ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

先程、このカテゴリー内の5個下のご質問の、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4863464.html)を読んでいましたところ、No.4 様のご回答は、とても参考になりました。私がぜひ知りたいような内容そのものでした。

もう少し詳しく知りたいので、もしご存知のかたがおられましたら、お教え頂けるととてもありがたいです。


では、

DVD-RAM と、BR-RE と、BD-R とを比べた場合は、

どれが今のところ最も最後まで持つと考えられるのでしょうか?

例えばe2などのコピーワンス番組を、ハードディスクから移しておく場合に、なるべくならDRモードで残したいので BR-RE か BD-R にと思うのですが、このどちらが保存性が高いのか分らず、困っているところです。

または、それ以上に、DVD-RAM のほうが保存性が良いのなら、HGモード(パナソニックのブルーレイ機BR500)にてDVD-RAM に移しておこうかと考えます。


それぞれの、今現在の考えられている推定の寿命(ダメになると思われる最短の時期)は、どの程度と言われているのでしょうか?

(ディスクへのキズに関しては、細心の注意で取扱い、付かないものという条件で、教えて下さい。)



当方が使おうと考えているディスクは、すべてパナソニックブランドの:

DVD-RAM (http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
BR-RE (http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
BD-R (http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …)または(http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

です。


これよりも良い(長持ちしそうな)ブランドがあるよ、という場合は、その商品名も教えて頂けると非常にありがたいです。



また、BD-R には、~2倍速と、~6倍速対応のものがあるようですが、どちらのほうが より長持ちすると考えられているのでしょうか?

(同じく、DVD-RAM についても、~3倍速と ~5倍速対応のものがあるようですが、これはどちらのほうが より長持ちすると考えられているのでしょうか?)

(尚、カートリッジ付きDVD-RAMは、トレイに載らない機種のため 考えておりません。)

録画するために使う機種は、
パナソニックのブルーレイ機BR500(http://panasonic.jp/diga/products/br500/)は2台持っています。
(今後買い足す機種も、パナソニック以外は考えておりませんので、DVD-RAMにHGモードという録画は将来も観続けられると考えております。)
(が、これも怪しいところでしょうか? ディスクは残っても、再生出来る機種が無く、結果ブルーレイのほうが良かったとかなる可能性は、、、低いでしょうか?)


そういう意味で言うと、DVD-RAMにXPモードが良いのかな?などと考えてしまったり、、、





当方、この件で、結構悩んでおります。

ご存知の件のみでも構いません。いろいろなかたからご回答頂けると、非常にありがたいです。


すぐには締め切りませんので、お時間ある時にでも回答頂けると非常にありがたいです。

最後にご回答を頂いた時点から、1週間後を目安に、必ずポイントをどなたかに付けて締め切りますので、

どうか、宜しくお願い致します。




(追記)
例えば、ですが、

元のURLのNo.4様ご回答を読みますと、

BD-R は、DVDと同等とのことですので、(市販の音楽CDとして書かれた)約15年から20年程度。

BD-RE は、DVD-RW並とのことですので、DVD-RWはDVD-Rと似たようなものということですので、市販の音楽CDより短く、保存環境によっては10年とか。?

DVD-RAM は、理論値で100倍あるため、BD-R や BD-RE よりはかなり有利。(この場合、市販の音楽CDを超えて。なんて訳ではないのですよね?)


BD-R についての、「DVDと同等」とのお話が、どのDVDのどの寿命のことを指しているのかも少しわからないので、
順位として、この3者のどれが一位なのかも分らないでおります。



BD-RE と BD-R を比べて、BD-RE が保存性では劣っていることだけは、間違いのないことなのでしょうか?


いろいろと聞いてしまっておりますが、
回答 宜しくお願い致します。

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> DVD-RAM と、BR-RE と、BD-R とを比べた場合は、


> どれが今のところ最も最後まで持つと考えられるのでしょうか

規格そのものはさほど重要ではありません。
メディア(ブランドや銘柄)にどれほど信頼性があるかが重要になります。

Blu-rayには一般的にDVD-RAMと同じ金属化合物(HL)が用いられます。
しかし、最近は「LTH」という規格が存在し、DVD-Rなどと同じ有機色素を用いるもの
も存在しています。

金属化合物を用いるもの(HL)は結晶構造を層変化として捉えるために、本来保存性は
極めて高いハズなんです。しかし、層変化の前後に於ける光の反射率の違いが大きく
ないために、読み取りにくく僅かな劣化で読めなくなる欠点があります。

有機色素を用いるもの(LTH)は、CD-RやDVD-Rとは逆で記録が行われた部分の反射率が
高くなるように作られています。DVD-Rが焦げ痕を作ると表現するなら、Blu-ray(LTH)
は焦げ痕を消すと表現するのが正確かもしれません。
これにより、保存や安定性を飛躍的に向上させることに成功しています。

もともとBlu-rayは青色レーザーに反応するように作られており、赤色レーザーを使用
するDVD-R(RW,RAM含む)よりも波長的に近似する紫外線に弱いという特性があります。
従って、UV耐性をどの程度重視するのかも重要になってきます。

3年前、財団法人機械システム振興協会が「長期保存のための光ディスク媒体の開発に
関するフィージビリティスタディ」という資料を提出しました。
# http://www.dcaj.org/h17opt/17optstudy.html

Blu-rayの情報はありませんが、加速劣化試験による推定寿命に関しては上記報告書を
ご覧ください。報告書を読んで頂ければ分かるように、規格そのものよりもメディアの
ブランドに大きく左右されるのが分かるかと思います。

本来、保存性に関し、DVD-RAM、DVD-RW、DVD-Rの順になるハズなのですが、低品位な
DVD-RAMよりも高品位なDVD-Rの方が優秀であるケースも少なくありません。

つまり、保存性を重視し、メディアを選ぶ際、規格ではなくブランドを重視する必要が
あります。…とは言え、どのブランドが保存性に優れるのか素人には判断が難しいのも
事実です。

こうした状況を受け、ISO(国際標準化機構)/IEC(国際電気標準会議)が、2008年1月に
「光ディスク寿命推定試験法」を国際規格「ISO/IEC 10995」として策定し、光ディスク
の普及促進を行なっているCDs21ソリューションズが、導入の準備を進め、同年8月に
特定非営利活動法人アーカイブディスクテストセンター(ADTC)を設立しました。

定められている試験法にて、加速劣化試験を行い最低30年以上の寿命と判断された
光ディスク製品に認定マークの使用が許可される仕組みとなっています。

つまりユーザーは、パッケージなどに印刷される認定マークを確認することで、ある
程度の保存性を有するメディアを選択可能となります。

当初はDVD±Rから順次取り入れると発表されていますが、Blu-rayにも導入されるのは
明らかでしょう。ぜひ購入時にはこのような認定マークをご確認下さい。

最後に誤解を招きやすい部分について説明しておきたいと思います。
DVD-R(RW,RAM含む)やBlu-rayの記録面保護層にはポリカーボネートと呼ばれる素材が
用いられています。

ポリカーボネートは安定性が高く、紫外線や湿気に非常に強い特性があります。
その耐久性の高さと軽さを活かし、近年は車や物置などの外装や瓦などにも使われる
ようになっています。雨風や紫外線に晒されても実用的に耐える性能を持っています。

実はLDやCDのごく初期の作品には保護層にアクリルが用いられており、アクリルには
僅かながら吸湿性を持つために、白濁を起こしたり、記録面を錆びさせるなどの問題を
発生させました。

ポリカーボネートには吸湿性はほとんどなく、実用的にこのような問題は発生しません。
旧来のアクリルで発生した問題を近代のポリカーボネートの問題と取り違えがちです
のでご注意下さい。
    • good
    • 6

直接の回答ではありませんが、No.2 さんの回答に補足です。



現在、ADTC の認定は主に「業務用」に発行されてるようです。
こうなると、メディアの品質については、各サイトのクチコミを
参考にする以外ありませんね。



ちなみに私の所では、相当枚数(各700+)のCD-R、DVD-Rのデータ
バックアップが有り、古い物ですとCD-R 2000年、DVD-R 2003年
より使用してますが、保存していたものがエラーで読み込めなく
なる事態はCD-R、DVD-R共に、一枚しか発生しておりません。
(復旧可能な特殊データ形式で、読込は可能でしたが)

他社様より、お預かりしているデータもありますので、あまり品質の
悪そうなディスクは使用してないのも理由の一つですが、特段、
高価なディスクは使ってません。

長期保存の為には、メディアがどうか…よりも、光学記録メディア
一般に言えるのは…

・高温・多湿・ホコリを避け完全に光を遮断した場所に保管する事
 (無機記録媒体の場合は、磁気にも注意)
・PC内蔵ドライブやプレーヤーに長時間入れっぱなしにしない事
・指紋等がついてしまった場合、保管前に必ず拭取る事
・長時間使用しなければならない場合、仮想ディスクとしてHDDに
 保存したものを使う

…等が一番の鍵になります。

最近のドライブは高速で、熱を持ちやすい為、私は冷却機能付の
外付けドライブを主に使用してます。

そして、可能であれば…。バックアップを取っておく、1年に一度は
検査し、数年(5~6年)毎に別のディスクに書き直す…事をすれば、
万全です。

結構面倒だと思われがちですが、1日5~6枚の検査や書き直しで、
データの永久保存が可能です。

勿論、一般的なご家庭であれば、有る程度の「データ仕分け」は
必要だと思いますが…。

ご参考迄に、DVD-R1枚、当方でのバックアップコストは…21~
25円程度です。

BD-Rについては長期保管データが有りませんが、コストは100円/枚
以下になりつつあります。

いまの所、BDメディアは保管性能よりも、書込み時の相性の方が
問題のような気がしますが…。


蛇足ばかりの回答ですみません…。
    • good
    • 5

BDは使ったこと無いので この辺は割合して読んでください




市販のCDやDVDは レコーダーで使うCD-RやDVD-Rとは作りや材料が全く違います

CDの場合はアルミの円盤にプレス機で凹凸を付けこれにレザーを当て 光の反射でデータを読み取るものです
劣化はこのアルミが錆びて光が反射し難くなってデータが読めなくなる

DVD-Rは 強いレーザーを当てて色素を変化させて記録する
昔の感熱式のプリンターやFAXのようなもの
机の上においておけば 変化してない部分まで、色が変わって文字が判別できなく成りますね
でも、きちんと書類として保管(光が当たらないように)しておけば何年でも保存可能です
DVD-Rも同じらしい 光によって状態が変化してしまう


DVD-RWとDVD-RAMは材料は金属で強いレーザーで熱を加えて溶かして
ゆっくり冷やすか 急激に冷やすかで 金属表面の結晶状態を変化させる
ツルツルかザラザラか これにより光の反射状態が変わるように
DVD-RWやDVD-RAMは熱に弱いとされてます 熱によって状態が変化


>DVD-RAM は、理論値で100倍あるため、BD-R や BD-RE よりはかなり有利。(この場合、市販の音楽CDを超えて。なんて訳ではないのですよね?)

