参考文献として使える資料を探しています。


従来の音声学では、日本語のsh([ʃ]又は[ɕ])は、母音/i/の前で硬口蓋化する/s/の異音と言われていました。

しかし近年徐々に「スィ」という音節も日本語に定着しつつあります。


例えば、2008年ウィンブルドンテニスの実況の人は、「パッスィング」と言ってました。アナウンサーレベルの人が音節「スィ」を使うほどです。


machineのように「マシーン」というべき所を、若い子たちが、「マスィーン」と言った方がかっこいいとか英語っぽいと思って、誤用することも指摘されています。
(モー娘。や桑田圭祐はちゃんと「ラブマ『シ』ーン」と歌ってるのにw)


日本語で音節「スィ」がどのくらい定着しているか、
日本人が英語のsheとseeを混同するのを、社会言語学的な視点から分析したもの、
sheとseeの区別が、心理的な要素を除いて、純粋にarticulationが日本人にとって困難なのか否か、

というな論文等をご存知の方がいたら、是非教えていただけたらと思います。


ネットでpdfファイル等で手に入るものならなお助かります。


※ 「日本語にスィという音節はどのくらい定着しているのだろうか?」「日本人がseeをsheのようにではなく、逆にsheをseeのように発音してしまう例の研究も必要だ。」のような、今後の課題的に書かれたものならいくつか見ましたが、ではなくて結論がある程度出ているものを探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず論文の方を。


http://www.lib.yamagata-u.ac.jp/kiyou/kiyouh/kiy …

また以下は私見回答です。
>2008年ウィンブルドンテニスの実況の人は、「パッスィング」と言ってました。アナウンサーレベルの人が音節「スィ」を使うほどです。
海外に行っているアナウンサーは度々現地語部分がネイティブのようになまります。日本語式発音は「パッシング」がまだまだ根強いです。
他のアナウンサーが一様に「パッスィング」とは言ってないですよね? 

>若い子たちが、「マスィーン」と言った方がかっこいいとか英語っぽいと思って
これは、正しい英語発音に近づける為ではなく、こちらの方が日本語としての発音的に面白いからでしょう。

この回答への補足

論文ありがとうございます。
しかし、実はこちらは読んだことがあるのです。

> こちらの方が日本語としての発音的に面白いからでしょう。

「日本語としての」というのはつまり日本語の発音として定着してるからということですか?それともあえてあまり日本語っぽくない音を使う方が面白いということでしょうか?


ところで、
「パッシング」と「パッスィング」は同じ単語であり、[s]と[cに尻尾]は音素/s/の異音と定義した場合でも、これを/z/の異音[dz]と[z]のように日本人に認識されていないものと同じ扱いをするのは、ことL2acquisitionに関してはまずいのではないでしょうか?

政府が音素と認めていないからと言って、区別ができないということにして、ESL/EFLの先生が、sheとseeの区別をrightとlightの区別と同じように指導してしまうのは、問題があるのではないでしょうか?という話です。

補足日時:2009/03/04 08:14
    • good
    • 0

>しかし、実はこちらは読んだことがあるのです。


さいでしたか。失礼しました・・・。

>「日本語としての」というのはつまり日本語の発音として定着してるからということですか?それともあえてあまり日本語っぽくない音を使う方が面白いということでしょうか?
後者です。

私は発音に関しては無知なのですが、
いろいろとネットを巡っているうちに、
いろいろと見つかりましたので、直接的な回答ではありませんが、
補助的・限定的に資料集めの方だけ協力させて頂きます。
また、私の私見も述べさせて頂きます。

認知心理学では、「心内辞書」という言葉があるようです。
http://www.scn-net.ne.jp/~language/Listening11_P …
>心内辞書に入っている単語のデータは、 音、シラブル、イントネーション、スペル、その単語が話された情景、そのときの自分の気持ちなど多次元の情報です。
>ヒアリングをしているときは、日本語でも英語でも「音節」をもとに単語を検索していると思われます。
>日本語の音節は「カナ」です。カナが発音の最小単位になっていて、カナの発音を基準に単語が脳に格納されています。

他にはこの辺でしょうか。
音声認識と心内辞書の関係
http://www.eikaiwanopl.jp/information/nazemuzuka …

つまりは、日本語の心内辞書しか持っていない人は、英単語を、もっと言うと英単語の発音を「カナ」で憶える訳で、英語ネイティブやバイリンガルのように英語の心内辞書を持っている人とは憶え方がちょっと違うという事を示しています。

