのですが
どう指定すればいいのでしょうか?

たとえば段落の「margin-bottom」に0ではなく
マイナス値を入れればなくせるようですが、
「pによる1行アキ」というのがすべてのブラウザでの
共通仕様なのか分からず、マイナス値使用に怖さを覚えます。

どういうやり方がすべてのブラウザに通用する
正しいやり方なのでしょうか?

Aベストアンサー

> > まあ、0などにすれば空きは見えなくはなりますが…
> え? できますか?
 できますよ。
ただ、pが上部にマージンをもうけるか下部にマージンをもうけるかは分からないので、
下部マージンは元々0だった(空白に見えていたのは上部マージンだった)と言う可能性があると思いますよ。

margin:0;などとして上下左右をいっぺんに指定すれば、ブラウザのデフォルトスタイルの介入がなくなるので、良いのではないかと思います。

このようにして略記した場合は、四辺を一度に指定することが出来、
しらべてみたところ、Operaでは
margin:0; ← 上下左右0に指定
margin:0 1px; ← 上下0, 左右1pxに指定
margin:0 1px 2px; ← 上0, 左右1px, 下2pxに指定
margin:0 1px 2px 3px;上右下左という順番で、0, 1, 2, 3pxに指定
 という風になっているようです。
まあ、使いうるのは全方向指定と上下左右指定ぐらいなものかもしれませんが(^_^;

Q文字の位置、上下のマージンがずれる

仕事でHTML+CSSでコーディングをされる方、
または精通されている方に質問です。

pタグで2行の段落を続けて配置してみました。
IE6・7、FF、Chrome、Safariではぴったりレイアウトが合うのですが、
IE8・9で確認すると誤差が生じます↓

<p>あああああ</p>
<p>かかかかか</p>

★pに対する指定
font-family: "ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro","MS Pゴシック","MS PGothic";
font-size: 14px;
line-height: 1;
margin: 0;
padding: 0;

各pタグにわかりやすく背景色をつけて確認してみると・・・

・IE8だと、2段目のテキスト位置が1px上に上がり、pの高さも1px縮む
・IE9だと、1段目と2段目のテキスト位置が1px上に上がり、2段目のpの高さが1px縮む

それぞれのpに高さを決めれば問題はないようですが、
高さを決めずにテキストを配置する場合、
この誤差については対応ができないものなのでしょうか?

pタグに限らず、ul、dlなんかでもずれることが多いです。
テキストをぴったりを合わせる技術ってないのでしょうか?

仕事でHTML+CSSでコーディングをされる方、
または精通されている方に質問です。

pタグで2行の段落を続けて配置してみました。
IE6・7、FF、Chrome、Safariではぴったりレイアウトが合うのですが、
IE8・9で確認すると誤差が生じます↓

<p>あああああ</p>
<p>かかかかか</p>

★pに対する指定
font-family: "ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro","MS Pゴシック","MS PGothic";
font-size: 14px;
line-height: 1;
margin: 0;
padding: 0;

各pタグにわかりやすく背景色をつけて確認して...続きを読む

Aベストアンサー

まず、line-height:20pxのように、line-heightをpxで指定してみてください。
ブラウザの違いによる縦の誤差はなくなるはずです。

誤差が生じる原因としてはOSやブラウザの違いから、フォントやレンダリングの違いによるものです。
なので、font-size:14px;に指定していても、line-heightをemや%で相対的に指定している場合は、必ず誤差が生じます。

なお、文字列の横をそろえるのほぼ無理と考えてください。

>pタグに限らず、ul、dlなんかでもずれることが多いです。

こちらに関しては、ブラウザ間のデフォルトの差異をなくすため、リセットCSSがよく使われます。
リセットCSS、reset cssなどで検索してみれば色々出てくるでしょう。
最近はHTML5を考慮しているものもたくさんあるので、そちらを使った方が良いでしょう。
しかし、これも完全に誤差をなくせるというわけではありませんが、一度試してみると良いでしょう。

Qテーブルセル余白(例えば左側だけ、上側だけ、など)

こんにちは。
宜しくお願いいたします。

テーブル内のコードに、cellpadding="5" は
セル余白が上下左右のすべて、5ピクセル空きますが、

左側だけ5ピクセル、とか、上側だけ5ピクセル、のように
指定方向のみ、余白を作ることは可能でしょうか。

その場合のHTML記述を教えてください。

また、ここで質問させていただいている「指定方向への余白指定」と
全体余白指定の「cellpadding="XX"」は同時に使って
良いものでしょうか。
素人質問ですみません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1つのセルだけなら、下記で。
<td style="padding: 5px 10px 20px 30px;">
上の例は、上が 5px。 右が 10px。下が 20px。 左が 30px。
適当に数値変更してください。
cellpadding="5" と style="padding: 5px;"は同じになるはず。
<td style="padding: 5px;">

両方使うとどうなるかは、試して下さい。
cellpadding をここ数年利用していないので・・・

複数個所利用するなら、NO.1さんを参考に HEAD内に下記を入れて試してみましょう。
<style type="text/css">
<!--
td {padding: 5px 10px 20px 30px;}
-->
</style>


人気Q&Aランキング