「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

いつもこのサイトを拝見して参考にしております。
タイヤ及びリムの適合サイズについて詳しい方に教えていただきたく質問させていただきます。
実は、先日ランドナーを入手いたしましたが、タイヤサイズについて、商品説明では26*1.3/8との事だけでしたが手元に現物が届いて確認したところ、リムには「ARAYA」のロゴシールのみ、タイヤのシールはPanaracer26*1.3/8*1.1/4との表記があり、ゴム部には、26*1.1/4 FIT TO EA3 & E-3 RIM の刻印がかすかに読み取れました。
この26*1.1/4 FIT TO EA3 & E-3 RIM の表記は26*1.1/4のタイヤしか付かないとの事でしょうか。
リム直径/内-約572mm・外-約604mm.リム幅/内-約15mm・外-約20mm.リム厚/約14mmみたいです※スタンドのままのメジャーによる計測ですので誤差はあると思います。
ちなみに約20年位前のオリエント工業・VOUGEのオーダー物との事です。チューブは英式でしたのですぐ仏式に問題なくはめ替えられました。
いちど安いママチャリタイヤでためしてみようかとも思いましたがこの表示でご説明いただけるならと思い質問させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

直接関係ないですが、先ほどの回答は一部間違ってました。

650Bの本来の幅は44mmです。すみません(手持ちのタイヤが650B-32だったので勘違いしました)
    • good
    • 1

説明で26×1-3/8と書かれているのでしたら、おそらく650Aリムということなんでしょう。

わかっている人間なら650Bタイヤの入手環境が劣悪なのを知っているはずですから「B」と強調するはずです。

650Aはシティ車で使われているタイヤと同じものですから、探せばいくらでも手に入ります。Panaracer26*1.3/8*1.1/4の表記は、おそらく650Aリムにはまる32mm幅タイヤということだと思いますよ。新しいもタイヤなら、ETRTOという表記があるはずで、650Aなら32-590、650Bなら32-584と書いてあるはずです。A,Bはタイヤ幅のことで、本来Aは37mm、Bは32mmを意味しています。ETRTO値が確認できればよいですが、同じタイプでないとはまりませんので、タイヤ交換する前にショップで見てもらったほうが安全ではあります。
    • good
    • 0

一般的なシティサイクル用の26インチ、1・3/8幅、もしくは1・1/4幅のタイヤで使えるかと思います。


そのリム幅でアラヤ製であれば、このへんでしょうかねぇ・・・
http://www.araya-kk.co.jp/rim/catalog/54_sp-30.htm
まあ、20年前と今で、同じリムが作られているとは限りませんが・・・
最近のアラヤのリムであれば、上のリンク先の写真のように、リム本体に刻印があるんですが、20年前じゃどうだかわかりませんね。(笑)
    • good
    • 0

>この26*1.1/4 FIT TO EA3 & E-3 RIM の表記は26*1.1/4のタイヤしか付かないとの事でしょうか。



・・・タイヤに書いてある表示なんだからその解釈は変でしょ。タイヤにタイヤをはめる!?そうぢゃなくてそのタイヤは『EA3』か『E-3』という『リム』にはめられますよ、という事です。

使ってるタイヤはただの26インチタイヤですので、ホームセンター売りのママチャリ向け26インチタイヤで1-1/4でも1-3/8でもどちらでもはまりますよ。但し26x1.5とか26x1.75とかの表示の物はMTB等の『HE』リム用で互換性は有りません(少し径が小さい)のでお間違いない様に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTB リムサイズってどこを測るの(幅)?

giantのMTBに乗っています。MTBのリムサイズは「26×1.5」か「26×1.75」が一般的なようですが、1.5や1.75はどの部分のサイズなんでしょうか?(1.5インチ=38.1ミリ、1.75インチ=44.45ミリですよね?)

あるHPではタイヤがはまるところの内寸(タイヤがはまっている状態では測れない所)との事でしたが、私のリムは外寸(ブレーキシューが当たる箇所の1番幅が広いところ、タイヤとの境目)で19ミリしかありません。履いているタイヤは26×1.95のブロックで、何の問題もなく履けています。これから考えると、内寸で38.1ミリや44.45ミリのリムというのがものすごく太いものに感じられるのですが、それが標準なんでしょうか?

Aベストアンサー

「26×1.5」や「26×1.75」の1.5や1.75は米国表記のタイヤ幅を表します。ですから「26×1.5」は計算のとおり1.5インチ=38.1ミリで38mm幅のタイヤが最適合ですという意味です。普通は標準より広いもの狭いものをはけますからMTBはよく知りませんが,1.25~1.95をはけるのでしょうね。

最近のリムにはETRTO表記もしてあるはずです。
例えば40-559と表記してあれば タイヤ幅40 [mm]-リム径559 [mm]ということですし,
または,559-19や559×19と表記してあれば リム径559 [mm]-リム幅19[mm]・リム径559 [mm]×リム幅19[mm]という意味です。

○リム幅とタイヤ幅については下記を
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/tire_size.html

Q自転車のタイヤサイズ変更

現在のタイヤサイズが700C-35 ホイール・リム内側の幅が18mmなのですが、
どのくらいまで、細いサイズのタイヤを取付け可能でしょうか?
それと、タイヤを細くすることによるメリットとデメリットも併せて教えていただけるとうれしいです。
主に通勤使用の自転車です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リム幅の適応タイヤ幅については下記の「タイヤ幅とリム幅の関係」の項をご覧下さい。25Cでは多少無理のようですから28Cが良いのではないかと思います。
http://www.geocities.co.jp/jitensha_tanken/tire_size.html#tire_rim

メリット
タイヤ幅が狭くなりますと転がり抵抗は増しますが、反対に高圧タイヤになる程転がり抵抗は軽減されます。また、自転車は空気抵抗との戦いの面もありますからタイヤ幅が狭くなれば空気抵抗は減ります。クロスバイク等の35Cから28Cへの変更は、高圧タイヤの効果の方が高く、空気抵抗の軽減の影響も加味されて走りは軽くなります。ロードのような25cから23C、20Cへの変更は空気抵抗の軽減効果の方が大きく最高速度は高くなり、高速維持もしやすくなります。

デメリット
まず高圧タイヤ程エア持ちが悪く、乗り心地は堅くなります。高圧タイヤは乗る際には必ず空気の補充が必要です。乗りっぱなしでたまに補充するといった使用法は出来ません。適正空気圧でないと段差越え等でのリム打ちパンクを起こしやすくなります。脱重等のテクニックも必要になります。しかし、慣れれば例え歩道走行でもそれほどパンクはしないものです。通勤に使用なさるのなら安くて厚いチューブを使用した方がエア持ちが良くパンクもし難いですからお勧めです。グリップ力は低くなりますから滑りやすい路面で曲がる際には注意が必要です。

結論としては私にはデメリットよりもメリットの方が大きいと思います。色々面倒くさくなりますがスポーツバイクは実用車ではないですから仕方のないことと思います。

リム幅の適応タイヤ幅については下記の「タイヤ幅とリム幅の関係」の項をご覧下さい。25Cでは多少無理のようですから28Cが良いのではないかと思います。
http://www.geocities.co.jp/jitensha_tanken/tire_size.html#tire_rim

メリット
タイヤ幅が狭くなりますと転がり抵抗は増しますが、反対に高圧タイヤになる程転がり抵抗は軽減されます。また、自転車は空気抵抗との戦いの面もありますからタイヤ幅が狭くなれば空気抵抗は減ります。クロスバイク等の35Cから28Cへの変更は、高圧タイヤの効果の方が高く、空気...続きを読む

Q27×1-3/8 のリムに対応するタイヤの太さは?

こんにちわ。
通勤用の安価なクロスバイクについているリムとタイヤのサイズについて質問です。
リムのサイズは「27×1-3/8」 と書いています。
今履いているタイヤのサイズは、「27×1-1/2 for27×1-3/8Rim」
と書いています。

タイヤのサイズを「27×1-1/8」か「27×1-1/4」
のあたりにつけかえたいと思ってるのですが、上記のサイズのタイヤは「27×1-3/8」のサイズのリムにそのままつけ換えることが可能でしょうか?
それともタイヤのサイズとリムのサイズは合致していないと不可能なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私も同じような事で悩んでいましたので経験談を。

27インチ分数サイズは27インチが合っていれば基本的にはどれでも装着可能です。etpro630ですので直径が同じです。

但し注意しなければならないのがリムのリム幅です。
リム幅とは外側では無く内側です。ホイールを見ただけでは分かりません。タイヤを一度外しリムの折れ曲がったビロードが接触する所のサイズです。
もしくはリムのメーカーサイトなどで調べる事が出来ます。

推奨されるのは、このリム幅の1.4倍から2.4倍のタイヤ幅とされています。
1-1/8は、1.125インチで25.4倍して28.575mm(インチ→mm換算)になります。
1-1/4は、1.25インチ→31.75mm
1-3/8は、1.375インチ→34.925mm

