人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 『愛の反対』で検索すると、『愛の反対は憎しみではない 無関心だ』という Mother Teresa の言葉がたくさんヒットします。

 確かに無関心というのは愛の対義語のような気もしますが、ピンと来ません。 Mother Teresa のように誰に対しても愛をもって接することのできる人の言葉として捉えると、そうなのかなという気もしますが。

 愛の反対は何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

 


このような質問は、「愛」として、何を考えているかによって、違う答えが出てくるのであり、「愛」としてどのようなことを考えれば、その反対は何か、という風に考えなければ答えになりませんし、「愛」一般の反対概念は、ないとも言えます。人がそう考える愛それぞれで反対概念が色々あるからです。

「恋愛感情」や、恋愛という具体的実際的な関係において、「愛」が破綻するか、否定的関係になったとき、「憎」や「怨」の感情に転じやすいということからは、「愛」の反対は、「憎」や「怨」だとも言えますが、これは、愛という感情や行為の「否定的反動感情」なので、愛の反対というのは、もっと他にあるのです。

「愛」を、「好き」の非常に高まった状態と考えれば、概念的には、「好き」の反対は「嫌い」ですから、「嫌い」の非常に高まった状態は、「極度に嫌い→嫌悪」だということになります。つまり、「愛」の「概念」からすれば、「嫌悪」が反対概念だと言えます。

マザー・テレサの言葉ですが、「キリスト教的愛」の概念を前提にテレサはそう言っているはずで、これを、無前提の「愛」と考えるので、分からなくなって来るのです。

キリスト教の「愛(アガペー)」については、以下の質問で、わたしは少し説明しました。参照してみてください。

>No.460063 質問:エロス フィリア アガペー
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=460063

この質問の回答では述べていませんが、マザー・テレサの言葉の背景にある「愛」について、考えるには、「アガペー」の説明に、もう少しキリスト教神学の背景を述べねばなりません。

神は、父なる神として、「子である人類」に無償の愛を注いでくださる……この「無償の愛」をアガペーと言いますが、キリスト教の神は、「創造神・絶対神・人格神」なのです。

神は、この世界を愛し良しとされるが故に、この世界の存在を認めておられるのですし、人間の存在を愛し良しとされるが故に、人間の存在を認めておられるのです。「認めている」だけではなく、中世神学の基本的な考えでは、神は、被造物を愛するが故に、「不断の存在」を付与されているとします。

(この付与する「存在」を、中世哲学で、esse(エッセ)と言います。ハイデッガーが使う Sein と同じような言葉です)。

これは近世の「理神論」の考えとは、まったく違う訳で、神のこの「愛による存在の付与」がなくなれば、人間も宇宙も、次の瞬間には、「無」となるのです。マザー・テレサは、カトリックの修道女ですから、このような「愛と存在の恩寵」の考えは、当然、分かっていたというより、そのような意味で「愛」を捉えているはずです。

人間はキリスト=神にならって、他者を愛すべきであるというのが、キリスト教の教えで、他者を、人は、神が愛する存在として、神同様に愛さねばならない。他者との関わり、世界を共にするという他者把握は、基本的に「愛(アガペー)」であるという考えからは、「愛」の反対は、「憎しみ」などではありえようがないでしょう。

キリスト教的な意味での「愛」では、「人を愛さない」とは、その人を、この共有世界の一員として認めないということで、神の場合は、そういう人は「無」になるのですが、人間の場合だと、他者を認識・相互の存在関係のなかで「無」にしている、つまり意識のなかで「無」としているとは、相手に対し「無関心」であるということなのです。

人は、神の被造物世界のなかで、本来すべての人を愛さねばならず、人は、人にとって、「関心」ある存在なのです。人との関わりを否定するということが、愛の反対であれば、それは、関心の否定、つまり「無関心」です。

しかし、キリスト教世界でも、このように「愛」を、アガペーの基本的意味で捉えるのは、稀であり、このような愛は、むしろ、「普遍愛・博愛」であり、「博愛」の反対は、「無関心」でしょう。「誰をも愛する愛」の反対は、そのような愛を持たないこと、つまり「唯我論的態度」であり、これは、他者に対する「無関心」でしょう。

もっと考えれば、色々な可能性がありますが、当面の答えとしては、この程度で十分ではないかと思います。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=460063
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。お礼が大変遅くなって申し訳ありません。

 大変ご丁寧な回答をありがとうございます。

> このような質問は、「愛」として、何を考えているかによって、違う答えが出てくるのであり、「愛」としてどのようなことを考えれば、その反対は何か、という風に考えなければ答えになりませんし、「愛」一般の反対概念は、ないとも言えます。

 このことに関しては実は私も気がついていましたが、質問文ではわざと触れませんでした。

 『愛』を定義し、『反対』という言葉をどのように捉えるかによって、回答の方向性が違ってくるのはわかっていましたが、私が定義した『愛』についての意見を聞きたかったのではなく、みなさまが感じておられる『愛』というものがどのようなものなのか、それに対して『反対』というのをどのように捉えておられるのかということを知りたかったからです。

 私の祖母は熱心なクリスチャンで、私は物心がつく以前から毎週教会に連れていってもらっていました。教会で、『愛』という言葉を幾度となく聞かされてきましたが、結局、神の愛というものを理解できないままに、教会へは行かなくなってしまいました。

 ご気分を害されると申し訳ないのですが、『全てが愛であり、愛の反対はない』とおっしゃられると、その愛は私にとって、とても押し付けがましい愛に感じられるのです。

 同様に自分は何も悪いことをしていないのに、『人間は生まれてきた時から罪を背負っている』と言われるのが、理不尽な言い方に思えるのです。

 さらには、『他の者を愛さなければならない』と言われると、『え?他人を愛することは、義務?』と思ってしまうのです。
(これらは今回の質問に直接関係ないので、深くは書きませんが)

 これは本当に、理解力に乏しい私個人だけの感じ方だろうと思います。


 愛を狭義の恋愛感情と置いた場合、『好き』の非常に高まった場合、キリスト教的愛、と場合分けして解説していただき、とてもわかりやすく読ませてもらいました。

 キリスト教的な愛は、先にも書きましたように私自身に葛藤がありまして、どうしても相容れない部分がありますが、マザー・テレサの言葉の意味する『無関心』について、とても分かりやすく説明していただき、ありがとうございました。

 マザー・テレサの言葉を理解するには、キリスト教的な愛というものを理解しなければ、真の意味は理解できないのでしょうけど、『愛の反対は憎しみではない 無関心だ』という言葉を何度も読み返してみると、マザー・テレサがカトリック教徒であろうとなかろうと、一人の人間の言葉として、ずっしりとした重みのある言葉だなあと思うようになりました。

 今さらながら、愛は暖かいものだということを、病気をしてつくづく感じています。

 ふぅ、ここまで書いて、疲れて、自分が何を言っているのかわからなくなってきました。
 参考URLもありがとうございました。また1つ賢くなった気がいたします。
 まとまりのない文章で申し訳ありません。読み返さずに送信します。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2003/03/23 21:24

蒟蒻問答ですか?


愛の反対は無関心、それもひとつの真実かも知れませんが、愛にも色々な種類が有ると思います。
男女の愛、父母の愛、兄弟愛、物に執着する愛、そして自己愛など色々有ります。
ご質問の愛とはどの愛の事でしょうか?
    • good
    • 0

「無感動」とか「孤独」てのはどうでしょう?

この回答への補足

 みなさま、たくさんのご回答をありがとうございました。途中でいろいろ、いろいろありまして、お礼を申し上げるのが大変遅くなりまして申しわけありませんでした。深くお詫びいたします。本当にありがとうございました。

補足日時:2004/04/10 18:52
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 こんにちは。
 進化の反対は退化ではなく、無変化であるというのを聞いたことがあり、なるほどと思ったことがあります。愛の反対は無感動であるというのは説得力のある言葉です。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/04/10 18:31

良スレですね♪皆さんの意見、とても楽しく見させて頂きました。


あたしは、今、思春期真っ只中で、毎日嵐の海原を走るように生きています。
そんな自分を時々、客観的に見て面白いなとか思ってます。

そんな生活ですが、好きな人もいますし、家族も嫌いといっときながら
本当に愛しています。友達も、ある意味で愛ですよね。
生きていて愛を持たない人は皆無だと思っております。
よって、愛の反対は死だと思います!死=無な感じ☆
そう考えると、Mother Teresa と同じように思えてきますね!←語った意味ナシ!
あたしは、愛というものは皆が持っており、それを使う分が
実体の愛になるんだと思います。自分が大切な存在のように思えますね♪
ちなみに、あの人を愛してない…みたいな使い方は、
あの人を実体として愛してはいないのであって、人同士、愛ありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 愛の反対は死ですか。all or nothing みたいですね。でも、おっしゃっていること、わかる気がします。ご回答をいただいてから、随分時間が経ってしまいました。回答者さまは、今も嵐の海原を走るように生きておられるのでしょうか。なんだかエネルギーを感じさせられる文章でした。
 
 ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2004/04/10 18:37

たとえば「冷えきった夫婦」とか考えると、わかりやすいかもしれません。


別にお互いを嫌っていたり、憎んでいるわけじゃない。
あえて離婚するまでもないけれど、ハッキリ言ってどうでもいい。
そういう立場を想定すると、「愛の反対は?」
やっぱり答えは「無関心」になるんじゃないかな? と思います。

話は変わって...
社会的な弱者に対しても、それなりの生活の保障がある現代、
単純に「生きのびる」こと自体は、それほど難しくないかもしれません。
むしろ深刻になってきたのは、「孤独」と言えるかもしれないですね。
そういう状況の中で、愛に飢えている人たちに「愛の反対は?」
と尋ねたら、やっぱり答えは「無関心」であるかもしれないですね。

おそらく、Mother Teresaの言葉というのは、思索的・哲学的に
正しい言葉というよりは、むしろ、とてもリアルな、
現実を直視した言葉なんだろうと思います。
そこには、同時代の、本当に愛を必要としている人たちの
心や現実が、かなり正確に代弁されているのではないか、
と思いますが、いかがでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 こんにちは。
 憎しみを通り越すと、無関心になるのでしょうね。愛を受けることのできない人が感じるのが「孤独」というのは、本当にそう思います。Mother Teresaの言葉が現実に即して出て来た言葉であるというのは、私も実感できます。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/04/10 18:43

 憎悪やその他の負の感情も、誰かを何かを愛することから生まれることのような気がします。


 アメリカがイラクを憎悪するのも愛するものがあるからでしょう。
 そう考えていくと、愛と全く関係のない感情というものはなく、「無関心」ということになるのかなと思っていました。
 言語的には愛の反対は憎悪ということになるでしょうけれど、愛を全く含まないものということでいえば、やっぱり「無関心」という結論で個人的には納得しています。
 そういう意味では「無償の愛」「博愛」の反対が「憎悪」のように感じています。たとえば愛する人を奪った人でさえも愛するような、戦争に反対していても戦争に賛成している人でさえも愛するような、そのような感情の反対が憎悪のような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 愛の対極にある負の感情が憎しみであり、それすら通り過ぎてしまった感情が無関心であろうというみなさまのご回答は、私を十分に納得させるものです。憎悪するのは愛するものがあるからというのも頷けます。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/04/10 18:49

「怒り」だと思います。


人間が2人いたとしましょう。お互い嫌いだと思っていると、顔をあわせるたびに文句を言いたくなります。当然、文句があるので腹が立ちます。それからすれば「怒り」も愛の反対といえるでしょう。
米テロも国内全社全産業経営不振も小泉内閣不支持も、愛がないからなのではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 怒りというのは憎しみと同じように、積極的な感情なのでしょうね。愛していた人に裏切られたら、憎しみに変わると言いますから、愛の対極の1つの感情なのでしょうね。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2004/04/10 18:28

『愛の反対は憎しみではなく無関心だ』は、哲学者エーリッヒ・フロム(1900-1980)も「愛するということ」(紀伊国屋書店)の中で詳しく述べてられています。


新訳版が最近出ましたが、私は旧訳版のほうが理解しやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。

 参考文献をご紹介いただきありがとうございました。現在のところ、私にとって読書は目に負担が大きすぎるので、目の方が落着いたら読ませていただこうと思います。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2003/04/03 21:00

もうたくさんの考慮された回答が出た中で恥ずかしいですが、


わたしも、愛の反対は無関心だと思っています。

昔、この言葉について教師から教えを受けました。
背景としては、キリスト教的倫理観をベースに、
病や障害に苦しむ弱者について述べたということで、
「まずそのような人たちが存在する」ということを認識し、
関心を持って欲しいという意味合いが、その言葉には込められています。

マザー・テレサは(そこにおいてはですが)、
意図的に愛を狭義に述べています。
つまり、直接その言葉の中で意味する所は、
男女の愛や親子愛ではなく、あくまで「隣人愛」です。

 ・・・・ここからはわたしが勝手に解釈を広げたものです。・・・・

男女の愛や、親子の愛は、ある面自然発生的に、起こります。
自然発生というとおかしいですか。
動物でも恋愛はしますし、親子の情もあります。
(↑この辺は伝統的なキリスト教倫理観と大々的に意見を異にします。
だから、わたしは結局カトリックの熱心な信者ではありません_(^^))

それらは、生物でありさえすれば、本能の助けで、何の努力もなく
持つことが可能な愛です。

しかし、弱いもの、例えば高齢者、重い心身の障害を持った人、
もう助からない病におかされ未来がないと言われた子どもたち、
こうした人に慈しみを持つことは、どうでしょうか。

人間は弱いものを自然発生的に愛するわけではありません。
それは人としての心の訓練を必要とします。

どのような隣人にでも手を差し伸べることができる、
それが「(隣人)愛」だ、とおっしゃっているのです。
一方、「無関心」とは、その意味合いにおいての限局された対義語に
すぎないと思います。ですから、ご質問が広義の様々な「愛」の
対義語とすれば、確かにちょっと妙だな、と感じると思いますが、
まあ、そのような背景だと思いますので・・・

さて、広義の「愛」の対義語は、と言うと、それでもやっぱり
「無関心」で正解?(というのも変ですが)だと思います。
愛の始まりが、相手の存在に気づくことだからです。
存在もしない相手に愛は注げません。一方、憎しみを持っていても、
なお、「そこにいる」と認識している対象へは、いつかその感情が
愛に変わる可能性もあります。

プラス感情の反対はマイナス感情ではない、何故ならそれは
ベクトルが異なるだけで、質量をもっているのだから。
質量をもち得ないものはプラスにもマイナスにもなり得ない。

何か、数学的に言うと変ですけど、こんな感じではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 こんにちは。

> もうたくさんの考慮された回答が出た中で恥ずかしいですが、

 いいえ、そんな、恥ずかしいなんてご謙遜を、、。ご回答を読ませて頂きましたが、さりげない文章の中に2ケ所ほど私がハッとした言葉がありました。

【人間は弱いものを自然発生的に愛するわけではありません。 それは人としての心の訓練を必要とします】

 という部分と、

【愛の始まりが、相手の存在に気づくことだからです】

 という部分です。なんだか、いい言葉だなあと思いました。


> プラス感情の反対はマイナス感情ではない、何故ならそれは
> ベクトルが異なるだけで、質量をもっているのだから。
> 質量をもち得ないものはプラスにもマイナスにもなり得ない。
> 何か、数学的に言うと変ですけど、こんな感じではないでしょうか。

 無関心を振り子に例えて説明してくださった方もおられましたし、このベクトルという概念もなんとなくわかります。

『+1の反対は何ですか?』との問いに『ー1』という答えや『0』という答えもあるけど、『無』という解もあるというわけですね。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2003/04/02 19:31

こんにちは.


まず私の考える「愛」とは,「見返りを求めない想い」です.
貴方が回答に対する御礼で述べられているように,愛した人に裏切られて憎しみを抱いたとすれば,もはやそれは愛では無いと考えます.
「これだけ尽くしているのに,相手は○○してくれない…」という愚痴を耳にしますが,これも愛ではなく,期待や見返りを求める自己中心的な考えに基づくものと感じます.
本来の「愛する」とは,実に冷静かつ客観的に相手を観察し,相手のことを考え,相手の利益のために行動することと思います.
親が愛する子供のためにする行動(現代では必ずしも言えませんが…)も,同様です.
親まで冷静さや客観性を失って子供を「偽りの愛」で縛ってしまうと,悲劇的な結末を迎えるのではないでしょうか.
さて,いくら相手のことを考えて行動しても,相手自身ではないですし,100%相手の望む事ができるとは限りません.
時には良かれと思ってしたことが,裏目に出て非難されることもあるでしょう.
しかしそのような時にも「(誉めて貰う,感謝される…などの)見返り」を求めず,怒りで憤慨したりしないことが真の愛だと考えます.

以上,(私が考える)愛の定義から対比させますと….

「愛」の反対として,「利己」という言葉が思い浮かびます.
利己とは「自分の利益を大事にし,他人の事は考えないこと」です.
マザー・テレサの「無関心」も,後半の「他人の事は考えない」に含まれているかと思います.
私たちが日常「愛」だと感じていることも,実は「利己」だったりするような気が致します.

分かりにくくて申し訳ないですが,以上が私の考える愛と愛の反対です.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 こんにちは。

 『見返りを求めるものは愛ではない』というのは同感です。愛する子どもの例を挙げられていますが、端的に考えても、赤ちゃんへの愛情は何も見返りを期待しているわけではありませんよね。強いていえば、赤ちゃんに愛情を注ぐことによって得られる幸福感が見返りと言えなくもないかもしれませんが。

> 「愛」の反対として,「利己」という言葉が思い浮かびます.

 新しい説ですね。見返りを求めないという初めの部分から読むと、なるほどと思いました。

> 私たちが日常「愛」だと感じていることも,実は「利己」だったりするような気が致します.

 『かわいがることが愛である』、『叱らないことが愛である』と思い込んでいるのではないかと思える場面に遭遇することもありますね。利己を自覚していないと、愛と錯覚するのかもしれませんね。

> 分かりにくくて申し訳ないですが,以上が私の考える愛と愛の反対です.

 分かりにくいなんてことはありませんでしたよ。分かりやすく解説していただき、ありがとうございます。

 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛と憎しみ

愛が憎しみに変わるのは何故でしょうか?どんな時だと皆さんは思われますか?

愛も憎しみも、振れ幅が大きい感情だから、何かをきっかけに+から-まで一気にぶれるのでしょうか?

Aベストアンサー

愛が憎しみに変わるのは、愛に見返りを求める心が強すぎるためです。そういう人は自分の愛情を過大に評価し、逆に相手からの見返りを小さなものと評価してしまうため、常に見返りが少ないと不満を持つ事になります。
そのため、相手に対して様々な要求をしてしまうことになり、相手から嫌われてしまう率が高くなってしまいます。

しかも、この様な相手への要求を愛情と履き違えている場合も多く、相手が自分の愛情(自分が愛情と誤解してしまっている行為)を受け入れないという事実に益々苛立ってしまうことになります。

結果、フラストレーションが極度に高まり、自分を律することが不可能になります。そうすると自我の崩壊を避け、精神の安定を図るために、相手のことを憎むようになります。

Q「好きの反対は嫌い。では無く、無関心」

「好きの反対は嫌い。では無く、無関心」
と、マザーテレサは言ったらしいですが、心理学的にはその通りらしいです。



国語の観点から見ると、これは正しいのでしょうか、やはり間違っているのでしょうか?
余談ですが、もし好きの反対が無関心なら、嫌いの反対は何になるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
「愛の反対は憎しみではなく無関心」とも訳されているようですね。

>>>国語の観点から見ると、これは正しいのでしょうか、やはり間違っているのでしょうか?

国語のテストで「無関心」と書けば、当然、不正解となります。
しかし、「好きの反対は嫌い」という言葉には何のメッセージ性がないし、名言とも扱われません。

ちなみに、「行百里者半九十」(100里を行く者、90(里)を半ばとす)ということわざ(戒め)がありますが、
これを数式に「直訳」すると、100÷2=90 なので「間違い」です。
しかし、「物事を行うとき、最後の10%は大変だ。50%を終えたところで半分と思うな。」というメッセージになっているわけです。

>>>余談ですが、もし好きの反対が無関心なら、嫌いの反対は何になるのでしょうか。

その考えでいくと、やはり、「無関心」です。

好きと嫌いは表裏一体なんです。
恋人から一方的にふられると、愛情が憎悪に変わることがある。(殺人や無理心中にも至ることがある。)
仲の良かった兄弟どうしが親の遺産相続を巡って対立すると、他人どうしの場合よりも強く憎しみ合う。
「何、こいつ。変な男。」と思った人が、後に彼氏になる。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

こんにちは。
「愛の反対は憎しみではなく無関心」とも訳されているようですね。

>>>国語の観点から見ると、これは正しいのでしょうか、やはり間違っているのでしょうか?

国語のテストで「無関心」と書けば、当然、不正解となります。
しかし、「好きの反対は嫌い」という言葉には何のメッセージ性がないし、名言とも扱われません。

ちなみに、「行百里者半九十」(100里を行く者、90(里)を半ばとす)ということわざ(戒め)がありますが、
これを数式に「直訳」すると、100÷2=90 なので「...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qどうして司会者をMCと呼ぶようになったの?

最近テレビを見ていると、司会者のことを「MC」とテロップを入れたり、呼んだりしてますよね。

はじめMCとは何のことかわかりませんでしたが、何度か聞いているうちに、どうやら司会者を指していることがわかりました。

この傾向はここ1~2年だと思いますが、なぜ、このように司会者をMCと呼びかえるようになったのでしょうか?

イベントなどからの用語がテレビに移ってきたのでしょうか?

Aベストアンサー

MCは a master of ceremonies の略だと思うのですが、多分クラブ系の音楽でMC(アナウンスのような・・司会のような語り?)と DJ というのがあるので 一般的になったのだと思います。

と思って調べたら ↓ に同じことが書いてありました。

参考URL:http://www.gutch-g.com/dm.html

Q疲れている時に言われて嬉しい言葉は?

以前、電話で話す自信がないと彼に言われた事を相談した者です。
その節はアドバイスありがとうございました。
あれからおもいきって彼の家に電話をし、ずれていた歯車を戻す事が出来ました。

相変わらず激務らしく、非常に疲れているみたいです(声の感じから)。
そこで、少しでも彼を元気づけさせたい(疲れを吹き飛ばしたい?)と思うのですが、これといって思いつく言葉がありません。

こんな言葉をかけてるよ!っていう女性の方、こんな言葉を言われて元気になったという男性の方、ぜひ参考にさせてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私は女性ですが、やはり激務の時に言われて効いた言葉は、「頑張ってるんだね~~」でしたね。

「頑張ってね」でもないです。←十分頑張ってるので……
「頑張らないでね」でもない。←無理なので……

頑張っているということを、その人が理解してくれているというのを知って、ずいぶんほっとしたことがあります。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q振った振られた後の男女の未練の違い

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を振り切って振ったのに、3年後彼女が結婚し、今になって忘れられないと悩んでいます。こんなケースがもう1人いました。

私も振られてしばらく中途半端な状況でしたが、それでも2週間前に完全に振られたので、もう前進するのみとなった途端、あんなに寄りを戻したいと思っていた彼が一気に遠のき、今は懐かしく思い出し、楽しいことを思い出すとにやりと笑えるくらいになりました。(これも未練なのかな?)

男性のほうが何年も前の恋愛を鮮明に記憶していて、女性のほうがもう忘れた・・・が多いきがします。

この一般的に言う男女の違いってなんなんでしょうか?
人にもよるとは思いますが・・・。

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を...続きを読む

Aベストアンサー

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年ごしの付き合いだった場合に多く見られます。

男は、複数の女性を愛する事ができますから、一度愛した女性への愛は消えきらなかったりするんだと思います。本気で愛したなら自分から嫌いになる事も無ければ、復縁もできる場合が殆どです。
他の方も言っておられますが、男は名前をつけて保存します。
そして最悪なのが、そのフォルダたちを比較します。1番の女性が現れない限り、そりゃあもう過去に未練タラタラです。
別れても独占欲はありますから、新しい彼と歩いていたら心が痛いでしょうね。

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年...続きを読む


人気Q&Aランキング