【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

楽器用ケーブルを自作してる者です。
かねてから疑問だったのですが、
スピーカーケーブルなど、楽器用のシールドよりも細いものと楽器用シールド(楽器屋なんかでギター用などで売っているもの。)との違いって言うのは何なのでしょう。

いつも楽器用と書かれているシールドを買っているのですが、スピーカーケーブルなどで代用できるのであれば、どこででも手に入るしそうしたいのですが、やってみて話にならないと困るので、
この際教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありません。
ステレオかどうかという違いしかないのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

>ステレオかどうかという違いしかないのでしょうか?



いや、そういうことではなくて、まず何よりも「シールド構造かどうか」が大事な違いです。

スピーカケーブルは、逆にシールド構造にしない方が良いので、パッと見が同じでも、中の構造(断面)が全然違うのが普通です。

シールド構造にすることで、ギターの微少な信号にノイズが混入することを防いでいます。単純なスピーカケーブルにフォン端子をつけただけのケーブルをギターに使うと、結構のノイズが乗りますよ。
    • good
    • 0

#1さんが良回答されていますので、補足だけ。



オーディオケーブルは、できるだけ原音忠実再生が目的ですから、アンプからスピーカーの間で、できるだけ音が劣化しないように考えられています。

しかし、ギター用ケーブルは、ある周波数帯をカットオフして、よりギターらしい音を作り出すことを考慮されています。
ですからギター用ケーブルをスピーカーケーブルに使うと、低音が弱く感じます。

ただし、モンスターのスタジオプロ1000あたりの商品になると、スピーカーケーブルとほとんど変わらない特性ですので、楽器そのもののクオリティがモロにアンプに伝わります。でも多くのギター用ケーブルは、ベルデンやプロビデンスも含めて、中低音をカットオフして高域が活きるような味付けにしています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング