今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

Cat's Eyes CE-500CFと言う1980年~83年頃の東海楽器のギターでが、
ヘッドに『CF MARTIN』と縦に貝殻で書かれています。

当時、東海楽器がMARTINの輸入代理店であった事、
Cat's Eyes がMARTINを手本に作っていた事、
CE-500CFの【CF】は、『CF MARTIN』意味のような事は
分かリましたが、ギターヘッドに『CF MARTIN』と書かれているのは
何故なのか疑問です。

まるで「Cat's Eyes」では無く「MARTIN」そのものに見えてしまうので
どなたかお分かりの方、教えてください。
ヨロシクお願いします。
また、あわせてCE-500CFのギターについてもお教え下さい。

「Cat's Eyes(キャッツアイ) C」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これを希少価値だと思って喜んでいたら、中国人のドラえもんやディズニーランド問題を笑えませんね。

    • good
    • 5

CE500CFは、東海楽器が1972年にマーチン社の輸入代理店となり、技術提携も行った当時の楽器で鳴りも良く、価格も安いので数多く市場に出たギターです。

CEシリーズは、1975年にリリースされています。
検索すれば色々引っかかると思いますが、ロゴはゴールドのデカールで、ヨコに書きで「CAT’S EYES」
http://auction.jp.msn.com/item/126021000
さて、縦ロゴのキャッツアイですが、技術提携はしたものの、マーティンブランドを当会楽器が使えるはずもなく不思議な楽器ですが、実は、元クラフトマンと称する人が、お金に困ったときにCE500CFをベースにして、何台かこの紛らわしいキャッツアイを作ったようです。
真偽のほどは分かりませんが、友人に頼まれて細工をしたり、譲ったり、出来のよいのは自分でキープしていたようです。2ちゃんねるの関係板にも同じような記述があったようです。この人の細工したギターが中古として市場に出た可能性が高いです。
ここに関連した記述がありますが、モデルにしたというD‐28LSHのタテロゴについては資料がありません。ちょっと調べた範囲では普通のデカールのようなのですが・・・
http://8610.teacup.com/levante40/bbs/1372

あるいは、東海楽器の正規のラインアップにあったのかもしれませんが、そのあたりは、もう少し情報を待たれてはいかがでしょうか?正規のものなら相当に希少価値があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます。

当方ギター半年の初心者で、キャッツアイのギターが案外安くて
いい音がすると最近知ったので、手頃なのを購入しようと探していたら
このギターと出会いました。

ヘッドに『CF MARTIN』と有り、ボディー内には『Cat's Eyes』の
刻印とシリアルが、値段も手頃で思わず買ってしまいましたが
ネットでどこを調べてもこんなギター出てきませんでした。
大体ヘッドにマーチンて?って思ってしまったのですが…。

ご回答の「クラフトマンが作った紛らわしい物」なのかな~(^^ゞ
でも、このギターには、購入当時のシリアル入り品質保証書に
製作者・検品者の2名の印鑑も押してあり正規品のような気もするのですが?

なんに付けても貴重な情報ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2009/10/01 20:23

CE-500CFは普通の「Cat's Eyes」の金色デカール横ロゴのはずだけど...


だれか以前のオーナーが改造したのではないでしょうか?
さすがに代理店をしていたからと言って、Martinのロゴ入りのギターは作っていないはずです。

参考URL:http://images.google.co.jp/images?rlz=1C1CHMV_ja …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そ~ですよね。
ボディー内にCat's Eyesの刻印があるのに
ヘッドに“マーチン”て、変ですよね~。
しかし綺麗なんですよね、ヘッドの貝細工のMARTINの文字が…。

お礼日時:2009/10/01 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東海楽器CAT'S EYESについて

 ギターに詳しい人、是非教えてください。
1、70,80年代、東海楽器はMARTINと技術提携していたらしく、評価もまあまあだったみたいですが、現在はどうなのでしょう?

2、東海楽器は今、CAT'S EYESギターを生産していないみたいなのですがなぜでしょうか?

3、友達からCAT'S EYESのCE-W-3TSという近年製造されたっぽいギターを譲りうけたんですが、このギターが紹介されているHPなどがありましたら教えてください。またこのギターの一般的な評価はどのような感じなのでしょうか?

以上が質問です。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CAT'S EYESは国産ギターとしては、かなり有名ですね。特にオールドファンには人気がありました。ただ、残念ながら、現在、製造は休止状態になっています。(理由は不明ですが、他社メーカー品が数多く出回るようになり、採算上の問題かと思いますが…?)⇒http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/

CAT'S EYESについての個人サイトがありますので、URL貼っておきます。⇒http://members7.tsukaeru.net/levante40/

蛇足ですが、以前、イルカさんのライブで、彼女が使っていたのを覚えています。(型番までは不明)また、ナターシャーセブンで、高石友也氏も愛用されているようです。

Qヤマハでおすすめの古いアコギ

古いヤマハのアコギを探してますが、お勧めの古い
FGシリーズはありますか?全体的に小ぶりで
リーズナブルなギターをほしいのですが
フォークや、ウェスタンタイプとどこがどう違うのかわかりませんので
その点もアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。ビンテージYAMAHAの魅力に取り憑かれていたのーちと申します。
長文になりますが、私の経験からわかる範囲でお答えいたします。


まずボディスタイルですが、大きく分けて、腰のくびれた小振りのボディの「フォーク」と、通常のドレッドノートサイズに近い「ウェスタン」に分かれます。
> 全体的に小ぶりで
とのご希望ならば、「フォーク」サイズが適当だと思います。

発売時期のボディ内のラベルの色によって、初期型から順に
(ライトグリーン)赤→グリーン→黒→オレンジ→ベージュ→アイボリー…「ラベル」と呼ばれ、一般的には赤~黒ラベルが、ビンテージYAMAHAとして珍重されています。

あくまで個人の好みとなりますが、私が100本以上試奏した経験をお話します。
【赤】音質は、合板モデルとは思えないレスポンスと箱鳴りで、芯のある枯れた味わいのある音色です。(ラワン材のFG-140は??です)
小ぶりのフォークモデルで5万程度までで買えるモデルとしては、「FG-110」が該当します。
このFG-110は、ビンテージYAMAHA唯一のメイプル材のモデルで、その独特の音色に魅せられ、数十本を試奏して探してきました。
【グリーン】音質は、赤と同様素晴らしい鳴りと同時に、しっとりとした潤いのある音色です。私的には音質は「グリーン」が一番好きなのですが、かまぼこ型の太いネックで演奏しづらいのが自分に合わず、今は所有していません。
フォールモデルでは、「FG-130,170,250,340,440」があります。440は、ハカランダ(あるいはニューハカランダ)合板が使われていて、滅多に市場に出てきませんし、非常に高価か状態が悪いかです。
【黒】人によっては黒ラベルがいい、という人もいますが、私は音質的に特別に良いと感じるギターに当たったことがありません。これならば、現行物の方が良いと感じています。
フォークモデルは「FG-150F,200F,250F,350F,500F」となります。
【オレンジ】黒ラベルまでに比べて人気がないので安価ですが、状態が良いものはとても良い鳴りと音色を奏でます。安価で購入して、サドルやナットを牛骨に交換調整してもらうと、素晴らしい音色になります。
フォークモデルは、前期は「FG-122,152,202,252,302,402」、後期は「FG-152B,202B,302B,402B」です。
【ベージュ】ビンテージモデルとしてプレミアがつない分安価ですが、楽器の完成度や経年による音の鳴り等素晴らしく、状態が良い楽器が多いので、個人的にお勧めです。安い値札のギターが奏でるヤマハサウンドに感激することも少なくありません。
フォークモデルは「FG-202D,252D,302D」後期は「FG-252C,302C,402C」です。唯一の単板モデル、FG-402Cはきっと素晴らしいはずで、随分と探しましたが、市場で手にすることはできませんでした。