100倍と言うのは書き換え回数のことです
RAMは10万回 RWは1千回とされてます
しかしながら 壊れたRAMを5枚ぐらい持ってます RWは100回初期化したのはたくさん持ってます RAMは意外と脆いですよ
保存性は両方とも変わらないはずです

そしてもう一つ DVDの記録面を保護してる透明なプラスチック(ポリカネート)これが湿気に弱く白く濁ってきます
このポリカネートの寿命が10年と言われてます
(でもこれが原因で劣化したDVDは聞いたこと無いですけど)

DVD-RAM、DVD-RW、DVD-Rなら DVD-Rが一番持つと考えます
書き換え型は金属ですから錆びが怖いですね
(それに機械の不調や人のミスで消えたりします)
DVD-Rは光に弱いから光を避けて保管
(光を避けるなら 錆びに対する管理より簡単 それにライトワンだからファイナライズしておけばデータが壊れることも無い)
残る問題は温度と湿度(ポリカネート対策)ですね

BDは色素系でないBD-R 色素系は光に弱いけど 光に強いタイプなら
BD-REやDVD-RAMより保存性は良いはずです
(でもおそらく 光に強いタイプは市場から消えるでしょね 値段高いから)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBD-R と BD-RE どっちがお勧め?

ブルーレイレコーダー内のHDD容量が増えたので
BDに入れたいのですが、おすすめはどちらですか?

絶対保存でも無いテレビ番組なので迷っています。。

無難な方を選びたいのですが…。
教えて下さい。

Aベストアンサー

保存しないのなら、BD-REでしょう。
ご存知かと思いますが、BD-Rは、一回書き込めば終わりです。空き容量があれば、追記できます。ただ、ダビング途中で、中止しても、空き容量は少なくなります。
コストは、REに比べ、Rのほうが少しだけ安いです。

QDVD-RAMとDVD-Rのどちらが保存性にすぐれているの

子供の成長を記録したDVテープをDVDにダビングして保存しようと思っています。子供のDVDなので、保存しているものを書き加えたり消したりする必要がないのでDVD-Rでもいいのかなとも思うのですが、「大切な記録はDVD-RAMで」とマニュアルにも書いてあるのでどうしようか迷っています。経済的にはDVD-Rの方が助かるのですが、子供の記録なので長期間の保存が可能なのであればDVD-RAMを買うことに抵抗はありません。
この2つのどちらが長期保存に適しているのでしょうか?それともどちらも同じなのでしょうか?
こうしたことに詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 経年劣化を気にするなら、mpeg2データとして殻付きDVD-RAM(Panasonic製)です。
 殻付きはむき出しのディスクよりいろいろと耐久性が高く、プロテクトノッチで誤書き込み防止もできますし。
 -Rがダメかと言われればそんなことはありません。
 良質の-Rをしかるべき保存環境に置けば、数年でダメになるということはそうそうありません。
 しかし10年20年となってくると話は別です。

 とりあえずは市販品の中で最も品質に優れていると思われる商品を選びます。
 RAMはPanasonic製、-Rは太陽誘電製を買って、それぞれに保存します。
 で、数年すればブルーレイが出回ってると思うので、これの殻付きのにまたダビングする。
 そうやって新しいメディアが現れたらバックアップを保存していけば、火事で焼け出されたりしない限りは平気です。
 実際、昔のアルバムを火事で失った人は結婚披露宴が寂しいそうで。

 とりあえず1種類のメディアを1枚つくって何年も保存しよう、という発想がよろしくないです。
 だから何年後かの互換性や劣化云々の話になってしまう。
 保存環境に気を使うのもさることながら、大事な記録は複数枚保存が当然です。つまりRAMと-Rを同時に保存することは、それほど突拍子もなくはありません。
 あと互換性は他の機器でも読む場合に語る要素であって、保存性とは何の関係もありません。
 互換が無くなるころではなく、新しいメディアが落ち着いたら積極的に移行するべきです。

 千枚つくるから-Rじゃないと金が追いつかないというなら別ですが、-RとRAMをそれぞれまとめ買いしてください。
 RAMだって10枚で3~4千円程度なら、2~3年前の-Rと同じ値段です。

 わたしだったら外の媒体が何であろうと、それはその時代時代に合わせるべきものなので、中身をしっかりコピーすればそうそう無くなるものではないと思います。大容量化して枚数だって減るし。
 フロッピーだってあれほど世界中に出回ってたのが、今じゃ3.5が細々と売られてるくらいですから、CDやDVDだって安泰とは誰も言い切れません。