例えば
・電車の「seat」→(日本語発音)→シート
・エクセルの「sheet」→(日本語発音)→シート
となり、日常生活にほぼ直結しているようなこの単語が、いざ英語を話した時に日本語の心内辞書しか無い私のような人間は、シートと言ってしまう訳ですね。但し、区別や判断はできますし、咄嗟に出てこないだけ(と思いたい)なので、英語の心内辞書を作ってしまえば良いのではないかという事になるかと思います。

この辺の認知心理学については、カテゴリー「学問/心理学」に聞いてみた方がいいかもしれません。

また、完全にCaquioさんに反対なんです、というわけではなく、私にしてからに、その昔、英会話教室へ通っていた際、
・発音を区別しなければ怒られる理由は何故か(別にいいじゃないかと)
・外来語の発音をそのまますると周囲に気取っているという風に取られるんじゃないかという恐れ
・Siの発音を日常会話にうっかり出そうものなら、「コイツは今、舌がまわってないな」と思われる恐れ
もあった訳で意図的に日本語式発音に終始していた事もございました。今考えると何の為に金を払っていたのかと。
なので、個人的経験ながら社会的要因も多分にあると思います。

この回答への補足

ようやく私の気持ちをわかっていただける方に出会えて嬉しい限りです!ありがとうございます。

あまりにわかってくれる人が少なくて、ちょっと感情的になって失礼なことを書いてしまったかもしれません。反省しています。

> 認知心理学では、「心内辞書」という言葉があるようです。

ええ、まさに私が求めていたのはこっち方面なんです!ありがとうございます。

私はむしろ音韻の方が専門なんですが、日本の発音教材にしろ、ESLにしろ、「発音と言えば音声学」と考えすぎる傾向があります。

日本人の英語の発音ミスは、日本語と英語を音声学・音韻論的に比較しただけでは説明できないものがたくさんあります。それを無理矢理全て音声学・音韻論にもっていこうとするせいで、学習者が余計に混乱してしまうことをどうにかしたい、と思っているのです。

教材があまりにも音声学ばかりアピールするため、学習者も発音=音声学と洗脳され、心理的な面に注意がいかない(気づかない)ようにも思えます。


> この辺の認知心理学については、カテゴリー「学問/心理学」に聞いてみた方がいいかもしれません。

なるほど!これは良い視点かもしれませんね。


> ・発音を区別しなければ怒られる理由は何故か(別にいいじゃないかと)
・外来語の発音をそのまますると周囲に気取っているという風に取られるんじゃないかという恐れ
・Siの発音を日常会話にうっかり出そうものなら、「コイツは今、舌がまわってないな」と思われる恐れ


わかりますわかります!特に上の2つのような事は、第二言語の分野でもかなりdebatableですからね。社会的要因は多分にあると思います。

補足日時:2009/03/11 14:09
    • good
    • 0

 穏当な回答が出たことからおわかりでしょうが、レポートや卒業論文などで、「近年徐々に「スィ」という音節も日本語に定着しつつある。

」という結論を見越したテーマを取り上げるのはお勧めできません。

 半世紀ほど昔、学生運動家の間で、「ナッスィング(nas-sin-gu)! ナッスィング!」と叫んで演説を妨害することが流行りました。そういう環境で学生時代を過ごした国語学者の書いた概説書に「最近は ナッスィング のように、「スィ」という音節も日本語に定着しつつある。」というようなことが記述され、それを別の学者の書いた概説書がマネをして、という具合で今でもその種の「日本語概説」の教科書は出回っていますが、日本語の「音韻」として定着した「スィ」はありません。

 日本語の音韻として定着した「外来語」専用の音韻は次の13音です。

シェ  シェーカー 日本語として sheekaa と発音しないと通じない。seekaa と発音してはいけない。
チェ  チェック  日本語として chekku と発音しないと通じない。tekku ではダメ。
ツァ  モーツァルト mootsaruto  ×moocharuto ×mootaruto 日本語でも、しゃべり言葉ならば「真っ青(マッツァオ)」
ツェ  シャンツェ shantse ×shanche ×shante   
ツォ  カンツォーネ kantsoone ×kanchoone ×kantoone
ティ  ティーパーティー tiipaatii ×chiipaachii ×teepaatee
ファ  ファイル hwairu ×hairu ×huairu
フィ  フィクション hwikushon ×hikushon ×huikishon
フェ  フェンシング hwenshingu ×henshingu ×huenshingu
フォ  フォロー hworoo ×horoo ×huoroo
ジェ  ジェット機 jettoki ×zettoki ×jiettoki
ディ  東京ディズニーランド tookyoodizuniirando ×-jizuniirando ×-dezuniirando
デュ  プロデューサー purodyuusaa ×purojuusaa ×purodzuusaa

 現代日本語の音韻は、撥音・促音・長音の類を別にすれば、和語・漢語に使われるものは直音67音、拗音33音の計100音です(「みゅ」は果たして和語・漢語の一般語彙に実例があるかどうか疑わしいですが)。この100音は昭和61年7月1日内閣告示第1号『現代仮名遣い』で音韻として認定されています。

 そして平成3年6月28日内閣告示第2号『外来語の表記』では『現代仮名遣い』の100音のカタカナ表記と上記外来語専用の13音のカタカナ表記を同列に扱い「外来語や外国語の地名・人名を書き表すのに用いる仮名とする。」としています。

 また『外来語の表記』では「イェ、ウィ、ウェ、ウォ、クァ、クィ、クェ、クォ、ツィ、トゥ、ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ、テュ、フュ、ヴュ」の18表記を「外来語や外国語の地名・人名を原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合に用いる仮名とする。」としており、音韻とは同列に置いていません。

 その他の表記については『外来語の表記』では「特別な音の書き表し方については、取り決めを行わず、自由とすることとしたが、その中には、例えば、「スィ」「ズィ」「グィ」「グェ」「グォ」「キェ」「ニェ」「ヒェ」「ヒョ」「ヴョ」等の仮名が含まれる」としています。「スィ」は特別な音であり、日本語に定着した音とは認められていません。

現在のところ、「スィ」は日本語の音韻とは認められていません。つまり shi という音声も、si という音声も、音韻としては同じ「シ」なのです。どれほど si という音声が蔓延しようとも、それらすべてを shi という音声に置き換えて発音してもよいのだったら、si と shi が別の音韻として区別されているとは言えないのです。

 ティーン と ちいん(知音) は別の言葉です。「このごろのチーンエージャーときたら。」「彼とはむかしからのてぃいんです。」は間違いです。
 カンツォーネ と 浣腸ね は別の言葉です。「あたしの好きな……」は誤解のもとです。
 シェリフ と 科白 は別の言葉です。「♪シェリフが違う、科白が違う、言葉が違う。」
 パッスィング と バッシング は 同じ言葉です。
 ますぃーん  と ましーん  は 同じ言葉です。

「si」という発音・「スィ」という表記の言葉(一般語彙)で、「shi」と発音してはいけないもの、30年来探してはいますが、ひとつも見つかっていません。

『現代仮名遣い』も『外来語の表記』も、しっかりした音韻論によって裏打ちされていると感ぜられます。これに反する論をするには相当の本格的学術能力が必要でしょう。現在のところ、現代日本語の音韻を考えるのに最高級の参考文献資料のうちの2つが『現代仮名遣い』と『外来語の表記』です。


「スィ」をテーマとして論文を書くには、「音韻」「音声」「音節」「モーラ」が何であるか、しっかりと体得してください。生兵法は通用しません。

この回答への補足

こんにちは。丁寧にありがとうございます。

実は既に前も書きましたが、私の本当の目的は、ESL/EFLの発音指導の問題点を指摘しようということなのです。

ESLの先生は当然必ずしも日本語をよく知っているわけではなく、seeとsheの発音を間違えたら、「日本語はhigh front Vの前でのsとshの音韻上の対立が無いのだ」と判断し、この2つのarticulationを指導し、それで返って日本人の生徒が混乱してしまっているのを何度も見ています。

そこで、「日本人はseeとsheの発音の区別は難しくない。しかし、『区別ができないできない』言われることによる精神的な要因、又本来の日本語の音節にはない『スィ』をとりあえず使えば英語っぽいというovergeneralization、つまり社会言語学的要因が発音ミスの原因だ。」という仮説を立て、それを証明しようと試みているのです。

「スィ」という「表記」がオフィシャルではないことは当然知ってますし、下の方が紹介してくれた論文も既に読んだことのあるものでした。

そして決定的な証拠となる「シ」と「スィ」の最小対語が見つからないのも、悩みの種でした。そうですか、30年来探していても見つからないのですね。強いて言えば、マンガ等のキャラクターで、「ヘルスィー様」「水橋パルスィ」等がありますが、これでは弱いでしょう。

しかし、まさに「ナッスィング」と「ナッシング」の発音上の区別は誰でもできるのではないでしょうか?

政府にオフィシャルな音節と認められていない=発音できない、とは言い切れないと思っているのです。

英語のLとRや、弛緩母音/I/や/U/等は、日本語にない音なので、多かれ少なかれ練習が必要でしょう。

一方日本語には/s/も/i/もあり、*siというsequential constraintがあるだけで、LやRとはわけが違います。

生兵法など相手にされないことは当然承知の上です。そんな生半可な覚悟ではありません。決定的な証拠をつきつけることが目的です。

ESL/EFL教育の向上のために、「日本人にとって、『シ』と『スィ』の発音上の区別は難しくない!発音ミスは心理的要因だ。」という証拠になるものは、ないでしょうか?

(日本語のサとシと、英語のs、shの音声学的な音の違いは、ややこしくなるのでとりあえずここでは無視して考えて下さい。)

補足日時:2009/03/04 01:21
    • good
    • 0

標準というか共通日本語には”SI"という音は存在していない筈です。


桑田圭祐は ”カ”を語頭で”キャ”と発音している。非常に聴きにくいし”日本語????”できるの?と思わざるを得ない。

あたたが書かれている”machine”の件は”単に間違えて覚えているだけ”とは思えませんか?それとも、よく英語の時間に”シ”じゃないよ
”si”は”スィ”だよと、しつこく”発音を直され”、反対に考えた結果かな?

いわゆる、J-ポップを歌う人たちの、出鱈目日本語発音 には頭が痛くなり、余り”聴キャ”ない ことにしている。

この回答への補足

> 桑田圭祐は ”カ”を語頭で”キャ”と発音している。

桑田圭祐は、かなりわざと色々な音を使いますよね。ラ行でLのような音を時々使うのは、わざとではないかとアメリカの音声学者の友人は言っています。w


> それとも、よく英語の時間に”シ”じゃないよ”si”は”スィ”だよと、しつこく”発音を直され”、反対に考えた結果かな?

まさしくそれだと思います!
つまり「シ」も「スィ」も両方発音できるのに、それをどこで使うかを習っていないので、間違った場所で使ってしまい、それをESL/EFLの先生達は、「日本人はlとrのみならず、sとshも区別できない」と誤解してしまっているのだと思いますが、この裏付けとなりうる良い資料がほしいのです。

補足日時:2009/03/04 08:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Q参考文献や引用文献表記の方法

 今、わたしは、小論文を書いているのですが、困ったことがあります。それは、「参考文献と引用文献の表記」なのです。
 例えば、800字の小論文の中で、50字のみ他の文献から引用した場合も、もちろん「引用文献」と書くのですが、「どこに」表記すればよいのでしょうか?小論文の下だと、どの部分を引用したのか分かりませんし、引用した表現そのものに書くと小論文のレイアウトがおかしくなりそうです。参考文献の表記も同じく分かりません。どこにどうかけばよいのかご存知のかたいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そのような場合には、引用部分には、それとわかるように鍵かっこか二重鍵かっこをした上で ※1 などと番号をふって、論文の最後に、※1の文献について出典を書けばいいのではないでしょうか?
私が昔大学のレポートを書いたときなどにはそうしていました。
また参考文献は、論文を書くのに参考したというだけで引用しているわけではないので、これも論文の最後に、参考文献として、まとめて書いておけばいいと思いますよ。

■例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・「(※1)・・・・・・・」・・・・・・・・・・・
・・・・・・・「(※2)・・・・・・・・・・」・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引用文献
※1 「・・・・」・・・著/・・・出版
※2 「・・・・」・・・著/・・・出版

参考文献
「・・・・」・・・著/・・・出版
「・・・・」・・・著/・・・出版

__________________________________________
では、どうでしょうか?

次のページも参考にどうぞ
↓社団法人 著作権情報センター
Q 他人の著作物を引用するときの注意点を教えてください。
また、出所の明示はどのようにすればよいのですか?

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html#3

そのような場合には、引用部分には、それとわかるように鍵かっこか二重鍵かっこをした上で ※1 などと番号をふって、論文の最後に、※1の文献について出典を書けばいいのではないでしょうか?
私が昔大学のレポートを書いたときなどにはそうしていました。
また参考文献は、論文を書くのに参考したというだけで引用しているわけではないので、これも論文の最後に、参考文献として、まとめて書いておけばいいと思いますよ。

■例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・「(※1)・・・・・...続きを読む

Q英語アナウンスは、なぜ日本語を発音しにくそう?

日本国内での電車のアナウンスなどで、日本語に続いて英語でのアナウンスが流れます。
その英語のアナウンスにおいて、アナウンサーが日本人であるにもかかわらず、駅名などの日本語を発音しにくそうに発音するのは、なぜなのでしょうか?

アナウンサーが英語のネイティブ、あるいは日本語を話さない人であれば、「流山おおたかの森」のような長い駅名を発音するには、(文字ではうまく表現できませんが)『外人のアクセントでの読みづらそうな読み方』にならざるを得ませんが、
日本人がアナウンスするのであれば、「We will soon arrive at 流山おおたかの森.」と流暢に発音すれば良いと思うのです。
しかし何故か、「We will soon arrive at NAGAREYAMA-OOTAKANOMORI.」と、外人風のアクセントでアナウンスされるのが不思議です。

もしかして英語圏の人たちは、日本語風に「流山おおたかの森」と言われるよりも、英語風に「NAGSREYAMA-OOTAKANOMORI」と言われた方が聞き取りやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も昔、英語の先生にそれを言われたことがあります。
「固有名詞なのだから日本の発音でいいんです」と。

英語圏の人が聞き取りやすいかどうかは分からないんですが、
発音はしやすいでしょうね。
日本語はアクセントがないですし、
英語圏の人はアクセントがどこかに無いと気持ち悪いのではないでしょうか。

もっとも、私はそれを含めても、
「ここは日本なんやから日本語で喋らんかい!その努力をせんかい!」
と声を大にして言いたい(笑)。
だって私たちがアメリカに行ったらRの発音にも気をつけるでしょ?


いやぁでも、
外国人にとって聞き取りやすいのかどうかは一度聞いてみたいですね。

Q参考文献と参照文献

参考文献と参照文献の違いは何ですか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に使われているところの意味の差はないと思いますが、参考文献の方が一般的だと思います。

言葉の意味としては、

参照は、「見ること」
参考は、「考えること」

ですが、実際には参照しても見るだけではなく、考えるので、意味に差がないという事だと思います。

「参照」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%BB%B2%BE%C8&sm=1&pg=result_k.html&col=KO&sv=DC
「参考」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%BB%B2%B9%CD&sm=1&pg=result_k.html&col=KO&sv=DC

Q日本語の複合語のアクセントについて

私は言語学の初心者です。
「日本語の複合語のアクセント」について、知りたいと思っているのですが、調べるにあたってのアドバイスをいただけたらと思います。

重要文献や論文なども、教えていただけると幸いです。

また、日本語の単語、複合語の発音やアクセント等がまとまった形でみられるホームページや文献なども、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アクセントの表記に関する考察
――三線式表記法――
http://libwww.gijodai.ac.jp/newhomepage/kiyo2003/05-2003.pdf
複合名詞に見る日本語アクセントの統語機能 ― 東京語と厦門語の比較研究
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/~molihua/study/qinghua070815.pdf
複合名詞に対する複合語アクセント規則
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003298165/
日本語アクセントと挿入母音-アクセント規則に歴史が見えるか-
http://www3.aa.tufs.ac.jp/~p_phonol/TEXTS/99-1/kubozo99.html
複合語と派生語のアクセント規則
http://price6.tulips.tsukuba.ac.jp/vufind/Record/2115_25511/Details

書籍
リズム・アクセントの「ゆれ」と音韻・形態構造
http://www.bookmailclub.com/bmc/reader/search/?.command=detail&book_id=4069
日本語アクセント論集 第3版
http://books.livedoor.com/item/559764

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アク...続きを読む

Q参考文献

 文章を書くとき、「参考文献」と明記すれば、他の著者の文章をどれだけまねても法的な問題はないのですか?(ちなみに、内容の主旨は完全に同じだけれども、言葉遣い(表現)は異なるので引用ではありません。)ご存知のかたいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単な,例え(1)
「動物を擬人化して小説の主人公にすることは,文章の構成に工夫が必要である。」
と言う文章を書いた場合,
参考文献 : 夏目漱石 「我が輩は猫である」
とします。

これは,我輩は猫であるという小説の内容を念頭に置いて,自分の主張・考え方を文章にしていますので,参考文献を「我が輩は猫である」とすれば,読んだ人により理解されやすい筈です。これが,参考文献を記述する理由です。

簡単な,例え(2)
夏目漱石の小説の冒頭に「我輩は猫である。名前はまだない。」という一節があるが,我輩という一人称はこの猫が雄であることを示している。
と言う文章を書いた場合,
引用文献 : 夏目漱石 「我が輩は猫である」
とします。

この例は,引用の例ですが,読んで分かるとおり,自分の主張や意見を明らかにするために,ある文章を引用したのであって,小説の内容(引用部分)と自分の意見は完全に分割されています。

簡単な,例え(3)
「私は犬です。名前はまだありません。どこで生れたか全く覚えが有りません。」
という文章を書いた場合,
文章の盗用です。

用いた言葉が全く異なっているし,主人公は猫ではなく犬です。という主張をしても認められません。文章を読んだだけで,元の小説を思い浮かべることができるからです。つまり,質問者さんの「内容の主旨は完全に同じ・・・言葉遣い(表現)は異なる」であれば,引用や参考の問題ではなく,「盗用」になります。特に,学術的な内容であるとすれば,専門家が専門分野の文章を読む訳ですから,すぐにネタがバレます。

>他の著者の文章をどれだけまねても
「他人の文章をまねること」と「引用」・「参考」は全然違います。「まねること」=「盗用」と思って頂いても良いと思います。


>法的な問題はないのですか
法的問題というのは,著作権法だと思いますが,著作権料を支払うかどうかの問題です。通常,学術上の引用は,支払い対象外とされているはずです。ちなみに,ここで用いた「我輩は猫である」は,著作権の期間を過ぎているので,引用しても著作権料を請求される事は有りません。

以上 参考及び引用文献 夏目漱石:「我輩は猫である」 インターネット図書館 青空文庫

参考になりましたでしょうか?

簡単な,例え(1)
「動物を擬人化して小説の主人公にすることは,文章の構成に工夫が必要である。」
と言う文章を書いた場合,
参考文献 : 夏目漱石 「我が輩は猫である」
とします。

これは,我輩は猫であるという小説の内容を念頭に置いて,自分の主張・考え方を文章にしていますので,参考文献を「我が輩は猫である」とすれば,読んだ人により理解されやすい筈です。これが,参考文献を記述する理由です。

簡単な,例え(2)
夏目漱石の小説の冒頭に「我輩は猫である。名前はまだない。」と...続きを読む

Q日本語のら行の発音

私は田舎者で、アクセントも東京型も関西型も入り混じっているありさまです。
 で英語のrは舌を硬口蓋につけませんね。日本語のら行の発音ですが、私は舌を硬口蓋にくっつけて、一種破裂音のような発音をしています。
 日本語の標準としては、摩擦音のら行が正しいのか、私と同じ破裂音のら行が正しいのか、どちらなのでしょう。
 日本語教師や国語音声学を勉強した方が答えて下さったら、長年のもやもやが晴れて有り難いのですが。
 なお私は英語教師です。

Aベストアンサー

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近くに正しい発音の出来る方がいらっしゃったら、舌の動きを観察させてもらうと良いかもしれません。その時、「ららららららら、りりりりりりり、・・・・・」というように連続して発音してもらうと、より分かり易いと思います。
英語のリエゾンについてですが、母音と母音に挟まれた子音のtまたはdを破裂音ではなく舌を弾いて日本語のら行のように発音する事です。
例として、"Catch you later."(じゃあね)→「キャッチュレイらァ」 "What are you waiting for?"(何ぐずぐずしてんの)→「ワるユウェイりンフォァ」"a lot of people"(たくさんの人)→「アラらピィポ」
日本語でら、る、り、らと表記している箇所がリエゾンです。
日常会話で普通の速さで話す時によく用いられます。
以上、ご参考になれば幸いです。

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近...続きを読む

Q卒論の参考文献の付け方

江戸の銭湯について書いているのですが、参考文献をつけるさいに参考文献の中でも特に重要なやつ(浮世風呂など当時の貴重な文献)は他の文献と別枠でつけないさいといわれました。
その場合参考資料(重要)と参考文献(普通)に分けたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 わたしも書き物をしますが、ことに重要な参考文献や引用文献の場合は、本文中で参考にしたり引用した部分には、たとえば(○○著江戸時代の風俗・○○書店)などと書き込んだり、その部分に(※注1)としておいて、文節の後に「注1:○○著江戸時代の風俗・○○書店」と入れたり、いっそのこと、本文の中に、「.....については、○○氏が書いた江戸時代の風俗(○○書店)という書籍に詳しく書かれている。」などと入れてしまうといった方法で特に記載しておくことがあります。
 そんな場合でも、やはり一応、一番最後に「引用文献・参考文献・資料提供」といった一覧を作って、そこにも記載しています。そういったご回答でいいのでしょうか........。

Q日本語のアクセントについて

日本語と英語などとは違って、アクセントは動詞と形容詞などの活用変化に伴って、アクセントが元のと違ってくる。それに、そういうアクセントの変化は非常に複雑で、とても一言では説明できないでしょう。
外国人として、日本語の発音を見事に捕らえられるように、私はいつもその中の規則を探しています。今迄、法則的だと考えられるものを大分見つけ出しましたが、いまひとつでしょうね。
ここで聞きたいことは、日本人はどうやってこんな難しい発音を正確に喋られるようになったか、もしかして幼い頃に学校で勉強でもしたのかと、それとも、単に「慣れた」だけなのかと、私は考えました。もし、単に「慣れた」だけだというんなら、外国人としては、どうしたらいいでしょうか?これについての書籍はないでしょうか?
どうか、教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音節の語:HLLLL

3.中高型 … 第1音が低く、2音目から途中までが高い型
  3音節の語:LHL
  4音節の語:LHLL、LHHL
  5音節の語:LHLLL、LHHLL、LHHHL

これに加えて、後続の助詞や助動詞の高低のバリエーションがあります。
 ・最後の音より高く続く型
 ・最後の音より低く続く型
 ・最後の音と同じ高さで続く型

全ての語は基本的にこれらの型のどれかに当てはまります。
個々の語がどの型かは、個別に覚えるしかありません。
型が不明な場合は、平板型で発音すればだいたい通じます。

ちょっと面倒なのは、同じ語で複数の型がある場合です。ひとつは時代の変化によって型が変わったもので、世代によって使う型が違うことがあります。
また、特定の集団内で使われる専門用語や使用頻度の高い語は、アクセントが平板化する傾向があります。通常のアクセントの場合と微妙にニュアンスが違う(意味が限定される)場合があります。

日本語のアクセントだけを示した辞典もあります。
『日本語発音アクセント辞典』(NHK放送文化研究所)
http://www.nhk.or.jp/bunken/book/book_data/bookdata_98040101.html
『新明解 日本語アクセント辞典』(三省堂)
http://www.books-sanseido.co.jp/reserve/zaikoDetail.do?pageNo=1&action=%8D%DD%8C%C9&isbn=438513670X

また、地域によってアクセントに大きな違いがあります。
テレビ放送の共通語は東日本各地で行われている「東京式アクセント」です。
京都・大阪から西日本各地で行われている「京阪式アクセント」も大きな勢力です。
北関東から南東北、九州の一部には、アクセントの型が一定しない「無アクセント」の地域があります。「崩壊アクセント」とも言います。

これらの特性を知った上で、あとは耳で覚えることです。

英語の綴りと発音の対応を覚えることに比べれば、かなり簡単だと思います。

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音...続きを読む

Q参考文献の書き方

いろいろかきかたがあるようで迷っています。


山田花子(2004)、『○○』、吉本出版社。


でいいんでしょうか??「、」とか「。」を書くのが正しいみたいなことを言われたんですが・・・。教えてください!!

Aベストアンサー

>いろいろかきかたがあるようで迷っています。
どの書き方をするかを要求されていなければ、ご自分の思うように書かれてよいと思います。

なので、例にあげてらっしゃる方法でも構いませんし、

山田花子,1981,『新喜劇新説』吉本出版社.
というふうにしてもよいでしょう。
どれが正しいというのは、基本的にありません。


人気Q&Aランキング