プロが教えるわが家の防犯対策術!

フィギュアスケート・全日本選手権が終りましたが

優勝した浅田真央のコーチはどう見ても元スケーターとは
思えません。

そこでお聞きします。

フィギュアスケートのコーチはスケートの経験が無くてもなれるのですか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですね・・・。

私今スケートを習ってるんですけど・・・
浅田真央ちゃんを教えてる先生は実際オリンピックや全国で優勝しています。
なのでコーチになるには
級とゆうのが必要です。
最初からいうと、無級(級がない初心者)初級(やっとスケートに慣れてきたかな)1級2級3級4級5級6級7級8級まであります。

私は6級です・・・。

8級からは先生とし教えられます!。

なので真央ちゃんを教えている先生は8級です。

なので誰でもなれるとはかぎりません。
    • good
    • 1

フィギュアスケートのコーチになるのに資格が要る、とは聞いたことがありませんが、フィギュアスケートの選手ではなかった人がコーチになったという話も聞いたことがありません。

フィギュアスケートを長年取材し、様々なところで執筆されている田村明子さんという方は、自著のなかで「レベルの差こそあれ、コーチは全員元選手である」と書かれています。
タラソワ先生は今ではもう氷の上に立つことはできませんが、元ペアスケーターです。それほど有力な人ではありませんでしたが。名選手が名コーチになるわけではなく、むしろあまり有名ではなかった選手のほうが素晴らしいコーチになる例が多いのは確かなようです。
ちなみにジャッジには資格が要りますが、実は選手経験は必ずしも必要ではないんですよね。まあ大抵は元選手ですが。
脱線多くてすみませんでした。
    • good
    • 0

コーチの資格については判りませんが、


浅田選手のコーチ、タラソワさんについては元フィギュアスケートの選手だったようですよ。

参考:Wikipediaより『タチアナ・タラソワ』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%81% …

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2008/12/28 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィギュアスケートのアイスショーのギャラ

浅田真央や高橋大輔はアマチュアだと思いますが、荒川静香のようなプロの選手と一緒にアイスショーに出演しています。金儲けでやっているアイスショーに浅田真央や高橋大輔はノー・ギャラで出演しているのでしょうか?

Aベストアンサー

フィギュアスケートは現在、アマチュアという言い方をせず、エリジブルと表現しています。エリジブルはISUが主催する競技に出場できる資格のある人、という位置付けになっています。いったんプロになっても八ヶ月おいてエリジブルに復帰することが可能で復帰は一度だけ認められています。
なのでもし荒川静香プロがバンクーバー五輪出場を目指すことになり、全日本選手権で規定順位に入れば出場は可能です。テニスの伊達公子選手のように復帰があってもおかしくないほど、いまだに高度な技、圧倒的な滑りののうまさ、そして表現力を持っていますから復帰してくれたら、という思いはファンの中でもまだ根強いようです。

さて、エリジブルであっても金銭的謝礼を得てショーに出場することは可能です。ただしそれだけにならないよう、ISUの競技に出ることが義務付けられており、特にランキング上位の選手への「縛り」はISUの規定で明文化されています。またISU主催のショーも優先的に出場しなければならない等
いろいろ決められています。ISU主催のショーに出場すれば当然出演料は支払われます。民間のショーで収入を得ることも許可されています。

かつて五輪金メダリスト、特に女子シングルの選手が若くしてプロに転向し、荒稼ぎをする傾向が続きました。ISU会長はこれを阻止するためいろいろ画策してきました。またIOCのような金満組織に変質したISUに反抗してプロ選手が主体で新しい団体を立ち上げたときも、ISU主催の試合(世界選手権、グランプリシリーズ等)に出場できないと規定し、その組織を力でつぶしました。ようは「ISUを一番に考えなさい」ということでしょうね。

裏が取れていないのであれですが、Dreams on ICEというアイスショーは「日本人選手の壮行会」という名目で実施されており、ジュニアやノービスの選手だと「出演料」は交通費ていどだそうです。
昨年の中野友加里さんで5万円という噂を聞いたことがあります。
逆にロシアの五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコさんなどを「特別招待」としてよぶと数百万かかるとか(一説によると300万円)。
DOIは日本スケート連盟公認のショーで出場することが名誉、みたいな位置づけになっているのとCICという会社が元スケ連の関係者の立ち上げた興行会社であるため人気選手はコネでどうしても出場しないといけない、みたいな噂も聞いたことがあります。

グランプリシリーズも選手がプロに転向せず生活していけるよう賞金を出し、各国をまわることでフィギュアスケートの裾野を広げるのが目的でした。しかし巨額のテレビ放映料を上納していたアメリカ、ヨーロッパで人気にかげりが見え、賞金もこれまでの半分ていどまで下げられており、質問者さんがおっしゃる通り、金銭的なみかえりの非常に少ない競技になっています。

浅田選手はスポンサーが何社もつき、優勝賞金も入りますし表彰による経済的支援もありますが、これほど賞金の少ない試合にもかかわらず、1日数時間以上氷に乗って練習し、学業もほぼ犠牲にしている現状、選手たちがもっと報われてほしいと私は願っています。

フィギュアスケートは現在、アマチュアという言い方をせず、エリジブルと表現しています。エリジブルはISUが主催する競技に出場できる資格のある人、という位置付けになっています。いったんプロになっても八ヶ月おいてエリジブルに復帰することが可能で復帰は一度だけ認められています。
なのでもし荒川静香プロがバンクーバー五輪出場を目指すことになり、全日本選手権で規定順位に入れば出場は可能です。テニスの伊達公子選手のように復帰があってもおかしくないほど、いまだに高度な技、圧倒的な滑りののうま...続きを読む


人気Q&Aランキング