 経年劣化を気にするなら、mpeg2データとして殻付きDVD-RAM(Panasonic製)です。
 殻付きはむき出しのディスクよりいろいろと耐久性が高く、プロテクトノッチで誤書き込み防止もできますし。
 -Rがダメかと言われればそんなことはありません。
 良質の-Rをしかるべき保存環境に置けば、数年でダメになるということはそうそうありません。
 しかし10年20年となってくると話は別です。

 とりあえずは市販品の中で最も品質に優れていると思われる商品を選びます。
 RAMはPanasonic製、-Rは太陽誘電製...続きを読む

QDVD-RとBD-R、どちらが長く保存が利く?

こんにちは。

首題の件に関して質問させて下さい。
私はPCのバックアップを週1で取っています。容量は1GB程度でメディアとしてDVD-R(シングルレイヤー)を用いています。ちなみに焼き終わったらディスクをクローズします。そして世代管理をしています。

最近、BD-Rがある程度安くなってきたので保存性に関してDVD-Rとどちらが上なのかを考え始めました。もちろん、メーカーやそのメーカーの型番、ドライブ機器の差があるのは分かります。

それでここで本題なのですが、
『DVD-RとBD-Rとではどちらがより長く保存できるでしょうか?』

もちろん一般論で構いませんし、Blu-rayはそれなりに新しい規格なのは存じています。またUSBメモリやSDカードへの保存は全く考えておりません。

みなさま、お考えをお聞かせ下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DVD-Rは有機系素材に対してBD-Rは無機系素材です。

紫外線などに対しては無機系の方が強いですから、
長期保存を考えるのであればBD-Rですね。

BD-RでもLTHというものは有機系素材を使ってるので
注意が必要です。

Q長期保存に適したブルーレイディスクについて

テープに保存してある番組をブルーレイにダビングして長期保存したいと思っています。
BD-REとBD-Rのどちらがオススメですか? また、メーカーはどこがいいでしょうか?


長期保存性はREとRどちらが優れているか、国産と台湾製・インド製の性能の違いなども教えてください。
50枚入りなど枚数の多い商品は1枚当たりの価格が安いですが、5枚・10枚入りの商品と比べて品質格差はありますか?
購入予定は、国内大手メーカーを考えています。(パナソニック、マクセルなど…)

Aベストアンサー

BD-RとBD-RWは無機色素なのでどちらでもいいです。
パソコンならファイナライズできる、BD-Rの方がいいのかも。

ただし、BD-RのLTHというやつはCD-RやDVD-Rと同じ有機色素系なので、やめておいた方がいいです。

太陽誘電は日本製ですがLTHメディアしか作っていないので注意です。

日本製はソニーかパナソニックしか作ってません。それ以外は海外製ですが、日本の会社(TDK、三菱、マクセル等)が販売しているメディアであればある程度は信頼出来ると思います。

50枚入りも10枚入りも同じ販売会社なら差はないでしょう。ただし、保管時は1枚ずつ保管できたほうがいいかも。不織布などは保存には向かないですよ。

Qブルーレイレコーダーの寿命は?

  国内の有名メーカーのブルーレイレコーダーを使っていますが、今年で4年目になります。ただ私の場合は家族で使っているため、毎日5~6時間は録画か再生に使っている状態にあります。HDD320Gの容量なのですぐに一杯になってしまい、頻繁に消去・録画を繰り返す状況です。かなりヘビーユーザーの部類になるかと思いますが、一般的にブルーレイレコーダーの寿命はどのくらいなのでしょうか。HDDに録画される仕組みがよく分かりませんが、録画や消去を繰り返すうちに少しずつ消耗するものでしょうか。もし劣化が進むとどんな症状がでるのですか。幸い今のところ何の障害もなく、順調に動作しています。詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい訳ではありませんが、私の経験です。

