gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

7月にドイツ、スイス、フランスのツアー旅行に参加します。
そこで経験者の方にお聞きしたいのですが、服装や持ち物はどんな感じでしたか?
スイスでは少しハイキングがあるのでスニーカーは必要だと思っているのですが、他の町ではどのような靴が良いのか迷っています。
スニーカー一足(おしゃれスニーカーではなくランニングシューズ)だと当然服装もジーンズとTシャツなど、上着はパーカーやネルシャツなどのスポーティーな感じになってしまいそうなのですが、せっかくパリなどの町歩きをするのにちょっと雰囲気が出ない気がします。
日本の夏ではほとんどサンダルやミュールなのですが、ヨーロッパで素足では寒いのか、また歩きにくいのでしょうか?
あまり荷物も増やしたくないですし、今から買って慣れないのも嫌なので既存のものでと思っています。
スニーカーともう一足、
(1)後ろストラップの2WAYタイプの楽なサンダル(素足)
(2)かかと部分のないヒールのある靴(パンツをはくと前から革靴のようにみえるもので靴下は履ける。着脱は楽)
(3)ストラップのあるバレエシューズのようなローヒール(パンプス用の靴下?しかはけないためあまり歩くと痛くなる)
どれがましでしょうか?

帽子もあったほうが良いとされてますが、それは普通の綿のハットかニット帽のほうが良いか迷っています。(個人的には秋~春はニット帽をよくかぶっています)
また皆さんがどのような服装、靴、持ち物で行かれたかぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (7件)

こんにちは、何度かヨーロッパに行っているので一部体験談で。



夏のヨーロッパって意外に暑いですよ。9月に行った時でも半そででも暑い日がありましたから。特に今年のドイツは現地在住の友達によると既にかなり暑いとのことですので、寒さ対策は、念のためはおるものを用意しておけば良いかと思います。ただ、確かに雨や曇りの日に急に寒いということもありますので、月並みですが重ね着できて脱ぎきしやすい恰好がいいと思います。もちろん山間部などはこの限りではありませんので、心配ならネットなどで現地の平均気温か現在気温を確認なさるのを一つの方法かと思います。

帽子は日よけも兼ねて綿のハットが良いと思います。No1の方と意見が相反して申し訳ありませんが、日傘はやめた方がいいと思います。もちろん雨用の折りたたみの傘はあった方がいいと思うのですが、あちらでは日傘をさすのは一般的でないんじゃないかと・・・。一度ツアーで、イタリアに行った時、同じツアーの方が数人日傘をさしていて、他の国の人々に”なぜ、雨が降っていないのに?”と指をさされたり、実際質問もされましたから・・・。地域によって違ってたら申し訳ないですが、他の国に行った時にも見た記憶はありません。
ただ日差しが強いのは事実ですので、綿のハット、日焼け止め、サングラス、があればよいかと。

靴についてはこれは個人差が多いと思うのですが、アドバイスできるとすればヨーロッパの街は歩道がほとんど石畳だと思った方がいいということですね。どの靴が一番、長時間石畳を自分は歩きやすいか??それを考えてみると答えが出るかなと思います。
”これがいいです”と言いきれなくてすみません。

荷物はまあ、割と何でも買えちゃうので、雑貨的なものは最低限のものでいいと思います。服装はちょっとしたレストランで食事を・・・と考えているならば、しわにならないようなワンピースを一枚持っていくといいと思います。ヨーロッパだと着替えてディナーが普通なので。ドレスコードがあるところもありますから、すでに行きたいお店が決まっているなら、一応、確認しておいた方がいいと思います。(ツアーならあらかじめ決まっているんですかね?)

あまり回答になっていませんが、1か所でも参考になれば幸いです。
良い旅行になるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
帰国後振り返ってみてもとても的を得たアドバイスであったと思います。
日傘に関してはハットorストールで代用できました。(ツアーだと時間がない上写真を撮るときなどに邪魔と言う理由も)

お礼日時:2009/08/04 13:12

ヨーロッパ在です。


もうご出発されてしまったかもしれませんが…

気候は、変化が激しく30℃以上の夏日の翌日は雨で、20℃くらいに落ちたり、朝晩は冷えることもありますのでカーデガンやストールなど調整できるモノは必須です。最近は結構寒いです。ネットで天気予報チェックして下さい。
靴ですが、生活してる者としてはハイヒールは普段敬遠します。石畳にはまり歩きにくいのもありますが、すぐにヒールの底が壊れて靴が勿体なので(笑)
疲れるかどうかはツアーでどれだけ「歩く」時間(徒歩観光、自由時間)があるかによると思いますよ。普通、あんまりないですよね。
ただし、疲れてしまったらせっかくの旅が台無しなので個人的には歩きやすい靴の方がいいとは思いますが、服装が自分の気に入らないと気分に影響しますし、写真も残るので、あまり歩く日程でない日はサンダルで好きな格好すればいいんじゃないですか?ただし3)のような痛くなるのはやめた方がいいと思います。あと私は冷え性ですが、昼間は素足で問題ありません。
ちなみに現地人は皆が思うほどお洒落でもありません。スニーカー、多いです。

夏にニット帽は、残念ながら現地人から「?」の目で見られると思います。それに帽子をかぶっているとすぐ日本人だとわかります。どうして、みんな判を押したように海外でだけ帽子かぶるんんだろう、と不思議だったのですがそうやって旅行会社がアドバイスするからですね。普段日本でかぶってないのなら、ハイキング以外では別にいらないんじゃないかと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現地からのご回答ありがとうございました。
確かに海外での日本人の服装と言うのはわかりやすいですねー。
しかし最近は国内でも大変日差しが強く、各地での熱中症が毎日のように話題にのぼり、お出かけの際の帽子は必需品となりつつあります。
現地の方は直射日光にも動じることなく頭&肌を露出できて強いなあと思います。(そのかわり日本人はサングラスいらずで目が強いかもしれませんね)

お礼日時:2009/08/04 13:29

今、パリにおります。

日差しが強くて日焼けしてしまいましたが、寒い日も多いです(今年は異常に雨が多く「体調不良者が続出している」と、どこに行っても聞きます)。
晴れると暑いけれど、雨になると一気に気温が下がります。夜は冷蔵庫なみの寒さ。
私は昨日も一日中、冬用肌着を着ていました。
miu2008さんが寒がりなら、冬物を一着持ってこられたほうがいいですよ。

「現地の人がノースリーブだから自分もノースリーブ」という考えは×です。無理して寒い格好をすると、病気になりますよ。
こっちでは、寒い国出身はノースリーブ・暑い国出身は長袖かと、服装で出身地域をうかがっております。

先日、スイス横断しましたが、本当に雨の多い国だなと思いました。100円均一のレインポンチョがあればいいと思います。

>(1)後ろストラップの2WAYタイプの楽なサンダル
>(2)かかと部分のないヒールのある靴
このどちらかが良いと思います。あとは、どちらが持っていく服装に合わせやすいかかと。

帽子は、ニット帽だと暑いと思います。日よけになる綿ハットが良いですよ。

日傘に関してですが、普通の通りで持っている人は見たことがないのですが、観光船では見たことがあります。屋根なしの観光船だと、直射日光の下で30分以上座っていなければならないので、流石にここでは傘(日傘?)をさしている人を見ました。

手がとても乾燥するので、ハンドクリームを持ってくれば良かったと後悔しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現地からのご回答ありがとうございました。
幸い私たちが行った時は24度ぐらいと絶妙。数日前は30度越え、数日後からは20度切るかもとのことでした。
異常気象ですね。
日除けにはハットorストールで十分で、靴は結局ローヒールのものが一番ラクだと思いました。

お礼日時:2009/08/04 12:52

すみません、間違えました。



>良いご良好を。

ご旅行です、もちろん。
良好ならいいですけどね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで良好となりました(笑)

お礼日時:2009/08/04 12:36

買うつもりはないとのことですが、考え方のご参考までに。


「欧米旅行で歩きやすくレストランにも入れる靴」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4547654.html

6月(もう夏です)のヨーロッパ旅行経験はありますが、ロンドン、ヘルシンキ、バルセロナなどです。
都会ばっかりですね。
仮に日本人には涼しいとしても、現地の女子たちはタンクトップだのキャミソールだの着ています。
と思うと隣の人は上着を着ていたりして、けっこう滅茶苦茶です(笑)
白人さんたちは体感温度(あるいは体温)が違うようなので、私はあまり彼らの服装を信用しておりません。

時間帯では変えるほうがベターみたいですけど。
ディナーは行くお店次第では、少しお洒落するとか。
カジュアルな服装でOKのお店もたくさんありますけどね。

ヨーロッパも広くて、地域により気候が異なります。
脱ぎ着して調節できる服装が良いと思います。

良いご良好を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
サイトからいろんな情報が広がりましたので今後の参考にさせていただきたいと思います。
現地の方の体感温度、ほんと不思議ですよね~(^_^.)

お礼日時:2009/08/04 12:34

No1です。


 靴についてが抜けていました。よく石畳が・・・、と言われますが、私は気になりませんでした。石畳をジョギングしたり、マラソンに出場するわけじゃないので、気にせず普段のサンダル。ストラップありで通しました。ヒールの高さは5センチ位。ただし、ピンヒールはキツイかなあと思って、かかとはそこそこしっかりしたヒール。牛皮の普段履いているサンダルです。
 観光用に馬車が街中を走らせているところもあります。石畳云々もですが、それなりに“落し物”もあったかな~。って感じです。馬にも生理現象はあるんですよね。当たり前ですが。
 もし、気にされるのでしたら、やっぱりぺったんこの靴はNGかも。
そこそこヒールがある靴も良いですよ。

 では、楽しんできてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございました。
石畳は細いヒールは単に疲れると言うだけでなく溝にはまってしまったりひっかかったりしやすいからNGということがよくわかりました。
お城周辺はスニーカーが重宝しました。

お礼日時:2009/08/04 12:29

昨年7月にオーストリア&ドイツに行っていました。

一部だけの回答になりますが。
 日本の酷暑の服装は度外視して普段の夏のカジュアルスタイルでOKではないでしょうか。<ヨーロッパでの素足は寒い>との書き込みですが、朝食後日没までで、街中でこのような経験はありません。高山鉄道とかは別ですよ。ウィーンでは市内の中央公園などで、トップレスの女性がひなたぼっこしているのが普通ですから、御想像下さい。寒いはずは無いですよ(日本人の感覚として)
 持ち物としては、折りたたみの日傘(晴雨兼用をもって行きました)はお持ちになると良いと思いますよ。、まあ、コレについては日本で日傘を差さずに颯爽と歩かれているなら不要でしょう。
 私は、荷物は少なく軽く!というのがモットーですので、帽子は持っていきませんでした。日本でもかぶりませんから。日傘に帽子も持っていかれるならどうぞ。
 
 普段の日本の生活で使っている物で十分だと思いますけど・・・。どちらにお住まいかわかりませんが、普段の生活のスタイルか、せいぜいプラス一枚羽織る程度を御想像されればOKだと思います。まさか、真冬のアラスカやシベリアじゃないしね。
 経験談より。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
スイス以外は夏の服装+日除けも兼ねてストールで十分でした。(かといってやはりノースリーブと言うほどではなく現地の方との肌感覚の違いを感じました)
晴雨兼用傘は雨の時に合羽との兼用で使用しました。

お礼日時:2009/08/04 12:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング