『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

2月7日より、ドイツ・ロマンチック街道、スイスアルプス、パリへ旅行に出かけます。ヨーロッパはオフシーズンで安いということ、夫と私の休暇がやっと取れたということで寒い時期ですが、添乗員付きのツアー参加を決めました。結婚して1年半が経って念願の新婚旅行なので、
手落ちや後悔がないように臨みたいです。
スイスアルプスは夏でも寒いくらいと聞いていたので、極寒も覚悟しています。保温性の高い下着やシャツ、セーター、ダウンジャケットはもちろん持って行くつもりでいます。問題は靴です。路面が凍って滑りやすいと思いますが、トレッキングブーツのような靴は必要でしょうか?パリ散策は2日間(観光で1日、フリーで1日)あり、パリでトレッキングシューズは重いし不恰好なので、スニーカーで参加したいところですが、靴は各々一足にとどめたいところです。2月、もしくは寒い時期に同じようなツアーに参加された方、どのようにされたか、アドバイスをお願いします!
もちろん服装やこれは持って行った方が良いというアドバイスもあればお待ちしております!ちなみに夫は風邪を引きやすい体質なので、寒さに堪えられる様な裏技などがございましたらご伝授願います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


新婚旅行楽しみですね。
添乗員をしておりますので少しはお役に立てるかと思い、お答えさせていただきます。

まずはスイスの山ですが、このコースだとユングフラウでしょうか。
冬は確かに寒いのですが、雪のある外を歩くことはそんない多くないと思うので、スニーカーで充分です。
ただ朝だと気温が低く、道や階段が凍結しているので歩き方にはお気をつけ下さい。

寒さ対策としては帽子は必需品です!
あとは顔が凍りそうになるので、マスクも結構あったかいです。
室内は暖房ががっちりきいているので、重ね着が有効です。

新婚旅行でいらっしゃるんなら、パリでちょっといいレストランででのお食事をお勧めします。
そういう意味では、オシャレ着と靴も必要ですね。

あと新婚さんはお土産に悩む方が多いみたいですね。
人からの頼まれ物を探していて、自分達のものは何も買えなかったり(笑)
そんな時間の使い方は、とてももったいない!
お菓子なんかの義理みやげは、おみやげ宅配で頼み
その他の物は「見かけたら買っとくね」くらいの言い方をしておいたほうがプレッシャーが小さいと思います。

なによりお二人の旅行を楽しまれてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございますm(__)m添乗員さんのアドバイス、大変参考になります。スニーカーでも大丈夫との事ですが、やはり路面には気をつけなければならないですね。 帽子は用意していましたが、マスクが必要とは!確かに日本のスキー場より寒いでしょうし、納得です。こちらは使い捨てタイプのものを持っていっても変ではないでしょうか?
パリでの食事はまだレストランを探していませんが、せっかくだから少しおしゃれして行くのもいいですね。だとするともう一足ずつ要りますね(^^;
お土産の件についてもアドバイスありがとうございます。自分たちのを優先して、義理も極力漏れがないように買って帰ろうと思います。

お礼日時:2009/01/14 21:39

ドイツ在住です。


この冬くらいから某ユニ●●で特殊繊維を利用した下着・インナーが
発売になっているようです。正確な名称は知りませんが、かなり
暖かいとのこと。素材がかなり薄いので二枚重ね着も可能という
ことで、便利ではないかと思います。あまりボコボコに着ぶくれせずに
済むということで、遊びに来た知り合いが大変喜んでいました。

冬の夜はコンサートやバレエ、オペラの季節です。パリでどのくらい時間が
取れる形になっているのか分かりませんが、クラシック系がお好きなら
かなり安く良い演奏が聴けます。プログラムは旅行会社に聞いておくのが
良いでしょう。旅行会社にチケットを手配してもらうことも可能ですが、
高くつくので、ダメモトで当日券狙いでも良いと思います。よほど有名な
オーケストラでなければ安い席でも十分に余裕はあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますm(__)mお礼が遅くなり申し訳ありません。
ユニ○○で発売されている下着はこの不況で低価格と言うこともあり、大人気ですね!昨日も関西某テレビ放送で取り上げられていました。私も名前は知っていましたが、実際手に取ることもなく、昨日慌てて!店舗に行きましたが、すでに品切れのようでした(^^;
某スポーツ用品を取り扱う、大手メーカーミ○ノの下着を持っていて、これも薄手ながら、保温としては高機能ですので、こちらを持って行こうと思います。
バレエ、オペラは日本では見たことがなく、私もかねがね興味を持っているので、ガイドブックで売り場をさがしておき、観覧してみたいと思います。芸術の都ですから、建物や美術館だけでなく、耳からも堪能したいですね!良いアドバイスありがとうございました(^O^)

お礼日時:2009/01/18 15:43

スイス在住です。


スニーカーで十分ですが靴底は滑りにくいタイプのものがお勧めです。
と言ってもツルツルじゃなければOK。後は歩き方気をつけてください。どーしても心配なら靴に取り付けるすべり止めバンドみたいなのが靴屋さんにおいてあります。かさばりませんのでそういうのでもいいかも。個人的に入らないと思いますが。
セントラルヒーティングが充実しているので室内は18度くらいに暖かくなっている場合が多いですから、調節できるような服装がいいですよ。
ババシャツ系の薄手の下着とかいいですね。男性用のもあると思います。
旦那様が寒がりということで男性用のタイツもお勧めです。
股引と言うよりはレギンスのようなものが日本でも売られています。
これをジーンズの下にはけばかなり暖かいですよ。

ちなみにお土産ですが、スイスは物価の高い国です。
空港やツアーで連れて行かれるお土産やさんは結構すると思います。
チョコレートやネスレのスープやソースの素などをお求めならCOOPやMIGROSなどのスーパーに行ってください。お土産用に数個まとまったものや箱に入ったものも売られていますし、土産店で買うより安いですよ。
これらは実は生協なのですが、一般人でも購入可能です。
空港にもありますので時間があれば寄ってみてください。

私の住んでいる町は平地ですが木も凍って樹氷になり、車は凍って真っ白です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。滑り止めもあるのですね!知りませんでした(^^;
重ね着が良さそうですね。そのぶんかさばりそうですが(笑)夫のタイツも明日探しに行ってみます。確かにジーンズだけでは寒いと思います。
そうですね、スイスは世界一物価が高いと聞いているので、連れて行かれるお店では極力買わず、生協で探します。何となく良心的なイメージですね、生協は。
寒いでしょうが、美しい場所にすんでいらっしゃるのでしょうね。羨ましいです^^

お礼日時:2009/01/16 12:34

観光地の位置関係を表した物です


スイス、ドイツ、フランス、今回行かれるところは網羅されています
寒さ対策は重ね着が一番
ホカロン、マフラー、手袋、水筒、ホテルで朝お茶を沸かして持って行くと良いですよ
靴はスニーカーで十分です

参考URL:http://maps.google.com/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&pta …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございますm(__)m水筒も持っていったほうが良さそうですね!軽めのものを探してみます!また地図もありがとうございました!

お礼日時:2009/01/16 12:29

スニーカーで十分です


雪の上で遊ぶことも可能なと転がるくらいです
ホカロン、重ね着、手袋、帽子、スリッパ(100円ショップマッサージスリッパ)
変圧器は今時不要が多い
充電器が複数あることを考え、万能差し込み機をたこ足配線をおすすめします。
あとはお店に入るときは必ずボンジュールと挨拶すること
レストランの予約は添乗員かjcbプラザに頼めばばっちりです

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~nettv/tc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答有難うございますm(__)mスリッパもあるとホテルでラクでしょうね。思いつきませんでした。充電器の件も参考にさせていただきます。ボンジュールの挨拶を忘れずに楽しんでまいります!

お礼日時:2009/01/14 21:42

補足をお願いします。



アルプスといってもどこの山に行かれるのですか?
同じような時期にユングフラウヨッホに行きました。
鉄道で行きましたので、普通のスニーカーで問題ありませんでした。
途中グリンデルワルトでお散歩をしましたが、雪がなかったので普通のスニーカーでした。
モンブランに行った時は、ロープウエイで頂上まで行ったのでこれまた普通のスニーカーでした。

どこの山でどのように過ごすかによって回答が変わるかと思われます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。補足です。インターラーケン発→ラウターブルンネン→<登山電車>→ユングフラウヨッホ→<登山電車>→ベルン→ジュネーブ、という行程のようです。地理的に疎く、実はどこまでスイスアルプスなのかが分かりませんが(^^;
旅行会社の説明では下記のような説明がさらにありました。
「ラウターブルンネンにて両側に切り立った断崖が迫るスイスならではのU字形渓谷の景観を見学、登山電車を乗り継いで標高3454mのユングフラウヨッホの頂上駅へ。展望台からは、アイガー、メンヒ、ユングフラウの3山と長大な≪世界遺産≫アレッチ氷河などの素晴らしいパノラマをご覧いただけます」

補足日時:2009/01/13 23:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございますm(__)m

お礼日時:2009/01/14 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング