feof関数について調べると、
・ストリームがファイルの終端かどうか調べる。
・終端指定子がセットされているかどうか調べる。
と、サイトによって説明のしかたが2つに分かれていました。
不思議に思ってstdio.hを調べてみると、

 #define _IOEOF 0x0010
 #define feof(_stream) ((_stream)->_flag & _IOEOF)

こんな感じになっていました。
上だとエラー指示子と0x0010(10進数で16)の論理積を出しているようですが、0x0010が何を意味するのかがわからないのでなにがなんだかです。
feofはどういう関数なのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

<stdio.h>の実装については#1さんの通りです。



feofはthe end-of-file indicatorがセットされているかどうかを調べる関数です。
# 規格 (ISO/IEC 9899:1999) 7.19.10.2 The feof function

まず,規格7.19.3 Filesの11段落に,
> The byte input functions read characters from the stream as if by successive calls to the fgetc function.
とありますので,<wchar.h>で定義されるワイド入出力関数を除くと,ファイルの読み込みはすべてfgetcを使った読み込みを経由していると見なせます。
次に規格7.19.7.1 The fgetc functionの第3段落には
> If the end-of-file indicator for the stream is set, or if the stream is at end-of-file, the end-of-file indicator for the stream is set and the fgetc function returns EOF.
とあります。つまり,
・ストリームが終端に達した後,さらに読み込もうとするとthe end-of-file indicatorがセットされる
ということになります。

なので,
> ・ストリームがファイルの終端かどうか調べる。
ではなく,
> ・終端指定子がセットされているかどうか調べる。
が正しいことになります。
前者は曖昧と言えば曖昧ですが,終端に達した後「さらに読み込もうとした」ことが必要なので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/14 20:55

feof関数は、「ファイル終了表示子」がセットされているかどうかを判定します。



fgetcやfread等のストリーム入力関数によって値を読み込んだ結果、ファイルの終端に達しても、その時点ではファイル終了表示子はセットされません。その状態でさらに読み込もうとした時点でファイル終了表示がセットされます。

また、いったんファイル終了表示子がセットされたとしても、clearerrの呼び出し等によって、ファイル位置表示子がファイルの終端にあるままの状態でファイル終端表示子はクリアされ、feofが0を返すようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 20:56

FILE構造体の仕様がコンパイラによってまったく違うので_IOEOFの意味を考えても意味がないです


調べられたコンパイラではFILE構造体のメンバ変数であるflagの下から5ビット目が終端指定子なのでしょう
ファイルの終端にきたら終端指定子がセットされるので
feofはストリームがファイルの終端かどうかを(終端指定子がセットされているかどうかで)調べる関数になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfgetsなどのときのstdinのバッファを消すには?

こんにちは,今C(C++でない)を使用しています。
たとえば,
char str[20]
fgets(str,sizeof(str),stdin)
としたときに20字以上を打つと,stdinのバッファに20字以上の分が残ったままになります。

C++などでは
fflush(stdin)で,うまくいきますが,普通のCでは対応がされていないみたいでうまくいきません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あ,テキスト入力だからこんな大掛かりなことしなくてもいいんだ.
末尾に'\n'が出るまで掃出せばいいんですよね.

fgets(str, sizeof(str), stdin);
if ( str[strlen(str)-1] != '\n' ){
while( getchar() != '\n' );
}

でいいんだ.失礼しました.

Q#defineの定数を文字列として読み込む

#define A "xxx"
#define B "yyy"
と定義しておいて

scanf("%s", str)
で読み込んだ文字列strが
"xxx"だった場合、"yyy"だった場合のように分岐したいのですが
このとき

if(str == "xxx")
のように中身を指定するのではなく

if(str == AA)
のように定数で分岐させることってできますか?

上記のままではできませんが、何か特別な関数とかでできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

やりたいことの解釈ですが、(※勘違いの場合はすみません。)

1)マクロの名前(定義名)が文字列として格納された文字列 str があるとする。
 例)
   #define A "xxx"  //マクロ名=A
   char str[] = "A";   //"A"はマクロ名

2)上記の文字列 str を関数 func に渡す際に、マクロ名ではなくそのマクロで
  定義された文字列を渡したい。
 例)
   func( str );    //←この場合
    ↓
   func( "xxx" );  //←として展開される

ということで宜しいでしょうか?

だとした場合、少し回りくどいやり方かもしれませんが、以下のような文字列
変換用のマクロを定義してみては如何でしょうか?
※基本的には、他の回答者の方と同じように strcmp関数 を使用します。

■マクロ例
==============================
//文字列を定義したマクロ …※1
#define A "xxx"
#define B "yyy"

//引数を文字列として取得するマクロ
#define GETSTR(x) #x

//引数をマクロ名としてそのマクロで定義された文字列を取得するマクロ …※2
//注)<string.h>がインクルードされていることを前提とする
#define STR2MAC(str) \
!strcmp(str,GETSTR(A))? A : \
!strcmp(str,GETSTR(B))? B : str
==============================

上記マクロを使用して、関数 func にマクロ名が格納された文字列 str を
渡す場合は、
   func( STR2MAC( str ) );
のような記述になります。

前提として、※2のマクロ内でstrcmp関数を用いて文字列の照合を行って
いますので、<string.h>のインクルードが必要になります。

また、※1の文字列を定義するマクロの種類(パターン)を増やす場合、
※2のマクロの判定文もそれに合わせて増やす必要があります。

上記のマクロを使用したサンプルソースを下記に掲載致します。
注)エラー処理は行っていません。

■サンプルソース
==============================
#include <stdio.h>
#include <string.h>

//文字列を定義したマクロ
#define A "xxx"
#define B "yyy"

//引数を文字列として取得するマクロ
#define GETSTR(x) #x

//引数をマクロ名としてそのマクロで定義された文字列を取得するマクロ
//注)<string.h>がインクルードされていることを前提とする
#define STR2MAC(str) \
!strcmp(str,GETSTR(A))? A : \
!strcmp(str,GETSTR(B))? B : str

//プロトタイプ
void funcHoge( const char *str );

int main(void)
{
char sArg[128];

printf( "A or B ?>" );
scanf( "%s", sArg );

printf( "string1: %s\n", sArg );
funcHoge( STR2MAC(sArg) );

return 0;
}

void funcHoge( const char *str )
{
printf( "string2: %s\n", str );
}
==============================

■上記サンプルの実行結果
≫実行その1≪
A or B ?>A
string1: A
string2: xxx

≫実行その2≪
A or B ?>B
string1: B
string2: yyy

≫実行その3≪
A or B ?>hoge
string1: hoge
string2: hoge

以上です。

こんにちは。

やりたいことの解釈ですが、(※勘違いの場合はすみません。)

1)マクロの名前(定義名)が文字列として格納された文字列 str があるとする。
 例)
   #define A "xxx"  //マクロ名=A
   char str[] = "A";   //"A"はマクロ名

2)上記の文字列 str を関数 func に渡す際に、マクロ名ではなくそのマクロで
  定義された文字列を渡したい。
 例)
   func( str );    //←この場合
    ↓
   func( "xxx" );  //←として展開される

ということで宜しいでしょう...続きを読む

Qfgetsで拾われる改行文字を削除したい

お世話になります

 C言語初心者のものです。今課題でC言語を用いたプログラミングを
Fedora上でやっています。問題は、fgetsでテキストファイルから、取得
した文字列の中から改行文字を削除できないことです。文字変数のアド
レスはわかっているのですが、終端文字に置換しようとすると、セグメ
ントエラーになってしまいます。これは如何にして解決すべきでしょう
か。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポインタとかアドレスとか、C言語の用語としてあるものを別の意味に使うとまぎらわしいです。

「ポインタ」「アドレス」と言われたら、 この例なら str, str+i が思い浮びます。
「文字変数のアドレス」だと
char c ;
に対しての
&c
が思い浮びます。

配列なら「添字」、意味的には「x文字目」ですね。

> for(i=0;;i++){
> if(*(str+i)=='/n') {
> *(str+i)='\0';
> break;
> }
> }
/nが\nの間違いなら、この方法で半分正解です。もう少し広い範囲(可能なら全体)で見ないことにはなんとも言えません。
fgetsが最大文字数に達したり、ファイルの最後になったりで、strに改行文字が含まれない場合には、このループは止まりません(Segmentension Falutになって止まる)

・そのような状態になってないか、予めチェックする
・ループを終了させる仕組みを用意しておく
: forの終了条件を記述する、for中で if(*(str+i)=='\0') { break;} 等としておく、等
といった対策が必要です。


あと細かいところを言えば
・strを配列で用意したなら *(s+i)じゃなくてs[i]でいいんじゃないかな
・あるいは char *pみたいにしておいて、 iのループでなく pでループを組む( for(p=str;*p!='\0';p++) )とか。

