「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

愛犬が膝蓋骨脱臼(パテラ)かもしれないと動物病院で言われました。
詳しく聞くと膝の皿が指で押すと外れるとのことでした。まだ1歳なので骨が柔らかくまだ分からないそうですが、病気の殆どは遺伝性だそうです。愛犬は生まれつき体が弱いので心配です。その時は他にも相談することがあったのでそれ以上は聞くことが出来ませんでした。
その後気になって詳しく調べてみると、重症度はグレードIでした。
色々調べていくと、軽いものであれば直すことができる というようなことが載っていました。本当なのでしょうか?
少しでも軽くできたり、直せるなら(予防と言う意味でも)してあげたいです。
ちなみに家では足への負担を少なくするためにカーペット等を敷いています。家の階段はのぼらせていません。(のぼれないようにゲートを付けていますが、たまに自分でのぼっていってしまうときもあります。)
ダックスなので足腰には特に気をつけてはいるのですが・・・・
サプリメント(グルコサミン)も良いと聞きました。
何か方法があるのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (5件)

ウチのワンコもパテラでグレードIと判断されました。

まもなく生後10ヶ月になるトイプーです。
私が獣医さんに相談したときに教えて貰ったことを書くと・・・
パテラはちっちゃいお皿のような骨が本来ならくぼみの所にはまっているものがはずれるというものです。
何かの拍子にずれてはずれたりするのですが、また何かの拍子に勝手にはまって元の位置に戻ることもあります。
はずれる原因はそのくぼみが浅いということ。
グレードIならばサプリを飲ませる程度でいいみたいです。
もちろんサプリを飲ませるだけで完治するということはほぼないようですが痛みを緩和したりはずれる回数を減らす程度のことはできるようです。
もし完全に治すのであればレーザー治療(手術)などでくぼみを深くしてはずれにくくする必要があります。
ただ獣医さんが言うには四本足の動物は三本足でも歩行は可能とのことです。
両足ではなく片足だけならば痛みを訴えていないかぎりはとりあえずサプリを飲ませ二本足で立たせたり段差を飛び降りたりさせないようにして様子をみるといいと思います。
ただしもう片方が二次災害に遭う場合もあるので頻繁に獣医さんに見せてあげるといいと思います。
まだ成長期なので骨が固まってくればはずれなくなるかもしれないので今の段階ではサプリを飲ませてあげてください。
市販で売っているものもあれば獣医さんが用意してくれるものもあります。
病名とかを聞くと結構焦ったりしちゃいますが、そこまで神経質にならず段差やすべったりしないように気をつけてあげる程度でまだ大丈夫ですよ。お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正直かなり神経質になっていました(^_^;)
初めて飼った犬ということもあり、どうしていいか分からなかったのですが大丈夫という言葉を聞いてほっとしました。
サプリメントは獣医さんと相談しながら飲ませていこうと思います。

お礼日時:2009/04/20 16:15

グレード1なら、なんの問題もないし、進行することもありません。



グルコサミンは人でも多用されていますが、内服したグルコサミンが膝の関節まで行くのかどうか、かなり疑問に思っています。まあ、気休め程度しかないと思います。
    • good
    • 0

我が家のヨーキーも膝蓋骨脱臼と生後8ヶ月の時点で診断されました。


ひどくなれば手術をしないと、と言われましたが結局手術をしないまま今年で10歳になります。
私が気をつけた予防は適度に運動をさせて筋肉をつけること、体重がかかると関節が抜けてしまうので太らせないことです。
走り回っている時などたまにかくんと抜けた感じになったり座りかたがおかしい時もありますが自分で上手くはめているようで痛がることもなく普通に生活できています。
すべると負担かかるので足の裏の毛はこまめに手入れしてあげた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
筋肉はムキムキなので、太らせないようにしたいと思います。あとは足の手入れもこまめにしようと思います。
少しでも足への負担を軽くできるようにしたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/24 20:27

こんばんは。


我が家にもカニンヘンダックスがいます。


6ヵ月を過ぎた頃から急にびっこをひくようになり、慌てて病院に行ったら、
膝蓋骨脱臼まではいかないけど、膝のお皿がゆるいと言われました。
それ以降、お散歩中もびっこをひくことが多かったです。

獣医さんの注意をきいて、なるべく足腰に負担のかからないように
気をつけてみました。

階段の上り下りはさせない。
部屋に絨毯を敷く。
家具も高さのあるソファはやめました。
(飛び乗ってしまうので)
コンドロイチンとグルコサミンのサプリをとる。

などです。

違う先生の話では、関節にはコラーゲンもいいそうですよ。
我が家は手作り食なので、コラーゲンの多い手羽元なんかも
たまにあげたりしてます。
あとは、コラーゲン豊富な馬アキレスジャーキーなんかも
手作りであげてますよ。

そして、パピーの頃から歩いて鍛えた筋肉のおかげか、1歳10ヵ月になる
現在はほとんどびっこをひくことはなくなりましたよ。

ただ、抱っこをすると膝がポキポキなるので、外れやすいことには
変わりないのかもしれませんが…

あんまり不安に思わずに、獣医さんとも相談してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
コラーゲンの多い手羽先もいいんですね!
今は手作り食を勉強中ですが、コラーゲンを多く含んだ食材も取り入れようと思います。
サプリメントについても獣医さんに相談しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/22 16:41

専門的な見地からではないので、参考として...ですが。



家の子もパテラと診断されています。マルチーズ1歳半です。
最初は両足とも少しお皿が動きやすい程度でパテラと言い切れないとのことでしたが、数ヵ月後に片方をグレード1と診断されました。

その後も数ヶ月に1回程度、獣医さんに触診していただいています。
獣医さんの話では運動を制限する必要はなく、むしろ適度な運動はした方が良いと言われていますが、後ろ足で立つことは良くないということと、階段の上り下りは控えるようにとのことでした。

適度な運動と言われても家の子は走るのが大好きなので、毎週ランで走りまくり...全然適度じゃない...まあ、好きなようにさせています。
そのため後ろ足の筋肉は獣医さんが驚くくらい立派になってます(汗)

それが良かったのかどうか分かりませんが、先日の触診ではグレード1に変わりはないけれど、少し良くなっているとのことでした。
もしかしたら筋肉でカバーできているのかもなあ、と思っています。

サプリは最初の診断のときから飲ませていましたが、それでもグレード1になってしまったので、うちの子の場合はサプリよりも運動が良かったのかも知れません。
(サプリは銘柄を変えて継続しているので、そちらの効果かも知れませんけど)

なんだかあやふやですが、そういう例もあるということで、回答させていただきました。
ただ、どの子にも当てはまることでもないでしょうし、そもそも医学的にパテラが筋肉でカバーできるのかどうかすら分かりませんから、
あくまで参考としてくださいね。

いづれにしても、あまり神経質にならずに、気をつけるところは気をつけて適度な運動はした方が良いと思います。
もちろん定期的に獣医さんに診ていただいた方が良いでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の犬も走るのが大好きで、全然適度とは言えないです・・・
足の筋肉も凄いです。ただでさえ痩せ型なのに足の筋肉が目立って、より痩せて見えてしまいます。
最近は避妊手術などでバタバタと忙しくなってしまいますが、膝の件も詳しく聞こうと思います。
有難うございました。

お礼日時:2009/04/21 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝蓋骨脱臼 ペットショップの責任は‥?

8月にミニチュアダックスフンドの子犬(3ヶ月)をペットショップで買いました。すぐに狂犬病の注射を打つために獣医さんに連れて行ったところ、足の関節がゆるいと言われ室内にカーペットをひくなどしました。先日後ろ足の向きが明らかにおかしかったので、病院に連れて行ったところ、ひざのお皿が外側に外れている(膝蓋骨脱臼)と言われ、整形の専門の病院に行ったほうが良いといわれました。まだ手術をするかどうか決めていませんが、手術となった場合や手術しなくても大丈夫なレベルでも関節のサプリメントやレーザー治療などお金がかかると思うのですが、この病気は遺伝性のものなので、(うちの場合は購入してすぐ病院でひざのことを言われたので)購入したペットショップに費用を請求することは出来ますか?手術の場合でないと無理でしょうか?

Aベストアンサー

お返事ありがとうございます。
No.2の回答者の者です。

どんなに健康な犬でも、どんなに走り回れても、身勝手な飼い主に捨てられてしまった犬ほど可哀想な犬は、いないと思います。

犬にとって一番の幸せは、温かい飼い主と共に暮らすことだと思います。
きっとあなたに撫でてもらってる時が一番幸せだと思いますよ。

Q犬の足からパキッて音がします

いつもお世話になってます。
最近気付いたのですが犬がお座りをしていて、
姿勢を正すときなど前足を浮かしたり座りなおしたりして、
前左足を動かすときにパキッと音がします。
かなりじっくり観察して前右足を動かしても音は鳴らず、必ず前左足を動かしたときに鳴っています。
人間も体勢を正したり立ち上がったり座ったりするときに膝がパキッって音が鳴ったりしますよね?
その音と同じ気がします。
本人(犬)は全く気にしていないようですし、もちろん痛そうなそぶりもないです。
若い頃に後ろ右足を膝蓋骨脱臼をしているので、じっくり観察したつもりでも
本当は左前足を動かしたときに体勢が傾いて右の後ろ足から音が出ているのでしょうか…
犬の年齢は7歳半なので関節は弱ってきているとは思います。
何か対策をした方がいいのでしょうか?
私自身、しょっちゅうパキパキ音が鳴る方なのに何も対策をとっていないのですが
やはり愛犬の事となると気になります。
ちなみに普通に歩いているので、膝蓋骨脱臼の手術はしていません。
コンドロイチン&グルコサミンのサプリメントや適度な散歩で維持しています。
その他にしてあげた方がいい事、またはパキパキの音はほっといてはいけない事なのか教えて欲しいです。
みなさん、よろしくお願いします。

いつもお世話になってます。
最近気付いたのですが犬がお座りをしていて、
姿勢を正すときなど前足を浮かしたり座りなおしたりして、
前左足を動かすときにパキッと音がします。
かなりじっくり観察して前右足を動かしても音は鳴らず、必ず前左足を動かしたときに鳴っています。
人間も体勢を正したり立ち上がったり座ったりするときに膝がパキッって音が鳴ったりしますよね?
その音と同じ気がします。
本人(犬)は全く気にしていないようですし、もちろん痛そうなそぶりもないです。
若い頃に後ろ右足...続きを読む

Aベストアンサー

私たちも間接がパキパキいいますよね?
あれは間接を動かしたときに、間接が開くと骨と骨の間(まぁ間接なのですがw)に空間が生じます。
それは気泡となって出来るのですが、その気泡が弾ける音がパキパキという音、間接がなる原因とテレビで医師が言っていました。
なのであえて間接をパキパキならすのは、間接部分の軟骨?が気泡の破裂と同時に多少かけるので故意に関節を鳴らすのは良くない。という内容の番組でした。
それと同じではないでしょうか?

気になるようでしたら、かかりつけの獣医に聞くのが一番です。
「こんなことで聞くのは…」と思ってしまいますが、自分自身で納得しないと解決しませんからね^^;
予防接種、定期健診などのついでに聞いたりしてはどうでしょう。

Qペット保険 告知

ペット保険への加入を考えております。

うちの犬は、2つの病院にかかっており

A病院では、特に問題なし と言われましたが、B病院では「脚がゆるい」と言われました。

加入に当って気になったので調べてみるとそれは「膝蓋骨脱臼」というものだそうで

膝蓋骨脱臼は、小型犬には良く見られる症状で、それをいちいち言う先生と
いわない先生とがいるらしいのですが・・・

保険に入るに当って、申告するする際に、「膝蓋骨脱臼」を申告すると
骨折、じん帯損傷などについても膝蓋骨脱臼との因果関係で保険が降りなくなるのではないかと
心配です。

もちろん今後、膝蓋骨脱臼の手術をすることになったときは、保険申請する気はありませんが
それを書くことでいらぬ詮索をされたくはありません。

このことを告知しないで、今後告知義務違反に問われた時、改めて告知して加入し続けることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

うちもペット保険に入ってますし犬友も入ってますが・・・。
最近、実はペット保険の加入に関してかなり調べていることがわかりました。
犬は人間と違い個人情報保護がないため保険の加入の際相当に調べるのです。
ドッグランの犬友に聞くと加入を断われたというケースを結構な数でききます。
ネットでも調べると相当にあります。
そしてご質問の

>このことを告知しないで、今後告知義務違反に問われた時、改めて告知して加入し続けることは可能なのでしょうか?

これですが、入れるか入れないかはそのときの状況だと思います。
私の犬友は入れなかったとしています、もう一人は怖くて同じところは申請してないといいます。

>もちろん今後、膝蓋骨脱臼の手術をすることになったときは、保険申請する気はありませんが
それを書くことでいらぬ詮索をされたくはありません。

それ、考えを変えませんか?
保険請求しないほどの潔さをもっているのならいっそ最初に相談したほうがいいです。
うちは犬が耳の外耳炎の軽度で病院にかかってました。
かかるというほど重大ではなくフィラリアの検査のときにこの犬種は耳もよくやられるので見ましょうか?と言ってくださいました。消毒して終わりです。
するとその後、通院もしていません。

ところが加入前のペット保険では引っかかったのです。
耳の病気は今後引き受けできないといわれました。
いや掃除だけですが?とそれは納得できないと言い、動物病院の診断書をだしたら無事通りました。
医師も治療は必要ありませんとしてくれました。
アニコムです。
嘘は却って損をします。
貴方の言ってるとおり、足についてそういう病院とそうじゃない病院がいますと相談してみては?
あとは・・・その「膝蓋骨脱臼」がカルテに書かれているか確認しては?
書いてなければ黙って入ってもよいと思いますよ。
カルテに書いてないことは証明できないからです。

うちもペット保険に入ってますし犬友も入ってますが・・・。
最近、実はペット保険の加入に関してかなり調べていることがわかりました。
犬は人間と違い個人情報保護がないため保険の加入の際相当に調べるのです。
ドッグランの犬友に聞くと加入を断われたというケースを結構な数でききます。
ネットでも調べると相当にあります。
そしてご質問の

>このことを告知しないで、今後告知義務違反に問われた時、改めて告知して加入し続けることは可能なのでしょうか?

これですが、入れるか入れないかはそのときの状...続きを読む

Q犬に鶏手羽(生)を食べさせ続けてよいか

少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。

本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。
私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。

私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。

ここでひとつ、心配になったことがあります。
小型犬に与える場合、手羽の骨を食べることにより歯が悪くなる可能性はありませんでしょうか。
堅いものを食べさせすぎると将来的に歯が磨り減ると聞いたことがあります。栄養的にはカルシウムが取れるということで、期待しているところがあります。
週に2.3回食べさせようと思っています。

問題があるかどうか、教えていただければ幸いです。
その他、まだまだ勉強中ですので栄養バランスの取れたレシピ等、教えていただければありがたいです。
宜しくお願いいたします。

少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。

本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。
私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。

私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。

...続きを読む

Aベストアンサー

骨が危険危険というのはおかしいです。
鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。生なら大丈夫です。皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。
ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。
犬は骨が大好きです。骨が必要です。
骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。
私の家はチワワです。うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はきちんと自分で切り裂いて食べるように、という方法で練習しました。
はじめは、骨に対して恐怖心がありました。骨をあげるときは、いつもそばにいます。
やはり、小型犬ですので、手羽先以外の骨はあげていません。うちも週に2~3日ほど、手羽先使っています。
本は同じく本村伸子先生のものです。
私は、与えたものをノートに書き出し、1週間から2週間くらいで、バランスが取れればいいかなと考えています。自分たちの食事だって毎回バランスがいいわけじゃないですよね。毎回バランスよくと思っていて頃は、手作りは続きませんでした、小型犬の為、さほど多くのものはあげれませんでした。一日のメニューは 肉6野菜4(2~3種類)肉は体重の2~3%です。あとは、愛犬の体重の増減で加減してください。体重があまりにも減ったときは、肉6、穀物2 野菜2などのように、穀物を足すと、体重は戻りました。我が家も、本の通り穀物抜きではじめましたが、体重が減ってしまい、いろいろサイトで相談し、穀物も時たまあげるようにしました。基本的には穀物なしですが、体重と相談してます。
長くなり、まとまりのない文になってしましましたが、手羽先の生なら、大丈夫です、はじめは、消化されず、便に出て来たりしますが、次第に消化されます。あせらずゆっくりと、与えてみて下さい。
手作り食、愛犬のご飯を待つ姿が可愛いです。毛艶がよくなりました、体臭が激減しました、いいこともいっぱいです。

骨が危険危険というのはおかしいです。
鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。生なら大丈夫です。皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。
ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。
犬は骨が大好きです。骨が必要です。
骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。
私の家はチワワです。うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はき...続きを読む

Q原因不明の歩行困難(犬)

我が家の、標準体型のトイプードル♀(2歳)が今月の11日に突然、右後ろ足を浮かせてかばうような歩き方をしたので
その日のうちに急いで病院へ連れて行きました。
触診の結果も肉きゅうにも異常がないので、軽い捻挫でもしたのでしょう。と言われ終わりました。
その後、1週間経っても治らないので、もっと大きくて設備の整った病院へ連れて行きレントゲンを撮ったのですがココでも異常なしの診察。
表に”RIMADYL”裏に”25MG”と書かれた薬を処方され飲ませましたが治りません。

それで今週中に又、前回と同じ病院に連れて行くつもりですが、また異常なし。と言われてしまうような気がして不安です。
本当に異常が無ければ良いのですが、、、

気になる事は、常に症状が現れてるのでは無く、立ち上がった直後に現れる事が多いです。
なので散歩もできますし(楽しくて痛い事を忘れているのかもしれません)食欲もあります。
右足を触っても嫌がったり痛そうにはしません。

でも右足をかばって歩いてる時は痛々しくて、これが続くようなら腰への負担も気になります。
早く原因を見つけて治してあげたいです。

ネットで検索してみると、犬がかまって欲しいが為に仮病を使って飼い主を気を引く事がある。
とありましたが愛情はたっぷり注いでいるし、仮病とは思えません。
人間でもあるように、足が痺れたとか足がつったとか、そんな事も考えましたが
どんな理由にしろ、こうも長く続くのは、やっぱりおかしいですよね。

同じような経験をされたり聞いた事のある方がいれば、お話を聞かせてください。
また、我が家の愛犬に疑いのある病気はありますか?

病院で先生と、お話をする前にイロイロ知っておきたいと思い質問しました。よろしくお願いします。

我が家の、標準体型のトイプードル♀(2歳)が今月の11日に突然、右後ろ足を浮かせてかばうような歩き方をしたので
その日のうちに急いで病院へ連れて行きました。
触診の結果も肉きゅうにも異常がないので、軽い捻挫でもしたのでしょう。と言われ終わりました。
その後、1週間経っても治らないので、もっと大きくて設備の整った病院へ連れて行きレントゲンを撮ったのですがココでも異常なしの診察。
表に”RIMADYL”裏に”25MG”と書かれた薬を処方され飲ませましたが治りません。

それで今週中に又、前回...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師です。
症状から察するに、「膝蓋骨脱臼」が考えられると思います。
小型犬の場合、多くは先天的なものであり、程度にもよりますが
痛みを訴えないことが多いと思います。
軽症であるならば(常に足を挙げない・後肢の運動に異常がない)
特に処置を必要としないことが多いです。
ただし、重症の場合は外科手術によって矯正する必要があります。
ただ、質問者の方の場合、すでに2歳と言うことですから
膝蓋骨脱臼だったとしても、外科手術という方法は必要ないかもしれませんね。
ただ・・・珍しいものではないですし、小型犬であれば真っ先に頭に浮かぶ病気です。
レントゲンも撮っていることからすれば、膝蓋骨脱臼の話はすでに出ているのではないかと思うんですけれど、いかがでしょうか?
ちなみにレントゲン検査の場合、足を曲げて撮影する必要があります。念のため。

Q歩き方の異常、痛がらない

昼過ぎ頃に突然、昼前では見られなかった歩き方の異常に気付きました。慌てて抱き上げ、にくきゅうや爪をチェックしたり腫れや、痛がらないか触ってみたところ声をあげたりいやがったりはせずまたけがの様子もなく何事もないように歩いたり毛繕いをしたりします。歩き方は、普通歩く時地面につくのはにくきゅうのあるところのみですがそのうえ(かかと?)のところまで地面につけてぺたぺたとあるく(軽く引き摺っている)感じです。後ろの左脚のみそうなっています。しばらく様子をみていても大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あっ すみません。猫ちゃんだったんですね。
なぜかわんちゃんと勘違いしていました。

外歩きの猫ちゃんだと、私が思いつく可能性として
・脱臼、骨折などの怪我(痛がらないこともあります)
・神経系の異常
・ヘルニア系
があります。

いずれも病院で検査しないとわかりませんが
万が一、ヘルニア系だった場合は一刻の猶予もありません。
大至急大きめな獣医に診てもらってください。
ヘルニアは発症してから24時間以内に治療できるかどうかで
その後回復するか、一生麻痺したままかが決まります。

うちの場合は犬(ダックスフントです)ですが、
なんとなく後ろ足がふらふらしてるな~どうしたんだろう~と
言っている間に、あっという間に(半日位)後ろ足が両方とも
麻痺してしまって、お尻を引きずって移動するように
なってしまいました。
本人は全く痛がる様子も無く、また嫌がるそぶりも無かったのですが
(強めにつねっても反応なし)
びっくりして病院に行ったらヘルニアによる下半身麻痺でした。
そこで24時間以内~の説明を受け、東大病院にむりやり
飛び込んでいってステロイド治療を始めました。
ひどい子は背中から切開して骨を削る手術を受けるそうです。
手術をしても、回復率は60%と説明されました。
(時間が経つとともにどんどん回復率は低くなるそうです)

我が家では悩んだ末、車椅子わんこになる覚悟で
投薬と点滴治療を選び、毎日毎日通院したところ、
運良く麻痺はほとんどなくなり、今では走り回れるようになりました。

病院ではねこちゃんのヘルニアも多く見ました。
わんこと同じような治療をしていました。

!!ただ、ヘルニアの場合、前か後ろの両足が麻痺している子!!
!!ばかりだったので、es1ndさんとこの猫ちゃんが本当に!!
!!ヘルニアとは言い切れないかもしれません!!

・骨折や脱臼系だった場合、適切な処置で回復できます⇒獣医へ
・神経系だった場合、例えば腫瘍ができていたり、炎症が
起きていて麻痺することがあります。比較的回復しやすいです⇒獣医へ
・ヘルニア疑惑がある場合、一刻も早く獣医へ!診療時間過ぎてても
無理やり急患で運んでください。電話帳で片っ端から電話して
診てもらえるところを探してください。

☆下半身なので、
・排泄は正常にできているか おしっこ、糞に異常は無いか
(おしっこが出てないと、ヘルニアでなくてもかなり危険な状態です)
・食欲はあるか

をチェックした上、獣医さんにかかるようお勧めします。
(とんでもなく暴れてかばんやかごに入らない子もいます・・・
そのときは、大き目の洗濯ネットに入れると良いです(笑)
脱走の心配も無くなり、注射などの治療もできます)

脅かすようでごめんなさい。
しかし万が一、ヘルニア系だった場合、
様子を見ている猶予はありません。

受診してみて、重篤な原因でなければ安心できますし、
是非獣医に連れて行ってみてください。

半野良ちゃんとのことですが・・・・・・
費用では
一回の受診に一万円以上はかかると覚悟してください。
その後長期で治療する場合、毎回一万円以上かかります。
(うちのわんこは全治までに40万もかかりました)

場合によっては毎日通院が必要になるかもしれません。
排泄困難が伴った場合、24時間介護が必要です。

初診後で結構ですので、良くご検討ください。

猫ちゃんが、実はたいしたことなかったよ~って
結果でありますよう、祈っています。

あっ すみません。猫ちゃんだったんですね。
なぜかわんちゃんと勘違いしていました。

外歩きの猫ちゃんだと、私が思いつく可能性として
・脱臼、骨折などの怪我(痛がらないこともあります)
・神経系の異常
・ヘルニア系
があります。

いずれも病院で検査しないとわかりませんが
万が一、ヘルニア系だった場合は一刻の猶予もありません。
大至急大きめな獣医に診てもらってください。
ヘルニアは発症してから24時間以内に治療できるかどうかで
その後回復するか、一生麻痺したままかが決まりま...続きを読む

Qチワワ 膝蓋骨脱臼と診断されました。

生後9ヶ月、体重1.8キロのチワワ女の子を飼っています。
おととい公園へお散歩に行った時に後ろ右足を浮かせ、3本足で歩いていたので足を痛めてしまったと思い、
病院へ行ったところ『膝蓋骨脱臼』のステージ2と診断されました。
まずは少し様子を見て、今後手術やどんな治療をするか考えましょう
と言われ、1週間安静にと言われたのですが、どう安静にさせたら
よいのかが分かりません。
というのも外のお散歩を控えて、家の中でもあまり遊びに誘わない
ようにしているのてすが、やはり家の中でも1人で遊んでしまったり、
ジャンプもつかまり立ちもしてしまいます。人間のように安静にすることはできないとは思うのですが、
カーペットをひいた所でもそうやって遊んでは足をたまに浮かせて歩いています。
外でお散歩させていない分、これでも安静にしていることになり足への負担はあまりかかっていないのでしょうか。
無理かもしれませんが、避妊手術で全身麻酔を経験したばかりなので、
できれば手術はしないで治してあげたいのですが、一度脱臼してしまったら手術しか治療方法はありませんか。
脱臼の治療として手術は結構行われていることなのでしょうか。

また、足を痛めてから外でお散歩していないのにお散歩した後のように
長時間眠るようになった気がします(雨でお散歩に行かない時は家の中でパワーがありすぎて起きているので)。
これは、人間も具合が悪いと眠るようにワンちゃんも足の体調が悪く歩くと痛いので眠っているのでしょうか。

手術経験者の方や手術していないけどうまく脱臼とお付き合いしている
方、ぜひアドバイスをお願いいたします。

生後9ヶ月、体重1.8キロのチワワ女の子を飼っています。
おととい公園へお散歩に行った時に後ろ右足を浮かせ、3本足で歩いていたので足を痛めてしまったと思い、
病院へ行ったところ『膝蓋骨脱臼』のステージ2と診断されました。
まずは少し様子を見て、今後手術やどんな治療をするか考えましょう
と言われ、1週間安静にと言われたのですが、どう安静にさせたら
よいのかが分かりません。
というのも外のお散歩を控えて、家の中でもあまり遊びに誘わない
ようにしているのてすが、やはり家の中でも1...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の4歳のチワワも両後ろ足とも膝蓋骨脱臼です。
右足はグレード3~4の間、左足は2~3との診断で、右足は1歳の時に手術をしました。

我が家の場合、痛みを感じてはいなかったのですが、hanaichi13さんのワンちゃんと同じく
元気で散歩も大好き、ダッシュも遊びも超激しいコで(苦笑)最初はhanaichi13さんと同じく散歩や
遊びも制限していたのですが、ストレスは溜まるし遊べる時は余計に激しくなってしまい・・・(泣)
・今後、徐々に悪化する可能性もある
・右足を頻繁に浮かせるようになった
・散歩を控えるようにした結果、筋肉が衰えてきた
など諸問題も出てきたため、獣医と相談したのち手術に踏み切りました。
その後、右足はリハビリも済み完治となりましたが、左足はそのままです。
というのも今現在は左足の筋肉で関節の弱さをカバーしており、痛みもないようなので獣医さんや
家族とも相談した結果、今は様子を見ていこうと思っているからです。
今後、もし左足も悪化が顕著に見受けられるなら、再度手術すると思います。

前置きが長くなりましたが、膝蓋骨脱臼に関しては、残念ながら手術しなければ完治はありえないです。
しかしながら、チワワちゃんの性格(大人しいor散歩好き)や飼い主さんの考え方
(手術するのは酷or手術して完治させてあげたい)や症状のグレードによっていろいろと治療法や対処の仕方があると思います。
サプリメントなどで関節の働きを助けるやり方もありますよ。
なので、まずはしっかりと獣医さんの説明を聞き、先生や家族と相談して今後の治療を検討してくださいね。

我が家でも散歩は無理させないようにして、定期的に獣医さんに関節の様子を見ていただいています。
また部屋は全面カーペットを敷き、肉球の間の毛は短く切り(長いと滑りやすくなるので)少しでも左足が悪化しないようにしています。
また、よく眠るということですが、純粋に痛くて安静にしているのかもしれないし、もしかしたら散歩に行けないストレスとか、
飼い主さんの過度の心配が伝わっていているのかもしれないですよ。

長文失礼いたしました。少しでも参考になれば幸いです。

我が家の4歳のチワワも両後ろ足とも膝蓋骨脱臼です。
右足はグレード3~4の間、左足は2~3との診断で、右足は1歳の時に手術をしました。

我が家の場合、痛みを感じてはいなかったのですが、hanaichi13さんのワンちゃんと同じく
元気で散歩も大好き、ダッシュも遊びも超激しいコで(苦笑)最初はhanaichi13さんと同じく散歩や
遊びも制限していたのですが、ストレスは溜まるし遊べる時は余計に激しくなってしまい・・・(泣)
・今後、徐々に悪化する可能性もある
・右足を頻繁に浮かせるようになっ...続きを読む

Q前夜まで元気だった犬が翌朝急死

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持って9時からの動物病院に連れていき、症状を話しましたが、呼ばれたのは9時半過ぎ。
それまでの間にどんどんぐったりしていき、先生に見せると「消耗しきってるな。もうダメかもしれない」。
そしてほどなく息を引き取りました。

先生に「田んぼか畑に行かなかった?」と聞かれました。
確かに前日19時半頃、車での長い移動中におしっこをさせるため、ちょっと田んぼのまわりを歩かせました。
それを言うと、
「除草剤とか殺鼠剤とかを舐めたり食べたりしたのかもしれない。先日もそういう子が来たから」と先生。
そのまま別の子の診察に行き、実習生さんだけになり、それ以上の質問はできませんでした。

でも、帰ってから除草剤などで検索すると、確かに嘔吐、痙攣などの症状はあるのですが、嘔吐は1回きり、下痢はなく、血便は通常の便の固さでした。

しかも、少し農業に詳しい人に聞いたら、半日も経ってから発症したり、半日後に急死したりするだろうか、とのこと。致死量が体内に入ったなら、もっとすぐ発症してしまうのではないか、というのです。

田んぼの後、外に出したのは1回だけで、22時頃、いつもの散歩コースだけです。元気よく散歩して帰りました。
そして寝る部屋には殺虫剤などの毒物は一切ありません。

長くなってすみませんが、
このような状況、症状から、他に何か考えられることはあるでしょうか。
元気いっぱいだった愛犬の急死、しかも原因不明とあって、現実を受け入れられずに苦しんでいます。

どうか、小さな可能性でも結構ですので、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持っ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸種、人家の庭
スコポラミン  チョウセンアサガオ主に園芸種、人家の庭、近年野生化し空き地
アトロピン   同上       同上
オレアンドリン キョウチクトウ  街路樹、空き地、川原
コンバラトキシンスズラン     人家の庭、野原、田畑のあぜ
アドニトキシン フクジュソウ   同上
シクトキシン  ドクゼリ     川原、湖の岸などの水辺
グラヤノトキシンツツジ      街路樹、人家の庭、山林
アニサチン   シキミ      同上
ソラニン    イヌホオズキ   空き地、山林、田畑のあぜ
ジギトキシン  ジギタリス    主に園芸種、人家の庭

すみません。この程度しかお役に立てません。亡くなられたあなたの愛犬にご冥福をお祈りいたします。

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸...続きを読む

Q膝蓋骨脱臼手術の名医を紹介して下さい

チワワ雄、2歳4ヶ月のこを飼っています。
走り回るのが好きで、兎に角やんちゃです。
昨年、5月、予防注射の為に病院に行くと、左足、膝蓋骨脱臼との診断。もうこうなってから大分たっているようで、外れるのが癖になっているとのこと。その先生は、レントゲンは使わず、触診です。
6月に手術を行いました。骨の溝を掘る手術法でした。
1週間入院の後は、家で静養し、何とか良くなりました。
うちの子は、普通に歩いたり、走ったりしてしまいます。ほんとに痛がらない子なんです。
そして11月に、左ひざを触ったら、グリッと動いたのでびっくり!!
すぐに病院へ連れて行きましたが、十字靭帯損傷と膝蓋骨脱臼という診断。
先生も手術したばかりで、心情的にまたしたくはないでしょう。意外と効く注射があります。と、「関節炎改善注射」を3回しましたが、結局、靭帯がぐらぐらなので、手術をすることになり、靭帯を専用の紐で筋肉に引っ掛ける手術と、また骨の溝を掘る手術を行いました。
その後は、毎週1回関節炎改善注射を10行回い、先日の日曜日に「とても良い状態です」と、言われたばかりでした。
それが火曜日の夜、また左ひざがグリッと動き、触って右と左のひざを比べると、左ひざの外側にポチッと硬いものが出っ張っているようなんです。今までと違って、そこを触ると怒ります。
病院に電話しましたが、「良くなっていた。そんなはずはない」「連れて来れば診ます」とのこと。
フローリングにはカーペットを敷きましたし、ベッドの段差も無くし、頑張っていて、なのにまたやっちゃった様なのです。
同じ手術をするには、足が細いので弱くなりそうで心配です。
新しい手術方法で、骨を削らないで済む手術をしてくれる獣医さんを、どなたか紹介してもらえませんでしょうか??
住んでいる所が東京世田谷なので、東京、もしくは神奈川くらいで良いお医者さんを紹介いただけたら幸いです。
長くなり、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

チワワ雄、2歳4ヶ月のこを飼っています。
走り回るのが好きで、兎に角やんちゃです。
昨年、5月、予防注射の為に病院に行くと、左足、膝蓋骨脱臼との診断。もうこうなってから大分たっているようで、外れるのが癖になっているとのこと。その先生は、レントゲンは使わず、触診です。
6月に手術を行いました。骨の溝を掘る手術法でした。
1週間入院の後は、家で静養し、何とか良くなりました。
うちの子は、普通に歩いたり、走ったりしてしまいます。ほんとに痛がらない子なんです。
そして11月に、左ひざを触ったら...続きを読む

Aベストアンサー

うちの子は柴犬の雑種でしたが体は大型犬に近い(15kgぐらいでした)のに、膝のお皿の大きさが小型犬程度だったらしく、成犬になるかならないかで歩いている時に足がガクンと抜けてケンケンしてました。
そのたびに私が深く足を曲げてお皿の位置を戻し、歩いてまた抜けて…という感じだったので手術しました。

うちの子の場合は落ちてしまうお皿を足の骨に針金のようなもので繋ぎ止める…というような内容の手術をしましたが(期間をあけて両足やりました)亡くなるまでずっと何も問題なかったので、ここの病院は名医だと思ってます。

池田動物病院
http://www.ikeda-animal.jp/

旗の台なので微妙に遠いかもしれませんが一度違う手術を受けていることもあるので相談してみるのがベストだと思います。


人気Q&Aランキング