日本の漫画やアニメに見られるあの大きな目
あれを最初に書いた漫画家、もしくは画家、絵描きは誰でしょうか?
おそらくそれ以前は劇画というか写実的なものが一般的だったと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最初に目をデフォルメして描くようにしたのは、画家でマンガ家の「松本かつぢ」さんで、


更に目を大きく描くようにしたのが、No.1さんが回答している画家の「中原淳一」さんではないでしょうか。
    • good
    • 0

マンガとしてなら、普通は手塚治虫です。

ケンイチくんとちがった、バタくさい主人公キャラとして、ロック・ホームがでてきたころではないでしょうか(無理を言えば、戦中の私家版ロスト・ワールドにでてくる植物人間姉妹やミイちゃん、敷島鵬翼、アセチレン・ランプも目が大きいです)。
ただ、戦前に描かれたマンガでもおおきい目に描かれたキャラはおおく、有名どころでは田河水泡の「のらくろ」、宍戸左行の「スピード太郎」、などは、けっこう大きめ主人公の目が描かれています。
また、少女雑誌のカット、マンガも、ディフォルメした大きい目の女の子が登場するのですが、これはあくまでもカットであって、マンガではないでしょう。
    • good
    • 0

中原淳一さんではないでしょうか?


戦前戦後の少女雑誌「少女の友」や「ひまわり」の表紙や掲載小説の挿し絵を描いていた方。
その前の世代の竹久夢二というと、ちょっとイメージが違うので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画の中で「描き文字」ってあるじゃないですかあれについて質問です。

「描き文字」?「書き文字」?漫画の中のドカーンとか言う文字ですね。あれが特にうまいなーという漫画家さんって誰だと思いますか?あまりそのへん気にして読んでいる方いないと思うのでかなりマニアックな質問になってしまうと思うのですが・・・同人誌描いてみたいので基本的には練習アルのみだとは思いますが、まずは良い手本となるものを探したくって・・・。

Aベストアンサー

質問者さんの作風がわかりませんので、参考になるかどうか…

ただ迫力のある書き文字でしたら「島本和彦」さんでしょう。
漫画を描こう!という熱意があるなら、「燃えよ!ペン」は必読です!
(ホントか?)

あとは昔から活動しているベテラン漫画家さんは流石にうまい人が多いですね。

Q劇画調でない端正な絵柄を描く美人画家

以前「松森正」に凝って大抵の作品を集めました。でも彼は寡作でした。今も描いているのかわかりませんが見かけません。
余り雑誌は見ない方です、というかまったく買いませんが、単行本は時にまとめ買いします。
松久由宇の画風も好きでしたが彼も原作に恵まれなければ力を発揮できない作家のように思います。
彼らのような、いわゆる劇画調でない端正な絵柄を描く美人画家を知りませんか?
(池上遼一や平野仁などはちょっと引けます。まだやまさき拓味のほうが好みです。)
古いのかもしれません。

Aベストアンサー

山田章博さんなどいかがですか。
マンガより挿絵が主流かも知れないですが、繊細さで秀でていると思います。

Q探している漫画があります。戦う女主人公で劇画調。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じさせる生身の戦い方でした。


で、ほんとにうろ覚えなのですが、女主人公は普通の人間ではなく、伝説の何かである
とかいうスートーリー展開のような記憶もあるのですが、定かではありません。

作者はアマゾネス的に精神的、肉体的に強い女性が好きな男性の漫画家さん
だったようで、やたらに強いヒロインを主人公にした作品を
多く描いているようでした。

この作品だったかどうかは忘れたのですが、作者の方が単行本のカバー折り返しのコメントで、
昔の洋画のジャングルで戦う強いヒロイン(女ターザン?)に惹かれたのが、自分の漫画のルーツ
であるというような内容の事が書かれていたと思うのですが。

検索してもうまく該当する作品に当たりません。心当たりのある方情報お願いします。

タイトルも作者名も不明です。

読んだ時期は15年~20年前。
単行本で絵は 劇画調でした。


古代ローマ?か何かが舞台だったと思います。
具体的に憶えているシーンは女主人公が敵に捕らえられ、
拘束を解こうとほぼ裸の状態でもがいているのを、
同じ場所に拘束されていた男の捕虜が「そんなにみせつけられちゃたまらないね」
とか言う場面があったと思います。

女主人公が戦っている相手も女戦士だったと思います。
最近のマンガのような超能力やファンタジー的な強いヒロインではなく、
もっと血と汗を感じ...続きを読む

Aベストアンサー

その条件で思いつくのは、「闘奴ルーザ」(かきざき 和美)ですかね。
あるいは同じ作者の「LIZA」か。

Q漫画と劇画の区別?

タイトルのとおりです。
「漫画」と「劇画」ってどういうところで区別するんでしょうか?

僕は「北斗の拳」「男塾」「JOJOの奇妙な冒険」などのように写実的で書き込みの細かい作品を何となく「劇画」とよんでいるのですがこれって間違ってますか?

Aベストアンサー

こんばんは。

「マンガ」は総称って事で良いと思いますよ。
つまり「マンガ」>「劇画」です。

まずは初期の手塚治虫みたいなマンガをイメージして下さい。
マンガって随分長い間ああいったディズニーからの影響が見られる画風が主流だったのです。
それが白土三平(カムイ伝)辺りから書き込みが多く荒々しい=リアルさの追求である「劇画」が生まれ、70年代~80年代にかけてブレイク。
これに影響された手塚さんも「ブラックジャック」という劇画風の作品を生み出します。

つまり、マンガの文化が成熟して行く中で生まれた潮流のひとつってことです。今では逆に「さいとうたかを」みたいなちょっと古いタッチのものを「劇画」とよんでしまったりします。

Q「信長」という漫画(劇画)の事で

もう十数年前の作品で、原作が工藤かずや、作画が池上遼一さんで、
たしか全7巻までしか出てなくて、私も持ってます。ところが、この
漫画の事を知ってる人だったらわかるのですが、この作品の単行本は途中で終わったままなんですよね。しかし連載(たしかスペリオールのはず)では、最後まで
続いてたんです!!(信長が本能寺の変で死ぬ所まで)。
なのにいつまで経っても単行本化されず、気がついたらもう、10年くらいたってませんか?当時は人気のあった連載でしたし、私の様に単行本を待ちわびてた人は多かったのじゃないかと思います。
なぜ最後の単行本が出なかったのか、知ってる人がいましたら教えて下さい。
もしくは出る可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

おっしゃる通りコミックの方は、7巻まで発売されています。
完結はしていません。8巻が発売されていないのです。
そしてまたおっしゃる通り「スペリオール」の方では完結しています。
発売されていない作品は、1989年11月1日号から1990年3月1日号まで
9本の連載分です。
発売されない理由は、「原作が盗作であると訴えられ、絶版回収となっているから」
だそうです。
その問題が解決されていないうちは8巻の発売はないのではないでしょうか。
現在はどうなっているのかはちょっとわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報