ポインタとかアドレスとか、C言語の用語としてあるものを別の意味に使うとまぎらわしいです。

「ポインタ」「アドレス」と言われたら、 この例なら str, str+i が思い浮びます。
「文字変数のアドレス」だと
char c ;
に対しての
&c
が思い浮びます。

配列なら「添字」、意味的には「x文字目」ですね。

> for(i=0;;i++){
> if(*(str+i)=='/n') {
> *(str+i)='\0';
> break;
> }
> }
/nが\nの間違いなら、この方法で半分正解です。もう少し広い範囲(可能なら全体)で見ないことにはなんとも言えません。
fgetsが...続きを読む

Qfreadでデータがない場合の読込値は?

あるバイナリデータからデータを読み込んでいます。

全てデータを読み込んだら、データの読み込みを終了させたいと考えています。

データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと考えたのですが、間違いでしょうか?
do~while();文を使った場合、()内には何を代入したらいいですか?

どうしてもわからなくて困っております.
ご存知の方がいましたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

>データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと
>考えたのですが、間違いでしょうか?
最後に\0は読み込まれません。
freadは読み込んだ要素の数を返します。要素のサイズが1の場合は、読み込んだバイト数が返ることに
なります。そうすると、戻り値が0の場合が、読み込みの終わりと判断することになるのですが、
読み込み時、エラーがあった場合も、freadは0を返します。つまり、エラーなのかファイル終端なのかは、freadの戻り値だけでは、判断できません。従って、その後、feofを呼び出し、ファイル終端に達しているかを確認します。ファイル終端なら、正常終了、そうでないならエラーが発生していると、判断します。


>do~while();文を使った場合、()内には何を代入したらいいですか?
do whileでは難しいです。while(1)を使用したほうが、簡単に作れます。

上記を踏まえて、作成したサンプルが、以下の内容です。
ファイル名をsample.cとして、プログラムsampleを作成後、
sample xxx
(xxxは読み込みたいファイル名)とすると、
毎回、読み込んだファイルのサイズを出力し、正常であれば「正常終了」
が、表示されます。
-----------------------------------
#include <stdio.h>
#include <errno.h>
int main(int argc , char *argv[])
{
FILE*fp;
size_trsize;
intret;
charbuff[256];
if (argc != 2){
printf ("%s ファイル名\n",argv[0]);
return 0;
}
fp = fopen(argv[1],"rb");
if (fp == NULL){
printf("ファイルオープン失敗:errno=%d\n",errno);
return 10;
}
while(1){
rsize = fread(buff,1,sizeof(buff),fp);
//読み込んだ要素数が0なら終了
//但し、これはエラーが発生したから0なのか、ファイル終端に達したから0なのかを
//区別できない(freadの仕様のため)
if (rsize == 0) break;
//とにかく正常に読めたので、その処理をおこなう。
//読み込んだサイズはrsizeバイトである
//rsizeの内容を印字して、処理とする(実際の処理は質問者が実装する)
printf("rsize=%d\n",rsize);
}
//breakから抜けたとき、ファイル終端に達していることを確認する
if (feof(fp) == 0){
//ファイル終端に達していない、つまり何らかのエラーがあった
printf("ファイル読み込み失敗:errno=%d\n",errno);
//既にエラーが起こっているのでfcloseのエラーはチェックしない
fclose(fp);
return 10;
}
ret = fclose(fp);
if (ret != 0){
printf("ファイルクローズ失敗:errno=%d\n",errno);
return 10;
}
printf("正常終了\n");
return 0;
}

------------------------------------

>データの読み込んでいき、最後のデータの読み込み終了後、さらにデータを読み込むと\0を読み込むと
>考えたのですが、間違いでしょうか?
最後に\0は読み込まれません。
freadは読み込んだ要素の数を返します。要素のサイズが1の場合は、読み込んだバイト数が返ることに
なります。そうすると、戻り値が0の場合が、読み込みの終わりと判断することになるのですが、
読み込み時、エラーがあった場合も、freadは0を返します。つまり、エラーなのかファイル終端なのかは、freadの戻り値だけでは、判断できません...続きを読む

Qバッファとは何ですか

C言語を使用してるとバッファという言葉がよく出てきますがバッファとは何ですか
メモリとは違うものですか
訳をみても緩衝材とか一時的に蓄える場所という意味でよく分かりません
一時的でない使い方も多い気がしますが実際はどういうものですか