私のリム幅は20.3でした。
20.3の1.4倍は28.42mmとなります。ギリギリですが28.575は1.4倍を超えています。

実際私は装着して実走行も今日までに80km程しましたが、問題は有りませんでした。
縁石などでリムの側面が傷つきやすいと言う事も有りますが、走行には問題有りませんでした。
お使いのリムの幅をご確認される事がいいかと思います。

ただ1.4倍~2.4倍と言う値もあくまで推奨値なので100%の保障は無いかも知れません。

以上経験談からでした。

尚 1-1/8は1-3/8よりタイヤの空気圧が結構高くなります。
標準だと1-3/8なら3.0BARですが、1-1/8だと7.5BARになります。
スポーツ車対応(700C等)のポンプが無いと難しいです。
一般的なポンプなら6BAR位までしか入りません。
ご注意下さい。

こんばんは。

私も同じような事で悩んでいましたので経験談を。

27インチ分数サイズは27インチが合っていれば基本的にはどれでも装着可能です。etpro630ですので直径が同じです。

但し注意しなければならないのがリムのリム幅です。
リム幅とは外側では無く内側です。ホイールを見ただけでは分かりません。タイヤを一度外しリムの折れ曲がったビロードが接触する所のサイズです。
もしくはリムのメーカーサイトなどで調べる事が出来ます。

推奨されるのは、このリム幅の1.4倍から2.4倍のタイヤ幅と...続きを読む

Qクロスバイクのタイヤ幅変更(25Cか28C)

スコットのエントリーモデルSUB40というクロスバイクに乗ってます。
週末に30~50km程度のポタリングが主な用途ですが、
たまには100km前後のツーリング大会に参加したいと思ってます。

標準タイヤはコンチネンタル・スポーツコンタクト700×37Cと太めのを履いてます。
現状、特に不満も無く乗っていますが、タイヤ・チューブの交換程度のことで、
変わったなぁ~と体感できるのであれば、パンク修理の練習も兼ねて自分でやってみようと思います。

・スポーツ車らしく、見た目もう少しすっきりしたい。
・少しでも軽く、楽に走りたい。

そう考えだすと、上り坂にさしかかって急激な減速感はタイヤ幅のせいなのかな?
と思えてしまうのです。

ホイールは700×25Cまで対応できるようですが、この際一気に25Cまで細くしてしまうのは冒険でしょうか?
ジャイアントのエスケープ標準の28Cぐらいの方が無難でしょうか?
37Cからだと28Cも25Cもそれほど変わりませんでしょうかね・・・
なにかしらアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいはもつでしょう。
細いタイヤというのはその分高圧にしないといけなくなりますし
その性で圧が抜けやすく、抜けた状態で乗るとパンクする。
ましてや歩道上などであれば一発でチューブが即死する。
そう言う事になります。

また。
上り坂にくるといきなり速度が落ちるのは簡単な理由です。
=ケイデンスが低い状態で漕いでいるから。
下り坂が終わるところで90rpm以上で漕いでいれば
ギアチェンジをしても、そんなにいきなり速度が落ちる事はありません。

タイヤは無関係です。
タイヤで速く成る事はほぼありません。

試しに今のタイヤで限界まで高い空気圧で乗ってください。
それが28cの走行感ですよ。
それよりももっと堅く軽くしたのが25c。

歩道を走らないのであれば28c以下は非常にふさわしいタイヤです。

http://alexrims.com/product_detail.asp?btn=4&cat=4&id=88
このリムです。ALEX SUB
622×17です。

17mm内幅の1.4倍が最小タイヤ幅ですので
24cが最細タイヤサイズになるリムですね。

ポタリングの走行箇所がわからないので
的確にはいえません。
もし。
歩道をのんびり走るとかであれば
25cは全く勧められません。

空気圧管理が大変!というのは
端的にいえば、
週末ポタリング?の前に、
必ず空気圧点検して継ぎ足さなければならないのが25cタイヤといえます。
28cであれば2週くらいは...続きを読む

Q700×35cのタイヤを28cに交換しようと思っているのですが・・・

MARIN SAN RAFAEL 2009 に乗っている者です。

デフォルトの700×35cのタイヤを28cに交換しようかと考えております。

自分で調べた限りで、あまり自信がないのですが、
標準装備のリムは、MTB用のリムらしく、28cのタイヤには対応できなさそうです。

ですので、700×28c用に
(1)リム
(2)タイヤ
(3)チューブ
を購入する必要があると思うのですが、他に何か必要なパーツはありますでしょうか?

それでは、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

タイヤの太さ35C→28Cなら、タイヤだけで大丈夫だと思いますよ。

リム幅が28Cタイヤ装着クロスバイクのリム幅と同じなら大丈夫です。
(店舗に多くあるGIANT ESCAPE R3 が700X28Cです)

もし、リム幅が著しく違い、交換が必要ならば、専門店に相談しましょう。
交換を専門店で依頼すれば、必要な部品等は専門店で手配しますよ。

最近はホィールの手組みが減り、完組ホィール全盛ですが、
一昔前は手組みホィールが主でした。
手馴れたサイクリストなら、自分で振れ取りやホィールの手組み出来る人も居ますよ。

その場合、部品と工具の振れ取り台・センターゲージ・ニップル回しが必要です。
個人で、1台の自転車の為に、新たに揃えるのは現実的で無いので、
専門店に作業を依頼しましょう。
但し、部品とは別に工賃が発生しますが・・・・
リム交換が得か、完組ホィール交換が得かは自分で判断願います。

追伸:フロントブレーキの交換も、別質問されていますが・・・
   壊れたフロントブレーキと同じ物で良ければ、
   購入した店舗等を通じて、補修部品として注文したら、如何ですか?

タイヤの太さ35C→28Cなら、タイヤだけで大丈夫だと思いますよ。

リム幅が28Cタイヤ装着クロスバイクのリム幅と同じなら大丈夫です。
(店舗に多くあるGIANT ESCAPE R3 が700X28Cです)

もし、リム幅が著しく違い、交換が必要ならば、専門店に相談しましょう。
交換を専門店で依頼すれば、必要な部品等は専門店で手配しますよ。

最近はホィールの手組みが減り、完組ホィール全盛ですが、
一昔前は手組みホィールが主でした。
手馴れたサイクリストなら、自分で振れ取りやホィ...続きを読む

Qリムテープの幅を教えてください。

自転車のタイヤが26×1 3/8 の時、どのくらいの幅のリムテープを購入すればいいですか?

Aベストアンサー

リムテープにタイヤの幅は関係ありません。関係あるのはご使用のリムの幅です。
リムのチューブを入れる内側の部分の幅を測ってみてください。その幅に一番近い幅のテープを選ぶのがベストです。

Qクロスバイクで段差を乗る超えられるタイヤ幅はそのくらい?

ママチャリからクロスバイクに乗り換えようとしている初心者です。
タイヤ幅が細いと段差を乗り越えたときにパンクしやすい or リムが曲がると聞きました。どのくらいの太さがあれば車道・歩道の段差乗り越えに耐えるものなのでしょうか?

クロスバイクを買ったら休日に多摩川沿いサイクリングロードをゆっくりと20~30km走るのが主用途になるのですが、たまには最寄りの駅へ買い物にも出かけます。その時は歩道を走ったり、歩道と車道の段差をクリアしなければならない場合がでてきます。

クロスバイク初心者用ですと、タイヤサイズは700×28Cとか32Cのようですが、28Cでも段差乗り越えは問題ないでしょうか?

今のところ購入候補としては、
・Specialized Sirrus 700×28C
・TREX 7.3FX 700x32C  
ですが、28Cと32Cでは段差乗り越え具合はどうなんでしょうか?
一概に何ミリだから大丈夫、ダメということでもないでしょうが・・・
目安でもあれば助かります。
   

Aベストアンサー

言われている通り一概には言えません。

私は長距離向けロード(タイヤ700X23C)を近所の足にも使っていて、たまに歩道を走りますが、段差によるパンクは経験したことがありません。
ちなみに、普通の軽快車(ママチャリ)でも、自転車を趣味にしてから5年間。一度木片が刺さってパンクしてのみで、段差でのパンクはありません。

空気圧の管理をしっかりして、段差の乗り越え方の基本ができていればタイヤの細さは心配ないと思います。

文章だとうまいこと言えないのですが、大げさに言うと
段差が来たら腰を浮かせてハンドルから力を抜く(または軽く引く)、前のタイヤに荷重をかけないようにして、前のタイヤが越えたら、後ろのタイヤに荷重をかけないように、ハンドル側に体重をかけます。

自転車にきちんと乗れていれば、パンクなんてそうそう起こりません。(運もありますが)
たまに街乗りMTBでパンクしている人も見かけますからね・・・

まぁ一言アドバイスするとすれば、クロスバイクなら太さに大差ないから大丈夫。それでもパンクしたら乗り方がうまくない。

Q合わないチューブサイズを使用した場合

ロード、700×23Cのタイヤに対して、26×1.9(これ以外、チューブに表記がありません)のチューブを使用すると、どのような問題が考えられるでしょうか。
以前ショップで購入したはずなのですが、26×1.9のチューブが2、3本ストックに混ざっていました。

昨日、路上でパンクし、リムより径が小さいので、装着するのに少々手間取ったのですが、空気をチューブにある程度入れてから装着できました。

以上です。

Aベストアンサー

私もパンク時の緊急避難として、似たような事をやった事はあります。

しかし、太さ23Cと1.9インチというのはかなり違いがありますね。
本来はタイヤに対してわずかに細いチューブを使うのがセオリーですが、多少チューブが太いなどというだけであれば特に問題はありません。

また700Cと26インチの外径に関しても、それなりに違いはあるのですが、チューブの伸縮によって吸収できる範囲ではあります。
ただ、700Cの方が大きいため、700Cホイールに26インチ用のチューブを入れる場合、当然ながら26インチの想定よりはチューブが引き伸ばされ細くなる事になります。そのためその分を考慮して、少し太めのチューブを選んだ方がセットしやすく、性能的にも安定するのではと思います。
でも基本は700Cホイールには700C対応チューブという事でしょうね。

23Cに対して1.9インチという点ですが・・・
これはかなり太さに違いがあり、私としては問題なくセットできた事が驚きです。考えた事もありませんでした。
とりあえずセットできているのですから問題はないのでしょうが、あまりに太いため、タイヤ内部でチューブにシワがよっている可能性が高いです。そうすると、本来であれば均一にチューブがタイヤ内側に接し、圧力がかかるはずですが、タイヤ内部でチューブの外壁が折り重なっているため、圧力バランスが不均一化している可能性があるでしょう。この影響でパンクしたり、チューブが破裂したり、最悪はタイヤがホイールから外れるという事がないとも言えないと思います。単なるパンクならシューっと空気が抜けていくだけなので問題ありませんが、万が一チューブが破裂するとタイヤ内部で小爆発が起きたような状態となり、タイヤがホイールから外れてしまう事があります。走行中の事を考えると非常に危険で、あまり高圧にするのはやめた方が安全でしょう。

チューブのサイズ表記で1.9インチとはいっても適応タイヤサイズに幅を持たせて表記している事も多いですよね。
例えば1.9インチとしても、表記が(26×1.5-1.9)なのか、(26×1.8-2.2)なのかでもだいぶ実質の太さには違いがありますので。

私もパンク時の緊急避難として、似たような事をやった事はあります。

しかし、太さ23Cと1.9インチというのはかなり違いがありますね。
本来はタイヤに対してわずかに細いチューブを使うのがセオリーですが、多少チューブが太いなどというだけであれば特に問題はありません。

また700Cと26インチの外径に関しても、それなりに違いはあるのですが、チューブの伸縮によって吸収できる範囲ではあります。
ただ、700Cの方が大きいため、700Cホイールに26インチ用のチューブを入れる場合、当然ながら26インチの想定よ...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Qクロスバイクの太めタイヤなら英式バルブも問題ない?

近所の駅の駐輪場に、メリダ・ジュリエットという自転車が放置されています。
2週間近く動かされた様子がなく、しかも無施錠なので盗難車の乗り捨てかと。
警察に通報した方が親切なのかどうか悩んでいるところ。

さて、そのメリダ・ジュリエット、見ると英式バルブなんですね。
タイヤはK-193 700x32Cの模様。

私が乗っているクロスバイクにはデフォルトでMAXXIS RAZE 700X33Cがついていました。
バルブは仏式なので、自転車購入時に空気入れも一緒に買いました。
当然その空気入れで空気を入れているわけですが、仏式ってけっこうめんどくさい。
ママチャリと同じ英式のバルブならクリップで挟むだけで良いのに。
出先でパンクした時でも、応急的に100均で売られてるポンプも使えますよね。
英式でもスーパーバルブに交換すればポンピングも楽だし空気圧も測れます、、、よね?

そういうわけで、ロード寄りクロスバイクの細い高圧タイヤは別として、
ママチャリのタイヤと同じような太さのタイヤなら英式バルブで何か問題ありますか?

Aベストアンサー

仏式のメリットは、バルブ径が細いので、リムの強度を上げられることが一番だと思います。
太目でそれなりの肉厚のリムなら、英式バルブで問題ないです。

仏式のリムに、英式バルブのチューブを使おうとすると、リムのバルブ穴を広げる必要がありますので、それはお勧めしません。
スーパーバルブでの空気圧測定ですが、正確な圧を測ろうとするとポンピング時の空気漏れを防ぐ必要があります。
仏式でも同じですが。


人気Q&Aランキング