こんにちは。
濃塩酸(35-37%)のpHが知りたいのです。
解離度1と仮定して計算すると、だいたい-1ぐらいになりました。
しかし、実際にはプロトンは100%解離してないと聞いています。
実測値は一体いくらなんでしょうか。
ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

塩酸」に関するQ&A: 塩酸と硫酸の判別方法

A 回答 (3件)

 訂正!! 冷や汗



 解離度はマイナスLogなので、pKa=-8は、近似的に全ての塩化水素が解離しているとみなしても良く、
 pH≒-log(12)≒-1.1

 実測しても、マイナス1近辺になりました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 すごい!実測されたんですね。
塩酸が本当にマイナスのpHだということに驚きました。
よく素手で扱ったものでしたが。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/03 23:17

 濃塩酸(35%)の規定度は、おおよそ12Nです。


 解離度が-8だと、
 pH=-log(12*0.00000008)
   ≒6.0になります。
 ん? 明日、実測しようかなあ。
    • good
    • 0

http://www4.ocn.ne.jp/~quimica/ref26.html
に塩酸の解離定数として「-8」が載ってます。
(この値が正しいかどうかは確認していないので、化学便覧などで確認してください。)
つまり、

 [H+][Cl-]
 --------- = 10^{-(-8)} = 10^8
  [HCl]

ですね。35-37%の濃塩酸のモル濃度と、実際の解離度の計算は、誰かよろしく。^^;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q濃硫酸と濃塩酸のpH

市販で売られている濃硫酸と濃塩酸のpHはどれくらいなのでしょうか?
大体でいいので教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

濃塩酸は塩化水素の約36%水溶液で、体積モル濃度で12M
この濃度で近似は成り立たないが、すべて電離しているとして
pH = -log [H+] ≒ -1.1
濃硫酸は約98%の硫酸でほぼ水を含まないため、pHの概念を適用できません。

Q次の問題の解き方教えてください! 濃度36.5% 密度1.2g/cm3 の濃塩酸のモル濃度はいく

次の問題の解き方教えてください!

濃度36.5% 密度1.2g/cm3 の濃塩酸のモル濃度はいくらか

Aベストアンサー

質量パーセント濃度36.5%の濃塩酸
溶液質量100gに対し36.5gが塩酸なので約1molが溶けている事になる。
密度が1.2g/cm^3なので、その容積は
100(g)/1.2(gcm^3)=83.333cm^3となる。
モル濃度は、溶質の物質量/溶液の体積(L)なので、
1mol/83.33cm^3=xmol/1000mL
x=12.00mol/Lとなる
答え12.0mol/L

濃塩酸は12N=12.0mol/Lと覚えておくと便利な事があります、
濃度としての規定(N)は今ではあまり使われていません(推奨されていない)が、時々出くわすことがありますね。

Q36%の塩酸水溶液を1%にしたいのですが・・・

36%の塩酸水溶液に何mlの水を加えれば1%の塩酸水溶液ができますか?

Aベストアンサー

No.5の補足です。
式の意味は、以下の通りです。
まず、濃塩酸8mlに比重1.19をかけて、その重さを算出します。
次に、それに36%、すなわち0.36をかけてHClの重さを算出しています。
それが1%の濃度になるわけですので、100をかけている(0.01で割ってもいいですが)わけです。
こうして得られた結果は、希釈後の溶液の重さであり、342.7gになればよいわけです。

したがって、加える水の量は上の重さから最初に用いた塩酸の重さを引けばよいことになり、それを計算すると333.2gとなります。
水に比重は1ですので、これを体積に直すと333.2mlになります。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

QpHの実測値

pHメーターで酢酸やアンモニアのpHを測定した時、理論式で求めたpHとpHメーターによる実測値に違いが出るのは、気温の他にどのような要因があるのでしょうか?
溶液を準備してから測定するまでに少し時間が空いて(数分)しまったのですが、それも要因になりますか(空気と反応した、等・・・)?

Aベストアンサー

工業系の測定では.

攪拌不足による部分的低濃度・高濃度の水塊の存在
電極温度と溶液温度の違いによる水解離度の変化(というか.他の影響を全部水の解離定数の違いとして補正していたのが私です)
電極の乾燥による劣化(1回乾いたら1週間以上水につけておく)
電極の汚染(微小電極の場合難溶せいぶしつの付着が検出部に発生した場合.沈殿のpHを図ってしまう)
カラメル電極の汚染(最近はきれいな電極が多く出回っています)
高濃度のアルカリを測定した場合には.炭酸ガスによる中和のほかにアルカリ誤差や電極の腐食が考えられます

今思いつくのはこの程度です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報