近々、無料ブログをはじめようと思っています。
 PCすら始めて半年足らずですので、要領を得ない質問ですがお許しを。
 以前、本で読んだのですがアマゾン(楽天?かも)から商品の画像を自分のブログに貼って使用できる、とありました。その時読んだ感じでは、アフィリエイトのためにという意味ではないと思います。
 事情により、アフィリエイトをすることはないのですが、単に画像を使わせてもらうことはできるのでしょうか。いろんな「モノ」が好きなので、自分が使っているモノやおすすめのモノとして貼り付けたいのです。使えるならブログの材料のひとつとして、とてもありがたいなぁと思うのですが。
 ちなみに、ライブドアを利用しようと思ってます。デザインのカスタマイズが自由とのことで。
あと、自動的にバナー広告?が入ってしまうブログサービスもあるようですが、ライブドアはどうなのでしょう?オリジナリティを出したいので、余計なものはいれたくないです。
 自営(サービス業)で営業用のHPにリンクするのでこちらへのアクセスアップも目指しています。
 私のような利用法で他におすすめのブログサービスがあったら教えてください。
よろしくおねがいします。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

登録 FC2」に関するQ&A: 10年ほど前に登録したfc2動画の有料サービスを登録解除したいのですが、ずっと放置していて存在すら忘

A 回答 (4件)

別に無理にアソシエイト登録しなくても、ライブドアにもFC2にもamazonとの協力関係があって、ライブドアやFC2ユーザーであれば、記事を書く項目にあるamazonのアイコンから商品画像を持ってきて使うことがですます。


アフィリエイトであることには変わりはないんですが、ライブドアやFC2独自のアフィリエイト報酬としてカウントされることになるので、ブログのユーザー登録のみで使えます。
amazonのアソシエイト登録しておくと、そのIDを使うことでamazon側へ報酬を統一できますということになっているので、複数のブログを持っている場合に有効ですし、アソシエイト登録は、amazonの商品をサイドバーに売れ筋を自動表示させる場合など色々やりたい時や、使っているブログがアマゾンと提携してないけど画像を使いたい時に登録すると良いでしょう。
中には、amazonの商品を使って紹介はできるけど、ブログサーバー側への報酬として入る場合もあります。

FC2は、高速表示設定を利用しないことで消すことはできますが、現在最新記事にテキスト広告が入ります。せめてテキストマッチ広告にしてくれればいいものを、無関係な広告が入ってくるので、正直、かなりウザイです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 それは!私が思っていたことができそうな!?
 とにかく、ブログのユーザー登録をすれば仕組みはわかりそうですね!
 ブログ設定後、追々やってみようと思います。
 貴重なアドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 21:30

ANo2補足。



AMAZONアソシエイトでアフィリエイトユーザー登録してください。
そうすると、AMAZONに掲載されている商品のアフィリエイトコードを作れるようになるので、そのコードをコピペしてブログに貼ります。

ブログにそういうのが貼ってたからって、そこをクリックして商品を購入する人は殆どいません。
多くの人は、その商品画像を掲載するためにアフィリエイトに申し込んで、アフィリエイトコードで合法的に商品画像を使用しています。

まぁ誰かがそれ経由で商品購入した場合は、報酬貰っちゃって構わないと思います。(大抵のブログでアフィリエイトは商用扱いではありませんし、許可されています。勿論FC2もOKです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございます。
 そういうものなのですね。
 実際、アフィリエイトで報酬というほどのものが入ってくるとは思いませんが、ただアフィリエイトしているとサイトを見た人に判ってしまう事を避けたいのです。
 営業用HPリンクのブログなので、そこでアフィリエイトしているのはなんだか気がひけるというか、普通の人は、これでこずかい稼ぎしてるんだな、と思うだろうと。
 アマゾンをみる限り、商品「だけ」の写真をコピペできなさそうと感じました。アマゾンへのリンクなり、そういったものがくっついてくるみたいで。
 そんなに都合よくはいかないものですね。
 疑問が解けてすっきりしました。
 ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 17:36

記事の更新間隔が一ヶ月以内であれば、FC2ブログが良いかと。


一ヶ月放置していると、広告が掲載されてしまいますが、こまめに記事を投稿していれば、僅かな文字広告しか表示されませんので。
デザインの自由度はライブドア以上に高いんじゃないでしょうかね。

なお、AMAZONの画像を使用するには、アソシエイトに登録して、商品アソシエイトの形で画像を利用します。
AMAZONで表示されている画像を勝手に持ってきてはいけませんが、商品アソシエイトで発行されるアソシエイト用タグをコピペして商品画像を得る分には何ら問題ありません。

この回答への補足

 お礼の後になってしまいましたが、アソシエイトのページをみてみたのですが、アフィリエイトの登録をする、という事になるのですか?
 登録をしても、報酬?をうけとらず、画像の使用だけできるのですか?
私がみているページが違うのでしょうか?

補足日時:2009/05/13 15:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ん?!では、私が読んだ記事は、そのアソシエイトの事だったのでしょうか?
 商品アソシエイト、調べてみます!
 FC2ブログも捨てがたいと思っていました。
 良きアドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/13 15:30

 無断使用はダメですよ。

利用規約にあります。

>当サイトで使用されているすべてのソフトウェアは、アマゾンまたはソフトウェア提供者の財産であり、米国および日本の著作権法および著作権に関する国際法によって保護されています。Amazon.co.jp に提供されている情報および画像等の無断転載をお断りいたします

 ブログについてはライブドアでも上部などに広告は入ります。それでも無料サービスの中では使いやすく、見栄えも綺麗な方なのでオススメではありますね。
 ただ、オリジナリティを出したいということなら、やはり有料サービスを使った方がいいと思います。それほど高くもないですし、レイアウトなどが楽しく、モチベーションも上がりますからね。個人的にはさくらインターネットのブログがオススメですが、他にもご自身で色々見て、検討してみてください。

http://www.sakura.ne.jp/blog/

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やはりダメですか・・・。私の受け取り方が違っていたのですね。
 さくら・・・おすすめありがとうございます。
 いろいろ勉強してみます。
 ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブログでのamazonの画像の掲載。

こんにちは、いつもお世話になっています。
最近、様々なブログなどを拝見しておりますと
本の紹介のために、本の画像を載せてそれに
amazonさんへのリンクを貼ってらっしゃる方を多く見かけます。
ここで疑問なのですが、
(1)その画像はamazonさんから直リンクしたものなのですか?
(2)そうだとしたら、直リンクしていいんですか?
(3)一回自分のパソコンに保存してからも掲載もいいんでしょうか?

この3つが気になっています。
アフェリエイトとかいうものなのかな?と思ったのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
私も全く同じような疑問を持ち、実際に”お金などはいらないのですが
批評・紹介に画像を使用したい。アソシエイトプログラムに入らなくても
画像の使用は可能ですか”という質問をamazonアソシエイトへしたことがあります。

返事はNOでした。
アソシエイトに参加するのに申請を出し、許可されたらいいですよ、とのことでした。
(申請といっても申請中にはもう画像の使用は可能でしたので
よっぽどのことがないかぎり許可が出ると思います)

画像についてはアソシエイトに参加しているという条件で
(1)そうです。
(2)amazonのサイトでリンクタグ(直リンクの)を作成できるためOKです。
(3)OKです。

参考URL:http://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/join/main.html/249-2650165-3122731

Q商品紹介ブログでの画像転載について

Tシャツなどの衣類、小物、インテリアなどを紹介するブログを運営する予定です。(まだ公開されていません)

例えば、あるブランドAの春小物(腕時計とか)をブログで紹介したい場合に、そのサイト管理者に直接連絡を取って画像を使用させてもらいたいとお願いし、利用することは可能でしょうか?

よく個人ブログで商品画像をamazonなどではなく、そのままjpegで保存して持ってきたような記事があるのですが、みんな事前許可をとってから掲載しているのでしょうか?

私としては、まず自分のブログのデザインが完成してから各サイトへお願いしようと思っているのですが、もし使用できなかった場合はブログがすべて水の泡になってしまうので、詳しい方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。
また、サイト運営者側の意見もぜひ聞きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は著作権法に基づいてとなります。

衣類などはデザインが著作物となると思われるので、
事前の許可申請が無難です。

但し、申請したからと言って必ず許可されるとは限りません。
ケースバイケースでしょう。
(ディズニーのデザインなんかはまずOKくれませんし)

で、他の人のサイトの場合、ほとんどが無許可でしょう。
(許可がいることさえ知らない人も多い)

摘発していたらきりがないし、
商品紹介となるとある程度CMにもなるしで
野放し状態が多いと思います。

ただ、クレームがきた場合当然無許可はまずいですし
場合によっては損害賠償卯なんて事もないとは限りません。
(実際はあっても削除依頼程度ですが)

ブログのデザインができてからでなくても
使って良いかどうかの確認をまずされてはどうでしょうか?

PS:私個人的経験ですと、依頼しても返事が来ないか、
   許可されないことが多いです。
   まあ、使い方が悪いのかも知れないですけど。

   無難なのはAmazonなどのアフリエイトで
   画像も使うというのが簡単です。
   (これだとその都度許可いらないですし)

基本は著作権法に基づいてとなります。

衣類などはデザインが著作物となると思われるので、
事前の許可申請が無難です。

但し、申請したからと言って必ず許可されるとは限りません。
ケースバイケースでしょう。
(ディズニーのデザインなんかはまずOKくれませんし)

で、他の人のサイトの場合、ほとんどが無許可でしょう。
(許可がいることさえ知らない人も多い)

摘発していたらきりがないし、
商品紹介となるとある程度CMにもなるしで
野放し状態が多いと思います。

ただ、クレーム...続きを読む

Qアマゾンの商品画像をツイッターに埋め込む方法を教えてください

どなたか、解決方法を知っているかたにお尋ねしたいです( ;∀;)

アマゾンアソシエイト(アフィリエイト)を、
ツイッターでしたいのです。

基本的なやり方は分かります。
アマゾンの商品のテキストリンクは、
ツイッターに反映でるのですが、
商品の画像がどうやっても埋め込むことができません。
ツイッターを見てみると、皆さんできているようなのですが・・・。

アマゾンに質問したところ、
「Twitterでは、以下のようなAmazon.co.jpのURLを投稿した際に、このURLに反応し、商品画像を表示する仕組みとなっております。」
との回答がきました。
(ちなみみ、この件については、アマゾンはサポート外だそうです。)

ですが、
「Amazon.co.jpのURLを投稿」しても、商品画像が反映されません。。

どこからどうやっても、解決しないので、
ご質問させて頂きました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Amazonのツールバーを使えば出来ます。
まずは先に「Amazonアソシエイト」でログインをしておきます。

ログインできたら「Amazonアソシエイト」ではなく、「Amazon.co.jp」へ移動します。
⇒https://www.amazon.co.jp/

(すると上部にアソシエイトツールバーというのがあるはずです。)


Amazon.co.jpで商品検索をして商品の詳細ページ、または検索結果一覧のページに行き、アソシエイトツールバーの中にある「シェア」からツイッターの絵をクリックする事でツイッター投稿ができます。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q自分のブログ、誰に読まれてるかアクセス解析(IPアドレス)で分かる?

自分のブログ、誰に読まれてるかアクセス解析(IPアドレス)で分かる?



教えて下さい。


先日、ふと昔付き合ってた彼が、ネット上で使っていたハンドルネームを
検索したら、彼のブログが出てきました。

そこは、アメブロでした。

それから、ちょくちょく読んでたんですが、

私が読み出してからというもの、彼のブログが・・・どうも私を意識したような
内容のことが、書かれているのです。


(ちなみに、5年も前に別れた人なので、お互い未練も無いのですが、
 彼が飼っていた犬が。。。今も元気だよ!みたいなメッセージの内容
 などなど。。。です) 


私もアメブロを使っているので、アメブロの管理画面から
アクセス解析で、何人の人が見てる、どのページを見てる、検索ワードは
何かとか、調べられるのは知っています。


私がネットでググった内容は、まずは彼の昔のハンドルネーム。
(これは、アメブロだと検索ワードで出きますね。。。)

で、そのハンドルネームはアメブロのハンドルネームではなくて、
アメブロのアドレスに使われてたので、アドレスにHNを入力。

この2種類で、検索して読んでました。


で、お尋ねはここからなんですが、

IPアドレスってゆーんですか?そういうので、どこに住んでる人かとか
(個人まで特定できないと思いますが)
ある程度、分かるんでしょうか?

彼と付き合ってた当時、プロバイダはniftyを使っていたのですが、
今年になって、イオ光(関西電力の子会社です)に変えました。

私がイオに変えたことは知らないんですが、たとえば、住所などが
仮にある程度分かるのであれば、私の住む田舎の住所から彼のブログを見たら
カンで私と分かるかも知れません。(彼は他府県の住人です)

彼はパソコンの修理や、システムを組む仕事をしています。

付き合ってる間も、パソコンが詳しくって、彼のパソコンを使わせてもらってたのも
履歴を全部見られてるって知らなかったので、怖い思いをしています。


今、私が彼のブログを読んでいることがバレるのはいいんですが、
私はパソコンに疎いので、私がネットでググって他のサイトを見ているのが
すべてバレてるんじゃないかとか、私のブログまで読まれてるんじゃないかとか
不安が募ります。


心配しだしたらキリがないので、とりあえず、タイトルの質問です。
自分のブログ(仮にHPを作ったとしても。。)を、
誰が読んでいるか分かりますか?

よろしくお願いします。

自分のブログ、誰に読まれてるかアクセス解析(IPアドレス)で分かる?



教えて下さい。


先日、ふと昔付き合ってた彼が、ネット上で使っていたハンドルネームを
検索したら、彼のブログが出てきました。

そこは、アメブロでした。

それから、ちょくちょく読んでたんですが、

私が読み出してからというもの、彼のブログが・・・どうも私を意識したような
内容のことが、書かれているのです。


(ちなみに、5年も前に別れた人なので、お互い未練も無いのですが、
 彼が飼っていた犬が。。。今も元気だよ...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

ご質問の下の部分だけを読んでしまって回答がずれたものになってしまったので、編集代わりに追加です。


だいたいでもある程度、わかると思います。

どこの県に住んでいる。
プロバイダはどこか。
パソコンのOS。
ブラウザの種類。
アクセスする時間帯や回数。
見るページにより興味の傾向。

これらによってだけでも、訪問者数の多いブログでなければ十分、検討がつくかもしれません。まったく知らない人の目星をつけることはできませんが、個人的に知っている人の癖は熟知しているので、わかりやすいですよね。

他のサイトを見ているかどうか・・・まではわからないでしょうが、どのサイトやリンク先から訪問したかはわかります。
質問者さんのブログについても、パソコンやネットに慣れた人なら、根気よく探せば十分、探し出せるのではないでしょうか。

なのである程度、気をつけた方がいいでしょう。

QTwitterの「返信」と「リツイート」の違いは?

Twitterの「返信」と「リツイート」の違いは?
Twitterに「返信」と「リツイート」ってありますよね?
どう違うのですか?
また相手にはどのように表示されているのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

ひと言で言うと、
「返信」は つぶやいた人に対してつぶやき返す機能、
「リツイート」は あるつぶやきを皆に知らせる機能、
です。

誰に読まれるか、という点では、
「返信」は、自分とつぶやき返す相手の両方をフォローしている人のタイムライン(ホーム)に表示されます。
「リツイート」は、自分をフォローしている人全員のタイムラインに表示されます。
(なお、どちらも 見ようと思えば誰でも見れます。自分の発言一覧を見に来た人には見れます。ツイッターは基本的にはどのつぶやきも公開されます。)

なお、リツイートには「公式リツイート」と「非公式リツイート」があり、上記では「公式リツイート」について書きました。詳しくは参考URLを見てください。長いけど絵入りで分かりやすく書かれています。

また、相手からどう見えるかについては、参考URLにも書いてありますが、
一番分かりやすいのは、実験用にもう一つツイッターのユーザーを作って、自分のユーザーとフォローしあったりはずしたりしながら返信やリツイートをやってみるとよく分かります。(ここで詳しく説明しても長くなるだけで結局ピンとこないと思うので…)

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/rikuo/20091213

ひと言で言うと、
「返信」は つぶやいた人に対してつぶやき返す機能、
「リツイート」は あるつぶやきを皆に知らせる機能、
です。

誰に読まれるか、という点では、
「返信」は、自分とつぶやき返す相手の両方をフォローしている人のタイムライン(ホーム)に表示されます。
「リツイート」は、自分をフォローしている人全員のタイムラインに表示されます。
(なお、どちらも 見ようと思えば誰でも見れます。自分の発言一覧を見に来た人には見れます。ツイッターは基本的にはどのつぶやきも公開されます。)

な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報