パナソニックのHDD/DVDレコーダーを2004年から使っていました。
DVDライティング部分が1年ちょっとで故障したので交換修理、それから3年位で再度故障しましたので、それを機会に2008年にパナソニックのブルーレイレコーダー購入、DVDレコーダーは、HDD部分だけを見たら消す番組の録画に使っていました。
2011年に2台目のパナソニックのブルーレイレコーダーを購入したので、DVDレコーダーを廃棄しましたが、約7年間の使用中、HDD部分は故障しませんでした。

DVDレコーダーの経験から、ある程度の期間でBDライティング部分の故障発生を予想していましたが、BD約100枚、DVD約200枚を焼いた現在まで異常は発生していません。
またHDD部分も異常ありません。

息子が2009年にシャープのブルーレイレコーダーを購入しましたが、こちらも故障は発生していません。

一般的にメーカーの保証期間は1年ですので、1年経過すれば故障が発生してもおかしくは無いのですが、HDD部分はかなりの耐久性があるものと思います。

なお、ネットの書き込みを見ますと、ハード的な故障よりはソフト面の不具合が多いように感じます。

詳しい訳ではありませんが、私の経験です。

パナソニックのHDD/DVDレコーダーを2004年から使っていました。
DVDライティング部分が1年ちょっとで故障したので交換修理、それから3年位で再度故障しましたので、それを機会に2008年にパナソニックのブルーレイレコーダー購入、DVDレコーダーは、HDD部分だけを見たら消す番組の録画に使っていました。
2011年に2台目のパナソニックのブルーレイレコーダーを購入したので、DVDレコーダーを廃棄しましたが、約7年間の使用中、HD...続きを読む

QBD-RとBD-R DLは同じメディア?25Gか50Gかの違いだけですか?

タイトルどおりなのですが、違いは何でしょうか?

通販で50GBのBDを買いたいのですが、普通のBD-Rで50Gってないのでしょうか?
また、BD-Rが読み込んで書き込めるドライブならBD-R DLも同様ですか?

Aベストアンサー

BD-R は 25GB で書き換えが不可能
BD-R DL は 50GB で書き換えが不可能
BD-RE は 25GB で書き換えが可能
BD-RE DLは 50GB で書き換えが可能

それぞれのメディアの特性はこんな具合です。

後ろに何も付いていない25GBの物は片面一層のメディアで、
DLと付く50GBの物は片面二層のメディアとなっております。

ちなみに何も付いてない25GBのメディアは単純にBD-RやBD-REなどと書いてありますが
正確にはBD-R SLやBD-RE SLとなります、SLが一層でDLが二層という事を表してます。
SLとDLは Single Layer と Dual Layer の略です。

片面一層メディアとと片面二層メディアの違いは、
一つのディスクに記録層が一層あるか二層あるかという違いがあります。
一枚のメディアに対してデータの記録を行える層が二層あるという事で
これにより二倍の容量を確保できます。

ただし、一枚のメディアに層を複数用意する事は技術的に難しく、
一層のメディアに比べて書込み読込みの安定性や
データの長期保持性や互換性などは低くなる傾向にあります。

DLと付くメディアを扱いたい場合、ドライブがそれをサポートしている必要があります。
サポートしているのであれば一層の物と同様に使用できます。
使用方法や使い勝手に限って言えば一層の物も二層の物もさして違いはなく
容量のみが異なるだけ、と言ってしまってもよいでしょう。

BD-R は 25GB で書き換えが不可能
BD-R DL は 50GB で書き換えが不可能
BD-RE は 25GB で書き換えが可能
BD-RE DLは 50GB で書き換えが可能

それぞれのメディアの特性はこんな具合です。

後ろに何も付いていない25GBの物は片面一層のメディアで、
DLと付く50GBの物は片面二層のメディアとなっております。

ちなみに何も付いてない25GBのメディアは単純にBD-RやBD-REなどと書いてありますが
正確にはBD-R SLやBD-RE SLとなります、SLが一層でDLが二層という事を表してます。
SLとDLは Single Layer ...続きを読む

Aベストアンサー

1000回書き換えとは短時間番組の追加・削除(番組録画)や細かいファイルの追加削除(バックアップ)での回数ではなくフォーマットを999回まで実行、次に書き込んだら終わりというイメージです。

Qブルーレイの映画は再生を繰り返すと劣化しますか

2010年12月に購入したPanasonicのDMR-BWT2100というブルーレイレコーダーで、ブルーレイの映画を買って観ています。

最初は全く正常だったのですが、50回くらい再生した頃から、特定の2箇所で、画面がモザイク状になるようになりました。その最初の頃は2箇所ともほん僅かの範囲(時間)だけモザイク状になるだけだったのですが、その範囲(時間)が少しずつ広がって、今では2箇所とも1分間くらいモザイク状になります。

その映画をもう1台のレコーダー(PanasonicのDMR-BZT700、2011年3月購入)で再生すると全くモザイク状にはならないので、レコーダーに問題があるのかとも思っています。でも、2~3回しか再生してないブルーレイの映画もあるのですが、これはどちらのレーダーでも全くモザイク状にならないので、ブルーレイの映画に問題があるのかとも思っています。

DMR-BWT2100は居間で毎日7時間くらい、DMR-BZT700はキッチンで毎日5時間くらい、動かしています。

ブルーレイの映画は再生を繰り返すと劣化するのでしょうか 。

Aベストアンサー

理論上、プレス・メディアのブルーレイディスクは、再生回数が多いから劣化することはありません。
非接触メディアですからね。

>盤面を光らせてみても、傷らしい傷やはっきりした汚れはありません。殆ど新品状態です。

盤面とは、信号読み取り面のことと思いますが、見落としがちなのがレーベル面の傷です。
実は、レーベル面側は意外と層が薄く、ちょっとした傷から信号面に到達することがあります。

あとはディスクの読み取り能力の差でしょう。
僅かなブロックノイズであれば、レコーダー側のドライブの読み取り能力の極僅かな差ででそうなる可能性はあります。
ドライブ自体も使用とともに劣化します。長く使えばレーザー出力が落ち、読み取り能力が低下します。

Q長期保存:DVD-RかDVD-RWか

ホームビデオをDVDに保存しようと思います。
DVD-Rに保存しようか,DVD-RWに保存しようか悩んでいます。
安物ではなく,太陽誘電(OEM含む)やMaxellのものを使おうと思います。

1.
メディアの劣化などを考えるとRとRWどちらが長寿命といえますか。

2.
10年後位には記録しなおそうと思うのですが,「超硬」や「HG(ハイグレード)」を購入する価値はあると思いますか。

Aベストアンサー

>1.

DVD-RWですね。DVD-Rは3~5年、DVD-RWは5~10年程度が一般的な最大寿命です。

>2.

10年間もバックアップしないでいるというのはデータを消そうとしているようなものです。DVD-RWが5~10年もつといっても保管環境によっては1年で消えることもあります。最低でも3~4年でバックアップしないとかなり危険ですよ。

ちなみに、超硬やHGというのはあくまでもプラスチック部分の強度を上げているだけなので寿命にはあまり関与しません。他にも紫外線に強いメディアもありますがDVD-RWにはあまり関係ない部分ですね。どこのメーカーも超寿命のDVDメディアは発売していません。あくまでも高耐久性メディアです。

Q【至急】BD-Rのビデオ用とデータ用は同じ。ということは

【至急】BD-Rのビデオ用とデータ用は同じ。ということは

閲覧ありがとうございます。BD-Rメディアに関する質問です。
新しくPCを買った家族にBD-Rを買うよう頼まれました。
早速いつもお世話になっているamazonで探していたのですが、ちょっと不安な点が出てきました。
まず、BD-RもDVD-Rと同じように「ビデオ用」「データ用」と表記が違うものが売っていますね。
DVD-Rの時は著作権の問題で録画記録できないうんぬんの違いがあったそうですが、BD-Rは分かりやすく表記を変えているだけで基本は同じものだということが分かりました。
家族は新しく買ったPCで恐らく地デジ等の映像を記録するのが目的だと思いますが、データ用という表記のものを選んでも問題ないでしょうか?
また、今買おうとしているのがコレ↓なんですが、型番を見ると「V」と「D」の違いのみであり、恐らくビデオ用とデータ用の違いであることが分かります。
●SONY 日本製 ビデオ用BD-R 追記型 片面1層25GB 4倍速 プリンタブル 10枚P 10BNR1VBPS4(¥3,063)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0013QZBVI/
●SONY 日本製 データ用BD-R 追記型 片面1層25GB 4倍速 プリンタブル 10枚P 10BNR1DBPS4(¥2,609)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001FOPW44/

そうした場合、この二つの商品は表記が違うだけで中身は「全く同じもの」が入っていると考えてよろしいでしょうか?
そりゃSONYのこのメディアを生産している工場を確認しなければ確かなことは言えないかもしれませんが、理論上、この二つの商品は中身が同じなのかどうか教えて下さい。
それによっては500円近く差がありますので損をしないようデータ用の方を買いたいと思います。
どなたかお詳しい方おりましたら偏屈な私にご説明をお願い致します。

【至急】BD-Rのビデオ用とデータ用は同じ。ということは

閲覧ありがとうございます。BD-Rメディアに関する質問です。
新しくPCを買った家族にBD-Rを買うよう頼まれました。
早速いつもお世話になっているamazonで探していたのですが、ちょっと不安な点が出てきました。
まず、BD-RもDVD-Rと同じように「ビデオ用」「データ用」と表記が違うものが売っていますね。
DVD-Rの時は著作権の問題で録画記録できないうんぬんの違いがあったそうですが、BD-Rは分かりやすく表記を変えているだけで基本は同じものだという...続きを読む

Aベストアンサー

確かに全く同じ物で価格が違うとなると機能的に違いがあるのでは?と思う気持ちはわかります。
しかし全く同じと考えて下さい。その価格差は私的録音録画保証金と呼ばれるものです。
権利者団体(例えばJASRAC)とかにそのお金が分配されます。
個人で録画した番組を楽しむだけなのに知らないうちに誰かにお金が入るわけですね…
これはメディアを製造して販売会社も儲かるわけではないですから可哀想です。
ですからこれらの違いはについて「全く同じディスクです」とは言いませんがそのような回答をしています。
例えばSONYなら

「ビデオ用ブルーレイディスクは、ブルーレイディスクレコーダーでの映像録画を想定しており、使用できないレコーダーや参考録画時間を記載するなどレコーダー利用者の利便性を考慮しております。
一方、データ用ブルーレイディスクは、パソコンでの使用を前提として容量のみを記載しております。」

と記載されている言葉が違うだけと言っているようなものです。

太陽誘電なら

「ディスク本体に違いはありません。ビデオ用には私的録画補償金が含まれています。
TV放送などを録画する場合にはビデオ用をお使いください。
あなたが録画、録音したものは個人用として楽しむなどの他は、著作権法上、権利者に無断で使用できません。」

という感じで違いは無いけどビデオ用を使ってねと無理に言っている感じがします。

おのずとどちらを選ぶかが決まってくると思います。

確かに全く同じ物で価格が違うとなると機能的に違いがあるのでは?と思う気持ちはわかります。
しかし全く同じと考えて下さい。その価格差は私的録音録画保証金と呼ばれるものです。
権利者団体(例えばJASRAC)とかにそのお金が分配されます。
個人で録画した番組を楽しむだけなのに知らないうちに誰かにお金が入るわけですね…
これはメディアを製造して販売会社も儲かるわけではないですから可哀想です。
ですからこれらの違いはについて「全く同じディスクです」とは言いませんがそのような回答をしています。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング