森 ?外(もり おうがい、文久2年1月19日(1862年2月17日)- 大正11年(1922年)7月9日)は、明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、戯曲家、陸軍軍医、官僚(高等官一等)。陸軍軍医総監(中将相当)・正四位・勲二等・功三級・医学博士・文学博士。第一次世界大戦以降、夏目漱石と並ぶ文豪と称されている。本名、林太郎(りんたろう)。石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京帝国大学医学部 卒業。

Wikipediaより

この人ってまさに世界に誇れる日本のレオナルド・ダ・ヴィンチじゃないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仰ることの意味がよく理解できないのですが、要するに政府のお抱え医師として年功出世の階段を極め、趣味として書き物もしたドイツ語に堪能なひとだったということでしょうか。


若いころは結構遊びすぎ、左遷もされていますし同期よりもよほど出世は遅かったようです。そんな人間くささに同感するひとも多いようですが。
ダヴィンチの多芸多才とは比較できないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

下記URLのようなものを読むと、また別の意味ですごいな、と思いますよ。



http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%97 …
    • good
    • 0

パン食を導入した海軍では脚気患者はごく少なく、鴎外が仕切っていた陸軍では203高地の死者を超える脚気死亡者が出ました。

もっとも、当時の軍隊は次男三男の口減らしと体のよい就職先、死んだら遺族年金がもらえるという意味での入隊者も多く、「俺たちは白い飯うを食うために軍隊に入ったんだ、こんなもん食えるか」と、横須賀港にはパンがいっぱい浮いていたこともありましたが。いまの医療制度のほとんどの基本を作ったのは鴎外ですが、『伊沢蘭軒』は脚気=病原菌説の為にムキになって書いたもので、鴎外は相手がいや気がさすまで論争を辞めない偏屈者でした。
ダ・ヴィンチは徴税官だった頃、悪名高いチェザーレ・ボルジア(妹ルクレツィアへの父と兄弟ぐるみの近親相姦でも有名)の元で働いており、「ボルジアさまに金を払え!」と棍棒を振りまわして町を練り歩いたといいますから、たしかに悪どさではどっこいどっこいですか。
    • good
    • 0

私の印象では教育ママに激励されて猛勉強をした秀才だったのではないかと思います。

特に脚気の原因に対する判断を誤り、陸軍の将兵を意味もなく死に至らしめたように、当時のドイツ医学を盲信して海軍のすぐれた対策を無視したように権威主義の秀才だっただけだったように思います。文学における位置づけは分かりませんが、ダビンチとは比較できるような人ではなかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

彼はドイツ留学経験があったそうですね。それにしてもそうだったんですか~

お礼日時:2009/05/15 20:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森鴎外の寒山拾得について

先日、森鴎外の寒山拾得を読んだのですが
何回読んでも、何を伝えたいのかがどうしてもわかりません。
別に意味は無いんでしょうか?
どんなことでも良いので是非教えてください。

Aベストアンサー

↓は参考になりますか?

参考URL:http://www1.interq.or.jp/~peace/literature.html

Q漢字だけの短歌作品(明治・大正・昭和・平成の作)をお教えください

漢字だけの俳句は私自身もつくっていますので、
漢字だけの俳句も歓迎します。短歌作品に併記して、お教えください。 

Aベストアンサー

白日下変電所森閑碍子無数縦走横結点々虚実  (加藤 克巳)

血統書附紀州犬牡進呈葵荘十二階四夷安代  (塚本 邦雄)

Q夏目漱石は森鴎外をどう思っていたか。

お世話になります。
森鴎外と夏目漱石、ともに日本を代表する作家です。
森鴎外のいくつかの小説には、夏目漱石の名前もしくは夏目漱石をモデルにしたと思われる人物が出て来て、森鴎外が夏目漱石を一目置いていた事が分かるのですが、逆に夏目漱石は森鴎外の事をどう思っていたのでしょうか?2人の間には交流はあったのでしょうか?
そのような事が分かる本などは有るのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、漱石と鴎外では、実際の年齢に五歳、差があります。
しかも、漱石が執筆活動に入った時期、鴎外はすでに押しも押されもせぬ大家の位置にあったことを、まず押さえておくべきでしょう。

漱石は明治二十四年、帝大の学生だった当時、正岡子規宛に以下のような内容の手紙を書いています。
--------
鴎外の作ほめ候とて図らずも大兄の怒りを惹き、申訳も無之(これなく)、是(これ)も小子嗜好の下等な故と只管慚愧致居候(ひたすらざんきいたしをりそうろう)。元来同人の作は僅かに二短篇を見たる迄にて、全体を窺ふ事かたく候得共(そうらえども)、当世の文人中にては先づ一角ある者と存居(ぞんじおり)候ひし、試みに彼が作を評し候はんに、結構を泰西に得、思想を其学問に得、行文(こうぶん)は漢文に胚胎して和俗を混淆したる者と存候。右等の諸分子相聚(あつま)つて、小子の目には一種沈鬱奇雅の特色ある様に思はれ候。(八月二十三日付け:引用は江藤淳『漱石とその時代』第一部から)
--------

鴎外は明治二十三年一月、『舞姫』を、同年八月『うたかたの記』、明治二十四年一月に『文づかひ』を発表しています。

後の漱石、当時はまだ金之助であった彼が読んだ「二短篇」がなんであったかは明らかではありませんが、この冒頭から、二作品を読んで高く評価した漱石に対して、子規が、それはおかしい、と反論した背景があったことがうかがえます。

江藤淳は『漱石とその時代(第一部)』(新潮全書)のなかで、鴎外の作品は、前年に帝大の英文科に入学してからの漱石の状況を考えながら、この手紙を以下のように解釈しています。

-----(p.202から引用)-----
「洋書に心酔」し、しかもそれを意志的・知的に理解しようと努力するうちに、いつの間にか虐待されつづけていた金之助の感受性を覚醒させずにはおかないものであった。つまり鴎外の小説の「結構は泰西」に仰がれていたが、そこにはまごうかたなき旧い日本――金之助が英文学専攻を決意して以来置き去りにして来た「日本」があったのである。

……『舞姫』に描かれた才子佳人の恋は、舞台こそ独都ベルリンに求められていたが、ほかならぬ晋唐小説の伝統を「文明開化」の時代に復活させた恋である。金之助が鴎外の「二短篇」に見たものは、いわば崩壊しつつある旧い世界像の残照であった。その光を浴びた彼の衝撃がいかに深かったかということは、のちに金之助が英国留学から帰国して発表した小説、『幻影の盾』と『薤露行』に痕跡をとどめている。この二短篇の雅文体の背後には、ほぼ確実に『舞姫』や『文づかひ』の鴎外がいる
------

つまり、漱石が英文学の研究から執筆活動へと移っていったのも、鴎外の存在があったことが、理由の一つであったと考えることができます。


後年、両者はそれぞれに、当時の文壇から離れた場所で、それぞれに仕事をするようになります。

このことを中村光夫はこのように指摘しています(『中村光夫全集』第三巻)。ここで「彼等」というのは、漱石と鴎外の両者を指しています。

-----「鴎外と漱石」p.160-----
おそらく彼等が表面冷やかな無関心を装ひながら内心激しい憤怒に燃えてゐたのは当時の文壇といふやうな狭い世界ではなく、むしろこの文壇をひとつの象徴とする或る社会風潮であつた。いはば彼等の誇り高い教養と抜群の見識とは、当時の我国民が無意識のうちに徐々に陥つて行つた或る根深い精神の頽廃を鋭く直観した。そしてこの抗ひ難い社会の風潮に対して勝つ見込のない敵意を燃やしてゐた。…

では彼等がここで生涯を賭して闘つた敵は何かと云へば、それは一口に云つて、近代欧米文明の一面的な輸入の結果たる所謂文明開化の時潮であったと僕は信じてゐる。…明治大正を通じて我国が存立の必要から強ひられて来た欧州文明の物質的側面の急激な輸入と、その結果として我国民の精神の深所に徐々に食ひ入つた或る微妙な歪みを指すのである。
-------

当時のふたりがなぜ交友をもたなかったのかは、さまざまな事情があったことと思います。

なによりも、漱石が専業作家として活動したのは、わずか十年であったことを忘れてはなりません。成熟するまでに時間がかかり、一人前になってからわずかな時間しか与えられなかった漱石は、自分の生命を削り取って作品に結実させていった、といっても過言ではありません。

二葉亭四迷没後、一時期は同じ職場に籍を置きながら、実質的には交遊がなかった二葉亭に対して、『長谷川君と余』(『思い出す事など』所収 岩波文庫)のように、実に心情にあふれた追悼文を残した漱石ですから、たとえば鴎外が自分より先に亡くなってでもいたら、間違いなく、何らかの追悼文を残したでしょう。

こういう位置にあった鴎外と漱石が、たとえ表面的には交遊がなかったにせよ、互いに反目したり、あるいは嫉妬したり、排斥したりということは、非常に考えにくいと思います。
漱石の弟子宛ての書簡にも、鴎外の名は散見されます。
ともに意識のうちにあったのは、日本や日本の文化の行く末であったことを考えると、互いに深い敬意を抱いていたと理解してかまわないかと思います。

まず、漱石と鴎外では、実際の年齢に五歳、差があります。
しかも、漱石が執筆活動に入った時期、鴎外はすでに押しも押されもせぬ大家の位置にあったことを、まず押さえておくべきでしょう。

漱石は明治二十四年、帝大の学生だった当時、正岡子規宛に以下のような内容の手紙を書いています。
--------
鴎外の作ほめ候とて図らずも大兄の怒りを惹き、申訳も無之(これなく)、是(これ)も小子嗜好の下等な故と只管慚愧致居候(ひたすらざんきいたしをりそうろう)。元来同人の作は僅かに二短篇を見たる迄に...続きを読む

Q明治・大正・昭和20年までくらいの間に書かれた日記

岡本綺堂の「岡本綺堂随筆集」(岩波文庫)を読み、大変興味深く、明治、大正、昭和の初期に書かれた日記、または日記のような読み物をもっと読んでみたいと思いました(ノンフィクションで)。

その辺の時代に書かれた日記や、その時代の出来事についての感想などが書かれている随筆集など、おすすめの書籍を教えてください。

時代考証物や最近の人が調べて書いたのではなく、実際に当時書かれていたものを探しています。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「高見順日記」勁草書房 もあった。

Q森鴎外の化粧論

森鴎外は都市衛生に関心を持ち、そこから都市問題や園芸・緑地に関しても様々提言していると教わりました。
そこで、どなたか森鴎外の「化粧論」について詳しく知っている方おられないでしょうか?
園芸と関連して「園芸と相隣せる一芸術あり。」それが「化粧(コスメチック)」であると習ったのですが、その内容がいまいちよく分かりません・・・。
森鴎外が化粧を語った内容など、教えてください。
お願いします!!

Aベストアンサー

鴎外と化粧ですか、私も大変興味があります。

森鴎外の長女、森茉莉の著書に鴎外のことがよく出てきます。鴎外は茉莉をお姫様のように育てていたようです。

化粧については、鴎外は香水なぞぞ付けない方が良い、と言っていたようです。
幼い茉莉が振り袖を着せられ、母に化粧をされる描写がありました。
化粧法・資生堂の化粧品はは鴎外が指示しているのではないでしょうか。

そして、鴎外は自ら三越へ出向き、茉莉の着物を見立てていました。
茉莉曰く、”一種変わった趣味”だそうです。

洋服もドイツから船便で取り寄せていました。
むこうのカタログを見て、鴎外が選んでいました。

どんな色柄かは下記に詳しくあります。

ちくま文庫『記憶の繪』
講談社文芸文庫『父の帽子』
新潮文庫『私の美の世界』

Q文豪たちの血液型

福沢諭吉
菊池寛
遠藤周作
森鴎外
志賀直哉
樋口一葉
島崎藤村
金子みすず
の血液型をどなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

遠藤周作: AB型
 言及 → http://www.hatirobei.com/%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99/%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%8B%E3%82%89/%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%91%A8%E4%BD%9C

志賀直哉: AB型
 言及 → http://blog.alc.co.jp/blog/2000455/3250

森鴎外: B型?
 言及 → http://yaplog.jp/mnbvcxz1/archive/351

明治の人は、そもそも血液採取することが稀であったろうし、病院のお世話になったにしろ、「あなたの血液型は * 型です」といって、いちいち患者に教えることもなかったろう(今もそうだろうけど)。
だから、本人も知らないことが多かったと思われます (まして他人は知らないから、記録にも残らない)。
例外は、先の太平洋戦争を経験した人たちで、いつ負傷するか分らないから、イザという時の輸血の便のために自分の血液型の札を首にかけたりしていた (だから、少なくとも親や本人は知っている)。
それと、侍の時代を生きた人たちの中には、血判状を書いた人もあった (赤穂浪士など)。それが残っている人は分析できる。
それ以外は、ほぼ勝手な推測によるものがほとんどであると思われます。

遠藤周作: AB型
 言及 → http://www.hatirobei.com/%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99/%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%8B%E3%82%89/%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%91%A8%E4%BD%9C

志賀直哉: AB型
 言及 → http://blog.alc.co.jp/blog/2000455/3250

森鴎外: B型?
 言及 → http://yaplog.jp/mnbvcxz1/archive/351

明治の人は、そもそも血液採取することが稀であったろうし、病院のお世話になったにしろ、「あなたの血液型は * 型です」といって、いちいち患者に教えることもなかったろう(今もそうだろうけ...続きを読む

Q日露戦争後には、 自然主義が主流となる一方、 夏目漱石と森鴎外は 欧米の文明と接するようになった 日

日露戦争後には、
自然主義が主流となる一方、
夏目漱石と森鴎外は
欧米の文明と接するようになった
日本に生きる知識人の小説を発表した。

とあったのですが、
夏目漱石と森鴎外が共同で発表したっていうことですかね?

教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

この二人は共に(今の)東大卒(森鴎外は医学部)で、交友がありましたが、
教師をしていた漱石と、医者として国家官僚の職を歴任し続けた森鴎外とで、共同で何かをしたと言うことはありません。

Q大正時代の建築書物ですが

今年で80才の近所の建具職人さんが「お兄ちゃんなら信頼出来るから頼むんだけどワシそろそろボケ入って来たし捨ててしまうか身内に渡すかしてしまうかも知れない 身内に渡してしまったら売られてしまいかねないから引き継いでくれ」
と昨年渡された書物ですが何でも奈良の東大寺だか金銀閣寺再建の時に日本に数冊しか存在しないから工事完了したら必ず返すから貸してくれと頼まれた事も過去にあったとか
そんな事仰ってました そのご老人
事実だとしたらとんでもない書物を気安く引き継いでしまったと少々後悔しています。

でもほんとに希少な書物で建造に役立つ物なのでしょうか?
この価値が全く分かりません
大正七年発行と記してはありますけど

分かる方いますでしょうか?持ってるのも宝の持ち腐れの気もするのですが

Aベストアンサー

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000547862-00

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/926785

これかな?

国会図書館にはある
http://www.ndl.go.jp/ で 検索

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I032340656-00
他の年度のものは 長野県立図書館にしかないとかあるくりの貴重な本のようなので、お近くの公的図書館に寄贈するのがいいんじゃないですか?

Q夏目漱石と森鴎外の代表的な作品について

来年の3月に看護学校を受験予定の者です。
私の受験予定の学校の入試問題(国語)はお寺の住職さんが作成しているとの事なのですが、その方は明治文学がお好きなようで、毎年のように夏目漱石や森鴎外の作品が出題に上がるそうです。
お恥ずかしい話ですが、夏目漱石や森鴎外などの人物は知っていますが、学校の教科書に載っていた作品しか知りません。
作品を読んでみたいのですが、どれを読んだら良いのかも解りません。
夏目漱石や森鴎外の代表的な作品をいくつかご紹介頂けたら嬉しいです。
その他にも明治文学で有名な著人や作品名なども教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

川端康成 伊豆の踊り子 
横光利一 機会 
谷崎潤一郎 刺青 
尾崎紅葉 金色夜叉 
永井荷風 あめりか物語 
幸田露伴 五重塔
島崎藤村 破戒 
樋口一葉 たけくらべ 
太宰治 人間失格 
有島武朗 或る女 
志賀直哉 暗夜行路 
武者小路実篤 おめでたき人

などなど、明治時代の有名な文学はたくさんありますよ!

Q【文学・社会学・英語】ジョージ・バーナード・ショーの引用

最近、質問君の19inch_rackです(笑)

金言・格言集で有名なジョージ・バーナード・ショーの一節を
下記に引用させていただきましたが、原典が何なのか分かりません。
ご存知の方教えてください。


> People are always blaming their circumstances for what they are.
> I don't believe in circumstances. The people who get on in the
> world are the people who get up and look for the circumstances
> they want, and if they can't find them, make them.
> George Bernard Shaw (British playwright, critic; 1856-1950 )

> 人は常に、現在の自分がこうなのは自分の置かれた環境のせいだと文句を言う。
> 私は環境などを信じない。この世で成功する人は、
> 自から自分の望む環境を探す人であり、もし見つけることができなければ、
> 自分で自分の望む環境を作り出してしまう人である。
> ジョージ・バーナード・ショー(英国 劇作家、評論家; 1856-1950 )

最近、質問君の19inch_rackです(笑)

金言・格言集で有名なジョージ・バーナード・ショーの一節を
下記に引用させていただきましたが、原典が何なのか分かりません。
ご存知の方教えてください。


> People are always blaming their circumstances for what they are.
> I don't believe in circumstances. The people who get on in the
> world are the people who get up and look for the circumstances
> they want, and if they can't find them, make them.
> George Bernard Shaw (Briti...続きを読む

Aベストアンサー

「ウォレン夫人の職業」(1893) 第二幕

だそうですが、私自身は読んだことがないので、
「自信なし」とします。

ご自身で原典にあたって確かめていただきたいと
思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報