11/5までセール!人気スマホが1円~

フィルムカメラやデジタルカメラの「マクロ」は、小さな対象を撮影するときに用いるモードだと思うのですが、一般的な言葉の意味からすると小さな物を撮影するのだから「ミクロ」が正しいと思います。どうしてこのように呼ばれるようになったのかご存じでしたら教えてください。

光学的な説明でも構いません。頑張って理解します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ニコンの説明では


マクロレンズは等倍以上の拡大を目的としたレンズの呼び名だったのでニコンはmicroを選んだのだそうです。(つまりこのニコンの主張を入れるならば現行のいわゆるマクロレンズの名称は不適当という事になります)
http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/interview/h …
(既出)

古い英英辞典(ポケットオックスフォード)を見るとmicroはあってもmacroがありませんでしたので比較的新しい言葉ではないかと思います。
micro は微小縮小ですからその反対の概念で巨大拡大ということではないでしょうか。
microcosm ⇔ macrocosm
この言葉は古いもののようです。
経済学などで使っているmacro はこの概念に近いですよね?
マクロレンズは英語の本来の規則からはちょっと外れている言葉ではないかという感じがします。

しかしマイクロフォンなどは拡大を目的としたものですよね…
もしかしたら「マクロレンズ」は新商品を世に出すさいの商品名、命名だったのかもしれません。
microscope は「顕微鏡」で、古くからあった言葉ではないかと思われますがこれと区別が必要だったのでそのような名称が考案されたのかもしれません。
また「 close up lens 」というのもレンズの先に追加して使うレンズの名前としてあるので使えなかったのではないでしょうか。
英語の wikipedia には macro lens の由来の説明が無く、「だいたい1/2倍(あるいは近年では1/4)あるいはそれ以上寄った撮影のできるレンズの市場での名称」というような説明になっています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Macro_photography
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両方のサイトを見ました。
ニコンのサイトの方では、ニコン流の「マイクロ」が正しいという主張しかしていないように感じられました。「マクロ」と呼ぶようになった起源は分からないですね。
wikipediaの方も確かに起源までは書いてなかったです。

ご回答有り難うございました。

お礼日時:2009/02/08 23:24

追伸


ライカレンズの歴史で
「マクロ・エルマー(Macro-Elmar)
マクロという接頭語はギリシア語のMacros「大きい、長い」に由来しているが、マクロ撮影というと10倍程度までの拡大撮影のことである。それより拡大率の高い分野は顕微鏡写真Microphotographの分野となろう。マクロ撮影に使用するレンズにはマクロという名称が含まれるのが一般的で、マクロ・エルマーもマクロ撮影用のエルマー(開放F値F3.5以下のレンズ)という意味である。」
と有りました。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/special/2006/1 …

ついでに
「macrograph」と言う英語は「拡大図」と言う意味でした。

私もマクロ経済と言う言葉からの思い込みがあったようです。
    • good
    • 0

昔私も同じ疑問を持ちました。


マクロ【macro】: 巨大であること。巨視的であること。
(巨視的: 事物を全体的に観察するさま。)
ミクロ【(ドイツ)Mikro/(フランス)micro】:ごく小さいこと。微小。極微。
明らかにマクロでは大きく捉えるという意味では広角レンズの方がそれらしいと思いました。

「巨大」と言う雰囲気でマクロレンズと言われるようになったのだと思います。
また、「ミクロレンズ」「マイクロレンズ」ではレンズの大きさが極小という雰囲気があるため避けたのかも知れません。
EX:マイクロチップ、ミクロの決死圏

顕微鏡はmicroscopeで一般的にはマイクロスコープまたはミクロスコープと言います。顕微鏡を作っているニコンは接写レンズの名称にMicroを使用しています。
「Micro Nikkor」「マイクロニッコール」
http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/ …
ニコン内でもマクロレンズで通用します。
(マクロレンズが社会的には常識ですから仕方がないのかも。)
http://shop.nikon-image.com/front/ProductJAA632D …
「マイクロレンズでマクロの世界を楽しもう」
http://shop.nikon-image.com/campaign/micro/index …
矛盾を感じますが、「マイクロ ニッコール」はニコンのレンズの接写レンズのシリーズ名で、「マクロ」は写真の世界では接写を意味すると割り切れば・・・・・・・

ニコンの説明らしき文章
http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/interview/h …

海外でもmacro(マクロ)で通用しているようです。
http://www.usa.canon.com/consumer/controller?act …
http://www.pentax.fr/fr/product/21530/Photo_Obje …
http://www.olympusamerica.com/cpg_section/lens/d …

ついでに
今、違和感を感じる「セレブ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC% …
「Celebration・セレブレーション」
の意味が誤解されてしまうような気がします。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?dtype=2&ei=utf-8& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか歴史に基づいた明確な答えは出てこないようですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/08 23:25

無理に定義する必要もないと思います。


メーカーがそれぞれの解釈でそう呼んでいるだけでしょう。
ニコンでは「マイクロ(ミクロ)レンズ」による「マクロ撮影」と言い分けています。
日本語で言うと「微小物撮影装置」による「拡大撮影」とでも言えるでしょうか。
    • good
    • 1

マクロレンズと言う呼び方は有っても、ミクロレンズとは呼びませんね。


これは、レンズの最大撮影倍率に着目しているからです。

ミクロ=微細
物理では、原子構造、光の粒子レベル。
一般的にも、顕微鏡の世界ですね。

そこまで、微細では有りませんから、近接拡大撮影。即ち、マクロモードで良いのではないのでしょうか?
    • good
    • 0

「マクロ」を国語辞典で引くと「巨大、大きいモノ、巨視的」という意味があります。


マクロ撮影の場合は「巨視的」の意味でしょう。

マクロの対義語がミクロです。
    • good
    • 0

これは個人的な解釈ですが



マクロ撮影=接近撮影 と言ったりします

マクロは、ミクロの反対の意味で「拡大」と言う意味もあります

マクロ撮影は、近くによって小さい物を拡大して撮影します

顕微鏡をイメージすると分かるでしょうか?

ミクロの世界を撮影することには間違いありませんが

小さな物を大きく拡大して撮影しています
    • good
    • 0

マクロの意味は「巨大」ですから、小さなものを「巨大に」撮影するという事からマクロ撮影ではないかと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」

「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」。
どうやら、「立ち振る舞い」は間違ってて「立ち居振舞い」が正しいらしいのですが、
数々の辞書を調べてみると「立ち振る舞いは立ち居振舞いと同意」とされている辞書がかなり多い。

なのに、やはり「立ち居振舞い」のほうが正しいようです。

なぜ「立ち居振舞い」だけが正しいのか、知っている方はいませんか?

Aベストアンサー

「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。
立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。(笑)

では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか?
、言葉は生き物です。正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。
今、試しに完全一致で検索したところ、
「立ち居振る舞い」&、「立ち居振舞い」が121,100件+27,000件
「立ち振る舞い」&、「立ち振舞い」が73,100件+841件

わたしは辞書の編集者ではないのであくまで推測ですが、これは、「立ち振る舞い」も市民権を得た言葉として認めたということではないでしょうか?

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qラテン系ってどこの国の人のことですか?

よく、明るくて陽気なタイプの人のことをラテン系とかラテン気質とか言いますよね。
私は「ラテン系」ってずっと何となく中南米(ブラジルとか?)とイタリア人のことだと思っていたのですが、
先日ここでフランス人もラテン系に入ることを知り、
ラテン系っていったいどこの国の人を指すのだろうと不思議になりました。
(フランス人はステレオタイプのラテン系というイメージではないので……)

はてなのキーワードでは
『イタリア・スペイン・フランスなどの南欧州の文化や人種を指す。
昔、スペインやポルトガルの植民地だった地域も含めて、ラテン系と称されることが多い。』
とあったのですが、具体的な国名はどこになりますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確ではないかもしれませんが、ラテン系言語を主に使用している国かな、と個人的に思いました。

ヨーロッパは基本的にゲルマン系、スラブ系、ラテン系の3つの言語で大雑把に分けることができます。(いずれにせよ、もともとはラテン語からの派生だと思いますけど。)
で、その内ラテン系に入るのが、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ルーマニアetc・・・になります。

これらの国、特にスペイン、ポルトガルは新大陸(アメリカ)への植民も盛んだったので、言語も含めた文化が、今でも中南米でしっかりと根付いてることから、これらの地域も「ラテン系」と言われているのでしょうね。
(ブラジルはポルトガル語が公用語、またその他の中南米のほとんどの国ではスペイン語が公用語です。)

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。


人気Q&Aランキング