★楽器選びの注意点★
●赤・グリーンは、設計時のネックの仕込み角に問題があるため、ネックの腰折れ(元起き、元反り)といって、ネックがボディと接合している部分から折れ曲がっている問題が生じているものがほとんどです。(ギターを立てて、糸巻き方向の上からネックを見下ろすとわかります)腰折れは修理がきかない(修理する方法もありますが、費用もかかるし別のギターになってしまいます)ので、止めておきましょう。
ネック自体の反りも、波打ちや左右非対称の反りが出ているものがあります。当時のネック調整ロッドは、固着して回らなかったり、回ってもネック中央部分が盛り上がるかどうか程度の調整しか効かないため、慎重に見ることが大切です。変な反りが見られるギターは、やはり避けた方が良いです。

●ビンテージギターは、ボディのトップ落ち、ブリッジ付近の膨らみも多いです。(これはギターの表板に長い直定規を当てるとすぐにわかります)
ボディのトップ落ちとは、サウンドホール付近が凹んでいる状態で、これはギターの鳴りに影響しますし、トップ板裏のプレーシングの浮き等が出ている場合があるので、要注意です。
ブリッジ付近の膨らみ(下腹が出てきた状態)がひどいと、鳴りや弦高の高さに問題が出ます。販売しているギターの中には、弦高を下げるためブリッジ自体を薄く削り直してごまかしているものもありますが、当然音の力強さが失われます。
ブリッジ付近の膨らみと、トップ落ちが全くないビンテージヤマハは(デッドストック品でもない限り)ありません。多少のブリッジ付近の膨らみは良しとして、トップ落ちができるだけ小さいものを選ぶようにしてください。

※このことを注意して私が納得のいくFG-110と出会うまで、1年以上かけて50本近くを試奏しました。それだけ、状態が良いビンテージは少ないということです。それでも、購入後、リペアショップでネック調整等をしてもらう必要がありましたが、今では大切な宝物になっています。

★まとめ
「俺のヤマハは○○ラベルだぞ~」というこだわりがなければ、価格と音質を考えると、オレンジ、ベージュラベルが穴場です。オレンジラベルは、楽器の基本に関わる状態が良くないものも多いですが、ベージュラベルは、その点(楽器の完成度が高いためか)傷等はあっても、上記の楽器の基本はしっかりしたものが多く、20年以上経ってサウンドも出来上がっています。
赤やグリーン等のビンテージ探しも楽しいものですが、価格と実用性を考えるとベージュラベルの型番の数字の大きいものが、お勧めかと思います。

ただ、どの時期のギターも、モデルと扱われてきた状態による個体差が大きく、一概に言えるものではありません。
tibitama2000さんが、自分の目と耳で確かめて納得のいく(惚れてしまう)楽器と出会われることを願っています。


☆☆ヤマハのビンテージについての情報でしたら、枻出版社の「ヴィンテージ・ギター (Vol.6) 丸ごと1冊YAMAHA FG」という本がお勧めです。ただ、今は絶版になるてるようですが…。

はじめまして。ビンテージYAMAHAの魅力に取り憑かれていたのーちと申します。
長文になりますが、私の経験からわかる範囲でお答えいたします。


まずボディスタイルですが、大きく分けて、腰のくびれた小振りのボディの「フォーク」と、通常のドレッドノートサイズに近い「ウェスタン」に分かれます。
> 全体的に小ぶりで
とのご希望ならば、「フォーク」サイズが適当だと思います。

発売時期のボディ内のラベルの色によって、初期型から順に
(ライトグリーン)赤→グリーン→黒→オレンジ→ベージュ→アイボ...続きを読む

QYAMAHAのギターって特徴がない?

アコースティックギターをやりたいなと思いギターショックに行ったとき、店員の人にいろいろ聞いたのですが、ヤマハのアコギは音に特徴がないからやめた方が良いと言われました。10万円くらいするギターだったと思います。国産のギターを買うなら、Yairi,Takamine,Ariaあたりを買えば間違いないと言われました。天下のヤマハなのに、特徴ないの?と思ったのですが、本当にそうなんでしょうか?私には音を聞き分ける力も演奏する力もないので、そういうものなんだと思ってしまいました。ちなみにその人は若そうでバイト君な感じがしました。

Aベストアンサー

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。

また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。
これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。
ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。

また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。

それと、録音の時などは、「一番良い音がするポイント」を探して選んでマイクを据えるのが常なんですが、ギブソンなどはポイントが凄いシビアで、マイクの位置が変わると音ががらりと変わるので、ギタリストの納得いく音にするのにめちゃくちや手間がかかるのですが(だいたいギブソン弾きは自分の音にメチャクチャうるさい傾向もあったりしますが(^^ゞ)、YAMAHAは良い音がするポイントが非常にワイドで、まぁハッキリ言ってセッティングはメチャクチャ楽です(爆)

そして、他の方も言われていましたが、ギターと他の楽器のアンサンブルでは、ある程度の腕前の人が弾く限りは、「他の楽器の音を殺すことなく、自分の音が埋もれる事もなく、さりとて極端に主張の強い音を出すでもなく」…という、有る意味『非常に優等生的な音』で鳴りますね。
これも、PA屋にとっては非常にありがたい音です(^^ゞ

なので、大抵のPA屋は、プレイヤーのギターがYAMAHAだったらホッとします(^^ゞ

今まで述べてきた意味で、『アクの無い音』というのが特徴…ということは言えるかもしれません。

あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く
「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」
なんてことを言っていました。
なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。

YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが…

ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普...続きを読む

Qマーチンのペグに交換するのって??

長く放置していた古い「Cat' Eyes CE-500CF」というアコギですが、
久々に引っぱり出すと、ペグのメッキ部分が錆のように白くまだらになってみすぼらしくなっていました。

新しいペグに交換しようかと思っているのですが、このギター、当時はマーチンのD-28のコピーとして売り出されていた物なので、GOTOH製のマーチンのロゴの入った物にしようかと思ったりしてるのですが、
日本の安いギターにマーチンロゴ入りパーツって、もしかしたら恥ずかしいですか?

ギター通のみなさん、いかがでしょう??

Aベストアンサー

こんにちは。

MARTINロゴのペグを付けても、ヘッドにCat's Eyesのロゴが
あるので意味はない…というか、何をしてもキャッツ・アイは
キャッツ・アイです。

キャッツ・アイのギターはそれ自体とてもいいギターで、昔のもの
なので使われている木の材質も良く、弾き込めばこの価格でこの
鳴り?というほどよく鳴ってくれます。また同等のギターを今作ると
とてもそんな価格では作れません。

わざわざMARTINロゴのペグを付けて偽物に近づけるより、堂々と
キャッツ・アイのギターを主張しましょう。ゴトーのロゴなし、グロー
バータイプなり、80年代マーチンのようにシャーラータイプなりで
いいと思いますヨ。

ギター通なら間違いなくこっちです(^^)

QMorales(全音)について

Moralesというメーカーについて何か分かることがあれば、
何でも良いんで教えてもらえないでしょうか?
いつ頃のメーカーなのかとか、
どういう楽器が多かったとか、
今の価値とか教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

MF130が型番で703102というのがシリアル番号ですね。
1970年代に製作されたと思われます。当時の定価は13000円でした。ちなみにMorales MFシリーズは復活しているようですが、さすがに今の時代に定価13000円というのはありえないので、その当時の物と考えるのが妥当でしょう。見かけは新しくないですよね?先にも書きましたがギターの値段は状態や人気度によってかなり左右されますので価値は千差万別だと思います。もし程度が良いのであればマニアがいるかもしれませんね。と書いているうちにそのものが載っているカタログがありました。

参考URL:http://www.t-shiga.com/sub1-6-42.htm

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QアコギのHeadwayのHCJ-50SがGibsonのJ-45以上との評価されることが有る程というのは本当?

HeadwayのHCJ-50Sというアコギについて教えてくださいませんか?
知りたいのは以下三つなんです。

[1] GibsonのJ-45以上との評価もされることが有る程というのは本当ですか?
[2] このブランドは「かの有名な国産最強ギター」と言われているのは本当でしょうか?
[3] 現在は生産終了しており、入手は非常に困難というのは本当でしょうか?

知ってる方いればアドバイスください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もう50近いベース弾きです。

私が知ってるのは、少なくともHCJ-50Sではない型番のものですが、質問者の[1]と同様の(引き合いに出されたギターは別のでしたが)評価の声が高く、[2]を言う人も確かにいてた型式はありました。真偽のほどはともかくも。

ただ、このメーカーは確か1度倒産?したはずなんですが、その少し前に作成されたギターで、異様に良材質かつ良仕上げで当然良音のロットがあった・・・とは、長いアマバン生活で見聞きした限りでは、結構真実味があります。実際、あるプロから「これがそのギターだ」と演奏を聴かせて貰って、「はぁ~なるほど」と思ったことはあります。私の耳が確かなら・・・ですが。

また、このメーカーの「その(幻の?)ロットのギター」と言われるものが、かなりの高値で取引されてる市場はありますね。信憑性はわかりませんが。
絶対数が少ないのとコレクターアイテム化しているのは事実のようで、一般中古市場では滅多にお目にかかれないようです。
「生産終了」→「入手困難」の伝説は、そのような事情に由来するのでは?

ちなみに、友人がその幻のロットものと言われるギターを1本所持していますが、真偽のほどはともかくも、確かになかなか見事な音はします。型式は、HC-35だったと思いますが。

もう50近いベース弾きです。

私が知ってるのは、少なくともHCJ-50Sではない型番のものですが、質問者の[1]と同様の(引き合いに出されたギターは別のでしたが)評価の声が高く、[2]を言う人も確かにいてた型式はありました。真偽のほどはともかくも。

ただ、このメーカーは確か1度倒産?したはずなんですが、その少し前に作成されたギターで、異様に良材質かつ良仕上げで当然良音のロットがあった・・・とは、長いアマバン生活で見聞きした限りでは、結構真実味があります。実際、あるプロから「これがそ...続きを読む

QS.YAIRIの値段について

S.YAIRIのギターを、ネットで購入しようと思うのですが、定価が10万円以上なのに、5万円以下というかなりの安価で売っているのですが・・・。
なぜこんなにも安いのでしょうか? K.YAIRIとくらべて品質が低いという噂も聞きますが、関係しているのでしょうか? 説明できる方、よろしくお願いします。

http://store.yahoo.co.jp/gakki83/3-yoe28.html
こちらがそのサイトです。

Aベストアンサー

YAIRIギターは1950年代後半に、矢入貞夫氏が手工クラシックギターのメーカーとして工場を興し、同工場の職人であった甥の一男氏とともに、良質のギターを世に送り出していた。1960年代後半に貞夫氏は、マーチンD-28を徹底的に研究した末これのコピーを世に出し、当時のYAIRIはもっともマーチンに近い音を出す国産ギターと言われた。特に高音の伸びはマーチンを凌ぐとも評価された。1970年ころに意見の違いから、貞夫氏と一男氏はたもとを分かち、各々S.YAIRI、K.YAIRIというブランドで製作に当たった。K.YAIRIは、S.YAIRI以上に高音に輝きがあると賞賛された。一方、S.YAIRIは経営不振に陥り、モーリスブランドを持つモリダイラ楽器に買収された。その後S.YAIRIは韓国の某メーカーにそのブランドが売却され、その後消滅したと言われる。現在のS.YAIRIは、貞夫氏の実子の貢氏があらたに興したものだが、貢氏は職人というよりもビジネスの人で、生産は中国や日本の他メーカーにOEM生産させ、S.YAIRIのブランドだけを冠して販売している。K.YAIRIは昔の血統のままにギター製作を続けている。(以上某老舗楽器店役員談)
この話によれば、だいたい両YAIRIブランド製品の品質や価値は想像できると思いますが、私個人は、同価格帯の最近の楽器を弾き比べたことはありません。「矢入貞夫」ブランドの1970年代のクラシックギターは永く持っていましたが良い楽器でした。1970年前後のD-28コピーのS.YAIRIを中古で見つけたら、状態によっては購入の検討をしても良いでしょう。
紹介サイトの楽器は材を見る限り、かなり良いものです。10万円ならともかく4万円台ならお買い得と見るべきですが、楽器は一台一台弾いてみないと判りませんので判断のしようがありません

YAIRIギターは1950年代後半に、矢入貞夫氏が手工クラシックギターのメーカーとして工場を興し、同工場の職人であった甥の一男氏とともに、良質のギターを世に送り出していた。1960年代後半に貞夫氏は、マーチンD-28を徹底的に研究した末これのコピーを世に出し、当時のYAIRIはもっともマーチンに近い音を出す国産ギターと言われた。特に高音の伸びはマーチンを凌ぐとも評価された。1970年ころに意見の違いから、貞夫氏と一男氏はたもとを分かち、各々S.YAIRI、K.YAIRIというブランドで製作に当たった。K.YAIRIは、...続きを読む

QYAMAHAフォークギター、FG301Bについて

YAMAHAフォークギター、FG301Bについてご存じありませんか?
もう、10年くらい前に楽器屋でもない、がらくた屋みたいなところで1万円で買ったギターです。
特に問題もないし、腕前もヘタクソなんで、買い替える気はありません。というより、愛着もっています。

それで、このギターについて、製造年、どれくらいのレベル用(入門モデル!?)なのか、材質(よくカタログに載っているスペックなど)、コードストローク向きなのかアルペジオとかに向いてるのかなどなど、知っていることあれば、教えてください。

単にFG301Bで検索すると、オークションなどに出品されているものや、個人の日記の本文にちょこっと出てくるのですが、上記のような情報はどうも得られません。

些細なことでもかまわないのでお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。ヤマハのFGシリーズは、他の方が書いておられるように、入門モデルです。発売は25年くらい前になると思います。FG301なので、おそらく、当時の定価は3万円です。ヤマハのそのころのシリーズで上級モデルはLシリーズがありました。Lシリーズは確かL4からありましたから、これが4万円だったので、お持ちのFG301BはFGシリーズの1番上か2番目のものでしょう。
 入門モデルといっても当時のヤマハの使っていた材質はいいものだと思います。このFGシリーズも数年たって、値段が変わらなかったのですが、材質が少しずつ落ちてきました。あなたが持っておられるFG301Bは、ネックの横にバインディングというのか、白いラインがあると思います。これが後年なくなりました。ヘッドのところも同じようになくなりました。また、マシンヘッドも、微調整ができるビスつきのものだと思うのですが、これもなくなりました。それと、フレットのインレイというのかな、それも変わってしまって安っぽくなりました。材質や作業手間を落として定価は同じにしていたのではないでしょうか。
 当時のヤマハFGシリーズは、これも他の方が書いておられましたが、弦高がたかく、少し初心者には押さえにくい印象でした。でもそのころ同じように廉価版で人気のあった、モーリスのギターよりはネックの幅が狭く、これは逆に初心者には握りやすかったかもしれません。
 これは私のかってな推測も入っていますので、まちがってたらごめんなさい。ただ、入門モデルでも、お持ちのFG301Bは、いい材質のころのものだと思いますので、是非大事にしてあげてください。でも材質なんて関係ないですね。自分にとって愛着のある楽器って値段じゃないですものね。それにしっかり引き込むと、だんだんいい音が鳴ってきますよ。
 お答えになってなければ、すみませんでした。

 こんにちは。ヤマハのFGシリーズは、他の方が書いておられるように、入門モデルです。発売は25年くらい前になると思います。FG301なので、おそらく、当時の定価は3万円です。ヤマハのそのころのシリーズで上級モデルはLシリーズがありました。Lシリーズは確かL4からありましたから、これが4万円だったので、お持ちのFG301BはFGシリーズの1番上か2番目のものでしょう。
 入門モデルといっても当時のヤマハの使っていた材質はいいものだと思います。このFGシリーズも数年たって、値...続きを読む


人気Q&Aランキング