Aベストアンサー

#1です

寝ぼけて適当に書いたので修正。

すぐ見つけることができたもので正確なものは英語版ですがこちらくらいかも。
Data buffer - Wikipedia (en.)
http://en.wikipedia.org/wiki/Data_buffer

一応簡単なものはこちらです。
バッファとは - e-Wrods
http://e-words.jp/w/E38390E38383E38395E382A1.html

「複数の機器やソフトウェアの間でデータをやり取りするときに、処理速度や転送速度の差を補うためにデータを一時的に保存しておく記憶装置や記憶領域のこと。」
が現在の基本定義です。処理速度・転送速度の差のための緩衝材的な意味です。

昔はソフトウェアとハードウェア間に使うデータでソフトウェア側がデータを受け取るか、整形して送信するときに使うメモリ領域が基本的にバッファでした。
マルチプロセッサ・マルチタスクの時代になってくると、ソフトウェア間の処理速度の違いを吸収するために使うメモリ領域にもバッファという言葉が使われるようになりました。ソフトウェア間で逐次(FIFO)処理されるデータのためのメモリ領域がこちらの使われ方の主戦場といったところでしょうか。

ソフトウェア間でただ一括転送されるデータならバッファという言葉は誤用ということになるのですが、よく誤用されます。

#1です

寝ぼけて適当に書いたので修正。

すぐ見つけることができたもので正確なものは英語版ですがこちらくらいかも。
Data buffer - Wikipedia (en.)
http://en.wikipedia.org/wiki/Data_buffer

一応簡単なものはこちらです。
バッファとは - e-Wrods
http://e-words.jp/w/E38390E38383E38395E382A1.html

「複数の機器やソフトウェアの間でデータをやり取りするときに、処理速度や転送速度の差を補うためにデータを一時的に保存しておく記憶装置や記憶領域のこと。」
が現在の基本定義です。処理速度・転送速...続きを読む

Qint型からchar型への変換

タイトル通り、int型からchar型への変換の仕方がわかりません!><
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#include <stdio.h>


char buf[5];
int no;

no = 10;
sprintf(buf, "%d", no);

Qfopne で失敗する原因

fopenで失敗する原因とはなんですか?

Aベストアンサー

#1の方の回答に加えて...

・ファイル名の文字列がでたらめ(存在するかどうか以前の問題)
・指定したファイル名が実はディレクトリだった。
・ファイル名に空ポインタまたは不正なポインタを渡した。
・オープンモードに空ポインタまたは不正なポインタを渡した。
・オープンモードの形式が不正
・メモリ不足でバッファ(実装によってはファイル記述子も)の割り付けに失敗した。
・同名の関数またはマクロをユーザーが定義した。
・関数原型なしで呼び出した。
・他のスレッド等で、同じファイルに対する操作中(再入可能とは限らないので)

Qmain関数終了時のreturnの意味は?

質問の題名通り、main関数終了時のreturnの意味が知りたいです。いつもは参考書に書いてある通り、return 0とやっていたのですが、参考書のサンプルプログラムでreturn 1というのがでてきた為、少し混乱しました。
参考書に説明が載っていないのでmain関数内でのreturnの意味をご教授願いたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

# 4です。

まず、0を返そうが、1を返そうが、そのプログラム自体の内部的な動作は通常変わりません。
戻り値で動作が変わる可能性があるのは「そのプログラムを呼び出したプログラム側」です。

例えば、make から呼び出された場合にそのプログラムが0以外が返したら、makeは「そのプログラムは失敗した」と考えて、処理を中断したりします。(続けて欲しいなら「成功」を返す、こういうために使います)
コマンドラインからあなたが手で入力したのなら、何も起きないかもしれません。

1を伝えられたOSが何をするかは環境(OS)によります。
gccは、Windows版もLinux版も各UNIX版もあるようなコンパイラですから、その版によって違う可能性があります。
ちなみに、手元の Minimalist GNU for Windows では 1 は EXIT_FAILURE でした=つまり前述のような失敗。
別のOS上のgccでは別の値にポートされている可能性も否定はできません。

C言語が保証しているのは、EXIT_SUCCESSを返したとき、その環境では成功と判断してくれるだろう値を返すことと、EXIT_FAILUREのときは失敗と判断してくれるだろう値を返すことだけです。
0は通常EXIT_SUCCESSですが、1はEXIT_FAILURE とは限りません(現実的には 0 と 1 が大半だと思いますが、EXIT_FAILUREが-1とかでも違反ではないです)。
但し、実際に判断できるかはOSにもよりますし、呼び出したプロセスがどう判断するかにもよります。

なお、Windows や Linux, その他私の知っている UNIX では、1を返されたからといって必ず何かが行われるということはありません。
前述のように、別のプログラム等から呼び出された場合に、そのプログラムが失敗と判断して何か処理を行う可能性はありますが、これらはあくまで呼び出し元のプログラムによります。
ITRON等の組込みOSでは、main が値を返す事は通常ありません。

憶測ですが、参考書のサンプルで return 1;となっているのは、例えば argv が求めているものと違うとか、fopen に失敗したとか、そういうケースではありませんか。
そういう異常処理が発生した場合に、もしも呼び出したプログラムがいたらそれを伝えられるように、EXIT_SUCCESS (0)以外の値を返すのは慣習です。
具体的にどんな値を返すかは、プログラムの設計次第になってしまいますが、1や-1を返したり、失敗原因ごとに決めた値を返したりします。
汎用性を重視するならEXIT_FAILURE等もありますが、知名度もやや低いですし、0以外なら何でもいいという認識の人も多いように思いますので、サンプルは単に1を返しているのではないかと。

# 4です。

まず、0を返そうが、1を返そうが、そのプログラム自体の内部的な動作は通常変わりません。
戻り値で動作が変わる可能性があるのは「そのプログラムを呼び出したプログラム側」です。

例えば、make から呼び出された場合にそのプログラムが0以外が返したら、makeは「そのプログラムは失敗した」と考えて、処理を中断したりします。(続けて欲しいなら「成功」を返す、こういうために使います)
コマンドラインからあなたが手で入力したのなら、何も起きないかもしれません。

1を伝えられたOSが...続きを読む

Q変数が""(空文字)かどうか判別する方法

度々お世話になります。

C++で""(空文字)かどうかを判別する方法はありますか?
私は単純にstrcmpで文字列比較をすればいいと思っていたのですが、
TLSを使用しているためか、なぜかうまくいきません。

// 変数宣言&取得(Setは省略)
__declspec( thread ) char tls_Name [12] = "";

const char * TlsGetName( void )
{
return tls_Name;
}

// 取得&判別(スレッド内処理)
if (strcmp(TlsGetName(),"") == 0)
処理A
else
処理B

このとき、初回実行時は処理Aに行ってくれるのですが
2回目の実行以降はtls_Nameが""であるにもかかわらず
処理Bに行ってしまいます。

どこかおかしな所やもっといい方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

strlen()で長さが0であれば、空の文字列
もしくは
if( tls_Name[0]=='\0' ) {
文字列が空の時の処理
}

Qprintf で二進表示を行いたい。

すみません。教えていただきたいことがあります。
printf で普通のintの値をフォーマット指定子を使用して二進表示をしたかったのですが見当たりませんでした。
どうにかintの内容を二進で確認したいのですが、どのようにすれば良いですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

★2進整数を表示する関数を自作すればよい。
・作り方は簡単で、最上位ビットから順に『0』と『1』を調べていき、ビットが
 立っていれば『putchar('1');』にして、ビットが OFF なら『putchar('0');』
 にすれば良いでしょう。
・下にサンプルを載せますので使いやすいように改良して下さい。

サンプル:
unsigned int bit = (1 << (sizeof(int) * 8 - 1));
int value = 12345; ←これが表示したい int 型の整数値です。

printf( "value の 2進表記は " );

for ( ; bit != 0 ; bit >>= 1 ){
 if ( value & bit ){
  putchar('1');
 }
 else{
  putchar('0');
 }
}
printf( " です。\n" );

最後に:
・1バイトが 8 ビットの環境が前提です。→まぁ、普通は 8 ビットですが…。
・上記のサンプルを関数などにすれば使いやすくなります。→print_bin()など
・以上。おわり。

★2進整数を表示する関数を自作すればよい。
・作り方は簡単で、最上位ビットから順に『0』と『1』を調べていき、ビットが
 立っていれば『putchar('1');』にして、ビットが OFF なら『putchar('0');』
 にすれば良いでしょう。
・下にサンプルを載せますので使いやすいように改良して下さい。

サンプル:
unsigned int bit = (1 << (sizeof(int) * 8 - 1));
int value = 12345; ←これが表示したい int 型の整数値です。

printf( "value の 2進表記は " );

for ( ; bit != 0 ; bit >>= 1 ){
 if...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング