プロが教えるわが家の防犯対策術!

全音楽器、ロジェのギターなんですが…

表板が蝦夷松の単板

サイド&バックサイドがインディアンローズウッド

バックセンターがハカランダ

で、1970年くらいに製造されたウエスタンタイプの大きめギターです。


ここで質問なんですが、みなさんならこのギターになんのどの弦を張りますか?
(¢このメーカーのこれの太さがこれ£って感じで書いていただければ…)

これだけではわからないという意見もあるかとは思いますが。

使用する方面としては、一般的な路上ライブで使う感じとしときます。

アルペジオもストロークもあるし、ブルースもJ-POPもあるって感じです。

自分としてはジョンピアースのブロンズかなって思ってます。
これに対する肯定論でもかまいません。

ご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>また、弾き込んだものなら細いのも使えたらしい!なんて情報も見つかったらよろしくお願いします。



弾きこまれていれば、鳴る可能性は大いに有りますので、試してみると良いと思います。

RFとかRWの英文字の記号なしのNo5(五号)なら、ロジェシリーズの初期に頂点にあったものだったと思いますが、非常に数は少ないと思います。その後RW-500という品番に整理されたと思いますが、お手元のギターの表面板は単板でしょうか?3万円以下は合板(ベニア)でした。表面板が単板なら良い楽器といえると思います。
大量に出回っていたのはRF-170~200という品番のもので、これはあまり感心できないギターでした。ロジェシリーズにはRW-1500という定価15万円のもあったと思いますが、看板みたいなもので、あまり売れませんでした。RW-400、RW-500あたりの楽器は、結構良い楽器でした。
当時は、Kヤイリというブランドはなくて、ヤイリはSヤイリブランドだけでした。その後、SとKの二つに分かれます。80年代であればKヤイリのアコギは存在していて、5万円から買えました。
70年代当時、ヤイリは手工クラシックギターのメーカーとして著名で、フォークやウエスタンギターも高かったです。最低でも5~6万円から8万円、高いものは数十万円というのもあったので、国産では最高クラスでした。

>自分としてはKヤイリぐらいの位置付けかな?って気もしてるんですが…
おっしゃるとおりです。70年~80年代のフォークブームのときには、ヤマハ、モーリスあたりとともに、中級者向け売れ筋の価格帯(4~6万円)で品質を競い合っていたと思います。
    • good
    • 0

「ロジェ」


懐かしいですね。
このギターは、ライトゲージではまったく鳴らないと思います。
弾き込まれた場合はわからないのですが、だいたいは太い目の弦でないと鳴らないと思います。
マーチンSPの92/8フォスファーブロンズ弦がよいと思うのですが、ジョンピアーズなら、700Mという品番ならOKと思います。

このブランドは、当時日本の楽譜の98%のシェアを誇っていた「全音楽譜出版社」が、楽器部門にも進出しようとして、諏訪のギター工場で作ったものです。
「ロジェ」というのは、当時の社長の名前が、島田栄次郎であったため、栄次郎の名前を逆に読んでブランドとしたのです。石橋社長がブリジストンと社名を決めたり、鳥居社長がサントリーとしたのと同じ路線です。ところが、このブランドは短命で、すでにロジェというブランドを持っていた雑貨のメーカーさんからクレームが入り、そのが、「ライアーバード」というブランドに代わりました。
ロジェブランドのギターは、使用材料がごつくて重いです。表面版も厚い目で塗装も厚く塗られています。ニス塗りのものは、黄変は少ないものの塗装表面のヒビ割れが多く、大半はウレタンの厚塗りになりました。ヒビ割れはなくなったものの、かなり黄変が激しく、多分お手元の楽器も相当に黄色くなっていると思います。
表面版が厚いので、ライトゲージでは鳴らず、当時からヘビー目の弦を張って出荷していました。
(関係者)

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ただ、自分としてはフォスファーよりブロンズ派なので、ジョンピアースのブロンズが使えないかなってのが残念です。

ただ、いままでどう使われてきて、細めの弦でも鳴ってくれると非常にありがたい気もします。

引き続きこんなのはどう?っていうのがあればよろしくお願いします。

また、弾き込んだものなら細いのも使えたらしい!なんて情報も見つかったらよろしくお願いします。


ちなみに、回答者様はロジェのギター(No.5なので当時一番高かったものですかね…)はいまのギターブランドでいうとどんぐらいの位置付けだと思いますか?
また、一概には言えないと思うんですが、いいギターだと思いますか?

自分としてはKヤイリぐらいの位置付けかな?って気もしてるんですが…

お暇でしたら追記していただけるとうれしいです。

補足日時:2010/03/09 03:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分のギターは「5」だけ刻印されているので、そのNo.5で間違いないかなっておもってます。

それで今日、エクストラライトに変えてみたんですが…激鳴りでした。

太いのと比べたらそれは劣りますが、自分としては満足です。

いろいろ多面的に意見していただいてありがとうございました!

お礼日時:2010/03/17 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMorales(全音)について

Moralesというメーカーについて何か分かることがあれば、
何でも良いんで教えてもらえないでしょうか?
いつ頃のメーカーなのかとか、
どういう楽器が多かったとか、
今の価値とか教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

MF130が型番で703102というのがシリアル番号ですね。
1970年代に製作されたと思われます。当時の定価は13000円でした。ちなみにMorales MFシリーズは復活しているようですが、さすがに今の時代に定価13000円というのはありえないので、その当時の物と考えるのが妥当でしょう。見かけは新しくないですよね?先にも書きましたがギターの値段は状態や人気度によってかなり左右されますので価値は千差万別だと思います。もし程度が良いのであればマニアがいるかもしれませんね。と書いているうちにそのものが載っているカタログがありました。

参考URL:http://www.t-shiga.com/sub1-6-42.htm

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

QギターメーカーBARCLAYって?

今度、新しいアコギを買おうと思っているのですが、
お金もあまり無いためBARCLAYというメーカーのギターを買おうかと思ってます。
あまり聞いたことの無いメーカーなのでどのくらいのメーカーか教えてください。

Aベストアンサー

最近はいろんなメーカーが安い楽器を出してます。
ほとんどが中国韓国台湾などで生産されて
\10000-を切る価格で販売されてます。

同社も同様で初めて買う練習用にはお勧めかもしれません。
どうしても上手くなると高級ギターが欲しくなります。
最初から無理して高いギターを買っても
弾けずに投げてしまう方も居ますから
良く考えて購入してください。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QTakamineのギター「TD-32」の仕様などを教えてください

最近、彼女が昔(10年以上前?)挫折し部屋に放置していた、アコースティックギターをもらいました。takamineのギターで「TD-32」とギター内にモデル名が書いてあります。
このギターの仕様やいつ頃発売されたものか当時いくらぐらいの値段だったのか、Takamineのギターの中ではどのようなランクのギターか調べましたがあまり分かりませんでした。
(ボディがスプルース&マホガニー、Neck:マホガニー、指板:ローズウッドと、どこかの個人サイトには書いてありましたが真偽やこれ以上の情報は分かりませんでした。)

あと、ヘッドは
Takamine&Co
est.1962
となっています。

いい感じで音がでて気に入ってるギターなのでぜひ詳しいことを知りたいので、ぜひ詳しいことをご存知の方おしえてください。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な回答を求めたいなら、タカミネに直接質問してみたほうがいいですよ。自社の機種なら必ずデータが残っています。

そのヘッドのロゴから推測すると20年以上は前のモデルで、マーチンのコピーモデルをいろいろ作り、メーカーの独自性が現れていないようなころなので、このモデルについてこの掲示板で質問しても、それを見たことがある人がほとんどいないはずです。
TD-32という型番は、TがTakamine、Dがドレッドノート、32が定価を表していると思います。32が定価を表しているのであれば、32000円か320000円です。指板がローズウッドなので32000円でしょうね。

タカミネのホームページを調べてみましたがメールアドレスの記載がありませんでした。電話番号はあったので電話してみると解決するでしょう。

QPearlギターの事で

すみません オークションにも 出ていないし コンピューターの方に質問していましたので、ココですね、 宜しくお願いします。
34年前位の Pearlギター(フォクギター)何ですけど 今だと オークションで相場は いくら位なのか? 解りませんか?会社は ドラムなど作ってる所です。あと フォークギター・ハードケースは ヤマハなんですけど。同時に買った物です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いくらいくらが相場という指標はないと考えて下さい。
30年以上前の国産アコギですから、一般的には実働品が数千円(高くて1万円未満)で取引されているのが現状です。実際の価格については個体によって大きく差があるので500円だったり5000円だったりします。

ただ、パールギターを製造しいてた林楽器には、ヘッドウエイ設立前に百瀬氏が従事していたこともあり、百瀬氏のサインが入った表単板で、非常にコンディションの良い個体ならば、マニアによってそこそこの値段が付く可能性はゼロではありません。(といっても数万円の世界ですが)

なんにしても、上記のようなことを知らない方が売り買いするにあたっては、単なるガラクタと思ってもらって結構です。またケースには値段は付きません。
まあ弾きやすくて練習用にというのなら問題はないでしょう。

QFresherというギターメーカーについて

私の知人からFresherというメーカーのギターを買わないか?とお誘いを受けてるのですが、聞いたことが無いメーカーなのでお知恵を拝借お願いします。

20年くらい昔のレスポールタイプのエレキギターで、
当時、5~6万したと言ってました。
今は手元にあるのですが型番はわかりません…。
(どこに書いてあるかわからない…)
それで今回1万円くらいでどう?って話をされたのですが、正直わけわからんものじゃないのかぁ?と思ってたりします。
まぁ、ギターなんてピンキリですが知人の話が全て本当だとして、このギターに価値はありますか?
1万でだったら得ですか?損ですか?
教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

70年代の国産ギターですね。今はもう無いメーカーです。当時はローコストでハイクオリティー?という感じで売り出していたようです。
しかし一言でいうと初心者向けのギターですね。
安いギターを多く作っていたようですが、適度に高品質な物も有ったようです。

ネックはデタッチャブル(4本ネジ止め)ですか?
ボディは空洞でしょうか?
だとしたら音は期待できないでしょう。安いモデルと思われますのでオススメしません。1万の価値もないように思います。

ネックがセットネック(ネジ止めではない)になっているモデルの方が造りが良いようですよ。音もメチャクチャ安っぽいわけではないようです。当時5~6万だったというのであれば恐らくセットネックなのでは?
収集している人やマニアはいるようです(B級ギター好きな)
はっきりした相場はわかりませんが、某有名ネットオークションでは1万~2万ぐらいで出品されているようですね。

しかし1万あれば某オークションでもっと高品質な国産有名メーカーのギターは充分落とせると思いますよ。

Qアコースティックギター『インペリアル古賀(IMPERIAL KOGA)』について

先日、『IMPERIAL KOGA』と言うアコースティックギターをオークションで落札しました。トップの縁取りにインレイが有るのは珍しくありませんが、バックの縁取りにまでインレイで飾られていて、それが気に入って落札する事にしました。届いたギターは、期待通りの綺麗なギターでした。弦は錆び付いていたので、エリクサーのエクストラライトゲージに張り替えたところ、かなり良い音で鳴ってくれました。そこで、このギターに興味が湧いてきて、ネットで調べてみたところ、作曲家『古賀政男先生』が関わってそうな事が分かりました。また、オークション情報も1件だけヒットし、そのギターはバックが3ピースで、3ピースの各境界線までインレイで飾られていました(私のは2ピースで、境界線にインレイはありません)。インターネットで調べる事が出来た情報は以上です。私のはラベルが貼られておらず、型式すら分かりません。

そこで、『IMPERIAL KOGA』ギターについて、何かご存じの方がいらっしゃったら、何でも良いので教えて頂けないでしょうか?
『製造された年代』『当時の価格帯』『バリエーション』『古賀政男がどのように関わったのか』『ギターの仕様(オール単板とか...)』『どんな人が使っていたか』等々...

以上、宜しくお願いいたします。

先日、『IMPERIAL KOGA』と言うアコースティックギターをオークションで落札しました。トップの縁取りにインレイが有るのは珍しくありませんが、バックの縁取りにまでインレイで飾られていて、それが気に入って落札する事にしました。届いたギターは、期待通りの綺麗なギターでした。弦は錆び付いていたので、エリクサーのエクストラライトゲージに張り替えたところ、かなり良い音で鳴ってくれました。そこで、このギターに興味が湧いてきて、ネットで調べてみたところ、作曲家『古賀政男先生』が関...続きを読む

Aベストアンサー

オークションに出品されている古いギターを見るのが好きで、買う予定がなくても閲覧するのが日課になってます。

上位機種のNo500と400を見た事ありますよ。こちらは両方とも3ピースでした。

古賀政男ギターは他にもガットギターが同時期に発売されており、これらは全て70年代に発売されたと記憶しています。

当時の物価から考えて定価は型番の数字×100だと思います。

No500の材質ですが、
トップ:スプルース単板
サイド&バック:ローズウッド
ネック:マホガニー
となっているみたいです
<参考URL>
http://209.85.175.104/search?q=cache:pisoWgCVYWMJ:cgi.ebay.it/Vintage70s-MASAO-KOGA-Guitar-Solid-Top-No-500-RARE-MIJ_W0QQitemZ280185449620QQihZ018QQcategoryZ2385QQcmdZViewItem+folk%26western+guitar+masao+koga&hl=ja&ct=clnk&cd=1&client=opera

オークションに出品されている古いギターを見るのが好きで、買う予定がなくても閲覧するのが日課になってます。

上位機種のNo500と400を見た事ありますよ。こちらは両方とも3ピースでした。

古賀政男ギターは他にもガットギターが同時期に発売されており、これらは全て70年代に発売されたと記憶しています。

当時の物価から考えて定価は型番の数字×100だと思います。

No500の材質ですが、
トップ:スプルース単板
サイド&バック:ローズウッド
ネック:マホガニー
となっているみたいです
<...続きを読む

Q鈴木バイオリンのクラシックギター

先日、知り合いの方が「使わないから」と古いクラシックギターを下さいました。
楽器店で見てもらい、弦高ありとのことでしたが、とりあえず磨きと弦交換のみ頼んで、ギターが戻ってきたところです。
中を見ると、「SUZUKI」の大きな文字があり、楽器店の話では、現在は製造されていない鈴木バイオリン社のクラシックギターとの事で、当時いくらの値段で売っていたかは分からないと言われました。
ギターを下さった知り合いの方は、ギターを使用していた当時は小学生だったそうで(40年前位)、買ってもらったギターの値段は知らないようでした。
弦を避けて写真を撮ってみたのですが…ラベルの下の方に「No.38」とあるのですが、38000円の意味ではないのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「鈴木バイオリン製造株式会社」のサイトを見てみました。
http://www.suzukiviolin.co.jp/products.html

製品情報として「過去の商品 品番・価格表(エクセルデータ)」があります。

それには、

No.38 1970-1971 12,000

と出ています。

当時の定価は 12,000円のようですが、念のため、ご自分でお確かめください。

Q現在のYAMAHAのFGシリーズの評価について

僕は、ストリートライブをやっている者です。
皆さんに、聞きたいことがあります。

現在のYAMAHAのFGシリーズの評価、特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

今、僕はこのギターを使って、地下道とメインにストリートライブをやってるんですが、ストリート仲間の尊敬している人とかに、そのギターと俺のギターと交換しようって、言われるほど、YAMAHAのFGシリーズって名器なんですか?

後、個人的なんですが、YAMAHAのFGシリーズの『FG-130』なんですが、はっきり言って、地下道で弾くとバカ鳴りします。声の方が負けます。

このギターの入手の経緯と現在の状態を説明します。
このギターは母親が当時高3くらいの時に購入したそうです(現在48歳)
今の状態なんですが、微妙にネック反りがあって、僕が子供の頃にイタズラして、ボディーやヘッドとかにイタズラ描きやひっかき傷があります。(現在、反省中)
僕が中3の時に、母親から何も言われないまま、ギターを貸しとくだけという
条件で、現在まで使っています。(現在、20歳)
その時の状態は、ほこりは被り放題だし、ネックも今よりも反っていました。
ギターを磨いたり、楽器屋さんに行って教えてもらいながら、今の状態にしました。

後、ラベルなんですが、日に焼けていて分かりませんが、サウンドホールの周りに、オレンジ色の円ぽいのがあったような、ヘッドに音叉ぽいのがあったような気がします。

情報少ないですが、よろしくおねがいします。

僕は、ストリートライブをやっている者です。
皆さんに、聞きたいことがあります。

現在のYAMAHAのFGシリーズの評価、特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

今、僕はこのギターを使って、地下道とメインにストリートライブをやってるんですが、ストリート仲間の尊敬している人とかに、そのギターと俺のギターと交換しようって、言われるほど、YAMAHAのFGシリーズって名器なんですか?

後、個人的なんですが、YAMAHAのFGシリーズの『FG-130』なんですが、はっきり...続きを読む

Aベストアンサー

 前回のFGにまつわる御質問でも回答しました、loftybridgeです。

>特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

 130特定の評判は判りませんが、FGはバカ鳴りとちょっと特殊なトレブリートーンで、今や伝説にさえなっているギターです。

 とりあえず御参考までに、まずはコレ↓

http://www.t-shiga.com/sub1-3-12.htm

 FGの殆ど全ての機種が網羅されています。斯様なページが作られている事自体、現在のFGの人気が判ろぅとゆぅモノ。

 更にコレ↓FG使用のプロが網羅されています。

http://homepage1.nifty.com/INTEGRA/model_who.htm

 さて、前回の回答でもちょっと打ちましたが・・・・

>僕が子供の頃にイタズラして、ボディーやヘッドとかにイタズラ描きやひっかき
>傷があります。

 それは、貴殿にとって、既におカネで買えない付加価値があるワケです。母上から受け継がれた上に、幼少の頃のキズがあるなど、存在が既にブルースですね~。

>もし、結婚して自分の子供がギターやりたいって言ったら、
>ギターをやろうと思っています。

 幸いにして(?)クルマが買えるほど高価なギターとゆぅワケではありませんし、それにギターはガンガン弾くほどトーンが変わっていきます。
 既にストリートでガンガン弾かれている様子。貴殿のお子様が弾かれる頃には、空前絶後のオールドギターとなっていることでしょう。

 是非今後も大切に、しかし演奏だけは遠慮せずにガンガン行きましょう!それこそ『バカ鳴りFG』に相応しい環境と言えるでしょう。

 前回のFGにまつわる御質問でも回答しました、loftybridgeです。

>特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

 130特定の評判は判りませんが、FGはバカ鳴りとちょっと特殊なトレブリートーンで、今や伝説にさえなっているギターです。

 とりあえず御参考までに、まずはコレ↓

http://www.t-shiga.com/sub1-3-12.htm

 FGの殆ど全ての機種が網羅されています。斯様なページが作られている事自体、現在のFGの人気が判ろぅとゆぅモノ。

 更にコレ↓FG使用のプロが網羅されています。

ht...続きを読む


人気Q&Aランキング